Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

ヒラメ用ルアーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ヒラメは1年中狙うことができる魚です。そんなヒラメ釣り用のルアーは豊富にあるため、選ぶのも一苦労ですが、たくさんあるルアーでヒラメ釣りを試すのは楽しいです。そんなおすすめなヒラメ釣りにおすすめなルアーを詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

ヒラメ用ルアーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ヒラメ用ルアーの使い方

ヒラメ用ルアーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ヒラメは、魚のサイズによって呼び名が変わり、「ヒラメ」と呼ばれるのは40㎝以上の個体になり、40㎝以下の小さい個体は「ソゲ」、60㎝以上のものは「座布団」と呼ばれています。

ヒラメ釣りは、1年をとおしてできますが、ヒラメのベストシーズンは秋~冬になり、この時期のヒラメが1番脂がのっており美味しいです。逆に7~8月のヒラメは、産卵後なため味が落ちています。

そんなヒラメ釣りは、餌でも釣れますが、ヒラメ用のルアー使って釣ることをおすすめします。普段ヒラメの生息場所は、砂の中になり、砂地に潜って生活をしています。そんなヒラメは、生息地である砂地の中から、目だけを出して海底から餌である小魚を狙っています。

そのため、小魚に似た泳ぎや波動をルアーを使い出すことで、ヒラメに小魚だと勘違いして食いくことで釣ることができます。そんなヒラメ用のルアーは、季節などの環境によって使い方に違いがあります。

ヒラメ用ルアーの種類と選び方

ヒラメ用ルアーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ヒラメ釣りには、ヒラメ用のルアーがおすすめなことを紹介しましたが、最近はサーフヒラメブームなため、ヒラメ用のルアーの種類が豊富に販売されています。そんなヒラメ用のルアーを購入しようとした場合、豊富な種類を前に初心者はどうしても迷ってしまいます。

そんなヒラメを釣るためには、どんなヒラメ用のルアーを購入したらいいのでしょうか。ヒラメ釣りに適してるヒラメ用のルアーの種類と、おすすめのルアーの選び方を詳しく紹介しますので、購入するときにぜひ参考にしてください。

種類

ヒラメ用のルアーには、複数の種類のルアーがあります。そんな、ヒラメ用のルアーを大きく分けると下記のように8種類に分けることができます。そんな、ヒラメ用ルアーの種類とその名称を詳しく紹介します。

・ミノー
・シンキングペンシル
・バイブレーション
・メタルバイブレーション
・スピンテールジグ
・メタルジグ
・スプーン
・ワーム

上記で、8種類に分けたヒラメ用のルアーの種類と、その名称を紹介しましたが、次はそんな8種類のヒラメ用ルアーを詳しく紹介します。

ミノー

ミノーは、ヒラメ釣りでの1番使われているルアーになります。そんなミノーは、ベイトフィッシュに近い細いシルエットをしています。そんな、ヒラメ用のミノーは「リップ」と呼ばれる口元に付いている透明な物の有無で2種類に分けられます。

この、リップがあることで変わることは「ピットとアクション」になります。そんな、ルアーにリップが付いていると、ピットが速くなりアクションも大きくなります。ですが、この2種類のルアーの使い方に違いはなく、両方を購入してローテーションで使用することをおすすめします。

ミノーを使う状況は、サーフで波がある場合や遠浅の磯などになり、ミノーは水深3m以内の浅瀬で使用するのが基本的な使い方になります。そんな、ミノーを使った釣り方は、「ただ巻き」になり、少し速めにリールを巻くことをおすすめします。また、できれば3本フックを使用した方が、フッキング率があがります。

シンキングペンシル

シンキングペンシルは、リップがなく細長いボディーをしているため、水にゆっくり沈むのが特徴になりますが、ルアーに重量があるため空気抵抗を受けにくく、そのため飛距離が出やすいのが、シンキングペンシルの特徴になります。釣場、時間などを選ばなくても使え、釣れる魚の種類が多いため、ルアーの中でも万能なルアーなため好まれています。

そんな、シンキングペンシルを使うシチュエーションは、サーフや河口で波の流れが出ている場合や、他のフィッシュイーターが多発している場合になります。そんなシンキングペンシルの釣り方は、「ただ巻き」か「ドリフト」になります。

ドリフトと呼ばれる釣り方は、波の流れにのせルアーをアクションさせる釣り方になります。また、アクションの質が他種のルアー異なるため、サワラやイナダがヒットしにくくなります。そのため、ヒラメのみを狙いたい場合におすすめしたいルアーになります。

バイブレーション

バイブレーションは、細かいアクションをして、ヒラメにアピールしてくれるルアーになります。そんなバイブレーションは、他のルアーに比べて重量があるため飛距離が出やすいのが特徴になり、ただ巻きでもルアーにアクションがあるため、ヒラメ釣り初心者でも扱いやすいルアーになります。

そんな、バーブレーションを使用する場面は、フォールで反応がある場合や、波が少し高い状況になります。このバイブレーションは、ただ巻きが基本的な釣り方になりますが、ただ巻だけではヒラメが反応しない場合などに、リフト&フォールを織り交ぜて釣ってみることをおすすめします。

また、このバイブレーションは、ミノーでは釣りづらい状況などで使用することが、多いルアーになっています。

メタルバイブレーション

メタルバイブレーションは、飛距離や激しいアクションが欲しい欲しいときに使用するルアーになります。このメタルバイブレーションは、金属のプレートでできているため、キャスティングがとても楽なのが特徴になります。そんな、メタルバイブレーションを使用する場面は、波が高かったり、強い逆風が吹いてるときなどになります。

そんな、メタルバイブレーションを使用する場面は、他のルアーで全くアクションが起こせなかったり、飛距離が出ないなど、天候がよくないなど釣りをする条件があまりよくない場合が多いです。そんな場合、普通ならば天候などの条件が悪いことで釣りを諦める人が多いですが、ルアーの特性などをきちんと把握することで、ヒラメ釣りをすることが可能になります。

スピンテールジグ

スピンテールジグは、ブレードの回転によってでる光の反射とバイブレーションで、ヒラメを誘うのが特徴のルアーになります。そんなスピンテールジグは、小さめのルアーですが飛距離を出すことができるルアーになります。

そんな、スピンテールジグを使用する状況は、波が全く動かずないときや、ベイトフィッシュが小さい場合になります。また、ルアーのアクションが大きいために、ヒラメが食いついてこない場合に使用するルアーになります。そんなスピンテールジグを使っての釣り方は、「ただ巻き」になります。

この、ただ巻で釣る場合のリールを巻くスピードは、ブレードがギリギリ回転して、動くか動かないかぐらいのゆっくりとしたスピードで、巻いていくことをおすすめします。

メタルジグ

メタルジグのルアーの特徴は、その抜群の飛距離とファストフォールになります。メタルジグのボディーは、全体が錘になっているため、抜群の飛距離があり、フォールスピードの速さが特徴になります。そんなメタルジグを使用する場面は、水深が深かったり、ポイントやベイトフィッシュが遠い場合などになります。

またヒラメの好む、カケアガリなどのベイトフィッシュの群れが遠くにいる場合には、メタルジグの特徴である飛距離が活躍します。また、防波堤などの水深がある場所でも、フォールの速さをいかして広範囲を効率よく探ることができます。

そんな、メタルジグでのヒラメ釣りの方法は、リフト&フォールが基本になり、ヒラメはフォール中や着底直前などに食いついてくれます。この場合の食いつきは、分かりにくくリフトをしようとした場合に気がつくことが多いため、違和感がある場合にはフッキングしてみることをおすすめします。

スプーン

スプーンは、レンジキープがしやすいルアーにないります。そんなヒラメ用のスプーンは、アシストフックとスカートが付属されている場合が多く、リールを巻くとルアーがヒラヒラと動き、ボディに光が当たるとキラキラ光ることでヒラメが誘えます。そのため、日が昇ってから力を発揮するルアーです。

そんなスプーンを使用する場面は、スローに動かしたい場合や、ヒラメの捕食範囲が狭い場合になります。ヒラメも海中の状況によっては、上層部まで泳ぐ場合もあり、その場合はルアー食いついてきません。このときに活躍してくれるのが、レンジをキープしながらゆっくり動くスプーンになります。

そんなスプーンのヒラメ釣り方法は、ルアーを海底まで沈めてから、「ただ巻き」をする方法になります。またスプーンの重量は、18g~25gが使いやすいですが、18gだと少し軽すぎて飛距離は出にくく、25gぐらいになるとメタルジグ並に飛距離が出ます。

ワーム

ワームは、ハードルアーではできない独自の波動が作れます。そんなヒラメ用のワームは、多数のものがシャッドテールになり、ジグヘッドを主流に使用しています。リールを巻くだけで、テールが動いてくれることでボディーも同じように動いてくれます。

ジグヘッドは、一般的な物でもいいですが、ヒラメは下から食いついてくるため、腹側にトリプルフックが付いているものを、使用することをおすすめします。そんなワームを使用する場面は、水深があったり、ヒラメがハードルアーに反応しない場合になります。

ワームは、他のルアーと違い柔らかいためハードルアーとは違う波動がでることを意識して、使用することをおすすめします。そんなワームでのヒラメの釣り方は、「ただ巻き」になります。また、水深が深い場所では、メタルジグと交互にローテーションをしながら、リフト&フォールで使用してみることをおすすめします。

選び方

ヒラメ用のルアーの種類を詳しく紹介しましたが、ヒラメ用ルアーはたくさんのメーカーから販売されています。そんなヒラメ用ルアーは、どのように選んで購入した方がいいのでしょうか。そんな、ヒラメ用ルアーの選び方を詳しく紹介します。

ルアーは重さが必要!

ヒラメ用ルアーを購入するときにの条件に、ルアーの質量が重いことが重要になります。そんなルアーの重さは、25~40g前後のものを選ぶ必要になります。これはミノータイプでも、ジグヘッド+ワームのタイプでも同じことが言え、シーバス用や他のルアーは異なり、ヒラメ用のルアーには重さが必要なため、購入時に大切な条件になります。

そんなヒラメ用ルアーに、重量があることでサーフなどの風の強くなりやすい場所でも、風の影響を受けにくくなります。また、広いサーフを探る場合に、ルアーに重量がないと飛距離が出ないため、狙いたいポイントにルアーが届かず釣果に繋がりません。そのため、ヒラメ用のルアーを選ぶときに、まずは自重があるかどうかを確認することをおすすめします。

ルアーは動きが大切!

ルアーに大切な条件に、アクションなどルアーの動きが大切になります。また広範囲なサーフでルアーを見つけてもらうには、ルアーの動きでひらめにアピールすることが大切になります。そんなヒラメ用ルアーは、よくバタバタした動きをすると言われています。

そのため、ローリング・ウォブリングなどや、ふたつの動きを合わせたウォブロールなど、ルアーが大きく動うことがヒラメ釣りには重要になります。またサーフで、ヒラメを狙う場合は打ち寄せる波の影響を少なからず受けます。そのため、打ち寄せる波のスピードより遅く巻くと、ルアーは動いてくれません。そのため、打ち寄せる波よりも速いスピード巻きましょう。

また、波の状態は一定ではないため、波のスピードに対応して巻くことが大切です。そのため、波などに合せたスピードでリールを巻いてもしっかりアクションを起こしてくれるルアーを、購入することが重要になり大切な条件になります。

ルアーはカラーを選ぼう!

ヒラメ用ルアーには、豊富なカラーバリエーションがあります。ヒラメ釣りでは、広範囲のサーフの中でヒラメを釣るためには、ヒラメにルアーを見つけてもらう必要があります。そのため、サーフで目立つことが大切になります。そんなヒラメ用のルアーの定番色は、ゴールドになりますが、ピンク系の色も必須カラーになっています。

またヒラメは、海底の砂場から上を見あげている魚だということを忘れてはいけません。そのため、ヒラメ用ルアーは、側面の色も大切ですがルアーのベリー(下腹)の色が重要になるため、ベリーの色にこだわりましょう。

そんなヒラメは、天候や時間帯などで食いつきやすい色が異なりますが、どんな状況下でもヒラメを狙って釣りをする場合には、とにかく派手で、目立つ色のルアーを選ぶことをおすすめします。

ヒラメ用ルアーのおすすめ人気ランキングTOP3

ヒラメ用のルアーの種類やおすすめな選び方を詳しく紹介しましたが、そんなヒラメ用のルアーには、おすすめしたい人気のルアーがあります。そんなヒラメ用のルアー人気ランキングを詳しく紹介しますので、ヒラメ用のルアーを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

期待の第3位

ジグパラ  short20g
ジグパラ  short20g

皆さんにおすすめしたい、ヒラメ用ルアーの人気ランキング第3位は、メジャークラフトの「ジグパラ」になります。このジグパラは、圧倒的な飛距離とたくさんのアクションに対応できるハイポテンシャルなジグになります。そんな飛距離は、ヒラメ用ルアーには最大の武器になります。

そんなジグパラの飛距離は、ルアーのコンパクトなシルエットが実現させており、その小ささが空気抵抗を受けにくく圧倒的な飛距離を生みます。またハイピッチから、スローまで全てのジャークに対応する引き重り感が少ないため、喰いつかせるタイミングを誘うセンターバランスは、使用する人を選ばないため初心者にもおすすめです。

またジグパラは、フッキング率が高く確率が高い理由は、ヒラメを掛けることだけを考え、ルアーのフロントとリアにフックを付属したことになります。そのためフックに、ヒラメが触れるとすぐに即引っかけられます。

堂々の第2位

パワーシャッド
パワーシャッド

¥ 702

口コミ

スリーパーマッチョが着水するとフックが上を向く性質のため、パワーシャッドがゆらゆらと下降するアクションが絶妙で、リフト&フォールでパフォーマンスを磨けばマゴチ、ヒラメに近づけます。

ヒラメ釣りをする方におすすめしたい、ヒラメ用ルアーの人気ラング第2位は、ECOGEAR(エコギア)の「パワーシャッド」になります。

このパワーシャットは、ノーシンカーから1〜2oz.のヘビーウエイト・ジグヘッドまで、全てに使用できる設計になっており、狙ったヒラメへ強烈にアピールするボディウォブリングが、最大の特徴になり、このルアーのメリットにもなります。

そんな、パワーシャッドを使用しての釣り方は、ベイトフィッシュが水面まできているような場面で、水面近くをノーシンカーリグで泳がしてみせるのもおすすめな方法になります。そんなパワーシャッドは、ボディの後方部分に重心があるため、無理することなく飛距離を伸ばすことができます。

栄えある第1位

ミノーハードコア アカキン
ミノーハードコア アカキン

¥ 1,361

口コミ

とてもよく飛びました。 はじめてのルアーでしたが、サイズは小さいですが使った初日にカレイが夜釣りで釣れました。 朝まで試すのがとても楽しみです。

ヒラメ釣りをする方に、おすすめしたい人気のあるヒラメ用ルアー第1位は、DUEL(デュエル)の「ミノーハードコア」になります。このヒラメ用ルアーの特徴は、「泳ぐ」ことになり広範囲な未開の地まで完全攻略ができます。

このミノーハードコアは、低速から高速リトリーブまで対応しヘビーシンキングミノーの決定版になります。またルアーが、固定重心なため着水後の立ち上がりのスピードは抜群になります。また、トゥイッチやジャークなどのロッドワークに対するレスポンスが、とても素早いのが特徴になります。

また、ルアー最後尾のクリアな部分は、背中側から光を透過させることでヒラメにアピールができ視認性が高まります。そんな視認性を高めると、ミスバイトが防げるため確実にフックアップに持ち込めます。また、このアカキンのカラーがヒラメの大好きなゴールドと赤系がミックスされているため、よりヒラメの食いつきを誘ってくれます。

用途別でのおすすめヒラメ用ルアー

ヒラメ釣りをする人におすすめしたい、人気のあるヒラメ用ルアーのランキングを紹介しましたが、次に紹介するのは、「ワームタイプ」「夜間用」「サーフ用」「船釣り用」「昼間用」「防波堤釣り用」などの、ルアーの使用用途に合わせたおすすめしたいヒラメ用のルアーを紹介します。ぜひ、自身の釣りの状況似合わせて、購入時は参考にしてください。

ワームタイプ

グラスミノー
グラスミノー

¥ 594

口コミ

このカラーで小さいですがマゴチ(45㎝)をゲットした!クレイジグ破動との組み合わせが良く、どこに魚が着いているのかわからない時に広く探るのに非常に良いワームです。

ヒラメ用のルアーの中で「ワームタイプ」は、ハードルアーと違って柔らかいルアーになります。そんなワームで、おすすめしたいのがECOGEAR(エコギア)のグラスミノーになります。このグラスミノーは、ナチュラルにヒラメを誘ってくれます。

ヒラメ釣りをしていると、ミノーやハードルアーなどでで釣れない場合があります。そんなときは、ワームが有効的に使えます。ワームが有効な理由は、ミノーなどのハードルアーなどでは作り出せない、ワーム独特の波動が効果的に働いているからになります。

グラスミノーの特徴は、ベイトフィッシュの尾ビレと同ように動くテールの部分と、ローリングしながら泳ぐボディの特殊な設計になります。ジグヘッドリグやスプリットショットリグなどの複数のリグに対応することができます。グラスミノーは、4種類のサイズバリエーションと、豊富なカラーが多様な状況に合せてワームを選ぶことができます。

昼間用

ペンシル シースパロー
ペンシル シースパロー

日中のヒラメ釣りで、ルアーを選ぶときは比重の軽いシンキングミノーを選択することをおすすめします。ヒラメ用のルアーは、遠投性能を上げるため比重の重いルアーが多く、そのため速度を間違ってしまうと海底を擦ってしまうため、比重の軽いシンキングミノーがおすすめになります。

また、比重が軽いとフォールスピードが遅くなるため、ルアーをゆっくりと泳がせられます。次に、ゆっくりとルアーを引きたい場合は、フローティングミノーがおすすめになります。シンキングミノーの種類には、ゆっくりと泳がすとリップが受ける抵抗が不足し、アクションをおこさないルアーがあります。

ですが、フローティングミノーの場合は、リップと浮力があるため、ゆっくり動かしてもアクションがしっかりしています。また、水深に合せたフローティングミノーをしっかり選択することができていれば、活性が落ちてしまっているヒラメでも食つきやすくなります。

夜間用

ルアーミノー5.25インチ(夜光)
ルアーミノー5.25インチ(夜光)

ヒラメは、夜間と昼間では泳いでいる遊泳層が違うことが分かっています。そのため、昼間と夜間ではヒラメの釣り方は異なります。そんな夜間に、ヒラメ釣りをする場合におすすめしたいヒラメ用ルアーは、ECOGEAR(エコギア)のミノーになり、そんなミノーの中でもパールグロウタイプになります。

このミノーの特徴は、小魚のようなリアルフォルムと動きになり、ハードルアーに反応しないヒラメを惹きつけます。また、太めのボディと細くくびれたテールのデザインが、小刻みにバイブレーションを生み出すことができます。また低活性時には、ノーシンカーのフォールで小魚が弱って沈むように演出するのもおすすめです。

また、ジグヘッドをセットしてタダ巻きしてもアピール力を発揮し、ヒラメの食いつきを誘ってくれます。またルアーには、夜光の加工がされているため、夜間の暗い水中でも発光してくれるためルアーを観察することができます。

サーフ用

サスケ 裂波
サスケ 裂波
口コミ

まだスイムテストでしか使用してませんが、さすがのウォブリングとハーフミラーってカラーどおり生物感をアピールしてくれそうです!早く大型河川の河口で使ってみたいと思います。

サーフとは、砂浜のことをさしており、サーフ釣りは、砂浜から遠投して魚を釣る方法になります。また、サーフでは幅広い釣り方ができるため、狙える魚種が多いのがサーフ釣りの特徴です。そんなサーフで釣りをする場合には、収納の関連からルアーを多く持って行けないため、サーフ釣りをする場合にはルアーを厳選する必要があります。

そんな、サーフに持って行きたいおすすなルアーは、ima(アムズデザイン)のサスケになります。このルアーは、10年以上前に販売開始したルアーですが、今でも絶大な人気があります。サスケは、シーバス用として作られましたが、今ではオールラウンダーなルアーとして活躍しています。

そんなサスケの特徴は、飛距離とレードルリップがおこす独特な泳ぎ方になります。その独特な泳ぎ方が、ヒラメに猛アピールして、ヒットに持ち込む能力に長けているのがサスケの魅力になります。

釣り船用

熱砂 スピンドリフトAR-C
熱砂 スピンドリフトAR-C

船釣りでヒラメを狙う場合には、ヒラメの好物であるアジなどの小魚を生きたまま針に掛けて、泳がせ釣る方法がおすすめになりますが、もちろんルアーでもヒラメを釣ることができます。そんなヒラメを、船からルアーで狙うときにおすすめしたいルアーは、スロージギングタイプのルアーになります。

スロージギングとは、メタルジグを使った釣り方になり、通常のジギングとは違って激しくロッドを動かさず、タックルを活かした釣り方になり、低活性時に特に効いてくれます。そんな、スロージギングでおすすめしたいルアーは、「SHIMANO(シマノ)」の熱砂スピンドラフトAR-Cになります。

このルアーの特徴は、サーフキャスティングに特化している熱砂シリーズの中でも、実績を誇るスピンドリフトが進化したルアーになります。また、わずかな移動距離でも、自重のウェイトが移動でき、重心位置が大きく移動できるため加速を稼ぐことができます。

防波堤釣り用

フラットジャンキー グラビンシャッド
フラットジャンキー グラビンシャッド

¥ 810

防波堤釣りは、釣りの中でも難しい釣り場になります。そんな、防波堤釣りが難しい理由は、ポイントが絞りにくくベイトフィッシュの有無も分かりづらいからです。また、ヒラメのいるポイントまでルアーが届きにくいからです。

そんな防波堤釣りは、ジグヘッドにワームを組み合わせることで、難しい防波堤釣りでもヒラメが釣れる可能性が上げてくれるため、防波堤釣りでおすすめなルアーは、ワームになります。そんな、ワームも複数ありますが、おすすめはDaiwa(ダイワ)のフラットジャンキーグラビンシャッドになります。

このフラットジャンキーの特徴は、微細な潮の流れでもテールが動くように設計されており、食い渋っている魚に猛アピールすることで高確率で食いつかせます。また、リフト&フォールも得意なため、ワームがおこす波動や水流で、視覚的にもヒラメに猛ピールしてくれるため、ピンポイントでアピールしたい場合におすすめです。

色別でおすすめしたいヒラメ用ルアー

メタルジク ジクパラ
メタルジク ジクパラ

¥ 680

口コミ

定番のピンクです。ジグパラ全体にいえることですがよく飛ぶ。40gあるので、LSJのロッドで普通キャストすると最低でも80Mは飛ぶ。他より遠くに飛ばし自分だけヒットすると気持ちいい。

ヒラメは、ルアーの色にも好みがあり定番色はゴールドになります。ですが、ゴールド以外でもピンク系も好むとも言われています。そんなヒラメは、レッドヘッドにも弱いと言われており、このレッドヘッドはどのメーカーでもカラーのラインナップに入っています。

またヒラメは、釣りをする時間帯によっても好む色が違うと言われています。そんなヒラメは、昼間の明るい時間帯は赤系のルアーを好み、夜間の暗い時間帯は、赤系のルアーだと見えづらくなるため、白系のルアーを好むと言われてます。

そんな、色別でおすすめしたいルアーは、今回は昼間におすすめなメジャークラフトの「メタルジグ ジグパラ」のピンクになります。同じルアーの種類であっても、今回はヒラメが好みやすいピンクがおすすめになり、また腹部に入ったラメのラインが、キラキラ光るためヒラメの食いつきを誘ってくれのがおすすめな理由になります。

重さ別でのおすすめヒラメ用ルアー

ヒラメ用のルアーを選ぶときの絶対条件に「重量があること」があります。そんなヒラメ用ルアーは、ルアーの重量が大切になり、重量が25~30g前後のルアーを選ぶことが大切になります。では、なぜヒラメ用ルアーの重量が大切なのでしょうか。その理由は、ヒラメ釣りの釣り場がサーフだらかです。

ヒラメの漁場であるサーフは、風の影響が出やすくルアーが軽いと風の影響が受けやすくなります。そのため、風の影響を受けないためにも重量が大切になります。また、ルアーが風の影響を受けると飛距離がでないため、広範囲なサーフを探ることができないため、サーフでのヒラメ釣り自体がなりたたず釣果に繋がりません。

また、重量が軽いと強い向かい風に弱いため、ルアーを狙ったポイントに届けることができません。そのため、ヒラメ用のルアー選びには、ルアーの重量が大切な条件になるため、選ぶ際には重量を重視して選ぶことをおすすめします。

季節別でのおすすめヒラメ用ルアー

ヒラメ用ルアーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ヒラメは、1年をとおして釣ることができます。ですが、ヒラメにもバストシーズンがあり、釣りやすい時期などもあります。そんなヒラメのベストシーズンは、脂がのっていてい1番美味しき時期である秋(9~11月)と春(4~6月)の2回あります。この、ベストシーズンにはヒラメが釣れやすく、釣ったあとに食べても美味しいです。

そんな、年中釣れるヒラメですが、その季節によって釣り方に違いがあります。もちろん、季節によって、おすすめしたいルアーなども違ってきます。そんな、季節によっての釣り方や、おすすめのルアーを詳しく紹介しますので、ヒラメ釣りをするときはぜひ参考にしてください。

春の海は、冬に冷え込んでいた海水温が少しずつ上昇してきます。そんな春の時期のヒラメは、産卵を控えている大型のヒラメが多く混じりますが、逆にヒラメの釣果が期待できないのも春の特徴になります。

では、なぜヒラメの釣果が出づらいのでしょうか。その理由は、冬から春にかけては海の状況が安定してないため、安定した釣果が出づらいからになります。また、海水温が上昇することで、プランクトンが活性し赤潮が発生します。そんな赤潮は、プランクトンが急激に増えることで、海中の酸素濃度が低下するため、ヒラメなどの魚の活性は低下してしまいます。

そんな、春の時期でおすすめな状況は、海況が安定した日になります。海況が安定するためには、海水温が安定した日が2~3日に続く必要があります。ですが、海況が落ち着くと魚の活性がよくなり、ヒラメの定番ベイトが集まりやすくなりヒラメもルアーを積極的に追ってくれるようになります。

春におすすめしたいルアー

では、そんな海況が不安定な春の時期におすすめしたいヒラメ用のルアーを紹介します。まず、おすすめしたいルアーの種類は「メタルジグ」になります。メタルジグがおすすめな理由は、春は孵化したばかりのマイクロベイトと呼ばれる小魚が増えているからです。

この時期は、ヒラメもマイクロベイトを追いかけいるため、小さなシルエットのルアーに反応しやすいので、メタルジグに食いつきがよくなる傾向があるためおすすめです。

その他におすすめしたいルアーは、「ナチュラルカラーのミノー」になります。春は、ヒラメが釣りやすくなるため、ヒラメ狙いの釣り人が増えており、ヒラメがルアーにすれてしまいます。そんな、すれてしまったヒラメには、同じルアーでもナチュラルカラーが有効的です。

また、ヒラメがすれている場合には、広範囲を探りながらヒラメを狙うためミノーが有効ですが、その中でもナチュラルカラーのミノーがおすすめです。

夏のヒラメ釣りは、初夏の6月頃は海水温がヒラメの好む20℃前後なため、ヒラメも活発です。ですが、7~8月にかけては夏の気温の上昇に合せて海水温が上がるため、それに伴って、ヒラメが低活性になったり真夏(7月)になると、ソゲなどの小物が多くなるからです。

また夏の時期は、梅雨時期が重なるため、海釣りの敵である風とうねりが伴う場合が増えます。また、梅雨前線は一般の波情報に反映されにくく、現場の状況と違って海に行くと釣りができない場合もあるのがこの時期の特徴になります。

そんな真夏のヒラメ釣りは、海水温が上がるためヒラメも涼しい深みへと移動する可能性が高くなるため、釣り場を選ぶときには水深のある釣り場を選びましょう。またヒラメの居場所は、サーフだけとは限らず砂が混じる海底なら好んで生息します。そのため、磯でも岩礁がある砂地であれば好んで生息するため、夏はポイントを少し変更する必要があります。

夏におすすめなルアー

夏のヒラメ釣りにおすすめのルアーは、メタルジグになります。初夏は、ベイトフィッシュのサイズがまだ小さいため、サイズの小さいメタルジグがおすすです。また、ヒラメの活性が高くないため接岸することが少なく、そのことを含めても、メタルジグは遠投性能が優れているため、おすすめのルアーになります。

その次に、おすすめしたいルアーは、ボトム付近を探れるミノーになります。夏の代表的なベイトフィッシュと言えばシロギスになり、シロギスはボトム付近を泳いでいる魚なため、そのシロギスが多いと、それを捕食するヒラメもボトム付近にいることが多くなります。そんなボトムを、トレースするように泳がせられるミノーは夏におすすめしたいルアーになります。

9~11月の秋は、年中釣れるヒラメ釣りのなかでも、ヒラメ釣りの本格シーズンが到来します。この頃のヒラメは、活性も高まり夏に減っていた大型のヒラメも増えてきます。ただし、この頃は青物の回遊も多いのが特徴です。またヒラメの本格シーズンが到来したため、サーフや磯が混雑しがちになり、ポイントの全てが埋まる場合もあります。

そんな、秋は台風も多く、その影響で海中は視界が悪くなりますが、台風の影響で海水がかき回されることで、海水温が下がります。そんな、海水温が20℃前後になると、ヒラメが釣れ始めヒラメのベストシーズンが到来します。そんな秋頃のヒラメ釣りは、ヒラメに喰い渋りが少ないため、ポイントを慎重に探る必要がないのが特徴になります。

そのため、複数のポイントを攻めることをおすすめになり、複数のポイントを攻めることで、その日のヒットパターンが見つけられ連続ヒットに繋がる可能性が上ります。

秋におすすめなルアー

ヒラメのベストシーズンである秋におすすめなルアーは、アピール力の強い「ミノー」になります。そんな、ミノーがおすすめな理由は、秋に「台風が多い」からになります。秋は、台風が多くなるため海中が濁っていることが多く、ヒラメの視界も悪くなります。そのため、ルアーの動きが悪いと、視界の悪い海中で見つけることができません。

しかし、激しい動きをしてくれるミノーを選んだり、派手な色を選ぶことで、視界が悪い海中でもヒラメに猛烈にアピールしてくれるため、ヒラメが気づきルアーに食い付く可能性が上ります。

次におすすめしたいルアーは、「バイブレーション」になります。このルアーは、海中が濁っていても表層付近は澄んでいる可能性があり、その場合はバイブレーションのリフトアンドフォールで、丁寧に攻めることで、多少海中の濁りの強い日でも、ヒラメの食いつきを誘うことが可能になるためおすすめのルアーになります。

冬のヒラメ釣りは、海水温が下がりすぎない初冬の頃が狙い目になっています。特に1月上旬は地上は真冬でも、海水温はまだ温かく海中ではまだ秋の気温になるため、ヒラメは活発に動いています。

この頃のヒラメは、小型は減少していますが、逆に大型のヒラメが狙えるようになっています。また地域や、その年の海水温によっては、2月頃にヒラメが爆発的に釣れることがあるのもこの時期の特徴になります。

そんな冬のヒラメは、海水温が15℃を下まわってしますと、ヒラメの活性が極端に低下してしていきます。そうなると、ルアーへの食いつきが悪くなるため、ルアーへの誘い方や見せ方、釣り場選びなどの工夫が必要になります。また釣り人も、ヒラメの食いつきが浅くなるため、集中力が重要になります。

その他にも、真冬になると小魚が見えなくなるため、河口など海流が大きく海底や海況に変化がつきやすい釣り場がおすすめの釣り場になります。

冬におすすめのルアー

冬のヒラメ釣りは、海水温が低下するとヒラメの食いつきが悪くなるため、状況にあったルアーを選ぶことが大切です。そんな、食いつきの悪くなったヒラメには、比較的大きなサイズのルアーを使いましょう。そんな冬季に、おすすめしたいルアーは「ワーム」になります。冬場のヒラメは基本的に深場におり、他の季節よりも活性が低下しています。

そんな、活性の低いヒラメに効果的なルアーが、ワームになります。また、コノシロを除くと、表層付近を泳ぐベイトが少ないため、表層付近を攻めるよりもボトム付近を攻めるワームの方が釣果に繋がりやすくなります。

次に、おすすめなのが「ナチュラルカラーのミノー」になります。冬季の太平洋側は北西から風が吹くため、海中が濁っても濁りが取れやすくプランクトンが発生しにくいため、透明度が高いのが特徴です。そのため、ヒラメの視界がいいため、ナチュラルカラーでもヒラメに猛アピールできます。

おすすめなヒラメ用ルアーメーカーと製品

季節でのヒラメの釣り方のポイントや、おすすめのルアーなどを紹介しましたが、そんなヒラメ用のルアーを製作・販売しているメーカーはたくさんあります。そんな、ヒラメ用のルアーのメーカーの中から、おすすめしたいメーカーとその製品を紹介します。

DUEL(デュエル)

ビーチウォーカー アクシオン
ビーチウォーカー アクシオン

DUEL(デュエル)は、1967年に北川安洋さんが創業したのが始まりになった釣具メーカーになります。そんなデュエルは、ルアー・エギ・釣り糸などを中心に製造・販売し、その他に小物なども販売している釣り具の総合メーカーです。そんなデュエルの、ルアーや釣糸は知名度が高く、国内外でも高い評価を得ています。

そんなデュエルで、おすすめしたいルアーは、ヒラメハンターと呼ばれている「ビーチウォカー アクシオン」になります。このルアーは、ヒラメ用ルアーで大切な「高比重ボディ」を実現しているルアーになります。

また、ルアーの形が直列レイアウトになっているため、空気抵抗や横風のストレスを軽減してくれるため、メタルジグ並に安定感があり、飛距離を出すことが可能です。また、安定した泳ぎもしてくれるため、ヒラメ釣り初心者でも扱いやいルアーになり、リールを巻くスピードによって波動が変化することが好まれています。

シマノ

熱砂 スピンドリフト
熱砂 スピンドリフト

¥ 1,836

シマノは、創業90年を超える自転車部品・釣具・ロウイング用品などのメーカーになります。そんなシマノは、技術を語らず新たな釣具の開発はありえないという信条をもとに、日々の研究を重ねて、基本性能の向上や新機能の開発をおこなっています。

そんなシマノの中から、ヒラメ釣りでおすすめしたいルアーは、「砂熱 スピンドラフト」になります。このルアーは、ヘビーシンキングミノーになります。そのため、飛距離が出やすいだけではなく、深く潜るのも得意なのが特徴になります。

また、リールをただ巻くだけでも、ルアーが上下左右と激しくアクションを起こしてくれるため、ヒラメに猛アピールしてくれるのが特徴になります。このルアーには、重量があるため、多少波風があっても使用することができるのが、このルアーをおすすめしたいポイントになります。

マルキュー

パワーシャット
パワーシャット

¥ 702

口コミ

スリーパーマッチョが着水するとフックが上を向く性質のため、パワーシャッドがゆらゆらと下降するアクションが絶妙で、リフト&フォールでパフォーマンスを磨けばマゴチ、ヒラメに近づけます。

マルキユーは、1910年に創業した埼玉県ある日本の釣具メーカーになります。釣り餌を中心に製作・販売をしており、日本に生息する魚種のほとんどをカバーする釣餌のラインナップを誇っています。

そんなマルキユーは、国内の釣り具メーカーである「がまかつ・ダイワ精工・シマノ」に並ぶトップブランドになり、そんなマルキユーには、サブブランドとしてECOGERA(エコギア)があります。そんなマルキユーで、おすすめしたいルアーは、エコギアのルアーで「パワーシャッド」になります。

このルアーを使うのは、なかなかヒラメが食いついてくれず、状況としては厳しいときになり最終兵器だといえます。そんなパワーシャッドは、パワーシャッドのヘッドを切り落とし、メタルヘッドを付けることで、魚の形になるソフトルアーになります。このパワーシャッドは、太刀魚をターゲットに作られましたが、独特の動きがヒラメをも魅了します。

ヒラメを釣りたければ、ルアーを選べ

ヒラメ用ルアーおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ヒラメは、1年をとおして釣ることができる魚です。そんな、ヒラメ釣りに使うルアーの種類は豊富にあり、季節や海の状況によって使い分ける必要があります。またヒラメ用ルアーの選択を誤ることによって釣果が違ってきます。そのため、ルアー選びは慎重になる必要があります。

ですが、そんな大切なルアーを選び、ヒラメを狙って釣りをおこない、ヒラメが釣られたときの嬉しさはひとしおです。そんなヒラメ釣りを楽しむためにも、ぜひいろいろなルアーを使ってためしてみてください。

Related