Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月27日

ロードバイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

最近ブームとなっているロードバイクですが、そのマシンを構成するアイテムの中で、最重要といわれるのがホイールです。そのロードバイクホイールにもいくつかの種類があり、その中からおすすめのパーツを選ぶことが重要です。ここでは最適なおすすめ製品を紹介します。

ロードバイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ロードバイクホイールの種類と選び方

愛車のロードバイクの走りをワンランクアップさせたいと思ったら、最初に候補に挙がるのがホイールです。走りの要となるホイールを交換すると、その走りに目覚ましい効果があらわれます。

今回は、今までホイールの交換をやったことがない方のために、ホイールを選ぶ際の基本事項や選び方を紹介します。

ロードバイクホイールの種類

ロードバイクのホイールには、おおまかに3つのタイプがあります。ホイールを選ぶ際にはこれらの特徴を理解して、自分自身に最適なタイプを選ぶことをおすすめします。

チューブラーホイール

チューブラーホイールは、タイヤとチューブが一体化したタイヤを、専用の貼り付け用接着剤で取り付けるタイプのロードバイクホイールのことです。

特徴としては、ホイールのなかでは 一番軽量という点です。さらには、乗り心地もしなやかですし、上級者におすすめのロードバイクホイールです。逆に、デメリットとしては、パンク修理は難しく、使い捨てになるという点です。

チューブレスホイール

チューブレスホイールは、その名の通り、チューブを使わないロードバイクホイールです。その特徴としては、軽量なこと、タイヤからリムへの動力伝達がダイレクトで、クリンチャーと比較して、路面抵抗の提言、さらにトラクションの向上が見込まれる点です。

一方、デメリットは商品の選択肢が限られる点と、パンク修理が難しいので、ロングライドの時や、練習走行の時には、予備のチューブタイプホイールを持参する必要があるという点です。

クリンチャータイヤ

クリンチャータイヤは、ロードバイクホイールの定番商品です。その種類は豊富で、軽量タイプや丈夫な製品まで、数多くのタイプが存在します。

デメリットといえる点は特にはありませんが、あえて挙げれば、重量という点では、他の2タイプにはかないません。ですが、一般ユーザーには おすすめのホイールです。

ロードバイクホイールの選び方

ロードバイクのホイール選びで重要なポイントは次の3点です。①走行性能、②見た目、③メーカー力ということです。ロードバイクのフレームとあわせて、このホイールの持つブランド力によって、ホイールそのものの魅力は大きく変化します。

メーカー力の重要性に疑問符をつける方もみえるでしょうが、例えば、走行性能も、見た目も申し分がなくても、マイナーブランドのホイールを取り付けていては、残念ながら所有欲・満足感は満たせません。やはり、他者の評価という面は、ブランドによる注目度で随分と異なります。従って、所有欲も重要な要素のひとつと言えるでしょう。

そのため所有欲を満たすためににも、ある程度認知されたブランドののホイールを選ぶということも重要です。

間違えないホイール選びには

新規にのロードバイクのホイールを交換する際にどんな観点で選べば合理的かがわからない方もおられます。ロードバイクホイールを選ぶ際には事前にタイヤの方法やリム形状、適合するコンポーネントなどホイールの基礎的な特徴を認識しておくことをおすすめします。

買いたいと思ったホイールであったとしても、自分のロードバイクに装着できないのであれば意味はありません。そのうえで自分自身の走行シーンやスキルに適したホイールを検討することをおすすめします。

レースの以外の用途であっても走りの底上げができるホイールは、ロードバイクの楽しさをことさらに広げてくれおすすめです。

ネットで購入での注意点

インターネット販売が普及し、自転車のパーツも容易にネットで購入することができます。オンライン上の方が実店舗よりも表示価格設定が安かったり、よその国ウェブ販売を使用すれば為替のの関係でお得に購入できるメリットがあります。

第一にホイールは自転車パーツの中では、大きな予算が必要な部類に入るので、価額は気になります。したがって、自分が欲しいホイールの大きさ、カラー、規格などちゃんと認識しておくことがおすすめです。

実店舗であるならばスタッフの方がもろもろ説明してくれるのでしょうが、インターネットで活用する場合は、全部自分の責任で選ばなくてはならないためと、商品知識が必要です。

間違った商品を購入してしまってもキャンセル不可の場合もありますので、事前の調査がおすすめです。それさえ実行できれば、ネット販売は価格的に魅力がありますのでおすすめです。

バイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、バイクホイールのおすすめランキングTOP3の製品を紹介します。

ランキング3位:Campagnolo C17

Campagnolo ZONDA C17
Campagnolo ZONDA C17
口コミ

すごくよく回りますね。驚きです。

ゾンダはカンパニョーロ・ホイールの中でもっともおすすめの製品です。いちばん信頼できるホイールとして全身全霊で製造され、そこにはパフォーマンスへの妥協はまずありません。

常にのライダーの注目を集めるホイールの1つとして存在してきました。ライバルを超えたパフォーマンスと、誰もがうらやむ信頼性を兼ね備え、今も多くのトップ・プロ選手が利用しています。ひと昔前は「最低限ゾンダ」などという格言さえあったにわたり、ロードバイク乗りから愛されてるホイールがカンパニョーロのゾンダです。

ランキング2位:シマノ WH-RS21-FRL

シマノ ホイール WH-RS21-FRL T 11段クリンチャー 前後セット ブラック
シマノ ホイール WH-RS21-FRL T 11段クリンチャー 前後セット ブラック

¥ 25,627

口コミ

多くの3-5万円のホイールの存在意義を無くしてしまった定番ホイール。

「ロードバイクの走りにとりまして、ホイールはすごい重要な部品」という認識は多くのライダーで共通です。ですので、はじめに装着されているホイールから、アップグレードしてみたいと考えている人もよくみられます。

一方で、ホイールだけで5万円出すのは、ちょっと躊躇するという現実的な問題を抱えるユーザーも多いのが現実です。

その点、シマノのWH-RS21は2万円台という手の届き安い価格設定になっています。そのうえ、約1,850gという重量は高額なホイールほど軽量ではないですが、全体的に走りがすばらしく、このプライス帯としましては、最高におすすめのロードバイクホイールです。

レースなどを考えると1,850gは重いのですが、レースでなければ気にせず使えるでしょう。

ランキング1位:シマノ WH-R9100-C24

シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL クリンチャー
シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL クリンチャー
口コミ

これまでわアルテグラでしたがそれに比べればやはり軽くて丈夫良かつたです

デュラエースC24は、アルミの軽量ホイールのベンチマーク(基準)的存在です。約1,390gと、アルミホイールとしましては最軽量のクラスに入ります。ホイールとは、とはいうものの軽ければよいというものでもありません。軽いだけのホイールは、剛性が低い場合もあります。

多く踏み込んだ場合にもホイールがたわまずに、完全にと力を伝達してもらうというか、剛性のある優れたホイールでおすすめです。デュラエースC24は軽量ホイールの代名詞と言い伝えられるだけありまして、ただ軽いだけじゃありませんし、剛性感も十分ですのでおすすめです。

ニューの9100シリーズでは、前の9000シリーズより40gほどに重量は増加していますが、その反面、剛性面など改善点があったと考えて良いでしょう。

ただ軽いだけのロードバイクホイールではなく、総合能力の高いロードバイクホイールにしたいというメーカーの意図がありおすすめです。

特徴・用途別おすすめのロードバイクホイール

次に、ロードバイクホイールの特徴や用途別におすすめ製品を紹介します。

安い・コスパがいい

まずはコストパフォーマンスの高いおすすめロードバイクホイールを紹介します。

FULCRUM RACING ZERO

FULCRUM(フルクラム) RACING ZERO レーシング ゼロ
FULCRUM(フルクラム) RACING ZERO レーシング ゼロ
口コミ

シマノRS-81-C24と比較して重量はほぼ同じですが、剛性が高く感じます。

ロードバイクのアルミホイールは軽量で丈夫なものがおすすめですが、FULCRUM製はアルミホイール製の中で剛性ではトップクラスと言っても過言ではありません。アルミならではの軽さがあるのですが、走りに影響を与えがちな回転性にも優秀な製品でおすすめです。

価額面では心もち高額と感じるでしょうが、性能や走りを考えらコスパは相当高い製品でおすすめです。レースを目指すライダーにもおすすめです。

カーボン

次にカーボン製のおすすめのロードバイクホイールを紹介します。

ICAN カーボンホイール

ICAN(アイカン)カーボンホイール クリンチャー
ICAN(アイカン)カーボンホイール クリンチャー
口コミ

中華カーボンホイールの購入を迷っている方はぜひ検討ください。平地でも速いし、下りもカーボン特有の不安感があまり無く、無事に下山できました。乗りやすいです。

ICAN製のおすすめのカーボンホイールです。カーボン製/空気力学的なデザインで、多様な路面状態に対応できおすすめです。

新しいのカーボン成形技術を利用して、重要部位におきましてはよりさらに複数のカーボン繊維材料を使用しておりおすすめです。高強度のカーボン繊維を利用していますので、制動性能と高耐久性も兼ね備えています。

23mm幅のリムは21mm幅のリムよりエアロ性能が向上しましたし、 23mm幅リムの値打ちは均一な気流を生み出し、タイヤの表面に空気力の代謝を生み出します。

フラットスポークを採用していますので、安定性とスピード続行がもの以上に強化されました。以上の点から、サイクリストにとりましてバランスのよいおすすめの製品です。

ロングライドに最適なホイールはどんなもの?

次にロングライドに最適なおすすめロードバイクホイールを紹介します。

シマノ ホイール WH-R501

シマノ ホイール WH-R501
シマノ ホイール WH-R501
口コミ

タイヤがひび割れてきたのでタイヤ28C→23C、とホイールをジャイアント純正から交換しました。 最初に乗った時はアレ?ギアが1、2段軽い?と私でも分かる程でした。

シマノ製のおすすめのロードバイクホイールです。何よりもコストパフォーマンスが高く、さまざまなロードバイクの初期ホイールとして導入されていますが、シマノホイールの技術と信頼性を気軽に体感することができます。

クリンチャータイヤ対応で、スポークタイプはラウンドです。また、サイズは700Cです。初心者から中級者までのロングライドにおすすめのロードバイクホイールです。

おすすめホイールで軽量化しよう

次に軽量でおすすめのロードバイクホイールを紹介します。

シマノ デュラエース WH-R9100-C24

シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL
シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL
口コミ

鉄下駄からデュラにグレードアップ 軽くていいです。

シマノ製の軽量おすすめロードバイクホイールです。一番の特徴である重量は1,453gで最軽量部類に入ります。さらに、比較的やわらかめのホイールですので、乗り心地も最適で、高ケイデンスで回すべだリングに向いています。反面ダンシングなど強く踏み込むとたわみを感じることもあります。

見た目は非常にシンプルなので、控えめな印象を受けますが、それはシマノならではの安定感の証といえます。

初心者におすすめのホイール

次に、初心者の方にもおすすめできるロードバイクホイールを紹介します。

FULLCRUM QUATTRO LG

FULCRUM RACING QUATTRO LG
FULCRUM RACING QUATTRO LG
口コミ

ハイト35ミリはカッコいい。走りは軽くて遠くまで行く気になる。週一ライダーの私には丁度良い、平日は見てるだけで走ってる感じになります。

FULCRUM製のおすすめのロードバイクホイールです。初心者におすすめできる価格設定になっており、見た目もそこそこ格好がよく、さらにリムハイトも少しあり、横顔もおすすめです。

重量は1,725gとやや重めの部類ですが、初期で入っているホイールよりは軽量になっています。その分、頑丈で1000~1200kmのブルぺを数本走っている人でもノートラブルで、強度を気にすることなく十分に走れます。

まさにビギナーにやさしいおすすめのロードバイクホイールといえるでしょう。

おすすめロードバイクホイールのメーカー・ブランド

ロードバイクのパーツの中で一番重要なのがホイールです。これより、おすすめのロードバイクホイールのメーカー・ブランド3つと代表されるおすすめ製品について紹介します。

SHIMANO シマノ

SHIMANO(シマノ)は、日本を代表する世界的に有名な自転車パーツメーカーです。コンポーネントのシェアは世界一ですし、性能ではかなうメーカーはないと言われています。

コンポーネントでもハイグレードのブランドとされてるデュラエースをホイールでも利用しており、デュラエースシリーズのホイールも性能は世界トップレベルを誇ります。代表商品として、ブランドは、Dura Ace(デュラエース)、RS81(アールエス81)、ULTEGRA(アルテグラ)などが人気です。

SHIMANOWH-9000-C75-TU-FR

SHIMANO(シマノ) WH-9000-C75-TU-FR
SHIMANO(シマノ) WH-9000-C75-TU-FR
口コミ

ちょっと高いけど良いね リムハイトも高くよく回る 高性能でレースに使用しても大丈夫だと思う

シマノ製のDura Ace(デュラエース)は、ホイールの中で最上位のおすすめホイールです。Dura Ace(デュラエース)の9000シリーズという9100シリーズの型落ち版ではあるが、性能は優れており、マニアからも愛されてるホイールです。

9100シリーズにはリムハイトが75mmのシリーズは存在しないので、同カテゴリーの中では唯一の製品です。さらに、シマノのテクノロジーとしてD2リム、オプトバル、エクストラワイドフランジを搭載しており、性能としましては最高峰にあたりおすすめのロードバイクホイールです。

FULCRUM フルクラム

FULCRUM(フルクラム)は、サイクリングの名門、イタリアのおすすめのロードバイクホイールメーカーです。

サイクリング工学に優秀な人たちによりまして開発されました製品は、空気抵抗や摩擦、路面抵抗などを考え尽くして作られており、エネルギーロスをとことん削減した販売品企画を行っておりおすすめのロードバイクホイールです。

プロのレースでも頻繁に利用されており、いくどもワールドチャンピオンに輝いています。代表品物としまして、製造先のは、SPEED(スピード)Racing Light(レーシングライト)、Racing Speed(レーシング迅速に)、Racing Zero(レーシングゼロ)、Racing Quattro(レーシングクアトロ)、Racing 3(レーシング3)というものがおすすめのロードバイクホイールです。

FULCRUM Speed 55T

FULCRUM Speed 55T (F+R)
FULCRUM Speed 55T (F+R)

FULCRUM製のおすすめのロードバイクホイールです。リム高55mmのチューブラーホイールです。

カーボンリムでスポークはステンレスです。重量はフロントホイールは564gでリアホイールは716gで、合計1280gとなっています。

最先端に進化したSPEEDシリーズ、長年プロフェッショナルチームに提供され、すべてのフルクラムマニア憧れのフルカーボンチューブラーホイールであるレーシングスピード、そのホイールの進化バージョンがスピード・シリーズです。

CAMPAGNOLO

カンパニョーロは、シマノと肩を並べるロードバイクパーツメーカーです。フレームを除くほぼすべてのパーツを製造しており、ホイールの他にもコンポーネントでも有名なロードバイクパーツメーカーです。

ホイールでは実用用途に対応していろんなブランドを抱えており、アルミ、カーボン、軽量ホイール、ディープリム、エアロホイールなど改良してない種類は存在しないのではと思うほどです。

代表販売品、ブランドとしては、KHAMSIN(カムシン)、VENTO(ベント)、SCIROCCO(シロッコ)、ZONDA(ゾンダ)、EURUS(ユーラス)といいました品物に人気があるロードバイクパーツメーカーです。

Campagnolo Scirocco 35

Campagnolo 2014 Scirocco 35 シロッコ ホイールセット
Campagnolo 2014 Scirocco 35 シロッコ ホイールセット

¥ 48,060

口コミ

形も格好いいしよく目立つしとても気に入りました。安い時に買えて良かったです。

Campagnolo製のおすすめのロードバイクホイールです。リム・ハイトが24 mm から、35 mm のハイ・プロファイルに変更されまして、エアロダイナミック性能が向上しました。

見た目もブラック基調のアグレッシブなデザインに一新され、ミドル・レンジながらハイエンド・ホイールに引けを取らないルックスになっています。

重量もペアで1,710g と、85g軽量化されており、おすすめのロードバイクホイールです。 上位グレードである、シャマル・ウルトラ、ユーラス、ゾンダ同様、オーバーサイズ・フランジと革新的なメガG3™仕掛けが備わり、性能面でも大きな飛躍を遂げました。

ロードバイクホイールの使い方

ロードバイクのホイールは、ロードバイクのパーツの中でも最重要なアイテムです。ロードバイクホイールは、その構造や特性を良く知り、使用目的に合わせて選ぶことで、初心者から上級者まで有効な使い方ができます。

ロードバイクホイールの構成

ロードバイクホイールは大まかにリム・スポーク・ハブで構成されます。最近では「完組ホイール」=ホイール会社が専用のリム・スポーク・ハブをすべて制作し組み立てたタイプと、「手組ホイール」=リム・スポーク・ハブそれぞれを好きなメーカーを選択して、好きな組み方(3種別ほどある)で量販店のスタッフが組み上げるタイプに分かれています。

リムは9割がプライス・耐久性重視でアルミ二ウムを素材とし、残り1割が重量の軽さや空力抵抗低減を狙いとしたカーボン素材となることが大半です。

ロードバイクホイールのおすすめ使い分け

2つロードバイクホイールの構成を考えると、完組ホイールへの交換は、少し敷居が高くレースに参加するような上級ライダーだけのものだという感覚の方も多いでしょう。しかし、実際には、週末のサイクリングにロードバイクを楽しむような市民ライダーにとっても、ロードバイクホイールのアップグレードで、性能向上を実感することができ、満足感も高まります。

具体的な使い方としては、ヒルクライムレースの時や、山でのサイクリング、さらには交通量の多い市街地走行の場合には軽量タイプのホイールへの付け替え、耐久レースに参加する時や、河川敷を走る時には、エアローホイールへの交換するという使い方がおすすめです。

おすすめのロードバイクホイールのカバー

ロードレースなど、多くのシーンで、ロードバイクの後輪にカバーが付けられてるシーンをよく見かけます。これはホイールカバーと呼ばれるパーツです。ホイールカバーは、主にロードレースなどにおいて、自転車の空気抵抗を減らす目的で装着されます。

このアイテムの目的は、自転車のパーツの中でホイールが第一に走行中の空気抵抗を受けるため、その対策として装備されます。

ロードレースなどのタイムを競う競技で勝つためにには、わずかなタイム差が勝敗を分けます。そのため、ライダーの脚と自転車のフレームの風を遮るため、後輪にカバーを付けて、抵抗を減らして走る選手が多くみられます。

市民ライダーにもおすすめ

また、そのホイールカバーはインパクトがあるため、趣味で乗る自転車にホイールカバーを付けている方もいます。それ際、速度を上げるため、というよりは、ファッション性を高めることが目的になります。

ホイールにカバーを付けるということで、簡単に自身の自転車をインパクトがあるマシンにすることができます。これより、おすすめのホイールカバーをご紹介しましょう。

DOPPELGANGER DWC064-BK

DOPPELGANGER 700C DWC064-BK
DOPPELGANGER 700C DWC064-BK

¥ 5,400

口コミ

canover beatriceの変わったフレームの見た目を活かすために購入。

心地よく自由にカスタムできるリアホイールカバーですが、もともとはスピーディーに走る意義で、空気抵抗を少なくするために用いられますが、一般ライダーには、ファッション感覚でカスタムをする人も多いので、自転車をアピールできるインパクト重視のカスタムパーツとして年々売上が伸びています。

取り付けもホイールカバーに6本のボルトで固定することだけのかんたんに装備可能です。塗装やステッカーにて、無地のキャンバスを自分なりにアレンジでき、シティイライドで存在感を発揮するインパクトにすぐれたホイールカバーです。

おすすめのロードバイクホイールで快適ライド

ここまで、ロードバイクホイールの種類や特徴、それによる選び方などを紹介してきました。また、特徴や用途に合わせたおすすめ製品も、紹介させていただきました。

近年はロードバイクのデザイン性や利便性などにより、初心者から上級者まで多くのライダーが、ロードバイクを購入しています。しかし、ロードバイクの種類はさまざまで、また、その中でもホイールというのは最重要アイテムになっています。

この最重要アイテムを極めて、自身の利用用途に最適な製品を装着すれば、これまで以上に快適なロードバイクライドが実現できるでしょう。

Related