Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月11日

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロで通勤や通学をしてみませんか。ミニベロは小回りが利き、収納も省スペースで人気があります。今回は、ミニベロの種類や選び方、おすすめの商品を多数紹介します。おすすめのメーカーや予算別のおすすめミニベロも紹介するので、お気に入りの一台を見つけてみましょう。

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロの種類と選び方

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロはフランス語で小さい自転車という意味です。日本語では小径車と呼ばれることもあり、小さくて可愛らしい外観から、おしゃれな自転車として人気があります。

省スペースと小回りが利くことを活かして、日常生活で使用したり、ちょっとしたお出かけに使用することもできます。そんなミニベロにはさまざまな種類があるため、購入を検討している人はどの商品が自分に合うのか迷ってしまうのではないでしょうか。

ミニベロの種類と選び方について、自転車に詳しくない人にもわかりやすく紹介しますので、ぜひあなたにぴったりのミニベロを探すヒントにしてみてください。

ミニベロの種類は?

ミニベロは、大きく分けてアーバンタイプ、ロードタイプ、MTBタイプに分けられます。それぞれの特徴を見てみましょう。

アーバンタイプ

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ミニベロ クエロ(CHERO) 20F CHF251 E.XHブルーグレー 510mm
ブリヂストン(BRIDGESTONE) ミニベロ クエロ(CHERO) 20F CHF251 E.XHブルーグレー 510mm

アーバンタイプはおしゃれでコンパクトなモデルで、輪行を楽しむのにおすすめです。折りたたみ機構がついたタイプは、輪行はもちろん、車に載せて出かけるときに便利です。

ロードタイプ

MONTANA(モンタナ) M2R/ホワイトパール/S M2 R
MONTANA(モンタナ) M2R/ホワイトパール/S M2 R
口コミ

ハンドルが中途半端な位置にあり乗りにくいです。 ハンドルを交換して乗っています。本体も軽く乗りやすいです。

走行性が良いのがロードタイプのミニベロです。

細めのスリックタイヤやレースタイヤを採用したタイプで、軽量の素材で作られることが多いです。ミニベロで長距離を走行したい人におすすめです。

MTBタイプ

Airbike 折りたたみ自転車 ミニベロ 20インチ サスペンション付き シマノ21段変速
Airbike 折りたたみ自転車 ミニベロ 20インチ サスペンション付き シマノ21段変速
口コミ

通勤時、坂道が多いため、ギアの多いこの自転車を購入しました。

MTBとは、マウンテンバイクのことで、ブロックタイヤやフルサスペンションを採用したタイプです。ミニベロはタイヤが小さいため、不安定な路面では走りづらいイメージがありますが、MTBタイプのミニベロなら、ちょっとした山道にも対応できます。

生活に便利なタイプも

上記の種類以外にも、生活に便利なタイプのミニベロもあります。ちょっとしたお出かけや買い物に便利なタイプを挙げてみましたので、生活スタイルに合わせて参考にしてみてください。

チャイルドシート付き

【a.n.design works】 a.n.d coala アンド コアラ 限定グレー 20インチ 135cm~
【a.n.design works】 a.n.d coala アンド コアラ 限定グレー 20インチ 135cm~

小さな子供がいる家庭では、幼稚園や保育園の送り迎えなどを自転車でしている人も多いのではないでしょうか。ミニベロにもチャイルドシートがついたタイプがあるので、ぜひ活用しましょう。

電動アシスト付き

電動アシスト自転車 最大1億の賠償責任保険付【 E-TOWN イータウン 】20インチ電動自転車 シマノ内装3段変速ギア ハンドルストッパー OGKフロントバスケット フロント反射板 軽量リチウムバッテリー 8Aバッテリー 型式認定車両
電動アシスト自転車 最大1億の賠償責任保険付【 E-TOWN イータウン 】20インチ電動自転車 シマノ内装3段変速ギア ハンドルストッパー OGKフロントバスケット フロント反射板 軽量リチウムバッテリー 8Aバッテリー 型式認定車両

¥ 139,600

電動アシストがついたミニベロは、走り出しをスムーズにしてくれるので、坂道などの走行に便利です。重い荷物を運ぶシーンにも活躍するので、買い物に出かける際にもおすすめです。

三輪タイプ

自転車 3輪 三輪自転車 20インチ スイングチャーリー 20インチ SWING CHARLIE2 三輪自転車E ティールグリーン MG-TRW20E
自転車 3輪 三輪自転車 20インチ スイングチャーリー 20インチ SWING CHARLIE2 三輪自転車E ティールグリーン MG-TRW20E

三輪タイプのミニベロは、安定性が抜群です。荷物が重い場合は二輪に比べて走りやすいでしょう。ただし、部品やタイヤの数が違うこともあり、価格は二輪よりも高い場合が多いです。

ミニベロの選び方

ミニベロを選ぶ際は、どのような使い方をしたいかをイメージすると良いでしょう。例えば輪行を楽しみたいなら軽くコンパクトなタイプがおすすめです。持ち運びはせずに通勤や通学で使いたい場合は走行性が良いタイプを選びましょう。

また、見た目がおしゃれなタイプも多いため、外観だけで選びがちですが、できるだけ試乗することをおすすめします。身長や体格などによって乗り心地は人それぞれなので、ネットのレビューだけではわからないこともあります。気になる商品があれば店頭で乗ってみましょう。

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロの種類と選び方を紹介してきましたが、どのような商品が人気があるのでしょうか。ここでは数あるランキングサイトでも上位に入るメーカー・ブランドからおすすめの商品を選んでみました。ミニベロ選びの参考にしてみてください。

ランキング3位:「SCHNEIZER(シュナイザー) 超軽量 9.9kg アルミフレーム」

SCHNEIZER(シュナイザー) 【ミニベロ】超軽量 9.9kg アルミフレーム 20インチ Wディスクブレーキ Shimano ALTU8速 本格小径車 Z501 グレー/ブルー Z501 グレー/ブルー
SCHNEIZER(シュナイザー) 【ミニベロ】超軽量 9.9kg アルミフレーム 20インチ Wディスクブレーキ Shimano ALTU8速 本格小径車 Z501 グレー/ブルー Z501 グレー/ブルー

おすすめ人気ランキング3位はスポーツタイプのミニベロです。ディスクブレーキを採用しているため、しっかりとブレーキが効くので安心して走行できます。また、軽量でコンパクトなので、輪行やちょっとした街乗りにもおすすめです。

ランキング2位:「21Technology【SK206】20インチ」

21Technology【SK206】20インチ 小径車 ミニベロ シマノ製6段変速ギヤ付き 自転車 本体
21Technology【SK206】20インチ 小径車 ミニベロ シマノ製6段変速ギヤ付き 自転車 本体
口コミ

小さく軽量で、どこにでも止められるためとても便利です。 とにかく軽いです。女性でも簡単に持ち上げられます。

おすすめ人気ランキング2位はカゴ付きのおしゃれなミニベロです。ちょっとしたお出かけや通勤・通学におすすめです。チェーンカバーがついているため、スカートやパンツの裾が巻き込まれる心配がありません。また、ハンドルとサドルの高さ調節ができるので、女性でも乗りやすいでしょう。

ランキング1位:「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ROADYACHT」

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ミニベロ ROADYACHTシリーズ ROADYACHT 330-GR 20インチ 独自開発ミッドキャビン搭載フレーム
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ミニベロ ROADYACHTシリーズ ROADYACHT 330-GR 20インチ 独自開発ミッドキャビン搭載フレーム

おすすめ人気ランキング1位は、足元にあるカゴが特徴のミニベロです。通常の自転車はハンドルの前にカゴが取り付けられますが、このミニベロはペダル部分近くにカゴを設けてあります。重みのある荷物を載せてもふらつきにくく、盗難も防ぎやすいためおすすめです。

特徴・用途別おすすめのミニベロ

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめランキングで紹介したミニベロ以外にも、さまざまな特徴のある商品が販売されています。ここでは、特徴・用途別のおすすめのミニベロを紹介していきます。

安くておすすめのミニベロは?

21Technology ミニベロ 20インチ クロスバイク CL20 シマノ6段変速
21Technology ミニベロ 20インチ クロスバイク CL20 シマノ6段変速
口コミ

シンプルで気に入っています。 この値段で購入できるのは嬉しいですね。 組み立ては付属の説明書を見ながら進めれば問題なく出来ます。

ミニベロの中で低価格帯の1万円台のタイプです。「21technology」は、福岡県に本社を置くメーカーで、実店舗を持たないため低コストのミニベロを多く製造・販売しています。この商品はデザイン性が高く、6段階のギアチェンジができるなど機能的で人気があります。スポーツタイプなので、長距離に挑戦したい人にもおすすめです。

コスパが良いミニベロは?

My Pallas(マイパラス) ミニベロ 20インチ 6段変速 オールインワン M-709
My Pallas(マイパラス) ミニベロ 20インチ 6段変速 オールインワン M-709
口コミ

通勤に使用しています。 ギア比もちょうど良く、その気になれば結構な速度も出せます。 前カゴは仕事帰りに買い物をした際に有難いです。

2万円を切る低価格でありながら、カゴ、ライト、ワイヤーロックが装備されたオールインワンタイプのミニベロです。通勤・通学や街乗りで欲しい機能が揃っています。また、レッド、ブラック、アイボリーの3色から選べるので、おしゃれなミニベロが欲しい人にもおすすめです。

ロングライドにおすすめのミニベロは?

GIOS(ジオス) ミニベロ FELUCA PISTA GIOS-BLUE 480mm
GIOS(ジオス) ミニベロ FELUCA PISTA GIOS-BLUE 480mm

ミニベロで長距離を走りたい場合は、ロードタイプがおすすめです。この商品はドロップハンドルを採用し、タイヤが大きめなので、速さを重視する人でも体に負担が少なく走りやすいでしょう。

スポーツタイプでおすすめのミニベロは?

WACHSEN(ヴァクセン) 20インチ ミニベロ【軽量アルミフレーム】 7段変速 高速52Tチェーンホイール Vブレーキ 11.3kg Stra BV-207
WACHSEN(ヴァクセン) 20インチ ミニベロ【軽量アルミフレーム】 7段変速 高速52Tチェーンホイール Vブレーキ 11.3kg Stra BV-207
口コミ

街乗り用に買いましたが、その辺に買出しに行くには申し分無いです。 確かに、安いなら安いなりの品質ではありますが、スピードはそこそこ出ますし坂道でも立ちこぎせずに登ることができます。

変速ギアは7段階で設定できるため、坂道などを走行する場合におすすめです。

また、軽量のアルミフレームを採用しているため、重さは11.2kgと軽いのも特徴です。街乗りをスムーズにしたい人にもおすすめです。

折りたたみでおすすめのミニベロは?

DAHON(ダホン) Route 7段変速 折りたたみ自転車
DAHON(ダホン) Route 7段変速 折りたたみ自転車
口コミ

変速機がついていて、折り畳み自転車のわりにスピードが出ます。

ダホンは世界初の折りたたみ自転車を製造したメーカーです。大変歴史が古く、さまざまな特許を獲得していることで有名です。

そんなダホンのミニベロの中で人気があるのがこの「ルートシリーズ」です。3ステップで素早く折りたためるのが特徴で、車載や輪行におすすめです。また、7段変速で走行性が優れているため、街乗りもしやすいでしょう。

クロモリでおすすめのミニベロは?

FUJI(フジ) HELION 44cm 8speed PILE SILVER ミニベロ 2018年モデル 18HELNSV PILE SILVER 44cm
FUJI(フジ) HELION 44cm 8speed PILE SILVER ミニベロ 2018年モデル 18HELNSV PILE SILVER 44cm

クロモリとは、自転車のフレーム部分に使われる素材のことで、クロムモリブデン鋼の略称です。クロモリの素材は、衝撃を吸収しやすいため、乗り心地が良いと言われています。アルミ製のミニベロよりも重くなる傾向がありますが、耐久性が優れています。

そんなクロモリを採用したおすすめのミニベロは、フジというブランドの製品です。シンプルなデザインですが、8段階もの変速ができ、長距離や坂道などで走行しやすいでしょう。

予算別おすすめのミニベロ

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロは、2万円程度から20万円ほどするのが一般的で、大変価格の幅が広い商品です。中には100万円以上する高額なタイプもあります。高ければ高いほど機能的で上質な素材を使用したタイプが多いですが、必ずしも高いものが走りやすいとは言えません。

予算の中で必要な機能・性能を備えたミニベロを選ぶことをおすすめします。ここでは、予算別でおすすめのミニベロを紹介しますので、あなたにぴったりの価格帯のミニベロを探してみましょう。

1万円台

Raychell(レイチェル) 20インチ 折りたたみ 自転車 FB-206R シマノ6段変速 フロントLEDライト付 [メーカー保証1年]
Raychell(レイチェル) 20インチ 折りたたみ 自転車 FB-206R シマノ6段変速 フロントLEDライト付 [メーカー保証1年]
口コミ

かご・ライト・ロックがちゃんとついているのでお買い得だと思います。どれも充分に使えます。

とにかく安く購入したいという人は、1万円台の価格帯で探してみましょう。この商品は折りたたみタイプのミニベロで、カゴ、LEDライト、変速ギアが備えられているため、低価格にも関わらず機能が充実しています。アイボリー、レッド、カーキなどのカラーバリエーションがあるため、おしゃれなミニベロが欲しい人にもおすすめです。

5万以下

HEAD(ヘッド) ノーパンク ミニベロ CLOUD(クラウド) [20インチ/ノーパンクタイヤ/アルミフレーム/オリジナルサドル/シマノ外装7段変速/ラピッドファイヤーシフター/7SPEEDS] CMQ-HE207
HEAD(ヘッド) ノーパンク ミニベロ CLOUD(クラウド) [20インチ/ノーパンクタイヤ/アルミフレーム/オリジナルサドル/シマノ外装7段変速/ラピッドファイヤーシフター/7SPEEDS] CMQ-HE207

¥ 45,144

空気を入れないノーパンクタイヤを採用しているため、空気入れの手間がかかりません。また、アルミフレームを使っているため約11kgと軽く、車載などをするのに運びやすいでしょう。タイヤのメンテナンスがほぼ不要で、丈夫に作られているため、通勤や通学に毎日使用する人にもおすすめです。

10万円以下

tern(ターン) Surge 16speed アルミフレーム 2018年モデル ミニベロ
tern(ターン) Surge 16speed アルミフレーム 2018年モデル ミニベロ

ドロップハンドルを採用したスポーツタイプのミニベロで、つや消しのブラックが格好良さを演出しています。また、ステアリングのヘッド位置が高めにつけられているので、ふらつく心配がないでしょう。長距離を快適に走行したい人におすすめです。

ホイールサイズ別おすすめのミニベロ

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロは車輪が小さな自転車ですが、ホイールサイズはさまざまあります。代表的な16インチと20インチを採用したおすすめ商品を挙げてみました。

16インチ

MYPALLAS(マイパラス) 折りたたみ自転車 16インチ M-101BK ブラック
MYPALLAS(マイパラス) 折りたたみ自転車 16インチ M-101BK ブラック

16インチのミニベロのメリットは、コンパクトで省スペースなところです。20インチと比べると安定性や走行性は低くなりますが、見た目が可愛らしく小回りが効くため、街乗りなどで人気があります。

写真は、折りたたみ自転車やシティサイクルなどで人気があるマイパラスというメーカーの製品です。カゴや変速ギアなどの付属品は付いていませんが、スチールを採用しているため丈夫さは期待できます。低価格でコンパクトなミニベロを探している人におすすめです。

20インチ

ブリヂストングリーンレーベル ミニベロ VEGAS VGS03T E.Xフラミンゴオレンジ E.Xフラミンゴオレンジ
ブリヂストングリーンレーベル ミニベロ VEGAS VGS03T E.Xフラミンゴオレンジ E.Xフラミンゴオレンジ

20インチのミニベロはタイヤが大きく安定した走りを期待できます。16インチと違ってひと漕ぎで進む距離が長いため、長距離で使用したい場合は楽に感じるでしょう。通勤や通学はもちろん、輪行などでもおすすめです。

この商品は、内装3変速を採用し、カゴが装備されたタイプなので、街乗りやちょっとしたお出かけにも使いやすいでしょう。

「406」と「451」とは?

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

20インチのホイールサイズの中に、「406」と「451」という規格サイズがあります。これは外径のサイズの違いで、「406」より「451」のほうが大きいです。以下でそれぞれのメリット・デメリットを挙げてみましたので、あなたの用途に合う規格を選びましょう。

「406」のメリット・デメリットは?

まずは「406」タイプの特徴を見てみましょう。

「406」は軽快な走りが特徴

「406」のミニベロは、「451」と比べて外径が小さいのが特徴です。ペダルを漕ぎやすいため、加速しやすく、走り出しや止まる際の負担が少ないのがメリットです。街乗りなどで速度を頻繁に変えることが多い場合や、信号待ちで停止する場合にも快適に走行できるでしょう。

また、タイヤの選択肢が多いため、ちょっとした山道に対応できる太めのタイヤやロードタイヤにしても良いでしょう。このように、好みのタイヤにカスタマイズして楽しむことができるところもメリットの一つです。

「406」は、スピードを出すのは苦手ですが、ミニベロならではの軽快な走りができるため、街乗りや輪行などをのんびり快適に楽しみたい人におすすめです。

長距離には不向き

「406」は速度を維持して走るのが難しいため、長い距離を走る場合は体への負担が大きいでしょう。長距離を安定した速度で走行する場合は、外径サイズが大きい「451」のほうが有利です。

とはいえ、体力に自信があればツーリングやロングライドにも挑戦できるタイプです。普段は街乗りで使用して、天気の良い日には少し遠くに出かけてみても良いでしょう。

「451」のメリット・デメリットは?

次に「451」タイプの特徴を紹介します。

ロングライドなら「451」を選ぼう

先にも説明したように、「406」よりも「451」タイプのほうが長距離に向いています。漕いだ感触は通常の自転車と同じようなので、速度を保って走ることができるでしょう。そのため、ロングライドを楽しみたい人におすすめです。

加速は重め

「406」のような軽快な走りはしづらいのが「451」のデメリットです。加速が重いので、走り出す際に体への負担が大きくなります。信号待ちや一時停止をする場面が多い街乗りには適さないでしょう。

また、「451」のタイヤやチューブを扱う店舗が少ないこともデメリットの一つです。タイヤを交換したりメンテナンスをする際に不便です。タイヤはロードタイプの細めのタイヤが多く、選択肢も少ないので、好きな走り心地に合わせづらいという点も挙げられます。

結局どっちが乗りやすいの?

例えば街乗りでちょっと買い物に出かけたり、街の景観を楽しみながら走行する場合は走り出しがスムーズでのんびり走れる「406」がおすすめです。通勤や通学などで信号待ちや一時停止の多い道を走る場合も「406」が良いでしょう。

ツーリングやスピードに乗って長距離を楽しみたい人は「451」がおすすめです。海沿いの道や平坦で舗装された山道では爽快に走ることができるでしょう。

「406」と「451」の性能を比べると一長一短ということがわかるでしょう。それぞれの特徴が違うため、どちらが乗りやすいかはあなたの乗りたい環境次第です。メリット・デメリットを考慮して、あなたがミニベロを乗る環境に合わせた方を選ぶことをおすすめします。

男女別おすすめのミニベロ

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ミニベロのデザインはさまざまあるので、おしゃれさで選ぶ人も多いのではないでしょうか。また、ここでは男女別におすすめのミニベロを挙げてみましたので、あなたにぴったりのおしゃれなミニベロを見つけてみてください。

男性におすすめのミニベロは?

ANIMATO(アニマート) ミニベロ SURFARAMA AN211 マットブラック
ANIMATO(アニマート) ミニベロ SURFARAMA AN211 マットブラック
口コミ

余計な部品は付いてないから気に入ってます。余計なデザインも無く7段の切り替えもすごく良いです。

ミニベロは、通常のマウンテンバイクやロードバイクのような格好良さよりも、小さな車輪が付いているため、可愛らしさが目立ちます。しかし、シンプルでスポーティーなデザインのミニベロなら、男性でも格好良く乗ることができるでしょう。

この商品は、ハンドルがフラットでカゴが付いていないため、見た目がすっきりしています。また、黒一色で統一されたデザインでスタイリッシュに見えることから、男性にも人気があります。7段変速で重さは12kgと比較的軽いため、街乗りやちょっとしたお出かけでスムーズに扱うことができるでしょう。

女性におすすめのミニベロは?

Bianchi (ビアンキ) ミニベロ MINIVELO 7 LADY (ミニヴェロ 7 レディー) 2018モデル (チェレステ)
Bianchi (ビアンキ) ミニベロ MINIVELO 7 LADY (ミニヴェロ 7 レディー) 2018モデル (チェレステ)

身長が150〜170cmに適応するレディースモデルのミニベロです。無駄のないすっきりとしたデザインで、おしゃれな色合いを採用しているので人気があります。ハンドルはカーブしているため姿勢をまっすぐにして乗りやすく、安定した走りをすることができるでしょう。7段階の変速機や前後の泥除けが付いているので、街乗りにおすすめです。

おすすめのミニベロのメーカー・ブランド3つと代表製品

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

さまざまなおすすめのミニベロを紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか。ここでは数あるミニベロメーカー・ブランドから、おすすめのものを選んでみました。どのメーカー・ブランドもさまざまなランキングサイトで上位に上がる人気メーカーで、レビューも良く定評があります。

ミニベロ選びに迷ってしまったら、信頼ある以下のメーカーから選んでみてはいかがでしょうか。それぞれのメーカー・ブランドのおすすめのミニベロも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

RALEIGH(ラレー)

RALEIGH(ラレー) ミニベロ RSW Sport Mixte (RSM) ナチュラルカーキ 420mm
RALEIGH(ラレー) ミニベロ RSW Sport Mixte (RSM) ナチュラルカーキ 420mm

¥ 62,640

RALEIGH(ラレー)は1800年代後半に創業したイギリスの老舗メーカーで、さまざまな自転車を扱っています。大人でも乗れる小さな自転車であるミニベロを生み出したメーカーとも言われています。クラシカルなデザインが多く、おしゃれなミニベロに乗りたい人におすすめです。

写真の商品は、色合いはクラシカルで街に街乗りにも使用できますが、451のホイールサイズを採用しているため、ロードバイクとして使用したい人にもおすすめです。

Bianchi(ビアンキ)

Bianchi (ビアンキ) ミニベロ PISA FLAT (ピサフラット) 2018モデル (マットブラック) 小径車
Bianchi (ビアンキ) ミニベロ PISA FLAT (ピサフラット) 2018モデル (マットブラック) 小径車

¥ 64,800

Bianchi(ビアンキ)は、自転車を世界で初めて作ったイタリアのメーカーです。女性におすすめのミニベロで紹介したチェレステカラーの製品が人気で、毎年新しい空色を使って発表されます。

一方、写真の商品は男性向けのデザインで、8段変速のロードタイプです。旧モデルからデザインが一新されて、スタイリッシュな見た目が格好良さを演出してくれます。

GIOS(ジオス)

GIOS(ジオス) ミニベロ FELUCA(フェルーカ) 2017モデル 小径車 (ジオスブルー) 51サイズ
GIOS(ジオス) ミニベロ FELUCA(フェルーカ) 2017モデル 小径車 (ジオスブルー) 51サイズ

GIOS(ジオス)は紹介してきたメーカー・ブランドの中では最も新しいイタリアの自転車メーカーです。ロードレースの選手が創業したこともあり、レーシングバイクを製造していることで有名です。また、鮮やかな青を使用した自転車が有名で、イタリアでは「ジオスブルー」呼ばれています。

写真の商品はそのブルーを採用した「フェルーカ」というシリーズで、ロードバイクのような走行を楽しめます。また、クロモリを採用しているため、丈夫で耐久性があります。ロングランのツーリングを楽しみたい人にもおすすめです。

ミニベロの使い方・楽しみ方

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

長距離が得意なロードタイプのミニベロも紹介してきましたが、ミニベロの特徴である車輪の小ささ、軽快な走りを活かすなら、ゆっくりと街乗りや輪行を楽しむのも良いのではないでしょうか。通勤・通学のためにミニベロの購入を検討している人も、休日にはミニベロで遊びに出かけてみるのもおすすめです。ここでは、ミニベロを楽しむ方法や便利なアイテムを紹介します。

折りたたみなら電車や車載におすすめ

折りたたみ機構のついたミニベロなら、電車を使って知らない街にでかけたり、車に積んで観光地をミニベロで走ることもできます。ただし、電車に持ち込む場合は輪行バッグを忘れずに持って行きましょう。

ミニベロを便利にするアイテムは?

最近では、カゴが付いていないミニベロでもちょっとした荷物を運べるよう、サドルの下に装着できるバッグも販売されています。カゴや荷台がついたミニベロなら、さまざまなアウトドアグッズを持ってキャンプなどに出かけるのもおすすめです。

長い時間ミニベロに乗っていると、体に負担がかかることがあります。お尻が痛くなってしまう場合は、サドルをクッション性の高いタイプに交換したり、サドルカバーを試してみるのも良いでしょう。ただし、座る位置やサドルの角度で解消される場合もあるため、乗り方を工夫するのもおすすめです。

ミニベロライフを楽しもう!

ミニベロおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

さまざまなおすすめのミニベロを紹介してきましたが、お気に入りの一台は見つかりましたでしょうか。ミニベロには街を走るのに適したタイプ、ロングライドを楽しめるタイプ、山道なども走れるタイプがあります。選ぶポイントはどんな使い方をするかをイメージすることです。

ミニベロは小さな車輪で可愛らしい外観が特徴なので、女性にも人気があり、通勤で使用する人も増えてきています。また、アウトドアを楽しむ男性やツーリングやポタリングが趣味の人にも選ばれます。

メーカー・ブランドによってデザインや色使いがさまざまあるので、ファッションのように楽しむこともできます。お気に入りの一台が見つかったら、好きな場所に出かけてミニベロライフを楽しんでみましょう。

Related