Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月13日

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

クーペは車好きならたまらない魅力を持っています。すでに残念ながら販売が終了している車種もありますが、そんな車種でも候補にできるのが中古車探しの楽しさです。今回紹介するポイントを押さえて、さらに奥の深い面白さがあるのでじっくりと比較検討してみてください。

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

クーペの種類と選び方

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

クーペとはもともとは馬車のことで、クーペとは主に2ドアの箱型乗用車のことをいいます。語源はフランス語で「切られた」という意味であり、「Couper(クペ)」となっていて、馬車で用いられていました。

当時の馬車は4枚ドア(片側2枚)でお互いに向き合った席が主流ですが、これを途中で切って2枚ドア(片側1枚)にし、1列シートにしたものが「Couper(クペ)」と呼ばれるようになりました。その後も自動車文化でもボディタイプは受け継がれ、日本に入ってきたときに発音しやすい「クーペ」になりました。

クーペはリア部の形状によってタイプによって分類されています。

クーペの種類

クーペとはドア数は2枚、座席数は4もしくは5席で、性能はベースとなったセダンに準じるか、もう少しスペックが上のハイスペックで、グランツーリスモ的なのが多いです。最近ではルーフラインもなだらかなフォルムの4ドアのクーペも増えています。

スタイリングがとても魅力的でおすすめです。ドアを2枚にするだけで、雰囲気がガラッと変わるものかというくらいセダンとは違って見えます。ひと昔前は、前後のデザインはセダンとほとんど一緒で、ドア数を減らしてルーフラインをなだらかにしただけのクーペが多かったです。

故旧なクーペは、ヨーロッパでは極めて貴族的な乗り物であるからこそ、一定のニーズがあるためにロールスロイスやベントレーといったハイブランド車にも常におすすめのクーペモデルが製造されています。

ノッチバッククーペ

ノッチバックとは自動車の形状の総称になります。ノッチバッククーペとはセダンと同じようなドランクを有した2ドアでボンネット、キャビン、トランクルームの車の3つの主要構造が箱型のボディタイプをいいます。

ノッチ(Notch)は「折れや段差」という意味で、バック(Back)は「後部」を指します。水平なルーフから後部のリアウィンドウにかけて、角度が明確に傾斜しているというのが特徴です。このスタイルの自動車は、フォーマルで落ち着いた「大人の車」という印象です。目立ち過ぎず、かつ上品でモダンでありたいという方にぴったりのおすすめの車です。

ファストバッククーペ

ファストバッククーペは、リアウィンドウが傾斜してトランクルームとキャビンの境界がはっきりとしていないボディタイプのことをいいます。リヤエンドに向けて一気に傾斜するルーフラインをもつスタイルの車です。

最近、4ドアとハッチゲートを組み合わせたファストバックモデルが欧州車を中心に人気となりおすすめです。

4ドアクーペ

それまでのクーペは2ドアが絶対でしたが、2000年以降には4まいのドアを持つ「4ドア・クーペ」が発売されました。ファストバッククーペを4枚ドアにしたデザインで、セダンに比べると後部座席のルーフの傾斜が強くて、テールエンドまで流れるような印象を受けます。

ラグジュアリークーペとスポーツクーペ

ボディデザインの違いと他の車の特性によって「ラグジュアリークーペ」と「スポーツクーペ」と分けられます。ラグジュアリークーペは高級志向が前面に押し出されたクーペで、スポーツクーペは高級性よりスポーツ性能を重視した設計の車になっています。どちらも人気がありおすすめです。

クーペの選び方

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

基本は「好きな格好なら買いなさい」と格好で選ぶのがおすすめのクーペの選び方です。格好で選ぶのがクーペなら、注目すべきおすすめは「プジョーRCZ」です。デザインはクーペの命ですが、ルーフライン、背中の美しさだったりしますが、RCZはとても美しいのでおすすめです。

ダブルバブルがルーフだけではとどまらずリアウィンドウにまで延長されていて、スーパーカー並みのスタイルでお金も掛かっています。GT性能も高いのでもうすぐ生産も終わりそうですが、次期型が出るのかわからないので、もし欲しいのなら今のうちに買っておくことをおすすめします。

このクーペは長く乗れる1台です。格好よりも走り重視の方にはBMW2シリーズのM235iがおすすめです。凝ったデザインではないですが、レベルが高い突出しないクーペ選びならこの車がおすすめです。

中古クーペの選び方のおすすめポイント

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

車の本当の良さがわかるのはクーペと言われるほど、良質のエンジンを積んでいて走りを楽しみたい方にはおすすめの車です。実は中古車市場での人気はあまり高くなくて、本来は車両価格も高いものも比較的手に入れやすい値段になっているのがおすすめポイントです。

中古クーペは選ぶ際のポイントをしっかりと抑えていれば、満足のいくクーペ車を購入することができます。まず初めに駆動式をチェックします。駆動式にはFFというのがありますが、フロントエンジンやフロントドライブの略です。前にエンジンがあってそれを前輪に伝えて走るという、前に重心がかかりやすい構造です。

初めてクーペを乗った人でも操縦しやすいのでおすすめです。

走りをとにかく優先するならがおすすめ

駆動式でよく見かけるのがFRの文字です。これはフロントエンジン・リアドライブの略です。車の前の部分にエンジンがあって、真ん中のプロペラシャフトを伝って後輪にエンジンを伝えるというのが駆動式です。

重量配分に優れているので、コーナーを曲がる時などは車の後ろ側が外側で、前側が内側にくるようになって、スピードを落とさずに曲がることができます。前輪がエンジン、後輪が動作と役割分担されているので、高い馬力のあるのが特徴で加速力も備えているので走りを楽しめるおすすめの駆動式です。

小回りも重視するならMRがおすすめ

MRはミッドシップエンジン・リアドライブの略です。真ん中にエンジンがあって、重量バランスがとてもいいのがおすすめする特徴でです。前輪は蛇取りに集中して用いることができるので、ドライビングバランスがとても優れているのでおすすめです。

小回りを利かせたドライビングにも車がフィットし、馬力はFRと同じように走行性に優れているのでおすすめです。

安定性を求めるなら4WDがおすすめ

4WDは四輪駆動の略で、フロントエンジンによって前輪がプロペラシャフトによって後輪が動くのが駆動方式です。前輪や後輪のすべてのタイヤが機能しますので、エンジンブレーキがすべてのタイヤにかかることになるので安全性が抜群に高いのでおすすめです。

スピードを上げた時の安定感が落ちずにスピンがしにくくなり、荒れた道でも力強く走ることができます。燃費が悪いのでその点が注意が必要です。

オープンタイプかチェック

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

クーペはルーフが後ろに行くに従って大きく傾斜するので室内空間が狭いです。この低重心に魅力を感じる方もいますが、反対に圧迫感を感じる方もいます。そんな人にはルーフ部分がオープンするタイプがおすすめです。

開放感があるだけではなくて、走ってる間も爽快感と疾走感があり、電動で開閉してくれるものもあって、とても気軽にオープンカーが楽しめるのでおすすめです。

クーペおすすめ人気ランキングTOP3

クーペおすすめ人気ランキングを紹介します。

ランキング3位:トヨタ86

トヨタ 86 2012 サテンホワイトパール 塗装済みプラモデル
トヨタ 86 2012 サテンホワイトパール 塗装済みプラモデル

¥ 3,888

口コミ

塗装済みプラモデルの購入は初めてでしたが、量産品にもかかわらず、全てのパーツが綺麗に色分け塗装されており、驚きました。

トヨタとスバルが共同して開発したおすすめの人気モデルです。安定した人気があるトヨタの86で、たくさんのスポーツカーファンを魅了しています。6MTのトランスミッション滑らかな操作性とギアが噛み合う瞬間を感じることができる、マニュアル好きにはたまらない作りになっています。超低重心FR設計で、力強くスポーティーな走りをすることができます。

ランキング2位:ホンダCRーZ

Honda CRーZ―ハイブリッド・スポーツクーペ誕生
Honda CRーZ―ハイブリッド・スポーツクーペ誕生
口コミ

ホンダCRーZについて、発売前から詳しく調べられました。発売前に契約して、車の中身が知りたかったので、よかったです。でも、もっと詳しくてもいいかもしれない。

クーペは走ることに重点を置かれているので、燃費が悪いのは仕方ないと思われがちですが、このCR-Zはハイブリッドを搭載していて、最新モデルは20.6km/Lの低燃費走行が可能になっています。

アイドリングストップ機能も搭載していて環境に優しい設定になっています。リチウムイオンバッテリーを搭載しているので、加速力もあり燃料費を抑えながら6MTでの走りを楽しみたい方にはおすすめです。

ハイブリットでは珍しい6MTのトランスミッションとエンジンの間にモーターを搭載しているのでマニュアル操作が可能で、マニュアル動きもスムーズにできるので、操作中のストレスを感じることはないです。

ランキング1位:マツダロードスター「gta5」

ハイパーレブ Vol.225マツダ・ロードスター No.10
ハイパーレブ Vol.225マツダ・ロードスター No.10
口コミ

NDの情報はけっこう多いと思います。NDのチューンはこれからだと思うので、次が楽しみです。

クーペの醍醐味ともいえるFR駆動方式のロードスターで、エンジンを下へ、さらに後ろへ搭載することで低重心で、馬力があるFRの良さを最大限にした走りが可能になっています。2005年以降に発売になった3台目以降のモデル排気量が2Lにアップになり、より強く効率の良い走りができるようになりました。

クーペ歴の長い方にも満足していただける理想的な車で、軽量ルーフで、オープンカーとしても解放感も味わえます。ロードスターはボディデザインも人気で、軽量なので座ったままでもルーフの開閉ができます。サイドウィンドーは自動で下がるようになっているので、より開閉が手軽にできるようになっているのでおすすめです。

特徴・用途別おすすめのクーペ

クーペは自動車のボディタイプの1つで、前部主座席の、2人乗りで2ドアの箱型乗用車のことを指します。前席重視なので後部座席はないか補助席程度のものが一般的になります。2ドアのクーペは屋根が小さく室内が狭くなっており、流線型のデザインになっています。

比較的車高が低くく、排気量が多いスポーツタイプが多く、「スタイル重視」デザインセンスが際立つのがクーペの特徴です。

コペンタイヤ

ダイハツ コペン チューニング&ドレスアップガイド
ダイハツ コペン チューニング&ドレスアップガイド
口コミ

内容としてはドレスアップからチューニングまで幅広く載っています。表紙は現行型400メインですが、旧型880の内容も多いです。 様々なユーザーカー、デモカーが観ていて楽しいです

コペンタイヤがそろそろ寿命かと思った時には古いタイヤで走り続けるよりか、格安のタイヤで新品に交換するほうが賢いです。

広告の影響からかタイヤってなんとなく高い方が安全なのかと思われがちです。実際は格安の輸入タイヤが人気でたくさんの人に利用されていて、インターネットを利用するともっとお得にコペンのタイヤを買うことができます。コペンの外観をカスタムしたり、ドレスアップを考えるならタイヤのサイズなども考慮しないといけません。

特殊なコペンタイヤを選んでも、車検の時にノーマルのタイヤとホイールごと交換すれば特に問題ないです。摩擦したノーマルタイヤを買い換得るのなら、普通車と同じように目的別の種類を選ぶことができます。

軽量オープンカーコペンの専用のタイヤはないですが、快適な走りを取るか、乗り心地と燃費を重視するかと目的がしっかりと決まったいるのなら迷うことなくタイヤの種類を決めることができます。

安い

ファイナルスペック Vol.6 S2000 (SAN-EI MOOK)
ファイナルスペック Vol.6 S2000 (SAN-EI MOOK)
口コミ

今までも似た雑誌が何冊も出て、購入していますが、この本には独自の新鮮な情報があり、S2000オーナー(私もAP2所有)にもお勧めできます。

コペンタイヤの激安ものってどのような物なのでしょうか、安いものはインドネシア製となります。種類は「Econmist」と「Sports」の2つでエコタイヤではなくて、普通の夏タイヤです。だいたい1本が2,790円くらいで、送料が1本あたり1,080円かかります。送料4本分に取り付け費用を足しても、国産よりかはとても安いのでおすすめです。

国産

低燃費タイヤがおすすめです。低燃費タイヤは転がり抵抗が低くて路面とタイヤの摩擦が小さいということで、低燃費タイヤは転がり抵抗を小さくすることで実現できます。サーキット走行や峠を走るなどは、スポーツ走行用途でコペンを使うのであれば普通の町乗りで十分です。

スポーツ用

ニューカー速報プラス 第41弾 スバル WRX S4 tS (CARTOPMOOK)
ニューカー速報プラス 第41弾 スバル WRX S4 tS (CARTOPMOOK)
口コミ

スバル車に興味がある方であれば、一読しても、良いのではないかと思います

クーペのスポーツ用タイプのおすすめなのが、「スバルWRX」です。当初は「インプレッサWRX」として発売されています。マイナーチェンジにより独自性が高くなったために現在では独立車種として「スバルWRX」として販売されています。

小さいボディから出るダイナミックな走りはアメリカでも評価され、非常に人気の高いおすすめの車種になっています。

4人乗り

ホンダCR-Zのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報 第437弾)
ホンダCR-Zのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報 第437弾)
口コミ

ホイルやタイヤのセットアップの写真が豊富で、カスタムの参考になります。製造中止になっている車のなので、今後、このような本は出ることはないと思います。

4人乗りクーペのおすすめはホンダの「CR-Z」になります。2010年デビューで2012年9月にリチウムイオン電池搭載のマイナーチェンジ、2013年10月に一部改良が行われ、さらに進化し続けているホンダのスポーツカーです。

ホンダハイブリットエンジンを搭載し、力強い加速を実感できるおすすめのクーペです。

外車

ベンツ Benz エンブレム S65AMG仕様
ベンツ Benz エンブレム S65AMG仕様

メルセデス・ベンツSクラスクーペ S65AMGはデザインはフロントグリルの巨大なスリーポインテッドスターが目を引きおすすめです。メルセデス・ベンツであることを強く主張するデザインです。

全体的にはクーペらしいスポーティーな感じですが、ラグジュアリーな雰囲気を出すためにヘッドライトにスワロフスキークリスタルを使ったり、インテリアは豪華な雰囲気で、上質な本革シート、本木目パネルがが高級感がおすすめになります。

搭載エンジンはV型12気筒6000ccエンジンツインターボです。電気的なギミックではなくて、人の感覚に自然なチューニングが入念にされた走りこまれた事がわかるおすすめのクーペです。

アルト ターボRS(HA36S) メンテナンスオールインワンDVD 内装&外装セット
アルト ターボRS(HA36S) メンテナンスオールインワンDVD 内装&外装セット

¥ 3,400

スズキの「アルトターボRS」、MT(マニュアル)のようなダイレクト感を楽しむことのできる、おすすめの新感覚のAT(オートマティック)車です。動きそのものがMTなのですが、クラッチ操作が自動化されているので、ハンドル操作に集中することができます。

車両重量が670kgに3気筒のターボが付いているため、加速性能もよく、例えば高速道路の合流地点までの加速にも余裕があります。価格もお手頃の低価格なので、スポーツカーの入門としてもおすすめの車です。

国産車

AUTOart 1/18 日産 GT-R NISMO GT3
AUTOart 1/18 日産 GT-R NISMO GT3
口コミ

待ちに待ったミニカーです。1/18スケールは最高です!コストパフォーマンスも最高です。

世界一速い車と称される日産の「GT-R NISMO」最高速度315km/hで日産のスポーツカーの頂点にあるGT-RにNISMOのレーシングテクノロジーをフィードバックして作った車です。600psを出す専用チューンのVR38DETT型エンジンは、GT3選手権で使用する高流量大口径のターボを搭載してあるのがおすすめです。

初心者

憧れのクーペを手に入れたい、どんなことをポイントにして購入したらいいのか気になるところです。楽しいドライブも初心者が運転するときにどんなことに注意しないといけないのか、クーペ初心者が押さえたいおすすめポイントを紹介します。

ボディのサイズです。クーペは5ナンバー前後のサイズになっているので、2ドアで早く走るデザイン性を持っているので、天井はやや低めとなります。後部座席を使いたいときは、乗降りの利便性を試乗車などで確認しておくことをおすすめします。

後乗り心地ですが、部座席のスペースを犠牲にしてまでも、見た目をカッコよくしているため、リアシートは狭く作られています。長時間後部座席に乗る場合は、休憩を取りながら乗車する必要があるので、主に運転席と助手席の二人乗りと促えることができます。

おすすめのクーペの代表製品

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今でも人気のあるシルキーシックスを積んだ「BMW6シリーズ」で、BMWの真骨頂はスポーツクーペにあると言われています。その代表作になるのが、1976年発表の初代の6シリーズです。今のBMWセダンは小型車、SUV、近年では電気自動車にまで幅広く手掛けています。

1976年はや鵜27.5万台だった自動車の生産台数が2016年ではBMWだけで約200万台生産されています。初代の6シリーズ当時のBMW車はすべて運転好きのための車として、発表から40年以上たった今でも、6シリーズはクラシックカーイベントで人気が高いおすすめのシリーズです。

車好きにはよく知られていますが、当時のBMWの6気筒エンジンは「シルキーシックス」と呼ばれ、滑らかに高回転まで回ることを指しています。内装のインテリアも古びてみえない、計器盤全体を運転席に持ってきたのは、ドライバーのためのBMWのポリシーの表れでもあります。

クーペの使い方・活用方法

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

かつてはもう製造しないのではないかと心配されたクーペスタイルのスポーツカーですが、ここ数年の間に2ドアクーペがカッコがいいおしゃれなセダンような4ドアクーペ、さらにはSUVにもクーペスタイルが登場するなど、クーペと言ってもスタイルはたくさんあります。知ってるようで知らないクーペのメリットとデメリットを紹介します。

クーペのメリット4選

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

クーペのメリット4選を紹介します。

①外観が格カッコいい

外観が格カッコいい、車高が1,400mmを切ると、車は格カッコよく見えるといいます。クーペに分類される車種では、全高1,400mmを切るものが多くて美しさやカッコよさを強調するデザインが多いです。

②全高が低いので操縦安定性が向上

全高が低いので操縦安定性が向上、車高が低いメリットとしてあげられるのが、車両重心位置の低下です。重心が下がるとロールが少なくなって操縦安定性能が高まります。全高が低いということは、風の影響が少なくなり、燃費の向上や強い横風でもハンドルを取られることが少なくなることが期待できます。

③クーペは2ドア車でフロント座席優先の車両

クーペは2ドア車でフロント座席優先の車両です。リアシートはないですが、スポーツカーであれば、この狭さがレーシーなコックピット感を感じさせてくれます。

④最新の最先端記述が満載

さまざまな排気量が存在しているクーペモデルですが、最新の最先端記述が満載です。

クーペはおしゃれで車好きにはおすすめ!

クーペおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

車にはさまざまなカテゴリーがありますが、中でも「車で走ること」が好きな人におすすめなのはスポーツクーペです。走る楽しさが一味違います。運転していて楽しいスポーツクーペから、国産車やおすすめのタイプを紹介しました。

Related