Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

クロスバイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

マウンテンバイクとロードバイクの中間であり、さまざまな使い方ができるクロスバイクですが、ホイールを変えるだけでも、性能に大きな影響があります。今回はホイールの種類とホイールのおすすめの選びかた、そしてクロスバイクのホイールのおすすめを紹介します。

クロスバイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

クロスバイクホイールの種類と選び方

クロスバイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

クロスバイクをカスタマイズする場合どんなホイールの種類があるのか、選び方はどう考えればいいのかを紹介していきます。

クロスバイクホイールの種類

自転車を支える最重要パーツとも言えるのがホイールで、ホイールで性能や乗り心地がだいぶ変わってきます。クロスバイクのホイールの種類は大きく分けて5つです。それぞれに特徴がありますので、クロスバイクホイール選びの参考にしてください。

クリンチャータイプ

まず一つ目は、クリンチャータイプです。多くのホイールがこのタイプであり、最もよく見るタイプのタイヤです。構造としては、タイヤとチューブが別々になっているつくりです。選ぶことに迷い、どれがいいかわからないという状況なら、クリンチャーにするのも選択としてはいいでしょう。

パンクした場合チューブの交換は簡単で、予備のチューブを携帯する場合でも、軽量なので携帯にとても便利なため、万が一の事態に対応しやすいというのが特徴です。また一般的なホイールであるがゆえに種類は豊富で、自分の好みを見つけやすいというのもおすすめです。

チューブラー

快適な走りを追求したホイールで、タイヤでチューブを囲むような構造であることが特徴です。ホイールへの装着は、接着することで装着します。リムの形状が単純であるため、軽量化できていることで走りやすくなるという特徴もあります。走ることに特化したクロスバイクにしたいなら、チューブラーホイールがおすすめです。

構造上パンクもしにくく、タイヤの形状が限りなく真円であることで乗り心地の良さを向上させています。またチューブとタイヤが一体となる構造なのでさらなる軽量化に成功しています。

チューブレス

パンク耐性の高いもので、一見クリンチャーのようにも見えますが性能は大きく違います。文字どおりチューブの入ってない構造をしており、低圧での走行ができ乗り心地をよくしてくれます。

シーラント剤の使用でパンクリスクを低減させることもでき、クリンチャータイプのタイヤに互換性があるのも特徴です。専用のバルブを外しチューブを入れることで使用できます。

アルミリム

最も汎用的なホイールなのがアルミリムです。クロスバイクでも多く採用されており。価格帯が広く、金属製品ですので扱いやすいのが特徴です。ブレーキが天候に左右されにくく、安定的な制動力を確保できます。そのため、幅広い用途でおすすめできます。

アルミリムにはクリンチャー、チューブレス、チューブラー全てのラインナップがあり、選択の幅が広いことも特徴で選びやすくおすすめです。

カーボンリム

カーボンリムは素材の特性を最大限に生かされており、軽量化とともに高いエアロ効果を持っていることが特徴です。万能型と呼ぶにふさわしく、あらゆる性能を引き出しやすいホイールです。

軽量であり、高性能であるためとても人気のあるものですが、アルミリムよりは高価であり、熱の問題もあり、専用のブレーキシューを必要とする点は注意してください。高性能なホイールを求めるのならカーボンリムはおすすめです。

クロスバイクのホイールの選び方

クロスバイクのホイールを選ぶ場合の考え方を紹介いたします。

まず見るべきもの

クロスバイクのホイールを選ぶ際には、まずリアエンド幅をに注意しなければなりません。リアエンド幅とは降臨を取り付けるフレームの幅です。クロスバイクの場合にはリアエンド幅は130mmでなくてはなりません。規格は、自転車の情報を調べればすぐに知ることができます。

リアエンド幅はギアの多段化とともに広くなってきておりますが、ロードバイクの場合は130mmです。マウンテンバイクの場合は135mmが標準的な規格です。クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置する存在ですので、135mmと130mmのどちらもあります。

インチも26インチや700cなどがあり考慮しなくてはいけません。したがってホイールを選ぶ際には、自分の使っているクロスバイクのフレームに気をつけ、しっかりと対応したホイールを選ぶ必要があります。

現在装着しているホイールを見てみる

リアエンド幅については先ほど述べたとおりですが、自分の使っているクロスバイクのリアエンド幅はいくつか確認しましょう。ロードバイクよりでしたら130mmで、マウンテンバイクよりですと135mmです。中には132.5mmという規格もありますので注意してください。

130mmのホイールをリアエンド幅135mm装着するとテェーンラインが狂い、変則不良やフレームのひび割れなどを引き起こすので、注意してください。

予算をしっかりと決めてから

クロスバイクのホイールを選ぶ際は、しっかりと予算を決めてから選ぶことをおすすめします。クロスバイクのホイールも値段はピンキリですので、しっかりと〜円から〜円までというようにはっきりとした予算を決めましょう。

それから性能がいいホイールがいいとか、デザインがいいホイールがいいなど、自分の望むホイールを選び、クロスバイクのカスタムをすることをおすすめします。その方が選びやすく、選ぶときに迷いすぎるということを避けられるでしょう。

中古で買うというのもひとつの手ですが、その場合にはホイールの状態を確認する必要があります。歪みやフレなどの調整ができる方なら、中古で買うことで大幅なコストダウンを狙えることもあり、おすすめの選び方のひとつです。

ラチェット音で考える

おまけのような考え方ですが、ラチェット音で考えるという選び方もあります。ラチェット音というのは、後輪を空回りさせた時に出る音で、ペダルを漕いでない時に後輪から出るカチャカチャという音です。

この音もホイールによってさまざまで、静かなものから音の大きいものまでさまざまです。微妙な音の違いがあり、ホイールを選ぶときの考える部分として気にしない方もいるでしょうが、自分好みの音を見つけるのも楽しみの一つなので、お気に入りをひとつは見つけておくことをおすすめします。

クロスバイクホイールおすすめTOP3

クロスバイクのホイールで人気があり、タイヤ選びの参考におすすめのものを、3つ紹介させていただきます。

3位:シマノ ホイール WH-R501

シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285
シマノ ホイール WH-R501 前後 ブラック 31285
口コミ

自転車の見た目がすごくいい感じに引き締まってかっこよくなった。スポークもやや少なめで軽くなり、走行性もいい感じです。

コストパフォーマンスに優れたシマノのホイールです。高スペックのホイールであるにもかかわらず、圧倒的なコストの軽さを実現しています。安かろう悪かろうということはなく、しっかりと値段以上の性能をクロスバイクに与えてくれるのは、さすがシマノというべきでしょう。

ロードバイクの上級者の間では鉄下駄、などと呼ばれていますが、クロスバイクで使う場合は、コストパフォーマンスがいいので練習に使ったり、ストックしておいたりと幅広い活用をすることができ、おすすめです。クロスバイクで使う場合には、リアエンド幅130mmのクロスバイクで使えます。

2位:シロッコホイール

Campagnolo(カンパニョーロ) 2014 Scirocco 35 シロッコ ホイールセット シマノ用【並行輸入品】
Campagnolo(カンパニョーロ) 2014 Scirocco 35 シロッコ ホイールセット シマノ用【並行輸入品】

¥ 48,060

口コミ

形も格好いいしよく目立つしとても気に入りました。安い時に買えて良かったです。

カンパニョーロのホイールで、高級感のある、洗練されたデザインの良さが人気の理由です。性能で言えばシマノには劣りますが、クロスバイクのドレスアップをしたという方にはおすすめです。少々重さは目立ちますが、通勤や通学に走るだけなら十分おすすめできるホイールです。

クロスバイクでの運用でしたら、本格的にスピードを出して走るということも少ないので、見た目を良くするのにぴったりと言えます。おしゃれなクロスバイクを目指し、ある程度の性能も求めるクロスバイクのホイールとしては、とてもおすすめできる製品です。

1位:シマノ WH-RS21-FRL

シマノ ホイール WH-RS21-FRL T 11段クリンチャー 前後セット ブラック
シマノ ホイール WH-RS21-FRL T 11段クリンチャー 前後セット ブラック

¥ 25,627

口コミ

最高の練習用ホイール。3セット買いました。何台か自転車があるので…。グリスアップして調整すればますます良いです。

シマノの定番のホイールです、クロスバイクに使うのであれば十分な性能でおすすめのホイールです。シマノ製品ですので安心して使えるのでおすすめです。

シマノの中でも大変おすすめの製品となっておりますので、情報も多く扱いやすいのも特徴です。初心者の方にも大変おすすめで、クロスバイクの元々の完成品からランクアップを図る一歩としても優秀です。

コスト面でも優秀なので気に入ればストックしておくというのもおすすめです。

特徴・用途別おすすめクロスバイクホイール

特徴と用途別でのクロスバイクのホイールおすすめ製品を紹介していきます。

135㎜のおすすめホイール

SHIMANO(シマノ) AR-713 クロス リアホイール
SHIMANO(シマノ) AR-713 クロス リアホイール
口コミ

今まで使用していたクロスバイクのリアホイールに付け替えました。

135mmのクロスバイクホイールは探すのが難しく選択肢は限られますが、このホイールなら情報も比較的多くあり安心して選択肢に入れられるでしょう。重量は比較的重めですが、乗り心地は良いものなので、クロスバイクで、スピードにこだわらない、もしくはトレーニングなどにはおすすめです。

135mmのホイールで完組ホイールは選択肢が極めて少なく、クロスバイクで135mmのホイールを探している初心者の方であれば、このホイールをおすすめします。

交換しやすいおすすめホイール

シマノ ホイール WH-RS010-PCB 前後セット 11S対応
シマノ ホイール WH-RS010-PCB 前後セット 11S対応

¥ 15,318

口コミ

この値段でここまで変わるのか?というくらい満足しています。 元があまりよいホイールではなかったこともあるかと思いますが、 感動しました。

交換しやすいというと、簡単に交換できるということを想像するでしょうが、ホイールによって交換しやすい、しにくいといったことはほとんどありません。ここでいう交換とは手を出しやすいという意味でのおすすめホイールを紹介します。

このホイールはシマノのホイールということもありクロスバイクの完成品のホイールを使っている場合などは十分性能の違いを実感できます。コストパフォーマンスにおいても優秀で、ホイール交換したことがなく不安だが、クロスバイクのホイールを交換したいという方にはおすすめです。

軽量ホイールのおすすめ

FULCRUM(フルクラム) RACING ZERO CARBON レーシング ゼロ カーボン クリンチャー ホイールセット シマノ用 [並行輸入品]
FULCRUM(フルクラム) RACING ZERO CARBON レーシング ゼロ カーボン クリンチャー ホイールセット シマノ用 [並行輸入品]
口コミ

さんざん迷ったあげく、購入するに至りました。 まだ150キロ位しか走っていませんが、この時点でもとってもいい買い物をしたと実感しています。

RACING ZERO CARBONはフルクラムのカーボンホイールで、前のRACING ZEROの正統進化です。大変軽量であり、加速、操作性、安定性全てを網羅した完璧なホイールです。

コスト面では少々かさみますが、これ以上はあまりないので、これさえあれば性能的にはかなり満足するでしょう、クロスバイクの軽量化を進めていきたい方には大変おすすめです。

初心者おすすめホイール

ICAN(アイカン)カーボンホイール クリンチャー 前後セット ロードバイク用 リム幅23mm
ICAN(アイカン)カーボンホイール クリンチャー 前後セット ロードバイク用 リム幅23mm
口コミ

中華カーボンホイールの購入を迷っている方はぜひ検討ください。平地でも速いし、下りもカーボン特有の不安感があまり無く、無事に下山できました。乗りやすいです。

アイカンのカーボンホイールです。初心者の方でクロスバイクのホイールを交換したいという方なら、おすすめです。クロスバイクのホイールを交換したい場合それなりの性能を持ったホイールをおすすめします。

多少のクロスバイクの性能の向上を目指すならもう少しコストを抑えることもおすすめできますが、予算の許す限りは高性能のホイールを選ぶことをおすすめします。

あらかじめ高性能のホイールを選ぶことによって、今のものより新しく、よりいい性能のものに変えたくなることを防ぎ、最終的にはコストを抑えられる可能性があります。

おすすめクロスバイクホイールブランドと代表製品

おすすめクロスバイクホイールブランドと代表製品をご紹介します。

Campagnolo – カンパニョーロ

CAMPAGNOLO (カンパニョーロ) WHEEL カムシン アシンメトリック G3 クリンチャーホイール 前後セットシマノ11S 0288900001
CAMPAGNOLO (カンパニョーロ) WHEEL カムシン アシンメトリック G3 クリンチャーホイール 前後セットシマノ11S 0288900001
口コミ

かなりかっこいい!ロードバイクユーチューバーけんたさんとおそろっち。音もグリスぶっ飛ばしたらだいぶかっこいい!!

カンパニョーロはイタリアの自転車部品メーカーであり、シマノとともに市場に多く出回る製品を販売する企業です。カンパニョーロは高級品である、という点で差別化しており高級ブランド化した製品は一種のステータスのようにもなりました。

代表製品はカムシンです。練習ホイールとしておすすめで、デザイン性も高く評価されています。コストを低く抑えられるので、クロスバイクで安く、見た目のいいホイールを探しているならおすすめのホイールです。

他にもシロッコ、ゾンダなど有名なホイールがあります。特徴によって使い分けることができ、シロッコはスピードに乗ると速度が落ちにくいというのが特徴です。ゾンダはオールラウンドな使い方ができ、万能型なホイールと言えるでしょう。

Fulcrum – フルクラム

FULCRUM (フルクラム) RACING ZERO C17 クリンチャーホイール 前後セットシマノ10 11S 0329860002
FULCRUM (フルクラム) RACING ZERO C17 クリンチャーホイール 前後セットシマノ10 11S 0329860002
口コミ

17年モデルから、リム内径がC15(15mm)からC17(17mm)に拡大。昨今のワイドタイヤ採用の流れを受けてのものです。タイヤは25C以上の装着が推奨されています

フルクラムは、カンパニョーロの姉妹ブランドで、航空宇宙工学の技術との融合で生まれたブランドです。高い技術とさまざまな用途のホイールがあり初心者からプロまで幅広い愛好者がいます。2004年に誕生したブランドにもかかわらず世界的に評価されている一流ブランドです。

高い剛性で加速性能と推進力に特化したホイールであり、レースでおすすめのホイールとなっています。アルミホイールの中でもトップクラスであり、シリーズを通しておすすめできるホイールです。クロスバイクで速さを求めるならおすすめのホイールです。

Shimano – シマノ

シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL クリンチャー 前後セット ホイールバック付属
シマノ デュラエース WH-R9100-C24-CL クリンチャー 前後セット ホイールバック付属
口コミ

鉄下駄からデュラにグレードアップ 軽くていいです。 まさかの、ティアグラ用(10速)のスペーサーやホイールバックまではいっている親切な感じ

シマノは自転車と釣具の製造を主とした会社で、日本では最も有名な自転車おアーツメーカーです。国外でも高い評価をされており、コンポーネントの概念を生み出した会社でもあります。高い信頼性を持った製品を作る優秀な会社です。

ヂュラエースは高性能で絶対的な信頼を持つ優秀なホイールです。クロスバイクを徹底的にカスタムするなばおすすめです。デザインはシンプルなものですが、確実な性能をクロスバイクに与えてくれるでしょう。

Mavic – マビック

2016 MAVIC マビック KSYRIUM ELITE BLUE キシリウム エリート
2016 MAVIC マビック KSYRIUM ELITE BLUE キシリウム エリート

マヴィックはフランスの会社です。航空力学に注目した研究をしており、完組みホイールおを多く取り扱っていることが特徴です。ホイールとチューブとタイヤがセットになっていることも特徴と言えます。

キシリウムは5つのグレードがあり、初めてキシリウムを試すという場合には、コストと性能のバランス的にキシリウムエリートをおすすめします。軽量なホイールが多いため、クロスバイクの軽量におすすめです。

クロスバイクホイールのおすすめ活用法

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置する自転車です。その特性を活かすことで、よりクロスバイクの魅力を引き出すことができます。

通勤、通学をおしゃれに短縮

クロスバイクは乗りやすく、スピードもありますので、通勤、通学にもおすすめです。通勤、通学コストを抑えつつ、時間を短縮しながらおしゃれにすることができます。クロスバイクのデザインはさまざまでおしゃれなものも多く自分の好みが必ずは見つかります。

カスタマイズ性にも優れ、ホイールを変えるでけでも見た目の変化や、性能の変化まであり、よりクロスバイクを好きになっていくでしょう。まずは自分の好みのホイールを見つけたら、クロスバイクをカスタムすることをおすすめします。

カスタマイズが楽しい

クロスバイクはカスタマイズも醍醐味のひとつです。カスタマイズしていくことで自分だけのクロスバイクになり、文字どおり一点もののクロスバイクになります。カスタマイズしていくことで愛着がわき、さらにカスタマイズが楽しくなっていきます。

カスタマイズすることは見た目の変化だけでなく、確実に性能も自分の求めたものに近づいてくれます、ラチェット音の変化も大きな変化です。静かに走るのもいいですし、自分の好みの音を出して走るのもよしです。そうやって色々とカスタマイズしていくうちに、我が子のような思い入れも芽生えてきます。

時間をフル活用!

クロスバイクはオールラウンドな使い方ができますので、友人の家に行く時からアウトドアに赴く時までさまざまな使い方ができます。さまざまな使い方をすることによってクロスバイクのいいところを最大限に引き出しましょう。

場合によってホイールを変えたりし、さまざまな環境に対応できるようなカスタムにするのもおすすめです。色々なカスタムを試していると、乗り心地の変化や、新しい感覚が得られることがおすすめの理由です。

クロスバイクで変わる生活

クロスバイクホイールおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

クロスバイクは生活をガラリと変えてくれます。ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取りですので活用法は多いです。ライフスタイルに合わせた活用法を見出すことで、より充実した生活を手に入れることを手助けしてくれます。

クロスバイクは楽しみ方もたくさんあります。ホイール選びも楽しみ、カスタマイズやメンテナンスまで、もちろん乗ること自体もです。クロスバイクは人生を豊かにしてくれる素晴らしい乗り物です。

クロスバイクのおすすめホイールに関して紹介させていただきましたが、もちろん他にもいろいろなカスタマイズができます。自分にあうカスタマイズをしたクロスバイクで、より良い活用法を探し、人生をより豊かで、充実したものにしましょう。

Related