Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月20日

メタルジグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

今週末や長期の休みの時に、魚釣りへと出かける方はいますか?そんな時は、メタルジグや専用のケースを持参してお魚を釣り上げましょう。そこで今回は、おすすめのメタルジグや使い方、各メーカーの代表製品について、調べましたのでご紹介します。

メタルジグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

メタルジグの種類と選び方

メタルジグと一言で言っても形が大きく異なり、形が変わればアクションや特徴なども変わります。そこで最低限知っておくべき、メダルジグの種類をご紹介します。メタルジグの形状や特徴などからおすすめのメタルジグを見つけましょう。

メタルジグの種類

メタルジグには、大きく分けて5種類あります。メタルジグの種類を知ることで、その日の成果が異なります。それぞれの種類によって、自分の通したいレンジ(水深)にメタルジグを泳がせたり、飛距離をアップさせることが可能になるため幅広いターゲットを狙うことができます。常に状況に合ったアクションをさせるためにも、次のようなメタルジグがおすすめです。

ショートタイプ

Jackson(ジャクソン) ルアー ギャロップ アシスト 40g
Jackson(ジャクソン) ルアー ギャロップ アシスト 40g

¥ 842

口コミ

バランスも良く飛距離も出るので1投目はほぼギャロップを使います。 ファール、スイムも良いので青物だけでなく荒れた時にはヒラスズキ、ボトムを狙えばヒラメ・マゴチも取れます。

最も一般的なメタルジグは、このショートタイプです。ショートタイプのメダルジグは、自分のロッドアクションがそのまま伝わるので、自分のアクションに近づけることができます。小物から大物までオールマイティーに活躍するため、迷ったらこのタイプをおすすめします。

ロングタイプ

スミス(SMITH LTD) メタルジグ ルアー
スミス(SMITH LTD) メタルジグ ルアー
口コミ

銚子沖で使用しました。 ワラサになるかならないかのサイズでしたが、4本あげました。 そのほかにもオマツリにによるバラシ2回など、魚の反応は非常に良かったです。

メタルジグには、ロングタイプもおすすめです。細長く重いメダルジグで、主に青物をターゲットに使用します。大きくしゃくりあげるロングジャークで横にスライドさせてアピールしていきます。

また、青物は頭から捕食してくるため、フックはフロントの方にセットすると有効的です。大物を釣りたいときにおすすめのメタルジグでしょう。

スロータイプ

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ルアー ジャックアイ スロー
ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ ルアー ジャックアイ スロー
口コミ

今季のジギング用に購入しました。 日本海でのジギングが楽しみです。

平べったい種類のスロータイプのメタルジグもおすすめです。スロータイプのメダルジグは、飛距離は出にくいもののゆっくりフォールするため遊泳力の低い根魚などにもバイトチャンスを長く与えることができます。

また、青物なども活性が下がると動きの早いベイト(小魚)やルアーを積極的に追わなくなる。そんなときにもスロータイプであればフォールで食わせの間を長く作ることができるため当たりがないときにおすすめです。

水深のない遠浅のサーフなどでヒラメやマゴチと言ったフラットフィッシュを狙う際にもスリムタイプではすぐに着底し食わせの間が作りにくい。スロータイプであればフォールスピードが遅いので遠投しつつも食わせの間を作ることができます。根魚をターゲットにするときにもスロータイプがおすすめです。

インチクタイプ

デュエル(DUEL) ソルティー・ベイト
デュエル(DUEL) ソルティー・ベイト

¥ 972

口コミ

先日の釣行でいきなり釣れました! 1軍確定です!! ほかのカラーも購入します

初心者の方におすすめなのは、タイラバとメタルジグ両方の特徴を持つインチクタイプです。
デュエルのインチクタイプは、根魚からヒラメやタイだけではなく青物まで釣れるタイプです。特にただ巻きでもアピール力が高く初心者にもおすすめです。

バイブレーションタイプ

メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード
メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード

¥ 821

口コミ

個人的には結構好き。釣果も普通に出てくる。同じ価格帯のジャクソンの鉄板Vibは、付属のリングとか針が直ぐ錆びるし塗装も弱いがブレードは、そんな事は無い。

バイブレーションタイプのメタルジグもおすすめです。メジャークラフトのメタルジグは、ただ巻きでミノーライクな泳ぎ、ジャークでダーティングアクションとれるタイプです。簡単な操作で魚を誘惑できるため、初心者にもかなりおすすめできるメタルジグです。

スピンプレードタイプ

TAKAMIYA(タカミヤ) ルアー FALKEN R スピンブレード
TAKAMIYA(タカミヤ) ルアー FALKEN R スピンブレード

¥ 650

口コミ

500円(購入当時)とは思えない完成度の高さ!!特にデイゲームでは、他のスピンテールで全然釣れない中、コレだけ連発!!という経験もした。

スピンプレードタイプのメタルジグもあります。タカミヤのスピーンプレードは、スピンただ巻きやリフト&フォールなど簡単な操作で釣れるため初心者にもおすすめできます。魚がいるかいないかの確認をするためにパイロット用に持っておくのもいいでしょう。

メタルジグの選び方

メタルジグの選び方は、いくつかポイントがあります。まず初めてメタルジグを選ぶ場合は、ターゲットを絞って目的に合うメタルジグのタイプを決めます。その後に色、重さを決めるといいでしょう。

もし、海が澄んでいる時はブルー系の色がおすすめです。逆に海が濁っている時はピンク系の色をおすすめします。色を決めた後は、メタルジグの重さを選んでいきます。重さを選ぶ基準は水深、潮の流れ、風の強さで変わってきます。

例えば、潮の流れを考えずにジグの重さを選ぶなら『ジグの重さ1g=水深1m』という考え方があります。水深が50mのポイントでは50gのジグを、水深が100mなら100gのジグをという具合です。

次に、潮の流れが速い場合、風が強い場合はさらに重いジグを選びます。基本は40gから60gを揃えておくのをおすすめします。

メタルジグおすすめ人気ランキングTOP3

メタルジグは種類がとても多く、どのメタルジグを購入すればいいのか悩んでいる方もいるでしょう。そこで今回はよく釣れるおすすめのメタルジグをランキング形式で紹介していきます。

ランキング3位:「ブリーデン メタルマル」

ブリーデン(BREADEN) Metalmaru(メタルマル)
ブリーデン(BREADEN) Metalmaru(メタルマル)

¥ 1,080

口コミ

釣れない時に他のメタルジグがだめでもこいつには反応するってシチュエーションが多々あり評判通りだと思いました。

ブリーデンのメタルマルは、かなり個性的な形をしているメタルジグです。エギのような形に似ていますが、れっきとしたメタルジグです。このメタルジグでは、魚種を問わない何でも釣れる事から「魚種限定解除」の称号まで与えられたおすすめのメタルジグです。

実際にメバルやフグから、ブリやワラサなど狙えることから当たりがないときにこそ使ってほしいメタルジグです。ゆっくりと巻いているだけでも釣れるため初心者にもおすすめできるメタルジグです。

ランキング2位:「マリア ムーチョ・ルチア」

マリア メタルジグ ルアー ムーチョ・ルチア 35g
マリア メタルジグ ルアー ムーチョ・ルチア 35g

¥ 756

口コミ

さすがはムーチョ・ルチア。シャクって良し、巻いて良し。そして釣れる。着底から1度シャクリ巻くだけで釣れました。

一見普通のメタルジグに見えますが、このメタルジグは創業75年以上もの歴史を持つ釣具メーカー「ヤマリア」の展開ブランドのメダルジグです。ただ巻き(横引き)でもブルブル・バタバタと泳ぎ、ハイアピールなアクションをしてくれるのでおすすめです。

このメタルジグも3位のメタルジグと同様巻いているだけで釣果が出るタイプです。そのため、初心者の女性におすすめしたいメタルジグです。

ランキング1位:「オーナー 撃投ジグレベル」超おすすめ

OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー GJL-40 撃投ジグレベル 40g
OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー GJL-40 撃投ジグレベル 40g

¥ 972

口コミ

サーフ用に購入。先端が細いので底切れが良く、センターバランスなのでフォールもしっかりアピールしてくれます、思った通りいい感じです。

OWNER(オーナー)の撃投ジグレベルもおすすめです。頑丈で磯やテトラポットなどにぶつけても破損することなく長持ちするタイプです。ロングタイプながらも遠投性能はかなり高くヒラヒラと舞うように落ちていく水平フォールで青物を魅了します。どんな悪状況でもこのメタルジグを投げれば釣れるタイプのおすすめメタルジグです。

特徴・用途別おすすめのメタルジグ

先ほどランキングで紹介したとおり、色々な種類のメタルジグがあります。まだまだおすすめのメタルジグがありますので、特徴や用途別に紹介していきます。

オフショア

アングラーズリパブリック スローブラットS
アングラーズリパブリック スローブラットS

¥ 1,080

オフショアでは、アングラーズリパプリックのメタルジグがおすすめです。このメタルジグは、極めて短い移動距離でも、確実に水平姿勢を生みだす事ができます。さらに、ターゲットに対して横方向にボディを見せる時間を極力長くとることができます。

フォール時は横姿勢となることで、やや遅めのスピードとなり、じっくりとターゲットにアピールします。ボディの厚肉面と薄肉面を織り交ぜたイレギュラーフォールによるフラッシングが大きな特徴です。

難しいアクションはいらず根魚から青物まで何でも釣れるメタルジグです。オフショアのメタルジグはこのアングラーズリパブリック スローブラットSがおすすめです。

サーフ

シマノ シンキングルアー 熱砂 スピンビーム
シマノ シンキングルアー 熱砂 スピンビーム

¥ 1,512

口コミ

使いやすくて良くヒットするとても扱いやすいルアーです。ヒラメは大漁!

サーフならシマノがおすすめです。特にサーフと言えばヒラメを釣るときに必要な道具です。シマノのシンキングルアーは、熱砂スピンビームです。小さいメタルジグですが、飛距離もあり確実にボトムを探ることができます。ただ巻き、リフト&フォール、ストップ&ゴーなど簡単な操作でもよく釣れます。初心者にも扱いやすいメタルジグなのでおすすめです。

安い

メジャークラフト ルアー ジグパラ ショート
メジャークラフト ルアー ジグパラ ショート

¥ 626

口コミ

さすが、メジャークラフトさん、質感、値ごろ感、ジグアクション、思っていた以上に大変良いです。また、購入したいと思いました。

安くてよく釣れるおすすめのメタルジグは、メジャークラフトの「ルアー ジグパラ ショート」です。ワンコインで購入できる程の安さで「ほんとに釣れるの?」「すぐ壊れてしまうのでは?」と不安になる方もいることでしょう。

ですがこのメタルジグはよく釣れます。カラーの種類がとても多くあらゆるシチュエーションに対応できます。ハイピッチからスローまであらゆるジャークに対応する引き重り感の少なさと、喰わせのタイミングを誘発させやすいセンターバランスです。最初に買うメタルジグにはメジャークラフトのこのメタルジグが安くておすすめです。

60g

ハヤブサ(Hayabusa) インチク ジャックアイ キックボトム 60g
ハヤブサ(Hayabusa) インチク ジャックアイ キックボトム 60g
口コミ

実績では、サバ、赤むつ、金目鯛、太刀魚、真鯛、チヌ、マンボウ、海ガメ(激レア)笑、が釣れています、私は必ずバッカンに2つは入れています。

60gのメタルジグは基本の重さとなります。そこでおすすめしたいメタルジグは、ハヤブサ(Hayabusa) の「ジャックアイ キックボトム」です。インチク系のメタルジグで、ただ巻きでもアピール力が高くよく釣れますので初心者にもおすすめです。

そしてマルチパーパスアイにはその日の状況に応じてフックをセットしたり、ブレードを装着したりと使い方は自由自在です。用途別に最適な釣りを楽しむことができます。

ただ巻き

メタルジグ フリップ 150g ただ巻き ショア オフショア ギアラボ
メタルジグ フリップ 150g ただ巻き ショア オフショア ギアラボ

¥ 1,482

ただ巻きなら、ギアラボのメタルジグもおすすめです。このメタルジグは、魚を狂わしてしっかりと釣り上げることができるタイプです。船や堤防でも使えるタイプですので、初心者の方でも簡単に釣ることができるおすすめのメタルジグです。

太刀魚

シマノ メタルジグ ルアー 太刀魚ゲッター ツイン噛む 3号
シマノ メタルジグ ルアー 太刀魚ゲッター ツイン噛む 3号

太刀魚をデザインした物は、シマノの太刀魚ゲッターがおすすめです。アタリが判別しにくいテンヤ釣りでも、簡単に釣ることができるメタルジグです。釣り方は、先頭部にフックをぶら下げて、魚を掴むかたちで釣ります。

釣り上げる魚の身を傷つけることなく釣れるため、人気があります。もちろん、2つのフックで掴むので魚を逃すおそれもありません。大物の魚を釣り上げたい人におすすめのメタルジグでしょう。

イカナゴ

メジャークラフト ルアー ジグパラ バーチカル イカナゴ
メジャークラフト ルアー ジグパラ バーチカル イカナゴ
口コミ

日本海の海はグロー系が大変良いと思いますので決めました。 早く使ってみたいです。

イカナゴをデザインしたメタルジグは、メジャークラフトのジグパラパーチカルがおすすめです。イカナゴ模様のメタルジグで、本物の餌のような作りになっています。疑似餌として一定のリズムで泳がせることで、捕獲者を翻弄していきます。もちろん、釣りが初心者の方でも手に取りやすいジグパラバーチカルです。

さらに、ジグパラパーチカルはアカキン、ミドキン、オールブローの3色がありサイズも色々あります。そのため、海の状況に応じて適正なメタルジグを選択して泳がせることができるタイプです。ぜひ海の状況に合わせてイカナゴを泳がせてください。

ライトショア

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ スロー ライト ショアジギング用
メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ スロー ライト ショアジギング用

¥ 616

ライトショアタイプなら、メジャークラフトの「ジグパラ ライトショアジギング用」がおすすめです。このメタルジグは、フロントとリア部分にフックが付いており、シングルアシスト装着になっています。そのため、釣り上げる時のチカラもしっかりとかかり、狙った魚を逃しません。もちろん、飛距離も高く根魚から大きな魚まで狙えるおすすめのメタルジグです。

カラー別おすすめのメタルジグ

メタルジグには、サイズや構造など色々なパターンがあります。また、カラーもさまざまな種類があり、目的に合わせてメタルジグを使い分けている方が多いです。そこでここでは、カラー別のおすすめメタルジグをご紹介していきます。

ゴールド

メジャークラフト ルアー メタルジグ   ショアジギング用 ピンクゴールド
メジャークラフト ルアー メタルジグ ショアジギング用 ピンクゴールド

¥ 616

口コミ

とても、操作しやすかったです。しかも、アシストフックなので、根掛かりしづらいです。

まずは、ゴールドのメタルジグでおすすめなのは、メジャークラフトのメタルジグです。こちらのタイプは、ライトショア用で2つのフックが付いているタイプです。先ほどのライトショアでも紹介したとおり、飛距離を高く出せるのが特徴です。ピンクとゴールドの2つの色が重なっていますので、海が濁っている状態のときに使えます。

赤&ゴールド

Blue Blue(ブルーブルー) メタルジグ ルアー ミディアムモデル
Blue Blue(ブルーブルー) メタルジグ ルアー ミディアムモデル

¥ 1,404

赤とゴールドの二色のメタルジグもおすすめです。ブルーブルーのメタルジグは、高スピードを出しながら、海の状態に合わせて上から下まであやつることができます。特にシーバスやタチウオを狙うときにおすすめのメタルジグです。サイズは、ミディアムモデルですのめ、海の状況に合わせて他のメタルジグとも組み合わせてお使いください。

ブルー

アムズデザイン メタルジグ  サンティス  ブルーチャートシャイナー
アムズデザイン メタルジグ サンティス ブルーチャートシャイナー

¥ 1,458

ブルーのメタルジグをお探しの方には、アムズデザインのブルーチャートシャイナーがおすすめです。サーフのただ巻きで、機能性を高めたモデルになっています。ブルーチャートシャイナーの色が海の色て合わさり、本物のお魚のように動いてくれます。

このメタルジグの使い方のコツは、ゆっくり巻いて浮き上がってからレンジを確実にアクションさせることでターゲットを捕獲できます。焦らずにゆっくりてアクションさせることが大切です。

グリーン

BOZLES(ボーズレス) メタルジグ ルアー TG トウキチロウ 40g
BOZLES(ボーズレス) メタルジグ ルアー TG トウキチロウ 40g

¥ 1,944

BOZLES(ボーズレス)のグリーンゴールドもおすすめのメタルジグです。トウキチロウというメタルジグで、出世を夢見て村を飛び出た少年をイメージされています。のちの秀吉として天下統一を築いてきた歴史を、メタルジグで表しています。そのため、大物を釣り上げたい人におすすめのメタルジグです。

おすすめのメタルジグのメーカー・ブランド3つと代表製品

これまで紹介したおすすめのメタルジグは、どれも高性能で使い勝手が良い物ばかりです。そこでここでは、それぞれのメーカーのブランド商品について視点を当てていきます。

メジャークラフト

メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM
メジャークラフト ルアー ジグパラ マイクロ JPM

¥ 518

口コミ

購入してすぐに使ってメッキ、ガシラ、アジ、真鯛もういっぱいつれて楽しかったです。皆さんも、マイクロジク買ってみてください。

メジャークラフトは、釣り人にとって欠かせないメタルジグが揃っています。サイズや用途も多機能でどれもおすすめです。特に、カジキやアジなどを釣り上げたい人には、ジグパラマイクロがおすすめです。扁平タイプで、ゆっくりとアクションさせるメタルジグになっています。集中してカジキやアジを釣ることができるメジャークラフトの代表的なメタルジグです。

アムズデザイン(ima)

アムズデザイン(ima) メタルジグ ルアー サンティス 33g 玉彩
アムズデザイン(ima) メタルジグ ルアー サンティス 33g 玉彩

¥ 1,458

口コミ

人気商品でなかなか売ってなくて助かりました。カラーもバッチリです。ありがとうございました。

アムズデザインも色々な種類のメタルジグを取り扱っているメーカーです。例えば、ヒラメやシーバスら青物を釣り上げたい人には、サーフのただ巻きがおすすめです。カラーも黄色と緑、ピンクの混合色で使い勝手が良いメタルジグです。

もちろん、ゆっくりとアクションさせることで狙った魚を逃がしません。ぜひ、ヒラメやシーバスなどを釣るときには、アムズデザインのメタルジグを使ってみてください。

メタルジグの使い方・活用方法

紹介したメタルジグの使い方について調べました。基本的にメタルジグの使い方と活用方法は以下のとおりです。

使い方

基本的にメタルジグを投げて巻いていきます。または、メタルジグを海の底にめがけて落とし、上下に動かしながら巻いていく方法もあります。上下にアクションをかけることで、本物のお魚の動きを実現させる方法です。

ただし、海の底に向かって投げた場合に、メタルジグのフック部分が底に引っかかることもあります。そのため、初心者の方は引っかからなくなる迄は時間がかかります。根気よくメタルジグを投げて、魚を釣りましょう。

メタルジグのおすすめのケース

メタルジグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

メタルジグを使って漁をするときは、メタルジグを入れておくケースも持参しなければいけません。たくさんのメタルジグを使い分けるためにも専用のケースを用意して向かいましょう。そこでここでは、おすすめのケースをご紹介していきます。

トライアングル構造

メイホウ(MEIHO) リバーシブル #100
メイホウ(MEIHO) リバーシブル #100

¥ 1,080

口コミ

サムライジグ30g、40g、60g、ジグパラ40g、30gは勿論ジグパラブレード100mm35gもちょうどですが入りました。

トライアングル構造のケースなら、メイホウのリバーシブルケースがおすすめです。透明ケースで200×126×36mmのサイズになります。トライアングル構造のため、最小限のスペースを利用してメタルジグを収納できます。

メタルジグ以外にもフックやスプーン、トラウトミノーなどの用具も収納できるおすすめのケースです。ぜひ、アオリイカやシーバス、青物の漁をするときにお使いください。

両面収納タイプなら?

DUO(デュオ) ルアーケース リバーシブル 100
DUO(デュオ) ルアーケース リバーシブル 100

¥ 1,188

両面収納タイプなら、デュオのルアーケースがおすすめです。こちらも、トライアングル構造式で両面を収納できる仕組みになっています。余分なスペースを確保する必要はありませんので、とても漁に欠かせないアイテムでしょう。

もちろん、魚を釣るときに汚れた場合でもすぐに水が抜けるような作りになっています。ぜひ、海釣りへと出かける方はデュオのルアーケースを持参してお魚を釣り上げでください。

さっそく釣りへ

これまでおすすめのメタルジグや各メーカーの代表的な商品について、紹介してきました。いかがでしたか?メタルジグには色々な種類があり、サイズもたくさんあります。しかし、どれを選べば良いのか分からない人もいると思います。そんな時は、この記事を参考にしてもらい海の状況に合うメタルジグを選んでください。そして、さっそく海釣りへと向かってください。

Related