Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月22日

ライトショアジギングのロッドおすすめ人気ランキングTOP3

「ジギング(jigging)」という言葉が始めて日本に紹介されたのは、今から約50年前アメリカで刊行された渓流釣りの本でした。現在は、一般的に船などに乗った行う沖釣りを意味する言葉ですが、砂浜や磯浜・防波堤などで行う魚釣りを「ショアジギング」と呼んでいます。

ライトショアジギングのロッドおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングのロッドの種類と選び方

ライトショアジギングのロッドおすすめ人気ランキングTOP3

一般的にジギングとは、船やボートに乗って沖合いで魚を釣ることを意味しますが、砂浜・磯浜・防波堤などの陸地(ショア)で魚を釣ることを「ショアジギング」といいます。ちなみに、船などに乗って陸から離た沖釣りのことを「オフショアジギング」ともいいます。

ライトショアジギングロッドの種類

ショアジギングは、ジギングに比べると使用するメタルジグが40~80g程度と軽くなりますが、釣る場所の汐の流れやポイントの深さによってジグを替える必要があります。なお、釣り方がとても激しいアクションが必要であり、重たいロッドやリール使いこなす体力も要求されます。

ショアジギングは、使うジグの重さによって「ライトショアジギング」とか「スパーライトショアジギング」と呼ばれますが、それぞれ狙う魚の大きさによって使うジグの重さ・長さ・強度などを替えます。

なお、ライトショアジギングのロッドの種類は、ほとんどのメーカーから発売されていますが、概ね30g程度のジグであればシーバスロッドでも兼用できます。ただ、使っているジグで狙ってもいない大物が釣れてしまった場合は、対応できませんので潔く諦めてください。

ライトショアジギングロッドの選び方

おすすめのライトショアジギングを選ぶ場合は、もちろん自分の好みや使いやすいメーカーやタイプを選ぶのが一番おすすめの選び方です。

なお、経験が少ないあるいは経験がほとんどない人のように、用具にあまり拘りがない人が選ぶ場合は、基本的に釣り用具の専門メーカー(ダイワやシマノなど)のように多様な種類が揃っているメーカーから選ぶのがおすすめです。

「長さ」で選ぶおすすめのロッド

ライトショアジギングに用いるおすすめのロッドの選ぶ際、最も重視したいのは「ロッドの長さ」です。つまり、長い距離を狙いたい場合は長めのロッド、ピンポイントで正確に狙いたい場合は短めのロッドが適しているからです。

一般的に釣りをする地形や場所にもよりますが、ライトショアジギングのロッドの場合は、基本的に9~11フィート(2.7~3.4メートル)くらいのロッドの長さが一番対応しやすいといえます。

ただ、特異的な地形上の安全性や操作性などの事情によって、短くないと使えないとか長くないと使えない場合もありますので、できるだけ事前に釣り場の地形に関する情報収集などに心掛けることが大事です。

「重さ」で選ぶ

ライトショアジギングに使うおすすめのロッドを選ぶ際、いつも愛用しているメタルジグを持っている場合は、併せてルアーのウェイトもチェックしておくことを忘れないでください。

なお、ライトショアジギングのロッド自体の重さもさることながら、ライトショアジギングのロッド振りだけでも体力消耗が激しいので、基本的には全体的には250g前後の軽めのトータルウェイトにすることが望ましいといえます。

「硬さ」で選ぶ

ライトショアジギングに使うロッドを選ぶ際、基本的に狙う獲物によってロッドの硬さを使い分けすることをおすすめします。

ロッドの硬さはロッドのメーカーによって多少違いますが、大物を狙う場合は比較的堅めのロッド、小物の場合は比較的柔らかめのロッドを選ぶことが基本です。なお、ロッドの硬さを表す記号は、柔らかい方からL→ML→M→MH→Hの順になっています。

もちろんロッドの硬さは体型や体力によって異なりますが、ライトショアジギングで使われるロッドは概ねミディアム(M)からミディアムヘビー(MH)を利用する人が多いといえます。

ロッドおすすめの人気ランキングTOP3

Amazon人気ランキングには、ライトショアジギング用おすすめのロッドが勢揃いしています。ここではその中から、初心者向けからベテラン向けまで満足できるランキング第1位~第3位にランキングされたおすすめの商品を紹介します。

気になる商品がありましたら、ぜひ下の「Amazonを見る」ボタンを押下して詳細なスペックを確認して見てください。

おすすめのロッド人気ランキング3位:アブガルシア

アブガルシア ショアジギング ロッド KR-X SXJS-1032H80-KR
アブガルシア ショアジギング ロッド KR-X SXJS-1032H80-KR

¥ 35,532

口コミ

めちゃめちゃ使いやすくて強度もバッチリ‼︎硬めですがパワーファイト派にはもってこいの竿です☆

おすすめの「アブガルシア ショアジギング ロッド KR-X SXJS-1032H80-KR」は、ブランクス全身にカーボン×テープで締め上げフルモデルチェンジをしたライトショアジギングのロッドです。

このライトショアジギングのロッドは、フッキングパワーとロッドバランスを感度良くバランスした設計のロッドであり、大型魚にも十分に持ち堪える耐久性とグリップ力が一層増した、強靱なライトショアジギングにおすすめのロッドです。

このライトショアジギングにおすすめのロッドを1本持って出掛ければ、磯浜においてもモンスター級の青物をねらうことや、シイラなどの初夏のライトショアジギングを満喫できること請け合いです。

おすすめのロッド人気ランキング2位:シマノ

シマノ スピニングロッド S86ML
シマノ スピニングロッド S86ML
口コミ

アリビオ3000とセットで購入しました。20グラムのジグをビュンビュン投げました。竿の長さも硬さも思った以上に使いやすいです。

おすすめの「シマノ スピニングロッド S86ML」は、シックなデザインで高級感と高品質感を兼ね備えているので、初心者にも選びやすいおすすめのライトショアジギングのロッドと人気です。

メバルやアジなどをショアから狙うシーバスやアオリイカまでのライトショアに最適で、さらに淡水でのトラウトゲームまで幅広く楽しめるところが、おすすめのライトショアジギングロッドといえます。

このライトショアジギングロッドは、デザイン的にゴールドカラーのメタルリングを2個も配置することで高級感を演出しているところがおすすめです。また、初心者にも視覚的に選びやすい色分けしたタグを採用しているところがライトショアジギングロッドとしておおすすめです。

おすすめのロッド人気ランキング1位:ダイワ

ダイワ ロッド 97MH
ダイワ ロッド 97MH
口コミ

ルアーの適合重量を見ず購入してしまい60gのジグを追加購入するはめになりましたがいい竿だと思います。

おすすめの「ダイワ ロッド 97MH」は、軽量でかつ肉厚のチューブラ設計なので遙か遠くのナブラや回遊魚を狙うライトショアジギングおすすめです。

このライトショアジギングロッドは、高い遠投性能を備えているところがおすすめですが、それ以外にも強いシャクリにも同時に対応できる強度設計がおすすめのロッドです。

また、このライトショアジギングロッドは、足場の高い堤防やロングキャストが要求されるフィールドにおいて、遠投性能とシャクリやすさを重視した比較的軽めのジグを使用することをメインにしているところがおすすめです。

特徴・用途別おすすめのライトショアジギングロッド

ここではライトショアジギングにおすすめのロッドについて、各種メーカーから発売されているさまざまな特徴別・用途別のキーワードに絞った商品を紹介します。

なお、各商品についてスペックなど詳しく知りたい方は、当該の「Amazonを見る」ボタンを押下して詳細情報など確認してみてください。

シーバス用

シマノ スピニングロッド S86ML
シマノ スピニングロッド S86ML
口コミ

アリビオ3000とセットで購入しました。20グラムのジグをビュンビュン投げました。竿の長さも硬さも思った以上に使いやすいです。

ライトショアジギングのシーバス用としておすすめの「シマノ スピニングロッド S86ML」は、メバルやアジといったライトルアーゲームからシーバスやアオリイカ、さらには淡水におけるトラウトゲームまで幅広く楽しめるところがおすすめのロッドです。

なお、このおすすめのロッドは、シマノ基準の高品質と万全のアフターケアサービスの体制によって、普及モデルにも拘わらず安心感を味わえるライトショアジギングロッドなのでおすすめです。

また、デザインがゴールドカラーのメタルリングを2個配置するなど、初心者用としても視覚的に選びやすいところがおすすめです。

安い

メジャークラフト ショアジギングロッド SPS-902LSJ
メジャークラフト ショアジギングロッド SPS-902LSJ

¥ 10,044

口コミ

とにかく軽いっ!今までシーバスロッドを代用していましたが、やはりショアジギング専用竿ですね。軽いからナンボでもシャクレますよ。気に入りました。

安くておすすめの「メジャークラフト ショアジギングロッド SPS-902LSJ」は、入門者から中級者までが楽しめる必要最低限の機能を備えたライトショアジギングとしておすすめできる一品です。

なお、このライトショアジギングロッドは、ルアーゲームにおいて狙うことができるあらゆる獲物をカバーできるところがおすすめです。また、特に小型魚から中型魚を手軽に狙えるモデルなので、足場の良い堤防などからジグをフルキャストして軽快なシャクリを楽しめるところもおすすめです。

ちなみに、このライトショアジギングはシーバス用のロッドと異なり、ジグのキャスト専用設計されているため飛距離や操作性に優れているところがさらにおすすめです。

軽い

アブガルシア ショアジギングロッド KR-X
アブガルシア ショアジギングロッド KR-X

¥ 32,184

口コミ

コスパ最高。とても使いやすいです。タチウオの引き釣りに使ってます。

軽くておすすめの「アブガルシア ショアジギング ロッド KR-X」は、ABU独自のカーボンテープをX状に斜めに巻き上げることによって、非常に大きなねじれ防止効果を得ているところがおすすめです。

なお、このライトショアジギングロッドは、とにかく1日中キャストしていてもロッドが軽くて疲れにくく、糸がらみのトラブルが極めて少ないところがおすすめです。

また、ベイロッドならではの糸の巻き上げトルクが小さいため、飛び抜けた手返しの良さがキャストの楽しさを体験できるスペシャルモデルなのでおすすめです。

初心者向き

グラファイトリーダー ロッド REMOTO
グラファイトリーダー ロッド REMOTO

初心者におすすめの「グラファイトリーダー ロッド REMOTO」は、ジグを思い切って「投げる」とか「操る」など最大限に味わうことのできるライトショアジギングロッドとして初心者におすすめの1本です。

このライトショアジギングロッドは、ほぼ高弾性カーボンだけで構成されたブランクスであり、10Ftを超す長さを感じさせない振り抜け感がおすすめのロッドです。

コスパの良い

ダイワ ライトショアジギングロッド 96MH
ダイワ ライトショアジギングロッド 96MH

¥ 10,584

コスパが良くておすすめの「ダイワ 体とショアジギングロッド 96MH」は、陸上からのルアーフィッシングの入門者に最適なシリーズです。

このライトショアジギングロッドは、気持ちよくキャストが楽しめる高品質のブランク、握りやすいダイワオリジナルのリールシートを採用しているところがおすすめです。

また、このロッドはソルトルアーゲームをより簡単に楽しめるように設計しているため、防波堤・サーフ・磯などさまざまなシーンに対応でき、さらにシーバス・クロダイ・マダイなどの獲物を狙えるところがおすすめです。

長さ別おすすめのライトショアジギング

ライトショアジギングのロッドの長さは、釣り具業界としての統一規格がないためメーカーによってバラバラなので、初心者には若干分りにくいというのが現状です。

ちなみに、ダイワの品番表記「636TLFS」や「86ML」の例で見ると、頭から2~3桁の数字が長さを表していますので前者が「6フィート3インチ」、後者が「8フィート6インチ」を意味しています。なお、1フィートは0.30m、1インチは25mmで換算してください。

長さ別おすすめのライトショアジギングのロッド

釣り具の専門店度では、○○用などと表示した「専用ロッド」を陳列していますが、他の分野専用ロッドではライトショアジギングができないのかというと、必ずしもそういうわけでもありません。

つまり、○○専用といっても基本的にメタルジグの重さに耐えることができれば、ライトショアジギングを楽しむことは可能です。ライトショアジギングに適したロッドの長さは、その人の体格や腕力などによって違いはありますが、釣り場の状況よって適したロッドの長さは一般的に以下のようにいわれています。

砂浜タイプ

砂浜以外では決して釣りをしない人であれば、少なくとも9~10フィートのジグを使うのが一番適しているといえます。

ルアーの飛距離とロッドの長さはほぼ比例しますので、長いロッドほど遠くに飛ばすことが可能です。ただ、砂浜以外の場所で使う場合は長すぎて扱いづらいので、もう少し短めのロッドの選定をおすすめします。

堤防タイプ

いつも砂浜で釣りを楽しんでいても偶には防波堤など別のフィールドで楽しみたい人は、少し短めの8フィートくらいがおすすめです。

とにかくソルトルアーを中心に魚釣りを楽しみたい人は、基本的に8フィートのロッドを持っていれば大概のことには対応できます。ただ、レアケースにも対応したいのであれば、7フィートくらいおすすめです。

万能タイプ

川でも、渓流でも、海でも万能で使いたいと欲張りな人は、もっと短い6~6.5フィートのロッドがおすすめです。短いロッドはもちろん距離は落ちますが、メタルジグであれば腕が良ければ長距離スローも可能です。

硬さ別おすすめのライトショアジギングのロッド

ライトショアジギングロッドの硬さ表記は、基本的に6つのランクに区分されています。したがって、ライトショアジギングで使うロッドは、狙う獲物の大きさに合わせて選定することになります。つまり、大きな魚種を狙う場合や遠く離れたポイントの獲物を狙う場合、より硬いロッドを選定することが基本です。

一般的に、ライトショアジギングで狙う魚は大きめのサイズが多いので、人によって多少違いがありますが概ね「MH(ミディアムヘビー)」または「H(ヘビー)」のランクが適当とされていますので、自分の体力・狙う獲物・ポイントの距離などを勘案してロッドの硬さを選んでください。

ロッドの硬さ表記とターゲット

一般的に、ライトショアジギングに該当するロッドの硬さ表記は、柔らかい順番から3段階といえますが、参考として狙うターゲットをロッドの硬さに合わせると以下のとおりです。

1.「M(ミディアム)」:ソウダガツオ・イナダ・ハマチ・サバなど

2.「MH(ミディアムヘビー)」:ワラサ・メジロ・サワラなど

3.「H(ヘビー)」:ヒラマサ・カンパチなど

おすすめのロッドのメーカー3社と代表製品

ここでは業界を代表する釣り具メーカー3社の概要を紹介します。また、併せてショアジギング用の代表製品の中からロッド以外の必需品である「リール」を選定して紹介します。

なお、気になる商品がありましたら、「Amazonを見る」ボタンを押下して詳細のスペックなど確認してみてください。

シマノ(株式会社 シマノ)

シマノ リール SW 5000XG
シマノ リール SW 5000XG
口コミ

ライトジギング用にアセレーションからのステップアップです。番手を6000から5000に下げましたがライトジギングくらいなら丁度いいサイズと思いました。

「(株)シマノ」は、1940年(昭和15年)の設立していますが、現在堺市老松町に本社を置き、「シマノ」のブランドで主に釣具・ロウイング関連商品などの開発・製造・販売を行っている会社です。

「シマノ リール SW 5000XG」は、タフな環境にも対応するため防水性能を高めるXプロテクトを採用しています。また、ボディーもギアも剛性の高い鍛造技術によって、快適なリーリング性能を持ったおすすめのリールです。

ダイワ(グローブライド株式会社)

ダイワ スピニングリール 4000
ダイワ スピニングリール 4000

¥ 10,584

口コミ

クレストの4000Hを持っているのですが、色んなリールを使ってみたいそんな欲にかられ買ってしまいました。

「グローブライト(株)」は、1958年(昭和33年)に設立していますが、現在本社を東京都東久留米市に置き、主にフィッシング・ゴルフ・テニス用品などの企画・開発・設計・製造・販売を行っている会社です。

ちなみに、フィッシング用品は「ダイワ」、ゴルフ用品は「ONOFF(オノフ)」のブランドで人気を博しています。

「ダイワ スピニングリール 4000」は、幅広いターゲットや釣り方に対応できるため、初心者にもおすすめできるリールです。また、ターゲットに応じたタックルを使い分けたいベテランにも、十分応えられるリール性能を有しています。

アブガルシア(ピュア・フィッシング・ジャパン)

アブガルシア スピニングリール 5000
アブガルシア スピニングリール 5000

¥ 13,500

口コミ

この価格で替えスプール(本体と同じ素材)がついてくるのでお得感は半端ないが、ねじ式ハンドルの剛性感が足りない気がする。どの程度持つだろうか?

「アブガルシア」は、1921年(大正10年)スエーデンで創業しましたが、当初は「懐中時計」の製造・販売を行う会社でした。なお、釣具などは2000年(平成12年)から100%子会社の「ピュア・フィッシング・ジャパン」が輸入販売しています。

「アブガルシア スピニングリール 5000」は、Xクラフティックのワンピースボディーを搭載した高強度のジギングに最適なスピニングリールです。

ライトショアジギングのロッドの使い方・楽しみ方

ライトショアジギングのロッドおすすめ人気ランキングTOP3

ショアジギングを楽しむためには、まずメタルジグの使い方を覚えることが基本です。オフショアジギングと異なり、キャスティングしながら獲物を誘うため多少メタルジグの形状を替えて、横方向へのアクションに良い反応をしてくれるようにしてみることが有効です。

より遠くへ・より幅広く

ショアジギングにおいては、ロッドの反発力やメタルジグの重さを利用して魚に気付かれないようにするため、より遠くにより幅広い方向で獲物の居場所を突き止めるテクニックを持つことが重要です。

潮目や潮の流れの関係で1カ所だけに拘り続けると、結局のところ効率よく狙った獲物を仕留めることが難しい場合が多いといえます。そのため、より遠くにより幅広く遠投のやり方をマスターすることが大事です。

なお、遠投のやり方のコツを1つ上げるとすると、垂らしを心持ち長くしてスピンさせるように投げるのが勘所です。このコツが体得できると、無駄な力を入れずに長時間に亘って楽に獲物を狙うことができますので参考にしてください。

気象条件と相談

ライトショアジギングのロッドおすすめ人気ランキングTOP3

ショアジギングは、「釣り船とは違うので少々の雨風でも心配ない」と考えている方はいないでしょうか。それは大きな間違いなので、ぜひ考え方を改めるべきです。特に磯浜や防波堤などで行うショアジギングでは、毎年急な突風や高波で命を落とす人が後を絶ちません。

ショアジギングを安全に楽しむためのポイントは以下のような項目です。待ちに待ったお楽しみですから、以下の3箇条遵守して存分に楽しんでください。

1.出掛ける前に、現地の気象状況と釣り場の地形などを確認する
2.釣り場(足元)の安全確保を怠らないこと
3.満潮時や気圧の谷の通過時は、波の状況を十分に観察すること

Related