Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

室内アンテナおすすめを紹介しています。室内アンテナの効果は、弱電界域・中電界域・強電界域、またお住まいの環境などによります。おすすめの設置は、電波塔のある方角の窓際に設置しましょう。軽量・コンパクトデザイン商品で場所をとりません。女性でも簡単に取付けられます。

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめの室内アンテナの種類と選び方!

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

室内アンテナを使って視聴をされる考えの方も多いです。実際に室内アンテナは、いくつもの種類が発売されています。テレビが映る室内アンテナは?迷われる方もいらっしゃいます。室内アンテナのおすすめ商品をご紹介します。室内アンテナは、しっかりと選ぶことで快適なテレビ視聴ができます。室内アンテナをおすすめします。

おすすめは、地デジが視聴しやすい地域と製品選びに、気をつけましょう。放送の電波は地域により強弱があり、さまざまです。地デジは基本的に、日本中どこでも視聴できます。

おすすめの室内アンテナの種類は?

地デジアンテナの種類は、大きく分けて3種類です。オーソドックスな屋外用「八木式アンテナ」、屋内・屋外兼用平面アンテナ、そして手軽さで人気の屋内用のアンテナです。おすすめは、自宅の環境によって向き不向きがあります。よく調べて、購入しましょう。テレビが映らないといったことがあります。

室内アンテナは、3タイプの内、工事もいらず手軽さで人気です。購入して、すぐ導入できるタイプです。形状では、ボックス型アンテナ、シート状のペーパーアンテナです。機能面では、強・中・弱の電界地域用地デジ室内アンテナに分けられます。おすすめは、自宅の電界地域環境をあらかじめ把握して、受信に合った室内アンテナを購入しましょう。

アンテナタイプは設置場所の電界強度で決まる

届く電波の強さを電界強度といいます。電界地域は、電波送信を行う電波塔からの距離や、障害物の有無を加味して、電界強度を強さ別エリアに、「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」の3つに分けられます。「強電界地域」では屋外から屋内用アンテナまで、受信できるケースが多いです。

おすすめは、取り付けされる場合は、自宅がどの電界地域に属しているかを確認しましょう。依頼する専門業者に確認されるのが、一般的です。

おすすめの室内アンテナの選び方は?

素子数

「素子数」は、電極の数です。数が多いほど電波受信の力が強いです。また、弱い電波でも受信することはできます。素子数の数値を紹介します。通常の室内アンテナは、水準「10~20」のが多いです。受信性能の目安として、屋内・屋外兼用アンテナや屋内用アンテナでは、「20素子相当」という表現を使います。

これらは中~弱電界の地域で視聴できるレベルです。素子数は、商品のパッケージの裏やWebカタログなどの品名や型番が書いてある”表”に記載されていることがあります。よく、確認しましょう。

動作利得

表の中に「動作利得」という項目があります。これも重要項目です。動作利得は、アンテナの感度を表しています。数値が高いほうが受信力が強いです。室内アンテナの動作利得は、強電界の地域で、快適な視聴では、「0.5~5.0dB」数値が多いです。電波の弱い地域では、「7.0dB以上」の動作利得を室内アンテナに選ぶようにしましょう。

「動作利得」はひと言でいえば、電波受信の感度を指します。デシベル(db)で表示されます。数値が大きくなるほど、電波感度が高くなります。受信に必要な「動作利得」数値の目安は、強電界の地域は、5db以下でもOKです。中電界の地域は、5~10db程度、弱電界の地域は、7~14dbの数値が必要とされます。

ブースターを内蔵しているか

アンテナの中には、”ブースター内蔵”と記載されている場合があります。ブースターとは、電圧の増幅器のことです。ブースターが室内アンテナに内蔵されていたほうが、受信能力が高くなります。テレビ信号を増幅させる機器がをブースターです。アンテナからテレビまでの距離があると、配線が長くなり、信号が損失して画面の映りが悪くなることもあります。

そういう場合には、アンテナからテレビの配線途中にブースターを設置されることをおすすめします。映りが改善されます。おすすめは、室内アンテナにブースター内臓している商品です。

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3!

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。室内用アンテナには、さまざまな種類の製品があります。ランキング3位から製品の人気を見ていきましょう。

ランキング3位「YOUTHINK」

改良版 HD 室内テレビアンテナ ペーパーアンテナ 室内アンテナ 卓上/TVアンテナ 地デジ UHF/VHF対応
改良版 HD 室内テレビアンテナ ペーパーアンテナ 室内アンテナ 卓上/TVアンテナ 地デジ UHF/VHF対応
口コミ

前使っていた室内テレビアンテナは 長時間つかってあまり受信できなくなり 新しいアンテナの購入を検討していました。

おすすめは、受信範囲が広く安定した動画を楽しめることです。YOUTHINKテレビアンテナが低周波VHF(174-240MHz)から高周波UHF(470-862MHz)の幅広い周波数帯域のテレビ電波に対応できます。受信範囲が広く96kmまでの安定した動画を楽しめます。室内アンテナ本体と增幅器が分離されていて、F型端子とIEC端子の変更ができます。

番組を無料視聴できます。室内アンテナ用に、ケーブルの長さは4mもあり、テレビから離れた場所にも設定でき、取付けは簡単です。壁、窓に貼ったりスタンド用に卓上使いもできます。梅花の形で室内飾りにもなります。

室内アンテナは、屋内、ベランダに置いて使います。工事費はいりません。デジタルチューナーと合わせ、高画質動画も楽しめます。パッケージ内容は、ペーパーアンテナ本体F型端子1、增幅器1IEC端子-オス、USB、電源アダプタ1、粘着シール2です。

ランキング2位「idamity」

idamity 室内 HD テレビ アンテナ 地デジ ペーパーアンテナ
idamity 室内 HD テレビ アンテナ 地デジ ペーパーアンテナ
口コミ

都内の各局はそこそこフルセグで使えます。時々ワンセグに戻ることありますが、コスパを考えると納得です。

おすすめは、無料HDテレビ用に、1080pをサポートする室内用HDTVテレビアンテナを設定すると、最寄りのテレビ塔からのデジタル放送の電波を受信できます。増幅器付くの場合は、許容される受信範囲80キロ(50マイル)の強い信号を提供されるので、画質の向上につながります。お好み番組を無料視聴する事ができます。接続部分はフレキシブル構造です。

受信板の向きは、最適な感度に調節ができます。室内アンテナの取り付け方は、アンテナのケーブルを電源供給用アダプターに接続して、アダプターの2本のケーブルをテレビのアンテナとUSBポートに接続します。

商品仕様は、1080pをサポート、受信距離80キロ(50 マイル)、受信帯域UHF & VHF、動作利得(gain)25 dBi、受信周波数VHF 174~240MHz / UHF 470-862MHz、多方向能力では、フリーチャンネルを呼び出せます。

ランキング1位「Wsky」

室内 HD テレビ アンテナ Wsky 地デジ ペーパーアンテナ
室内 HD テレビ アンテナ Wsky 地デジ ペーパーアンテナ

¥ 3,199

口コミ

安物買いの銭失いって言葉ありますが、これは問題なく嬉しい限りです! 予備に両面テープが付属してるのも良いです。

おすすめは、フルハイビジョンで、ニュース、天気予報、ドラマ、野球試合などの番組を無料で視聴できることです。対応できる電波は、低周波VHFから高周波UHFの幅広い周波数帯域です。テレビ塔より遠距離(約96km以内)の受信ができます。超長ケーブルは、13.1ftの超長4Mです。取り付けは、テレビから離れた場所でも電波の受信が良いところに設置できます。

簡単に操作設置できます。まず、アンテナを壁や窓に取り付けて、ケーブルとデジタルテレビ「ANT IN」ポートを接続します。次に、チャンネルを検索し、アンテナの動作状態を初期状態にして、チャンネルをもう一回検索します。おすすめです。

室内アンテナをWskyからのご購入の場合は、メーカー1年間保証が付いています。1年保証期間内は、当社に連絡を下されば責任を持って対応致されます。

特徴・用途別おすすめの室内アンテナ

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

室内アンテナを特徴・用途別に紹介します。おすすめは、地上デジタルチャンネルに対応して、さまざまなチャンネルを楽しむことができます。また、ブースターが内蔵されている商品もあります。薄型・軽量の商品は、設置に大変便利なおすすめ商品です。

ブースター

DXアンテナ UHFデュアルブースター 家庭用 高シールド 水平マストに取付可能 BU433D1
DXアンテナ UHFデュアルブースター 家庭用 高シールド 水平マストに取付可能 BU433D1

¥ 14,040

口コミ

調子良くても44ほどで悪ければ29しかなくまともに見れなかったのですが、このブースターを付けると70くらいまで上がって安定して見れています。

梱包サイズ 20.4 x 13 x 5.6cm 、発送重量は、540gです。屋外でも屋内でも施工できます。おすすめは、小型なので突き出し金具のスペースや、水平方向のマストへも取り付けができます。アンテナポールにも取付できます。新型ブースターは、さらに20%増幅部を小型化しました。特徴は、33dB型43dB型スイッチ1つで、どちらも使用できます。

おすすめ接続は、屋内の場合、テレビのアンテナ線をブースター、次にブースターから電源部、電源部からテレビに接続します。強電界から弱電界まで、受信環境で迷っても安心な室内アンテナです。電源部(セット品)は、ケーブルの加工と接続の状態をLEDでお知らせします。ケース内に「出力モニター端子」があり、フタを開ければすぐに測定できます。

テレビ

1byone 日本初 新型ペーパーアンテナ 地デジ UHF室内アンテナ 卓上アンテナ
1byone 日本初 新型ペーパーアンテナ 地デジ UHF室内アンテナ 卓上アンテナ
口コミ

結果、部屋の中で自分が動いたり、周囲の物を動かしたりしても、受信が途切れる事は無くなりました。

アンテナ本体の外形寸法は、長さ228×幅207.3×高さ1.5mm、コードを含む質量 は、148gです。受信帯域はUHF、受信周波数470-710MHzです。特徴は、薄型化・軽量化サイズの室内アンテナです。おすすめは、びっくりな薄型・軽量の室内アンテナです。また、手頃な値段で楽しめることです。

最寄りの放送塔から発せられるデジタル放送の電波を受信します。フルハイビジョンです。お好みの番組を視聴しましょう。設置は簡単です。開封して接続するだけで、三つチャンネルスキャンのステップだけです。約3メートルの同軸ケーブルが付属しています。おすすめは、テレビから離れた場所にも設置して使用できることです。

アンテナ(コード一体型)本体1、台座1、支柱2、3M製両面テープ1、取扱説明書1です。おすすめの取り付けは、商品を壁や窓に両面テープで貼ります。

bs

BSアンテナ 室内用セット BC45A・MHF-500
BSアンテナ 室内用セット BC45A・MHF-500
口コミ

設置が簡単です 素人がやっても失敗しないし感度良好ですので安心

BSアンテナの設置セット価格は、初心者の方も簡単でお得な商品です。 ぜひ、購入してBS放送を楽しみましょう。 BC45ADXアンテナの自信作として、BSデジタル放送と110度CS放送が受信できます。 また、BSデジタルハイビジョン放送と、スカパー2も、 BSアンテナの設置で受信できます。

用途は、アンテナ有効径45cm、受信周波数11.7~12.75GHz、出力周波数1022~2072MHz、受信偏波右旋円偏波・MHF-500です。おすすめBSアンテナ室内セットは、シンプルな自立スタンドです。高さ650mm、質量2.1kgです。

設置条件があります。基本的には南西に窓が在ることです。 設置されても、必ず受信できるとはわかりません。 ご自身の判断で、ご購入してください。

fm

Superbat Fコネクター 75 Ohm ダイポール屋内用T型アンテナ 高性能 高感度 FMラジオアンテナ
Superbat Fコネクター 75 Ohm ダイポール屋内用T型アンテナ 高性能 高感度 FMラジオアンテナ
口コミ

「FenviデスクトップPC無線LANアダプタカードデュアルバンド」 この製品に繋いで使っています。

おすすめは、FMラジオ室内アンテナです。用途は、使いやすい・透明色です。ケーブル長さは、2m(詳細は、写真参照)で、コネクタは、F・PALメスアンテナプラグです。HDラジオアンテナの高感度は、ステレオ効果を高めます。

対応機種は、Yamaha.JVC.Sherwood.Pioneer.OENON.Panasonic.OnkyoオーディオシステムFMアンテナへの適用ができます。おすすめは、安心の30日間保証が付いています。ご購入時には、お使いの製品・サイズ・規格などを確認しましょう。

地デジ

Hanwha 地デジ/BS/CS放送対応 フラットアンテナケーブル 24cm UMA-ATC3FT
Hanwha 地デジ/BS/CS放送対応 フラットアンテナケーブル 24cm UMA-ATC3FT
口コミ

pcのチューナーに繋げるアンテナを窓から通すのに使ってます!とても良いです。ピッタリとまではいきませんがちゃんと窓が閉まります。

アンテナからの配線を、冊子の隙間を使い室内へ引き込むフラットアンテナケーブルです。おすすめは、地上波デジタル放送にも対応します。屋内の部屋間で、引き回しに使うと大変便利なアイテムです。おすすめの使い方は、両端にF型接栓プラグを採用しているので、一般的なアンテナケーブルを接続できます。端子部に固定用に、3M社製の両面テープ付です。

端子形状は、F型接栓、対応周波数470MHz~1336MHzで、ケーブル全長約24cm、厚み端子部約11.7mm/フラット部約0.22mmです。保障期間は、お買い上げ日より1年間です。

アンテナで地デジが見られるのは?

地デジ放送は、東京スカイツリーなどのテレビ塔からの電波をアンテナで受信して視聴できます。東京スカイツリーは電波塔です。テレビ塔の役割も果たします。テレビ塔は、全国にいくつも存在しています。それぞれ家庭のアンテナに、電波を送るための中継をします。地デジの電波には周波数300MHz~3GHzがあります。

室内アンテナを使い、範囲の電波を受信できます。おすすめは、室内アンテナを使い、地デジの視聴をしましょう。

室内アンテナのメーカー・ブランド3つと代表製品

室内アンテナおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめの室内アンテナのメーカー・ブランド3つと代表製品を紹介します。日本のアンテナ業界を代表する製品は、軽量・小型です。おすすめの人気商品もあります。設置場所に、ベランダや壁面を利用され、付属の両面テープを使い電波の方向に向けて使用します。

DXアンテナ(DX ANTENNA)

 地上デジタルアンテナ UHF平面 (26素子相当) 中・弱電界地用 ホワイト UAH261(W)
地上デジタルアンテナ UHF平面 (26素子相当) 中・弱電界地用 ホワイト UAH261(W)
口コミ

送信所と逆向きの部屋(西向き)なのでどうかなーと思いましたが、ベランダに設置するまでもなく、室内窓際で視聴可能レベルです。

おすすめは、小型軽量ながら高感度の屋内・屋外¥外兼用アンテナ製品です。デザインは、スマートです。特徴は、スリムで軽いです。用途は、ベランダや壁面の設置向きです。感度にも定評があり、設置に優しい設計です。取り付けには、安心・安全の軽量1.7kg、取り付け時の薄さは、壁面から11.3cmです。

中・弱電界用、水平偏波専用です。色は、オフホワイトです。受信チャンネル13~52ch、出力インピーダンス75Ω、動作利得8.4~10.2dB(標準値)、半値幅71~82度、前後比(dB)12~22dBです。外形寸法626×252×123mm、質量2.0kg(アンテナ本体)26素子相当です。

ワンタッチで簡単な取り付けです。本体を取り付け金具に装着して、ボルトで締めるだけです。近年の異常気象にも対応しています。豪雨や強風にも耐えられる強度をアップ(耐風速40m/s→50m/s)設計になっています。

TOSHIBA

TOSHIBA 地上デジタル放送用 デジタル平面UHFアンテナ(室内・屋外共用) DUA-400
TOSHIBA 地上デジタル放送用 デジタル平面UHFアンテナ(室内・屋外共用) DUA-400
口コミ

都内多摩地域ですが、しっかり映りました。東京タワーかスカイツリーかよくわかりませんが、映りの良い方向に適当に合わせて決めて終わりでした。

おすすめは、小型・軽量、高性能の製品です。サイズ 幅31.8×高さ33.0×奥行8.9cm、本体質量約1.1kg、周波数帯域470~770(ch13~62)です。強、中電界地域用の製品です。弱電界地域使用には適していません。地上デジタル室内アンテナ製品は、指向性アンテナです。設置される場合は、方向のご確認願います。

また、ベランダ用取付金具は、付属しておりませんので、別途ご用意願います。別売りの室内アンテナ取り付け金具を使って、ベランダや壁面に取り付けられます。金具類は耐食性に優れているため、屋外での使用の際も安心です。

日本アンテナ(NIPPON ANTENNA)

日本アンテナ 室内アンテナ 地デジ対応 ブースター内蔵 CRAB10
日本アンテナ 室内アンテナ 地デジ対応 ブースター内蔵 CRAB10

室内アンテナの人気商品です。薄型コンパクトで高利得製品は、設置性に優れ、ベランダの物干などに設置できる製品も販売しています。アンテナ製造を主力とする電気機器メーカーです。国内のテレビアンテナ業界3位を占めます。おすすめは、ブースター内蔵で、電波は強く、コンパクトサイズでスッキリ配置できます。強電界地区向けの室内アンテナです。

サイズは、H220×W176×D85mm、個装サイズ44×27×7cm、重量200g、個装重量1500gです。素材は、合成樹脂・黄銅で、仕様は、RoHS指令対応 受信チャンネル13ch~52ch、ブースター利得11dB~16dB、保証期間1年の商品です。

付属品は、ACアダプターは中国製です。スマート&スタイリッシュデザインなので、お部屋のインテリアに使われます。

おすすめ室内アンテナの使い方・活用方法!

室内アンテナは、安価で気軽に手に入り、テレビ視聴ができる製品です。コスト面では大きく節約ができます。電波受信の安定度は、アンテナの中では低いです。電波塔に近い強電界の地域では、問題なく利用できることがあります。室内アンテナの製品を選ぶ際は、受信の強度を示す「素子数」や「動作利得」などの表示に気を付けて、活用しましょう。

また、設置する自宅の場所がどの電界地域なのかは、インターネット検索を使うと、おおよそ判断できます。自宅周辺に高層マンションなどは、テレビ電波受信に大きな影響を与えます。室内アンテナの使い方、活用方法のポイントになります。

室内用の地デジアンテナは自分の住んでいる場所がどの地域に当てはまるかわからない場合は、まずすべての地域に対応している製品を選ぶのがおすすめです。購入前にメーカーのサイトや口コミを確認して、製品を購入しましょう。

おすすめ室内アンテナの設置!

室内アンテナは、電波がやってくる方向に向けて使うことで、受信感度を上げることができます。設置しても地デジが映りにくい場合は、アンテナの設置場所を変える必要があります。そのときは、ベランダや窓からアンテナを出して、電波が来る方向を確認しましょう。また窓ガラスに鉄線が入っていると、電波遮断してしまうことがあります。

そうした窓の場合の室内アンテナの設置は、アンテナを窓ガラスに向けないように設置場所を考えましょう。特に平面アンテナは、設置するスペースによって向きを変えられないこともありますので、ご購入の際には、取り扱い説明書をよく読み、必要個所に合う設置を確認しましょう。

この記事を参考に室内アンテナを購入してみてはいかがでしょうか。

Related