Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月15日

ソフトシェルおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ソフトシェルという言葉を聞いたことはありませんか?アウトドアや登山の時に着られるアウターレイヤーの1種ですが、それ以外でも着られるおすすめの1着です。今回はおすすめのソフトシェルやアウトドア以外の使い方、洗濯の方法などについてご紹介していきます。

ソフトシェルおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ソフトシェルってどんな種類があるの?選び方は?

アウトドアや登山が好きな人ならもちろんですが、そうでない人でもソフトシェルという言葉を聞いたことはありませんか?ソフトシェルとは登山やアウトドアの際にするレイヤリングと呼ばれる重ね着の中でも、一番上に着るアウターレイヤーと呼ばれる種類のものを指します。

ソフトシェルと同じように登山などの際に上に着るものとしてハードシェルと言うものもあります。こちらはソフトシェルよりもさらに雪山や登山に向いたアウターレイヤーで、ゴアテックスと呼ばれる素材が使われています。そのため完全撥水機能があり、防風・防雪性が高められたものとなっています。

ここからはそんなソフトシェルがどういうものなのかや、おすすめのソフトシェルの選び方をご紹介していきます。

ソフトシェルの種類って?どんなものがある?

ソフトシェルは服の上から着るものなのでソフトシェルジャケットとも呼ばれます。ソフトシェルにはハードシェルと比較した際の特徴として、生地にストレッチ性があるものが多く動きやすくなっています。また防水性はハードシェルには負けますが、その分通気性は高くソフトシェルを着て汗をかいても、蒸れたりすることもとても少ないです。

ソフトシェルはメーカーによってフードがついているものをフーディ、ついていないものをジャケットと呼ぶものもあります。

ですが防水性もハードシェルには負けるとは言え、登山やアウトドアの際に着るために作られているので多少の雨ならジャケットだけで雨を防いでくれて、中に着ている服が雨でぬれてしまう事もありません。

ソフトシェルのおすすめな選び方は?

ソフトシェルを選ぶ際に気を付けたいのはまず自分の体に合っているかを確認することがおすすめです。いくら上に着るジャケットと言っても、デザインを重視してしまうとソフトシェルとしては失敗してしまうこともあるためです。

そのためできればソフトシェルを買う前に試着することをおすすめします。特に動いたりしっかりと上までジッパーを上げたりすると自分に合っているかわかりやすくなります。実際に着てみて動きづらかったり違和感があるようだと、サイズが合っていないので自分に合ったサイズを選ぶのがおすすめです。

またこの時にフードとかもかぶってみると、自分の好みに合っているかも確認できます。ソフトシェルを選ぶ際にはデザインも重要ですが、それ以上に動きやすさを重視するのがおすすめです。

ネット通販でソフトシェルを選ぶ時のおすすめ

近くに店がなかったり、なかなか時間が取れない場合は、手軽に買えるネット通販を使うことがおすすめです。ですがネット通販を使う場合は直接お店に行けるのとは違い、試着はできないので失敗しない買い物をすることが重要です。

そのためにはネット通販で他の服を買う時と同じように、あらかじめ自分のサイズをしっかりと知っておく必要があります。ソフトシェルの場合は、普通の服以上にサイズに合ったものを選ぶことをおすすめします。また返品が可能かどうかも調べておくと、万が一失敗した買い物だった場合でも安心できます。

ソフトシェルおすすめ人気ランキングTOP3

ソフトシェルは有名なアウトドアブランドの多くが製造、販売を行っていて、それぞれのブランドで特徴があります。色合いやデザインがいいものだったり、機能性を重視したりとソフトシェルの選び方によっても人によって変わります。

今回はそんなソフトシェルジャケットの中で人気が高いおすすめのものをランキング形式で3点紹介していきます。

ランキング3位 モンベルの動きやすいストレッチパーカー

(モンベル)mont-bell トレールアクション パーカ Men's

(モンベル)mont-bell トレールアクション パーカ Men's
(モンベル)mont-bell トレールアクション パーカ Men's

¥ 7,776

口コミ

ストレッチフリースとして”ほぼ”完璧。パーカーをオススメ。

大阪に本社を置くアウトドアメーカーのモンベルが販売しているソフトシェルのパーカーです。暖かく柔らかいので、アウトドアはもちろん、寒い時に上に羽織るものとしてもおすすめです。フロントジッパーも口元まで閉められるので、首元も寒くならないのもいいです。

ランキング2位 FEIDA メンズ タクティカルジャケット

FEIDA メンズ タクティカルジャケット
FEIDA メンズ タクティカルジャケット

¥ 5,100

口コミ

値段の割りには質感、デザインは良いです。 カッコいいし暖かいので満足してます。

ポリエステル素材を使ったソフトシェルジャケットです。ソフトシェルジャケットとしては比較的リーズナブルなので、手軽に1着欲しい時なんかにもおすすめできます。袖口はマジックテープになっているので、着る人に合わせた袖回りにできます。また後ろについているフードは着脱可能になっているので、アレンジが可能なのもおすすめです。

ランキング1 ガンファイター ソフトシェルジャケット

HELIKON-TEX Gun Fighter Soft Shell ガンファイター ソフトシェルジャケット
HELIKON-TEX Gun Fighter Soft Shell ガンファイター ソフトシェルジャケット

¥ 14,904

口コミ

バイクで学校に通ってますが、まったく寒くないですし、多少の雨ならはじいてくれるので、とてもよいと思います。

ヘリコンテックスのソフトシェルジャケットは胸や上腕部だけでなく、インナーポケットもあるのでちょっとした外出時に着るアウターとしてもおすすめです。またシャークスキン素材で作られているので軽く、フードを襟の中にしまうこともできるアイテムです。

特徴や用途別のおすすめなソフトシェル

ソフトシェルにはブランドや値段によって特徴も違いますし、用途によってもおすすめされるものが変わっていきます。ここからはそんなジャンル別でおすすめとなるソフトシェルをご紹介していきます。

値段が安いので入手しやすい

上海物語 ミリタリー タクティカルジャケット
上海物語 ミリタリー タクティカルジャケット

¥ 4,200

口コミ

この値段でこのクオリティなら文句ありません

4000円台と安い値段で買うことのできるソフトシェルのジャケットです。ポリエステル素材で作られていて、薄手ではありますが保温性や動きやすさなどソフトシェルジャケットとしての特徴はしっかりしています。

値段の高いソフトシェルジャケットよりはマイナスとなる点はありますが、インナーなどと組み合わせることでしっかりと使えます。あまりお金をかけたくない人におすすめです。

登山用には軽いソフトシェルがおすすめ!

パタゴニア フーディニ ジャケット メンズ
パタゴニア フーディニ ジャケット メンズ

¥ 14,040

口コミ

想像以上に軽くて薄い。バッグに入れておいて突然の雨なんかに良い。作りはさすがにパタゴニアだけあって良くできている。

登山にソフトシェルを持っていく時はしっかりとした作りはもちろん、なるべく軽いものを選びたいです。そんな中でこのパタゴニアのジャケットは、ポケットに本体を収納することができます。しかも重量は102gと登山におすすめの軽さです。

素材はナイロンですが、それを感じさせないサラサラ感があるので、少し動いただけで汗で蒸れやすくなってしまう人にもおすすめしたいアイテムです。

アウトドア用には通気性の高いものがおすすめ

MAMMUT ジャケット SOFtech CLIMB Light Hooded Jacket Men 1010-23000
MAMMUT ジャケット SOFtech CLIMB Light Hooded Jacket Men 1010-23000

¥ 19,440

口コミ

デザイン、機能とも良いね〜オススメです。少し袖がタイトで下着は薄手しか着れないと思うが問題ないですね。

アウトドアの際には通気性や動きやすさが重視されるソフトシェルがおすすめです。このジャケットは2重素材で作られているのに軽いので、アウトドアやトレッキングなどの場面でおすすめです。

カラフルな色合いのレディースも!

HAGLOFS LIZARD JACKET WOMEN
HAGLOFS LIZARD JACKET WOMEN

¥ 13,900

レディースもののソフトシェルは、メンズに比べても華やかな色合いのものが多いです。たとえアウトドアや登山時に着るものであっても、おしゃれを考える女性ならではとも言えます。

このジャケットはスウェーデンのブランドであるホグロフスの製品で、コズミックピンクやブルーバードなど4色の色があり、またオールシーズンで使えるためアウトドアだけでなく日常のサイクリングなどにもおすすめです。

街でも着られるソフトシェル

patagonia M's Lined Baggies Jkt
patagonia M's Lined Baggies Jkt

¥ 19,440

街で着るソフトシェルにはあまり派手すぎないものを選びたいです。このパタゴニアのジャケットは写真を見てもわかるとおり、一見すると本当にソフトシェルを着ているの?と言いたくなるくらいにナチュラルな着こなしができるアイテムです。

それでいて中身はしっかりとソフトシェルなので寒さや風にも強く、急に雨に降られたときなどにも役立つのでおすすめです。

雪山用におすすめ

mont-bell(モンベル) コスミック® パーカ
mont-bell(モンベル) コスミック® パーカ

¥ 24,624

口コミ

インナーをうまくレイヤリングすることで冬場から春スキーまで幅広く使えます。 ※ -10度位までならホッカイロ併用で温かいです。

雪山でソフトシェルを使う場合はスキーやスノーボードでも使えるような、しっかりした作りのものを買うのがおすすめです。このモンベルのパーカーは全ての縫い目に防水加工が施されていて、ソフトシェルとは思えない撥水性を誇ります。

また表生地には滑り止めの効果があり、アルパインウェアと言われるものと同じような機能を備えています。

オールシーズンで着られるソフトシェル

オールシーズンで着られるソフトシェルを探す時には、ロケーションを問わない万能性があるものを選ぶのがおすすめです。特にコロンビアが最初に始めた「インターチェンジシステム」と呼ばれるものは、アウタージャケットとインナージャケットがファスナーで着脱が可能です。

Millet ポベダ 3イン1 ジャケット MIV7147
Millet ポベダ 3イン1 ジャケット MIV7147

¥ 41,040

口コミ

デザインも大きさも実際のものを着てみて決めたので文句ナシ。防水・撥水も効いてます。

ミレーのこのジャケットはアウターとインナーがファスナーで着いているので、アウター+インナー、インナーのみ、アウターのみと3パターンの使い方ができるソフトシェルです。アウタージャケットの部分はフードがついていますが、こちらも取り外し可能です。

暖かい春ならインナージャケットのみ、寒い冬ならアウター+インナーというように季節によった使い方ができるのがおすすめポイントです。値段的にはちょっと高めですが、オールシーズンで使えるのでコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

ソフトシェルでおすすめのブランドやメーカー、代表製品はコレ!

ソフトシェルにはいくつものブランドやメーカーがあります。ここからはそんなおすすめのブランドの中でも代表する製品をご紹介していきます。

マムート

マムートはスイスの「マムート・スポーツ・グループ」という会社が展開している登山用品のブランドをさします。関連商品にマンモスのロゴが入っていますが、これはマムートという言葉がドイツ語で「マンモス」を意味していることからブランドロゴになっています。

初めに製造を始めたロープを筆頭に、バックパックやソフトシェル、ハードシェルなど多くの登山用品を製造していて、世界中でマムートの用品を使って登山を楽しむ人がいます。

MAMMUT アウトドア インサレーション ジャケット 1013-22961
MAMMUT アウトドア インサレーション ジャケット 1013-22961

¥ 34,560

マムートには「すべてはアルピニズムのために」という考え方があります。その考え方に沿って作られたこのソフトシェルは中綿だけでなく表生地にもストレッチ素材を使っています。

ブランドものですのでどうしても値段的にはやや高めにはなってしまいますが、その値段に見合った高品質なものばかりなので、登山をはじめとしたアウトドア用品を購入する際には選択肢に加えたいおすすめブランドの1つです。

ノースフェイス

THE NORTH FACE クライムライトジャケット
THE NORTH FACE クライムライトジャケット

¥ 32,400

口コミ

厚さを感じないにもかかわらず風などもある程度遮断してくれるので重宝しています。

ノースフェイスはアメリカのアウトドア用品や服などを製造しているメーカーです。ソフトシェルはもちろん、バックパックやダウンジャケットなどノースフェイスのロゴが入ったアイテムを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

世界的にも広く知られたブランドなので製品への信頼度は高く、多くの製品をおすすめできます。

コロンビア

Columbia ウィメンズワバシュジャケット
Columbia ウィメンズワバシュジャケット

¥ 17,010

口コミ

とてもよくて、サイクリングにもつかえます\(^o^)/突然の雨にも、もってこいです!

コロンビアはアメリカの会社で、「コロンビア・スポーツウェア」の名前からもわかるようにスポーツウェアを中心としています。しかしアウトドア系に力を入れてないわけではなく、しっかりとコンセプトの中にアウトドアの言葉が入っています。

多くのアイテムがリーズナブルな値段で販売されているので、質の高いものを安く買いたい時などにおすすめしたいブランドです。

ソフトシェルの使い方や楽しみ方教えます!

ソフトシェルは本来、アウトドアや軽い登山といったロケーションで使われるものですが、その特徴を生かしたおすすめの使い方が他にもあります。ここからはそんなソフトシェルのアウトドア以外での使い方を見ていきます。

運動の際にウインドブレーカーの代わりに!

ランニングはもちろんですが、趣味でサイクリングや健康管理のためにウォーキングをすると言う人は多いでしょう。しかし季節によってはインナーだけでは寒く、かと言って普通のウインドブレーカーでは汗で蒸れてベタベタしてしまうこともあります。

そこで上に1枚羽織るものとしてソフトシェルを着るのがおすすめです。ストレッチ素材が使われているので軽くて動きやすく、通気性や吸湿性も高いので汗をかいても蒸れることがありません。それでいて風や少しくらいの雨なら防いでくれます。

体が温まってくるまでは寒いような日でも、ソフトシェルなら寒さを防いでくれますし、ポケットもついているものも多いので、タオルなどの小物を入れておくこともできます。

控えめな色合いを選んで街でも着よう!

ソフトシェルをおしゃれに活用してみたいと思ったことはありませんか?もちろんソフトシェルなら何でもいいというわけではなく、デザインや色合いは選びますが、普段の外出時などにもおしゃれとして着ることもできます。

普段着として使う時に注意したいのは、まず色合いです。あまり派手すぎると服装のバランスがとりづらいだけでなく、明らかにアウトドア用の服を着ていると思われてしまうからです。そこで黒やネイビーといった控えめな色合いのものを選ぶと、ソフトシェルが主張しすぎることもなくおすすめです。

またカーキ色のような色合いのものであれば、ミリタリー風な着こなしにもできるので迷彩柄のズボンなどを持っている時にはこのような組み合わせもおすすめです。

ソフトシェルの洗濯をしたいけどやり方がわからない、と思ったことはありませんか?洗濯機で普通に洗ってもいいのかや、手洗いでもどうすればいいのかと悩んだりすることもあるでしょう。ここからはソフトシェルが洗濯できるのかや、洗濯する時におすすめのやり方を説明していきます。

まずソフトシェルを洗濯してもいいのか悩んでいる人もいることでしょう。結論から先に言うとソフトシェルは必ず洗濯してください。というのも使っていくと汗や汚れなどが付着していき、撥水性を生み出すために生地に空いている無数の穴が埋まってしまいます。そのため撥水性などソフトシェルの特徴が失われてしまうからです。

ソフトシェルを洗濯する際にはついているタグを確認して、手洗い限定なのか、洗濯機でも大丈夫なのかを確認します。

ソフトシェルのおすすめな洗濯の仕方は?

ソフトシェルと言えど洋服ですから、着たら洗濯をする必要があります。しかし毎回クリーニングに出してしまうとお金もかかりますし、どうしてもおっくうになります。ここからはそんなソフトシェルの洗濯の仕方をご紹介していきます。

ソフトシェルを手洗いで洗おう!

ソフトシェルを手洗いする場合は、大きな桶にぬるま湯と中性洗剤か専用洗剤を入れます。この時のぬるま湯の温度はタグの表記にもよりますが、40度付近が推奨温度です。そしてソフトシェルを入れ、泡立てながら洗濯します。この時もみ洗いはしないように気をつけます。ひとしきり洗い終わったらそのまま15分程度つけおきしておきます。

時間がたったら大量のぬるま湯を使ってしっかりとすすぎます。この時すすぎが甘いと洗剤が残ってしまい、撥水機能に影響が出てしまうのでしっかりとやりましょう。

ソフトシェルを洗濯機で洗いたい!

洗濯機でソフトシェルを洗う場合には、ファスナーやテープ留めなどでしっかり閉じてから洗濯ネットに入れて洗濯機にかけます。洗剤についても漂白剤の入ったものなどは使用せず、中性や弱アルカリ性の洗剤、または専用洗剤を使います。

洗濯機を使用する場合も40度付近のぬるま湯を使い、水流の流れも「弱」にしておきましょう。また生地が傷む可能性もあるので、脱水はオフにしておくことを強くおすすめします。すすぎに関しても手洗いと同じくぬるま湯を使い、洗剤が残留しないようにしっかりとすすぎます。

洗濯する時の専用洗剤って?

ソフトシェルをはじめとしたアウトドア用品には、それらを洗濯するのに適した洗剤が発売されています。NIKWAX(ニクワックス)やGranger's(グランジャーズ )、finetrack(ファイントラック)のオールウォッシュなどがこれに当たります。このうちfinetrackは日本のアウトドアメーカーですが、ウェアなどと一緒にこういった洗剤を発売してくれているのは嬉しいです。

普通の洗剤よりは割高ですが、ソフトシェルをしっかりとケアすることができるものと考えた場合には値段以上の価値があるのではないでしょうか。

洗濯が終わったらどうするの?

手洗いでも洗濯機でもすすぎが終わったら軽くしぼって、自然乾燥か、低温の乾燥機にかけて乾燥させます。乾燥機の場合は少ない枚数で乾燥機を回します。また自然乾燥の場合はときどきソフトシェルをたたいてやるとふくらみが戻ってくるのでおすすめです。

乾いたら今度はアイロンをかけるのですが、直接アイロンを当ててしまうと生地を傷めてしまう恐れがあるので、布を当ててその上からアイロンをかけるのがおすすめです。撥水に不安がある場合はその後で売られている撥水スプレーをかけましょう。

ソフトシェルはいろいろな場面で使える万能アイテム!

いかがでしたか?ソフトシェルの世界をご紹介してきましたが、気になるアイテムはありましたか?

ソフトシェルはアウトドア用のアウターレイヤーですが、タウンユースや登山などさまざまなロケーションで使うことのできる懐の深さがあります。オールシーズンで使えるようなものもあり、1着ソフトシェルを持っているだけで幅が広がりますので、お気に入りの1着を見つけることをおすすめします。

今回のおすすめの記事が参考となっていただければ幸いです。

Related