Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月24日

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バーベキューをいざするのに何を持って行けば良いかわからないという方のためにバーベキュー用品の種類、選び方、バーベキュー用品の人気ランキング、特徴別に見たバーベキュー用品のおすすめ商品、バーベキュー用品の活用方法などを説明します。

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

バーベキュー用品の種類と選び方

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

外で食べる食事は美味しいです。その醍醐味を味わえるのがバーベキューです。家族、友人同士でワイワイするのもいいですし、ソロキャンプで一人バーベキューを楽しまれる方も多くいます。そんなバーベキューについて解説します。

バーベキュー用品の種類

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バーベキューをする際に必要な道具はどれでしょうか。また、どんなバーベキュー用品があるのかを説明します。

グリル、コンロ

バーベキューと言えばグリルやコンロです。食材を焼いたり蒸したり煮たりするための道具です。これがないとバーベキューは始まりません。

鉄板、焼き網

グリルやコンロの上に置く網や鉄板です。グリルを購入すると付属している物もありますがない場合には必要です。網と鉄板が両方あればバーベキューでのメニューに広がりが出ます。

トング

食材を掴んだり焼くときに必要になります。箸では焼けてしまったりしまうので注意が必要です。トングは野菜用と肉用は別けて使うのがおすすめです。ひとつではなく複数個用意しましょう。

火を起こす道具

炭や着火剤や点火剤です。グリルやコンロの種類によって使い分けます。バーベキュー初心者でもすぐに火をおこせる道具がたくさんあるので、簡単に火がおこせるものを選びましょう。また、火を扱うときにはキャンプ用のグローブや軍手も用意しておくことをおすすめします。

クーラーボックス

バーベキューで使用する食材や飲み物を保存するためのクーラーボックスです。食材が傷まないように持ち運びする役割があります。食材は前の日などに前もって下準備しておくのがおすすめです。また、保冷剤も一緒に購入しておきましょう。

調理道具

包丁、ボウル、皿、コップ、まな板などバーベキューを調理する際に必要な用具です。

テーブルウェア、カトラリー

バーベキューを食べる際に必要なキッチン用品です。箸、フォーク、スプーンなど準備しておきましょう。バーベキューをする頻度が少ない方は割り箸や紙皿もおすすめです。頻繁にバーベキューをする方は購入することでコスパ的にも得になります。

スモーカー

バーベキューで薫製料理を作りたい方はスモーカーがおすすめです。簡単に美味しいスモーク料理が味わえます。コンロでお肉などを焼いている間に準備しておけば、食べ終わる頃にできあがっています。家庭でも使えるので重宝します。

テーブル

バーベキューを準備したり食べたりするときにあると便利です。テーブルに置いて調理するタイプのコンロなどは必ず必要となります。

チェア

食事をしたりコーヒーを飲んだり休憩したりするのに便利です。バーベキューをする場所によって選ぶのがおすすめです。

レジャーシート

キャンプで活躍するレジャーシートです。バーベキューの時にも座って食べる場合は必要です。また、荷物を置いたりするのにも重宝するのでおすすめです。

洗剤やスポンジ

バーベキューに行ったら片付けすることも大切です。油がついたままだとこびりついて取れなくなります。ある程度洗ってから片付けましょう。

サンシェード

日差しのある時にサンシェードがあれば便利です。アウトドアで1日、日のあたっている所にいると熱中症を起こす危険もあります。サンシェードなどがあればゆっくりとバーベキューでの食事ができます。

バーベキュー用品の選び方

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バーベキュー用品のアイテムの中でもメーカーによってさまざまな商品があります。それらの選び方のポイントについて説明します。

グリル、コンロ

バーベキューに欠かせないのがグリルやコンロです。大人数でバーベキューを楽しみたい方は脚のついたグリルがおすすめです。立ってグリルを囲んでバーベキューが楽しめます。コンロはテーブルの高さによって食事スタイルが選べるので便利です。

ソロキャンプなどにおすすめです。メニューによってダッチオーブン、焼き網などを買い足して好きな料理を作りましょう。網だけではなく鉄板があれば焼きそばなどを楽しむことができます。また、メニューの幅を広げたい場合は薫製料理が簡単にできるスモーカーもおすすめです。

火を起こすアイテム

グリルには炭火を使うタイプとバーナーを使うタイプの2タイプがあります。これは、バーベキューのスタイルやメニュー、人数によって選びます。バーベキュー初心者は炭火タイプがおすすめです。炭火タイプのグリルを使う際には、炭や着火剤が必要になります。

炭に火をつけるのは意外と難しい作業です。それを簡単に行えるのが着火剤です。着火剤があればすぐに火をつけることができるのでおすすめです。バーナーを使用する場合は、コンロ用のガスが必要です。炭火よりも火力が安定している点がメリットです。

調理道具

お鍋やフライパン、ダッチオーブン、シェラカップなどバーベキューを調理するときに必要なアイテムです。バーベキューでどんなメニューを作りたいかで選びます。スタンダードなバーベキューに飽きてきたらダッチオーブンやスモーカーなどがあればメニューのレパートリーを増やすことができます。

ホットサンドなどがあれば洋食のメニューも作れます。それらの道具は家庭でも使えますのでひとつあれば便利です。

クーラーボックス

バーベキューの食材を入れるクーラーボックスは、ハードタイプとソフトタイプの2タイプがあります。ハードタイプは外側がハードな素材でできておりソフトタイプは柔らかく使わないときに畳めるのがメリットです。

ハードタイプの方が保冷力に優れています。大人数でのバーベキューの場合は、大型のハードサイズがおすすめです。保冷力はある程度保冷剤などでも調整可能です。

トング

バーベキューと言えばトングです。トングがあればバーベキューをしている実感が沸きます。しかし、トングは必ず肉用と野菜用と別けて使いましょう。トングを使用する際は、手袋や軍手などをするのもおすすめです。

テーブル&チェア

バーベキューでゆったり食事を楽しみたいならばキャンプ用のテーブルとチェアがおすすめです。テーブルはハイタイプとロータイプの2タイプがあります。ハイタイプはチェアと合わせてダイニングテーブルのように使用します。ロータイプはレジャーシートなどを敷いてリラックスしながら使用できます。グリルのタイプなどに合わせて選ぶのがおすすめです。

レジャーシート

バーベキューに必ず持って行きたいのがレジャーシートです。チェアを持って行ったとしてもレジャーシートがひとつあれば荷物置きにもできますし、座って寛ぐこともできます。少し肌寒いシーズンには起毛の温かい素材のものがおすすめです。冷たい芝生や地面から冷えを防止してくれます。

ランタン

日中にバーベキューをする場合は必要ありませんが、日が落ちてきたときに必要なのがランタンです。テーブルに置いても引っ掛けて使用するのもおすすめです。暗い場所で明かりがあると虫が寄ってきやすくなると思われますが、虫のこないランタンなども販売されていますのでチェックしてみて下さい。

その他調理道具

トング以外にもまな板や包丁なども必要です。スムーズにバーベキューをするならばなるべく包丁を使わないように下準備をしておくのがおすすめです。何が必要なのか迷う場合は、バーベキューに必要な調理道具がセットになっているものがおすすめです。

カトラリー

お皿やカトラリー、カップなど紙製のもので済ませる方も多いですが、バーベキューを楽しみたい方にはキャンプ用のカトラリーを使用することをおすすめします。紙皿や紙コップは耐久性に劣りますので、アウトドアで風に煽られて料理がひっくり返ることもしばしばです。

また、カップなども保温性に優れているのでアウトドアで使用するのに向いています。キャンプ用のカトラリーはおしゃれで鮮やかなカラーのものがたくさんあります。テーブルを彩るためにもキャンプ用食器やカトラリーをおすすめします。

軍手、炭バサミ、うちわなど

バーベキューは調理することに目がいきがちで、軍手や風を起こすうちわなどを忘れてしまいがちです。軍手は火を起こすときにも熱い網を持ったりするのにも便利なので複数準備しておくのがおすすめです。片付けするときにも役に立ちます。

火消し壷

必ず必要という訳ではありませんが火消し壷があれば後片付けの時に便利です。炭は火を消した後持ち帰るのがマナーです。しかし、なかなか温度が落ちないため時間もかかります。火消し壷があれば炭の処理が簡単です。大きなアイテムではないのでひとつあれば便利でしょう。

調味料

バーベキューをするときに必要なのが調味料です。下味などは下準備の段階でやっておけばすぐに調理に取りかかれるのでおすすめです。メニューに合わせてチョイスが必要ですが最低限の塩、醤油、こしょうなどのスパイス類は準備しておきましょう。

その他あれば便利な物

バーベキューに持って行けば便利な物はウェットティッシュやキッチンペーパーです。手が汚れたとき、テーブルを拭きたいとき、汚れた皿などを拭きたいときなどに便利です。

その他、アルミホイルやラップも便利です。アウトドアのお皿などにラップを敷いて使用すれば後片付けも簡単です。アルミホイルは蒸し焼きにしたり食材を包んだりするのに便利です。キッチンバサミもひとつあれば重宝します。

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3

バーベキュー用品のおすすめ人気ランキングのトップ3を紹介します。

第3位:「キャプテンスタッグ BBQ キッチン用品 万能トング レスト 30cm M-7635M-7635」

キャプテンスタッグ BBQ キッチン用品 万能トング レスト 30cm M-7635M-7635
キャプテンスタッグ BBQ キッチン用品 万能トング レスト 30cm M-7635M-7635

¥ 680

口コミ

別荘で友達とのBBQ使用で購入しました。 長さも強度も丁度よく扱いやすいです。 トングは、大小たくさん持ってますが、一番使い易いと思います。

使い勝手の良いサイズのトングです。バーベキューでは必需品です。ステンレス製なので耐久性があり衛生的です。

第2位:「NITINEN(ニチネン) 卓上用ガスバーベキューコンロ ジュージューボーイ KC-101 」

NITINEN(ニチネン) 卓上用ガスバーベキューコンロ ジュージューボーイ KC-101
NITINEN(ニチネン) 卓上用ガスバーベキューコンロ ジュージューボーイ KC-101
口コミ

何が気に入ったって、掃除が簡単! 下のトレーはコーティングのおかげで、擦らなくても簡単に汚れが落ちて、すっごい楽ちん!

ガスなので火力が安定しており美味しくバーベキューが作れます。コンパクトなので卓上でも邪魔になりません。焼いたときのムラも少なく美味しく食べられます。

第1位:「尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ 」

尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ
尾上製作所(ONOE) フォールディングBBQコンロ
口コミ

皆さんのレビュー通り期待通り! 使いやすく、比較的コンパクト。重さは少しあるかな…2人では十分!4人とかでもマッタリ呑みながらならイケそうですよ。

卓上でも使えるコンロです。ステンレス製なので丈夫で水洗いも可能です。簡単に組み立てができ収納するとコンパクトになるので持ち運びにも便利です。

特徴・用途別おすすめのバーベキュー用品

バーベキュー用品にも商品によって特徴があります。その特徴別にみたバーベキュー用品のおすすめ商品を紹介します。

初心者

バーベキュー初心者におすすめのアイテムです。バーベキュー初心者が一番苦労するのが火を起こすことです。これがあれば炭に簡単に火をつけられます。

キャプテンスタッグ バーベキュー用 折りたたみ 火おこし器 炭焼き名人 FD M-6638

キャプテンスタッグ バーベキュー用 折りたたみ 火おこし器 炭焼き名人 FD M-6638
キャプテンスタッグ バーベキュー用 折りたたみ 火おこし器 炭焼き名人 FD M-6638

¥ 3,266

口コミ

焚き火台、ウッドストーブのかわりにつかっています。10回ほど使用しましたが、本当によく燃えます。とても良い商品です。

バーベキューでの炭の火起こしアイテムです。これがあれば簡単にスムーズに火を起こすことができます。木炭だけではなく備長炭にも着火します。コンパクトに収納できます。

バーベキューセット

バーベキューに行くときに何を準備したら良いかわからない方にはセット商品がおすすめです。最低限のものがセットになっているので忘れ物も防止できます。初心者でも扱いやすくて安心です。

キャプテンスタッグ お手軽 バーベキュー BBQ セット 3-4人用セット

キャプテンスタッグ お手軽 バーベキュー BBQ セット
キャプテンスタッグ お手軽 バーベキュー BBQ セット

バーベキューコンロ、炭バサミ、トングのセットです。バーベキューの初心者の方におすすめです。

コンロ

バーベキューでおすすめのコンロです。ダッチオーブンなどをのせて料理の幅を広げることができます。

尾上製作所(ONOE) 鉄鋳物(いもの)こんろ角型 CI-1607

尾上製作所(ONOE) 鉄鋳物(いもの)こんろ角型 CI-1607
尾上製作所(ONOE) 鉄鋳物(いもの)こんろ角型 CI-1607
口コミ

さんま、イワシ、その他干物類を焼くのには、ベストサイズてす。デザインはシンプルですが良くできています。大事に使えば一生モノだと思います。

鋳鉄物製なのでお肉を美味しく焼くことができます。両面焼きが可能なコンロです。炭の出し入れも簡単で扱いやすいおすすめコンロです。

七輪

バーベキューを本格的に楽しみたい方には七輪がおすすめです。七輪で焼いた食材は非常に美味しくできあがります。

BUNDOK(バンドック) 七輪 BD-385 【1~2人用】 炭火 バーベキュー

BUNDOK(バンドック) 七輪 BD-385 【1~2人用】 炭火 バーベキュー
BUNDOK(バンドック) 七輪 BD-385 【1~2人用】 炭火 バーベキュー

¥ 2,700

口コミ

風窓も大きくていいと思います。使用にあたって特に不便なことは感じませんでした

お魚を焼いたりとメニューのバリエーションが広がる七輪です。炭火ならではの旨味を味わえます。

着火剤

炭に火をつけるのは案外難しい作業です。着火剤があればその難しい作業を簡単にすることができます。価格も安いので炭を扱う方にはおすすめです。

ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター

ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター
ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター

¥ 778

口コミ

他の方も書かれている通り、パッケージは最悪ですが、着火剤の機能としては文句なしです。 綺麗に組んだ炭であれば、2個使えば、チャコスタなしで火起こし完了です。

バーベキューでの着火をスムーズに行うことができる着火剤です。火を起こす手間が大幅に省きバーベキューの時間を効率化します。

バーベキューと言えば串に食材を刺して焼くのが醍醐味です。バーベキュー用の串があれば家庭でも使えます。

POT バーベキュー串5本 + 収納ケース セット

POT バーベキュー串5本 + 収納ケース セット
POT バーベキュー串5本 + 収納ケース セット
口コミ

バーベキューはそれほどしないけど、持っておきたいと思い購入。けっこう長いし危ないものでもあるのでケースがあることが助かります。

バーベキューで使う串5本に収納ケースが付属しているセットです。持ち運びに便利です。串はステンレスなので耐久性があります。

おすすめのバーベキューの食材

バーベキューではどんな料理も可能です。その中でもおすすめの食材を紹介します。

バーベキューで食材のメインといえばお肉です。一般的にバーベキューに準備するお肉の容量は男性で約300g、女性で200gくらいと言われています。牛肉も良いですが、豚肉、鶏肉、ラムなども取り混ぜてさまざまなバーベキューを楽しむのがおすすめです。

BBQ Bセット/バーベキューセットB 合計5kg(10人前)~!!究極のバーベキュー肉 FS

BBQ Bセット/バーベキューセットB 合計5kg(10人前)~!!究極のバーベキュー肉 FS
BBQ Bセット/バーベキューセットB 合計5kg(10人前)~!!究極のバーベキュー肉 FS
口コミ

よかった。味のクオリティも値段相応以上なので、非常に満足しています。20kg以上のセットもあればいいと思いました

さまざまなお肉が入ったバーベキューに便利なセットです。ソーセージも入っているのでお子様も喜びます。

ソース

バーベキューの決め手はソースです。ソースが美味しければ料理が苦手な方でも美味しく仕上がります。

ハインツ B・B・Qバーベキューソース1,200g

ハインツ B・B・Qバーベキューソース1,200g
ハインツ B・B・Qバーベキューソース1,200g
口コミ

リンゴ酢の酸味の効いたアメリカンなバーベキューソースではありません。 いわゆる国内でよくおなじみのバーベキュー味に近いものです。酸味の効いたものも好きですが、これも悪くありません。

肉料理や野菜グリルにぴったりのバーベキューソースです。もちろん家庭でも活躍します。

おすすめのバーベキュー用品のメーカーとおすすめ商品

バーベキュー用品を取り扱うメーカーとメーカーおすすめ商品を紹介します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

フライパンやお鍋で有名なパール金属株式会社が運営しているアウトドア用品を製造、販売するブランド名です。商品のラインナップが多く好みのアイテムを選ぶことができます。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ グリル NEW スパイヤー ツーウェイ 420

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ グリル NEW スパイヤー ツーウェイ 420
キャプテンスタッグ バーベキューコンロ グリル NEW スパイヤー ツーウェイ 420
口コミ

安くて良い。3,4人が 限度 だけど 夏の間 時々 利用するには 十分です。脚を短くも出来るし サイズも手頃だから、片付けも 楽に出来て 大満足しています。

ファミリー4人でバーベキューをするのに丁度良いサイズです。ハイスタイルでもロースタイルでも使える優れ物です。キャンプテンスタッグおすすめのコンロです。

コールマン(Coleman)

アメリカのキャンプ用品を製造、販売する会社でオクラホマ州で創業されたメーカーです。日本でもキャンプ用品と言えばコールマンと言われるほど認知度は高く人気もあります。

コールマン コンロ クールスパイダーステンレスグリル レッド 170-9367

コールマン コンロ クールスパイダーステンレスグリル レッド 170-9367
コールマン コンロ クールスパイダーステンレスグリル レッド 170-9367

¥ 8,100

口コミ

デザインもいいですし、中の炭を置く場所を汚したくなければ、アルミ素材の炭受け?を置いて使用すれば、終わったあとも汚れがほとんど付かないので良いです。

引き出し式なので炭を足したり交換するのに便利です。鉄板がついているので炒め物なども調理できます。高さも調節可能なコールマンおすすめのグリルです。

ロゴス(LOGOS)

アウトドア用品の製造、販売を行う日本のメーカーです。家族で楽しめるキャンプをコンセプトに作られた商品は初心者でも扱いやすく人気があります。

ロゴス バーベキューコンロ bbq ダッチオーブン料理 1台3役 ピラミッドグリル EVO

ロゴス バーベキューコンロ bbq ダッチオーブン料理 1台3役 ピラミッドグリル EVO
ロゴス バーベキューコンロ bbq ダッチオーブン料理 1台3役 ピラミッドグリル EVO

¥ 8,316

口コミ

キャンプに行くのに購入しました。 色々と悩みましたが親子2人にはちょうどいい大きさだと思います。 袋も付いているので収納も楽ですね

焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理の1台3役のロゴスおすすめ商品です。折り畳み式なので持ち運びにも便利です。

バーベキューのおすすめの楽しみ方

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バーベキューをする際に知っておけばさらに楽しめるポイントを紹介します。

バーベキューは下準備が重要

バーベキューを楽しむためには下準備をしておくのがおすすめです。当日、いきなり食材を持ってその場で調理すると時間がかかります。前日にある程度まで準備しておけば無駄な時間を省いてすぐに調理が始められます。

メニューはあらかじめ決めておいて、野菜など切れる食材は全てカットしておきましょう。保存袋などに小分けに入れておくと便利です。お肉や魚介なども下味をつけたりタレに漬け込んだりして保存袋に入れておきます。

保冷剤は凍らせておく

忘れがちなのが保冷剤です。数日前から凍るように冷凍庫に入れておきましょう。特に夏は食材が傷みやすいので忘れないように準備をしておくことをおすすめします。

生焼けを防ぐ方法

たくさん野菜を持ち込んでバーベキューの網で焼いても中が生焼けで外が真っ黒。それを防ぐために硬い野菜はあらかじめレンジでチンして持って行きましょう。そうすることで中まですぐに火が通って美味しい野菜が食べられます。

お肉だけではないバーベキュー

どうしてもバーベキューと言えばお肉を焼くイメージがあります。しかし、バーベキューはお肉だけではありません。魚介類や麺類などさまざまな料理が楽しめます。アルミホイルがひとつあれば魚のホイル焼きも簡単にできますし、鉄板を持ち込めば焼きそばもできます。何を作ったら良いかわからない場合は、アウトドアメーカーが出しているメニュー本がおすすめです。

バーベキュー用品は家庭でもおすすめ

バーベキュー用品おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バーベキューに行くために購入する用品は家庭でも使えます。例えばダッチオーブンは家庭料理で重宝される万能アイテムです。煮込み時間も短縮し美味しい料理を作ってくれますし、スモーカーも家庭で簡単に薫製料理を作ることができます。

また、ホットサンドメーカーも朝食に使用できます。キャンプだけでなく日常的にも便利に使えるバーベキュー用品はコスパ的にも優れています。

Related