Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロード用に装備されているサドルには、おしゃれさからクッション性に優れているサドルなど種類が豊富です。また、ロード用としておすすめのサドルは各メーカーが多く販売していて、どのサドルがロード用としておすすめかと迷う人たちのために、おすすめのサドルを紹介します。

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロード用バイクとは

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロード用バイクとは、細いタイヤとドロップハンドルが特徴で、前傾姿勢で高速を走る競輪選手が乗っているようなかっこいい自転車のことです。一般的なロード用バイクには、スピードが出せるギヤや登り坂でもスイスイと走れるギヤが装備されています。

また、ロード用バイクのフレームには、安さと軽さが魅力のアルミフレーム、アルミよりもさらに軽いカーボン繊維に樹脂を配合したカーボンフレーム、最近はあまり見かけないスチールフレームなどがあります。

さらにロード用バイクは、気軽にサイクリングロードで走行を楽しむ方法とカラフルなウェアーやヘルメットをかぶり大汗をかきながら必死に走る自転車ロードレースなどに参加するといったスポーツとしての楽しみ方があります。

ロード用サドルの種類と選び方

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロード用バイクは、舗装された道路をもっとも速く走れる自転車です。そんなロード用バイクにおすすめできるロード用サドルの種類とロード用サドルの選び方について説明します。またロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3の紹介とロングライドにおすすめのサドル、痛くないサドルなど特徴・用途別で見たおすすめのロード用サドルも紹介します。

サドルの種類

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロード用サドルの種類を説明する前に、まずは自転車のサドルの種類について簡単に説明します。自転車のサドルには、一般的な自転車に多く使用されている一般的なサドル、一般的な硬いサドルよりも少しふっくらとしていてクッション性があるソフトサドルがあります。

また、サイドのボタンステッチがレトロ調でおしゃれなテリー型サドル、サドルの後の部分が少し高くなっているお尻が疲れにくいヒップアップサドル、砂浜や海岸沿いを走るために作られたビーチサドルで、お尻の乗せる部分の面積が広く安定感があるのが特徴です。

また、自転車のサドルには、電動アシスト付き自転車用として特大サドル・大型サドル・特大テリー型サドル・大型テリー型サドル・特大ヒップアップサドル・大型ヒップアップサドルに分かれます。

ロード用サドルの種類

他項で自転車のサドルの種類について説明しましたが、ここからは、本題であるロード用サドルの種類とロード用サドルの選び方について説明していきます。まずはロード用サドルの種類ですが、形状で見た種類にはサドルの幅の広い(大きい)や狭い(小さい)タイプです。

サドルの幅の広いタイプは、お尻を乗せる部分が広いので安定感あり、また、サドルの幅の狭いタイプは、レース用としておすすめで、高速走行に適しています。次にお尻のホールド感に影響するお尻の部分である座面の反りによりいくつか種類があります。

反りが少ないフラットなサドルは、前傾姿勢が取りやすいといった特徴で、サドル上面が波打ちタイプは、お尻がよくフィットしやすく、からだが硬い人におすすめのサドルです。また、座面でも丸みを帯びているタイプ、丸みを帯びているタイプに分かれます。

特徴的なサドルの種類

また、サドルの種類には、他のサドルと違った独特な特徴を持っているサドルがあります。それが穴あきのサドルです。穴あきのサドルは通気性が抜群で、蒸れにくいといった特徴や股間部分の負担が低減できるおすすめのサドルです。

一方で、お尻をおさえる部分が狭くなり、結果としてお尻が疲れやすくなります。さらに立体的かつ曲線的でおしゃれさのある形状を持つタイプのサドルもあります。

ロード用サドルの選び方

ロード用サドルの選び方は、座り心地性に影響する縦座面の反り・横座面の丸み・穴空き・サドルの幅・パッドの厚み・レールの素材などサドルの形状や素材による選び方がポイントです。縦座面の反りは、サドルのくぼんでいる部分にお尻がフィットしやすいメリットがあります。

横座面の丸みのタイプのサドルのメリットは、お尻の角度が自由に変えられるので、お尻への負担が低減でき長時間のサイクリングでも疲れにくいことです。穴空きタイプのサドルは、お尻の蒸れが防げて、快適なサイクリングが楽しめます。

サドルの幅の広いタイプは、お尻を乗せる面積が広くなり安定度が抜群です。 パッドの厚いタイプのサドルは、クッション性に優れているのでお尻の痛みがでにくいといった特徴を持っています。

レールの素材は

また、レールの素材は、カーボン素材と金属素材(チタンやクロモリ)に分かれます。カーボン素材は価格的には高価になりますが、振動吸収性に優れているのでお尻が痛くなりにくいのでおすすめです。

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロードバイク用のおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。

ランキング3位:セラ サンマルコ サドル

 Sanmarco concor racing
 Sanmarco concor racing

ロードバイク用のおすすめ人気ランキング第3位は「selle sanmarco(セラ サンマルコ) サドル」です。このロードバイク用の商品は、イタリアの老舗サドルメーカーであるSanmarcoのコンコールのレーシングモデルのサドルで、カーブの形状によりお尻のフィット感が抜群で、ロードバイクのトップ選手が愛用する人気の商品です。

ランキング2位:Fizik ARIONE R3

Fizik ARIONE R3
Fizik ARIONE R3

¥ 17,053

口コミ

カッコ良さも抜群性能も抜群な商品だと思います。

ロードバイク用のおすすめ人気ランキング第2位は「Fizik(フィジーク) ARIONE R3 kiumレール for スネーク レギュラー ブラック/ホワイト サドル」です。このロードバイク用の商品は、軽量で、剛性、耐久性・柔軟性に優れているグラスファイバー・サーモプラスチックコンポジットシェルを採用したおすすめできる サドルです。

ランキング1位:KIT CARBONサドル

Selle italia SLR kit carbonio
Selle italia SLR kit carbonio

¥ 31,860

口コミ

フィジークアリオネ00 R1との比較です。全体的な質感はフィジークの方が良いと思います。

ロードバイク用のおすすめ人気ランキング第1位は「SELLA ITALIA(セライタリア) SLR KIT CARBON C/K BLK FLOW サドル 」です。このロードバイク用の商品は、ロードバイク乗りで知らない人は居ないほど最も有名なメーカーセライタリア製のサドルで、118g軽さに加えて、耐久性にも優れているセラミックコーティングを施したおすすめできる商品です。

特徴・用途別おすすめのロード用サドル

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここでは、軽量化やぺダリング効率を重視したレーシング用のサドル、長距離サイクリングを楽しむロングライド用としておすすめのサドル、クッション性抜群のおすすめのサドル、SMP社のおすすめのサドルなど特徴・用途別で見たおすすめのロード用サドルを紹介します。

ロングライド用のおすすめのサドル

ASTVTE(アスチュート) STARLINE-VT ブラック/イエロー サドル
ASTVTE(アスチュート) STARLINE-VT ブラック/イエロー サドル

¥ 21,924

ロングライドにおすすめのサドル「ASTVTE(アスチュート) サドル スターライン VT ピラルガ」は、お尻の体重を受ける中央部をオープンUシェイプという新しい形状にしたことで、通常よりも厚みのあるパッドを入れることが可能になり、長時間のサイクリングでもお尻などが疲れないおすすめできる商品です。

SMP社のおすすめのサドル

selle SMP (セラSMP) FORMA LTD(フォーマ リミテッド) グリーン×ホワイト
selle SMP (セラSMP) FORMA LTD(フォーマ リミテッド) グリーン×ホワイト

SMP社のおすすめのサドル「selle SMP (セラSMP) FORMA LTD(フォーマ リミテッド) グリーン×ホワイト」は、独特な形状のサドルながら、通気性とお尻のホールド性に優れています。また、上体にかかる荷重を分散してくれる人間工学にもとずいたデザインが特徴です。

お尻を前後に動かせるおすすめのサドル

ビーム スプリングコンフォートサドル ブラウン ブラウン
ビーム スプリングコンフォートサドル ブラウン ブラウン

¥ 2,916

口コミ

お尻痛対策として従来のもとと交換しました。ママチャリのものと違いとてもスリムでスポーティであるのにスプリングが効いていてとても気に入っています。

お尻を前後に動かせるおすすめのサドル「ビーム スプリングコンフォートサドル ブラウン ブラウン 」は、スポーツコンフォート用のスプリングにより路面からの衝撃を低減できます。また、スプリング仕様によりお尻を前後に動かしやすい商品です。

お尻が痛くないおすすめのサドル

VELO Plush VL3147 男性向けサドル VL3147
VELO Plush VL3147 男性向けサドル VL3147

¥ 3,240

口コミ

ハイブリッドサスとセットで購入しました。小生身長163cm、サドルを1cmほど前側にセットしています。 お尻の安定が良くなり、痛みもかなり軽減されました。

お尻が痛くないおすすめのサドル「VELO Plush VL3147 男性向けサドル VL3147」は、 サドルのセンターにあるフロントからバックまで伸びた空洞によりお尻による圧迫感を低減してくれるおすすめの商品です。

クッション性抜群のおすすめのサドル

クッション性抜群のおすすめのサドル「Gel Bike Saddle」は、柔らかいゲルパッドを使用したクッション性に優れて効果を発揮するアメリカ発の自転車ブランド「TREK」が提供するおすすめの商品です。

高さ別おすすめのロード用サドル

自転車サドル ロードバイク 穴あき コンフォート 軽量 サイクリングサドル
自転車サドル ロードバイク 穴あき コンフォート 軽量 サイクリングサドル
口コミ

元々のサドルがこれがまた硬いわお尻が痛いわで通勤で40分程乗ってて辛かったけど、このサドルに変えてからめっちゃ楽になりましたヽ('∀`)ノ

サドルが高いおすすめの商品「Vokul ソフトサドル 衝撃吸収 穴開き」は、 スポーツ マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイクなど比較的サドルを高くして乗るタイプの車種に適用できます。ライカ生地・ゲル・スボンジ・シリコンの四層の構造によりお尻の痛みを低減してくれるおすすめの商品です。

サドルの高さ調整

ここでは、基本的なサドルの高さの合わせ方の高さの合わせ方について説明します。サドルの高さの合わせ方は、自転車本体とサドルが地面と平行になるようにしましょう。サドルが地面と平行ではなく、前の部分が上がっている時や、前の部分が下がっている時は、ボルトを緩めて角度が地面と平行になるように調整が必要です。

また、理想的なサドルの高さは、ペダルを踏み込んだ状態の時に膝が少し曲がるように調整することです。

サドルバッグの選び方

サドルバッグの選び方のポイントとしては、ロードバイクは雨の時でも使用することがあるので撥水加工を施した防水仕様のものを選ぶことです。また、簡単な工具類・スマホ・財布などが入る容量とサイズの確認も大事です。

ロード用サドルのおすすめのバッグ

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここでは、大容量のサドルバッグ・防水性能が抜群なサドルバッグ・コンパクトサイズのサドルバッグ・おしゃれなサドルバッグなどロード用サドルのおすすめのバッグを紹介します。

大容量のおすすめのサドルバッグ

R250 防水サドルバッグ ラージ グレー
R250 防水サドルバッグ ラージ グレー

¥ 10,800

口コミ

購入してから数回使用。雨天・濡れた路面ともに相当走りましたが浸水は無しでした。

大容量のおすすめのサドルバッグ「R250 防水サドルバッグ ラージ グレー 」は、サイクルパーツブランド「R250」の防水性に優れた効果か発揮する5~9Lの容量があるラージサイズのサドルバッグです。

コンパクトサイズのおすすめのサドルバッグ

ドイター(DEUTER) バイクバッグ ボトル サドルバッグ
ドイター(DEUTER) バイクバッグ ボトル サドルバッグ

コンパクトサイズのおすすめのサドルバッグ「ドイター(DEUTER) バイクバッグ ボトル サドルバッグ」は、滑らかな肌ざわりが特徴のドイター(DEUTER) バイクバッグ ボトル サドルバッグです。防水加工も施されているので雨でも安心して使えるおすすめの商品です。

防水性能が抜群なおすすめのサドルバッグ

オルトリーブ(ORTLIEB) シートパック スレート
オルトリーブ(ORTLIEB) シートパック スレート
口コミ

強風でも安定。 あとは耐久性。これは使い込まなければわかりません。

防水性能が抜群なおすすめのサドルバッグ「ORTLIEB(オルトリーブ) シートパック F9901 スレート F9901 スレート ORTLIEB SEAT-PACK」は、糸や針を使わずに生地を溶着させる技術の防水ファブリックを採用した完全防水を実現したことに加えて、耐久性の高いおすすめの商品です。

おしゃれなおすすめのサドルバッグ

grunge(グランジ) ドラムサドルバッグ(保温素材付)
grunge(グランジ) ドラムサドルバッグ(保温素材付)

¥ 3,024

おしゃれなおすすめのサドルバッグ「grunge(グランジ) ドラムサドルバッグ(保温素材付)」は、ドラム型をしたおしゃれさと保温性能を兼ね備えたグランジ(grunge) ドラムサドルバッグです。容量4.5Lを持っていて、ロードバイクだけでなく、しなやかな乗り心地のクロモリフレームのおしゃれ系のバイクにおすすめの商品です。

ロード用サドルのおすすめのカバー

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここでは、お尻の痛みの緩和や疲れにくくするロード用サドルのおすすめのカバーについて紹介します。

ジェル内蔵のおすすめカバー

自転車サドルカバー サドルクッション ジェル内蔵
自転車サドルカバー サドルクッション ジェル内蔵
口コミ

たまに長距離等スポーティに乗りたい、くらいだし、会陰部へのダメージ、EDや痔への懸念もあるようなのでこちらの商品を購入したが、非常に快適、正解であった。

ジェル内蔵のおすすめカバー「自転車サドルカバー サドルクッション」は、衝撃を吸収するジェル内蔵しているので長時間ロードバイクを乗ってもお尻などが疲れにくいおすすめの商品です。

低反発の疲れにくいおすすめカバー

OSTWING 自転車 ロードバイク サドルカバー
OSTWING 自転車 ロードバイク サドルカバー
口コミ

届いてから装着して200キロほど走りました。 あまりにも安いので、安かろう悪かろうと思っていましたが、想像以上にまともな商品で驚きました。

低反発の疲れにくいおすすめカバー「OSTWING 自転車 ロードバイク サドルカバー」は、低反発クッション素材を使用した、お尻の痛みを軽減してくれるおすすめの商品です。比較的硬いサドルが装備されているロードバイクやマウンテンバイクにおすすめのカバーです。

また、サドルにかぶせるだけで簡単の装着ができ、しかも、カバーがずれにく滑り止め加工が施されている商品です。

おすすめのロード用サドルのメーカー3つと代表製品

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめのロード用サドルのTIOGA(タイオガ)・ファブリック・BONTRAGER(ボントレガー)のメーカー3つと代表製品を紹介します。

TIOGA(タイオガ)

TIOGA(タイオガ)は、フルカーボンライザーバー・BMXレース用のタイヤ・頑丈な鋳造アルミ合金製の滑らかな回転が特徴のペタル・アルミ合金製の多目的アタッチメント・収納できる自転車カバー・ヘルメットなど多彩な製品をリリースしている自転車総合パーツブランです。

サドルでは、高強度グラスファイバーとナイロン素材を使った二重構造のスパイダーシリーズのサドルが人気です。また、シリコンゲルパットとフォーミング材をサドル内部に入れた快適性とフィット感抜群のサドルなど多くの製品を開発しています。

TIOGA(タイオガ)のおすすめサドル

アンダーカバー ストレイタム
アンダーカバー ストレイタム

¥ 14,040

TIOGA(タイオガ)のおすすめサドル「タイオガ アンダーカバー ストレイタム サドル ブラック(SDL28100) 」は、お尻の体重を支える部分の厚みは薄くし、衝撃を分散させたい部分を厚くしたフォーム材パッドを採用したおすすめのサドルです。

また、この商品には、圧迫感が少ないウェーブメッシュ、路面からの衝撃を吸収してくれるルームマウトを採用しているおすすめできる商品です。

ファブリック

ファブリックは、軽量でスタイリッシュなデザインの快適性に富んだ最先端のサイクリングサドルを展開するイギリスで誕生した自転車パーツとアクセサリーのブランドです。ファブリックは、スタイリッシュなデザインのScoop(スクープ)、お尻が疲れにくいLINE(ライン)、空気を充填して密封している構造のCell(セル)などの独創的なサドルを提供しています。

ファブリックのおすすめサドル

ファブリック(FABRIC) LINE Shallow Elite サドル 134mm BKW
ファブリック(FABRIC) LINE Shallow Elite サドル 134mm BKW

¥ 9,180

ファブリックのおすすめサドル「ファブリック(FABRIC) LINE Shallow Elite サドル 134mm BKW(ブラックホワイト)」は、お尻のしびれなどが起きにくいサドルで、真ん中にラインがあってその部分が溝になっているタイプのおすすめのサドルです。

また、この商品はブラックにホワイトのライン、ブラックにレッドのラインなど5色から選択することができなどおしゃれさと快適さを備えているおすすめできる商品です。

BONTRAGER(ボントレガー)

BONTRAGER(ボントレガー)は、革新的なデザインと最軽量かつ最もスマートなマウテバイクをはじめ、気軽なサイクリング用からより速く走る自転車レース用など幅広いロードバイクなどを提供しているトレック傘下の自転車用のパーツやタイヤ・サドル・ヘルメットなどのアクセサリーを手掛けるブランドです。

そんなボントレガーのサドルの特徴は、人の骨格と座骨を意識した快適性を得るサドルの幅にこだわりを持っています。

BONTRAGERのおすすめサドル

BONTRAGER(ボントレガー) AFFINITY COMP(アフィニティコンプ) サドル
BONTRAGER(ボントレガー) AFFINITY COMP(アフィニティコンプ) サドル

BONTRAGERのおすすめサドル「BONTRAGER(ボントレガー) AFFINITY COMP(アフィニティコンプ) サドル 」は、サスペンデッドカーボンレールの装備した路面から受ける衝撃を緩和し、快適性に優れたおすすめできる商品です。

また、この商品は、ロードバイクでの乗車姿勢 とマウンテンバイクでの乗車姿勢の両方に使用できるように設計されたおすすめのサドルです。

ロード用サドルの使い方・活用方法

ロード用サドルの使い方には、単にお尻を乗せるだけではなく、サドルにバッグやスマートフォンのホルダーなどをつけることで収納スペースとしての使い方ができます。また、サドルは自転車を飾る時などのフックとしての使い方もできます。

ロード用サドルの調節方法

サドルの調節方法には、腰の高さに合わせること、ペダルを踏み込んだ時に膝が少し曲がることなどのサドルの高さ調節、自転車を乗るときの姿勢に影響するサドル角度の調節、調整することでリラックスできる姿勢になりお尻などの疲れやすさが低減できるサドル位置の調節などがあります。

楽しくロードバイクに乗りましょう!

ロード用サドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

競輪選手が使うような形状をしたロードバイク用のサドルには、形・大きさ・硬い・柔らかい・おしゃれ・穴あきなど多く種類があってまた、イタリアのサドルの老舗をはじめ、さまざまメーカーがロードバイク用としておすすめできる商品を提供していることが理解できたのではないでしょうか。

また、ロードバイク用のサドルの選び方も説明してきましたが、理解できたでしょうか。さらにメーカーがおすすめするロードバイク用のサドル、ロングライドにおすすめのサドル、長時間ロードバイクに乗っていてもお尻などが痛くなりにくいタイプのサドルなども紹介しました。

今回説明したサドルの種類とサドルの選び方を参考にして、自分にあった、また用途にあったサドルに交換して楽しくロードバイクに乗りませんか。

Related