Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

ヘッドライトコーティングおすすめ人気ランキングTOP3

ヘッドライトの黄ばみや白ボケが気になる方におすすめの記事です。各メーカーやブランドのおすすめのヘッドライトコーティング剤をランキング形式やメーカー、特徴や用途別に紹介します。ヘッドライトコーティング剤の購入に悩んだら、この記事を参考にしてみて下さい。

ヘッドライトコーティングおすすめ人気ランキングTOP3

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ヘッドライトコーティングの種類と選び方

街中でヘッドライトが黄色くなっている車を、目にすることがあります。現在の車両の多くは、ヘッドライトの表面部分にポリカーボネートを使用していることが多く、耐衝撃性が強い半面、デメリットとして紫外線に弱く焼けるとヘッドライトが黄ばんでしまいます。

手っ取り早くヘッドライトを、日焼けによる黄ばみ防止や天候、キズなどから守るためには、ヘッドライトコーティングがおすすめです。ヘッドライトコーティングは、ヘッドライトの表面にコーティング剤を塗ることで、膜を作りヘッドライトを守ることができます。

ここでは、おすすめのヘッドライトコーティングの種類や選び方をご紹介しましょう。

ヘッドライトコーティングの種類

ヘッドライトコーティングは、すぐに流れ落ちない物、天候に左右されずに耐久性がある物、コーティングする原料の違い、ペーストタイプか液状タイプかなどタイプ別の違いなど、種類もタイプもたくさんあります。

また、工程に時間が掛かりそうなプロ仕様の商品や、素人が短時間でサッと簡単にできるヘッドライトコーティングなど、選び始めたらキリがないほど種類が豊富に販売されています。

ヘッドライトコーティングの選び方

数多くある種類の中からヘッドライトコーティングを選ぶ方法として、まず考えることは、1回の処理時間を時間を掛けて行うのか、短時間でサッと終わらせたいのかです。1回の施工時間を丁寧にやりたいなら、プロ仕様のヘッドライトコーティングを選びましょう。逆に短時間で仕上げたいなら安価の簡単タイプを選びましょう。

次に、ヘッドライトコーティングのセット内容も重要です。黄ばみを落とすためのコンパウンドや、目の細かいやすりやコーティング剤や添付する道具などすべてがセットになっている物が欲しいのか、コーティング剤だけあれば良いのかなど、自分の車のヘッドライトの黄ばみに合った選び方で選んでみましょう。

ヘッドライトコーティング人気ランキングTOP3

ここでは、多くの方が使っている人気のおすすめヘッドライトコーティングを、ランキング形式でご紹介します。どんなヘッドライトコーティングが、人気があるのか楽しみです。このランキングを参考に、自分の車に合ったヘッドライトコーティングを選んでみましょう。

第3位「CCI スマートシャイン w-182」

CCI スマートシャイン w-182
CCI スマートシャイン w-182
口コミ

半信半疑でしたが、使ってみたら想像以上の効果がありました。新車同様というわけではありませんが、ライトの黄ばみはまったくきにならないレベルまでになります。

世界的に販売展開し、カーケミカル用品専門販売のCCIが販売するスマートシャインは、さっと拭き取るだけで、ヘッドライトの気になる黄ばみが無くなると評判の商品です。

特殊研磨剤により、黄色くなった頑固なヘッドライトの汚れを取り除くと同時に、透明感のあるヘッドライトが持続するUV吸収剤を、配合したガラス系ポリマーのコーティング効果でヘッドライトのクリアが長持ちします。

1度の施工で除去とコーティングができてしまう簡単商品ですが、使用した人の感想は良い評価が多く、施工後は新車のようなクリア感が戻ったと評判です。簡単に黄ばみ除去ができるおすすめの商品です。

第2位「ワコーズ HC-K V340」

ワコーズ HC-K  V340
ワコーズ HC-K V340
口コミ

耐久性重視で2度塗り実施。 使用料はほんの少量なので、年に4回塗付しても4年分くらいはありそうでコスパも非常に良いと思います。

自動車用オイル製品の販売で有名な、和光のヘッドライトコーティングセットです。和光はワコーズブランドとして、自動車のケミカル用品の開発販売も手掛けており、国内ディーラーなどでも使用されるプロ仕様も手掛けているほどです。

ワコーズのHC-K V340は、黄ばんだヘッドライトをプロ仕様の道具や薬品でクリアにするための道具が全てセットになっています。ベース処理剤、コート剤、研磨専用パット、塗用専用スポンジ、施工手順書がセットされ、手順書どおりに施工すればプロ級の研磨とコーティングができてしまうおすすめのセットです。

第1位「SOFT99 LIGHT ONE」

SOFT99 LIGHT ONE
SOFT99 LIGHT ONE

¥ 1,279

口コミ

あきらめていましたが驚くほどきれいになりました。2液タイプ。1液で磨き2液でコーティング。非常に簡単です。みるみる落ちる汚れに夢中になりました。こんなに汚れが落ちるとは。

自動車用や家庭用ケミカル用品の販売を行うソフト99のライトワンは、大手カー用品店のオートバックスでも販売され人気の商品となっています。価格も手ごろであり、黄ばみ除去とクリアコーティングの2種類薬剤が入った本格的コーティングです。

専用スポンジや専用クロスが入っているので、ライトワン1つでヘッドライトがクリアコーティングできてしまうおすすめ商品です。約6ヵ月もクリアが持続するコーティング性能は、おすすめ理由の1つとして挙げられます。

安価で手軽に本格的な施工ができるソフト99のヘッドライトコーティングは、ランキング第1位のおすすめ商品です。

特徴・用途別おすすめのヘッドライトコーティング

ヘッドライトコーティングには、ある特徴に特化した性能の商品や、使用する車の環境やユーザーの目的などから選ぶ方法もあります。

ヘッドライトコーティングの特注やユーザーの用途別に、おすすめのヘッドライトコーティングを調べてみましょう。

黄ばみにおすすめ

とにかくヘッドライトの黄ばみを落としてすっきりコーディングしたい方は、少なくありません。ヘッドライトの黄ばみは、放っておくと日に日に黄ばみが濃くなってライトのアクリルが、ぼやけてきてしまいます。

そうなる前に、黄ばみを除去することが大切です。黄ばみを除去しただけでは、またすぐにヘッドライトがUV焼けして黄ばんでしまいます。除去したら必ずコーテイングして日焼けによる黄ばみを防ぐ必要があります。

黄ばみをすっきり落としたい人におすすめのヘッドライトコーティング剤は、黄ばみ落としに特化したクリーナーなどがセットになった商品です。

リピカヘッドライトクリアセット HD006

リピカ HD006
リピカ HD006

¥ 4,968

口コミ

ヘッドライトクリアを塗ると直ぐにオレンジ色に黄ばみが浮いているようだ。汚れをふき取ると黄ばみは落ちたが以前よりレンズが曇ってしまったように思えたが、コート剤を塗ったら曇りがとれた

リピカのヘッドライトクリアセットHD006は、とにかく黄ばんだヘッドライトをクリアにしたい人におすすめです。

ヘッドライト復活剤で、黄ばんだヘッドライトに塗っていくと化学反応でヘッドライトの黄ばみが薬剤に混ざり茶色い液体に変化します。茶色くなったら拭き取り合図です。乾いたクロスで完全に薬剤を拭き取ったら、クリアなヘッドライトに蘇っています。

このままでは、またすぐに紫外線で黄ばんでしまうので、同包されているクリアコートをしっかり塗りこんで紫外線対策することで、効果は約1年間持続します。持続期間が長いことも、特におすすめ理由の1つです。

雪におすすめ

ヘッドライトコーティングには、黄ばみや汚れを目的とするだけでなく、雪対策のためにコーティングする場合もあります。雪国ばかりの問題でなく、都心なども大雪が降るようになってきた近頃では、こういった雪対策も施しておく必要がありそうです。

雪対策用のヘッドライトコーディングは、雪による凍結を防ぎ、雪や氷を落としやすいという効果があります。大雪になる前にやっておきたいおすすめコーテイングです。

ガラスコーティング剤

AQUADROP HARD GLASS COAT ガラスコーティング剤
AQUADROP HARD GLASS COAT ガラスコーティング剤
口コミ

バフで磨いてから施工しました。ペーパーウエスに付けて簡単に施工できました。2ヶ月経ちましたが、まだしっかりコーティングされています。 多分、また購入すると思います。

ヘッドライトコーティング剤の中でも、撥水効果が抜群のAQUADROP HARD GLASS CAOAです。ホイールや樹脂製モール、バンパーなどにも使用できるコーティング剤になり、撥水効果の持続期間は長いと評判で、また成分濃度が極めて高いため乾きやすいので施工方法は、特に注意が必要です。

ヘッドライトにコーティングすれば、撥水作用が働いて雨や雪にも強く、掃除もしやすい雪や雨対策におすすめの商品です。

ウレタン塗装でおすすめ

ヘッドライトコーティングには、ウレタン塗料によるコーティング方法もあります。ただし、この方法は素人には難題で、紙やすりで何回かに分けて徐々に、ヘッドライトの黄ばんだ層を落とし、目の細かいコンパウンドで整えた後に行う必要があるので、時間と労力を大いに使います。

黄ばみの除去処理を完璧に行ってからでないと、ウレタンで塗装しても綺麗に仕上がらない場合もあります。また、ヘッドライトは、ポリカーボネートで作られているためウレタン塗料でないとひびが入ってしまったり、塗料が強くてヘッドライトの表面が溶けて白ボケしてしまう事もあります。

下処理が終わったら、ウレタン塗料のクリアでまんべんなくスプレー塗装するのですが、1度で塗らずに何度か重ねて塗ることが肝心です。施工後の持続期間は、コーティングでは最長で平均約3年~5年程度といわれています。

アサヒペン 弱溶剤2液ウレタンスプレークリヤ

アサヒペン ウレタンスプレー クリヤ
アサヒペン ウレタンスプレー クリヤ
口コミ

ヘッドライトのクリア塗装に使いました。 こちらの弱溶剤なら砂吹きしなくてもヒビ割れしませんでした。

塗料剤大手のアサヒペンのウレタンスプレーは、2液型弱溶剤なのでヘッドライトのポリカーボネートにも安心して使用できるウレタン塗料です。ただし、塗料なので塗り過ぎの場合は、液垂れしてしまったり、1度でなく薄く何度かスプレーを繰り返すことで、クリアなヘッドライトになります。

アサヒペンウレタンスプレーは、電気器具、機械器具、自転車やオートバイの鉄製品や非鉄製品、プラスチックなど、色々なものに使用できるので利用しやすい便利でおすすめな塗料です。

3Mでおすすめ

3M ヘッドライトコーティング 38060
3M ヘッドライトコーティング 38060
口コミ

乾きが早く使いやすい、綺麗に仕上がるし塗り込のスポンジも数多く付属している、液溶剤も多めに有るので数多く出来る。 耐久性は初めてなので解りません、経過監査していきます。

自動車関連商品や家庭生活用品で多く使用される世界中で愛好者の多い、大手メーカー3M社でもヘッドライトコーティングが販売されています。ヘッドライトの樹脂を修復するために開発されたヘッドライトコーティング器具には、研磨剤やスポンジ、パフやコーティング剤などプロ仕様のセットが販売されています。

大手3M社の製品は、独自に開発されたヘッドライトを修復専用の商品で、信頼性のある世界的に人気のあるおすすめの商品です。

スプレーでおすすめ

簡単にヘッドライトコーティングしたいなら、断然おすすめなのがスプレータイプのコーティング剤になります。手軽に仕様でき、雨や汚れからコーティングできるスプレータイプは、日常のメンテナンス時に毎度行うことでコーティング効果が持続できておすすめです。

スプレーコーティングするには、黄ばみ除去などの下処理が終わっている段階で施工することが肝心です。黄ばみや汚れが付いたままでスプレーしても、汚れそのものをコーティングしてしまい効果がありません。下処理を完全に行った後に行いましょう。

AZ CCT-001 アクアシャインクリア

AZ CCT-001アクアシャインクリア
AZ CCT-001アクアシャインクリア
口コミ

近くで見るとツヤツヤとして美しいのですが、少し離れた所から車体を見るとツヤ感というか、一枚のシールド膜で覆われたような光沢があり、個人的にはかなり好みのコーティングだと思いました。

AZのアクアシャインクリアは、良く耳にするガラス系といわれるおすすめのコーディングスプレーです。ガラス系とは、スプレー後拭いとるだけでガラス層をヘッドライトの表面に作り、傷や汚れからヘッドライトを守る効果があります。使用するごとにガラス層が厚くなり、コーティング効果が持続します。

スプレータイプのAZシャインクリアは、ボディやホイール、ウインドウやダッシュボードなどにも使用できるので、洗車の後にヘッドライトやボディにスプレーすれば、コーティング効果が持続することができます。濡れたボディにも使用できるのでお手軽でおすすめなスプレーコーティン剤です。

おすすめコーティングメーカー3つと代表商品

多くの種類が販売されるヘッドライトコーティングですが、メーカーやブランドによって独自の開発がなされ、使用している薬品や独自のセールスポイントに違いがあります。ここでは、おすすめのヘッドライトコーティングメーカーやブランド3つと、各メーカーやブランドの代表おすすめヘッドライトコーティング商品をご紹介しましょう。

シュアラスター「ゼロリバイブ」

シュアラスター ゼロリバイブ
シュアラスター ゼロリバイブ
口コミ

ヘットライトの黄ばみが思った以上によく取れて満足です。コーティングもされるので磨いた後も奇麗です。

シュアラスターは、カーワックスで有名なカー洗車用品を多く販売するおすすめのメーカーです。大型DIYショップなどでも販売されるほど、身近に購入できることや、ヘッドライト用だけでなく、ボディ用なども販売されているので、利用する人も多く人気のおすすめメーカーです。

シュアラスターから販売されているヘッドライト専用クリーナーは、トリプルコーティング効果もあり反射、放出、九州の3つのUVカット効果が、1つのクリーナーで施工できます。女性にも扱いやすく、あまり力を入れる必要もなく施工できるので、おすすめなヘッドライトコーティングになります。

カーメイト「クリア復活剤C6」

カーメイト クリア復活剤 C6
カーメイト クリア復活剤 C6

¥ 1,027

口コミ

充分満足のいく仕上がりでした。コストが安いだけに尚更気分が良いです。 少々黄ばんだくらいなら、見事に綺麗になります

カーメイトは東京に本社がある大手カー用品メーカーです。車のケミカル品や内装装飾品なども販売し、大型スーパーなどでも購入できる身近なおすすめカー用品メーカーです。

カーメイトからは、多くのヘッドライト専用クリーナーやコーティングなどが販売されていますが、このC6は、頑固なヘッドライトの黄ばみや白ボケに効果があるおすすめクリーナーで、使用することで頑固な汚れを取りながら、クリアな効果を持続させるコーティングの役割が1つになっています。

1度の施工で洗浄とコーティングが可能なので、時間もかからず簡単に施工ができるおすすめの商品です。

プロスタッフ「ガチコート」

プロスタッフ ヘッドライトガチコート
プロスタッフ ヘッドライトガチコート

¥ 1,270

口コミ

一生懸命こする事20~30分。かなり手間がかかりましたが、曇っていたヘッドライトカバーは復活して透明になりました

プロスタッフは、カーアクセサリーや洗車用品など多くの種類のカー用品のメーカーになります。大正4年に創業とそのキャリアは長く老舗ブランドといっても良いでしょう。

プロスタッフのガチコートは、下地クリーナー、コーティング剤、クロスやマイクロファイバークロス、手袋などヘッドライト処理に欠かせないグッズが、全てセットされているので、これ1つで完璧にヘッドライトをクリアにしコーティングすることができます。

持続は約1年間あり、1度施工すれば長期間メンテナンス要らずで手間いらずのおすすめヘッドライトコーティング剤です。

ヘッドライトコーティングの使い方・活用方法

ヘッドライトコーティングの使用方法は、どのメーカーも大体同じ工程になります。まず、ヘッドライトの黄ばみや汚れの除去作業をし、その後脱脂処理できれいになったヘッドライトを、コーティングスプレーやコート剤を塗って乾かす作業となります。

中には、24時間乾かさなくてはいけないコーティング剤などもあるので、屋外駐車場などの場合は、乾かしている最中に埃や虫、雨が降らないように注意しなくてはならないものもあります。

コーティング剤には、ヘッドライトだけでなくボディやウインドウなどにも併用して使用できるものもあります。ヘッドライトをコーティングする際には、合わせてボディのコーティングもしてしまうと、車全体がコーティングされて雨や紫外線からも保護できるのでおすすめです。

梅雨や真夏前のヘッドライトコーティングがおすすめ

雨が降ったり止んだりの梅雨や、暑いぎらぎらした日差しの真夏は、ヘッドライトのコーティングが壊れる季節でもあります。コーティングが壊れると、梅雨の雨水と乾燥の繰り返しで起こる白ボケや、真夏の日差しで起こる日焼けが原因で黄ばんでしまいます。

梅雨や真夏前にヘッドライトコーティングして、白ボケや黄ばみにならないようにすることがおすすめです。白ボケや黄ばみが進んだままでは、車検に通らない場合もあります。いつもクリアに保つことは、ライト本来の明るさを維持することや安全運転にもつながりおすすめです。

黄ばんだり白ボケしたヘッドライトの車って、古い車のように見えてカッコイイものではありません。いつもクリアでキラキラしたヘッドライトを維持することがおすすめです。

Related