Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月20日

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

近年リーシュコードは、軽くて丈夫な製品が増えてきました。その中から、おすすめの製品をランキングTOP3や用途別にご紹介していきます。ご自身の使用目的やボードの長さなどに合うリーシュコードを選ぶための参考にしてみてください。

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

おすすめのリーシュコードの種類と選び方

マリンスポーツの中でもボードを取り扱うスポーツは、リーシュコードを付けて行います。今回は、リーシュコードの種類や選び方をはじめ、人気おすすめランキングTOP3や用途ごとにおすすめのリーシュコードをご紹介していきます、安全にサーフボードやボディーボードを行うための参考にしましょう。

おすすめのリーシュコードの種類

まずはじめに、リーシュコードには「サーフボード」や「ボディーボード」、「スノーボード」や「スキー」などの4種類があります。それぞれスポーツごとに種類や使い方、リーシュコードの特徴が違うため、ご自身が行うスポーツに合うリーシュコードを選ぶための参考にしてみましょう。それでは、まずはじめに「サーフボード用」のリーシュコードから見ていきましょう。

サーフボード用

「サーフボード用」のリーシュコードは、サーフボードの後部とご自身の後ろ足をつなぐコードで、サーフボードの長さによって6ftから9ftまでのリーシュコードを選択します。そして、間違った長さのリーシュコードを選ぶと安全性も変わったしまいますので、サーフボードの長さに合ったコードを選びましょう。

ボディーボード用

「ボディーボード用」のリーシュコードは、サーフボードと違ってボードに身体を付けた状態のため、リーシュコードはご自身の足ではなく、手首に装着します。そして、「ボディーボード用」のリーシュコードは、板にはじめから付いているものと穴を開けて装着するものがありますので、最適なリーシュコードを選びましょう。

スノーボード用

「スノーボード用」のリーシュコードは、レギュラースタンスとグーフィースタンスで変わり、基本的に滑走している前足側のバインディングに装着します。スキー場では、安全対策からリーシュコードが付いていないと、リフトに乗ることができないこともありますので必ず付けましょう。

スキー用

「スキー用」のリーシュコードは、スノーボードと違って板が2枚あるため両足のバインディングに取付けます。スキーの板は外れやすいので、滑走する際には必ずリーシュコードを装着して滑りましょう。

おすすめのリーシュコードの選び方

ここでは、リーシュコードの種類を踏まえた上で、おすすめのリーシュコードの選び方をご紹介していきます。リーシュコードには、「コードの長さ」や「コードの太さ」や「メーカー」と3種類の選び方がありますのでぜひ参考にしてみましょう。それでは、選び方①「リーシュコードの長さ」から見ていきましょう。

選び方①「リーシュコードの長さ」

リーシュコードのおすすめの選び方の1つ目は、「リーシュコードの長さ」です。基本的な長さの設定は、サーフボードの長さに合わせていきます。そして、リーシュコードは6ftから9ftまで売り出されているため、短すぎるよりは少し長いものを選んでいきましょう。

選び方②「リーシュコードの太さ」

リーシュコードのおすすめの選び方の2つ目は、「リーシュコードの太さ」です。リーシュコードの太さによって水の抵抗が変わるため、細い方が抵抗が少なくスピードを出すことができます。サーフボードの経験が少ない人は安全な太いリーシュコードを選んで使いましょう。

選び方③「メーカー」

リーシュコードのおすすめの選び方の3つ目は、「メーカー」です。この選び方は、サーフィンをはじめたばかりの人は、みんなが知っている有名メーカーを選んだり、中級者や上級者は足首にしっかりフィットするメーカーを選んだり、ご自身の好きなメーカーを選んだりと人によってさまざまです。

気に入った「メーカー」のリーシュコードを見つけるためにも、これからご紹介していく製品の特徴を参考にしてみてください。

リーシュコードのおすすめ人気ランキングTOP3

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここでは、現在売られているリーシュコードの人気おすすめランキングTOP3をご紹介していきます。多くに人に知られている人気のあるリーシュコードをランキングTOP3の製品の特徴を踏まえた上で、ご自身に合ったリーシュコードを見つけるための参考にしましょう。それでは、ランキング3位の「フリーク」のリーシュコードから見ていきましょう。

ランキング3位:「フリーク」

FREAK フリーク ショートボード用 レギュラー 6フィート スタンダード (太いコード) 店員もおすすめ品 サーフィン
FREAK フリーク ショートボード用 レギュラー 6フィート スタンダード (太いコード) 店員もおすすめ品 サーフィン

おすすめランキング3位のリーシュコードは、フリークの「6 REGULER」です。この製品の特徴は、いままでの製品よりも撥水力に優れていて、軽量素材で作られています。そのため、装着感がよくコードが絡んだりズレたりするのを防いでくれます。

また、フリークの「6 REGULER」は太いコードを使っているため初心者の人にもおすすめの製品になっていますので試しに使ってみましょう。次は、おすすめランキング2位の「ダカイン」のリーシュコードを見ていきましょう。

ランキング2位:「ダカイン」

サーフィン リーシュコード DAKINE ダカイン KAINUI TEAM 6ft AH237-852 EE D10
サーフィン リーシュコード DAKINE ダカイン KAINUI TEAM 6ft AH237-852 EE D10

おすすめランキング2位のリーシュコードは、ダカインの「KAINUI TEAM」です。この製品の特徴は、ショートボード用に設計された製品です。そして、海水に耐性を持つステンレスを使いより簡単な脱着が可能です。

また、前回モデルとデザインが変わったことにより、自然な動きが可能になってますので使ってみましょう。最後は、おすすめランキング1位の「コミュニティー」のリーシュコードを見ていきましょう。

ランキング1位:「コミュニティー」

送料無料 KOMUNITY リーシュコード ケリースレーター リーシュ ネイキッド Naked leash Elliptical KOMUNITY PROJECT サーフボード KELLY SLATER ドロップコード コミュニティープロジェクト
送料無料 KOMUNITY リーシュコード ケリースレーター リーシュ ネイキッド Naked leash Elliptical KOMUNITY PROJECT サーフボード KELLY SLATER ドロップコード コミュニティープロジェクト

おすすめランキング1位のリーシュコードは、コミュニティーの「Naked leash Elliptical」です。この製品の特徴は、最新技術と高級素材を使って世界最速のリーシュコードを作り出しました。そして、多くの人が使い水の抵抗の少なさを実感してスピードを感じています。

世界最速のリーシュコードを試してみたい人は、おすすめランキング1位のコミュニティーの「Naked leash Elliptical」を選んで使ってみましょう。

用途別おすすめのリーシュコード

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

人気おすすめランキングTOP3は参考になりましたでしょうか。ここでは、ランキングとは別の使う用途に応じたおすすめのリーシュコードをご紹介していきます。ご自身の目的に合ったリーシュコードを見つけるための参考にしましょう。それでは、「スノーボード」におすすめのリーシュコードから見ていきましょう。

「スノーボード」におすすめのリーシュコード

【BURTON】バートン【Tether Lock】Black 【ケーブルロック】鍵【SNOWBOARD】スノーボード【キーロック】盗難防止【正規品】ネコポス対応可
【BURTON】バートン【Tether Lock】Black 【ケーブルロック】鍵【SNOWBOARD】スノーボード【キーロック】盗難防止【正規品】ネコポス対応可

¥ 1,620

口コミ

ダイヤルキー付きでこの価格 しっかりしていて見た目もグッド

「スノーボード」におすすめのリーシュコードは、Burtonの「Teter Lock」です。この製品の特徴は、スチール製の伸縮コイルを使用しているのでバインディングと足首をしっかりとロックしてくれます。

そして、3桁のダイヤルロック機能がついているので、リフト券の購入時や食事休憩やトイレなどでボードから離れるときでも安心して離れることができます。スノーボードにおすすめのリーシュコードを探している人はBurtonの「Teter Lock」を使ってみましょう。

「サーフィン」におすすめのリーシュコード

FREAK(フリーク) LEASH COMP 6'0" ブラック
FREAK(フリーク) LEASH COMP 6'0" ブラック

「サーフィン」におすすめのリーシュコードは、フリークの「LEASH COMP」です。この製品の特徴は、超撥水性能が付いた軽量設計のリーシュコードです。そして足首の装着のズレを防ぎ圧迫感のないフィット感を実現しました。

また、360°可動するリーシュコードは、ライディング中の絡み付きを防いでくれるので、「サーフィン」におすすめの製品です。

「サーフボード」におすすめのリーシュコード

FCS(エフシーエス) FREEDOM LEASH フリーダムリーシュ 6ft
FCS(エフシーエス) FREEDOM LEASH フリーダムリーシュ 6ft

¥ 5,184

「サーフボード」におすすめのリーシュコードは、FCSの「FREEDOM LEASH」です。この製品の特徴は、伸縮性に優れていて縮んだ際に絡みづらく、軽くて頑丈に作られたことにより自由な感覚でサーフィンを楽しむことができます。

そして、軽くなった分ズレが起こらずに足首にフィットします。足への負担が最小限になったFCSの「FREEDOM LEASH」のリーシュコードは「サーフボード」におすすめです。

「ロングボード」におすすめのリーシュコード

DA KINEロングボードアンクルリーシュコード足首9'(274cm)LONGBOARD ANKLE 9'*1/4"LEASHCORD ANKLE"
DA KINEロングボードアンクルリーシュコード足首9'(274cm)LONGBOARD ANKLE 9'*1/4"LEASHCORD ANKLE"

「ロングボード」におすすめのリーシュコードは、ダカインの「ANKLE 9 1/4」です。この製品の特徴は、高品質のウレタンを使った耐久力のある強いリーシュコードです。そして、「ロングボード」でもしっかりと足首をロックしてくれ、とても安全性が高い作りになっています。

また、ダカインの「ANKLE 9 1/4」のリーシュコードは、取り外しも簡単になっていますので「ロングボード」におすすめです。

「スキー」におすすめのリーシュコード

モンベル スキーリーシュ (ブラック) (montbell)
モンベル スキーリーシュ (ブラック) (montbell)

¥ 2,880

口コミ

行く前には板に取り付け装着テストをしてみましたが、とても簡単にセットできて安して使うことが出来ると感じていました。

「スキー」におすすめのリーシュコードは、モンベルの「スキーリーシュ」です。この製品は、スキーの際に手袋を付けたままでも簡単に装着可能なリーシュコードで、サイズも調整することができるため小さめのブーツにも付けることができます。

耐久性もあるモンベルの「スキーリーシュ」は、スキーヤーにおすすめの製品になっていますので、ぜひ試しに使ってみましょう。最後は、「SUP用」におすすめのリーシュコードを見ていきましょう。

「SUP用」におすすめのリーシュコード

GLASSY グラッシー スタンドアップパドルボード リーシュコード コイルリーシュ 10'
GLASSY グラッシー スタンドアップパドルボード リーシュコード コイルリーシュ 10'
口コミ

前年購入したAir SUP様に使用。 少々重量を感じるが、まずまず満足。

「SUP用」におすすめのリーシュコードは、GLASSYの「コイルリーシュ」です。この製品の特徴は、内側に鍵や小銭が入る便利なポケットが付いています。そして、マジックテープで脱着が簡単なうえ、コードは絡みづらい設計になっていますので、「SUP用」のリーシュコードを探している人は、GLASSYの「コイルリーシュ」を使ってみましょう。

長さ別おすすめのリーシュコード

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ここでは、用途別におすすめのリーシュコードとは違い、長さ別におすすめのリーシュコードをご紹介していきます。ご自身が今持っているボードのサイズや、これから購入するボードに合うリーシュコードを選ぶための参考にしていきましょう。それでは、「6ft」におすすめのリーシュコードから見ていきましょう。

「6ft」のおすすめリーシュコード

monoii リーシュ コード サーフィン サーフボード用 6ft 5.5mm
monoii リーシュ コード サーフィン サーフボード用 6ft 5.5mm
口コミ

早速使用してみましたが全く問題無しです。値段もお手頃で、まだまだビギナーな自分には充分です。

「6ft」におすすめのリーシュコードは、monoiiのリーシュコードです。この製品の特徴は、コードの端が回転してくれるので、リーシュコードが絡みづらくなっています。そして、使い心地がソストで錆びにくく、経験が無い人でも使いやすい設計になっています。

そうした中で「6ft」のリーシュコードを探している人は、monoiiを使ってみましょう。次は、「7ft」におすすめのリーシュコードを見ていきましょう。

「7ft」のおすすめリーシュコード

FCS(エフシーエス)LEASH リーシュコード 7’ REG [7カラー] レギュラー リーシュ
FCS(エフシーエス)LEASH リーシュコード 7’ REG [7カラー] レギュラー リーシュ

「7ft」におすすめのリーシュコードは、FCSの「LEASH 7 REG」です。この製品の特徴は、世界のトップサーファーの人たちが使っていて、リーシュコードが絡まないことが実証されています。

カラーバリエーションも7種類あるため、ご自身のボードのカラーにあわせることができます。初心者の人でも使いやすい「7ft」のリーシュコードを探しているひとは、FCSの「LEASH 7 REG」を使ってみましょう。次は、「8ft」におすすめのリーシュコードを見ていきましょう。

「8ft」のおすすめリーシュコード

XM(エックスエム) リーシュコード TANGLE FREE N2 8フィート REGULAR 足首用 2.4m × 7mm ブラック
XM(エックスエム) リーシュコード TANGLE FREE N2 8フィート REGULAR 足首用 2.4m × 7mm ブラック

「8ft」におすすめのリーシュコードは、XMの「TANGLE FREE N2」です。この製品の特徴は、サーファーの悩みでもある「コードの絡み」と「コードを踏んでしまう」この2つの悩みを解消してくれます。

そして、リーシュコードのストラップが足にフィットしてくれるため、ズレなくなりました。「8ft」のリーシュコードを探している人は、XMの「TANGLE FREE N2」を試してみましょう。最後は、「9ft」におすすめのリーシュコードを見ていきましょう。

「9ft」のおすすめリーシュコード

クリエイチャー リーシュコード LONGBOARD 9 NSC 足首用 2.7m × 7mm ブラック
クリエイチャー リーシュコード LONGBOARD 9 NSC 足首用 2.7m × 7mm ブラック

¥ 5,616

「9ft」におすすめのリーシュコードは、クリエイチャーズの「LONG LEASH 9ft」です。この製品の特徴は、日本の波に合わせて作られているため、波をとらえやすくできています。そして、リーシュコードに伝わる力をそらしてくれる機能がついているため、サーフィンがしやすくなっています。

また、リーシュコードがズレずに足首にフィットするよう設計されていますので、「9ft」のリーシュコードを探している人は、クリエイチャーズの「LONG LEASH 9ft」がおすすめです。

リーシュコードのおすすめメーカーと3つの代表製品

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

リーシュコード選びでは、ここでご紹介していくおすすめのメーカーが売り出している3つの代表製品が参考になるでしょう。人気が上がってきたメーカーや老舗メーカーなど、今おすすめのリーシュコードをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

クリエイチャー

クリエイチャーズ リーシュコード 6ft PRO 6
クリエイチャーズ リーシュコード 6ft PRO 6

おすすめメーカーのクリエイチャーの代表製品は、「Pfoシリーズ」でしょう。この製品の特徴は、足首の内側がメッシュ素材になっているためズレやスリップを防いでくれます。そして、リーシュコードの絡みを防いでくれたり、ストラップの取り外しが簡単にできるようになりました。

クリエイチャーのリーシュコードを探している人は、カラーバリエーションが豊富で長さの種類も多い「Pfoシリーズ」がおすすめです。

ダカイン

ダカイン(DAKINE) JJF KAINUI8X1/4 LEASH COARD JOHN JOHN FLORENCE KAINUI 8 X 1/4 AI237852-BOR
ダカイン(DAKINE) JJF KAINUI8X1/4 LEASH COARD JOHN JOHN FLORENCE KAINUI 8 X 1/4 AI237852-BOR

おすすめメーカーのダカインの代表製品は、「JJF KAINUI」です。この製品の特徴は、高品質で強度のあるウレタンをコードに使い、さまざまなフィートに合わせたリーシュコードを揃えています。

そして、海水に耐性を持ったステンレスを使いストラップの脱着が簡単な設計になっていますので、ダカインのリーシュコードを探している人は、「JJF KAINUI」がおすすめです。

FCS

FCS エフシーエス サーフィン リーシュコード 2020-06F
FCS エフシーエス サーフィン リーシュコード 2020-06F

¥ 4,428

おすすめメーカーのFCSの代表製品は、「REGULAR」です。この製品の特徴は、コードがポリウレタンで作られていて、足首のストラップは内側に鍵を入れるポケットが付いています。そして、ストラップは耐久性が上がりズレがなく滑りづらくなっています。いろいろなスタイルのサーファに合うように作られたFCSの「REGULAR」はおすすめです。

リーシュコードの使い方・付け方・自作の仕方

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

最後は、リーシュコードの使い方や装着の仕方、リーシュコードの自作の仕方をご紹介していきます。サーフィンで使うリーシュコードは消耗品になりますので、正しい使い方や付け方を把握して安全に楽しみましょう。

リーシュコードの使い方

リーシュコードの使い方はスタンスによって異なり、グーフィーの人は左足、レギュラーの人は右足につけて使います。基本的にリーシュコードの位置は、くるぶしあたりにくるようにして、つないだ部分が左斜めうしろににくるようにセットして使いましょう。

リーシュコードの付け方

リーシュコードの付け方は、以下のおとりです。

①ボードにリーシュコードを取り付ける
②足首や膝などにリーシュコードを取付ける

この時、リーシュコードが足首用なのか膝用なのかを確認してから取付けていきましょう。そして、リーシュコードの長さは、ボードの長さに合ったものを選びましょう。また、リーシュコードの取付け方は簡単なので試してみましょう。

自作のリーシュコードの作り方

リーシュコードは、消耗品のため使っていると劣化してコードが切れてしまいます。サーフボードの流れ止めとして、リーシュコードは必要ですが、買い続ければ費用がかかってしまいます。そこで、自作のリーシュコードの作り方をご紹介していきます。

<準備するもの>
①切れたリーシュコード
②セイリングで使う太いロープ
③既製品から必要な残りの部品

この3つの材料をつなぎ合わせて、流れ止めとしての機能を果たしてくれるリーシュコードが作れます。しかし、悪天候の時には自作したリーシュコードだと安全性に問題が生じる恐れがあるので、ちゃんとしたリーシュコードを使用することをおすすめします。

自分の目的に合ったリーシュコードを選ぼう!

リーシュコードおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

今回は、リーシュコードの種類や選び方をはじめ、人気おすすめランキングTOP3や用途別におすすめのリーシュコード、長さ別におすすめのリーシュコードや代表するメーカーの3つの製品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

リーシュコードは、目的やボードの長さなどさまざまな条件で使い分けていく必要があります。そうした状況でご自身に合ったリーシュコードを選ぶための参考にしてみてください。

Related