Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

雪道や凍結した路面でも安心して運転できるために欠かせないのが冬用タイヤのスタッドレスです。雪道などの走行におすすめのさまざま種類を多くのメーカーが提供しているので、いざ購入しょうとすると迷ってしまいます。そんな人のためのおすすめの商品を紹介します。

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

タイヤの種類

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

皆さんはタイヤにはどんな種類があるのかご存知ですか。タイヤには、構造上の分類や季節ごとに使い分けるタイヤなどいわゆる冬用タイヤー・夏用タイヤー があります。また、低燃費タイヤとして注目されているエコタイヤや、パンク時に使用するランフラットタイヤなど多くの種類があります。

さらに乗り心地と静粛性を重視したコンフォートタイヤ、タイヤの表面がツルツルの独特な構造をしたF1といったレース用のタイヤもあります。それらのタイヤを簡単に説明します。まずは、タイヤの構造上の分類では、ラジアル構造のタイヤをラジアルタイヤ、バイアス構造のタイヤをバイアスタイヤに分類されます。

ラジアルタイヤとバイアスタイヤとは

ラジアルタイヤは、タイヤ全体を形作るカーカスが放射状(RADIAL)に配置され、ベルトで締め付ける構造になっているのでラジアルタイヤと呼びます。バイアスタイヤは、タイヤ全体を形作るカーカスが斜め(BIAS)に配置され、主にナイロン素材のブレーカーで締め付ける構造になっているのでバイアスタイヤと呼びます。

冬用タイヤ・夏用タイヤとは

冬用タイヤーといえばスタッドレスタイヤです。以前は金属製のスパイクピンのついたスパイクタイヤがありましたが、道路が傷つくことや粉じん公害といった問題で、現在は冬用タイヤといえばスタッドレスタイヤとノーマルタイやにチェーンを巻いたタイヤになります。

夏用タイヤーは、冬用タイヤーを除いた低燃費タイヤ(エコタイヤ)やスポーツタイヤ、コンフォートタイヤ、ランフラットタイヤのことです。

スタッドレスの種類と選び方

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

タイヤの種類を簡単に説明しましたが、タイヤには多く種類があることが分かりました。ここからは、そのタイヤの種類の中で冬用タイヤーいわゆるスタッドレスタイヤの種類と選び方などについて説明していきます。

また、スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3の紹介やハイエース用のスタッドレス、ハリアー用のスタッドレス、軽トラ用のスタッドレス、エスティマ用のスタッドレス、軽バン用のスタッドレスなど特徴・用途別に見たおすすめのスタッドレスを紹介します。

さらにおすすめのスタッドレスのメーカーの説明とそのメーカーの代表的な製品を紹介します。また、スタッドレスの正しい使い方などスタッドレスの知識が広がる情報満載でお届けします。

スタッドレスとノーマルの違いとは?

まずは、スタッドレスの種類を説明する前にスタッドレスとノーマルの違いについて説明します。スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道でも、安心して走れるように開発されたタイヤで、走る・曲がる・止まるといったクルマに必要な条件が満たされるよう低温でも硬くなりにくいゴムを使用しています。

スタッドレスの構造を見ると、タイヤが路面と接触する部分のゴム層において、路面から受けるタイヤ全体を形作るカーカスへの衝撃を保護する大事な役割があるタイヤのトレッドに大きな溝がブロックごとに設けてあります。そのブロックのエッジ効果によって雪や氷などを踏み固めながら抵抗を増やしてクルマが進む構造になっています。

スタッドレスの種類

スタッドレスの種類をタイヤ素材で見ると、吸水性に優れているものと密着性に優れているものの2つに分かれます。また、氷上性能・雪上性能・ドライ・ウェット性能はどのスタッドレスも持っている性能で、メーカーによって多少の差が出ます。

寿命・耐摩耗性についてはライフが長い効き長持ちタイプのライフ重視タイプと雪道や凍結した路面で強いグリップ力や質の高い制動性能を発揮する効き重視タイプに分かれます。また、スタッドレスには、普通車用・トラック用・ SUV用・4WD用・クロスオーバー用などの車種によってさまざまな種類があります。

スタッドレスの選び方

スタッドレスの選び方のポイントは、凍った路面ではタイヤの面に氷が溶けて水膜となりその水膜によりクルマがスリップしない強いグリップ力としっかりとクルマを停止することができる制動性能です。

また、凍った路面ではなく、降り始めのサラサラとした雪が積もる路面や水分の多く含んだ雪がある路面における性能、そして雪が積もったあとの路面の温度変化によってできるシャーベット状の道などに欠かせないスタッドレスについた雪を排出する排雪性能も重要なポイントになります。

また、路面にたまった水がスタッドレスと路面に入り込み起こるハイドロプレーニング現象にも対応できる強い排水能力が必要です。さらにスタッドレスのタイヤ素材や寿命・耐摩耗性を考えると実績のあるメーカー選びもスタッドレスの選び方では大事なポイントです。

また、夏タイヤよりも燃費が悪くなるスタッドレスは、できるだけ低燃費のスタッドレスを選びましょう。

クルマタイプ別でのスタッドレスの選び方

ここでは、軽自動車・ミニバン・SUV・セダン・スポーツカー・FF車・4WD車などのクルマのタイプ別・クルマの駆動方式別で見たスタッドレスの選び方について説明します。

軽自動車のスタッドレスタイヤの選び方のポイントは、タイヤのサイズが小さいため普通車よりもタイヤの回転数が多くなり、その分タイヤが早く摩耗することになるので摩耗に強いということです。

ミニバンのスタッドレスタイヤの選び方のポイントは、普通車よりも重心が高いためにカーブ走行でのタイヤにかかる負担が多くなるため、カーブなどでもふらつかなく安定性した運転ができるふらつきの抑制のあるということです。

SUV・セダンのスタッドレスの選び方

SUVのスタッドレスタイヤの選び方のポイントは、SUVはオフロード走行が多く、また、クルマ自体の重量があり、また、ミニバンと同様に重心が高いためにタイヤへの負担が大きくなり、タイヤの消耗が激しいので剛性を持つということです。

セダンのスタッドレスは、一般的な公道・高速道路・雪の積もった路面などどの路面での走行が多いかといった自分の用途に対応できるものを選ぶようにしましょう。

スポーツカーのスタッドレスは、高速走行を楽しむためのクルマなので、冬などの低温下でも高速性能が落ちにくいスタッドレスを選ぶことをおすすめします。

駆動方式別スタッドレスタイヤの選び方

FF車のスタッドレスタイヤの選び方では、前のタイヤの消耗が激しくなり4本のタイヤの摩耗の度合いが違ってくるので左右対象モデルのスタッドレスをおすすめします。

4WD車のスタッドレスタイヤの選び方のポイントは、悪路の走行、雪が積もった路面など自分が多く走行する環境を考えることが大事です。

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。

ランキング3位:グッドイヤースタッドレスタイヤ

グッドイヤー(GOODYEAR) スタッドレスタイヤ ICE NAVI 6 155/65R14 75Q
グッドイヤー(GOODYEAR) スタッドレスタイヤ ICE NAVI 6 155/65R14 75Q
口コミ

ぜんぜん良いと思います。値段もハンコックタイヤよりも安くて満足してます

スタッドレスおすすめ人気ランキング第3位は「GOODYEAR(グッドイヤー) ICE NAVI6(アイスナビシックス)155/65R14 75Q スタッドレスタイヤ」です。この商品は、シリカとポリマーのカップリング剤であるアクアフィラーを使用したゴムの柔らかさにより、氷面密着効果が高いおすすめのスタッドレスです。

ランキング2位: スタッドレスタイヤアイスガード

YOKOHAMA スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 195/65R15 91Q R2754
YOKOHAMA スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 195/65R15 91Q R2754
口コミ

車は最新のAWD搭載車なんですが、それを差し引いてもこのタイヤは凄いの一言。

スタッドレスおすすめ人気ランキング第2位は「YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 195/65R15 91Q R2754 」です。この商品は、凍結した路面・ウェット路面の接地性能を向上させるハの字型のサイプを採用したエッジ効果を発揮するパワーコンタクトリブを採用したおすすめのスタッドレスです。

ランキング1位:ブリヂストンスタッドレスタイヤ

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 155/65R14 75Q
ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 155/65R14 75Q

スタッドレスおすすめ人気ランキング第1位は「ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 155/65R14 75Q」です。この商品は、極寒地で知られる北海道や東北方面で多く利用されているブリヂストンのおすすめのスタッドレスタイヤです。

水の膜を素早く除去し、柔らかさで路面との接地面積を大きくすることでしっかりとしたグリップ力を発揮するアクティブ発泡ゴムを採用したおすすめの商品です。

特徴・用途別おすすめのスタッドレス

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここでは、ハイエース用のおすすめスタッドレス、ハリアー用のおすすめスタッドレス、軽トラ用のおすすめスタッドレス、フィット用のおすすめスタッドレス、軽バン用のおすすめスタッドレス、エクストレイル用のおすすめスタッドレス、CX-5用のおすすめスタッドレスなど特徴・用途別で見たおすすめのスタッドレスを紹介します。

ハイエース用のおすすめスタッドレス

TOYO Winter TRANPATH TX (トーヨー ウィンター トランパス) 国産 スタッドレス 215/65R16 タイヤのみ 4本セット
TOYO Winter TRANPATH TX (トーヨー ウィンター トランパス) 国産 スタッドレス 215/65R16 タイヤのみ 4本セット

ハイエース用のおすすめスタッドレス「TOYO Winter TRANPATH TX (トーヨー ウィンター トランパス) 国産スタッドレス 215/65R16 タイヤのみ 4本セット」は、クルマ自体の重量が重く、比較的クルマの重心が高く、コーナーなどでのタイヤの負担が大きいハイエース用としておすすめできる、ふらつきを抑えた安定感のある走行が可能な商品です。

ハリアー用のおすすめスタッドレス

新品4本セット スタッドレスタイヤ 215/70R16 100Q ブリヂストン ブリザック DM-V2 16インチ
新品4本セット スタッドレスタイヤ 215/70R16 100Q ブリヂストン ブリザック DM-V2 16インチ

ハリアー用のおすすめスタッドレス「新品4本セット スタッドレスタイヤ 215/70R16 100Q ブリヂストン ブリザック DM-V2 16インチ」は、雪を強く押して固める3Dホールドスクラムサイプとトレッド表面の溝の交差ポイントが多いマルチグルーブ構造により、雪道でも安定した走行ができるおすすめの商品です。

軽トラ用のおすすめスタッドレス

ファルケン ESPIA/MV-03
ファルケン ESPIA/MV-03

軽トラ用のおすすめスタッドレス「ファルケン ESPIA/MV-03」は、タイヤが路面と接触する部分のトレッド部とタイヤの肩に当たる部分にあたるショルダー部のトレッドパターンを変えたダブルフェイスパターンを採用した商品です。

また、高密度シリカと軟化剤を絶妙に配合したコンパウンドの入ったゴムの使用によりグリップ力や排水性などの高い性能を発揮します。

軽バン用のおすすめスタッドレス

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ W300 145R12 6PR
ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ W300 145R12 6PR
口コミ

来るまでの時間があまりにも早くて驚きました! 急に雪予報になり焦ったズボラ男には持ってこいです!

軽バン用のおすすめスタッドレス「ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ W300 145R12 6PR 」は、軽商用車のバンに求められる基本的な性能を意識して作られた高いウェットブレーキ性能を発揮する軽バン用のスタッドレスタイヤです。

CX-5用のおすすめスタッドレス

BLIZZAK DM-V2 225/65R17 102Q
BLIZZAK DM-V2 225/65R17 102Q

CX-5用のおすすめスタッドレス「BLIZZAK DM-V2 225/65R17 102Q」は、路面の水膜を除去する性能に優れたアクティブ発泡ゴムを採用し、雪道や凍結した路面でもタイヤが路面としっかり接触する強いグリップ力を発揮する商品です。

フィット用のおすすめスタッドレス

BLIZZAK VRX ブリザック ブイアールエックス
BLIZZAK VRX ブリザック ブイアールエックス

フィット用のおすすめスタッドレス「BLIZZAK VRXブリザック ブイアールエックス」は、アクティブ発泡ゴムの採用により、表面から内部にかけて細かい気泡のような穴が氷の表面の水を吸い、タイヤと路面との強い密着によりブレーキ制動性能に優れた商品です。

エクストレイル用のおすすめスタッドレス

ジオランダーIT-S
ジオランダーIT-S

エクストレイル用のおすすめスタッドレス「ヨコハマ(YOKOHAMA) スタッドレスタイヤ 225/65R17 ヨコハマ ジオランダーIT-S」は、雪道や凍結した路面でも「走る」、「とまる」、「曲がる」といったクルマの持つ基本性能に優れた効果を発揮するブラックポリマーを採用した高い性能を持つ国産の商品です。

エスティマ用のおすすめスタッドレス

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 215/55R17 94Q
ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 215/55R17 94Q
口コミ

組換えその他の費用を入れても10万でお釣りが来ました。定価のほぼ半額に収まったので大満足です。

エスティマ用のおすすめスタッドレス「ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 215/55R17 94Q」は、アクティブ発泡ゴムを使用しているので、雪道や凍結した路面の水膜を除去してくれるのでタイヤと路面に強いグリップ力が生まれます。

おすすめのスタッドレスのメーカー3つと代表製品

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここでは、ダンロップ・ブリヂストン・グッドイヤーのスタッドレスのメーカーの説明とそのメーカーの代表的な製品を紹介します。

ダンロップ

ダンロップはイギリスで発祥したゴムやタイヤのブランドです。また、国内では、兵庫県神戸市中央区に本社を構えて、タイヤ、スポーツ用品などを製造する住友グループの企業である住友ゴム工業株式会社のブランドとしても有名です。

また、ダンロップは原材料のすべてを天然資源化した「100%石油外天然資源タイヤ」の「エナセーブ100」発売したことでも名が知られているメーカーで、さらにダンロップが提供するスタッドレスタイヤには、液状ファルネセンゴムを配合した超密着ナノフィットゴムが採用されています。

ダンロップのおすすめのスタッドレス

スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」
スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」

ダンロップのおすすめのスタッドレス「DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02」は、液状ファルネセンゴムの採用により雪道や凍結した路面でのブレーキ性能が長持ちします。また、空洞が少ない高密度ゴムの採用により、ロングライフに使用できるダンロップがおすすめする商品です。

ブリヂストン

ブリヂストンは、東京都中央区に本社を構えて、世界でも名が知られている世界最大手の巨大タイヤメーカーです。また、タイヤのブランドでもあります。また、ブリヂストンは多くのアスリートをかかえたり、ブリヂストングループとして安全・環境・地域課題などをテーマとした社会貢献活動をしているメーカーです。

さらにブリヂストンは、さまざまな冬道に効く優れた総合性能の発揮するブリザックテクノロジーなどのスタッドレスタイヤを提供しています。

ブリヂストンのおすすめのスタッドレス

ブリヂストンのおすすめのスタッドレス「BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ1本 BLIZZAK(ブリザック) VRX2 」は、路面とタイヤの接地面積を大きくするアクティブ発泡ゴムと非対称パターンのブロックのエッジ効果により、路面を「ひっかく」「とらえる」の機能のあるWシェイプブロック構造のおすすめできる商品です。

グッドイヤー

グッドイヤーはアメリカに拠点を持っている世界屈指の大手のタイヤメーカーです。また、日本グッドイヤーは東京都港区赤坂に本社を構えて、関東・関西・北海道・東海・北陸・九州など全国に8カ所の支店を持ってタイヤ販売事業を展開しています。

また、グッドイヤーはアイスナビ セブン・アイスナビ シックス・アイスナビ エスユーブイ・アイスナビ カーゴなどのスタッドレスタイヤをはじめ、最先端技術によって、低燃費性能とウエット性能の高いタイヤを多く販売しているメーカーです。

グッドイヤーのおすすめのスタッドレス

GOODYEAR(グッドイヤー) ICENAVI CARGO (アイスナビ カーゴ) NAVI CARGO スタッドレスタイヤ
GOODYEAR(グッドイヤー) ICENAVI CARGO (アイスナビ カーゴ) NAVI CARGO スタッドレスタイヤ

グッドイヤーのおすすめのスタッドレス「GOODYEAR(グッドイヤー) ICENAVI CARGO (アイスナビ カーゴ) NAVI CARGO スタッドレスタイヤ 」は、フラットプロファイル効果によりタイヤと路面の接地面積を大きくすることができ、前後と横の剛性を高めるトレッドパターンにより雪道でも路面としっかりとグリップし、安定性のある運転ができます。

スタッドレスの使い方・活用方法

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤとは違ってタイヤの表面に溝、タイヤが低温などでも硬くなりにくいゴム質、雪や氷を除く除水機能などが備わっています。そんなスタッドレスタイヤの正しい使い方としては、雪や氷のある路面を走行する時に使用するこです。

雪や氷のない路面を走行すると、タイヤの構造上と柔らかいゴム質のため燃費が悪くなります。またスタッドレスタイヤを履いての雨の日の走行は注意が必要です。スタッドレスタイヤは、雪道や凍結した路面での接地面積を広くするために吸水性に優れているので、多くの水分を吸収することとなり、タイヤと路面に水膜ができて起こるハイドロプレーニング現象になりやすくなります。

さらに乾いた路面での走行では、柔らかいゴム質により制動性能が落ち、ブレーキを踏んだ時の制動距離が長くなる可能性があるので注意が必要です。

安全・安心の運転のために準備しましょう!

スタッドレスおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

雪道や凍結した路面での走行に欠かせない冬タイヤ用のスタッドレスタイヤは、さまざま種類があります。また、多くメーカーがおすすめのスタッドレスタイヤを販売しています。どんなスタッドレスタイヤを選べばよいのか迷っている人たちにスタッドレスタイヤの種類と選び方などの情報をお届けしましたが、いかがだったでしょうか。

いくつかのおすすめのスタッドレスタイヤも紹介しました。今回説明した内容や紹介したおすすめのスタッドレスタイヤを参考に自分のクルマの車種や用途に応じた商品を選んで雪道や凍結した路面でも安全・安心に運転できるように準備しましょう。

Related