Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

タイヤを履いているのは、車だけではありません。自転車、リニア新幹線、飛行機などもあります。ここではタイヤに関する雑学、車のおすすめタイヤの種類と、おすすめのタイヤメーカー、売れ筋ベスト3をご紹介します。好みのタイヤを選んで、快適なカーライフをお過ごしください。

タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

タイヤの種類とおすすめの選び方

タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

タイヤを履いているのは、車だけではありません。自転車やリニアモーターカー、飛行機などもタイヤがあります。前半は、いろいろな乗り物のタイヤの種類と、あまり知られていないタイヤに関する雑学をご紹介します。

後半は、乗用車用タイヤの売れ筋ランキング、具体的なおすすめタイヤの選び方を車の特徴と用途別にご紹介します。

タイヤのはじまり

世界で初めてゴム製のタイヤを履いたのは、自動車ではなく自転車でした。

天然ゴムは1495年にコロンブスにより西インド諸島で発見されました。その天然ゴムを、利用する方法が次々と発明される中で、1935年にゴムで詰まったタイヤ(ソリッドタイヤ)が発明されます。その後1845年には空気を入れたタイヤが発明されて、1878年に自転車用タイヤに利用されるようになりました。

その後、1886年にダイムラー氏とベンツ氏によってガソリン車が完成され、そして1888年にはダンロップ氏が空気入りタイヤを実用化して、車に利用しました。

タイヤの種類

いろいろな乗り物に使われるタイヤについて、ご紹介します。タイヤが使われている乗り物には、飛行機、リニアモーターカー、大型トラック、自転車、バイク、自動車がありますが、それぞれタイヤには特徴があります。

飛行機のタイヤ

飛行機のタイヤには脚がついているのが他の乗り物と違うところです。飛行機(ボーイング777)のタイヤは前脚が2本、主脚が20本でできています。

飛行機のタイヤは車体の重さ(ボーイング777で340トン)やスピード(離陸時には350km/h)に耐えるための強度が必要になります。そのため航空機用タイヤの内圧は、乗用車の6倍以上の高内圧です。

さらに飛行機が着陸するときにはタイヤの表面温度は250度以上になり、フライト中の気温はマイナス45度になるため、高度の耐熱性が必要になります。

リニアモーターカーのタイヤ

超電導で走るリニアモーターカーですが、走り始めはタイヤで走ります。時速が150kmを超えると浮上して走り始めます。飛行機と同じように浮上するとタイヤは格納され、駅に停車するために減速すると、タイヤが出てきてタイヤ走行します。

リニアモーターカーには、走行するための支持車輪と案内車輪、緊急用に緊急離陸車輪と案内ストッパ車輪があります。

ミニ四駆

タミヤ ミニ四駆特別企画商品 スーパーハード ローハイトタイヤ
タミヤ ミニ四駆特別企画商品 スーパーハード ローハイトタイヤ

¥ 281

口コミ

転がり抵抗が低くマシンのスピード向上に寄与し、また硬いのであまりマシンが跳ねないタイヤです。側面にマシンの格好良さを引き立てるプリントがあるのもgoo。

手のひらサイズのレーシングカー、ミニ四駆にもタイヤがあります。ミニ四駆はさまざまなパーツを自分で選び、高速性と安定性を兼ね備えた好みの車づくりができるのが、最盛期を知っている世代が大人になっても続けている理由の1つでしょう。

大型トラックのタイヤ

大型トラックは車の重量が、乗用車の10倍あるため、タイヤとホイールの直径が1mあるものや、重量が100kgのタイヤもあります。そして大型トラックの車体や積み荷の重量を支えるために、タイヤの空気圧は乗用車の4.5倍に設定されています。

常に働いているトラックは、タイヤの消耗が激しいため、溝がすり減ってきたら表面のゴムだけを取り換えることができるタイヤもあります。

自転車のタイヤ

自転車のタイヤチューブのサイズには車のタイヤと違い統一規格がありません。車種により規格が違っていて、互換性がないので使いまわしはできません。

WO規格

まず、ロードバイクやママチャリに使われる規格はWO規格です。その中でもイギリスの規格はインチ×インチと分数の表記、フランスの規格はミリ×ミリの表記です。前輪と後輪の区別は一般的にありません。取り付ける向きが指定されている製品もあります。タイヤとチューブが別のため、パンクをしたら中のチューブを交換するなど修理が簡単なタイヤです。

HE規格

次にマウンテンバイクや子供用自転車に使われる規格はHE規格です。アメリカの規格で、インチ×インチに小数点を使う表記です。マウンテンバイク用は舗装していない道路を走るので、ブロックパターンというはっきりした溝が付いています。

ETRTO規格

インチサイズやフレンチサイズで混乱を招かないように、ETRTO規格が作られました。表記はミリ‐ミリで、前の数字がタイヤ幅、後ろの数字がビード径です。

バイクのタイヤ

バイクのタイヤは構造で分けると、バイヤスタイヤとラジアルタイヤに分かれます。そして利用する道や車種で分けると、オンロードとオフロード、スクーターやミニバイク、レース用に分けることができます。

バイヤスタイヤ

バイヤスタイヤの特徴は、タイヤの溝が多く雨の日も安心、乗りやすくできています。小さめのバイクなどに使われることが多く、コスパのいいタイヤをお探しの方におすすめします。

ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤは、タイヤの溝が浅くツーリングなどスポーツライダー向けです。大きくてパワーのあるにバイクおすすめできる、高価ですが良いタイヤです。高速安定性が高いですが、雨天はスリップに注意が必要です。

自動車のタイヤ

タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

自動車に使われているタイヤには、どんな役割があるのでしょうか。

タイヤの役割

自動車タイヤの役割は4つあります。1つ目は自動車の車体や乗っている人や荷物の、重みを支えます。2つ目は自動車が走る、止まるなどエンジンの駆動力と制動力を伝えます。3つ目は方向転換する、進みたい方向を維持する、曲がるために必要な方向転換の役割です。四つ目は路面の凸凹による振動を吸収して乗り心地を良くするクッションの役割です。

タイヤの選び方

自動車のタイヤは車の使い方で選びましょう。オンロード(高速走行)、オフロード(キャンプや悪路)、近場で買い物や通勤などの用途別にご紹介します。

オンロード(高速走行)

ブリジストン ポテンザS001
ブリジストン ポテンザS001
口コミ

スポーツタイヤとしては世界最高だとおもいました。サーキットで一日走って、普通に家まで帰れます。

車を使うときはたいてい高速道路を使う方には、高速走行が得意なタイヤをおすすめします。

海外ではモンスターマシンにも対応できるコンチネンタルやミシュラン、ピレリなどもありますが、むしろサーキット向けでしょう。国内の高速道路で高速安定性能を発揮できて、乗り心地良く騒音も少ない、ブリジストン ポテンザS001をおすすめします。

オフロード(キャンプや悪路)

トーヨータイヤ OPEN COUNTRY M/T
トーヨータイヤ OPEN COUNTRY M/T

車でキャンプやオフロード走行が多い方には、悪路や汚れに強いタイヤをおすすめします。

トレッドパターン(タイヤの溝模様)が非対称で泥や砂利、岩場に強く、見た目もごついのが、トーヨータイヤ オープンカントリーM/Tです。愛車がジープやパジェロなどの方にもおすすめです。

近場で買い物・通勤

ブリジストン エコピアNH100C
ブリジストン エコピアNH100C
口コミ

ブリジストンのエコタイヤとしてはとても安く購入できたと思いますが、エコの性能よりもグリップの良さに驚きました。

ちょっとした買い物や近場での通勤など、近距離でちょいちょい乗る方には、エコドライブできる燃費のいいタイヤをおすすめします。

低燃費で雨の日も安心、小回りや末切りに強く、ゴムの劣化が遅いので長持ちするのが、ブリジストン エコピアNH100Cです。愛車が軽、コンパクトカーの方におすすめします。

タイヤおすすめ人気ランキングTOP3

車用品の大手販売店、オートバックスより全店舗売れ筋ランキング(2018/4)をご紹介します。オートバックスのサイトではタイヤサイズ別ランキングのため、タイヤサイズに対象車種と共にご案内します。

195/65R15のタイヤランキング

マツダフレアワゴン、スズキスペーシア、ホンダN-BOXなどが対象車種のタイヤ売れ筋ランキングです。

ランキング第3位 「ヨコハマ エコスES31」

ヨコハマ エコスES31
ヨコハマ エコスES31
口コミ

やっぱり国産は静かです。 特に、雨の日は全然違います。 カーブも粘るしね。

低燃費性能を強化、「DNA ECOS」で定評のあったトータルパフォーマンスをさらにレベルアップしています。

ランキング2位:「ダンロップ エナセーブ」

ダンロップ エナセーブEC204
ダンロップ エナセーブEC204

バランスの良さが持ち味の、長持ち低燃費タイヤです。

ランキング1位:「ブリジストン ネクストリー」

ブリジストン ネクストリー
ブリジストン ネクストリー
口コミ

軽自動車用に購入しました。もちろん車内は静かです。乗り心地も良いです

転がり抵抗を軽減、低燃費性能を向上させています。ブランド知名度とコスパの良さでアマゾンのランキングでも1位です。

195/65R15のタイヤランキング

トヨタアイシス、日産シルビア、スバルインプレッサなどが対象車種のタイヤ売れ筋ランキングです。

ランキング第3位:「トーヨー トランパスmpZ」

トーヨー トランパスmpZ
トーヨー トランパスmpZ
口コミ

ウィッシュに装着して1000kmほど使用しました。高速、一般道での遠乗り、街中のちょい乗りで特に不満な点はありません。

トーヨータイヤのミニバン専用タイヤ、長距離ドライブでも疲れが違います。

ランキング第2位:「ヨコハマ ブルーアース」

ヨコハマ ブルーアースRV02
ヨコハマ ブルーアースRV02
口コミ

長距離ドライブもしましたが全然問題ないです。転がりの良さとグリップもグッと良くなりました。雨の日も安心してドライブできています。

ヨコハマタイヤのミニバン専用タイヤ、ぬれた路面での走行安定性が良く、走行中も静かです。

ランキング第1位:「ブリジストン ネクストリー」

ブリジストン ネクストリー   195/65R15
ブリジストン ネクストリー   195/65R15
口コミ

ブリヂストンだから購入しました。タイヤは全く問題ありませんでした。低燃費を実証した広告を付け加えれば、売上げはもっと上がる商品だと思います。

ブリジストン ネクストリーは、155/65R14の売れ筋ランキングや、アマゾン売れ筋ランキングでもベストセラー1位です。

特徴・用途別おすすめのタイヤ

自転車と大型バイク用のタイヤ、車の冬タイヤについて特徴と用途別におすすめのタイヤをご紹介します。

軽くて気持ちよく走れるクロスバイク

Continental  ウルトラスポーツ2 クリンチャー
Continental  ウルトラスポーツ2 クリンチャー
口コミ

こぎ出しはしっとりしていて軽やかです。とても軽快に走れます。 雨の日に数回乗りましたが、グリップもまずまずで、スリップなどは一切しませんでした。

自転車のスポーツ用、軽くて長距離を気持ちよく走りを楽しめるのがクロスバイクです。クロスバイクは街乗りするか、遠乗りするかによってタイヤ選びが変わります。

街乗り向きタイヤ

街乗りや通勤用にクロスバイクを乗るのなら、タイヤの幅が広めの32Cタイヤがおすすめです。乗り心地よく、路面の衝撃が柔らかです。

遠乗り向きタイヤ

スピードを出したい遠乗りなら、ホイールが大きくタイヤの幅が細い25Cタイヤがおすすめです。スピードが軽く出て、加速やコーナリングなども楽しめます。

レース用のチューブラー

コンチネンタル チューブラータイヤ
コンチネンタル チューブラータイヤ
口コミ

見た目だけではなく、頑丈ですし走行性も良いです。 2000kmぐらい走っていますが、舗装が多少悪くてもパンクもしません。

ロードレースやトラックレースの競技用自転車に使われるのがチューブラータイヤです。タイヤの中にチューブが縫い込まれています。一体化しているため、タイヤに強度があり、軽くすることができます。しかし、パンク修理は手間がかかって困難なタイヤです。

大型バイク

IRC 井上ゴムバイクタイヤ RX-02
IRC 井上ゴムバイクタイヤ RX-02
口コミ

まもなく一皮むけそうな勢いで走行した結果ですが、「コーナーのグリップ力」「直進安定性」「ブレーキング時の耐久性」どれをとってもいいタイヤでした。

バイクのタイヤには、ツーリングタイヤとスポーツタイヤがあります。ツーリングタイヤは溝が深く雨や摩耗に強いのが長所で、乗り心地が良くないので疲れやすいのが欠点です。また、スポーツタイヤは長距離走行に向いているのが長所で、摩耗や雨に弱いのが欠点です。

そこでおすすめしたいのが、スポーツツーリングタイヤです。摩耗に強く、ウエット路面にも安定するのが、IRC井上ゴムバイクタイヤ RX-02です。スポーツライドからツーリングまで楽しむことができます。

フォレスター

グッドライド フォレスター(SJ型) 専用タイヤ ホイール4本セット
グッドライド フォレスター(SJ型) 専用タイヤ ホイール4本セット

¥ 60,000

最新フォレスターの4WD・2.0S-リミテッド スマートエディション・CVT (DBA-SJ5) に標準装着されているタイヤサイズは、225/55R18です。

このサイズで販売されているタイヤには、ヨコハマ BluEarth RV-02、ブリヂストンNEXTRY、ダンロップ NASAVE RV504があります。他にはグッドライド フォレスター(SJ型) 専用サマータイヤ ホイール4本セットもあります。

冬タイヤ

ダンロップ スタッドレスタイヤ ウインターマックス
ダンロップ スタッドレスタイヤ ウインターマックス
口コミ

大雪の前に届いて履き替える事ができ有難かったです。安心して運転できます。

冬タイヤとは、スタッドレスタイヤやスノータイヤのことをいい、高速道路では冬タイヤ規制やチェーン装着規制になることがあります。一般道路でも冬の路面凍結や積雪に備えて、冬の初めに夏タイヤから冬タイヤに履き替えします。

ダンロップ スタッドレスタイヤ ウインターマックスは凍結した路面に強く、多少の雪の上でも走ることができ、凍結していない道路でもまっすぐ安定走行することができるのでおすすめです。

おすすめのタイヤのメーカー3つと代表製品

タイヤ性能のバランスの良さや手ごろな価格から、おすすめのタイヤメーカーを3つと代表製品をご紹介します。

ブリジストン

新車装着タイヤを基準にちゃんと買いをコンセプトにしているタイヤメーカーです。実際、スズキ、ダイハツ、トヨタなどの新車装着タイヤがブリジストン製ということです。ブリジストン製タイヤのおすすめはエコピアです。

ブリジストン製タイヤのおすすめはエコピア

低燃費、ウエット性能、ライフ性能、ドライ性能、直進安定性、静かで乗り心地の良い、7つの機能をバランスよく保つタイヤです。軽コンパクトカーだけでなく、ミニバン用もあります。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤは高いウエット性能に重きを置いています。雨天での走行性が良く、安心してドライブできるタイヤを提供しています。

ウエット性能がaランクのタイヤとしておすすめするのが、アドバンとブルーアースです。

ヨコハマ製タイヤのおすすめはアドバン

アドバン デシベルV552
アドバン デシベルV552

アドバン デシベルは、ヨコハマタイヤで最も静かなタイヤで、ウエット性能と乗り心地にも優れている低燃費タイヤです。セダンやコンパクトカー、ミニバンのオーナーさんにおすすめです。

海外のタイヤメーカー

海外の有名タイヤメーカーから3社、代表製品をご紹介します。

ミシュラン

ENERGY SAVER +
ENERGY SAVER +
口コミ

タイヤ的には柔らかいです このクラスのタイヤとしては乗り心地 止まる曲がるのバランスが良く取れ思います

ミシュランが届けるのは安全性、快適性、省燃費などのトータルパフォーマンスに優れたタイヤです。ミシュラン製のおすすめタイヤはENERGY SAVER +です。

ピレリ

Cinturato P1
Cinturato P1
口コミ

価格に見合わぬ静粛性で、履き替えた帰り道にエアコンの小さな異音に気づいたほどです。 日本の空気圧と違うので、そのあたりをしっかり理解しておけば問題ないかと。

タイヤ業界の先頭を走るピレリは世界展開しているタイヤメーカーです。ピレリ製のおすすめタイヤは、Cinturato P1です。

国産メーカーに比べて安価ですが、路面状況を問わず、室内騒音の軽減、環境、安全性能は高めです。プレミアムセダンからコンパクトカーまで幅広く対応するコスパの良いタイヤをお探しの方におすすめします。

アジアンタイヤ ハンコック

 enfren eco
enfren eco
口コミ

このタイヤに替えて実際に運転してみたところ格段に静かになり驚いています。安定性、グリップ力も文句なしです。 アクセルを離してからの伸びが良く、燃費も5%程度良くなりました。

ハンコックはアジア地域本部、ヨーロッパ本部、アメリカ本部と多くのテクニカルセンターや工場を持つ世界展開の韓国タイヤメーカーです。三菱やダイハツ、ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、フォード、ゼネラルモーターズなど、純正タイヤとして採用しているメーカーもあります。ハンコック製のおすすめタイヤはenfren ecoです。

enfren ecoは低燃費で安全性、快適性、室内の静かさを両立したエコタイヤです。国産メーカーの1/3程度の値段で、コスパと性能を両立させたいオーナーさんにおすすめです。

タイヤ保存の仕方・活用方法

冬タイヤから夏タイヤへ履き替えしたら、タイヤはどうやって保存しますか。野外に放置するとゴム製品のタイヤは劣化が進みます。では、おすすめのタイヤ保存法をご紹介します。

タイヤ保存時の注意点

まず、タイヤを直射日光にさらしたまま置いておくとひび割れてしまいます。そして雨のあたるところはおすすめできませんので、暗くて涼しいところで空気を抜いてから保存するのがおすすめです。

そして、屋内でも高温や油、熱、火花が散るところは避けましょう。おすすめの置き方はホイールが付いたままなら横積み、タイヤだけなら縦に置いて保存します。

タイヤは洗いすぎない

つい、きれいにしてから保存したいからと、タイヤ用洗剤やワックスを使ってしまいがちですが、過剰に洗いすぎるとかえって亀裂や空気漏れが発生します。タイヤは水洗いして、乾いた布で拭いておくのがおすすめです。

おすすめのタイヤの関連商品

タイヤ用品は多くありますが、あると便利なおすすめ関連商品をご紹介します。

チェーン

積雪の多い地方では冬タイヤの上にさらにタイヤチェーンを重ねたり、スノータイヤを履いたりしますが、めったに雪が降らない、路面凍結もあまりない地方では、雪が降ったときに夏タイヤの上にタイヤチェーンを重ねることもあります。

タイヤチェーンには金属製と非金属製があります。それぞれのメリット・デメリットと、おすすめ商品をご紹介します。

金属製チェーン

タイヤチェーン 金属亀甲型
タイヤチェーン 金属亀甲型
口コミ

装着は本当に簡単です。私は初めて装着した時は両方で2〜3分で装着できました。外す方がちょと面倒かな? 装着後は必ず少し走行して増し締めを忘れずに^_^

金属製チェーンのメリットは価格が安く、収納しやすい、凍結した路面に強いなどがあります。しかしデメリットは、走行中の騒音や振動が大きいこと、乾燥した道路で走り続けると切れることです。そして大型車にはおすすめできません。

さらに金属製チェーンには、はしご型と亀甲型があります。はしご型は坂道に強いが、横滑りしやすい、亀甲型は雪道・結道路共に強く、横滑りしにくく乗り心地は良いのでおすすめです。

非金属製チェーン

フォーシーズン ビックフット3 タイヤチェーン
フォーシーズン ビックフット3 タイヤチェーン
口コミ

2月2日に初めて使いました。2月1日にタイヤに装着しましたが、ジャッキアップしたので簡単でした。雪の上では、全く不安がありませんでした。

非金属チェーンのメリットは騒音が少なく、乗り心地が良い、乾燥した道路でも切れにくく大型車でも使うことができます。デメリットは、たたみにくいので収納性が良くないことと、価格が高めなことです。

おすすめはワンタッチチェーン

コムテック タイヤチェーン 高性能金属製ジャッキアップ不要
コムテック タイヤチェーン 高性能金属製ジャッキアップ不要
口コミ

取り付け取り外しともやりやすく、優れモノと思います。また、当然ですが、今回のドカ雪に大活躍してくれました。

タイヤチェーンといえば、取り付けするのにジャッキアップが必要でしたが、今ではタイヤを上げずにそのまま装着できるワンタッチチェーンが発売されています。金属製も非金属製もあるのでおすすめ、チェーン購入の参考にしてください。

そして購入したチェーンは、雪が降る前に試着してみることをおすすめします。

タイヤラックとカバー

専用のタイヤラックがあれば、すっきり収納できます。また、屋外用にカバー付きのタイヤラックも販売されています。タイヤサイズに合ったラックを選ぶことをおすすめします。

そして、タイヤカバーは、タイヤをほこりやごみ、紫外線から守ります。カバー材質は遮光性があり、防水、撥水加工済み、そして丈夫なものを選ぶことをおすすめします。カバーが洗濯できるものや、持ち手や紐、面ファスナーが付いていればさらに便利です。タイヤカバーには縦置き用、平置き用があります。

縦置き用

アイリスオーヤマ タイヤラック ステンレス カバー付 KSL-450C
アイリスオーヤマ タイヤラック ステンレス カバー付 KSL-450C
口コミ

暴風雨でも完璧です! アルトワークス用に購入しました。 スタッドレス(15インチ)と夏タイヤ(16インチ) でちょうどいいです!

縦置き用のタイヤカバーにはフルタイプが良いでしょう。隙間なく覆うためにもタイヤのサイズに合ったものを購入することをおすすめします。

アイリスオーヤマ タイヤラック カバー付 KTL-450Cなら、縦置き用の2段ステンレスタイヤラックと、紫外線やほこりからタイヤを守るカバーが付いています。

平置き用

ミシュラン タイヤバック 131260
ミシュラン タイヤバック 131260
口コミ

しっかりした作りでタイヤ保管に便利です 取っ手で持ち運びも比較的楽にできます スポーク部が剥き出しになるので、フェルトパッドと併用をお勧めします

室内用ラックもありますが、タイヤカバーなら一本ずつ入れるタイプをおすすめします。ミシュラン タイヤバック 131260なら、ファッション性もあり、室内に置いても良いでしょう。

気に入ったタイヤは見つかりましたか

タイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

さまざまな乗り物のタイヤとエピソード、人気の高いおすすめタイヤなどをご紹介しました。愛車の使い方に合わせて好みのタイヤを選んで、快適なカーライフをお過ごしください。

Related