Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月30日

ドライバッグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ドライバッグの種類や選び方についてご紹介しています。他にも具体的におすすめのドライバッグを人気ランキング形式や特徴・用途別、容量別にご紹介しています。ドライバッグの活用方法についても記載しているのでドライバッグを知らなかった方もご参考にしてみてください。

ドライバッグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ドライバッグってどんな物があるの?

ドライバッグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ダイビングや釣り、海水浴やプールにアウトドアなどをする人に最近人気が出てきているのがドライバッグです。単純な構造ですが、しっかりと口を綴じれば防水効果が高いのでとても便利です。

今回はそんなドライバッグの種類や選び方についてご紹介していきます。

ドライバッグはどんな種類があるの?

基本的な構造はどのドライバッグも大体同じですが、持ち手の部分が肩掛けになったりリュックになったりと違った種類の物が多くあります。またサイズ展開も豊富で、小物を入れておくのに丁度良いサイズの物から40Lなど容量の大きな物まであります。

カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。また、マリンスポーツ向きの物やバイク用の物など用途によっても種類が違ってきます。

ドライバッグはどうやって選べば良いの?

ドライバッグを選ぶ上でまず考えるのは容量です。何に使用して、どれくらい物を入れるのかを良く考えてぴったりのサイズを選ぶことをおすすめします。大は小をかねるということで大きめの物を選ぶ方もいますが、荷物に対してドライバッグが大きすぎると邪魔になることも多いのでやはり丁度良いサイズの物を選ぶのがおすすめです。

あとは好みの色やブランドなどで選んで良いです。シンプルな形状ですが、派手な色の物も多く見た目のアクセントにもなるので好みの物を選ぶというのは長く使う上でおすすめの方法です。

おすすめドライバッグ人気ランキングTOP5!

ここからは実際におすすめのドライバッグを人気ランキング形式にてご紹介していきます。ドライバッグ選びのご参考にしてみてください。

第5位 Wolfyokドライバッグ

ドライバッグ Wolfyok(TM) 3way 防水バッグ 10L/20L容量
ドライバッグ Wolfyok(TM) 3way 防水バッグ 10L/20L容量
口コミ

スポーツ&アウトドア用に購入。 そんなに大きくなくてもいいかなと思い10Lを購入。 値段の割に質感も良くしっかりとした作り。納得のいく防水力だと思います。

第5位はWolfyokの3wayドライバッグです。こちらは手持ち、ショルダー、リュックと3とおりの持ち方ができる3wayタイプのドライバッグです。

Wolfyokのロゴが目をひくデザインとなっています。比較的リーズナブルな価格ですがしっかりとした作りで、防水力もしっかりとあるのでマリンスポーツなどでも安心して使用することができます。

UVカット効果もあるので、真夏の日差しでも劣化が少なく、長く使用することができるのでとてもおすすめです。

第4位 exped フォールドドライバッグUL

エクスペド フォールドドライバッグ UL S 5L s
エクスペド フォールドドライバッグ UL S 5L s

¥ 2,052

第4位はエクスペドのフォールドドライバッグULです。こちらは登山などのアウトドアで使用する方に人気の高いドライバッグです。

半透明の素材を使用しているので、外側からでも中身の判別がしやすく便利です。中身が見えるのが嫌だという方にはあまりおすすめできませんが、ドライバッグの多くは縦長とう構造上中の物がどこに入っているのか探すのが大変だと言う声も多くあります。

そういった場合に半透明だと、中を開けずに大体どこに物があるのかを把握することができるので便利です。登山などの過酷なアウトドアで荷物をガサガサと探っている時間的余裕があまりないシーンではとても便利でおすすめです。

第3位 The Friendly Swede

「The Friendly Swede」ドライバッグ 耐水
「The Friendly Swede」ドライバッグ 耐水
口コミ

このタイプのバッグにしては、かなりオシャレ。防水も問題なさそうです。

第3位はThe Friendly Swedeのドライバッグです。The Friendly Swedeは北欧のブランドで、マリンスポーツはもちろん雪山などでも重宝するということでスキーやスノーボードをする方にも人気のあるドライバッグです。

下にあるシンプルなロゴが可愛らしく、デザインが好きで購入したという口コミもあります。デザイン重視でドライバッグを選びたい方にもおすすめです。もちろんデザイン性だけでなく、しっかりと防水力もあり丈夫に作られているのでハードなシーンでも活躍することができます。

第2位モンベル ドライサイドバッグ

[モンベル] mont-bell ドライ サイドバッグ 40
[モンベル] mont-bell ドライ サイドバッグ 40

¥ 12,744

口コミ

手元に届いた時はあまりに薄っぺらいので少々不安でしたが、使ってみてその意外な丈夫さに驚かされます。 防水もしっかりしていますし、この値段でこの性能は素晴らしいと思います。

第2位はモンベルのドライサイドバッグです。こちらは他のドライバッグとはすこし違った形状のタイプのドライなのが特徴で、登山などのアウトドアをする方にとても人気の高い製品となっています。

登山用途でなくても、他のドライバッグとは違ったデザインの物が良いという方にもおすすめです。登山でも使いやすいように薄くて軽い素材で作られていますが、防水力はしっかりとあり丈夫につくられているのでアウトドアの環境でも安心して使用することができます。

第1位 オルトリーブ ドライバッグ

ORTLIEB(オルトリーブ) ドライバッグ PS10バルブ K2223 ライトグリーン 22L
ORTLIEB(オルトリーブ) ドライバッグ PS10バルブ K2223 ライトグリーン 22L

¥ 4,320

口コミ

気密性も秀逸ですが、バルブ付きなので中の空気をしっかり抜くことができ、最小限の容積で持ち運べるのが実用的です。

第1位はオルトリーブのドライバッグPS10バルブK2223です。こちらは空気を抜くバルブが付いているドライバッグなので、口を締めた後、さらに内部の空気を抜いて圧縮することができます。

防水力もかなり高いのでマリンスポーツやアウトドアに使用するのはもちろんのこと、圧縮をすることができるので洋服などのかさばるものを入れて、圧縮袋の代わりに使用することもできます。多くのシーンで活躍することができるので旅行へ良く行く方にもとてもおすすめです。

気密性、防水性、そして圧縮ができるということでとても口コミ評価も高く、今回1位としてご紹介しました。

特徴・用途別おすすめドライバッグ!

ここからは特徴・用途別にそれぞれおすすめのドライバッグをご紹介していきます。既に希望の特徴や用途が決まっているという方はこちらをご参考にしてみてください。

リュックタイプでおすすめは?

Bemixc ドライバッグ 防水 リュック 10L 15L 20L
Bemixc ドライバッグ 防水 リュック 10L 15L 20L
口コミ

ビーチで使うために購入しました。 ちょっと大きいので、3人分の着替えとタオル、カメラも入り、まだまだ余裕がありました。砂で汚れても簡単に洗えて良いです。

リュックタイプのドライバッグでおすすめなのが、Bemixcのドライバッグ防水リュックです。リュックとして使用する方が多いですが、手提げにも肩掛けにもなる3wayタイプのドライバッグという特徴があります。

見た目も良く、普段使いで使用しているという方もいるのでデザイン重視の方にもおすすめであり、防水性ももちろんあるので、マリンスポーツや海やプールへのレジャーにももってこいです。

またこちらは防水のスマホケースも一緒にセットでついてくるので、始めて防水タイプのバッグを購入しようと考えている方にもとてもおすすめ度の高い製品と言えます。

バイク用でおすすめは?

防水バッグ ドライバッグ 防水リュック 多機能
防水バッグ ドライバッグ 防水リュック 多機能
口コミ

通勤以外にも使えるかと思って購入しました。 防水性は問題ないですね。 ショルダー部分は柔らかく、しょい心地はいい感じです。

バイク用におすすめのドライバッグはこちらの多機能防水リュックです。こちらは胸部と腹部にバックルがついているリュックタイプのドライバッグなので、バイクなどスピードがある場合にも安心して背負っておくことができるのでおすすめです。

ショルダー部分が柔らかくて背負い心地が良いという口コミや、容量が大きいので色々な物を入れておくことができて便利だという口コミもあります。使い勝手が良く、防水力・耐久性も高いのでツーリング以外のアウトドアにもおすすめのドライバッグです。

落ち着きのあるデザインで容量もあるので、バイク通勤や自転車通勤用に使用しているという声も多くあり、そういった使用を検討している方にもおすすめです。

サイズ別おすすめドライバッグ!

ここからはサイズ別におすすめのドライバッグをご紹介していきます。どらくらいのサイズが良いか決まっている方はこちらをご参考にしてみてください。

使いやすい5lの物は?

Aquafree 5L 軽い 防水バッグ
Aquafree 5L 軽い 防水バッグ
口コミ

色がとても可愛い!すごく軽くて、使いやすいです。中に紙を入れて実験をしました。バッグを水の中に5分間入れたけど、中に入れた紙取り出して確認しましたが、全然濡れていなかったです。

5lのドライバッグでおすすめなのが、Aquafreeの防水バッグです。薄手で軽いのが特徴のドライバッグです。使用しない時にはおりたたんでしまえば手のひらサイズくらいの大きさに収まってしまうので持ち運びにも便利でおすすめです。

軽くて薄いので、防水力に不安を感じる方も多いですが水中に5分間入れてみたけれども、中に入れた紙が濡れていなかったという口コミもあるので、防水の面でも安心して使用できます。アウトドア用の厚手の物に比べるとやや耐久性に不安は残りますが、普段使いでの使用を考えている方には軽くて使いやすいのでとてもおすすめです。

10lでおすすめは?

Laserbeak 防水ドライバッグ
Laserbeak 防水ドライバッグ
口コミ

海で使いました。財布、タオル、スマホ、鍵などを入れておくのに重宝しました。防水性は問題ないし、砂汚れは拭けば落とせるので、安心して置いておけました。

10lのドライバッグでおすすめなのが、Laserbeakの防水ドライバッグです。こちらは黄色、ブラック、ブルー、ブルー迷彩、ピンク迷彩のカラーバリエーションがあるのが特徴的なドライバッグです。

単色で鮮やかな色の物は多いですが、柄入りの物は珍しいので迷彩柄が決めてで選んだという方もいます。柄が可愛いという事でビーチやプール用に使用しているという方が多いですが、防水力も耐久性もしっかりとしているのでアウトドアにも安心して使用することができます。

軽いので背負って歩いていても疲れないという口コミもあるので、比較的使いやすいドライバッグとしておすすめです。

20lで使いやすい物は?

2way ドラム型 防水パック・ドライバッグ ブラック (20L)
2way ドラム型 防水パック・ドライバッグ ブラック (20L)
口コミ

旅行や海でボートに乗る時用に購入しました。サイズが大きいので色々詰め込められて便利です

20lのドライバッグでおすすめなのが、こちらの2wayドラム型ドライバッグで、こちらはかなり安価で購入することができるドライバッグです。

荷物をたくさん入れたいという方や、普段使いしているくらいの大きさのドライバッグが良いという方には20lくらいの大きさがおすすめのサイズです。始めてドライバッグを使用してみたいけれどもどんな物なのか未知数だという方に試しに購入してみるのにもおすすめ度の高い製品と言えます。

価格は安いですが、口を綴じれば空気抜けもなく防水力もしっかりとしているので安心して使用することができます。

40lでおすすめは?

StreamTrail ストリームトレイル 防水バッグ DRY TANK D2 40L
StreamTrail ストリームトレイル 防水バッグ DRY TANK D2 40L

¥ 17,280

口コミ

作りや背負った感じもしっかりしていていい物だと思います。 40Lはかなり大きいので、小さい方には物の出し入れがしにくいのではと思います。

40lのドライバッグでおすすめなのが、StreamTrailの防水バッグDRY TANKです。40lはかなりの大容量なのでがっつりと荷物を詰め込みたい方におすすめの製品と言えます。

こちらはツーリングやダイビングなどで遠征をするような方にも人気のある製品です。かなりしっかりとした作りなのでキャンプや登山などにもおすすめです。ドライバッグにはめずらしくポケットも付いています。

ポケットは小さくて薄型なので、カードなど薄い物くらいしか入れられませんがダイビングのCカードやちょっとした小銭などを入れておくのには便利なのでおすすめです。

おすすめのドライバッグメーカー・ブランド3選!

こちらではドライバッグを取り扱っているメーカー・ブランドの中から特におすすめの3社をご紹介していきます。合わせて各社の代表製品もご紹介していくのでドライバッグ選びのご参考にご覧ください。

おすすめブランドその1 エクスペド

エクスペド フォールドドライバッグ UL S 5L s
エクスペド フォールドドライバッグ UL S 5L s

¥ 2,052

最初におすすめするブランドはエクスペドです。エクスペドは登山家などに人気のブランドで登山用品などを取り扱っています。

そんなエクスペドの代表製品としてご紹介するドライバッグは、人気ランキング4位でもご紹介したフォールッドライバッグULです。こちらは超軽量タイプの製品で、半透明の素材を使って作られているので中身が外側からでも把握することができます。登山などで少しでも荷物の軽量化をしたいという方にはとてもおすすめです。

他にもファーストエイドキット用のドライバッグなども取り扱っていて、緊急時にも一目で救急用品が入っているとわかるようなデザインなのでこちらもおすすめです。

おすすめブランドその2 Wolfyok

ドライバッグ Wolfyok(TM) 3way 防水バッグ 10L/20L容量
ドライバッグ Wolfyok(TM) 3way 防水バッグ 10L/20L容量
口コミ

スポーツ&アウトドア用に購入。 そんなに大きくなくてもいいかなと思い10Lを購入。 値段の割に質感も良くしっかりとした作り。納得のいく防水力だと思います。

次におすすめしたいブランドはWolfyokで、多くのスポーツ用品やアウトドア用品などを取り扱っているブランドです。

そんなWolfyokの代表製品のドライバッグは人気ランキング5位でもご紹介した3wayドライバッグで、こちらはリーズナブルな価格ながら品質が良く、コストパフォーマンスの高さが人気のドライバッグです。

ポップな色味と大きなロゴが特徴的でプールや海はもちろんの事、普段使いにもおすすめできる製品です。コストパフォーマンス重視の方やポップなデザインが好きだという方におすすめ度の高い製品と言えます。

おすすめブランドその3 オルトリーブ

ORTLIEB(オルトリーブ) ドライバッグ PS10バルブ K2223
ORTLIEB(オルトリーブ) ドライバッグ PS10バルブ K2223

¥ 4,320

口コミ

濡らしたくないものを入れて防水にしたりできます。 気密性も秀逸ですが、バルブ付きなので中の空気をしっかり抜くことができ、最小限の容積で持ち運べるのが実用的です。

最後におすすめするブランドはオルトリーブです。オルトリーブは多くのドライバッグをはじめとした機能的なバッグやアウトドア製品を取り扱っているブランドです。

そんなオルトリーブの代表製品としてご紹介するドライバッグは、人気ランキング1位でもご紹介したドライバッグPS10バルブK2223です。こちらは気密性の高さと防水性の高さが人気のドライバッグです。

空気抜きのバルブが付いているのも特徴で、しっかりと口を綴じた後に中の空気を抜くことができます。そのため荷物の大きさを最小限にすることができるので、アウトドアなどで使用しない時には旅行の圧縮袋代わりに使用することもできてとても便利な製品です。

他にも多くの防水力の優れたバッグを取り扱っているので、ドライバッグ選びの際にはチェックしてみることをおすすめするブランドの1つです。

ドライバッグの活用方法!

ここまでは多くの種類のドライバッグをご紹介してきました。ここからはそんなドライバッグの便利な活用方法についていくつかご紹介していきます。

アウトドア用というイメージの強いドライバッグですが、防水性が優れていて丈夫なので実は他にも多くのシーンで活躍することができます。今回はその1部をご紹介していくので、他にも良いアイディアがあればどんどん活用していくこともおすすめです。

通勤・通学用としても便利!

防水性が高いということで、実は通勤・通学用の鞄として使用するのもとてもおすすめです。容量の大きな物を選べばパソコンやA4の書類なども問題なく収納することができるので雨や雪の日などに大切な仕事道具や勉強道具を守ることができます。

また、汚れがついてもすぐに水拭きすることができたり、丸洗いすることもできるので常に綺麗な状態で使用することができるのも良い点です。デザイン面での不安がある方もいますが最近では四角いタイプのドライバッグもあり、黒やグレーなどのシックな色を選べばビジネスシーンでも問題なく使用することができます。

しっかりと閉めれば台風が来ても中身を守ることができるので、雨の日の通勤・通学のストレス軽減にもなりとてもおすすめです。

防災バッグとして常備!

耐久性が高く、防水力もあるということで防災用の備蓄バッグとして使用するのもとてもおすすめです。大雨や浸水被害の場合には折角備蓄していた防災グッズが濡れてしまってダメになってしまったという事も良く耳にします。

どんな災害に見舞われるか分からない現在なので、防水対策としてもドライバッグはとても役に立ちます。また目立つ色が多いので、暗闇の中でも見つけやすいというのも防災バッグとして向いている点なので、あえて派手な色の物を選ぶのもおすすめです。

大容量の物を置いておけば食料からライト、大切な貴重品などもまとめて入れておくことができるのでおすすめです。大きな物を家族用に、個人用に少し小さな物をそれぞれ用意しておくというのも良いです。

フェスにもぴったり!

色が派手で可愛くて防水力があり汚れにも強いのでドライバッグはフェスの荷物を入れるのにもぴったりのバッグで、可愛い物を持ちたいけれども汚れるのが嫌だという方にも汚れが付きにくく、ついてもしっかり洗うことができるドライバッグはとてもおすすめです。

デザイン自体はシンプルな物が多いですが、その質感には存在感がありファッションの一部としても成り立つので良いです。そして急な雨でも中身が濡れる心配がないので使い勝手がとても良くおすすめ度が高いと言えます。

フェスで使わない時にはプールや海に持って行くこともできるので、夏をエンジョイしたい方は夏前に購入しておくことをおすすめします。

どんな人にも便利なドライバッグ!

今回はドライバッグの種類や選び方、おすすめのドライバッグや活用方法をご紹介してきました。今まではドライバッグはアウトドアをする人の物というイメージが強かった方もそのイメージが少し変わったのではないでしょうか。

ドライバッグは使い方次第で老若男女問わずどんな方にも便利に使えるとても優れたバッグです。普段使いはもちろんのこと、旅行や災害時の緊急用など、日常から緊急時にバカンスまで多くのシーンで活躍することができます。

メーカーやブランドによっては救急袋用のドライバッグを販売している所もあり、そういった使用方法もおすすめです。記載されている使用方法にとらわれずに自由な発想でドライバッグを使用すればより快適な生活が送れる可能性が広がります。

お気に入りのドライバッグを見つけて、その一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

Related