Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月13日

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングは人気の高いスポーツフィッシングです。ライトショアジギングをはじめたいと思っている方に、おすすめのライトショアジギングリールをご紹介します。おすすめリールを知って、楽しくライトショアジギングをはじめてみましょう。

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングリールの種類と選び方

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングという人気のスポーツフィッシングをご存知でしょうか。ルアーを使って防波堤や海岸などから、ヒラメやシーバスなどといった獲物を狙うルアーゲームです。岸から狙う事ができるため、初心者でもはじめやすいスポーツフィッシングといえます。

堤防から30グラム程度のジグを使って投げ入れる方法で釣りをしますが、狙える獲物の中には高級魚も多く人気も高いため、これからはじめてみたいという方もいらっしゃるでしょう。そのような方のために、今回はライトショアジギングに必要なおすすめのリールをご紹介します。

ライトショアジギングのおすすめリールを知って、お気に入りのライトショアジギングリールをみつけましょう。ライトショアジギングリールを選ぶ時の参考にしてください。

ライトショアジギングリールの種類

ライトショアジギングリールにはさまざまな種類があります。大きく分けて「スピニングタイプ」と「ベイトタイプ」の2つの種類がありますが、タイプ別におすすめのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スピニングリール

「スピニングタイプ」のリールは、浅く広い範囲で探る場合におすすめです。42グラム以下のメタルジグを使って遠くまで飛ばすことができます。ライトショアジギングのリールは主にスピニングリールを使う事が多く、初心者でも安心して使う事ができるおすすめのアイテムです。

スピニングリールといってもさまざまな大きさや特徴がありますが、はじめてライトショアジギングを行う方は、スピニングタイプのリールを選ぶことをおすすめします。

ベイトリール

ライトショアジギングにはあまりおすすめできませんが「ベイトタイプ」のリールもあります。丁寧な探りをしたい方にはベイトリールがおすすめですが、キャスティングには多少の慣れた方でなければおすすめできません。太いラインが巻ける事や、重さのあるメタルジグを使っても快適な釣りを楽しむことができるリールです。

ライトショアジギングリールの選び方

ライトショアジギングのリールをどのようにして選べばよいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方のために、おすすめのライトショアジギングリールを選ぶためのポイントをいくつかご紹介します。

安くても問題なく使うことのできる性能を持つリールもありますし、長く使いたいという方は大手メーカーの中価格帯のリールを使ってみてはいかがでしょうか。他にもライトショアジギングリールを選ぶためのおすすめポイントをおさえてから選ぶようにするとよいのではないでしょうか。

リールサイズ

ライトショアジギングに関わらず、リールにはサイズがあります。3000番や4000番といった番号で分けられており、メーカーによってサイズの基準が異なりますので、選ぶ際にはメーカーのサイズを確認することがおすすめです。

ライトショアジギングには一般的に3000番以上のリールがおすすめといわれていますが、一概に番号で選ぶことはおすすめできません。番号のサイズで購入し、実際は少々小さかったという事もありますので気をつけましょう。

もしメーカーで選ぶ場合、ダイワであれば3000番以上、シマノであれば4000番以上と覚えておくことをおすすめします。

ギア比

ライトショアジギングリールを購入する際、確認しておきたい数字が「ギア比」です。ギア比が高いリールはライトショアジギングにおすすめです。その理由として、ルアーアクションの多さがあげられます。

ギア比が5.0以上のリールは、ライトショアジギングに向いているといわれており、リールで巻き取る回数が多くなるため、巻き取り量を考えてリールを選ぶことをおすすめします。

ドラグ力

リールの性能に記載されている「ドラグ力」とは、ドラグを強く締めるとラインを出すのが難しく、開けていると楽な力でラインを出すことができますが、ライトショアジギングの際には6割から8割程度ドラグを締めた状態で釣りをおこないます。その際の耐えられる力を数値化したものがドラグ力です。

ドラグ力が高ければ高いほど、締めた状態で耐えられる力が高いという事になります。ライトショアジギングの場合、リールのドラグ力4キロから6キロ程度がおすすめです。

重さ

あまり疲れないように、リールの重さは軽いものを選ぶ方がおすすめといわれています。リールが軽ければ楽ですが、重すぎると疲れてしまう原因になってしまうため、重さには注意しなければなりません。

しかし、ライトショアジギングは遠くにルアーを飛ばす動作が多いスポーツフィッシングで、より遠くへ飛ばすためには重さもある程度必要になってくるので、ロッドに合わせて重さを選ぶことがおすすめです。

最低でも250グラムから350グラムまでの重さがあった方がよいでしょう。ライトショアジギングロッドの長さによって重さを確認して選ぶことをおすすめします。

糸巻量

ライトショアジギングに必要な糸巻量は、PEラインの太さのサイズによります。0.8号以上の太さがおすすめで、一般的には1.2号のサイズを使う事が多いです。200メートルほど巻くことができれば十分キャスティングで遠くに飛ばすことができます。

1.0号サイズで400メートル、2.0号サイズで200メートルの糸巻量があることがおすすめです。自分の必要な量を考えて購入しましょう。

最大巻き上量については70センチほどあると良いのではないでしょうか。巻き数が多いと疲れにくいという事もありますので、80センチや90センチの巻き上げ量があるアイテムを選ぶのもおすすめです。

ライトショアジギングリールおすすめTOP3

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングリールのおすすめアイテムにはどのような人気リールがあるのでしょうか。人気の高いおすすめライトショアジギングリールをランキング形式でご紹介します。どのようなリールを選んだらよいのか迷ってしまうという方は、おすすめランキングを参考にリールを選ぶようにしましょう。

おすすめランキング第3位「ダイワ ヴァデル」

ダイワ ヴァデル3500H
ダイワ ヴァデル3500H

¥ 22,140

口コミ

3500のハイギア更にマグシールドと言う事だけで購入 船でジギングでもオカッパリでも問題なく 利用出来ました。

ダイワの防水テクノロジーである「マグシールド」を搭載したリールで、オフショアやライトジギングなどにもおすすめのアイテムです。

おすすめランキング第2位「シマノ サステイン」

シマノ サステイン4000XG
シマノ サステイン4000XG
口コミ

XGですが巻きはかなり軽いです、 またパワーもあり、60cmのハマチを楽々引き寄せました。 この機能で実売3万円以下とは驚きです。

強さと強度をコンセプトにしたシマノのサステインシリーズです。防水性の高さで、ライトショアジギングだけではなく、オフショアジギングなどにもおすすめできます。

おすすめランキング第1位「ダイワ セルテート」

ダイワ セルテートHD 4000SH
ダイワ セルテートHD 4000SH

¥ 52,920

口コミ

久しぶりにダイワのリールを買いました。 使い心地は巻きは滑らかで良いです。

最新機能を持ったダイワのセルテートは、ローターの軽量化とバランスの追求、高い回転性能を実現したモデルです。

特徴・用途別おすすめのライトショアジギングリール

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングリールにはさまざまな特徴があります。特徴や用途に合わせてリールを選ぶこともおすすめです。初心者用のライトショアジギングリールの他に、中級者や上級者向けのリールもありますので、ライトショアジギングに求めるリールを自分の好みに合わせて選ぶ事ができます。

特徴や用途を考えるとともに、自分の好みのライトショアジギングとはどのようなものかも考えてみましょう。

安い

シマノ リール 17 セドナ 4000XG
シマノ リール 17 セドナ 4000XG
口コミ

今まで2500番までしか使ったことが無かったので、これは飛距離が伸びて良いです。しかも、軽いです。

手ごろな値段で購入することができるリールですが、安定した操作性と確かな造りで初心者でも安心して使う事の出来るリールとなっています。

ハイギア

シマノ (SHIMANO) スピニングリール ジギング 15 ツインパワーSW 8000HG
シマノ (SHIMANO) スピニングリール ジギング 15 ツインパワーSW 8000HG

¥ 75,924

口コミ

さすがと言うしかないですねバイオマスターを長らく愛用してきましたでが少し性能の限界を感じていましたのでこちらを購入しました。ツインパワー最高です

圧倒的な力をもつハイパワーのスピニングリールです。強さを追求したモデルで、強力な巻き上げによってソルトゲームを楽しむことができます。

2500

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 セルテート 2500
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 セルテート 2500

¥ 45,900

口コミ

交換後は箱も商品もとてもきれいで、商品自体も問題なく素晴らしい商品を届けてくださいました。ありがとうございました。

防水、耐久、回転性能が向上したダイワのスピニングリールです。魚の引きに追従しながら滑らかに効くオートマチックドラグシステムを搭載しています。

5000

シマノ スピニングリール 13 ステラ SW5000XG
シマノ スピニングリール 13 ステラ SW5000XG

¥ 116,856

口コミ

他の方も書かれている通り、箱に傷があります。中身は綺麗で傷一つなく満足しています。 通販で最安値だったので箱の傷はよしとしておきます。

強さと滑らかさをあわせもった高性能のスピニングリールです。

ライトショアジギングおすすめグッズ

ライトショアジギングをはじめるためにロッドやリールを揃えることはもちろんですが、その他にもライトショアジギングにおすすめのグッズをご紹介します。ライトショアジギングをはじめるために必要なアイテムを、ご紹介するおすすめグッズの中から揃えてみてはいかがでしょうか。

クーラーボックス

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り ライトトランク4 GU3000RJ ブルー
ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り ライトトランク4 GU3000RJ ブルー
口コミ

50Lを使ってましたが、船の乗り降りが少し大変なのと、ほとんどクーラーを満杯にすることは無いので、この30Lがピッタリでした。

大容量で保冷力の高いクーラーボックスです。ライトショアジギングだけではなく、さまざまなアウトドアシーンで活用することをおすすめします。

玉網

TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122
TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122
口コミ

だいぶ使用したが、破れなどはなく作りは丈夫。 接続部分が値段相応だが、使用や強度に問題はない。 バッグに入るので持ち運びが楽。

ワンタッチで折りたたむことができる玉網です。

サイズ別おすすめのライトショアジギングリール

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめのライトショアジギングリールのサイズ別アイテムをご紹介します。ライトショアジギングリールのサイズは番号で表示されているため、わかりやすくサイズで選ぶことはおすすめです。しかし、メーカーによってサイズの番号が違いますので気をつけましょう。

3000番

3000番のサイズは、ライトショアジギングリールでは一般的なサイズになります。ダイワのリールであれば3000番台がちょうどよいサイズといえるでしょう。

ダイワ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 EM MS 3012H (3000サイズ)
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 EM MS 3012H (3000サイズ)

¥ 25,164

口コミ

2回使用しましたが、よく手になじみ、巻き上げ感もなめらかです。丁寧に作り込んでいる製品という印象です。

防水機能付きのリールで、軽量コンパクトなアイテムとなっています。青物やシーバスなどをターゲットにする時におすすめです。

ファイブスター

スピニングリール ファイブスター オールピンク 3500
スピニングリール ファイブスター オールピンク 3500

女性に人気のピンクで可愛らしいリールになります。ライトショアジギングをはじめてみたいという女性のために可愛らしいピンクのカラーで楽しくはじめてみてはいかがでしょうか。

4000番

ライトショアジギングで4000番がおすすめなのはシマノのリールになります。シマノの3000番はダイワの3000番と比べると小さめに感じる事がありますので、気をつけましょう。

ダイワ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ヴァデル 4000H
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ヴァデル 4000H

¥ 22,140

口コミ

安いので気兼ねなく使えます。 重量もそこそこなのでサーフ、ロックショア、堤防と場所を問わずガンガン使っています。

防水テクノロジーを駆使したダイワのリールです。滑らかな回転性能と防水構造で扱いやすいアイテムとなっています。

enkeeo

enkeeo スピニングリール
enkeeo スピニングリール
口コミ

この価格帯のスピニングを複数使用してきましたが 1番コスパが良いと感じました! リピ買いしました!!

手軽に釣りを楽しみたい方におすすめのリールで、初心者でも扱いやすいアイテムです。回転能力に優れ、逆回転防止付きで簡単に釣りを楽しむことができ、あらゆる釣りで使用することができます。

1500番

1.0号が200メートルほど巻くことができるサイズで、極細のラインに向いています。渓流釣りなどに使用されることもあるサイズのリールです。

オクマ

okuma(オクマ) リール サフィーナ 1500
okuma(オクマ) リール サフィーナ 1500
口コミ

届いて早速フィーリングを確認してみると、重量はあるもののシッカリしています。 巻きも低価格帯で考えるとそんなに悪くありません。

スムーズな巻き取りを重視したオクマの楕円ギアモデルリールになります。

ダイワ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 1500 糸付 2号-100m
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 ジョイナス 1500 糸付 2号-100m
口コミ

ワゴンセールのリールと比べればかなりいいです! しかし、びっくりするほど良くはない。 性能はDaiwaなのでまちがいないです!

アジングやメバリングにおすすめのリールです。回転性能と耐久性を兼ね備えた糸付きの汎用スピニングリールです。

6000番

6000番は真鯛などを釣りたいときにおすすめのサイズです。ヒラマサなどを狙う時にも太いラインを巻けるリールがおすすめです。

カストキング

カストキング(KastKing) スピニングリール リアドラグ Sharky BaitfeederIII
カストキング(KastKing) スピニングリール リアドラグ Sharky BaitfeederIII
口コミ

このクラスのリールだと国産ブランドだと数万が相場。確かに店頭で触ってみた感じでは高級感もあり、堅牢性・耐久性が高いというのは理解できるもののライトユーザーにはオーバースペックかなと

海水、淡水の両方に対応しているリールで、耐久性も高く調整ノブも付いています。カーボンファイバーフロントドラグとベイトランナーリアドラグシステムを搭載したモデルです。

シマノ

シマノ (SHIMANO) リール アリビオ 6000 6号150m 糸付
シマノ (SHIMANO) リール アリビオ 6000 6号150m 糸付
口コミ

この価格で性能は抜群です。気にいったので4つ購入しました。今まで使ってた¥10,000 以上のリールより良いです。 今はメインのリールに使っています。

カレイやキス、カンパチ、ヒラマサなどをターゲットにした釣りにおすすめのリールです。価格も手ごろでお財布にも優しいリールです。

おすすめのライトショアジギングリールメーカー3つ

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングをやってみようと考えている方に、リールやロッドのおすすめメーカーを3つご紹介します。お気に入りのメーカーを見つけることで、サイズ違いや使い勝手の違いなどを感じることなく、ライトショアジギングを楽しむことができるのではないでしょうか。

ダイワ

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3012H (3000サイズ)
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 3012H (3000サイズ)

¥ 9,720

口コミ

レブロスは以前から愛用しており、何個も持っていますが、以前のものより進化していますね。普通に使うには必要十分だと思います。

リールだけではなくロッドなど釣り用品を取り扱う総合メーカーのダイワは、初心者の方からベテランの釣り師まで、多くの人に信頼されています。レブロスは海水でも淡水でも使いやすく、どのようなリールを選んだらよいのかわからないという方にもおすすめのアイテムです。

シマノ

シマノ(SHIMANO)ショアジギング リール 16 ナスキー 4000XG
シマノ(SHIMANO)ショアジギング リール 16 ナスキー 4000XG
口コミ

4000番でも軽量化で軽くバランスがセンターにあり、使いやすそうです。

日本の釣り具メーカーであるシマノのナスキーは、シマノの先端テクノロジーを堪能できるシリーズのリールです。高い防水性能を誇り、ライトショアジギングだけではなく、さまざまなフィッシングゲームを楽しむことができます。

カストキング

カストキング スピニングリール
カストキング スピニングリール

¥ 2,203

口コミ

気にはなってたけど、割と心配だったけど、届いてみたら思ったより良い物でした。

アメリカのスポーツフィッシングアワードを受賞したこともあるカストキングのリールは、コストパフォーマンスの高いベーシックモデルのスピニングリールです。最大ドラグ力が6キロで、船や川などのハードな使用にも耐えられるモデルとなっています。

ライトショアジギングリールの使い方・活用方法

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングリールの使い方や活用方法をご紹介します。ライトショアジギングリールの使い方を考えることで、よりライトショアジギングを楽しむことができるのではないでしょうか。基本的な使い方やトラブルの対処方法などをご紹介します。

ルアーアクションを考える

ライトショアジギングではルアーのアクションを考えなければなりません。ルアーアクションによって小魚が泳いでいるように見せ食いつかせます。そのような場合、基本的な動作としてリトリーブというものがありますが、これはリールを巻くという意味です。

ただリールを巻くだけではなく,停止させたり、ゆっくり巻いたりと一定のアクションをしながらルアーアクションを楽しみましょう。

PEラインのトラブル

ライトショアジギングだけに関わらず、PEライントラブルは起こりやすく、対処方法を知っていると便利です。ライトショアジギングのPEラインは特にトラブりやすいとも言われているため、注意が必要です。

水を吸収しやすい素材でできているPEラインは、密着しやすく絡まりやすいので、巻くときのテンションを強めたり、重いルアーに付け替えてテンションを張りながら巻いていくなどの工夫をすることがおすすめです。

他にはラインのコーティング剤なども売っていますので、コーティング剤を吹きかけておくこともライントラブル防止に役立つのではないでしょうか。

ライトショアジギングを楽しもう

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP3

ライトショアジギングリールについて、さまざまなおすすめアイテムをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ライトショアジギングを楽しむためには、道具選びは大切なポイントの一つになります。

自分のお気に入りアイテムを使用することによって、楽しくライトショアジギングをおこなう事ができます。おすすめのメーカーや、リールのタイプなどを考えて自分のスタイルに合ったアイテムを選ぶようにすると良いでしょう。

Related