Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月29日

ミニ四駆用モーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

一世を風靡したミニ四駆がふたたびブームとなっています。ではどのようなモーターを使えば自分に合ったミニ四駆が完成するのでしょうか。またどのようなモーターが好ましいのでしょうか。ここではミニ四駆の中心となるパーツのモーターについて考えてみます.

ミニ四駆用モーターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ミニ四駆モーターとは

ミニ四駆とは、模型メーカーのタミヤが発売している小型の動力付き自動車プラモデルで、小型の模型モーターを搭載した四輪駆動型の模型です。このミニ四駆に搭載されているモーターを「ミニ四駆モーター」といいます。

ミニ四駆モーターは、普通のプラモデルに付属しているモーターと違い、高出力、高トルクのモーターで、ミニ四駆の走行性能などを向上させることができます。

ミニ四駆はノーマルモーターでも十分走らせることができますが、モーターを交換してカスタマイズすることにより、ミニ四駆の性能を100%出すことができます。しかしモーターだけではなく、ボディやバッテリーなども同時にカスタマイズしなければ性能を100%発揮できませんし、カスタマイズのやり方によっては、100%以上の性能が発揮できます。

ミニ四駆用モーターの種類と選び方

ミニ四駆のモーターにはどのようなものがあるのでしょうか。またどのように選べば良いのでしょうか。ここではミニ四駆のモーターの種類と選び方を考えてみます。

ミニ四駆用モーターの種類

ミニ四駆に使われるモーターはどのような種類があるのでしょうか。またどのような用途に使われるのでしょうか。ここではミニ四駆に使われているモーターを紹介します。

片軸モーター

タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.477 ハイパーダッシュ3モーター 15477
タミヤ グレードアップパーツシリーズ No.477 ハイパーダッシュ3モーター 15477

¥ 432

口コミ

タミヤミニ四駆用モーターの中でも一二いの インパクトです。 いい走りしています。

片軸タイプは、モーターのシャフトが片側に出ていて、MS、MAシャーシ以外で使用でき、車体の前方または後方に、モーターを横置きでセットします。「ハイパーダッシュ3モーター15477」は直線性能に優れています。

両軸モーター

タミヤ グレードアップ No.375 GP.375 ハイパーダッシュモーターPRO 15375
タミヤ グレードアップ No.375 GP.375 ハイパーダッシュモーターPRO 15375

¥ 454

口コミ

3周、4周と回数重ねるとトップスピードになりますね!胸のすく走りで大満足!!!

両軸タイプは、シャフトが両側に出ていて、MS、MAシャーシで使用でき、車体の中央に、モーターを縦置きでセットします。「ハイパーダッシュモーターPRO15375」は直線性能に優れています。

カスタマイズ用モーター

ミニ四駆モーターには大きく分けて、「ノーマル」、「チューン系」、「ハイパワー&ハイスピード系(ダッシュ系)」の3つの種類があり、走行に合わせて使い分けることができます。

チューン系モーターには、「回転数重視型のレブチューン」、「トルク重視型のトルクチューン」、「中間的なアトミックチューン」があります。

これらのモーターは、走行性能を大きく左右しますが、それぞれ使用用途が違いますので、自分のミニ四駆に合わせて、モーターを使用することになります。

ミニ四駆用モーターの選び方

ミニ四駆はノーマルで走行させるなら、ノーマル仕様のモーターで済みますが、より早く走行させるためには、走りに見合ったモーターを使用することになります。まず自分がミニ四駆をどのように走らせたいかを考えなければなりません。

高速走行を重視したいのなら、「ダッシュ型モーター」、パワーを重視したいのなら、「トルクチューン型モーター」を検討します。モーターは色々な種類がありますが、大きく分けると、この2つになります。ダッシュ型は高速走行向きですが、パワーは小さいです。トルクチューン型は高速は不向きですが、パワーがあります。どちらもおすすめのモーターです。

ダッシュ型とトルクチューン型を合わせた、「ハイパーダッシュ型」もありますが、初心者には使いこなせないので、おすすめはできません。まずダッシュ型か、トルクチューン型でミニ四駆の走行に慣れてから使うのがベストです。

ミニ四駆用モーターおすすめ人気ランキングTOP3

ミニ四駆のおすすめモーターには、どんなものがあるのでしょうか。なぜおすすめなのでしょうか。ここではミニ四駆のおすすめモーターをランキングで考えてみます。

おすすめランキング3位:「GP.485」

GP.485 レブチューン 2モーター 15485
GP.485 レブチューン 2モーター 15485

¥ 389

おすすめランキング3位は、「タミヤ グレードアップパーツ GP.485 レブチューン 2モーター 15485」です。回転数重視型のレブチューンモーターで、高速回転に適した仕様となっています。

トルクは小さいですので、大径タイヤには不向きです。ミニ四駆に組んだ場合は直線の多いコースで性能を発揮します。トルクがありませんので、カーブの多いコースではコースアウトする場合もあります。スペックは次のとおりです。

適正電圧: 2.4-3.0V
推奨負荷トルク: 1.2-1.5mN・m
回転数RPM: 13400-15200r/min
消費電流: 1.6-2.0A

トルク重視でないので、消費電流も少ないです。そのため耐久型レースや高速レースに向いていますので、高速レースなどにはおすすめです。

おすすめランキング2位:「GP.484」

 GP.484 トルクチューン 2モーター 15484
GP.484 トルクチューン 2モーター 15484

¥ 389

口コミ

ミニ四駆に使用。 2つは持っておきたいところです。 うまく慣らせばハイパー要らずです。

おすすめランキング2位は、「タミヤ グレードアップパーツ GP.484 トルクチューン 2モーター 15484」です。トルク重視のトルクチューンモーターで、トルク重視の回転に適した仕様となっています。

トルクが大きく、大径タイヤの使用も可です。ミニ四駆に組んだ場合は、カーブの多いコースに適しています。トルクが大きいのでカーブの多いコースでは、ミニ四駆本体にもコースアウトしないようにセッティングしなければなりません。スペックは次のとおりです。

適正電圧: 2.4-3.0V
推奨負荷トルク: 1.6-2.0mN・m
回転数RPM: 12300-14700r/min
消費電流: 1.7-2.0A

トルク重視なので、消費電流は大きめです。そのため耐久レースなどには不向きですが、直線レースではダッシュ力が優れています。ダッシュ力の必要なレースにはおすすめです。

おすすめランキング1位:「GP.486」

GP.486 アトミックチューン 2モーター 15486
GP.486 アトミックチューン 2モーター 15486

¥ 389

口コミ

ヘビーなカスタムをしないならこれで十分。我が家はMA、MS以外はコレです。

おすすめランキング1位は、「タミヤ グレードアップパーツ GP.486 アトミックチューン 2モーター 15486 」です。ハイスピードコースからテクニカルコースに適した仕様となっています。

トルクとスピードを両立できるモーターなので色々なコースに対応できます。ミニ四駆に組んだ場合は、多様なコースに適しています。トルクが大きく、スピードも出るのでカーブの多いコースでは、ミニ四駆本体にも、それなりのセッティングしなければなりません。スペックは次のとおりです。

・適正電圧: 2.4-3.0V
・推奨負荷トルク: 1.5-1.8mN・m
・回転数RPM: 12700-14900r/min
・消費電流: 1.8-2.2A

トルクとスピードを両立させているモーターなので、どのミニ四駆にも使える、おすすめのモーターです。

特徴・用途別おすすめのミニ四駆用モーター

ミニ四駆には色々なモーターがあり、それぞれに特徴や用途があります。自分がどのような走行をしたいのかを極めるために、おすすめのモーターを考えます。

両軸

GP.375 ハイパーダッシュモーターPRO 15375
GP.375 ハイパーダッシュモーターPRO 15375

¥ 454

口コミ

3周、4周と回数重ねるとトップスピードになりますね!胸のすく走りで大満足!!!

両軸のモーターはMS、MAシャーシ専用のモーターで、車体の中央に、モーターを縦置きでセットします。このモーターの特徴は車体の中央にセットされているので、前輪と後輪をシャフトを使わずに直接回すことができます。

このモーターはモーターの両方に回転軸が出ているのが特徴です。そのため前後のタイヤそれぞれに動力を伝え、回転ロスを抑えることができます。モーター自体もダッシュ型とトルク型がありますが、ハイスペックのモーター以外は消費電流を少なく抑えられていることはおすすめです。

両軸のモーターはバランスの良い走行ができる半面、モーターが中央にあるため、カスタマイズすると全体が大きくなってしまいます。そのためカスタマイズ時にはコースに入るようにするための注意が必要になる場合があります。それ以外はおすすめのモーターです。

初心者

GP.486 アトミックチューン 2モーター 15486
GP.486 アトミックチューン 2モーター 15486

¥ 389

口コミ

ヘビーなカスタムをしないならこれで十分。我が家はMA、MS以外はコレです。

ミニ四駆はノーマルの状態では坂のあるコースでは坂を登れません。そこでカスタマイズすることになります。初心者におすすめのミニ四駆のモーターは色々ありますが、最初は万能コースに対応したカスタマイズをすると良いです。おすすめは「アトミックチューン2モーター」です。

万能コースでミニ四駆を走らせると、コースの状態でミニ四駆の動きがわかってきます。その状態でマイナス面が出てきたら、それに見合ったモーターをカスタマイズをしていけば良いです。

トルクが足りないと感じれば、トルク重視のモーターに変更すれば良いですし、ダッシュ力が足りないなら、ダッシュ型のモーターにすれば良いです。ただし走行性能はモーターだけでは決まりませんので、バランスの良いカスタマイズが必要となります。

maシャーシ

ミニ四駆 MAシャーシ ブラック 単品販売
ミニ四駆 MAシャーシ ブラック 単品販売
口コミ

マシンをブラックで統一したかったのでとてもカッコ良く仕上がりました。

MAシャーシは両軸モーターを採用した、初心者にオススメなポテンシャルの高いシャーシです。ダブルシャフトモーターを車体中央にミドシップマウントし高性能な走りが楽しめる新世代のミニ四駆です。

このシャーシーに搭載できるモーターは両軸で、そのため駆動は前後別のダイレクトドライブになっています。そのため駆動用のシャフトがなく、モーターの動力を直接タイヤに伝えることができます。

このシャーシーは改造が手頃で、「ローハイトタイヤ&ワンウェイホイールセット」を使用した改造ができ、高い安定性を持つミニ四駆になります。ハイスペックのモーターを搭載して、足回りの改造をすれば、初心者でも高性能のミニ四駆を作ることができるので、おすすめのシャーシーです。

arシャーシ

ミニ四駆 ARシャーシ メタリックグレイ 単品販売
ミニ四駆 ARシャーシ メタリックグレイ 単品販売
口コミ

基本的に趣味の買い物は自分のお小遣いの範囲で買わせていますので、息子は必死にネット検索してこちらを見つけた時は「お小遣いで買える~!」と大喜びしていました。

ARシャーシはレーシングカー理論を取り入れて、エアロダイナミクスを追求したシャーシです。また、パーツ取り付けポイントを豊富に用意するなど拡張性も重視したとなっています。

抜群の整備性を誇る高剛性シャーシとなっていて、ARシャーシには6個のローラーを採用しています。そして電池も低配置なのが特徴となっていますし、サイドの拡張性も充実な82mmホイールベースとなっています。

このシャーシーを使ってミニ四駆を組むと、低配置の電池のせいで低重心になるため、コースアウトしにくくなりますので、初心者にはおすすめのシャーシーとなっています。オプションパーツも豊富で、カスタマイズもしやすいことも、初心者におすすめのシャーシーとなります。

おすすめのミニ四駆用モーターのメーカー・ブランド

モーターを作っているメーカーは多種ありますが、ミニ四駆でのおすすめのメーカーやブランドはあるのでしょうか。ここではモーターを作っているメーカーから、ミニ四駆におすすめのメーカーを考えます。

3つのメーカー・ブランドの代表製品

ミニ四駆モーターは主に「タミヤ」が製造、販売していますが、他社も製造、販売しています。ここではミニ四駆関連のモーターを扱っているメーカー・ブランドを紹介します。

タミヤ

タミヤ GP.186 プラズマダッシュモーター 15186
タミヤ GP.186 プラズマダッシュモーター 15186

¥ 886

口コミ

キット付属のREVチューンモーターが遅すぎてモーター交換を検討しておりました。公式レースには使えませんが、楽しむのには十分です。体感的にREVチューンの倍以上速い🎵

ミニ四駆のメーカーといえば、「タミヤ」で、ミニ四駆にジャストフィットする色々な種類のモーターを作っていますが、ミニ四駆とミスマッチするモーターはありません。

タミヤのモーターは次の10種類があります。
1、プラズマダッシュモーター
2、マッハダッシュモーター
3、ハイパーダッシュモーター
4、パワーダッシュモーター
5、ウルトラダッシュモーター
6、トルクチューンモーター
7、アトミックチューンモーター
8、レブチューンモーター
9、スプリントダッシュモーター
10、ライトダッシュモーター

これらのモーターは性能アップをするために搭載しますが、それぞれ特徴のある性能があります。そのため「こういう走りがしたい」という思いに応えますので、タミヤのモーターはどれもおすすめです。

童友社

上級者専用 超高回転モーター 覇王70000
上級者専用 超高回転モーター 覇王70000
口コミ

高回転型モーターで、制御が少し難しいですが、慣れれば問題ありません。

童友社のモーターは現在は製造していませんが、タミヤ以外で純正品にも引けをとらない性能のモーターなので、ミニ四駆の性能アップをしたいユーザーにおすすめのモーターです。

童友社のモーターは次の7つがあります。
1、超高回転チューンナップモーター 弾丸(ダンガン)
2、超高回転チューンナップモーター ドラゴン
3、超高回転チューンナップモーター ぶっとび
4、超高回転チューンナップモーター 烈風(トルネード)
5、超高回転モーター 覇王70000 (上級専用モデル)
6、最強の爆走パワー 闘魂 空冷2穴式
7、E-300高性能ハイダッシュモーターマッチ

童友社のモーターはタミヤと違いインパクトのある製品が多いです。そのため童友社のファンも多いです。

マブチ

AO-1001:FA-130ノーマルモーター
AO-1001:FA-130ノーマルモーター

¥ 162

口コミ

問題なく使えます 通常のミニ四駆のモーターサイズです おもちゃの修理に使いました

マブチは模型用モーターのメーカーとしては老舗で、模型以外のモーターも製造しています。マブチの名前でミニ四駆のモーターは販売していませんが、タミヤのモーターはすべてマブチ製です。またミニ四駆に付属しているノーマル仕様のモーターもマブチ製です。

そのためタミヤのモーターはマブチのモーターつくりのノウハウが活かされていますので、高度な技術のモーターが製造されていますが、その技術力がミニ四駆用のモーターに活かされていますので、ダッシュ力や高トルクのモーターでミニ四駆が面白くなっています。

マブチのモーターは回転がスムーズでブレの少ないですので、まさにおすすめのミニ四駆用のモーターと言えますし、各部品は高速回転にも耐えれる上に、長時間の動作にも耐えることができます。まさにマブチはモーターのおすすめメーカーです。

ミニ四駆用モーターの使い方・活用方法

ミニ四駆モーターは高出力、高トルクなので、ミニ四駆以外にも使い方や活用方法があります。ミニ四駆のモーターはマブチの規格なので、同じ型番なら他のプラモデルなどへの流用も可能です。この使い方でプラモデルも活気のある動きができるので、おすすめです。

プロモデルなら戦車がおすすめです。戦車はキャタピラですので、高回転になってもぶつかることも少ないですし、坂道や障害物も高トルクモーターなら、遊び心をくすぐられるので、おすすめといえます。

また模型にもモーターの規格さえ合えば、流用が可能です。飛行機やヘリコプターなどは高出力モーターなら、飛び上がることも軽くできますし、船ならハイスピード走行もできますので、おすすめです。

おすすめモーターなどでミニ四駆を走らせよう

ミニ四駆のモーターは、ミニ四駆を最大のスペックで走らせるために開発されていますが、その仕様は以前流行した時と比べると、飛躍的に向上しています。以前流行した時に遊んだ世代も、20代後半になっています。

あの頃は高くて買えなかったパーツが今は買えるようになり、またミニ四駆を始めてみようとおもっているユーザーも多いですが、そんなユーザーの思いは、おすすめのモーターやパーツで叶えることができます。

ミニ四駆は決して子供のおもちゃではありません。年齢を問わず遊べる素敵なプラモデルですが、おすすめのモーターやおすすめのパーツを組み合わせることで、オリジナルのミニ四駆が完成します。そんな夢を抱きながら、おすすめのミニ四駆を走らせていきましょう。

Related