Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バス釣りはカバーの釣りともい言われていて、場面に応じたラバージグの選択で、悩んでる方も多いのではないでしょうか?ここでは、ラバージグで釣る為に、おすすめのカーラー、ラバージグのタイプ、ロット、ライン、おすすめの身を守る為のカバーも、併せて紹してます。

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ラバージグの種類と選び方

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

バス釣りにおいて、非常に大事なルアーの一つにラバーシグがあります。ストラクチャーに潜みベイトを待っているのがブラックバスです。特に大きなバスは、お気に入りの場所に居座り、動きません。

倒木や杭などア夕ックするのが困難な場所を好むものですからガード力に優れたラバージグがおすすめです。ここからは、色々なラバージグの種類と選び方、それと今年のおすすめラバージグランキング、3位迄を紹介させていただきます。

ラバージグの種類

ラバージグと言っても幾つかの種類があります。フックのひっかりを防ぐための、ガードブラシに優れたラバージグや、深い所を攻めるのに適したラバージグなど、どんな特徴があるのか分かり易く紹介させていただきます。

フットボールヘット ラバージグ

エッグボールジグ
エッグボールジグ

¥ 842

遠投しやすく、ハードカバーに特別適したラバージグで、重りの部分にブラシが付いています。根掛りしにくくなっていて、ズルズルと底を引きずっても根掛かりにくいですし、小刻みにロットをしゃくり上げて、アクシヨンを付けても大丈夫です。大きくロットをシャアクリ上げると、フワッとスカート部分が広がりバスに対して強列なアピールになります。

エビやザリガニ系、もしくはポーク系などの水中の底に潜み動く、生物タイプのトレーラーと合わせて使うのが良いでしょう。

アーキーヘット ラバージグ

縦に長くガードブラシが付いていて、フットボールタイプのラバージグよりも、さらにガード力があります。倒木などの水中に沈みこんでるストラクチャーでは、見た目でかわすのが難しく、枝などがたくさん伸びてますから、ガードブラシの長いアーキータイプのラバージグがおすすめです。

ラーバージグタイプアーキー26 7g
ラーバージグタイプアーキー26 7g

ラバージグの選び方

シャロウカバーにはライトトレーラー、ディプーカバーにはヘビーウェィトのトレーラーといった具合に、水深によって変えてゆきます。またウィードなどを通して巻くときには、テイル系やピンテール系などでバスを誘います。

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、数あるラバージグの中から、おすすめのラバージグをTOP3からTOP1まで紹介させていただきます。

ランキング3位「 キャスティングジグ  」

キャスティンジグ 1/2oz
キャスティンジグ 1/2oz

ピンテール系などのトレーラーで巻いて良し、クロー系トレーラーなどで、カバーにも使えて幅広く攻めることができて、とてもおすすめです。

ランキング2「TAIL CM-595#06]

TAIL CM-595#06
TAIL CM-595#06

¥ 280

口コミ

スカート長くていい感じ。どこのスモラバでも釣れるけど、このクオリィティーでこの価格。買って損はないです。むしろ消耗品だと思えば大量購入有りです。

小ぶりサイズで、ベイトフィシュに似せたトレーラーを装着して、スイムさせるのがお勧めです。

ランキング1位「 ハイパーフットボールジグ」

 ハイパーフットボールジグ1/4zgビワコスペシャル
ハイパーフットボールジグ1/4zgビワコスペシャル

¥ 702

ヘビーカバー、ディープカバーと、奥深くに居座るバスを狙える、最強ジグ。このルアーをねじ込んでBIGバスを釣り上げます。

特徴・用途別おすすめのラバージグ

ラバージグはワームなどのトレーラーを付けて、場面場面でチョイスし、カバーに潜むバスに
アピールして食い付かせます。ピリピリと振動させてバスを食い付かせるピンテール系や、ベイトに似せてリールを巻きながら使うシャットテイル系、ヘビーカバーに潜むバスに対しては、ザリガニに似せたクロー系または複雑な動きでアピールさせるポーク系がおすすめです。

強力な、ヒラヒラとした動きでバスを惑わせる、カーリーテイル系、大きなシルエットでBIGバスを狙う、ギル系、これらを巧みに使い分けフィッシィングファイトで勝利を目指します。

ワーム

クローソルトウ㋾-ターパワーホック3インチ アカキン
クローソルトウ㋾-ターパワーホック3インチ アカキン

¥ 702

浅めのカバーには、軽くてナチュラルな、このトレーラーがおすすめです。バスに悟られずに身を伏せて、そっと近ずきます。シャロウーにいるバスは、小石の間にいる水性昆虫などを食べている可能性が高いので、小さめのラバージグにパワーホックを取り付けてキャストしましょう。

ディープストラクチャー

フラップクロー4インチ #08ブラック/レットクロー
フラップクロー4インチ #08ブラック/レットクロー

¥ 972

水中深くの、カバーに潜むバスには、これがおすすめです。奥へとラバージグを沈めたい訳ですから、重量も重めのラバージグが良いでしょう。底に着くまでフォーリングして待ちます。その際に、バスのアタリがあるので、ラインの動きをよく見てフッキングさせましょう。

ラーバージグにおすすめのロット

ラバージグは、カバーに潜むバスやザリガニ、水生昆虫などを狙うバスに、使用する機会がほとんどなので、折れにくいロットがおすすめです。ライトルアーからヘビールアーまで、それぞれに適したロットを紹介させていただきます。

ライトウェイトのラバ-ジグにおすすめのロット

プロトラスト ディゲーム ロット
プロトラスト ディゲーム ロット

軽くてキャストしにくい、ライトウェイトのラバージグ、遠投ができませんし、風の強い日には、簡単にキャストできるスピニングロットから始めるのがおすすめです。

ヘビーウェイトにのラバ-ジグにおすすめのロット

サイドワインダー
サイドワインダー

¥ 45,360

ベイトロットは重いルアーに適していて。キャストの際にサミングと言ってリールのライン部分を指で押さえながら、糸フケを防ぎます。これがべイトロットでは非常に大事で、押さえ忘れてしまうと、バックラッシュをおこしてしまいます。

バックラッシュすると、糸フケを直すのに1時間以上かかる事もあり釣りになりません。ひどいときは半日ムダにしてしまう事あり悲惨です。

トレーラー

ラバージグを使う際にはトレーラーと言って、ザリガニに似せたワームや、ベイトフィシュに似せたトレーラーを装置して使用します。ここでは、用途別におすすめのトレーラーを紹介させていただきます。

ピンテール系のおすすめトレーラー

BLADEZIG ECO
BLADEZIG ECO

アユを思わせるスタイリングで、バスを食い付かせます。ラバージグは基本カバーの攻めに使うルアーとして知られてますが、アユに似せた卜レーラーですからスイムさせて使えますから、オールマイティに多彩な攻め方ができます。

シャットテール系おすすめトレーラー

スイングインパクトファット
スイングインパクトファット

¥ 670

口コミ

とてもよっかたです。皆さん買い占めないでください。

ボリューミーなトレーラーで大きめのバスを釣りたい時におすすめです。ボリュームのあるシルエットにバスが気付いて、後ろを追いかけて来るとチャンスです。あとは、自分の自信のあるルアーアクションで、バスを食い付かせましょう。

クロー系のおすすめトレーラー

キツカーバグ
キツカーバグ

¥ 918

口コミ

自分が買った時は割引きだったので試に買ってみました。PDチョッパーに着けて42~37cmものバスが釣れました!野池に丁度いいサイズなので初心者にもおすすめです。

ザリガニに似せたトレーラーの中から、強気に攻められるトレーラー選びました。やはりクローですからザリガニにそっくりなトレーラーをラバージグに使用したいです。深い所でも、キッカーバグを装着したラバージグは、す早くたどり着いて、強烈にバスを誘います。

ポーク系お勧めトレーラー

ポーク&ルアー キーパー カモブラウン
ポーク&ルアー キーパー カモブラウン

このトレーラーをラバージグに装着すると、複雑にアピールして、バスを惑わせ食らいつかせます。

シャットテール系

フラッシュセルテイル
フラッシュセルテイル

¥ 929

ベリーソルトに仕上げちれてますから、バスのアタリがあればその塩味で、何度もバスが近ずいて来るのでとてもおすすめです。ラバージグを巻いてスイムさせてもいいでしょうし、止めてじっくりど味あわせても良いでしょう。

ライン

ラインと言っても何種類かあります。ナイロンライン、PEライン、カーボンラインです。今回紹介してるルアーは、ラバージグですから、太めのライがおすすめです。水中のカバーに身を隠しているバスに、キヤストする事になりますから、キレにくいラインがラバージグには必要となります。

バスは食らい付いた後、必死になってフックを外そうとジャンプしたり、首ふりしたりします。一番恐ろしいのはストラクチャーの下に逃げられる事です。倒木などですと、枝にラインが絡まったりしますし、ごろた石やコンクリートストラクチャーですと、角に擦れただけで切れてしまいます。

ヘビーなラバージグでのやり取りには、やはり切れにくいラインをラバージグに装着するのが必要です。ここでは、おすすめのラインを紹介させていただきます。

ナイロン

バススペシャル 2号
バススペシャル 2号

¥ 1,026

サイズの小さいラバージグに使えますし、水中をスイムさせるのにも良くておすすめです。スイムの際には、バスにラインを見破られないように、なるべく細目を使い、ラインカラーを水色に合わせます。澄んだ水ならクリアカラーで、濁った水なら赤やオレンジがおすすめです。

フロロカーボン

ベーシックFC 3号
ベーシックFC 3号

¥ 1,944

フロロカーボンはナイロンラインと比べてとても感度が良いです。底に落としてバスのアタリを感じ取りますから、感度の良いラインがおすすめです。ナイロンの場合は少し伸びがあるので、バスのアタリを取りずらく、チャンスを逃しかねません。

その点フロロカーボンは、ちょっとしたバスのアタリでも、ピンッと竿先に伝えてくれるのであわせが的確にでき、子バスのアタリでさえ逃しません。

リール

ラーバージグに適したスピニングリール、ベイトリールを紹介させていただきます。

スピニングリール

MERA
MERA

¥ 3,994

最大ドラグ力12kgにもなる、強力なスピニングリールでラバージグにおすすめです。

ベイトリール

スコーピオン
スコーピオン

¥ 40,500

初心者向けから一歩進んだ本格的ベイトリール、ピンポイントで、ラバージグをカバーにキャスティングするのにおすすめです。

カバー

体を保護するカバーを紹介させていただきます。

アームカバー

アームカラー ブラック
アームカラー ブラック
口コミ

サイズの参考までにMサイズを買いました。ジャストサイズでした。

釣りをする際に、安全のために気お付けなければいけない事は、たくさんあります。その中でも虫刺されは避けたいです。特に女性と一緒に、釣へ出かける時には必需品です。虫などから腕を保護し、かぶれも防いでくれます。

ハット

釣りハット
釣りハット
口コミ

このような帽子を探していました。帽子の生地が薄くてメシュもついていて涼しいです。外して洗えるのもいいです。安くていい商品ですので、おすすめです。

早朝から夕方まで夢中になって釣りをしてると、暑さも忘れそうになりますが、お肌の方は大丈夫でしょうか?強い日差しで真っ黒になってるアングラーをよく見かけますが、あまり焼けてしまうと、皮膚には良くありません。

そんな時におすすめなのが、釣りハットです。この完全防御によって、夏の強い日差しから貴方の大切なお肌を守ります。

バス釣り

糸井重里のバス釣りNo1
糸井重里のバス釣りNo1

バスの潜む場所を、天候や水温、風向きなどから推測して、釣れたバスの数、重さ、長さなど競い合い、友人に勝利したときの喜び、自分の持つ記録を塗り替えた時の感激、それらを味わえる最高のフィシィシィングスポーツです。

安価

トリプルフック 20ポンセット
トリプルフック 20ポンセット

始めて釣りをしに行くためにバスタックルを買い揃えますが、最初っから高価などうぐを揃えても、なかなか使いにくいです。特にロットなどは、キャストの際に何かにぶつっかたり引っかかったりして、バッキと折れでもしたら大変です。ここからは安価の商品を紹介させていただきます。

ロット

スピニングロット
スピニングロット
口コミ

まだ使用していませんが、バス釣り用に購入。折り畳み時が40cmなのが中々魅力的です。ただもう少し短めが欲しかったかな。安い割に見た目は安っぽく感じませんでした。

安くてお得なロットですと、やはりスピニングの振り出しロットがおすすめです。折り畳み時が、とてもコンパクトなのがいいです。持ち運びも便利ですし、海釣りにも使えます。バス釣り初心者におすすめです。

おすすめの低価格ワーム

バス釣りにおいて、ルアーのロストはつきもの。とは言え、なるべくならルアーロストはさけたいですから、色々あるルアーの中から、底をずる引きする時に、よく使うワームはロストの代表格です。ワームの場合は、引っかかってなくす時と、しっぽであるテイル部分をバスにかじられてしまう時とがあります。

ラバージグのトレーラーとして使っていても、それは同じで、クローのザリガニの、ハサミ部分をバスにかじられてしまい、残ったワームでも、トレーラーとして十分に使えまが、やはりワーム本来のアピール力は、半減します。

ですから控えのワームを数多く用意しておくのがおすすめで、そんな時に助かるのが、おてごろな値段のワームです。ここでは低価格のワームを紹介させていただきます。

ソフトピンテール イカナゴ
ソフトピンテール イカナゴ

¥ 432

これですと、値段もおてごろなのでおすすめです。

おすすめの低価格ライン

ラバージグの釣りでは、カバーへのキャストがメインとなり、ラインへのダメージは常に受けまるので、ストラクチャーに擦れたりしてダメージを受けると、折角バスがかかってもバトルの際にラインが切れてしまいます。逃がしたバスももったいないですし、ラインをロストするとお金もかかります。

そこで低価格のラインが有れば、お金の節約で助かるので、ここではおすすめの低価格ラインを紹介させていただきます。

シーガ 2.5号
シーガ 2.5号

感度抜群で、価格もPEラインの割にお得です。

カラー別おすすめのラバージグ

ルアーの選択において、重要な要素の一つに挙げられるのが、カラーチョイスです。なぜならバスはラインを見ているからです。ですからバスにラインを見られないように、沼や川などの水色に、ラインカラーを合わせます。水にラインを馴染ませることで、バスはラインに気が付きまん。

バスに余計なかんぐりをさせないことで、釣果は全然ちがってきます。ここからは状況に適した、カラー別おすすめラバージグを、紹介させていただきます。

クリアウォーターでのおすすめカラーチョイス

リアクションフットボール
リアクションフットボール

¥ 756

水がクリアーなフィールドでは、あまり派手な色よりナチュラルな色のチョイスがおすすめです。クリアウォーターにクリアカラーですと、バスからも見えませんがアングラーからも見えにくいはずですから、そんな時は少し青みのあるラインがおすすめです。

アタリを取る際は、水面から少しずつ沈んでいくラインが、走り出したら、慌てずにゆっくりとロットを立てて、最後の方でビシッと、力ずよく合わせをするのがおすすめです。

マッティーウォーターでのおすすめカラーチョイス

ラバージグ4色
ラバージグ4色

濁りの強いポイントでは、派手な色のラバージグを選んで、バスに気が付かせるのがおすすめです。水が濁っていると魚は当然ながら、視界が悪くなります。ですからギラギラした色をチョイスします。

それと水の色がオレンジ系や赤系に近い水色では、同じようなカラーリングをチョイスして、バスに見破られないようにするのがおすすめです。

重さ別お勧めラバージグ

浅めのポイント深めのポイント、それぞれにラバージグを使い分けます。水深に適した、おすすめのラバージグを紹介させていただきます。

浅めのポイントにおすすめのラバージグ

ガンダージグライト
ガンダージグライト

水深が浅めのポイントに、おすすめのラバージグは、ガンダージグライトです。シャロウで水生昆虫や小魚を食べているバスに、とても使いやすくおすすめです。キャストする際に重いラバージグだと、着水音が大きくせかっくのチャンスを逃してしまいます。

しかしガンダージグライトは、とても軽いので、バスが驚く事も無くフィシュッチャンスを逃しません。

深めのポイントにおすすめのラバージグ

ウォーニングショット ロングシャンク
ウォーニングショット ロングシャンク

¥ 648

水深が深いポイントを攻めるのに、とてもおすすめのラバージグです。狙いのポイントである、水底のストラクチャーで休んでいる、バスの所迄、ぐんぐんと落ちてゆきます。フォーリング中でも、バスの興味を引くアピール力がありますから、ラインの動きに注意が必要です。

深い所に潜んでいるバスは、大物の場合が多く、ヒットした瞬間に強烈な引きが味わえるので、たまらない興奮です。ストラクチャーの中に逃げこまれないように、気を付けなければいけません。

おすすめのトレーラー

ラーバージグと言えばトレーラーを装着して使うのが、ほぼあたり前です。その中でもこれぞと言われてるおすすめのトレーラーを紹介させていただきます。

ファイティング クロー

ファイティング クロー
ファイティング クロー

¥ 432

バスが求めるえさで、代表的なのがザリガニです。ですからラバージグに装着する際、おすすめなのがクロー系のトレーラーです。その中でもおすすめなのが、このファイティグ クローで、まさにザリガニです。

お勧めラバージグメーカー・ブランド3つと代表製品

複数あるメーカーの中から、皆さんにおすすめのラバージグメーカーを、お伝えさせていただきます。

TAKAMIYA

シュラークジグ 1/4oz
シュラークジグ 1/4oz

¥ 450

アングラーの信頼できる一流メーカー。このルアーが爆釣の世界へと誘いこみ、バス釣りの醍醐味を味合わせてくれますから、ぜひともおすすめのメーカーです。

エバーグリーン

ラバージグ Cー4ジグ
ラバージグ Cー4ジグ

¥ 594

バス釣りアングラーなら誰もがその名前を知っている、メジャーで優れた釣りメーカーです。爆釣をアングラーにお約束します。ぜひともおすすめです。

ジャクソン

BF カバージグ 3.5g
BF カバージグ 3.5g

¥ 680

とても素晴らしく、バスを釣り上げたい初心者アングラーにおすすめです。大変良く釣れるラバージグがあり、皆さんにおすすめのメーカーです。

ラバージグの使い方・活用方法

やはりなんと言ってもカバーです。人工ストラクチャー(ブッロク、テトラポットなど)の奥や、天然ストラクチャー(オーバーハング、倒木、杭、アシなど)の際ギリギリに、キャスティング技術を駆使して、ラバージグを送り込むのがおすすめです。

テトラポットの上に、ラバージグを乗せるようにキャスティングして、そこから水中に落とし込んで、カエルや虫などが、落ちた様子を再現するテクニックなどにもおすすめです。

大物を釣り揚げましょう

これからどんどん気温が上昇してくる季節です。ヘビーカバーやストラクチャーの奥深くに潜みじっと動かないバス、さらにじっと居座りつづける大物バス、釣場所の「主」を今回紹介させていただいたラバージグで、釣りあげて下さい。

バス釣りほど面白いスポーツフィシングはなく、とてもおすすめです。バスがどこに潜んでいるのか、季節や、その日の天候などから推測して、釣りポイントを選択してゆくアグレッシブな釣りですから、運動の好きな方にもおすすめです。

Related