Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月11日

ダーツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ダーツのおすすめ人気ランキングと口コミ、ダーツの部品の特徴と用途をご紹介します。ダーツにはたくさんの部品があってはじめは難しいと思われがちです。ひとつひとつを理解していけばご自身のオリジナルのセッティングができます。マイダーツをもってダーツを楽しみましょう。

ダーツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ダーツの種類と選び方

ダーツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ダーツの種類

自分のダーツを選ぶときに一番大切なものはバレルです。バレルはダーツを持つとき手が触れる部分の名称です。バレルにも種類はたくさんあります。

バレルを買うときにチェックすべきポイントはバレルの素材、形状、ティップとの関係、そして何より自分のグリップにあって気持ちよく投げられるかということです。

バレルの素材

ダーツは素材によってブラスダーツとタングステンのダーツにわかれます。ブラスダーツは初心者向けのダーツですので価格帯も低いです。ダーツをやってみたいから自分用のダーツがほしいとお考えの方は、ブラスダーツでよいでしょう。

初心者の方でも本格的にダーツをしたいとお考えの方は、初心者向けのタングステンのダーツもありますのでそちらをご検討されたほうがよいでしょう。価格帯もタングステンのバレルの中では比較的安く購入できます。

上級者の方になるにつれてタングステン90%から95%程度のものを使う方が増えます。初心者向けですと80%程度のものからありますのでタングステンの含有量を見て決めましょう。

バレルの形状

バレルにはストレートという細い円柱状のまっすぐの形のバレルと、トルピードというグリップが決まりやすいタイプのものがあります。

ストレートバレルはグリップが定まりにくいため初心者の方は特に投げづらいと感じる方が多いでしょう。しかし、海外の選手はほとんどストレートバレルを使用しています。飛ばし方を意識して投げられるという意見が多いのがストレートです。

一方トルピードはグリップの位置が定まりやすいため、初心者の方も比較的簡単にダーツを飛ばしやすいでしょう。日本ではプロの方もトルピードを使用している方も多いです。試投してご自身がしっくりくるバレルがよいでしょう。

ティップとの兼ね合い

バレルにより使えるティップが異なります。ソフトダーツであれば2BA、4BA、No.5があります。スティールダーツ(ハードダーツ)をされる方はスティール専用のバレルをご使用されるか、ソフトティップ対応のバレルにコンバージョンをつけましょう。

バレルをご購入される前にパッケージにティップの規格が記載されていますのでそちらを必ず確認してください。その規格のものでなければ使用できませんので注意しましょう。

2BAが一番メジャーなタイプです。4BAはティップがバレルの中で折れてしまい取れなくなることのないようバレルが出ているタイプです。No.5はグルーピングの邪魔をしないように細くなったものをいいます。

ダーツの選び方

ご自身のダーツを選ばれるとき、まずは試し投げをダーツショップなどでされることをおすすめします。バレルの形を画像で見ても実際投げてみなければご自身のグリップに合うかはわかりません。

ダーツショップの店員さんに声をかければ、快く投げさせてくれるお店がほとんどです。指のかかり具合がカットにより変わりますがこれも一度投げなければわかりません。納得するまでいろいろなバレルを投げて、ご自身に合うものを選びましょう。

ダーツのおすすめ人気ランキングトップ3

amazonランキングで人気のバレルをご紹介します。上級者モデルからこれからダーツをしようとお考えの方にも合うものがランクインしています。

3位

GRAN DARTS ソフトダーツ No.5 HEAT
GRAN DARTS ソフトダーツ No.5 HEAT

¥ 7,128

タングステン90%のダーツバレルです。上級者の方でも問題なくご使用いただけるモデルです。価格帯もタングステンのダーツの中では購入しやすい価格帯になっています。

シャフト側にリングカットがかかったストレートバレルですので、癖が出にくくご自身のスローに比例しやすいバレルです。重さも18gですので平均的な重さで、女性も投げやすいでしょう。ティップはNo.5の規格になっていますのでそちらを使う必要があります。

上級者モデルでありながら、価格帯もよく投げやすいことから人気を得ています。

2位

TARGET(ターゲット) RISING SUN 95(ライジングサン95) 2BA 100710 村松治樹モデル
TARGET(ターゲット) RISING SUN 95(ライジングサン95) 2BA 100710 村松治樹モデル

初心者から上級者まで大人気のTARGET社のバレルで、日本人ダーツプレーヤーを代表する村松治樹選手のモデルのバレルです。村松選手はNo.5を使用していますが、一般の方が使いやすい2BAモデルが人気になっています。

村松選手のイメージカラーの青をバレルにも使っていて、バレルのデザイン自体もかっこいいのもこのバレルの魅力の一つです。青い部分は耐久性に優れたブルーチタンニトライドコーティングを施してあります。

Rising Sunは改良も進められていて、現在はRising Sun2.1をはじめとして最新モデルも発売されていますので、Rising Sunを考えている方は最新版もあわせて考えるとよいでしょう。

1位

CUESOUL16グラムソフトチップダーツ
CUESOUL16グラムソフトチップダーツ

初心者モデルで人気なダーツがCUESOLです。ブラスダーツの中でも中間層程度の価格帯なのに対し、バランスのとれたバレルであると人気が出ています。ダーツのデザインも人気の要素の一つです。

こちらのセットだけですぐにダーツを始められますが、ティップがボードに刺さりにくいという口コミや、ケースが閉まりにくいといった意見もありますのでそれらの付属品は新たに購入したほうがよいでしょう。

特徴、用途、部品別おすすめ

ダーツをするにはダーツだけでもたくさんの部品があります。部品やグッズ別に特徴や用途、おすすめの商品をご紹介します。

バレル

ダーツバレル【XQマックスダーツ】マイケル・ヴァン・ガーウェンモデル マイティ ジェネレーション 90% スティール 25g
ダーツバレル【XQマックスダーツ】マイケル・ヴァン・ガーウェンモデル マイティ ジェネレーション 90% スティール 25g

Michel Van Gerwen(マイケル・ヴァン・ガーウェン)選手のシぐネイチャーモデルのバレルです。PDCワールドチャンピオンシップにて最年少優勝を達成した選手で世界各国にファンを持つダーツプレイヤーのモデルです。

ダーツのバレルはご自身が実際に投げて、投げすいと思ったもの使用するのが一番ですが、好きなダーツプレイヤーがいる方はそのプレーヤーのモデルを考えるのもよいでしょう。形状などからどうしても合わないこともありますが、好きなバレルを使うと愛着も沸きます。

シャフト

【L-style】L-SHaft エルシャフト ロックスリム ハルキカラー ダーツ用シャフト440/ハルキ
【L-style】L-SHaft エルシャフト ロックスリム ハルキカラー ダーツ用シャフト440/ハルキ

シャフトの中でもメジャーなメーカーのL-styleから販売されているシャフトです。シャフトはバレルと羽の部分のフライトの間の部品です。シャフトにもさまざまな種類があります。

素材はプラスチックとカーボンがあり、カーボンのほうが値は張りますが強度が強く耐久性も高いです。また、フライトのホールドも強いため外れることも少ないでしょう。プラスチックはカラーバリエーションもたくさんあるのでお気に入りを見つけられます。

長さは長いほど風をフライトが受けやすく、短ければフライトの影響は小さくなります。シャフトは消耗品ですのでたくさんの長さを試してご自身の思い描く飛びを実現してくれる長さを選びましょう。

フライト

L-style ChampagneRing Flight-L (シャンパンリング フライトL) シェイプ ブラック ダーツフライト
L-style ChampagneRing Flight-L (シャンパンリング フライトL) シェイプ ブラック ダーツフライト

フライトはメーカーによってシャフトと合わないことが多くあります。L-styleのシャフトを使っているのであればフライトもL-styleがよいでしょう。また同じようにcosomo dartsのfit shaftを使っているのであればフライトもfit flightにしましょう。

フライトには形もさまざまあります。フライトの大きさに比例して風をたくさん受けるかが変わります。初心者の方は風を受けやすいシェイプやスタンダードタイプをおすすめします。風の抵抗をあまり受けたくないようでしたら、スリムやスーパースリムなどがおすすめです。

ティップ

ソフト ダーツ チップ 2BA用 染めLipPoint(リップポイント) パープル 30本入
ソフト ダーツ チップ 2BA用 染めLipPoint(リップポイント) パープル 30本入

L-styleから販売されているソフトダーツ用のティップ(チップ)です。ソフトダーツ用のティップにも2BA、4BA、No.5などさまざまありますがティップに関しては規格を守ればメーカーに関しては関係なくご使用いただけます。

L-styleから販売しているティップのLip Pointに関してはショートやPremiumというsh類もあります。ショートはティップが短いです。刺さったときにもボードを見やすいという意見があります。

Premiumに関しては刺さりやすく折れにくい特徴があります。折れずに曲って変え時が分かりにくいという方はcosmo dartsのFit pointがおすすめです。

スタンド

Dynasty (ダイナスティー) ダーツ ブラス・ボード・ダーツケース ダーツボード設置専用 スタンド
Dynasty (ダイナスティー) ダーツ ブラス・ボード・ダーツケース ダーツボード設置専用 スタンド
口コミ

作りがしっかりしていて、とても良かったです。 ハードボードを設置しておりますが、重さにも今の所耐えております。

Dynastyのダーツボードスタンドです。組み立ても簡単で家で投げるのに便利なアイテムです。若干のがたつきはあるもののダーツの練習には問題ない程度のがたつきであるという方が大半となります。

ダーツボードの接地面は平らな板状のものですので、取り付けるときに専用のパーツを使用します。ダーツボードを壁に直接設置している方もいらっしゃるでしょう。設置の方法はこちらのスタンドを使用しても変わりません。

DARTS LIVE社が販売しているDarts live200s、darts live zero boradなどのソフトダーツ用ボードもハードボードも問題なく設置が可能です。

家庭用ダーツボード

unicorn ECLIPSE PRO ユニコーン エクリプスプロ ハードダーツボード
unicorn ECLIPSE PRO ユニコーン エクリプスプロ ハードダーツボード
口コミ

ソフトダーツ全盛の今だからこそ、ハードダーツで腕を磨こう。刺さった時の「クンッ」て感じ、たまらんよ。PDC公式仕様ボードなのにこの値段は素晴らしい。作りも最高で舶来品のテイストで必ず納得するよ。おまけについてきたポスターがアレンジ表になっていて、その上フィル・タイラーがブルースブラザーズに扮しているところなんざアナタ、感涙するぜ。

ご家庭でダーツをするときに何よりも気を付けたほうがよいのは音です。ソフトダーツですと刺さるときに音が響きます。時間を気にすることなく投げたい方はハード用のボードをご自宅にセッティングすることをおすすめします。

ハードボードは麻が主な材料です。ダーツを抜いても穴が開いたように見えないのは麻の密度が高くもとに戻るためです。ソフト用の太いティップを使ってしまうとボードに穴が開いてしまいますのでハードに適したティップを使用しましょう。

unicorn社のボードはPDCというダーツで最も権威あるダーツ大会で使用されていたこともあるボードです。上級者の方ももちろん問題なくご使用いただけます。

MIZUNO ランニングシューズ WAVE RIDER 18
MIZUNO ランニングシューズ WAVE RIDER 18

¥ 13,824

口コミ

以前、Wave Rider16を愛用していたものの、体重のせいでソールの減りが早く引退。WR17は、軽量化に伴ってイマイチとの評価を見てほぼASICS一辺倒でいました。WR18は、サイドのランバードマークに剛性が戻り評判が良いので買ってみました。まだ、全然走っていないですが、サイズは、いつもの26.0でピッタリでした。

ダーツを練習するのに決まった靴はありません。プロライセンスを取れば公式の試合に出るには靴の規定はあります。プロライセンスを持っている方でも革靴を履く方もスニーカーを履く方もいらっしゃいます。

こちらのMIZUNOランニングシューズWAVE RIDER 18は日本のプロの方が使用している靴です。本来はランニングシューズですが、ダーツをするにも適しています。靴は違和感なくストレスのないものを選べば問題ないでしょう。

女性はヒールのある靴を履く方が多いですが、ダーツを練習するときはヒールのないものがおすすめです。安定したスタンスで立てる靴を選びましょう。

おすすめのダーツのメーカー・ブランドの代表製品

TARGET

TARGET(ターゲット) POWER 9FIVE GEN4(ジェネレーション4) ユーロソフト 2BA フィル・テイラー選手モデル
TARGET(ターゲット) POWER 9FIVE GEN4(ジェネレーション4) ユーロソフト 2BA フィル・テイラー選手モデル

PDCを中心に活躍するスーパーレジェンド、フィル・テイラー選手のシグネチャーモデルです。バレルには細かい粒子を使ったサンドブラスト加工とブラックコーティングがされているためマットな質感になっています。

フィル・テイラー選手は2018年のWilliam Hillワールドダーツチャンピオンシップで引退することを発表しています。伝説のダーツプレイヤーの引退前にしぐネイチャーモデルを手に入れましょう。

Dynasty

DYNASTY(ダイナスティ) A-FLOW BLACK LINE JUJAK First evolution(ジュジャク ファーストエボリューション) 2BA 19g パク・ヒョンチョル選手モデル
DYNASTY(ダイナスティ) A-FLOW BLACK LINE JUJAK First evolution(ジュジャク ファーストエボリューション) 2BA 19g パク・ヒョンチョル選手モデル

韓国のプロダーツプレーヤー、パク・ヒョンチョル選手モデルのJUJAKの3作目となるバレルです。ストレート形状と幅の広いリングカットが特徴となっています。美しく力強い飛びを目指す方から人気を得ています。

TRiNiDAD

トリニダード ゴメス タイプ8 山田勇樹センシュモデル バレル ソフトダーツ
トリニダード ゴメス タイプ8 山田勇樹センシュモデル バレル ソフトダーツ

やんま~の愛称人気の高い山田勇樹プロ考案モデルのGomezの8作目のバレルです。山田プロは日本のプロ団体で年間ランキング1位もとったことのある日本を代表するプロダーツプレイヤーです。

7作目までGomezシリーズはマイクロカットを使用していましたが、今作はリングカットとTRiNiDAD社のバレルの中でも初めてのオクタゴンカットを使用しています。今までのGomez以上のグリップの良さを実現していると言えるでしょう。

山田プロのファンはもちろん、重めのバレルが好きな方からも高い支持を得ています。

ダーツの楽しみ方

ダーツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ダーツの楽しみ方は人それぞれです。試合形式で勝負に真剣になるのも、お酒を交えながらわいわい楽しむ方もいらっしゃいます。

ソフトダーツの試合形式でゲームをするなら01といわれる501や701、901からぴったりゼロにどちらが早くできるかを競うゲームと、クリケットという陣取りをしながら点数を相手よりも上回るゲームがあります。ハードダーツは501で楽しみましょう。

皆でエンジョイしながらダーツをするときも01やクリケットをするのももちろん楽しめます。ソフトダーツのマシンの中にパーティゲームも入っていますので、ダーツのレベルに関わらず、皆で楽しむ際はそういったゲームを楽しむのもよいでしょう。

マイダーツを持って楽しくダーツをしよう

ダーツおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

いかがでしたでしょうか。ダーツをはじめようとお考えの方はぜひ、マイダーツの購入も検討してみてください。一口にダーツといっても部品も多いですしそれぞれの種類も多く初めて購入される方は迷ってしまうでしょう。

最初は難しくても選んでいくうちに、ご自身に合うものも見つかりオリジナルのセッティングができます。たくさんの種類のものを組み合わせてご自身が投げやすいお気に入りのセッティングを見つけましょう。

技術の向上も楽しいですがぜひ仲間とダーツを楽しんでプレーしてみてください。

Related