Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月15日

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

意外と知らない自転車の空気入れの世界。いろんな種類があることをみなさんは知っていましたか?今回はクロスバイクの空気入れの世界です。そんなクロスバイクのおすすめ空気入れランキングTOP3と選び方についてみてみていきましょう!

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

クロスバイクの空気入れの種類と選び方

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

みなさん、空気入れはどれも同じだと誤解していませんか。実は空気入れにはたくさんの種類があり、用途によって使い分ける事によって快適にクロスバイクを楽しむことができるようになるのでおすすめです。そこで今回は、クロスバイクの空気入れの種類の説明やおすすめの商品などをご紹介していきます。

クロスバイクの空気入れの種類

クロスバイクの空気入れの種類は大まかに分けると2種類あります。それは、「ゲージのついているもの」「ゲージのついていないもの」です。

ゲージとは空気圧のメーターの事です。基本的にホームセンターなどで売られているゲージのついていない安価な空気入れは、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車には不向きです。そのため、今回はゲージのついている空気入れを中心にピックアップしておすすめしていきます。

なぜゲージ付きのものをおすすめするかというと、クロスバイクはタイヤの空気圧だけで走り心地が大幅に変わってくるからです。

タイヤの空気圧による走り心地の違い

空気圧が低めの場合

空気圧を低めにしておくことのメリットは、地面からの衝撃を吸収し、またグリップ力が上がり走り心地が安定する事にあります。デメリットは、コーナーを走る時にタイヤがよれやすくなり、リム打ちパンクを起こしやすくなってしまうことです。基本的には、空気圧を低くしておくというのはおすすめできません。

空気圧が高めの場合

空気圧が高すぎる場合、地面との接地面積が小さくなり進みやすくなることがメリットです。
デメリットは、空気圧が高いほど地面からの衝撃が伝わりやすくなり乗り心地がその分悪くなってしまうことです。

空気圧が高すぎると、スポーティな自転車に慣れていない場合ちょっとした小石を踏むだけでも冷や汗をかきます。ちょっとしたおでかけなどで気軽にクロスバイクに乗る場合は、少しだけ空気圧を高めにしておくのがおすすめです。

クロスバイクにおすすめの空気圧は?

凹凸の激しい山道や砂利道を走るようなマウンテンバイクの場合は、わざと空気圧を低めにすることもあります。そのため、低めの空気圧が全てにおいて悪いというわけではありませんが、クロスバイクを楽しむ場合はやや高めの空気圧にしておくことがおすすめです。

クロスバイクの空気入れとして、「ゲージあり」と「ゲージなし」どちらも使う事は可能なのですが、やはり空気圧がどのくらいかを目で見て確かめることができる「ゲージあり」の空気入れを購入することをおすすめします。

ゲージ付きの空気入れを選ぶもう一つの理由

いままでゲージ付きの空気入れを使ってこなかったという方にも、ゲージ付きの空気入れをおすすめする理由が実はもう一つあります。ゲージの無い空気入れであっても、空気を入れるのは可能ですし、今までタイヤの固さを手で触って確かめながら空気を入れていたという方もいることでしょう。

しかし、信じられないでしょうが本当にある事例として、ゲージのない空気入れを使ってなるべく高圧に空気を入れようとして「バンッ」とチューブがその場で破裂させてしまった、という失敗談もあるんです。このような失敗を防ぐというのも、「ゲージ付き」の空気入れをおすすめする理由のひとつです。

クロスバイクの空気入れの選び方

クロスバイクなどのスポーツ自転車では、タイヤに記載されている適正な空気圧の範囲内で空気を入れる必要があります。そのため、ゲージ付きの空気入れを選ぶことをおすすめしています。

ゲージ付きの空気入れを選ぶ際のポイントとして、「表示」「ゲージの位置」に注目すると、自分に合った空気入れに早く出会えることでしょう。

ゲージの位置

ゲージ付きの空気入れの中でも、手元付近にゲージがついているものと、足元にゲージがついているものがあります。手元付近にゲージがついているものは、近い分細かい目盛まで見やすいです。

ゲージの位置は基本的に好みで選んでも問題はあまりありませんが、特に視力の悪い方は見やすいものを選ぶ事をおすすめします。

ゲージの見やすさ

ゲージの見やすさも使いやすい空気入れを選ぶ時のポイントになります。ゲージの数字がはっきりとしていて読み取りやすいものを選ぶのがおすすめです。実際に店頭でいくつか見てみると違いがお分かりいただけることでしょう。

空気圧の単位の違い

空気入れのゲージに記載されている空気圧の単位には「バール」「パスカル」「psi」があります。クロスバイクなどのスポーツ自転車の場合、タイヤの適正空気圧の表記は「バール」が多いです。シティサイクル(いわゆるママチャリ)の場合、「パスカル」「psi」が多いです。
そのため、クロスバイクの空気入れを選ぶときは、ゲージに「バール」の目盛りが記載されているものを選びましょう。

クロスバイクの空気入れのおすすめ人気ランキングTOP3

クロスバイクの空気入れで、特におすすめのものをご紹介します。

ランキング3位:「サイクルベースあさひ」

ジョーブロー スポーツ III PPF07400
ジョーブロー スポーツ III PPF07400

この商品をおすすめする理由は、安いということ。値段の割にしっかりしていて本格派です。ゲージも見やすいですよ。クロスバイクの空気入れを始めて購入するという方にも自信を持っておすすめできます。

ランキング2位:「ワールドサイクル」

SILCA(シリカ) SUPER PISTA(スーパーピスタ)フロアポンプ ブラック
SILCA(シリカ) SUPER PISTA(スーパーピスタ)フロアポンプ ブラック

この商品をおすすめする理由は、なんと言ってもクロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車乗りにとっては、定番中の定番の商品であるということです。これに別売りのポンプヘッドを組み合わせて使うのが通の使い方です。

ランキング1位:「サイクルベースあさひ」

Birzman(バーズマン) MAHA APOGEE 5 GREEN PP-BR-105
Birzman(バーズマン) MAHA APOGEE 5 GREEN PP-BR-105

この商品をおすすめする理由は、バルブの脱着が楽だからです。特に外すとき、まっすぐ引っ張るだけで簡単に外れて非常にスムーズです。こちらもクロスバイクやロードバイクなどスポーツ自転車乗りの定番商品です。

特徴・用途別おすすめのクロスバイクの空気入れ

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

空気入れは種類がありすぎて分からないという方のために、空気入れの用途別で商品を選ぶ際のおすすめポイントを挙げていきます。ぜひあなたにぴったりの商品を選ぶための参考にしてみてください。

携帯できるもの

空気入れなんて携帯する必要があるの?と疑問に思う方もいるでしょうが、携帯型の空気入れは持っているとなにかと便利です。

クロスバイクで遠くまで出かけると、時にはタイヤのパンクなどのトラブルに見舞われることもあります。そんな時に携帯型の空気入れがとても重宝します。自分だけでなく、仲間のトラブルを救う事にもつながります。ぜひひとつ持っておくと良いでしょう。自転車のフレームに、携帯型の空気入れを取り付けておけば、忘れずに持っていくことができます。

また、普段から携帯型の空気入れと一緒に予備のタイヤチューブも持って出かけることをおすすめします。

携帯型空気入れを選ぶ時のポイント

携帯型空気入れの中でも特に小さいものは、携帯性に優れおしゃれです。しかし、実際に空気を入れる時にはポンピングの回数が余計にかかってしまうというデメリットもあります。

携帯型空気入れの中でも比較的長く大きいものは、携帯するには少々かさばりますが、空気を入れる時のポンピングの回数が少なく済みます。また、携帯型空気入れにはゲージ付きの商品もあります。ゲージ付きはいざというとき便利な反面、ややかさばります。

半自動で空気を入れられるものもおすすめ

クロスバイクの空気入れには、ガスカートリッジ式、電動式の携帯型空気入れというのもあります。ガスカートリッジ式は手動で空気を入れる必要はありませんが、カートリッジが消耗品のため、いざというときにカートリッジを切らしていた、という事が無いよう気を付ける必要があります。

電動式の空気入れも手動でポンピングする必要がなく手軽です。しかし充電式なので、クロスバイクで出かける前にはきちんと充電をしておかないといざという時に困る事になってしまいます。また、充電式も何度も使えばだんだん充電ができなくなってくるため、ひとつのものを長く使っていきたいという方は手動式という選択になります。

仏式

クロスバイクやロードバイクで使われているタイヤチューブのバルブに対応するものが仏式の空気入れです。仏式は空気圧の管理がしやすく、高圧に空気を入れる事ができます。

仏式バルブ対応の空気入れの使い方

仏式バルブは、シティサイクルのタイヤでよく見られるようなバルブとは使い方が異なります。仏式バルブ対応の空気入れの使い方をしっかりおさえて正しく空気を入れましょう。

1.バルブの先にあるネジを緩める。
2.バルブの先を指で一瞬だけ押して空気を少し抜く。(プシュッと音がします。)
3.空気入れを取り付けて、ゲージを見ながら空気を入れる。
4.空気入れを取り外し、バルブの先にあるネジを締める。

気圧

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車のタイヤの空気圧はシティサイクルよりも高めに設定します。空気圧が高いほうがペダルを漕いだ時の力がロスするのを抑えられるため、早く走る事ができるからです。クロスバイクに乗る場合には、高圧に入れられる空気入れがより良いでしょう。

バルブ

自転車のタイヤチューブのバルブには3種類、仏式・英式・米式があります。クロスバイクやロードバイクなどスポーツ自転車のバルブのヘッドには、仏式・米式を兼ねる商品が多く、英式のバルブには、英式用の別売りのパーツを付けて対応する事が多いです。

英式

英式バルブは、主にシティサイクルで用いられる形式です。よりスポーティなロードバイクでは英式バルブはほとんど用いられていません。ロードバイクとシティサイクルの中間の自転車であるクロスバイクの場合、仏式のもの英式のものも、さまざまな自転車が市販されています。

英式バルブのタイヤは手軽に扱える反面、空気圧の細かい管理は難しく、よりスポーティなクロスバイクやロードバイクのように空気を高圧に入れる事は難しいです。

重い

クロスバイクに使う据え置き型の空気入れは、基本的に重いほうがポンピングの際もふらつかず、安定して空気を入れる事ができます。これは携帯型の空気入れにも言えることで、大きめ・重めの商品の方が空気を入れやすいと言えます。

しかし、ただ重ければ良いというものでもありません。軽いものは携帯性があり、力の弱い方でも簡単に扱えるという特徴もあります。そのため自分に合った重さの空気入れを購入することが、快適にクロスバイクを楽しむためにも大切です。

固い

クロスバイクの空気入れは、1回のポンピングでたくさん空気を入れられるものほど固い傾向にあります。固いというのはどういう事かというと、空気を入れる時に両手でハンドルの部分を持ち、下に押し込もうとする時に腕にかかる抵抗感です。

中には女性が全体重をかけてもハンドルがなかなか下に下がっていかないくらいに固いものもあります。力のある男性には固い空気入れでしっかり空気を入れるのが効率的ですが、女性のクロスバイク乗りの場合には、固すぎないもの、空気入れ本体の長さが長すぎないものを選ぶと良いでしょう。

おすすめのクロスバイクの空気入れのメーカー・ブランド3つと代表製品

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

次に数あるブランドの中から、特におすすめできるクロスバイクの空気入れのメーカーを3つご紹介します。

国産製品の定番「パナレーサー」

日本のメーカーの中でおすすめなのは、パナレーサーです。お店に行けば必ずといっていいほどパナレーサーの空気入れが置いてあります。定番なので、クロスバイク初心者にもおすすめできます。

パナレーサー 空気入れ NEW 楽々ポンプ ブラック 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-PSAB1
パナレーサー 空気入れ NEW 楽々ポンプ ブラック 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-PSAB1

¥ 2,481

口コミ

軽くて扱いやすい。色々な方式に対応しており安心して購入しました とても軽いので扱いやすく方式の変換も簡単で、空気自体も容易に入れることが出来ました。

海外製品のおすすめは「トピーク」

海外メーカーの中でおすすめできるのは、「トピーク」です。このメーカーのおすすめポイントは補修パーツが充実しているということです。そのため一度購入すると長く空気入れを使い続けることができます。

また、定番メーカーでもあり、ほとんどの自転車店でトピーク製の空気入れや補修パーツが販売されています。トピーク製のタイヤチューブというのも市販されているので、トピーク製の空気入れを使う場合には組み合わせて使うとより快適に使用できるでしょう。

ジョーブロー スポーツ III PPF07400
ジョーブロー スポーツ III PPF07400

海外製高級ブランド「シリカ」

シリカは、イタリアの高級メーカーです。100年近い歴史と伝統があります。プロにも愛用者が多く定番というのがおすすめポイントです。

SILCA(シリカ) SUPER PISTA(スーパーピスタ)フロアポンプ ブラック 2078000030196
SILCA(シリカ) SUPER PISTA(スーパーピスタ)フロアポンプ ブラック 2078000030196

クロスバイクの空気入れの使い方・活用方法・楽しみ方

クロスバイクの空気入れをよりよく活用するためのおすすめポイントは、タイヤに記載されている推奨空気圧の中で自分にあった空気圧を探す事です。

高めの空気圧にしてクロスバイクに乗ってみた後に、少し低めの空気圧にしてクロスバイクに乗ってみましょう。全く違う乗り心地を体感することができます。色々な空気圧で乗り比べてみる事はおすすめの楽しみ方でもあります。

頻度・期間など

クロスバイクに空気を入れる頻度として一番ベターなのは、クロスバイクで出かける前に、毎回きちんと空気を入れる事です。毎回空気を入れる時間が無いという場合でも一週間に一度は空気圧を確認し、きちんと空気を入れることをおすすめします。きちんと空気を入れておく事はパンクなどのトラブルを回避し事故を防ぐことにもつながります。

これからクロスバイクを楽しむ方へ

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキングTOP3・選び方

これからクロスバイクをもっと楽しみたい方にとって、空気入れはとても大切な道具です。クロスバイクの空気入れの選び方のおすすめポイントをおさらいしてみます。

クロスバイクの空気入れの購入の際には、シティサイクルで使う空気入れだと合わない場合もあるので、しっかりバルブの形式を確認しましょう。クロスバイクの空気入れには、空気圧が確認できるゲージ付きの商品をおすすめです。

タイヤに記載してある範囲内での高めの空気圧や低めの空気圧を体感してみる事が大切です。まずは一定の空気圧で走り続ける事により、自分の中に快適に走れる空気圧という基準ができてきます。それに慣れたら少し空気圧を高めにしたり低めにしたりしてみましょう。

そうすると、同じ自転車なのに全く違う乗り物に感じるのではないでしょうか。自分の好みの空気入れを、今回おすすめした商品を参考にぜひ見つけてみてください。

Related