Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月19日

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ロードバイクのペダリング技術向上に最適なトレーニング用品の3本ローラーについての解説をしています。3本ローラーの特徴やトレーニングで得られる効果やデメリット、おすすめの利用方法から目的に応じた3本ローラーの紹介をしています。

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ロードバイクで速く走るためには

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ロードバイクで走っている人の中でレースなどに出場している競技志向の強い人も大勢います。またレースに出場しなくても、「今よりもっと早く走れるようになりたい。」「あの山をもっと早く登れるようになりたい。」「もっと遠くまでライドで出かけてみたい。」というように、レベルアップを望んでいる人は大勢います。

ロードバイクの技術を上げるためには、とにかくロードバイクの乗って走る事が重要です。色々な補強トレーニングもありますが、それら補強トレーニングよりも1日10分でも良いからロードバイクに乗ることが何よりも大事で早くなるコツです。

毎日乗る事が大事なロードバイクですが、雨の日や仕事で夜帰宅した日などロードバイクの乗るのが難しい日もあります。そこで使用したいのがローラー台です。

3本ローラーの特徴

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ロードバイクの練習に使用される器具にローラー台があります。雨天でもトレーニングができるのでプロはもちろんのことアマチュアにも幅広く利用されています。ローラー台には大きくわけて3本ローラーと固定ローラー台があります。それぞれ特徴がありますので自分の目的にあったローラーの利用をおすすめします。

3本ローラと固定ローラー台との違い

ローラーには3本ローラーと固定ローラー台の2種類がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。一般的に3本ローラーは、より実走感覚に近い乗り心地とされています。

固定ローラー台は3本ローラーに比べて後輪がしっかりと固定されて動かないため、実際にロードバイクを走らせた時とは感覚が大きく違いが出ます。

より実走感覚を味わいながらトレーニングをしたいのであれば3本ローラーの利用がおすすめです。3本ローラーでは練習するのが難しいインターバルトレーニングや高負荷トレーニングなどは固定ローラー台の利用がおすすめです。

3本ローラーの効果

3本ローラーでトレーニングをすると、どのような効果があるのでしょうか。3本ローラーの効果としてあげられるのが、ペダリング技術の向上があります。ロードバイクにのってスムーズなペダリング技術は必要不可欠です。いかにスムーズでパワーロスの無いペダリングができるかで、実際に走行した時に大きな違いとして結果に現れます。

3本ローラーはそのペダリング技術を向上させるトレーニング機材としてとても有効なアイテムです。またトレーニング中もしっかりとした姿勢を維持しなければならないので、体幹トレーニングを兼ねることも利点です。ペダリング技術を向上させたいのであれば3本ローラーの利用がおすすめです。

3本ローラーのデメリット

上手に活用できれば効果の高い3本ローラーですが、3本ローラーデメリットがあります。デメリットを良く踏まえたうえで、目的に応じた利用をすることをおすすめします。

デメリット
・初心者には乗るのが難しい
・振動や騒音が固定ローラー台よりも大きい
・「もがく」練習が難しい

3本ローラーでのトレーニングでは、ロードバイクに必要なもがいたり、追い込んだりするトレーニングが難しいので、それらのトレーニングをしたい場合は固定ローラー台で行う事をおすすめします。

ロードバイクの3本ローラーの種類と選び方

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

3本ローラーの種類

ローラー台の種類としては3本ローラーと固定ローラーがありますが、3本ローラーの種類は、前輪部分にローラーが1本で後輪部分にローラーが2本の組み合わせした種類しかありません。中には前輪部分にローラーが2本で前後合わせて4本のローラー台もあります。本来であれば4本ローラーになるのですが、それほど種類がないので分類としては3本ローラーに含まれています。

3本ローラーの選び方

3本ローラーの選び方のおすすめしたいのが、自分のレベルに応じて選ぶことです。3本ローラーの中には上級者向けのものもあり、初心者が乗るには難しいものがあります。最初からそのような3本ローラーを購入してしまうと、結局乗れないままで終わってしまうこともあります。

トレーニングアイテムですので先を見据えていろいろな機能がついている方がレベルアップをした後も利用できるので、無駄がなくなると考えて最初からあまり高性能なものを購入して持て余すよりも、自分にレベルにあったものを選ぶほうがおすすめです。

もちろん経験豊富な人が技術向上のために初めて3本ローラーを購入するのであれば、最初から高性能な製品を購入するのは問題ありません。

3本ローラーの使い方

3本ローラーの使い方ですが、まずほとんどの人が3本ローラーに乗ることに手こずります。最初から楽々乗れる人はそう多くありません。まずは壁の近くなど、捕まりながら練習できる場所で始める事をおすすめします。

普通に走るよりもローラーが回転する際の抵抗がペダリングを回し難くしているので、最初の数回転できるまで壁などに捕まりながら走るのが、最初のうちはおすすめです。慣れてきたら手で支えながら走り始め、最終的には手を使わずに乗れるようになりましょう。

ロードバイクの3本ローラーおすすめ人気ランキングTOP3

3位エリート ARION AL13

ELITE(エリート) ARION AL13 3本ローラー
ELITE(エリート) ARION AL13 3本ローラー

¥ 52,877

口コミ

アルミローラーはとりあえず割れたりはしないだろう。 現在の価格だとプラローラーとの差が極めて少ない。 アルミローラーの方が買いかもしれない。

エリートのARION AL13は3段階の負荷調整付機能がついていることが特徴です。本体は折り畳み式で収納もコンパクトに行えることも人気の理由となっています。騒音は3本ローラーとしては平均的な振動と音がしますが、負荷調整機能が付いている3本ローラーはそれほど種類が無いこともありとても人気の高い3本ローラーです。負荷機能が欲しい人におすすめの3本ローラーです。

2位ELITEトレーニングバイク E-MOTION3本ローラー台

ELITE(エリート) トレーニングバイク E-MOTION(イーモーション)
ELITE(エリート) トレーニングバイク E-MOTION(イーモーション)
口コミ

楽しくて、続きます。 下にヨガマットを引くと、汗も受け止められてよい。

2位も3位に続いてエリートの3本ローラーがエントリーされています。トレーニングバイク E-MOTION(イーモーション)は実走感覚により近い感覚で乗れることが特徴です。3本ローラーで走行中に発生する感性を軽減することで乗りやすさを実現しています。

それ以外にも、この3本ローラーはダンシングが可能なことも人気の高い理由となっています。3本ローラーでダンシング練習もしたい人におすすめの3本ローラーです。

1位MINOURA MOZ-ROLLER 3本ローラー

MINOURA(ミノウラ) MOZ-ROLLER 3本ローラー チタンカラー
MINOURA(ミノウラ) MOZ-ROLLER 3本ローラー チタンカラー

¥ 35,200

口コミ

初めての3本ローラーで続けられるかどうかも判らなかったのでもっと安いものにしようかとも考えたのですが、レビューその他の評判を見てこれに決めました。結果とても使いやすく、毎日漕いでいます。

人気の3本ローラーのTOPはミノウラの3本ローラーです。ローラー台といえばミノウラをイメージする人も多い有名人気メーカーです。そのミノウラの定番モデルのMOZローラはロングセラー商品として人気を誇っています。価格も3本ローラーとしては平均的な価格となっているので、3本ローラー選びに迷っている人にぜひおすすめしたい3本ローラーです。

特徴・用途別おすすめのロードバイクの3本ローラー

静かで騒音が少ないおすすめの3本ローラー

ジェットブラックトレーニングバイク
ジェットブラックトレーニングバイク

¥ 30,240

3本ローラーでトレーニングをするのに気にがるのが騒音です。そこで音の静かなおすすめ3本ローラーのご紹介です。

ジェットブラックR1 3本ローラーは、静穏性の高い80mmアルミローラードラムを採用し、回転部分にシールドベアリングを使用することで、3本ローラートレーニング時の騒音を抑えています。音の静かな3本ローラーを探している人におすすめの3本ローラーです。

負荷調整機能付おすすめの3本ローラー

ELITE(エリート) ARION MAG(アリオン マグ) 3ボンローラー
ELITE(エリート) ARION MAG(アリオン マグ) 3ボンローラー

¥ 44,312

口コミ

気になっていた騒音は、「こんなものか」という感じ。 木造一戸建ての二階で使用。同時購入のマットを使用していますが、 階下の家族はまったく聞こえないと言っています。 そしてなにより乗っていて楽しい!!

負荷機能がついている3本ローラーを探している人におすすめなのが、エリートのアリオンマグです。レースなどに出場して好成績を収めたいレース志向の強い人にとって強度の高いトレーニングはとても重要になってきます。

このアリオンマグならば負荷を3段階調整できますので、自分のトレーニング状況に応じて負荷を調整することが可能です。本格的なトレーニングをしたい人におすすめの3本ローラーです。

安いおすすめの3本ローラー

iimono117 サイクルトレーナー
iimono117 サイクルトレーナー
口コミ

調子こいてスピード上げたら、ホイルバランスやらローラーのバランスやらで振動が出ますが一定のスピード以下ではすごく静かでいい感じです。

3本ローラーに乗ってみたい。でも乗れるか不安で、なかなか購入に踏み切れない人やとにかく安い3本ローラーを探している人におすすめの3本ローラーです。1万円以下で購入できるのでが魅力です。

初心者向けおすすめの3本ローラー

TACX(タックス) GALAXIA(ギャラクシア) サイクルトレーナー
TACX(タックス) GALAXIA(ギャラクシア) サイクルトレーナー
口コミ

初めてだと、脱輪の不安もあり恐怖との戦いでした。慣れてきても、うっかり脱輪したり。そのブレを鼓型のローラーが防いでくれます。

初心者におすすめの3本ローラーがタックスのキャラクシアです。3本ローラーはペダリングをスムーズに回さないと、乗りこなすのが難しいトレーニングアイテムです。

タックスのキャラクシアは、フレーム下のコロが前後に動く仕組みになっているので、加速や減速時に働く力をローラーが動くことで吸収できるようになっています。その結果多少荒々しいペダリングになってしまっても、安定してローラーを回転させることが可能になっています。初心者でペダリング力を向上させたい人におすすめの3本ローラーです。

移動に便利折りたたみ式おすすめの3本ローラー

プレミアプレミア トレーニングバイク 3本ローラー
プレミアプレミア トレーニングバイク 3本ローラー
口コミ

他のローラー台をまともに見たことが無いので何とも言えませんが 軽量で持ち運びやすい分、つくりは簡素です また結構な力で後輪の動力を前輪に伝えるゴムを伸ばすため、取扱いに注意すべきだと思いました。

レースなどに参戦している人でレース開始前にアップで3本ローラーを利用したいと考えている人は大勢いらっしゃいます。事実、レース会場ではレース前に会場や駐車場のあちらこちらで3本ローラーや固定ローラー台を利用してアップをしている人は大勢いらっしゃいます。

そこでレース場に持ち込めるように軽量コンパクトな3本ローラーを探している人におすすめの3本ローラーです。

この3本ローラーは7kgと3本ローラーの中ではかなり軽量化されており、折り畳み式なので乗用車への搭載も容易にできます。持ち運びが楽にできる3本ローラーを探している人におすすめの3本ローラーです。

おすすめ3本ローラーのメーカー・ブランド3つと代表製品

3本ローラーは各メーカーから多種類発売されていますが、日本でローラー台といえば有名なメーカーが3つあります。「ミノウラ」「エリート」「タックス」です。このメーカーの製品であれば品質と性能に不足はありません。3本ローラーを探している人におすすめしたいメーカーです。3つのメーカーの説明とおすすめしたい代表3本ローラーをご紹介します。

エリート

エリートはイタリアのメーカーです。サイクルアクセサリーの開発、販売で高い人気を誇っています。世界のトップ選手たちも愛用しているメーカーで有力有名サイクルチームをサポートしています。チーム名の入ったロゴ入りボトルやそれを収納しているボトルゲージなど数多くの商品を発売しています。

ツールドフランスなどの世界的レース前の選手がアップとしている3本ローラーもエリート製の商品が多数使用されていることも、エリート製品の品質の高さを補償しています。高品質の3本ローラーを使用したい人におすすめのメーカーです。

エリート クイックモーション

ELITE(エリート) QUICK MOTION(クイックモーション)
ELITE(エリート) QUICK MOTION(クイックモーション)

¥ 53,374

口コミ

フローティング機能が良い仕事しています。とても良い商品だと思います。

クイックモーションは3本ローラーの中でも少し変わったデザインをしています。この3本ローラーはどちらかといえば、上級者向けの3本ローラーになります。ロードバイク歴が長い人におすすめしたい3本ローラーです。他の3本ローラーよりも横幅が若干狭くなっていますので、初心者が乗るには、やや難しいですが、その分コンパクトに収納できるようになっています。またダンシングも可能ですので本格的トレーニングをするのにおすすめです。

ミノウラ

ミノウラは日本のメーカーで高性能のローラー台を多数発売している日本ではとても人気の高いメーカーです。ローラー台といえば、真っ先にミノウラを思い浮かべる人も多いことでしょう。

とても有名なミノウラですが、その人気の理由は、なによりもその品質の高さにあります。3本ローラーと固定ローラー台の両方をミノウラは発売していますが、そのどちらも性能、静穏性、金額とあらゆる面でサイクリストから高い評価を受けています。

また日本のメーカーですのでサポート体制も充分です。安心して3本ローラーを利用したい人におすすめのメーカーです。

ミノウラ R720

MINOURA(ミノウラ) R720 LiveRoll 3本ローラー
MINOURA(ミノウラ) R720 LiveRoll 3本ローラー

¥ 49,300

口コミ

ケイデンス維持の練習として使用しています。 騒音も少ないので、周囲を気にせず練習出来ます。

ミノウラのローラー台にはモッズシリーズがあります。R720はそのモッズシリーズの上級グレードにあたります。大きな特徴としては直径105mmと太いローラーを採用することでタイヤへの設置面積が減り、スムーズなペダリングを実現しています。

また騒音もとても少ないので3本ローラー特有の振動もかなり抑えられています。3本ローラー本来のトレーニング効果を望んでいる人におすすめの3本ローラーです。

Tacx

タックスはオランダのサイクルトレーナーを中心とした製品を取り扱っているメーカーです。日本では近年人気の出てきたメーカーです。2017年12月1日より株式会社日直商会が日本での総代理店として一元化されることになりました。

日本では後発のメーカーですが、商品の品質は高く2012年にはロンドンオリンピックで公式トレーナーとして採用されているメーカーです。まだまだ商品のラインナップは少ないですが、比較的価格が抑えられている商品が多いので手に入れやすいメーカーです。まずはお手軽に始めてみたい人におすすめのメーカーです。

タックス アンタレス

Tacx(タックス) ANTARES
Tacx(タックス) ANTARES

¥ 26,460

口コミ

安定していいと思います 練習してください! 慣れたらいろいろ工夫して練習しましょう

タックスには現在2種類の3本ローラーが発売されています。「アンタレス」と「ギャラクシア」です。アンタレスはつづみ型ローラーと呼ばれローラーの中央付近に向けて凹んでいるので多少ハンドルが左右に振れても3本ローラーから落ちる事なくペダリングすることが可能です。初心者やまだペダリング技術に不安な人におすすめしたい3本ローラーです。

あると便利なアイテムの活用方法

3本ローラーを使用するときにあると便利なおすすめのアイテムをご紹介します。日々トレーニングで使用したい3本ローラー台を少しでも便利、快適に使用できるアイテムです。

汗と振動防止にしようできるマット

MINOURA(ミノウラ) トレーニングマット4 TM4 ブラック
MINOURA(ミノウラ) トレーニングマット4 TM4 ブラック

¥ 3,500

口コミ

MINOURA (ミノウラ) クワトロ-C トレーナー用に購入しました。縦横の大きさ、厚さともにちょうど良いと思います。また、ゴムの匂いも無いので出しっ放しでも食事ができるくらいです。

3本ローラーでトレーニングをすると滝のような汗が流れます。その場を動かないので床には大量の汗がしたたります。また構造上振動が起きやすいので、その予防としてマットを下にひくのがおすすめです。専用マットであれば気になる振動も大幅に軽減してくれます。騒音で家族の目が気になる人にはおすすめのアイテムです。

専用タイヤで消耗を抑えましょう

SCHWALBE(シュワルベ) INSIDER(インサイダー)
SCHWALBE(シュワルベ) INSIDER(インサイダー)

おすすめのアイテムとして専用タイヤがあります。ロードバイクのタイヤも安いものではありません。外に走りにいくなら別ですが、ローラーの上を走行するだけなら高いタイヤを無駄に摩耗させることもありません。トレーニング時には専用のタイヤを使用すれば耐久力もあるので長持ちするのでおすすめです。

家庭用じゃ物足りない

山善(YAMAZEN) 扇風機 45cm
山善(YAMAZEN) 扇風機 45cm
口コミ

家庭用の扇風機(30cmリビング扇風機)の風の強さには満足できず、購入しました。 勿論、プロペラ径が大きいのと家庭用の扇風機(30cmリビング扇風機)で安全網を外して強で動かした時よりも風が強いだけあって、弱でも十分音は大きいので集合住宅だと夜間の使用は控えたほうが良さそうです。

ロードバイクで3本ローラーを使ったトレーニングを行うと滝のような大汗が流れます。実走ならば、走行中の風があたるのでそこまで汗がでませんが、その場に停まっている分、風があたらないので汗を大量にかきます。また汗だけではなく体温も上昇します。それらの解消におすすめなのが扇風機です。

ただし家庭用の扇風機の風力ではトレーニング時にはまったく物足りません。そこで3本ローラーを利用している人の多くは業務用の扇風機を使用しています。

ロードバイクの3本ローラーの楽しみ方

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

ロードバイクで普通で走るのと違い3本ローラーでのトレーニングは景色変わらず退屈です。そこで3本ローラーのトレーニングを楽しくするおすすめの方法をご紹介します。

TVやビデオを見る

室内で練習できる環境があればTVやビデオなどを見ながらトレーニングをするのもおすすめです。特にサイクルレースなどを見ながらトレーニングをすればモチベーションもあがるのでとてもおすすめです。

ZWIFTを利用してみましょう

ZWIFTはインターネットを通じて世界中の人々と仮想コースを走ることができるバーチャルトレーニングです。インターネットができるPCとバイクに必要なセンサーを取り付けることで利用できます。24時間どの時間でも大勢の人が走行していますので、とても良い刺激を受けることができるのでとてもおすすめです。

3本ローラーを活用してレベルアップを目指そう

3本ローラーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

3本ローラーでトレーニングをすれば、ペダリングの向上や体幹トレーニングも望めます。トレーニングメニュー次第では心拍トレーニングをする事も可能です。

ロードバイクに必要な技術をすべて練習することができる3本ローラーは、レベルアップを目指す人には、まさにおすすめのアイテムです。3本ローラーを上手に活用してレベルアップしたスキルでロードバイクで走り出しましょう。

Related