Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月09日

バイクのチェーンオイルのおすすめ人気ランキングTOP3

バイクのチェーンオイルは何を選べばいいのか、おすすめはどれか、新車や中古車に関わらず、メンテナンス用品の購入時に迷ってしまうことが多いでしょう。大切なバイクの寿命を延ばすために必要なおすすめのバイクチェーンオイルをご紹介いたします。

バイクのチェーンオイルのおすすめ人気ランキングTOP3

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

バイクのチェーンオイルの種類と選び方

世の中には普通自動車や大型自動車の運転免許を取得されているかたの他に、普通自動二輪、大型自動二輪など二輪自動車の運転免許を取得された方、またはこれから取得を目指しているかたも大勢いらっしゃるとおもいます。

自動二輪はご存知のとうりバイクのことを指しますが、四輪の自動車でも日常点検をするように、バイクでも日常点検を必要に応じて行うことをおすすめします。日常点検においてバイクの点検をする前に、まずはどの部分の点検をしなければならないのかを把握しておきましょう。しっかりと点検をすることで、走行中のトラブルを減らすことができます。

今回は日常点検で必ずチェックするチェーンのメンテナンスに必要な「バイクのチェーンオイル」のなかから、おすすめのチェーンオイルをご紹介します。

バイクのチェーンオイルの種類

バイクのチェーンオイルのおすすめ人気ランキングTOP3

すでに自動二輪免許を取得しバイクを所持している方は日常点検も慣れた方がほとんどでしょうが、新たに免許の取得をされたかた、またはこれから取得を目指す方にとっては、メンテナンスをする時に見なければならない場所や、必要な工具などまだ分からない部分も多いのではないでしょうか。

特にバイクのエンジンオイルやチェーンオイルはたくさんの種類がありますし、それぞれで特徴もしがうため、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますし、点検に出したお店によっても使っている商品が変わってきます。

そのようななかでバイクのチェーンオイルの基本的な種類だけでも知っておくと、自分の好みのチェーンオイルを選ぶことができるので覚えておくことをおすすめします。

チェーンオイルはドライとウェットが基本の2種類!

チェーンオイルと聞いて、皆さんはどのようなものをイメージしましたか。まずはバイクのチェーンオイルを選ぶときに覚えておきたい基本のチェーンオイルの種類として、ドライとウェットの2種類のチェーンオイルがあります。それぞれにメリット、デメリットがあるため、特徴を知っておくことをおすすめします。

ドライタイプのおすすめポイント

ドライタイプのバイク用チェーンオイルと聞くと、制汗スプレーのようにパウダーが配合されているサラサラしたものをイメージする方は少ないでしょう。

ドライタイプのチェーンオイルだからといってパウダーが入っているわけではなく、ドライタイプのバイクチェーンオイルの特徴は速乾性があり粘度も高いため、ウェットタイプに比べて長期間付着してくれることがあげられます。

また速乾性があるおかげで液だれや飛び散りも少なくて済みますので、バイクチェーン以外の部分に散布してしまうことも少なくて済みますし、液だれが少ないので他の部分が汚れてしまうことも最小限に収めることができるため、後のメンテナンスが楽にすむのはおすすめできる点です。

ドライタイプを使用する際の注意点

粘度が高く速乾性も抜群なドライタイプですので、風の強い日に屋外でバイクのメンテナンスをした際にドライタイプのチェーンオイルを使用した場合、風に飛ばされてきた砂ぼこりなどもチェーンオイルと同時に付着してしまうことがあります。

また屋内での作業であっても砂や小さな綿埃などもの付着がしてしまうことがあり、この場合バイクチェーンに傷をつけてしまう可能性がありますので、ドライタイプのバイクチェーンオイルはできるだけ屋内か、風の強くない日や、できるだけ砂やゴミのない場所で使用することをおすすめします。

ウェットタイプのおすすめポイント

さきほどのドライタイプのバイクチェーンオイルのおすすめポイントをご紹介させていただきましたが、今度はドライとは対照的なイメージをもたれる「ウェットタイプのチェーンオイル」についての特徴・メリット・デメリットをみてきいましょう。

ウェットタイプの特徴は、ドライタイプと比べると粘度が低いので砂ぼこりなどがチェーンオイルと同時に付着しにくいこと、また粘性が低いことにより重ね付けができますので、晴れた日の使用をおすすめしますが、天気の優れない日でも使用することができます。

ウェットタイプをチェーンオイル使用する際の注意

ドライタイプのバイクチェーンオイルは速乾性が高く、粘度の高い性質があるためにオイルの飛び散りや液だれが少なく済むのに対し、ウェットタイプのバイクチェーンオイルは粘性が低いため、ドライタイプのバイクチェーンオイルに比べるとウェットタイプのバイクチェーンオイルは飛び散りやすいことが難点としてあげられます。

また重ね付けできるので、こまめにメンテナンスをしたい人にとってはおすすめのウェットタイプですが、速乾性がドライタイプのバイクチェーンオイルと比べて低いため、どうしても全体にオイルの膜を張るためには時間がかかってしまいます。

バイクのチェーンだけにかけているつもりでも、必要外の部分にも付着してしまう場合がありますので、注意しながらの使用をおすすめします。粘性の低さから砂などを同時に付着させてしまうことによるバイクチェーンの傷みを抑えることができる部分は、おすすめできるポイントです。

バイクのチェーンオイルのおすすめの選び方

毎日の通勤や通学以外にも、気候の安定した季節には身体全体で季節を感じることができるツーリングにでかけるかたも多いでしょう。長時間の運転前にはいつも以上にメンテナンスをしておきましょう。

バイクの部品の中でもチェーンはバイクを走らせるために必要不可欠な部品であり、このチェーンが不具合を起こしてしまうとエンジンからの動力を車輪に伝えることができず、走らせることができなくなってしまします。もしも長距離ツーリングの途中で、チェーンが上手く機能しなくなってしまっては大変です。

そこで、先ほどご紹介させていただきましたドライタイプのバイクチェーンオイルとウェットタイプのバイクチェーンオイルの特徴以外にも、バイクのメンテナンス時に使用するチェーンオイルの選び方を知っておくと、購入の参考になりおすすめです。

チェーンオイルはシールチェーン用がおすすめ

バイクのチェーンオイルを選ぶときにおすすめなのが「シールチェーン用」のバイクチェーンオイルです。バイクのチェーンのほとんどがシールチェーンといわれる、チェーンの伸びを防ぐために、250cc以上のバイクに採用されることの多いチェーンのタイプで、ピンとプッシュ間に注入されたグリスを閉じ込めておくためのゴムでできたパーツのことです。

このシール部分がゴムでできているために、どうしてもオイルでメンテナンスを怠ってしまうと劣化してしまい、シールの劣化により摩擦が起きてしまいチェーンが伸びてしまう場合があります。それでもノンシールチェーンのものと比べるとシールが保護してくれますので、寿命は長いことがほとんどです。

なんでシールチェーン用がおすすめなの?

シールチェーン用のバイクチェーンオイルはシールチェーンではなく、ノンシールのバイクのチェーンオイルとしても使用できますので、もしも中古でバイクを購入したけど自分のバイクがシールチェーンのバイクなのか、ノンシールチェーンのバイクなのか判断ができない場合にも役に立ちますので、シールチェーン用のバイクチェーンオイルをおすすめします。

バイクのチェーンオイルおすすめTOP3

現在バイクを所持されている方に人気のチェーンオイルについて、ランキング形式でご紹介していきたいますので、ご購入の際に参考にしてください。一度は聞いたことのあるメーカーから発売されている商品、また手に入りやすいチェーンオイルをご紹介いたします。

ランキング3位:「WAKO'S チェーンルブ」

WAKO'S チェーンルブ
WAKO'S チェーンルブ
口コミ

チェーン清掃後2ヶ月経ってもチェーンは綺麗なまま、ルブもしっかり残っていてさすがワコーズといった感じです。

チェーンオイルを初めて購入する方におすすめしたいのが、ワコーズのチェーンルブです。こちらのチェーンオイルはさすがワコーズといった感じで、長期間効果が期待できますし、価格もお手頃で、初めてのバイクメンテナンスでも安心してしようできます。

またワコーズのチェーンルブは、バイクだけではなく自転車のチェーンに使用することができるため、一つもっておくと、家族の自転車のメンテナンスにも役立てることができるのもおすすめポイントです。

さらにチェーンのオイルメンテナンスは、走行中にチェーンに付着した砂やゴミなどの汚れを洗浄する事で、チェーンの寿命を延ばすことができますので、可能であればチェーンのメンテナンスは2回に一度はチェーンクリーナーでの洗浄がおすすめします。そのため、チェーンクリーナーもセットで購入しておくことをおすすめします。

ランキング2位:「ヤマルーブ ドライ」

ヤマハ(YAMAHA) ヤマルーブ
ヤマハ(YAMAHA) ヤマルーブ

¥ 2,376

口コミ

メンドくさがりなので重宝してます。 大体月2でチェーンメンテしますが、うち1回は洗浄+ウエットタイプ。 飛び散り少ないし、雨にも強いしおすすめです。

バイクメーカーとしても有名なYAMAHAのヤマルーブスーパーチェーンオイルは、オイルの飛び散りや液だれの少ないドライタイプのチェーンオイルです。

透明なチェーンオイルと違い、こちらのヤマルーブスーパーチェーンオイルは注油時は白く、時間がたってくるごとに汚れて黒く見えたり、白い部分が減ってくるので、メンテナンスのタイミングも分かりやすいのがおすすめポイントです。

特に、走行距離を計算してメンテナンスをするのが面倒臭いかたには、目視でメンテナンスのタイミングがわかるヤマルーブスーパーチェーンオイルはおすすめの商品ですので、初めて自分のバイクを手にするという方におすすめしたいチェーンオイルです。

ランキング1位「クレ556」

KURE(呉工業) 5-56
KURE(呉工業) 5-56
口コミ

相変わらずこの安さ、一本でボルトやネジの整備が出来ちゃう手軽さ、惚れてしまいますね。 原付のセルフメンテナンスも基本的には工具一式とこれがあれば大丈夫です。

動きの悪くなったジッパーの動きを一吹きでよくするテレビCMでもおなじみの、呉工業から発売されている「KURE5-56」はおすすめです。自転車やバイクのチェーンのメンテナンスだけではなく、ペンチなどの工具のメンテナンス、さらに動きの悪くなった鍵のシリンダーやドアの蝶番にまで使用できるほどの便利さで人気です。

工具箱に1本入れておくだけでさまざまなトラブルに対応できるKURE-556は、価格的に見ても他のチェーンオイルの半額程度で購入できる場合もあり、その機能性だけではなくメンテナンスには必要不可欠な消耗品としては優秀であるといえます。

特徴・用途別おすすめのバイク

初めて自分で自分のバイクのメンテナンスをしようとした時に、使用する状況や使用用途によって商品を選ぶと失敗もすくなくすみます。買ってからあっちの方がよかった、こっちのほうがもしかしたら使い勝手が良かったかもしれないということにならないように、購入する前に自分の使用用途を明確にしてから商品を選ぶとよいでしょう。

飛び散らない

KURE(呉工業) スーパーチェーンルブ
KURE(呉工業) スーパーチェーンルブ

¥ 1,080

口コミ

注油後すぐサラサラになりオイルが飛び散らず気に入っています。マメに注油したいので二本購入しました。 この価格で、このクオリティーは買いだと思いました。

バイクや車などのメンテナンス時にはどうしてもオイルの汚れなどが車体に付着してしまうだけ絵はなく、作業をしている場所も汚してしまいがちです。とくにメンテナンスをした後に洗車も一緒に行うようであれば、特に問題は起こらないことが多い中で、やはりおすすめしたいのはバイクが汚れてしまうのを最小限に抑えられる商品です。

そんなときにおすすめしたいのが、液だれ、飛び散りの少ないチェーンオイルです。こちらのスーパーチェーンルブと、もう一つ呉工業から発売されているチェーンルブがありますが、スーパーチェーンルブの方が粘性があり長期間チェーンの保護をしてくれます。過度な粘性ではなく、使用後にはさらっとしますので使い勝手もよくおすすめです。

ドライ

ウルト HHSドライルーブ(ドライタイプチェーンオイル)
ウルト HHSドライルーブ(ドライタイプチェーンオイル)
口コミ

面倒臭がらずに200キロくらい走行したら、塗布する事を繰り返すと、恐ろしいくらいに転がり抵抗の少ないチェインコンディションを 維持する事が出来ます。

ドライタイプのチェーンオイルがおすすめされる理由は飛び散らないこと、液だれしないこと、ウェットタイプと比較して長期間効果が持続する部分であるとご紹介してきました。ですが、おすすめできるところがあれば逆に注意するべき点も出てきてしまいます。

ウェットタイプに比べ粘性の高いドライタイプでは、砂や小さなゴミがオイルと一緒に付着してしまい、放置してしまうとチェーンの摩擦で傷んでしまう場合がありますので、チェーンのメンテナンスをする内、2回に一度はクリーナーを使用して綺麗に掃除をしてから新たにオイルを使用するようにしてください。

しかしこちらのウルトHHSドライルーブは、他のチェーンオイルにくらべるとより速乾性に優れており、ゴミの付着を防いでくれるほか、手でチェーンを触ってしまっても汚れることがすくないのが特徴で、使用後のふき取りもしなくて済むのでおすすめしたい商品です。

チェーンオイルのメーカー・ブランド3つと代表製品

チェーンオイルを選ぶ参考として有名なメーカーの商品を選ぶというのも、選択肢の一つとして挙げられます。有名なメーカーであれば失敗も少ないでしょうし、使用しているかたも多いですので使用方法を聞くこともできますし、参考になるレヴューもありますのでおすすめです。

呉工業

KURE(呉工業) スーパー5-56
KURE(呉工業) スーパー5-56

¥ 756

口コミ

スーパー5-56を吹き付けたら、きしみ音が鳴らなくなりました! 1ヶ月経った今も、きしみ音はありません。

呉工業といえばKURE556などで誰もが一度は使ったことがある、もしくは聞いたことがある商品を発売した有名な企業です。バイク用品だけではなく、自動車、工業用品、なんと船舶にも使用可能な製品を取り揃えており、さまざまなニーズに答えてくれる企業です。

KURE556以外にもさまざまな製品を取り揃えていますので、ご興味のある方は一度ホームページから商品をご覧いただくことをおすすめします。また呉工業のホームページでは、商品の通信販売もしていますので、気になる商品を試してみるのもおすすめです。

WAKOS ワコーズ

ワコーズ CHL チェーンルブ
ワコーズ CHL チェーンルブ

¥ 1,728

口コミ

水置換性なので雨のあとにサッとふくだけで錆びません 滑りもよく音が気持ちよくなりました チェーンオイルはずっとこれにしようと思います

大手自動車メンテナンス用品専門店、その他小さな販売店でも必ずと言っていいほど取り扱いがあるメーカーといっていいWAKOSワコーズ(株式会社和光ケミカル)では、40年以上も潤滑油を主に研究、制作、販売をしてきた実績があり、車やバイクのメンテナンスをご自分でされる方の中にはWAKOSワコーズのファンの方もいらっしゃるでしょう。

チェーンオイルだけではなく、ガラスクリーナーやワックス、コンパウンドなど、車体のメンテナンスに必要不可欠なさまざまな製品を取り揃え、さらにコンピューター整備を必要とする車体の整備まで行っていますので、愛車の整備をプロに頼みたいとお考えの方にもおすすめしたいのがWAKOSワコーズです。

LAVEN ラベン

スーパーチェーンルーブPRO 420mL
スーパーチェーンルーブPRO 420mL
口コミ

チェーンやスプロケにしっかり付くタイプで、垂れも飛び散りも感じません 白いのが気になりますがそういうモノだと思えばむしろ付着の有無が判りやすくて良いと思います

LAVENはバイクメンテナンス用品専門のメーカーで、数多くの製品発売しています。LAVENでは他の大手企業とは違い、とにかくバイクのメンテナンスに特化した製品を取り揃えていますし、どのチェーンオイルを購入していいのか迷ってしまったときにはLAVENのホームぺージから通信販売を利用して購入うしてみることをおすすめします。

バイクのチェーンオイルの使い方

バイクのチェーンは、走らせなければ傷まないといいうものではありません。いくら雨風にさらされない屋内に置いていたとしても、錆が発生してしまったり、シールチェーンであればシールの劣化が起こります。ですので、長期間バイクに乗らないときでもしっかりとメンテナンスをすることをおすすめします。

とくに気温が低くかったり、逆に高すぎたりしてバイクの走行ができない期間が長期間あるような場合には、いざツーリングに出かけようとバイクを走らせてみたらチェーンが伸びてしまっていたり、劣化してしまっていたりして走らせることができない。そんなことにならないように乗ることができないときでもバイクを可愛がってあげてください。

チェーンオイルは走行後に塗るのがおすすめ

チェーンオイルは液体のオイルですが、やはり油であることに変わりがありません。走行後のチェーンが温まった状態でオイルを塗ったほうが浸透してくれることに加え、走行前にチェーンオイルを塗ってしまうと、チェーンオイルの種類によっては速乾性の低い商品です。しっかりと油膜ができているように見えても実際に走らせてみたらオイルが飛散してしまうこともあります。

走行後にチェーンオイルを塗っておけば、しっかりと油膜を作ることもできますし、チェーンオイルがしっかりと浸透してくれますので、次回走行時にスムーズな走りができます。このような理由から、バイクのチェーンオイルは走行後の温まった状態の時に塗るようにすることをおすすめします。

頻度

エンジンオイルの交換をする時にも、目安になる走行距離は何キロ走ったら交換をしたほうがよい、というようにバイクのチェーンにもメンテナンスの頻度はどのくらいなのかという疑問がわいてくるでしょう。

チェーンのメンテナンスをするおすすめの頻度、タイミングをしてはだいたい走行距離が「500キロ」がおすすめです。500キロを超えてきてしまうと前回塗ったチェーンオイルの効果が低下してくることで、摩擦が起こりやすくなってしまったり、走行時に音が気になってくる頃かとおもいます。

また可能であれば2回に1度はチェーンクリーナーを使用して、一度綺麗に洗浄することをおすすめします。特に粘性の高いチェーンオイルを使用している場合は、走行中や雨風により砂やゴミが付着してしまう可能性も高いため、チェーンの寿命を長くするためにも洗浄をおすすめします。

塗り方

バイクのチェーンオイルを塗ろうとしたときに、いったいチェーンのどの部分にオイルを塗ればいいのか分からないという方も中にはいらっしゃるでしょう。しっかりとチェーンオイルを塗ることで、走行時のチェーンの摩擦や走行音も軽減することができますので、参考にしていただくことをおすすめします。

チェーンオイルを塗る部分は、外側のプレートと内側のプレートの間、さらに内側のプレートの間です。このプレートの間にチェーンオイルを塗るためノズルがついているスプレータイプのチェーンオイルを選ぶのか、注油をするために先端が細くなってるボトルタイプを選ぶのか、そういったチェーンオイルの選び方もおすすめです。

こまめにメンテナンスが一番

バイクのチェーンオイルのおすすめ人気ランキングTOP3

車もバイクもこまめにメンテナンスをすることがとが、その車体自体の寿命に密に関係してきますので、たかがチェーンと思わず、乗れないときでも少しずつ目をかけてあげることで、大切な自分のバイクを長く乗ってあげることができます。

細かい部分ではありますが、人間と同じでバイクもオイルが切れてしまうと動きが鈍くなってしまいますし、特に長距離のツーリングを計画されている方は、いつもよりも念入りにチェックされることをおすすめします。

Related