Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月05日

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

折りたたみ自転車はコンパクトにたためるので、収納や持ち運びに便利です。小さなタイヤなら小回りが利くので街中で乗るにもおすすめです。今回は折りたたみ自転車の種類や選び方を紹介します。数あるメーカーからおすすめの商品を選んでみましたので、ぜひ参考にしてください。

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

折りたたみ自転車の種類と選び方

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

通勤や通学、お出かけのために折りたたみ自転車を購入したいけれど、メーカーや性能などがさまざまあり、どれを選んだら良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。初めて購入を検討している人はなおさら、どこに重点を置いて選べば良いかわからないでしょう。

そこで、ここでは折りたたみ自転車の種類と選び方をわかりやすく説明します。あなたにぴったりの折りたたみ自転車の種類はどんなタイプなのかを考えてみましょう。

折りたたみ自転車の種類

折りたたみ自転車は、価格やメーカー、重さなどがさまざまあります。ここでは折りたたみ自転車をさまざまなタイプに分けて特徴を挙げてみみました。それぞれの違いを見てみましょう。

コンパクトな軽量タイプ

【最新版】A-bike City 日本特別仕様車 コンパクト軽量折り畳み自転車 (前後輪ノーパンクタイヤ)
【最新版】A-bike City 日本特別仕様車 コンパクト軽量折り畳み自転車 (前後輪ノーパンクタイヤ)
口コミ

まず一番スゴいのが、びっくりするくらい小さく畳めますので職場のロッカーに入ってしまうほど!

折りたたみ自転車の重さは、製品によっては5kg台から20kg台以上と幅があります。折りたたみ自転車を持って旅行に出かけたりドライブに行くなら、携帯性を重視してできるだけ軽くコンパクトにたためるタイプがおすすめです。

コンパクトタイプ、軽量タイプの折りたたみ自転車は、折りたたんだ際にサドルやハンドル部分が出っ張らず、タイヤのサイズが小さいのが特徴です。

また、重量が軽くなるように、アルミやチタンを採用しているタイプが多いです。女性でも持ち運びやすいですが、耐久性は他のタイプと比べると劣ります。短い距離で平坦な道を走るのにおすすめです。

電動アシストタイプ

VTSP XF600 14インチ 電動アシスト自転車 ミニタイプ
VTSP XF600 14インチ 電動アシスト自転車 ミニタイプ

¥ 89,900

口コミ

安くて最高&これは電動自転車だからペダルには足を乗せるだけで力をかけなくてもアクセルだけでスイスイ走ってくれる。

重い荷物を載せたり背負った場合や、坂道を走行する場合は、電動アシストタイプの折りたたみ自転車がおすすめです。また、平坦な道で荷物が軽い場合でも、長距離を走行すると疲れが生じるため、楽に走りたい人にも選ばれます。

電動アシストタイプは、バッテリーの充電が必要になったり、機械が付いているため重量が大きくなるなどのデメリットがあります。とはいえ、利便性や機能性を考えると、通勤や通学などで毎日楽に使用したい人にはおすすめです。

ギアチェンジタイプ

折りたたみ自転車 20インチ ARCHNESS シマノ6段変速ギア
折りたたみ自転車 20インチ ARCHNESS シマノ6段変速ギア
口コミ

組み立ても簡単にする事ができました。カラーもとてもきれいで、お気に入りの自転車になりました。

変速ギアが搭載された折りたたみ自転車は、電動アシストタイプと同じく楽に走行するための製品です。電動アシストとの違いは、ギアを何段階かに設定し、スピードを出せる点です。さまざまな道で快適に走りたい人におすすめです。

変速ギアの段階は、3段から6段が一般的で、操作する機械は、レバー式やグリップ式があります。製品によって操作のしやすさや段階が異なるため、自分の使いやすいタイプを選ぶことをおすすめします。

マウンテンバイクタイプ

21Technology 折りたたみ 26インチ マウンテンバイク MTB266 6段変速付き
21Technology 折りたたみ 26インチ マウンテンバイク MTB266 6段変速付き
口コミ

問題なく15キロ程の道のりを乗り出せて安心しています。見た目もかっこよく大事にしたいなと思っています。

マウンテンバイクタイプは、その名前のとおり、でこぼこの山道でも走行ができるタイプの折りたたみ自転車です。太めのタイヤや衝撃を吸収するサスペンション、雨でも効きやすいブレーキなどが搭載されているのが特徴です。

ぬかるみのある道や砂利道、あぜ道などの走行が得意ですが、街中の舗装された道路でも問題なく走行できるでしょう。アスファルトでも段差がある場合などでも走行しやすいため、シティユースでも安定性を重視する人におすすめです。

クロスバイクタイプ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ブラッシュアップ 700C
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ブラッシュアップ 700C

クロスバイクタイプの折りたたみ自転車は、山道に強いマウンテンバイクと速いスピードが出せるロードバイクの間の性能と言われています。

本格的なロードバイクでもなく、タイヤの太いマウンテンバイクとも違いますが、両方の良いとこどりをしたタイプなので、スポーツタイプの折りたたみ自転車を検討している人におすすめです。

通勤・通学や、長い距離を楽しみたい人は、タイヤサイズの大きめなものを選ぶと快適に走行できるでしょう。製品によってマウンテンバイク寄りのタイプとロードバイク寄りのタイプがあるので、好みや用途によって選ぶことをおすすめします。

折りたたみ自転車の選び方

自分に合う折りたたみ自転車のタイプが選べたら、その種類の中から重さやタイヤのサイズ、折りたたんだサイズなどを考慮して選んでみましょう。以下で選ぶポイントを解説しますので、参考にしてください。

重さを確認しよう

折りたたみ自転車を使用するということは、多少なりとも持ち運んだり、収納することを目的としているのではないでしょうか。そのため、必要最低限の重さが扱いやすいでしょう。

軽量な折りたたみ自転車は、5kg台の非常に軽い製品もありますが、長い距離を走行したり、悪路を走行するには向かない場合もあり、耐久性が懸念されます。用途に合わせた製品の重さを選ぶことをおすすめします。

例えば、持ち歩く場合には10kg前後、車に乗せる場合は20kg以下を選ぶなど、シュチュエーションに合わせて最適な重さを選びましょう。

タイヤの大きさを選ぼう

折りたたみ自転車のタイヤのサイズは、16〜20インチほどが一般的です。中には10インチや8インチなどの小さなタイプ、26インチなどの大きなタイプもあります。

一番人気があり、走行しやすいと言われるのは20インチで、折りたたみ自転車のタイヤサイズでは標準の大きさです。折りたたんでも大きすぎず、安定した走りができます。お出かけや通勤・通学におすすめです。

16インチなどの小さめなタイヤは、収納や持ち運びに便利ですが、段差がある場所で走行するには向いていないでしょう。また、26インチなどの大き目なタイヤは、折りたたんでもそこまでコンパクトにならず、持ち運びには向きません。しかし、安全に走行できるというメリットがあります。

このように、タイヤのサイズによってメリット・デメリットがあります。どのような使い方をするかを考えて最適なタイヤサイズを選びましょう。

折りたたんだサイズ

収納や持ち歩きに適しているかどうかは、重さや折りたたんだサイズで決まるでしょう。タイヤのサイズについて説明しましたが、折りたたんでもタイヤのサイズは変わりません。そのため、折りたたんだサイズを小さくしたければ、タイヤのサイズを小さくする必要があるでしょう。

ただし、製品によってカゴが装備されていたり、折りたたんだ際にベダルやサドルが出っ張ってしまうタイプもあるため、どのくらいコンパクトになるかを確認しておくと良いでしょう。

ブランドも大切

ノーブランドなどで1万円を切るような安価な折りたたみ自転車も販売されていますが、素材や部品の作りなどを考えると、あまりおすすめできません。デザインなどが気に入っても、素材や作りがしっかりしていないタイプは避けたほうが良いでしょう。

安全に走行するためにも、できるだけ定評のあるメーカー・ブランドから選びましょう。有名メーカー・ブランドは本記事の後半で紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

折りたたみ自転車おすすめ人気ランキングTOP3

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

折りたたみ自転車の種類と選び方を紹介しましたが、どのような自転車が人気があるのでしょうか。ここでは、数ある折りたたみ自転車の中から人気のあるおすすめの商品をランキングにしてみました。

ランキング3位:「ブリヂストン(BRIDGESTONE) トランジットスポーツG26」

ブリヂストン(BRIDGESTONE) トランジットスポーツG26 TSG268 スーパーブルー 折りたたみ自転車
ブリヂストン(BRIDGESTONE) トランジットスポーツG26 TSG268 スーパーブルー 折りたたみ自転車
口コミ

折り畳み式自転車というと車輪サイズの小さなものが 多いですがこれは大きいのでカッコいいし 走るのも楽です。

おすすめ人気ランキング3位は、ブリヂストンの折りたたみ自転車です。ブリヂストンはタイヤメーカーとして有名ですが、写真のトランジットスポーツという製品のほか、スニーカーライト、シルヴァというブランドの製品も製造しています。

この製品のタイヤサイズは26インチと大きめなので、段差がある道でも安定して走ることができるでしょう。ブレーキやペダルにはアルミを採用し、丈夫でワンタッチで折りたためるところもおすすめのポイントです。

また、タイヤサイズが大きいので持ち歩きには向きませんが、12.5kgと比較的軽いので、車に積むならおすすめです。

ランキング2位:「RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 特別仕様車」

RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 Limited Edition(AL-FDB143) 特別仕様車
RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 Limited Edition(AL-FDB143) 特別仕様車
口コミ

27インチのクロスバイクを持っていますが軽に積むには大きすぎるので車でどこかへ出かけ周遊するのにこのルノーは最適です。

おすすめ人気ランキング2位は、ルノーのコンパクトタイプの折りたたみ自転車です。タイヤサイズは14インチと大変小型で、重さはわずか7.8kgとなっています。長距離や段差がある路面の走行は不向きですが、小回りが利くので街中での使用におすすめです。

タイヤが小さく、折りたたんだサイズも55cm×65cm×30cmと大変コンパクトなので、車や電車に乗せることもでき、楽しみが広がります。3段階のギアチェンジや伸縮式のハンドルで高さを変えられるなど、乗りやすく走行しやすい工夫が見られるところもおすすめのポイントです。

ランキング1位:「DAHON(ダホン) 折りたたみ自転車 Route クラウドホワイト」

DAHON(ダホン) 折りたたみ自転車 Route クラウドホワイト
DAHON(ダホン) 折りたたみ自転車 Route クラウドホワイト

¥ 52,920

口コミ

綺麗な仕上がりでキズが付くのが勿体ないくらい、塗装、溶接が良いです。 ギア等の調整もせずに、そのまま乗れました! 大満足です!

おすすめ人気ランキング1位は、折りたたみ自転車を初めて作ったメーカーであるダホンの製品です。ダホンの中でも人気があるのがルートというシリーズで、7段階の変速や20インチのタイヤを採用しているなど、安定性や走行性のバランスが良いです。

重さは12.2kgなので、男性なら持ち運びできる範囲でしょう。折りたたみは工具が必要なく、3ステップで簡単にできます。また、ペダルも折りたためるのでよりコンパクトになるところもおすすめのポイントです。

サドルやペダルの高さが調節できるので、幅広い身長に合わせられます。このように、総合的にスペックの高い折りたたみ自転車なので、初めて購入を検討している人にもおすすめです。

特徴・用途別おすすめの折りたたみ自転車

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

おすすめ人気ランキングを紹介してきましたが、ほかにもさまざまなタイプの折りたたみ自転車があります。ここでは、特徴・用途別のおすすめの折りたたみ自転車を紹介していきます。あなたにぴったりの折り畳み自転車を見つけてみましょう。

軽量でおすすめの折りたたみ自転車は?

RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 ブラック AL-FDB140
RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 ブラック AL-FDB140

¥ 64,800

口コミ

とにかく軽い。そのわりによく走る。車載・輪行などの旅行用としておすすめ。

ペダルとスタンドを除いた重さはわずか7.4kgの折りたたみ自転車です。軽量のアルミホイールやタイヤチューブを採用するなど、本体を軽くする工夫が随所に見られます。

タイヤサイズは14インチと小さいため、折りたたんだ際にできるだけコンパクトにしたい人におすすめです。また、小回りが利くので狭い路地でもスイスイと走れるでしょう。

輪行にはもちろん、車に積んでキャンプに出かけたり旅行を楽しんだりと、折りたたみ自転車ならではの使い方ができます。ホイール部分の赤い色がアクセントとなり、デザインがおしゃれなところもおすすめのポイントです。

安くておすすめの折りたたみ自転車は?

折りたたみ自転車 20インチ 6段変速 オールインワン M-252
折りたたみ自転車 20インチ 6段変速 オールインワン M-252
口コミ

可愛らしいし爽やかです。品質に問題は無いと思われます。がたつきもありませんし。オマケで付いてくる鍵、ライトも文句はありません。

折りたたみ自転車の価格は、1万円以下から30万円以上とかなり大きな幅があります。高いものほどこだわった機能や素材が使われているため、安定した走りや利便性が高くなるでしょう。しかし、特にこだわりがなく、平均的な機能でコストを抑えたい人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、マイパラスというメーカーの折りたたみ自転車です。マイパラスは、バリエーションが豊富でリーズナブルな製品が多いのが特徴です。写真のお折りたたみ自転車は、その中でもバランスのとれたタイプで人気があります。

オールインワンという名前のとおり、カゴ、LEDライト、ワイヤーロックという自転車を使用する上で便利な装備がついています。20インチのタイヤを採用し、6段階で変速できるなど、安定的に走行できるので、通勤・通学やちょっとしたお出かけで使用するのにおすすめです。

長距離におすすめの折りたたみ自転車は?

DOPPELGANGER 700x23C フォルダブルクロスバイク
DOPPELGANGER 700x23C フォルダブルクロスバイク

¥ 21,600

口コミ

この価格にしてこの個性が気にいりました。 軽い訳でもなくパーツもそこそこなんで見た目重視の方には向いてると思います!

長距離の走行には、ロードバイクやクロスバイクが選ばれますが、折りたたみ自転車は、一般的な自転車よりも耐久性が低くなるため、長距離を走行するにはおすすめできません。しかし、この製品は素材や機能にさまざまな工夫がされています。

例えば、700Cというホイールを採用し、高速でも安定して走ることができます。また、路面抵抗の少ないロードタイヤや21段階に変速できるギアを採用しています。街中では交通量の変化が多いため、このような機能が走行性や安定性を良くしてくれるでしょう。

16インチでおすすめの折りたたみ自転車は?

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ自転車 FALTRADシリーズ
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ自転車 FALTRADシリーズ
口コミ

あちこちへと出かけてきましたが、小径タイヤであるにもかかわらず、それほどハンドルのぶれも無かったですし、駐輪していた際の廻りの視線が、優越感に浸れて良かったです。

先にも説明したように、16インチのタイヤは折りたたみ自転車の中では小さめの部類に入ります。そのため、近距離での走行に使用するものと捉えられることが多いでしょう。しかし、この製品は、小さなタイヤサイズにも関わらず、安定性を重視して作られています。

例えばフレームを長くしたり、前後ホイールの間隔を長く設計するなど、身長が高い人でも走行しやすい工夫がされています。アルミフレームを採用していて大変軽いため、輪行や持ち運びを頻繁にする人にもおすすめです。

ライト付きでおすすめの折りたたみ自転車は?

キャプテンスタッグ バレイ 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206
キャプテンスタッグ バレイ 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206

¥ 28,246

口コミ

信頼できるシマノの変速機を考えれば、むしろお値打ちかと思います。 中でもオートライトのポイントは高いですね。

夜間に走行する人は、ライト付きの折りたたみ自転車がおすすめです。この製品はオートライトが装備されているので、暗い場所で自動で点灯してくれます。帰宅時間が夕方から夜になる人などは、周囲に存在を知らせる灯りがあると安心して走行できるでしょう。

ほかにも安心して走行できる工夫として、チェーンケースやサークル錠が付いています。チェーンに裾の汚れや巻き込みをする心配がなく、盗難を防止することができるでしょう。エンジ、ブラック、グリーンブルーのカラー展開もあり、好みに合わせて選べるところもおすすめのポイントです。

カゴ付きでおすすめの折りたたみ自転は?

PANGAEA(パンゲア) ROBINSON ロビンソン 20インチ
PANGAEA(パンゲア) ROBINSON ロビンソン 20インチ
口コミ

扱いも楽で乗りやすかったです。とても気に入りました。楽しい商品です。

自転車にカゴがついていると、買い物した荷物や上着などを入れて走行できるため、たいへん便利です。しかし、折りたたみ自転車の場合は、コンパクトに折りたたむことを想定して、カゴが付いていないタイプも多いです。

そんな中、カゴ付きでも折りたたんだ際にコンパクトになるよう設計された製品が、この折りたたみ自転車です。23cm×17cm×17cmと小さめのカゴで、折りたたんだ際に出っ張らず、邪魔にならないでしょう。

自転車旅行用でおすすめの折りたたみ自転車は?

NANOO(ナノー) 折りたたみ自転車 12インチ アルミ製 シマノ7段変速
NANOO(ナノー) 折りたたみ自転車 12インチ アルミ製 シマノ7段変速

¥ 86,184

口コミ

とにかく輪行が楽。タイヤが2つとも接地しているので、普通に自転車を手で押してる感じ。 重さも11.5kgなので、許容範囲。

自転車でさまざまな場所に出かけたいと思ったことはないでしょうか。コンパクトに折りたためる自転車なら、電車に持ち込むこともできるため、楽しみが広がります。写真の製品は、重さがわずか11.5kgと軽いため、持ち運びしやすいでしょう。

7段階に変則できたり、チェーンホイールに大型のタイプを採用するなど、走行しやすい工夫がされています。また、オリジナルの輪行バッグが付属されているので、輪行にすぐ出かけたい人におすすめです。

おすすめの折りたたみ自転車のメーカー・ブランド3つと代表製品

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

さまざまな折りたたみ自転車を紹介してきましたが、気に入った商品は見つかりましたでしょうか。まだ欲しい商品のイメージがわかない人のために、おすすめの折りたたみ自転車のメーカーを挙げてみました。

以下のメーカーは、さまざまなランキングサイトで上位に入る有名メーカーです。乗り心地や機能性の評価が高いものばかりなので、どの折りたたみ自転車にするか迷っている人は、これらのメーカーを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ダホン

DAHON(ダホン) Route 7段変速 折りたたみ自転車
DAHON(ダホン) Route 7段変速 折りたたみ自転車
口コミ

折り畳みにしては大きく迫力がありますが、車重は軽く走りも軽快です。

ダホンは、おすすめ人気ランキング1位でも紹介したように、折りたたみ自転車を初めて製造したアメリカのメーカーです。200種類以上の特許を持っているため、ほかのメーカーでも同じような形が採用されることがあります。

写真の製品は、人気のルートシリーズの2018年モデルで、シンプルなデザインでコスパが高いのが特徴です。レッド、ブラック、シルバーなどのカラーバリエーションから選べるので、おしゃれに乗りたい人にもおすすめです。

ドッペルギャンガー

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ自転車
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ自転車
口コミ

自転車に関しては素人なのでデザインで決めましたが、素人なりに乗ってみての感想ですが、 漕ぎ出しが軽く、力強くすいすい進みます。

ドッペルギャンガーは、ユニークなアウトドア製品を製造していることで有名です。自転車の部門でもユニークでおしゃれな製品が多く、折りたたみ自転車では写真のブラックマックスシリーズが人気です。

一番の特徴は、パラレルツインフレームというドッペルギャンガー独自のフレームを採用しているところです。メインフレームを軽量化することで持ち運びやすく、グリップの機能も高めています。また、大型のチェーンホイールやディスクブレーキを採用するなど、走行性や安全性が優れているところもおすすめのポイントです。

ルノー

RENAULT(ルノー) LIGHT10 AL-FDB207 ブラック 軽量アルミフレーム 20インチ
RENAULT(ルノー) LIGHT10 AL-FDB207 ブラック 軽量アルミフレーム 20インチ

ルノーは日産の親会社なので、日産の自動車ファンは耳にしたことがあるのではないでしょうか。ルノーはフランスの自動車メーカーですが、その製造技術を活かした折りたたみ自転車も開発しています。中でもウルトラライトシリーズやライトシリーズが人気です。

写真の商品はライト10という製品で、ウルトラライトシリーズよりも重くなりますが、10.8kgと持ち運びには不便ではない重量です。20インチのタイヤを搭載しているため、街中で走りやすく、機能的でおしゃれな折りたたみ自転車を使いたい人におすすめです。

折りたたみ自転車の使い方・活用方法・楽しみ方

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

折りたたみ自転車があると、さまざまな場所に出かけたくなるのではないでしょうか。通常の自転車と違い、折りたたんで持ち歩くことができるのが折りたたみ自転車のメリットです。輪行にでかけたり、電車やバスなどを使っておでかけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

しかし、長距離を走るには向かないと言われる折りたたみ自転車なので、長く走行しても疲れにくいタイヤの大きめなものを使用することをおすすめします。また、電車やバスに持ち込む場合は、折りたたんでカバーに入れるなど、マナーを守りましょう。

ここでは、折りたたみ自転車を快適に使用するためのアイテムを紹介します。快適に通勤・通学したり、楽しく輪行するためのおすすめのアイテムなので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのサドルカバーは?

Oture 自転車 サドルカバー 低反発クッション 革新的なテープクロス式 全くズレない 超肉厚
Oture 自転車 サドルカバー 低反発クッション 革新的なテープクロス式 全くズレない 超肉厚
口コミ

取り付けは簡単でマジックテープで2点を止めるのでズレません。クッション性能も良く乗っていて楽です。いい商品でオススメです。

クッション性のあるサドルでも、長時間座っていると疲れや痛みを感じてくるでしょう。そこでおすすめなのがこのサドルカバーです。名前にもあるように、「超肉厚」なところが特徴で、内部に透明のシリコンが入っています。

シリコンは、ソフトで変形しにくく、耐久性があるため、長時間使用しても快適に走行できるでしょう。サドルにつけた際ずれないように滑り止めがついていたり、素材に防水性、通気性があるところもおすすめのポイントです。

おすすめの輪行袋は?

折りたたみ自転車 収納バッグ 16〜20インチ対応 専用ケース付き 輪行バッグ
折りたたみ自転車 収納バッグ 16〜20インチ対応 専用ケース付き 輪行バッグ

¥ 9,280

口コミ

かご付きの折りたたみ自転車でしたが、入りました。値段も安いし、満足です。

輪行には持ち運びに便利な輪行バッグが必要不可欠でしょう。製品によっては付属されている場合がありますが、ほとんどの場合は別売りなため、折りたたみ自転車を持って電車やバスに乗って出かけたい人は、ぜひ揃えておきましょう。

この商品は、持ち歩く際は袋型になりますが、ファスナーが180度開くため、折りたたんだ自転車を入れやすくなっています。初心者や女性など、扱いに慣れていない人でも出し入れが簡単にできるのでおすすめです。

安全に楽しく走ろう

折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

折りたたみ自転車の種類と選び方、さまざまなおすすめの折りたたみ自転車を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。通勤や通学用で必要な場合は毎日の走行が楽にできるもの、輪行などの楽しみで使う場合は持ち運びに便利なものがおすすめです。

製品により機能や性能の違いはありますが、安全に走れることを念頭において選んでみてください。お気に入りの折りたたみ自転車に乗って、安全で楽しいサイクルライフを送りましょう。

Related