Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月12日

ラッシュガードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

海やプールの準備をしていると、よく聞くのがラッシュガードでしょう。そもそもラッシュガードって何と今更聞けない人もいるはずです。みんなのおすすめも気になります。この記事では、そんなラッシュガードについて、おすすめの商品とともご紹介します。

ラッシュガードのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ラッシュガードの種類とは?選び方は?

ラッシュガードには、たくさんの種類があります。また、それに伴って選び方もそれぞれ違ってきます。ここではそんなラッシュガードのおすすめの種類と選び方についてご説明します。すでにラッシュガードを持っている人で、きちんと選び方を知りたい人も必見です。

ラッシュガードとは?

そもそもラッシュガードとは何かを先にご説明します。ラッシュガードは、もともとサーフィンをする時に、紫外線や岩場から肌を守るために作られたものです。ラッシュガードのラッシュ(rash)はサーフ用語で「擦り傷」という意味で、それをガード(guard)「守る」というところからこの名前がついています。

近年では、紫外線対策として広く認知されていて、おしゃれな柄やデザインのラッシュガードが多く出てきました。使用されるシーンもサーフィンだけでなく、海水浴、プール、登山、エクササイズ、ランニング、普段着など幅広く使われています。

ラッシュガードの着る目的として、紫外線対策が一番多くの理由です。そして体型を隠すことができるということも女性達に人気の理由です。

ラッシュガードの種類

ラッシュガードの種類の分け方には2通りあります。形状による分類と着心地による分類です。ラッシュガードの形状による種類分けとしては、プルオーバー(長袖・半袖)、ジャケットタイプ、パーカータイプ、ボトムス(レギンス・トレンカ)、ハーフパンツなどがあります。それぞれを簡単にご説明していきましょう。

プルオーバー

プルオーバーとは、前に開くことがなく、頭からかぶるタイプの種類のことで、体にフィットしやすいことが特徴です。サーファーなどに多いのが、このタイプになります。半袖は本格的な動きがある時に向いていますし、長袖は日焼け対策にもなります。

ジャケットタイプ

ジャケットタイプも比較的、体にフィットするタイプです。プルオーバーと異なるのは、前面にファスナーがあることで、脱ぎ着がしやすいことです。こちらはキッズやベビーにもおすすめです。

パーカータイプ

パーカータイプは、ゆとりのあるサイズ感なので、水遊びなどの日焼け対策におすすめです。しかし体に密着していないので、水中で使うのは動きの邪魔になるので、あまりおすすめできません。また、プールなどでは安全面を考慮してフード付きのものを禁止しているところもありますので、注意してください。

ボトムス

レギンスやトレンカなどのことをいいます。擦り傷防止で着ても良いですし、日焼け対策として近年は注目されています。また、ウェットスーツの中に着ると防寒対策にもなるので、寒い時期のサーフィンなどにもおすすめです。

ハーフパンツ

通常の水着としても代用できるのが、ハーフパンツの特徴です。女性だとビキニ、男性だと海パンなどに抵抗がある人にはおすすめです。

着心地による分類

こちらの分け方は簡単で、ぴったりと体にフィットするタイプか、少しゆとりのあるパーカータイプかに種類が分かれます。体にフィットするタイプは、動きの激しいマリンスポーツなどに向いています。パーカータイプは水遊び程度など動きが少なかったり、脱ぎ着を多くするシーンなどに向いています。

ラッシュガードの選び方

ラッシュガードの選び方は、使う目的によって異なります。マリンスポーツなど水中でたくさん泳いだり、動いたりする場合はプルオーバーなど体に密着するタイプがおすすめです。

水中では衣服は多少伸びますし、体は水圧で細くなります。試着の際に少しきついかなという大きさで、水中ではちょうど良いでしょう。サイズが大きすぎると体とラッシュガードの間に水が入り、体の冷えにもつながりますし、水の抵抗も受けやすくなってしまいます。

軽い水遊びや水から上がった時に羽織る程度ならパーカータイプがおすすめです。脱ぎ着がしやすいですし、フードがついていると頭までかぶることができ、頭皮の日焼け防止にもなります。

UV加工されているかもチェックしよう

ラッシュガードで大切な役割である日焼け対策ですが、ただ着ていれば日焼けしないわけではありません。生地にUV加工が施されているのといないのとでは、肌へのダメージが大きく変わってきます。

ラッシュガードはUPFという数値でどのくらい紫外線がカットできるかを表示しています。「UPF50+」以上で記載されているものを選ぶと一般的な紫外線対策となります。日焼け止めを肌に塗っても水で取れてしまうこともあるので、UV加工されたラッシュガードを着るとより日焼け止め効果が期待できるのでおすすめです。

おすすめのラッシュガード人気ランキングTOP3

スポーツブランドやマリンブランドからも多くリリースされているラッシュガード。その中でもおすすめのラッシュガードをランキング形式でご紹介します。

第3位:ポンタペス

PONTAPES(ポンタペス) 無地8色/柄12色 ラッシュガード パーカー
PONTAPES(ポンタペス) 無地8色/柄12色 ラッシュガード パーカー

¥ 2,490

口コミ

これマジでいいね! でかい!おおきめなので体形隠せるし肌にピッチピチにならんので海に入らず陸で着ても気持ち悪くないのがいい

こちらはパーカータイプのおすすめのラッシュガードです。生地には紫外線カットの加工がされており、UPF50となっていて日焼け対策もしっかりできます。また、耐塩素加工もされているので、塩素を使っているプールでの使用も安心です。速乾性のあるクールドライ加工もされているので、暑い夏でも快適に過ごせるでしょう。

袖にはサムホールといって親指を通す穴があるので、手の甲まで日焼けから保護することができるのもおすすめのポイントです。前面のジッパーはYKKのジッパーで、なめらかな開閉ができます。シルエットはゆったりめで、体型のカバーもできるのでおすすめです。

深めのポケットが付いていて、激しく動いても中のものが落ちにくい工夫がされています。柄はトレンドのマリンデザインから無地まで幅広く用意されています。海水浴や水遊びだけでなく、車の運転の日焼け防止や冷房の冷え対策など、普段使いもできるのでおすすめです。

第2位:バックスポット ラッシュガード

VAXPOT(バックスポット) ラッシュガード 長袖  【UPF50+ UVカット加工済】
VAXPOT(バックスポット) ラッシュガード 長袖 【UPF50+ UVカット加工済】
口コミ

小学校の水泳指導のために購入しました。 学校指定の水着によく合う色、サイズ感もちょうどよく、また、着脱もしやすく子どもも大変気に入っています。

こちらはプルオーバータイプのラッシュガードです。長袖タイプなので日焼け対策にも十分ですし、UPF50なので紫外線カットも期待できます。繊維の段階からUV加工がされたもので作られているので、洗濯や水に濡れてもUVカットの効果が薄れることはありません。

縫い目はフラットシーマー縫製という縫い方をしていて、特殊なミシンで縫い上げられています。平らになるように縫われているので、直接肌に触れるものだからこそ刺激のないように工夫されています。また、縫製自体も伸縮するようにしてあるので、ラッシュガード全体の伸びも良く、フィット感が良いのもおすすめのポイントです。

素材はポリエステルやナイロン、ポリウレタンを使用していて、速乾性があるので、水から上がってからの冷えの心配もないでしょう。汗をかいてもすぐに乾くので、マリンスポーツだけでなく、ジョギングなどにも活躍してくれるおすすめのラッシュガードです。

第1位:バックスポット ラッシュトレンカ

VAXPOT(バックスポット) ラッシュトレンカ  【UPF50+ UVカット加工済】
VAXPOT(バックスポット) ラッシュトレンカ 【UPF50+ UVカット加工済】
口コミ

日焼け防止のために探していて、安く購入できてよかったです。想像よりかわいくて、よかったです。あと、乾いた状態で履いたら楽に履けました。 足の甲もけっこー隠れて、いいと思います。

女性に人気の高いラッシュガードのトレンカです。日焼け防止に履くことや、黒色であることから着やせ効果も期待できます。トレンカは足の甲まで隠せるのが特徴ですが、特にこちらの商品は足の甲の部分を長めにデザインされていて、日焼けする範囲をより小さくすることができるのでおすすめです。

伸縮性に優れた素材を使用しているので、水中での動きを邪魔することがありません。またストレッチ性があるので、プールサイドで休む時もストレスなく、くつろぐことができるでしょう。

ウエストはお腹に食い込みにくいゴムを使用しており、調節紐がないのでスッキリとしたデザインです。短パンやスカートと合わせる時にも、違和感がないのでおすすめです。また、かかとのホールは切れ込みタイプを採用しているので、かかとに引っ掛けずに足首でたるめせても自然なシルエットになるので、トレンカとレギンスの両方使いを楽しむのもおすすめです。

特徴・用途別ラッシュガードのおすすめは?

ラッシュガードも種類がたくさんあるので、用途や特徴に分けておすすめの商品をご紹介します。

メンズ用のおすすめは?

オーシャンパシフィック ラッシュガード
オーシャンパシフィック ラッシュガード

¥ 5,292

口コミ

ラッシュガードのホワイト格好いいのですが、水に濡れると肌色が透けてしまい少々、お恥ずかしい感がありますが OPのコレは生地が他社に比べ厚いので透け感があまりありません。

サーフブランドとしても人気のあるオーシャンパシフィックのラッシュガードです。定番のデザインであるこちらの商品は、マリンスポーツ以外にもフィットネスなどにも幅広く使えておすすめになります。UPF50なので、紫外線対策も安心です。

程よい密着感とシンプルなデザインは、こなれ感があり、おしゃれに見えます。色はネイビーとホワイトから選ぶことができます。口コミにもあるように、ホワイトだと肌の透け感が気になるところです。しかし、こちらのラッシュガードは生地がしっかりしているので、透けが気になることなく着こなすことができるのでおすすめです。

レディース用のおすすめは?

(テスラ)TESLA レディース 水着 ラッシュガード [UVカット UPF50+・吸汗速乾]
(テスラ)TESLA レディース 水着 ラッシュガード [UVカット UPF50+・吸汗速乾]

¥ 1,980

口コミ

普段はLサイズ を着用。Lサイズ購入しましたが、体にピッタリフィットする感じでしたので、ゆったりサイズにすればよかったかな。シュノーケルに使用しましたが、日焼けも防げ良かったです。

テスラのおすすめのラッシュガードです。テスラは2007年、高機能のラッシュガードやトライアスロンのスーツなどの制作技術をもとにできたスポーツブランドです。

こちらの商品はレディース用にデザインされたラッシュガードで、立体的なフォルムを再現することで、スタイルを美しく見せるように設計されています。吸汗速乾の生地で、水に濡れてもベタつくことがなく、快適に過ごすことができるでしょう。UPF50であることも嬉しいおすすめのポイントです。

また、こちらの商品は何と言っても種類の豊富さがあります。カラーのバリエーションも多いですし、ラッシュガード自体のデザインも6種類から選ぶことができます。人気の商品だと他の人と被ってしまうことが嫌な人でも、こちらは種類が豊富なので、お気に入りの一枚を見つける楽しさもあり、おすすめになります。

格闘技用

UDW-231 ラッシュガード スーパーマン
UDW-231 ラッシュガード スーパーマン

スーパーマンのデザインのラッシュガードです。見た目の面白さもあり、体にフィットして動きやすいラッシュガードは格闘技にもおすすめになります。

釣り用

双進(SOSHIN) RBB 防蚊UVラッシュガード
双進(SOSHIN) RBB 防蚊UVラッシュガード
口コミ

178cmの痩せ気味体系ですが、上着はLでちょうどいい大きさです 汗はすぐに乾くので、真夏の釣りにぴったりです

釣りをする時には、紫外線対策も重要になってきます。そこでおすすめなのが、ラッシュガードです。海風などに煽られることもある釣りを行う時には、ラッシュガードは体にフィットするので、風に動きを邪魔されることがありません。吸汗速乾機能もあるので、暑い夏で汗をかいてもすぐに乾いてくれるので、汗冷えを防ぐこともできます。

また、釣りをする際に気になるのが、蚊の存在です。こちらのラッシュガードは防蚊性があるので、着ているだけで蚊と紫外線の両方をカットしてくれるのでおすすめです。釣り用だけでなくアウトドアなどでも活躍してくれるでしょう。

シュノーケリング用

Afaly ペア 水着 長袖 ラッシュガード
Afaly ペア 水着 長袖 ラッシュガード

¥ 4,999

シュノーケリングを行う際には、日焼け対策とクラゲや岩場などによる怪我対策です。そのためラッシュガードは長袖タイプがおすすめになります。こちらの商品は、メンズとレディース両方を用意されているので、カップルでお揃いにするのもおすすめです。

メンズは長袖ラッシュガードと短パンのセット、レディースは長袖ラッシュガードとスポーツブラ、短パンのセットになっています。わざわざ上下を探して買わなくて良いので、おすすめです。

半袖

AROPEC/アロペック レトロ ラッシュガード DXメンズ 半袖
AROPEC/アロペック レトロ ラッシュガード DXメンズ 半袖
口コミ

身体にフィットして思ってた以上 良かったです。 どうせなら長袖も考えてます。 その時の天気によって使い分けられるから

アロペックのレトロデザインのおすすめラッシュガードです。生地はナイロンスパンデックスというものを使用していて、耐久性と速乾性があります。UPF50なので、紫外線対策も安心です。レトロでシンプルなデザインですが、マリンシーンでは長く愛されている商品でもあります。

長袖

(アディダス)adidas スイミングウェア ラッシュガード
(アディダス)adidas スイミングウェア ラッシュガード

¥ 3,758

スポーツブランドとして有名なアディダスのラッシュガードです。Tシャツのような感覚で着られるソフトなフィット感が特徴です。UPF50でもあるため、紫外線をしっかりと防いでくれます。

安い

Seeya ラッシュガード レディース UVカット パーカー 水陸両用
Seeya ラッシュガード レディース UVカット パーカー 水陸両用
口コミ

海に行くので、手頃なラッシュを探していて見つけました。 価格も画像も、少し疑っていましたが、良い買い物をしました。

薄くて軽いおすすめのラッシュガードです。水中での使用ではなく、プールサイドやビーチなど水から上がった時に羽織るのにおすすめになります。とても軽い素材なので、使わない時は、専用袋に入れてコンパクトにしまうことができます。可愛い迷彩柄のカラーは、10種類から選ぶことができます。

子供用

Babystity】 水着 赤ちゃん  UPF50+ 日よけ帽子付き
Babystity】 水着 赤ちゃん UPF50+ 日よけ帽子付き
口コミ

来年も着れるように!と100を買ったのですが少し大きすぎました…。が‼︎脱ぎ履きさせやすいし、着ている姿がとても可愛くて来年も着させる事決定です!

水着としても着用できるラッシュガードです。上下がつながっているので、脱げる心配がありません。また、首まで隠れる帽子もセットでついていて、生地はUPF50なので、紫外線対策もできます。サイズは70から100まであるので、兄弟でお揃いにしても可愛くておすすめです。

おすすめのラッシュガードのブランド

ここではおすすめのラッシュガードのブランドを紹介していきます。

オーシャンパシフィック

(オーシャンパシフィック)OCEAN PACIFIC ラッシュガード 517480 [メンズ]
(オーシャンパシフィック)OCEAN PACIFIC ラッシュガード 517480 [メンズ]

¥ 3,132

口コミ

海辺で遊ぶ事が多くなったので必需品です。 白を買いましたが、胸の小さなロゴと袖のロゴだけでシンプルで気に入っています。

オーシャンパシフィックは、1960年代にアメリカのカルフォニアで生まれたサーフブランドです。現在では、サーフカルチャーを中心としたファッションブランドへと成長しています。

初めてラッシュガードを買うことを考えている人にもおすすめのブランドです。こなれ感のあるデザインと価格で、初めてでも挑戦しやすいからです。幅広い年齢層から支持されていてデザインも多くあるので、目的や好みに合ったものを探しましょう。

こちらのオーシャンパシフィックのラッシュガードは、パーカータイプになっていて海でもタウンでも使いやすいデザインになっています。袖には親指を通す穴がついているので、手の甲まで日焼けを防いでくれます。もちろんUPF50なので、紫外線対策もバッチリです。

ビラボン

(ビラボン)BILLABONG 長袖 ラッシュガード タイトフィット
(ビラボン)BILLABONG 長袖 ラッシュガード タイトフィット

¥ 8,100

ビラボンは、1973年オーストラリアで発祥したブランドです。サーファーのためのブランドとして始めたのはこのブランドが先駆者でもあり、トップサーファーも支持しています。シンプルなデザインからポップなものまで取り揃えているので、男性からも女性からも人気があります。

こちらの商品は、ビラボンのシンプルなラッシュガードです。UPF50でしっかりと紫外線から守ってくれて、スリムなシルエットが特徴になります。また、毛玉になりにくいように作られており、耐塩素でもあるのでプールでも使うことができるのでおすすめです。

ロキシー

(ロキシー)ROXY RASHIE L/S RLY165082
(ロキシー)ROXY RASHIE L/S RLY165082

¥ 5,940

口コミ

サイズはぴったりで、ビーチでもかわいい感じで気に入りました!

ロキシーはクイックシルバーのレディースラインとして、1990年にスタートしたブランドです。ブランドのコンセプトは、FUN AND ALIVE(楽しく、いきいきとした)、NATURALLY BEAUTIFUL(飾らない美しさを持ち)、DARING AND CONFIDENT(勇敢・大胆で自信に満ちあふれた)としていて、ポジティブな女性に寄り添うことを理想としています。

そんなロキシーのこちらのラッシュガードは、長袖のプルオーバータイプになります。胸元に大きくブランドロゴがプリントされていて、すっきりとしたシルエットです。腕の動きを妨げないようにラグラインショルダーを採用し、フラットロックステッチにより肌との擦れを最小限にしています。

ラッシュガードの使い方

ラッシュガードの使い方ですが、水着を着てからラッシュガードを着ます。女性用でパットの付いたものがたまにあるので、直接着られることもありますが、途中で脱ぐことも考えると下に水着を着ていた方が無難でしょう。

水中から上がったら、濡れたままのラッシュガードを着ていると、よほど気温が高い場合を除いて、寒くなってしまいます。なので、濡れたラッシュガードは脱いで乾かしておきましょう。できればもう一枚ラッシュガードのパーカータイプを用意しておいて、羽織るようにしておけば、日焼け対策にもなります。

陸用のラッシュガードをパーカータイプでおすすめする理由は、脱ぎ着がしやすいことと、ゆとりがあるためリラックスしやすいからです。普通の綿などのパーカーで代用も可能ですが、紫外線を防ぐ機能はラッシュガードの方が機能性が高いので、ラッシュガードを用意しておくことをおすすめします。

おすすめのラッシュガードで快適に体を動かそう

この記事ではラッシュガードの種類や選び方、おすすめの商品などを紹介しました。お気に入りのラッシュガードは見つかりましたか。外での活動や、体を動かす運動をするにはラッシュガードとても活躍してくれます。おすすめの中からお気に入りを見つけて快適に体を動かしましょう。

Related