Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月06日

スキーゴーグルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

平昌オリンピックでは、日本選手が大活躍しています。今回のオリンピックでは、アクセサリーの一つ、ゴーグルが話題となりました。ゴーグルにはさまざまな機能、種類がありおすすめです。目を守り、視界の確保にも欠かせないおすすめのゴーグルの選び方について紹介します。

スキーゴーグルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

スキーゴーグルの種類と選び方

スキーなど雪山を楽しむためにはゴーグルが必需品です。ゴーグルには目の保護や視界の確保を助ける役割があり、快適で安全に楽しむためには自分のニーズや目的に合ったゴーグルを選ぶ必要があります。スキーゴーグルの種類と選び方を詳しく説明していきます。

スキーゴーグルの種類

スキーゴーグルには見た目や着け心地に違いがあるゴーグル自体のボディの種類と、レンズの種類の2つがあります。どちらもゴーグルを着用するうえで大切な要素になるのでしっかりと理解しておきましょう。

スノーゴーグルの種類 ボディ

ゴーグルのボディだけでも種類がいくつかあります。それぞれのボディの機能や着け心地などを紹介していきます。

フレームレスゴーグル

オークリー フライトデッキ
オークリー フライトデッキ

¥ 30,240

口コミ

今シーズン数回使用しました。雪から晴れまでよく見えます。特に晴れだと雪面の凹凸がしっかり見えます。

フレームがないゴーグルでしっかりと視界の確保ができ、フレームがない分レンズは大きくてもコンパクトに見えるのでスマートな印象を与えてくれます。顔の小さい方や女性でも大きめのサイズでしっかりと視界を確保したい方におすすめです。

眼鏡対応スノーゴーグル

眼鏡ユーザーには眼鏡対応モデルのスキーゴーグルがおすすめです。目が悪い方のなかにはコンタクトレンズを着用している方と眼鏡を着用している方がいます。コンタクトレンズであればスキーゴーグルを着用するする上で問題ありませんが、眼鏡ユーザーだとゴーグルを着用したときに不快感を感じてしまったり、ゴーグルが着用できない場合があります。

眼鏡対応モデルは眼鏡ユーザーのことを考えて作られているスキーゴーグルのため眼鏡をかけたままでも自然と着用することができるのでおすすめです。

スキーゴーグルの選び方

雪山では天候が変わりやすく、視界不良になることが多くあります。真っ白な雪は光を反射しやすく晴天の時にまぶしさを感じたり、天候が悪くなると吹雪などで視界不良になってしまいます。雪山の変わりやすい天候に合わせて快適にスキーを楽しむにはスキーゴーグ着用がおすすめです。ここではスキーゴーグルの選び方を紹介します。

好みのデザインで選ぶ

今ではスキーゴーグルの性能もよくなっており、どのゴーグルでも機能性は高くなっています。スキーを始めたばかりで何を選べばいいか分からない方やおしゃれにスキーウェアと合わせたい方には自分に合った好みのデザインでゴーグルを選ぶのもおすすめです。

フィット感や着け心地で選ぶ

ゴーグルを着用したときに密着度が低くしっかりとフィットしていないとゴーグルが曇りやすくなってしまいます。顔の形や大きさはそれぞれ個人差があるので、快適にスキーを楽しむためにも必ず試着をしフィット感や着け心地を確認することをおすすめします。

レンズや視界の広さで選ぶ

雪山で快適な滑りをするためには視界をしっかりと確保する必要があります。また、スキーゴーグルは雪山での急な天候の変化や晴天時のまぶしさなどからの影響を軽減してくれ、さらに紫外線から目を守る役割があります。

ゴーグルによって視界の広さが変わり、レンズは色によって用途が変わるのでスキーをもっと快適に楽しみたい方にはレンズや視界の広さを考えたゴーグルがおすすめです。

スキーゴーグルおすすめ人気ランキング

スキーゴーグルおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。人気のおすすめゴーグルは快適にスキーを楽しむために機能性やデザインなどすべてにおいて性能が高く使用率も高いのでゴーグルを選ぶときの参考にしてください。

おすすめ第3位 DRAGON NFX2

ドラゴンは1993年にカルフォルニアで誕生し、人口工学に基づき設計されたフレームが特徴のゴーグルです。視界の確保もしっかりとでき値段も安いのでスキーを始めたばかりの初心者にもおすすめの使いやすいゴーグルになっています。

古き良きドラゴンのスタイルを大切にしながらも機能性の向上に力を入れているので雪山でのゴーグルの役割をしっかりと果してくれるのでおすすめです。

おすすめ第2位 ELECTRIC EG3

ELECTRIC EG3
ELECTRIC EG3

¥ 34,560

エレクトリック独自開発のプレスシールテクノロジーで磁石やレバーなどの複雑な仕掛けをすることなく簡単にレンズの脱着が可能なおすすめスキーゴーグルです。フレームの溝とレンズの縁が360度完璧に密着し、風や雪がゴーグル内に入ってくることがまったくなく雪山でも快適な滑りを実現することができます。

また、視界も広くゴーグル内に差し込むまぶしい光や曇りを抑えしっかりと目を守ってくれます。レンズにこだわりがある上級者から雪山に慣れていない初心者までにおすすめのゴーグルです。

おすすめ第1位 FLIGHT DECK XM

FLIGHT DECK XM OO7079-01
FLIGHT DECK XM OO7079-01

¥ 29,160

口コミ

今回は1.4万程度で購入できたので、とてもお買い得でした。製品は安心のOAKLEY でちゃんと日本仕様でした。

日本にはすごく馴染みの深いブランドのひとつオークリーのスキーゴーグルです。フライトデッキエックスエムは従来のフライトデッキの広い視界をそのままにコンパクトサイズになり女性や顔が小さい方にもおすすめできるスキーゴーグルです。

左右上下の視界が広いためしっかりと視界の確保ができ、眼鏡対応モデルなので眼鏡ユーザーでも快適にスキーを楽しむことができます。またレンズ交換も簡単人できるので急な天候の変化にも素早く対応できます。しっかりと視界を確保し状況に応じてゴーグルを変化させたい方にもおすすめのゴーグルです。

特徴・用途別おすすめスキーゴーグル

ゴーグルにはそれぞれ特徴や用途別おすすめスキーゴーグルを紹介します。特徴や用途によってゴーグルを変化させることがおすすめです。

初心者におすすめスキーゴーグル

SPY TARGA3
SPY TARGA3

¥ 11,880

SPYのゴーグルは日本でもメジャーなゴーグルですが、比較的安価なモデルが多くあるブランドです。有名ブランドのスキーゴーグルは高価なものが多くなかなか手を出すことのできない方やスキーを始めたばかりの初心者にも購入しやすくおすすめのゴーグルです。もちろんスキーに慣れてきた人にもおすすめできるゴーグルになっています。

ジュニア・子供・キッズ用スキーゴーグル

オークリー ジュニア用ゴーグル
オークリー ジュニア用ゴーグル

¥ 9,720

近年ではジュニアの頃からしっかりと目を保護するためにゴーグルやサングラスの着用が推薦されおり、その理由として雪山では晴天時の太陽の反射や悪天候による吹雪によって視界が悪くなることが多くなります。また、雪山では雪からの照り返しにより多くの紫外線を浴びることになります。

どこのブランドもジュニア用ゴーグルを発売しているので、視界不良による事故や紫外線から守るためにも子供のころからゴーグルを着用することがおすすめです。また子供は成長に伴い頭の大きさなどが変化しやすいのでその都度合ったゴーグルを選ぶことがおすすめです。

おすすめ曇り止め付きスキーゴーグル

スミス I/O7
スミス I/O7

¥ 37,800

スキーゴーグルは雪山での視界をしっかりと確保するために着用しますが、デメリットとしてゴーグル内が曇ってしまい視界が悪くなってしまうことがあります。曇りによる視界不良をなくすために近年では曇らないゴーグルが発売されています。

スミスのスキーゴーグルは世界で初めてダブルレンズと空気の抜けるフォーム素材をゴーグルに採用し曇らないゴーグルを製造しました。視界を確保するめに着用するゴーグルですが曇ってしまうと視界が悪くなってしまいます。快適にスキーを楽しむためにも曇らないゴーグルがおすすめです。

おすすめ眼鏡対応スキーゴーグル

OAKLEY CANOPY OO7081-17
OAKLEY CANOPY OO7081-17

¥ 28,080

オークリーのキャノピーゴーグルは眼鏡対応モデルなので眼鏡ユーザーでもストレスなくスノーゴーグルを着用することができます。オークリーの他にも眼鏡対応モデルを発売しているブランドは数多くあるので眼鏡ユーザーは眼鏡対応スキーゴーグルがおすすめです。

おすすめスキーゴーグルブランドと代表製品

近年多くのメーカーがスキーゴーグルを発売しています。その中でもおすすめのスキーゴーグルメーカとおすすめ代表製品を紹介します。

Oakley オークリー

オークリーはアイウェアやアパレルなどを製造販売しているブランドです。なかでもサングラスやスキーごグルなどの目をしっかりと保護できるようにまた、しっかりと視界を確保できるようフレームやレンズなどの開発に取り組み、さまざまな特許を取得しています。

日本でもなじみが深くプロアマ問わず使用率も高いオークリーのスキーゴーグルは、初心者から上級者までおすすめできるブランドです。

Oakley代表製品 プリズムレンズ

CANOPY OO7081-05 プリズムレンズ
CANOPY OO7081-05 プリズムレンズ

¥ 25,920

オークリーのプリズムレンズは生物工学に基づき開発されたレンズテクノロージーです。コントラストを最大限に高めてくれ、自然なクリアな視界になります。オークリーでは多くのスキーゴーグルにプリズムレンズが採用されていて雪山での凸凹がはっきり見えより鮮明に視認でき快適に安全に滑走することができおすすめです。

1つのレンズで対応できるコンディションの幅が広いのも特徴で、多少の変化で頻繁にレンズを交換する必要がありません。また、プリズムレンズはベースとなる素材が練りこまれているため表面のコーティングをしているレンズに比べ摩擦などによって剥がれ落ちる心配がなく劣化しにくくなっているので長期的に使用するのもおすすめのスキーゴーグルです。

SWANS スワンズ

スワンズは国内の有名アスリートを多数サポートしているメジャーなスキーヤーにも人気のおすすめブランドです。レンズ開発にも力を入れており変更レンズや曇り止め加工など高機能なレンズ設計になっています。

SWANS代表製品 MITレンズ

[ROV]O-MPDH-SC-MIT-PAF
[ROV]O-MPDH-SC-MIT-PAF
口コミ

これをつけた日はゴーグルを全く外せませんでした。もちろん曇らない!滑りも先の先までよく見えてド安定。

スワンズのMITレンズは独自の技術FITでスノーゴーグルとして初めてとなるミラーコートシートを一体成形し、レンズの内側にミラー層を配置しました。これによりレンズの性能を落とすことなくミラー層には一切傷をつけることのないゴーグルレンズです。

均一なミラーシート使用により視界に起こるムラをなくし、レンズ内にミラーを閉じ込めミラーがはがれたり傷ついたりする心配もありません。長期的にゴーグルを使用したいユーザーにもおすすめのブランドです。

DRAGON ドラゴン

ドラゴンのロゴが印象的な海外ブランドです。海外での人気が高いブランドですが、日本でも非常に人気が高くドラゴンのゴーグルを愛用しているスキーヤーも多くいます。レンズやフレームともに日本人と欧米人の違いに着目して日本人専用モデルを制作し、日本人にとって快適でストレスのないゴーグルを発売しています。

DRAGON代表製品 ジャパンルーマレンズ

ジャパンルーマレンズは大好評のLUMALENSとJAPANLENSのコンセプトを融合させ日本人専用ハイコントラストのレンズです。雪は空の色を反射させ青い光を放つため、形や奥行きなどが見えにくくなる傾向にあります。形や奥行きを見えやすくするため赤や緑の色を増幅させより認識できるようにしています。

しかし欧米人の目と日本人の目は光の見え方が違うため日本人が欧米人用のレンズを着用すると暗くみえてしまうため、日本人に最適な色のバランスでジャパンルーマレンズが制作されました。しっかりと雪山での鮮やかなコントラストで快適さを望むスキーヤーにもおすすめのブランドです。

anon アノン

アノンはスノーボード大手メーカーのBURTON SNOWBOARDS(バートンスノーボード)が出しているアイウェアブランドです。ポップな色使いで可愛いデザインのスキーゴーグルも多く、視認性はもちろんデザイン性にも優れたメーカーです。

男女ともに人気が高く視認性や機能性と合わせて、多数のデザインでウェアとのコーディネートも楽しむことができるおすすめのブランドです。

Anon代表製品 SONARレンズ

Anon MIG By ZEISS 194141
Anon MIG By ZEISS 194141

SONARレンズはスノースポーツのことだけを考えてanonとZEISSが共同開発したレンズです。SONARレンズはハイコントラストで非常に高い精細度により少しの地形の変化もしっかりと視認できる、anonでは最高のレンズとされています。

その高機能な性能から非常に見やすいハイコントラストで、ゲレンデでの凹凸や急な天候の変化にも素早く対応できるとanonユーザーにも人気の高いレンズです。

DICE ダイス

スキーゴーグルは海外ブランド品が多いなかでDICEは近年人気が高まってきているジャパンブランドです。ジャパンブランドのため日本人を基準にしたモデルが多く日本人が快適に着用できる設計になっています。

また、デザイン性も高く若いスキーヤーやレディースにも人気のスキーゴーグルが多くありおすすめのブランドです。

DICE代表製品 HIGH-ROLLER

DICE HIGH-ROLLER F
DICE HIGH-ROLLER F

¥ 28,080

HIGH-ROLLERはいつでも極限状態で使用することを前提とし、高い基準を大幅にクリアしたゴーグルです。ただ大きいだけのフレームではなくしっかりと日本人にフィットし、広く視界を確保できるように設計されたモデルになっています。

また、ダイスのミラーレンズは均一に加工されたミラーシートを一体化することにより色むらがなくクリアな視界と世界初の剥がれや傷がつかないレンズを完成させました。フレームもレンズについても日本人にはなじみやすくおすすめのブランドです。

スキーゴーグルの使い方と活用方法

雪山での滑走は転倒や紫外線と隣り合わせです。初心者やスキーを日常的にしない人はゴーグルを着用していない人も多いですが、上級者は必ずゴーグルを着用しています。なぜスキーゴーグルを着用するのかしっかりと理解してより安全快適にスキーを楽しみましょう。

安全に滑走する

初心者やあまり普段からスキーをしない方はゴーグルを着用していない人が多い傾向にあります。ですが雪山では滑走中に誤って転倒してしまい板が顔面に当たってしまったり、雪の中に隠れていた枝や石が顔面に当たってしまうなどさまざまな怪我が予想されます。

怪我を防止し、自分を守りより安全に滑走するためにも初心者や上級者問わず必ずゴーグルを着用することをおすすめします。

紫外線から目を保護する

目に紫外線を浴びすぎると緑内障などの目の病気の原因になる可能性が高くなり、最奥の場合失明してしまう恐れもあります。また雪目にもなりやすく目がチカチカしてしまったり、晴れてしまったりと雪山での紫外線は目に悪影響を与えてしまいます。

紫外線による目への影響はすぐに症状が出ないため、あまり気にならない人も多くいますが、時間が経つにつれ徐々に症状が出てしまうため日ごろから目を保護することが大切です。ほとんどのゴーグルが紫外線カット率99%なので紫外線対策のためにもゴーグルの着用をおすすめします。

雨・風・雪などからの視界の確保

スキーに慣れていないビギナーは滑走スピードが速くないため視界が奪われることが少なくゴーグルは不要という方も多いですが、雪山の天候は変化しやすくちょっとしたことで吹雪になってしまったり風で雪が舞い上がってしまったりと視界が奪われやすい状況になってしまいます。

視界が奪われると前方で滑走している人が見えずぶつかってしまったり、雪のコンディションなどが分からず、快適にスキーを楽しめなかったりとストレスを感じてしまうことも多いです。視界をしっかりと確保し安全に楽しく滑走するためのゴーグルの着用がおすすめです。

デザイン性を考えたおしゃれアイテム

近年ではスキーゴーグルの性能も非常に高くなっており、特にレンズについてはほぼすべてのブランドが力を入れています。そのためどのブランドをとってもレンズについては高性能なものが多く、紫外線カットやコントラストなどがしっかりとした視認性の高いレンズばかりです。

また、フレームも近年ではデザイン性も高くなっています。お気に入りのゴーグルブランドがない方やどれを選ぶか悩んでいる方は自分好みのデザインやウェアに合わせたスキーゴーグル選ぶのもおすすめです。

スキーゴーグルを着用して快適にスキーを楽しもう!

今回はおすすめスキーゴーグルや活用補法などを紹介しました。スキーゴーグルを着用することでより安全に快適にスキーを楽しむことができます。ゴーグルでしっかりと視界を確保することは一緒に滑っている周りの人はもちろん自分の安全を確保しているのと同じです。

今ゴーグルを着用していない人やいまからスキーを始める人などスキーゴーグルを着用することをおすすめします。また、ゴーグルを変えようとしている人や、どんなゴーグルがいいか分からない方など、紹介したおすすめゴーグルを参考に自分に合ったスキーゴーグルを見つけてください。

Related