Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月11日

水泳ゴーグルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

水泳用のゴーグルは、色々なメーカーからさまざまなモデルが出ていますし、値段もバラバラで、どれを選んでよいのか迷います。ゴーグルには用途や目的に応じて最低限必要な機能や形状も異なります。ゴーグルの選び方と、おすすめの水泳ゴーグルをたっぷりと紹介します。

水泳ゴーグルのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

水泳ゴーグルの種類と選び方

水泳用のゴーグル選びは、慣れていない人にとっては選ぶ基準や、絞り込む基準がわからず自分ひとりで決めるのが、なかなか難しいと感じてしまいます。

例えば、「ただの水中メガネでしょ、目に水が入らなければどれも大して変わらない」と考えてしまう人もいるでしょうが、そのような考え方でゴーグルを選んでしまうことは、おすすめできません。自分に合ったゴーグルを選ばないと、いざ泳いでいるときのストレスや苦痛は相当なものになるからです。

それほどまでに、水泳をする人にとってゴーグルは重要です。レンズの視界の広さや暗さ、レンズの色、肌の接地面のフィット感・堅さ、ベルトの締め付け感や肌の当たり、水の侵入や曇り止めの機能はどこまで求めるのか、自分の好みやサイズに応じて、チェックしなくてはならない項目がたくさんあります。

水泳ゴーグルの種類

水泳ゴーグルには、用途別・目的別に多様な種類が商品化、そして展開されています。ひとくちに水泳ゴーグルと言っても、
・競泳(練習・レース)用
・水中エクササイズ用
・女性用
・キッズ用
・度付きレンズ
・ノンクッション
・ミラータイプ

とこれだけの多様なタイプが存在しています。これらのラインナップの中から自分の目的や用途にぴったりのゴーグルを探すのは、水泳歴の長い人ですら迷ったり失敗することもあるくらいです。初心者であれば、なおさら難しく感じてしまうことでしょう。また、人によって好みやサイズが異なりますから、絶対これがおすすめと一概に言えないものもあります。

次に、自分の目的や用途あったおすすめのゴーグルを見つけるために、最初に押さえるべきポイントを見ていきましょう。

水泳ゴーグルの選び方とは 3つのポイント

自分に合った水泳用のゴーグルの選び方のポイントは3つです。
①装着した時にぴったりとフィットしている(サイズが合っている)
②見た目(デザイン性)に満足できる
③予算に見合っている

この3つがすべて完璧に満たされているゴーグルに巡り合うのは、実はなかなか至難の業です。なぜなら試着した時にフィット感がよくても、「実際に水の中で使ってみたら結構ズレる」、「フィット感は最高にいいけど、見た目が好みじゃない」、などということも往々にしてあるからです。ですから他の人からおすすめされたゴーグルが、自分にもピタッとはまるかというと、必ずしもそうならないところがゴーグル選びの難しいところです。

とはいえ、できるだけ自分にぴったりの、良いゴーグルを選ぶためには、まずは信頼できる水泳用品専門メーカーのものを選ぶこと、次に用途に合ったゴーグルを選ぶこと、この2つはしっかり押さえておくことをおすすめします。

水泳ゴーグルのおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめランキング3位:「view」

ビュー(VIEW) スイミング ゴーグル V610
ビュー(VIEW) スイミング ゴーグル V610

¥ 1,512

口コミ

小さいころからスイミングに通ったりして曇り止めという機能に全く期待していなかったのですが 時代が変わりテクノロジーが進んだのか全く曇りません。おどろきです。 目の間の長さの調節部品もついています。 頭のサイズがLLなどの場合はちょっときつく感じるかもしれませんが、ボリュームゾーンにはピッタリかと。

国内メーカーの「view」のゴーグルは、コストパフォーマンスの良さから一般スイマーからエクササイズ用途の方まで、幅広く人気のあるメーカーです。このV610は、ベーシックな水泳ゴーグルとしては、特におすすめできるモデルといえます。

視界は明るく、広めですし、浸水しない程度の程よいフィット感、曇りにくいことなどからトップブランドの一般スイマー向けのゴーグルと比べても「お買い得」と感じさせてくれるモデルです。初心者の「最初の1本」としても、水泳歴の長いベテランスイマーの方の普段の練習用としてもおすすめできるゴーグルです。

V610はベルトとゴーグルのカラーリングが豊富で、さらには同じシリーズで度付きタイプ、ミラータイプまで揃っており、幅広い用途や好みに対応できるよう展開されていますから、最初の一本で迷ったらまずはこちらを試してみることをおすすめします。

おすすめランキング2位:「ミズノ」

MIZUNO(ミズノ) スイムゴーグル クッションタイプ FINA承認 N3JE601009
MIZUNO(ミズノ) スイムゴーグル クッションタイプ FINA承認 N3JE601009

¥ 1,728

口コミ

曇らない、水が入らない、長時間着用しても痛くならない。かなりの代物です。お勧めします。

ミズノのゴーグルはがっちりとした見た目で「タフさ」を感じるデザインが多いのですが、その中でも「これがミズノのゴーグルだよね」と言えるくらいに、ミズノらしさが詰め込まれているのを強く感じるモデルです。性別年齢を問わずに全ての方が使いやすいサイズ感のゴーグルであり、曇り止めや水漏れ防止といったゴーグルの基本機能はきっちり網羅しています。

日本のメーカーですから、日本人の骨格にも合いやすく設計されています。海外メーカー製では合わないという人にもミズノはおすすめです。エクササイズ用からスイム用の人まで幅広く快適な装着感を感じることができ、おすすめです。

本格的なゴーグルの「最初の1本におすすめゴーグル」です。

おすすめランキング1位:「アリーナ」

arena(アリーナ) 水泳 競技用 くもり止め ゴーグル ノンクッションタイプ ミラー加工 フリーサイズ AGL130M
arena(アリーナ) 水泳 競技用 くもり止め ゴーグル ノンクッションタイプ ミラー加工 フリーサイズ AGL130M

¥ 2,700

口コミ

視界は狭い。やや暗い。 しかし、集中はできるように感じる。 フィット感はカップがやや小さめに感じるし、少しきつい感じがする。 レースのようなときにはいいと思う。 普段使いのフィットネスのようなときには、ちょっとつかれるかもしれない。 曇り止めの効果は結構効いているようだ。

スイマーからの圧倒的な支持を得ているのがアリーナのレース用ゴーグル「AGL130M」です。ノンクッション&ミラータイプと、水泳の玄人向けのモデルですが、いかにもアリーナらしい、シャープなフォルムのレンズ部分は非常に美しく、そして実にクールです。

その見た目のかっこよさは、装着しただけで自分が上達したような気分になり、テンションがあがります。水泳のときも見た目のデザイン性にもこだわりたい方、ゴーグルでテンションを上げたい方にはアリーナのゴーグルは特におすすめです。また、自分なりにゴーグルへのこだわりをもち、「2本目、3本目のゴーグルを」という方にもおすすめモデルです。

特徴・用途別おすすめの水泳ゴーグル

度付きタイプ

SWANS(スワンズ) 近視用 度付レンズ + 専用ベルトパーツセット FCL-X1-SET
SWANS(スワンズ) 近視用 度付レンズ + 専用ベルトパーツセット FCL-X1-SET
口コミ

コンタクトレンズを使用していたが、泳いでいる最中に外れることが多かったためこの商品を購入。 レンズも大きいため、視界も広く、非常に快適に使用している。 ただ、大きいためかゴーグルがずれて水が入ってしまうことがあるので、顔の大きさも考慮して購入したほうが良い。

度付きタイプでおすすめなのがSWANSの度付きゴーグルです。レンズの度数は-1.50~-8.00まで展開しており、普段の矯正視力と近い視力を水中でもキープすることができます。ベルトとレンズ、鼻ベルトの各パーツを自分で組み立てて使用するタイプですから、レンズの度数を変えるのも簡単です。度数が変わる可能性のあるジュニアにもおすすめです。

SWANSのレンズの特長は大きめのシェイプで、視界が広く、またレンズの透明度も高いので明るさも確保でき、水中での見え方にストレスを感じにくいこと。泳ぎたいけど見えないこがストレス、と感じていることを解消したいならば、視野の広く取れるSWANSの度付きゴーグルがかなりおすすめです。

ミラータイプ

arena(アリーナ) 水泳用ゴーグルくもり止め クッションタイプ(ミラー加工) スプラッシュ AGL-210MPA フリーサイズ
arena(アリーナ) 水泳用ゴーグルくもり止め クッションタイプ(ミラー加工) スプラッシュ AGL-210MPA フリーサイズ

¥ 2,808

口コミ

流石、arenaですね。文句なくいい品です。 欲を言えば曇り止め効果がもう少し長持ちすると更にいい。

ミラータイプは、屋外で使いたいときや水泳ゴーグル装着時に目が透けるのが嫌な人におすすめです。アリーナのミラータイプは、レンズシェイプが細めでミラー感がやや強めであるところが特徴で、見た目のスマートさはピカイチですが、他のメーカー製を使っていた人はアリーナの水泳ゴーグルに変えると、慣れるまでは若干視野の狭さと暗さを感じることも。ですが、その分集中して黙々と泳ぐことができます。

AGL-210MPAはベーシックなラウンド型のレンズでクッション付きのタイプなので、フィット感が良くつけ心地は快適です。クッション付きでミラータイプをお探しの方へぜひおすすめのモデルです。

ノンクッションタイプ

SWANS(スワンズ) 競泳用 スイミング ゴーグル SR-1 ノンクッション FINA承認モデル SR-1NEV
SWANS(スワンズ) 競泳用 スイミング ゴーグル SR-1 ノンクッション FINA承認モデル SR-1NEV

¥ 1,512

口コミ

クッションが着いてないゴーグルをはめるのは初めてでしたが、特に問題ありません。  確かに、2回目くらいまで違和感がありましたが、直ぐになれました。  良い点として、ゴーグルの接合部(ノーズパッド?)が5サイズ入っており、細かくフィッテングできます。

初めてノンクッションに挑戦するなら、SWANSのSR-1がおすすめです。ノンクッションタイプの水泳ゴーグルは慣れるまでは違和感を感じる人もいますが、フィット感が非常によく、ジャストサイスであれば水の侵入もほとんどないため愛用者も多いゴーグルです。

ノンクッションタイプ着用の特長として、レンズのフィット感を高めるためベルトをややきつめに調整する必要があります。SR-1はベルトが丸い紐状のため頭部の締め付け感が軽減されており、痛みが出にくく工夫されておりその点も人気があり、おすすめのポイントでもあります。

子供用

ビュー(VIEW) 子ども用 スイミング ゴーグル 4~9歳対象モデル V710J
ビュー(VIEW) 子ども用 スイミング ゴーグル 4~9歳対象モデル V710J

¥ 1,296

口コミ

3歳半の息子のスイミング用に買いました。 抗菌なのが嬉しいです! きつくもなく、ゆるくもなく。 丁度いいみたいです。

子供のスイミング教室デビューに、水遊び用にと「初めての1本」として一番選ばれているのがVIEWのV710です。カラー展開が豊富で定番のブラックやブルー、ピンクだけでなく、よく目立つライムグリーンやオレンジなど全8色から選べます。また子供が痛がらない優しいつけ心地の太めのベルトと柔らかいレンズクッション、最初の1本として選びやすい価格であることもおすすめポイントです。

女性用

Speedo(スピード) スイミングゴーグル ゴーグル フィットネス用 Biofuseゴーグル 女性用 SD93G03C
Speedo(スピード) スイミングゴーグル ゴーグル フィットネス用 Biofuseゴーグル 女性用 SD93G03C

¥ 2,268

女性用として、主にフィットネス用途を想定して設計されているモデルです。女性用の水泳ゴーグルの特長は、女性の顔の大きさに合わせて全体的に小ぶりなつくりであることと、女性らしいカラーリングのものが多いこと、ゴーグル装着時の締め付け感がないこと、肌の当たりが優しく、目の周りに跡が残りにくいこと、などが挙げられます。

スピードのSD93G03Cはこの要件をすべて満たしており、とりわけ「目の周りに跡が残らないこと」に注力している水泳ゴーグルです。泳ぐよりもウォーキングやフィットネスがメインの用途に女性におすすめモデルです。

水が入りにくい

SWANS(スワンズ)スイムグラス SRXN
SWANS(スワンズ)スイムグラス SRXN
口コミ

毎日、3キロほど連続で泳ぐが、 最初、装着を丁寧にすれば途中水が入ってきたり ずれたことがほぼない。この製品は硬質ゴムかプラみたいな材質で きちんと扱っていれば1年ぐらいだと まったく変質しない。 泳ぎ自慢にも 初心者にもおすすめしたい一品だ。

レースでも普段の練習用としても使えるおすすめの1本です。クッションタイプですが、硬めで弾力のあるエラストマー素材を採用しており、ぴったりと吸い付くような装着感です。またベルト部分もこめかみにあたる部分を紐の形状に工夫されており、肌の当たりが柔らかで痛くなりにくい設計がされています。水泳ゴーグルの締め付け感が苦手な人でも楽に使えるおすすめモデルです。

やや細めのレンズフォルムではあるものの、視界が狭すぎるということもなく、快適に長時間の練習をこなすことができます。

手頃な価格(安い)

LICLI スイミングゴーグル
LICLI スイミングゴーグル
口コミ

なかなか良いです。曇らないし、ミラーレンズみたいだし。視界も暗くなるわけではないです。

高い機能やブランドにこだわるよりも、とりあえず手頃な1本が欲しいという人におすすめな水泳ゴーグルがこちら。LICLI(リクライ)というメーカーから、1,000円以下で購入できるゴーグルが出ています。

安いとはいえ、シリコンクッション採用、曇り止め加工済、鼻ベルト調整可といった、水泳ゴーグルの基本性能はしっかり網羅しており、さらにミラー加工までとこの金額でこのスペックはかなりお買い得です。水泳ゴーグルの有名ブランドにも引けを取らないスペックの水泳ゴーグルは大人用としても子供用としても、ともにおすすめです。

値段別おすすめの水泳ゴーグル

3,000円~

MIZUNO ミズノ GX-SONIC EYE(ソニックアイ) スイミングゴーグル(ノンクッションタイプ/ミラーレンズ) N3JE6001
MIZUNO ミズノ GX-SONIC EYE(ソニックアイ) スイミングゴーグル(ノンクッションタイプ/ミラーレンズ) N3JE6001

¥ 3,996

口コミ

とてもいいです 適度な締め付け感に飛び込んだ時にもずれません さらに、整流ワッパーが付いているため水の流れも整えられて非常に良い商品だと思います!

競泳レース用として、「ずれにくさ」と「水の抵抗力の軽減」にとことんこだわって設計されたGX-CONIC EYEがおすすめです。特徴的なレンズ上下の樹脂部分は、トルクレススタビライザーといって飛び込み時のレンズにかかる衝撃を緩和して、ズレを防ぐ機能を持ちます。さらにレンズ上部の4つの小さな突起は、泳いでいるときの整流機能を果たします。タイムにこだわって泳ぎたい人や、最高のフィット感を求める人におすすめのハイスペックモデルです。

2,000円~2,999円

arena(アリーナ) 水泳用 ゴーグル くもり止めタイプ (ミラー加工) Q-CHAKU AGL-2400
arena(アリーナ) 水泳用 ゴーグル くもり止めタイプ (ミラー加工) Q-CHAKU AGL-2400

¥ 2,808

口コミ

クッションありでここまで薄くなってるゴーグルは珍しい 長時間使用にむいてます 練習用に向いてると思う FINAが承認してるモデルなので正式な大会でも使えます! もう視界も広く かっこいいので 星5!!

普段の練習に、レースに、フィットネスにもと、水泳ゴーグルに求めたい基本性能をクリアしているゴーグルです。レンズは曇り止め加工済み、ミラータイプを採用。クッション部分は肌との設置面積を従来品と比べて16%広げることによりズレにくく、水の侵入を防ぎます。また、長時間の装着でも痛みや疲れを感じにくいようにベルトの取り付け位置が工夫されています。

クッションタイプの難点である、ゴーグル部分の出っ張りによる見た目の「もたっと感」と水の抵抗感を減らした、見た目にもスマートなモデルは男女問わずおすすめモデルです。泳ぐ人も、フィットネス用途の人も、クールに決まります。

1,000~1,999円

ビュー(VIEW) スイミング 競泳用 ゴーグル ノーマルタイプ シナリ Fina承認 V132
ビュー(VIEW) スイミング 競泳用 ゴーグル ノーマルタイプ シナリ Fina承認 V132

¥ 1,944

口コミ

ゴーグルの方が水中では顔面に吸い付く感じになり、顔面から突起がなく顔面と一体になるため、水の抵抗・ブレーキをほとんど感じずストレスがありません。1時間の長距離スイミングにも違和感もなく、顔面の跡形・痛みもなく・水浸入もなく・曇りもなく快適。

普段の練習用に、フィットネスにと、長時間の装着時のストレスを軽減できる水泳ゴーグルをお求めの方へおすすめのモデルです。コンパクトクッション採用により、顔面の突起が少なく入水時の抵抗感が軽減されており、ベルトやクッション部分も柔らかくしなやか。肌への密着度が高く、ピタッと吸い付くようなつけ心地で、入水時や泳いでいる最中の揺れやズレをより感じにくいモデルです。

レンズへの水の侵入を解消したい方、できるだけレンズの曇りを感じずに快適に泳ぎたい方もそのコストパフォーマンスに納得できるはずのおすすめモデルです。

1,000円以下

エジンド(Aegend)スイミングゴーグル スイム ゴーグル 水中メガネ 水泳ゴーグル UVカット 曇り防止 男女兼用
エジンド(Aegend)スイミングゴーグル スイム ゴーグル 水中メガネ 水泳ゴーグル UVカット 曇り防止 男女兼用
口コミ

初心者なのでゴーグルするのも初めてでした。はじめピタッとしてなかったのか水が入ってきたので付け方を聞いて付け直したらピッタリして水も入ることなく快適に泳ぐことができました。

低価格でコストパフォーマンスの良いものを、という人におすすめの水泳ゴーグルです。この価格帯の水泳ゴーグルにもかかわらず、曇り止め加工が施してあり、きちんと手入れをしながら使えばそれなりに効果が持続します。また、装着時のフィット感にも工夫がされており、肌の設置面には柔らかくしなやかなシリコン素材を採用しています。

ケース入りで持ち運びや保管に便利です。水泳初心者の方や、フィットネス用途の方、キッズ用としても手ごろでおすすめの商品です。

おすすめの水泳ゴーグルのメーカー・ブランド3つと代表製品

VIEW(ビュー)

ビュー(VIEW) スイミング 競泳用 ゴーグル ミラータイプ ブレードゼロ Fina承認
ビュー(VIEW) スイミング 競泳用 ゴーグル ミラータイプ ブレードゼロ Fina承認

¥ 3,240

口コミ

装着感も良く水中での視界も広くて良好です。曇り止めは1ヶ月も絶つと効果は無くなりますが許容範囲ですね

水泳用品の有名メーカー、VIEWの水泳ゴーグルの特長を一言でいうと「コストパフォーマンスがいい」「レベルや用途に応じて選択の幅が広い」に尽きます。他のトップメーカーのゴーグルのスペックと比較しても遜色のないゴーグルが、他メーカーよりも買いやすい価格で設定されています。

また世界のトップスイマー愛用のモデルから、水泳初心者やフィットネス用途の方、キッズ用まで幅広い用途別・目的別にモデル展開をしていることも魅力であり、水泳をする人には一度はVIEWのゴーグルを、とおすすめする理由です。

arena(アリーナ)

arena(アリーナ) 水泳用ゴーグル くもり止め クッションタイプ スプラッシュ AGL-200PA
arena(アリーナ) 水泳用ゴーグル くもり止め クッションタイプ スプラッシュ AGL-200PA

¥ 2,268

口コミ

視界最高です。 6コース先の水泳時計の針を泳ぎながら確認できます。 リピート3回目です。

フランス生まれのスイムウエアメーカーであるアリーナの水泳ゴーグルの特長は、何といってもシャープで洗練されたデザインです。細身でシュッとした美しい流線形のゴーグルをつけていると、どんな人でもスマートに、そして一流のスイマーに見えてしまうから不思議です。

当然水泳ゴーグルのスペックとしても申し分なく、そのデザイン性と高いスペックを両立させていることから、多くの水泳ファンから愛用されているブランドです。2本目、3本目のゴーグルとしてぜひ一度使ってみていただきたいおすすめブランドです。

Speedo(スピード)

Speedo(スピード) 水泳用ゴーグル アクアソケット SD98G04E
Speedo(スピード) 水泳用ゴーグル アクアソケット SD98G04E

¥ 2,376

口コミ

アイカップにはクッションがついており、飛び込み等でゴーグルがずれて、水が入ってくることはまずありません。またゴーグルは非常にコンパクトで、低抵抗が実現できているように思います。 私は、ブラックを購入しましたが、そこまで暗くありません。屋内プールでもクリアに見えます。

スピードはオーストラリアで誕生したスイムウエアメーカーです。スピード社のゴーグルの特長は、「力強さ」「タフさ」を感じさせるごろんとした丸みのあるフォルムのグラス部分、ぴったりと吸い付くような装着感の安定感のあるベルトです。スピード社と言えば、あの「レーザーレーサー」で世界中の一般の人にも知れ渡ったブランドとなりましたが、それ以前からずっと世界中のスイマーから支持されて続けているトップブランドです。

水泳ゴーグルの付け方

ベルト調整をする

水泳ゴーグルを装着して水中で快適に泳ぐためには、痛くなく、そしてズレないぴったりと自分の顔に一体化させるようにフィットさせる必要があります。その微妙な調整は、ベルト部分と、鼻ベルト部分の2か所で調節します。軽い締め付け感を感じるくらいでベルト調整します。

痛くて耐えられないというレベルの場合は、ベルトがきつすぎてサイズが合っていないということになりますし、水が入ってくる場合は締め付けが弱すぎるということです。自分の顔のかたちや大きさ、目の間隔に合わせて何度も微調整しながら自分にジャストフィットという位置を見つけていきます。

なお、ベルトの調整は水に入って濡れた状態でおこなうのがおすすめです。乾いた状態と濡れた状態では感覚が違いますし、特に髪の長い方は濡れた髪のボリューム込みでの調整しないと意味がないからです。

空気を抜いてしっかり密着させる

よく「水が入ってくる」「泳いでいるとズレてくる」という人は、ゴーグルを肌に密着させてないことが原因です。水泳ゴーグルは、装着したらしっかりグラス部分を手のひらや指で押しつけて肌に密着させる必要があります。余分な空気を抜くイメージで、目頭側→目尻側と2回に分けて優しくレンズを肌に押し付けるようにします。

余分な空気が抜けて、ピタッと肌に吸い付く感覚があれば、うまくできている証拠です。力を入れてぎゅっと押す必要はありません。ゴーグル自体のサイズ調節ができている人であればまず水が入ることも、普通に泳いでゴーグルがずれることもないはずです。

水泳ゴーグルは「自分に合う最高の一本」を探そう

水泳をする人にとって、水泳ゴーグルは絶対の必需品です。ゴーグルに違和感を感じたままではトレーニングに集中できないどころかストレスを感じてしまいます。ですから、自分に合う最高の1本を探すことはとても大切ですし、自分なりのこだわりをもって選ぶことをおすすめします。

今回おすすめしたメーカーや、それぞれの水泳ゴーグルにもいろいろな特徴やメリットデメリットがあります。ゴーグルを選ぶ基準や好みは一人一人違いますから、おすすめしたものを参考に自分にとってのベストなゴーグルを探してみてください。

Related