Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

スポーツタイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スタッドレスからノーマルタイヤになるとスポーツドライブの時期になります。このスポーツドライブを楽しむためになくてはならない存在であるスポーツタイヤのおすすめの種類や選び方、スポーツタイヤの使いこなし方からおすすめの楽しみ方や製品を紹介していきます。

スポーツタイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

スポーツタイヤの種類と選び方

スポーツタイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに変わる時期は、車の路面が安定するようになるので車を運転する楽しみも増えます。多くの人はノーマルタイヤに履き替えるのですが、車を走らせるのが好きなスポーツドライブ愛好家にはスポーツタイヤというタイヤに履き替える人もいるでしょう。

このスポーツタイヤの最大の特徴は、急発進、急加速はもちろんのこと、高速カーブなどのサーキット並みにハードなハンドルさばきでも耐えられるほどの性能を持っているタイヤです。今回は、このスポーツタイヤのことについて、種類や使い方、おすすめの商品を紹介します。

スポーツタイヤの種類

スポーツタイヤには大きく分けて3種類あり、サーキットレース用のSタイヤ、スポーツタイヤ、スポーツコンフォートタイヤです。この内、行動を走るのに適しているとされているのはスポーツタイヤとスポーツコンフォートタイヤになります。それぞれに特徴があるので、一覧にまとめて紹介します。

特徴良いところ悪いところ
スポーツタイヤ純粋に走る事が大好きで、走る事に特化したタイヤが欲しい人向けのタイヤになります。Sタイヤの技術を取り入れているのでグリップ性能が格段に良いです。トレッドデザインのデザイン性が良いので、カッコいいタイヤが多くあります。ノーマルタイヤと比較すると燃費効率、乗り心地、静かさ、耐久性があまりありません。
スポーツコンフォートタイヤ走行性能を重視しながらも、乗り心地の快適さを必要とする人向けのタイヤになります。コンフォートタイヤにスポーツタイヤのグリップ性能を足したため、スポーツタイヤと比較すると乗り心地が良くなっています。コンフォートタイヤをベースにしているので、スポーツタイヤと比較すると物足りない可能性があります。

スポーツタイヤの選び方

スポーツタイヤの選び方は、まず自分が運転するときのクセや求めている要素を把握するところから始まります。その上で、国内外さまざまなタイヤメーカーから販売されているスポーツタイヤをピックアップし、試乗レポートなどの体験レポートをよく読み、納得がいくまで吟味してから購入をしましょう。

特にスポーツタイヤを選ぶ場所としておすすめなのが、サーキットで行われる試乗会です。この試乗会は普段買わないとわからない実際のタイヤの状況を把握する良い機会なので、機会があったらぜひ参加しましょう。

スポーツタイヤおすすめ人気ランキングTOP3

スポーツタイヤのことについて紹介した後は、今回紹介する商品を販売しているメーカーやブランドをランキング形式で紹介するのですが、タイヤは自分の命を預ける存在なので、価値を知っている人は徹底的にこだわり抜くポイントです。

ごく普通のデイリードライバーですらこれなのですから、消耗が激しいが故に頻繁にタイヤを交換し、人一倍たくさんのタイヤを購入しているスポーツドライブ愛好家のランキングはとても楽しみです。そんなアクティブな運転をこよなく愛するスポーツドライブ愛好家が選んだスポーツタイヤランキングがこちらになります。

ランキング3位:「ナンカン」

「安かろう悪かろう」と言う言葉がありますが、以前のアジアタイヤメーカーの製品はこの一言に集約されていました。しかし、今のアジアタイヤメーカーは安くても十分な性能の製品を作れるようになり、今では「コスパが良い」と言われるようになりました。

そんなアジアタイヤメーカーの筆頭とも言えるのが、創業50年の台湾タイヤメーカー「ナンカン」になり、今回のランキングでは3位になりましまた。世界中で高評価を得ているアジアタイヤメーカーの代表のスポーツタイヤのおすすめ製品を紹介します。

NS-2R 215/45R17 91W XL

NS-2R 215/45R17 91W XL
NS-2R 215/45R17 91W XL
口コミ

ドリフト走行でフロントタイヤに履く為に購入しました。 値段の割によくグリップします

縦に入ったラインがとてもお洒落なこちらのおすすめスポーツタイヤは、ナンカンの「NS-2R 」です。このお洒落なラインのちょうど横にある3本の縦溝が排水効率とウェット面でのハンドル操作を向上させます。何かの柄にも見えるショルダー部分の溝はタイヤの弾力を高めているので、お洒落に見えて実はすごい実用性の塊と言えます。

口コミでは「スポーツ初心者向き」「スポーツタイヤ上級者向き」と評価が真っ二つに分かれますが、コストパフォーマンスが良いと言う点では一致しているおすすめのスポーツタイヤです。

ランキング2位:「ハンコック」

ハンコックは1941年設立の韓国のタイヤメーカーです。韓国No1、アジアタイヤランキングでは3位と言う素晴らしい結果を出しているタイヤメーカーになります。近年では三菱やダイハツに純正タイヤとして採用されているなど、アジアタイヤのイメージを覆し続けています。

そんなアジアタイヤのハンコックは今回のスポーツタイヤ口コミランキングでも堂々の2位に入っています。それだけコスパの良い製品という意味であるこのハンコックのおすすめスポーツタイヤはこちらです。

Ventus V12 evo2 K120

Ventus V12 evo2 K120 225/35R19 88Y XL
Ventus V12 evo2 K120 225/35R19 88Y XL
口コミ

思っていたよりもこのタイヤは良かったです。次もこのタイヤにします。

ハンコックのスポーツタイヤのおすすめはこちらの「Ventus V12 evo2 K120」です。この「Ventus V12 evo2 K120」の最大の特徴は、タイヤの熱を逃がすことにこだわっていると言う点です。今までの製品より広めにとられた表面積で熱を逃がしやすくし、さらに表面にあるグルーブが熱の軽減を行います。

これ以外にも、斜めに入っている溝が効率の良い水路となり、抜群の水はけを実現させており、斜め方向の溝で運転中のノイズを軽減させていますので、ありとあらゆるニーズに応えることができる素晴らしいおすすめのスポーツタイヤです。

ランキング1位:「ミシュラン」

堂々のランキング1位はフランスのタイヤメーカー、「ミシュラン」です。2005年にブリジストンに販売1位を奪われてしまいましたが、今まで自動車レースで培って来た経験と技術で高性能なスポーツタイヤを多く販売している世界トップレベルの会社です。

そんなミシュランの販売しているスポーツタイヤは、やはり自動車レースで鍛えられた技術が反映されているだけに、多くのスポーツドライブ愛好家を唸らせるタイヤです。そんなミシュランのおすすめスポーツタイヤ はこちらになります。

PILOT SPORT 4 225/45ZR17

PILOT SPORT 4(パイロット スポーツ 4) 225/45ZR17 (94Y) XL
PILOT SPORT 4(パイロット スポーツ 4) 225/45ZR17 (94Y) XL
口コミ

2018年3月に購入。 製造年月は17年の50週でとても満足しています。

ミシュランのおすすめスポーツタイヤは、こちらの「PILOT SPORT 4(パイロット スポーツ 4) 225/45ZR17 (94Y) XL」です。フォーミラーEでも使用されている高いテクノロジーを使用して開発されたおすすめスポーツタイヤです。

一瞬一瞬の動きがいかに早くできるかがキーポイントのスポーツドライブにおいて、ドライバーのハンドルの動きを即時反映させるレスポンスの良いタイヤはとても良いタイヤになるのですが、このおすすめタイヤはそのレスポンスの良いタイヤの筆頭になります。

もちろん、ドライ面でもウエット面でも対応することができる高い性能が完備されており、長年世界1位のタイヤメーカーであった事を知らしめる信頼性と安定性があります。

特徴・用途別おすすめのスポーツタイヤ

スポーツドライブを楽しむ人は人一倍タイヤに対してこだわりがありますが、いかに素晴らしいタイヤメーカーでも、自分の目的に合っていないことには意味がありませんし、タイヤという商品は実際に使用しないとわからない商品です。

そこで、今回は「安い」「バイク用」「ミニバン用」「車用」「コスパが良い」「乗りごちが良い」の合計6項目でおすすめのスポーツタイヤを紹介します。

安いのおすすめ

スポーツタイヤ はグリップが強いことが特徴なので、どうしても寿命の短いタイヤになります。スポーツドライブを楽しんでいる以上仕方がないことではありますが、やはりタイヤの出費が頻繁にあるのは痛いところです。

でも、タイヤ選びはとても肝心で、特にアクティブな運転をするスポーツドライブでは安かろう悪かろうのタイヤはできるだけ避けましょう。こんな性能はそこそこなのに価格の安いおすすめのスポーツタイヤはこちらです。

アクセレラ 651SPORT

アクセレラ 651SPORT 235/40R18 91W 新品サマータイヤ
アクセレラ 651SPORT 235/40R18 91W 新品サマータイヤ

2017年よりモータースポーツ会で1番ホットなアジアタイヤメーカーといえばインドネシアのアクセラですが、安いタイヤのおすすめはアクセラの「 651SPORT」です。ヨーロッパの最先端技術タイヤ技術と機械設備を組み合わせた事により、日本国内のタイヤメーカーにも負けない高い性能を実現させています。

もちろん、安かろう悪かろうを脱却するべく原料段階から厳しいチェックが行われており、高い安全性と耐久性を実現させています。コスパが良いと評判のアジアタイヤメーカーの中にあり大ブレイク中のアクセラのタイヤ、すごくおすすめです。

バイク用のおすすめ

スポーツドライブ愛好家がいるのは、何も車だけではありません。バイクにもオフロードレースやサーキットの走行など、アクティブな運転をするスポーツドライブの競技はあり、愛好家もいますので忘れてはなりません。

バイク用のスポーツタイヤでも車のスポーツタイヤと同じく、高いグリップ性と性能が要求されますが、一体どういうタイヤがあるのでしょうか。バイク用のおすすめスポーツタイヤはこちらです。

ダンロップ GP SERIES TT100GP

DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ GP SERIES TT100GP
DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ GP SERIES TT100GP
口コミ

GN125Hに装着。購入時についていたKENDAはずるずる滑っていたのですが、安心して走れるようになりました。

そんなバイクのスポーツタイヤを探している人におすすめなのが、こちらの「DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ GP SERIES TT100GP」です。サーキットで蓄積された技術である「TT1GPコンパウンド」を採用し、暑さ寒さに関係なくスムーズで安定したグリップ力を発揮します。

サイズも「ダブルラジアス」と「シングルラジアス」を採用し、スムーズで安定したハンドリングを実現させ、スポーツドライブでのアクティブな動きにぴったりと対応できます。

ミニバン用のおすすめ

ファミリーから大人同士のドライブまで、今幅広い年齢層に人気のミニバンですが、このミニバンでもスポーツドライブを楽しもうとしたらどのようなスポーツタイヤが向くのか考えたことはありますか。ミニバンはファミリー向けだからあるわけ無い、あんな長い車体でドリフトとか無理、とおもっている方もいるでしょう。

実は、ミニバン向けのスポーツタイヤあるんです。そんな意外性の塊とも言えるミニバンにおすすめのスポーツタイヤはこちらになります。

エーティーアールスポーツ

エーティーアールスポーツ(ATR SPORT) 245/35R20 95W XL
エーティーアールスポーツ(ATR SPORT) 245/35R20 95W XL
口コミ

値段も安くて、持ちもよく、以外とグリップ良いですよ。 アルファードに使ってますが静粛性もありお勧めです。

ミニバンにおすすめのスポーツタイヤとは、こちらの「エーティーアールスポーツ(ATR SPORT) 245/35R20 95W XL」です。静かさにはややかけますが、耐久性よし、燃費よし、ドライ性能ウエット性能よし、の3つが揃った最適なスポーツタイヤです。

こちらの製品はインドネシアのタイヤメーカーであるATRラジアス製品なのですが、タイヤ全体のデザインはもちろん、溝のラインに沿って引かれたラインがシャープでありながらもどことなくインドネシアと言う風情を漂わせています。しかし、実はこれ全部快適な乗り心地と走行性を実現するためのデザインです。

「安い」の項目でもインドネシアタイヤメーカーであるアクセレラの製品を紹介しましたが、こちらも大ブレイク中で無いもののおすすめのスポーツタイヤです。

車用のおすすめ

ここまで色々な車用のスポーツタイヤを紹介しましたが、特に車用でおすすめのスポーツタイヤというのはあるのでしょうか。特に車用のスポーツタイヤでおすすめなのはやはりこちらのメーカーです。

ブリヂストン 低燃費タイヤ NEXTRY

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 185/60R15 84H
ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 185/60R15 84H
口コミ

アマゾンで安く買って、ディーラーで持って普通で交換してもらったので、良かったです。

やはり車用スポーツタイヤ でおすすめといえば、ブリジストンの低燃費タイヤです。コストパフォーマンスの良さはもちろん、価格面でもお買い得な値段になっているので、スポーツドライブを楽しむ人だけでなく、多くの人に向く最高の車用おすすめスポーツタイヤです。

コスパの良いおすすめ

スポーツタイヤはアクティブな運転を好むスポーツドライブ愛好家に使用されるタイヤなので、どうしても寿命が短い傾向になってしまいます。そこで、コストパフォーマンスの良さが求められるのですが、コストパフォーマンスの良いおすすめのスポーツタイヤはこちらです。

ケンダ サマータイヤ KAISER KR20A

ケンダ(KENDA) サマータイヤ KAISER KR20A 215/45ZR17 87W
ケンダ(KENDA) サマータイヤ KAISER KR20A 215/45ZR17 87W
口コミ

台湾産だけどハイグリップには間違いない。 安くてこれだけグリップすれば言うことなし!

コストパフォーマンスの良いおすすめのスポーツタイヤはこちらの「ケンダ(KENDA) サマータイヤ KAISER KR20A」です。台湾のアジアタイヤメーカーの商品になりますが、高いグリップ性が高評価となっており、口コミでもコストパフォーマンスの良いタイヤと評判になっています。

静かのおすすめ

スポーツタイヤの難点というのはいくつかありますが、そのスポーツタイヤの難点の1つに「うるさい」というのがあります。スポーツタイヤは元々街乗りを前提しているタイヤでは無いのでこうなるのですが、街乗りで使う時はやはりタイヤは静かであるのが良いので、静かなスポーツタイヤを紹介します。

サマータイヤ TRANPATH MPZ

トーヨー(TOYO) サマータイヤ TRANPATH MPZ 195/65R15 91H
トーヨー(TOYO) サマータイヤ TRANPATH MPZ 195/65R15 91H
口コミ

ブリヂストンのplaysから履き替えました。音も静かで問題なし。

そんな静かなスポーツタイヤ を探している人におすすめなのが、こちらのトーヨーのサマータイヤ 「TRANPATH MPZ 195/65R15 91H」です。ファミリー向けのミニバン専用タイヤになりますが、ミニバンを持っている人に最適な静かなタイヤです。

乗り心地の良いおすすめ

スポーツタイヤというのは純粋に運転を楽しみたい人向けのタイヤになるので、あまり乗り心地というのは重要視されません。しかし、できればスポーツドライブの楽しみも維持したまま乗り心地も維持しましょう。そんな乗り心地の良いおすすめタイヤはこちらです。

ダンロップ 2本セット サマータイヤ

ダンロップ(DUNLOP) 2本セット サマータイヤ
ダンロップ(DUNLOP) 2本セット サマータイヤ
口コミ

価格なりと思っていましたが・・・3か月経過しましたが、静粛性、転がり抵抗共に良く満足しています。 ただし国内生産でないのが少しざんねんです。

そんな乗り心地の良いスポーツタイヤのおすすめがこちらの「ダンロップ 2本セット サマータイヤ」です。ダンロップと言うとイギリスのタイヤメーカーで定番中の定番です。こちらの商品はホイールなしですが、乗り心地の良いダンロップのタイヤがお買い得価格で購入できます。

おすすめのスポーツタイヤのメーカー・ブランド

次に、惜しくも今回ランキングトップ3を逃してしまいましたが、スポーツドライブ愛好家おすすめのスポーツタイヤメーカーを3つ、代表作品ととともに紹介します。

ヨコハマタイヤ

日本の国産タイヤメーカーと言うと筆頭はブリジストンですが、やはりヨコハマタイヤも忘れてはなりません。ヨコハマタイヤでおすすめのスポーツタイヤはこちらです。

代表製品 ADVAN Sport V105

ADVAN Sport V105
ADVAN Sport V105
口コミ

いいタイヤですが、あのグリップから想像すると耐摩耗性が気になるところです。

ヨコハマタイヤのおすすめはこちらの「ADVAN Sport V105」です。ヨコハマタイヤ自慢の一品になります。グリップ力が大変に強く、スポーツタイヤ向きのおすすめスポーツタイヤです。

レーダー

レーダーと言うのはシンガポールのタイヤメーカーになり、世界初の環境に優しいタイヤとして承認されたタイヤブランドです。そんな世界初の環境に優しいタイヤを販売したレーダーのおすすめスポーツタイヤはこちらです。

代表製品 RPX800

レーダー(RADAR) RPX800 205/55R16 94W XL
レーダー(RADAR) RPX800 205/55R16 94W XL
口コミ

安くても、最高です。乗り心地に静かさグリップにも問題無いです。

レーダーの中でおすすめなのが、こちらの「RPX800」です。コーナリングの性能がとてもよく、高速運転時の性能にも優れ、コンパクトカー、ミニバン、ワゴン、セダンと幅広い車種に使用することができるおすすめのスポーツタイヤです。

グッドイヤー

「高いのに売れる」と評判のグッドイヤーですが、高いのに売れる理由はお値段以上と認めさせるだけの性能にあります。惜しくもランキングトップ3を逃してしまいまいしたが、このグッドイヤーのおすすめの製品はこちらです。

代表製品 低燃費タイヤ EAGLE RV-F

グッドイヤー(GOODYEAR) 低燃費タイヤ EAGLE RV-F 215/55R18 99V XL
グッドイヤー(GOODYEAR) 低燃費タイヤ EAGLE RV-F 215/55R18 99V XL

こちらがグッドイヤーのおすすめスポーツタイヤ、「低燃費タイヤ EAGLE RV-F」です。キビキビ走れる運動性能に、ふらつきも抑制され、熱の発生を抑制し、タイヤ全体の耐久性が向上しています。より長く、より遠くに走りたい人向けのスポーツタイヤです。

スポーツタイヤの使い方・活用方法・楽しみ方

スポーツタイヤの使い方は、ノーマルタイヤと同じように車に取り付けるだけになります。ただ、1つだけノーマルタイヤとの違いがあります。それは、スポーツタイヤはノーマルタイヤよりも寿命が短い、と言うことになります。

ノーマルタイヤもスポーツタイヤも使い方次第で交換時期が変わるのは同じですが、ノーマルタイヤに交換時期の目安として3〜4年か3万kmと言うのがあるのに対して、スポーツタイヤには「グリップ性能が良いと寿命が短い」と言うことしか明確にはわかっていません。

現在のところ、スポーツタイヤの交換のタイミングはスリップサインが出ているかどうか、と言うことで判断するしかありません。特にスポーツタイヤは激しい走行をするタイヤなので、ノーマルタイヤ以上に早めに交換し、きちんと安全を確保しましょう。

活用法

スポーツタイヤに限らず、ノーマルタイヤでも新品のタイヤでいきなり過激な状況を走るのではなく、慣らし運転と呼ばれる時速80kmで100km走る作業が必要になりますが、スポーツタイヤの場合もこれがとても重要になり、ノーマルタイヤと比べるとより長くなる傾向にあると言うのを覚えるのがスポーツタイヤの活用方法です。

よりスポーツタイヤとしての性能、特にグリップ感は990km近くになってやっと発揮されます。なので、スポーツタイヤをより楽しみたい方は990kmを越えるまでは慣らし運転と覚えておくのがおすすめです。

楽しみ方

おすすめのスポーツタイヤの楽しみ方は、やはりサーキットを走ることになります。フリー走行なら数千円で利用する事ができるのですが、サーキットは公道ではできないスピードで思いっきり走るためにある場所なので、高速道路以上に車に対する負担が大きいです。

行く前にしっかりと車の点検をし、サーキットを走っていたらとんでもない目にあった、なんてことにならないようにしましょう。

スポーツタイヤをたっぷり楽しもう

スポーツタイヤ のことについて紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。スポーツタイヤは買って実際に履いてみないことにはわからない製品になるので、よく吟味して吟味して選びましょう。今しか楽しめないスポーツドライブの楽しみをしっかり楽しんでください。

Related