Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

ハイドレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ハイドレーションと聞いて、初めて聞く方もいるでしょう。初心者の方におすすめがたくさんあります。トレイラン、ランニング、登山など野外活動をされる方にはハイドレーションは必需品でしょう。ベテラン様にも用途、容量などに合わせておすすめをご参考ください。

ハイドレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ハイドレーションの種類と選び方

ハイドレーションは登山中に水分補給をするためのおすすめのアイテムです。ザックを下ろさなくても水が飲めるのでとても便利でおすすめです。ただ、洗うのが面倒だったり、ゴムの臭いが気になるというデメリットもあります。

ハイドレーションの種類

ハイドレーションには容量、素材、使用方法によって種類が分かれます。ハイドレーションチューブ付きの場合は、自転車、登山、ランニングなどで使用できます。洗って使えるので、何度も繰り返し使えます。それからチューブ付きでないものはボトルとして使用が可能でおすすめです。

ハイドレーションの選び方

選ぶときにおすすめしたいのは、ランニング中に中断せず、給水を行いたいときにハイドレーションを使うと便利です。登山やトレラン、自転車などにも良いでしょう。

荷物やザックをおろさずに水分補給ができるので楽であり、ザックに合ったものを選びましょう。飲み終わったら丸めて折りたたんで収納することができるハイドレーションが良いです。チューブから吸って飲むため出すぎるものよりも少し出るタイプの方がこまめな給水が可能なので、おすすめします。

ハイドレーションおすすめ人気ランキングTOP3

ハイドレーションは、複数層にラミネートされた加工フィルム状のソフトボトルに吸引チューブが取り付けれたもので、歩きながら直飲みで水分補給をすることができる便利な給水です。

ハイドレーションパック対応のザックであれば、ハイドレーションシステムを収納するための専用のスペースがあり、おすすめします。

それから、ランニング、ジョギング、トレイルランなどの休憩する暇がないスポーツの場合や、登山やトレッキングでも水筒を出し入れする手間を省きたい人におすすめです。

第3位「オスプレーのハイドレーション」

タイトルOSPREY(オスプレー) レザヴォア 2L OS56164
タイトルOSPREY(オスプレー) レザヴォア 2L OS56164

¥ 4,752

オスプレーのハイドレーションをおすすめします。2リットルタイプで縦35×横15×奥6.5cm、0.3㎏ととても軽量です。MPEフィルムを採用しており、カビや細菌が増殖しにくくなっています。別に3.0Lや軽量なLT レザヴォアというタイプもあります。

第2位「キャメルバック」

タイトルをCAMELBAK(キャメルバック) アンチド―トリザーバー 2.0L 1821708
タイトルをCAMELBAK(キャメルバック) アンチド―トリザーバー 2.0L 1821708

¥ 5,184

口コミ

サイクリングでボトルの出し入れが苦手で、こちらを発見し購入しました。 手持ちのバックにいれて使用してます。他のハイドレーションも試しましたが、こちらの製品が飲みやすいです。

キャメルバックのアンチドートリザーバー 2.0Lをおすすめします。アメリカのハイドレーションのシステム、パイオニアとも言われるキャメルバックです。素材はポリウレタン、フローチューブはポリウレタン、飲み口はシリコーンでできています。2ℓ用、重さは140gです。縦343×横203mmです。

軽く噛んで吸うだけで水分補給ができ、給水口も大きく使いやすいのでおすすめです。別にも1.5ℓ、3ℓ、ザックに外付けできるタイプもございます。

ランキング1位「global I mall」

global I mall ハイドレーション
global I mall ハイドレーション
口コミ

富士登山に持っていきました。両手をスティックで塞がれてもこのホースが非常に便利!しかも2リットルの割にリュックでの納まりが自由で良かったです。

global I mallのハイドレーション2ℓがおすすめです。口栓・キャップは抗菌加工を施しているので、長時間の使用や暑い日でも雑菌の繁殖を抑えてくれます。また、飲料水を入れる本体には、臭いの少ない低臭ポリエチレンを使用しています。本製品はFDA認証あり、安全性を保証できます。

飲み口は抜いた状態で軽く噛むと水が自然に出てきます。シンプルながらバルブはしっかりと不意の水漏れを防ぎ、安心してお使いいただけます。渓流釣行や自転車・山登り・ロッククライミング・ランニング・マラソンなどの野外活動での使用に加えて、防災用品としての使用も可能です。

容器の部分は柔らかいシリコン製で、飲み終えた後はクルクルと折りたたむこともでき、繰り返し洗って使えてエコにもなるのでおすすめです。-20℃から50℃位まで対応できます。(高温の飲み物には対応不可)牛乳、飲料、フルーツ、ジュースなどはいれないでください。

特徴・用途別おすすめのハイドレーション

ハイドレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ハイドレーションシステムの特徴は簡単に給水できてフィルム状のソフトキャリーは1ℓでも30gを切る軽さで使わない時はくるっと折りたたみで携行できることもおすすめです。

このメリットに加えて今ではワイン専用のハイドレーションパックや雑菌の繁殖を防ぐ機能を持つハイドレーションシステム、残量表示機能や岩場で引きずっても破れない高耐久性ハイドレーションパックなど、多機能で高機能化になっています。

おすすめバッグタイプ

GIM ランニングバッグ サイクリングバッグ 超軽量 自転車 リュック 通気 防水 ハイキング ジョギング 2Lハイドレーション付き
GIM ランニングバッグ サイクリングバッグ 超軽量 自転車 リュック 通気 防水 ハイキング ジョギング 2Lハイドレーション付き
口コミ

軽くて薄くてとても使いやすい商品です。さっそくいつも使ってます。十分満足しています。

GIMのランニングバッグタイプがおすすめです。GIMのランニングバッグはランニングなどのスポーツを楽しむ方にとって、大変便利かつ機能的なアイテムです。

ベスト型のデザインがバックパック部の位置ズレを防ぎ、スポーツ時のバランス維持をサポートします。5ℓのハイドレーションバッグ+2ℓの給水袋です。高さ45.5×幅22.5×奥行き5cm、重さは約330g、素材はナイロン、600D防水オックスフォード生地でできています。

反射式ストリップを採用しており、夜間における安全性を高めます。水に濡れても染み込みにくい素材で、小雨程度でしたら中身が濡れることがないので、おすすめです。

おすすめランニング用

トレイルランニングバッグ SJ ULTRA VEST 3.0 80458316
トレイルランニングバッグ SJ ULTRA VEST 3.0 80458316

¥ 25,920

口コミ

身長164センチ53キロでsサイズを購入しました。 ロードのランでもスマホや小銭やペットボトルなどなど、結構な荷物になるので、これは本当に便利!

アルティメイトディレクションのバックパックをおすすめします。パック容量は8.5ℓ、ボトル除く重量は203g、Sサイズは61~97cm、Mサイズは79~107cm、Lサイズは91~127cm、調節可能な胸骨ストラップです。

素材はナイロンとポリエステル、表地はメッシュ、ナイロン、収納可能サイズは 20L以下にしましょう。

おすすめトレイルラン用

サロモン SOFT RESERVOIR 2.0L
サロモン SOFT RESERVOIR 2.0L

¥ 6,048

口コミ

1.5Lのタイプと同時一緒に購入しました。状況によって使い分けたいと思っています。使用後に手洗いして、裏返して干せるのが良いですね。乾きも早いです。

サロモンのSOFT RESERVOIR 2.0ℓをおすすめします。トレラン用のギアが人気のサロモンのハイドレーションは、ザックへの収納がしやすい形状に設計されています。簡単に裏返せるので洗うのが簡単です。容量が1.5ℓのタイプもあります。

おすすめ登山用

ドイター ストリーマー2.0L
ドイター ストリーマー2.0L

¥ 4,200

口コミ

自転車用に購入しました。 携行にはドイター・トランスアルパインを使用しています。 ドイターの商品ですが、軍用で名高い?ソースバガボンド社製OEM品です。

ドイター ストリーマー 2.0Lをおすすめします。ハイドレーションの容量は1ℓ~3ℓほどまでいろいろな種類がありますが、2ℓのハイドレーションが凡庸性が高くおすすめです。使用用途によって入れていく水の量を変えれば、日帰りから宿泊を伴う登山の時まで幅広く使用できます。

容量別おすすめのハイドレーション

使用方法に応じてハイドレーションのサイズを使い分けましょう。用途に合わせて250ml、350ml、500ml、600ml、1.5ℓ、2ℓ、3ℓとあります。

250mlと350ml

TRIWONDER TPU ハイドレーションパック
TRIWONDER TPU ハイドレーションパック

TRIWONDER TPUのハイドレーションパックをおすすめします。TPU製品はBPAおよびPVCを一切含まなく、100%無臭、無味。抗菌效果があり、土壌に埋もれて自然分解することができます。マラソン、ランニング、ハイキング、サイクリング、クライミングなどに最適で、折りたたみが可能です。

軽く吸い取ると十分な水分補給ができます。ハイドレーションパックを外したり、足を止めたりせずに簡単に飲みます。アウトドア携帯式ボトルはスポーツイベントにおすすめです。

ストローにノズルを備えたマラソン給水のボトルを一晩冷凍して冷やすことができます。暑い日に爽やかな飲み物を簡単に手に入れます。おすすめのスポーツ用に設計された専用のハイドレーションです。(推奨使用温度:-40〜50℃)

500mlと600ml

OSPREY ハイドローリック500ml
OSPREY ハイドローリック500ml

¥ 2,700

口コミ

Perfect for what I wanted them for.

OSPREYのハイドローリック500mlとAONIJIE ハイドレーションパックをおすすめします。OSPREYの重量は33gで、縦22×横11×奥3.5cmです。折りたためるフィルムは耐久性があります。 手に取る場合はスタンダードスポーツトップになります。 ハーネスに入れる場合は付属のバイトバルブエクステンションが便利でおすすめです。

それから、AONIJIEのハイドレーションはリザーバーにバッグに取り付けやすいホールが開けていて、固定するのが簡単です。シームレス接合プロセスを採用した、コンパクトなハイドレーションパックです。

1ℓ1.5ℓ2ℓ3ℓ

Fastarハイドレーションパック
Fastarハイドレーションパック
口コミ

これとは別にもう一つハイドレーションパックを持っているのですが、そちらと比べると上が大きく開く造りになっているので、注水するときや使用後の洗浄が行いやすくて助かります。

Fastarのハイドレーションパックをおすすめします。シンプルに噛みバルブを採用しており、水分補給のために立ち止まったりせず、運動しながら飲むことが可能です。リザーバーにバッグに取り付けやすいホールが開けていて、固定が楽でおすすめです。

登山やトレッキング、ロッククライミング、自転車・サイクリング、マラソン・ランニングなど幅広いシチュエーションで水分補給の時間短縮にもつながり、運動しながらの水分をとれます。耐熱50℃で耐冷-40℃です。

アウトドア向けにデザインされました、常温水におすすめです。ボディの部分は柔らかいシリコン製で、飲み終えた後はクルクルと丸めたり、平らに折り曲げたり、繰り返し洗って使えエコと節約にもなります。1、1.5、2、3ℓとございますので、用途に合わせて選びましょう。

おすすめのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめのメーカー、ブランド3つと代表製品をご紹介します。

Camelbak

Camelbakのハイドレーション・システムのパイオニアとして多くの野外活動家に支持されている、アメリカ発のブランドです。キャメルバックではランニング・自転車・トレッキングなど、さまざまなアクティビティに特化した、 バックパックやボトルホルダーのほか、日常的に使えるボトルや早変わりできておすすめです。

代表製品クラックス リザーバー

CAMELBAK クラックス 2.0 L リザーバー 1821714
CAMELBAK クラックス 2.0 L リザーバー 1821714

¥ 4,860

口コミ

登山時の吸水用として購入 吸うのにコツがいりますが、慣れてしまえば問題なし 自分は、登り始めたら止まりたくないので、歩きながら給水できるこれは、今では必須のアイテムです

クラックス リザーバーをおすすめします。噛んで吸うだけで流量調節ができるシリコン製マウスピース型です。従来モデルより流量が20%アップしました。運動量が多い状態(息の上がった状態)でも簡単に飲めます。

片手でも簡単にワンタッチ操作で、素早い切り替えが可能です。給水口を安定させる握りやすいキャンプハンドルで、少しの力で確実に開閉ができ、バクテリアや真菌の増殖を抑える抗菌できます。

柔らかく膨らみを抑えた設計に作ってあり、体に近い部分で背負うため、重さを感じにくい
高強度ポリウレタン・フィルムを使用しています。なんと、車に踏まれても亀裂や漏れは生じませんので、安全でおすすめします。

platypus

Platypusはハイスタンダード商品を作るために、耐久性のある外側のフィルムと無味のフィルムをラミネートすることで、ユニークなリザーバーを作り出しています。商品はアメリカ国内工場の厳しい品質管理のもとで作られています。

代表製品BIG ZIP™ LP

BIG ZIP™ LP
BIG ZIP™ LP

¥ 5,184

口コミ

変わらず使い勝手がいいです。

BIG ZIP™ LPをおすすめします。安全で臭いが付きにくいBPAフリーの素材で、いつでもどこでもおいしい水が飲めるハイドレーションシステムです。開口部はスライドロック式で、注水や洗浄も楽です。

リザーバーの中央には隔壁を設け、膨らみを抑えてバックパックへの収納性を高めています。飲み口のバイトバルブには、水漏れを防ぐシャットオフバルブが付いています。素早く取り外せるホースとシャットオフバルブを使用しています。

Overmont

Overmont店は新世代のアウトドアスポーツ愛好者に最高の運動体験の提供に力を注ぎます。会社名はYue Ling Trading Firmです。

代表製品Overmontの広口ハイドレーション

Overmont 広口ハイドレーション
Overmont 広口ハイドレーション
口コミ

以前は30~60分間隔でザックを降ろしていましたが、給水だけのためにザックを降ろすわずらわしさがなく こめめに給水が出来るのでつい我慢して熱中症になる危険性も減ったと思います

容量は2、3ℓ、材質はTPU(強い抗菌性、高耐水性の特性を有します) サイズは、2ℓ、約縦36×横18cm、3ℓ、約縦52×横18cmです。両面輸入TPU材質を採用し、強力な耐水分解性、抗菌性、高強度、高耐水圧特性を持っています。

シリコーンの水密型管口を採用され、開口またはロック装置を配備し、便利に飲水します。ハンズフリーデザインでバックパックと水入口ハンドルを適合に使用することができます。飲用キャップとバッグが接続され、シリコーンガスケットを配備し、水漏れを減少します。サイクリング、ハイキング、自転車や登山などの屋外での使用におすすめです。

ハイドレーションの使い方・活用方法

まず使い方は、指定量を確認して、それ以上に水を入れると破けやすいので、容量以上の水を入れないように使いましょう。別のギアや尖ったものが当たって破れないように収納場所に注意しましょう。ハイドレーション用のポケットがついているザックを使用するのがおすすめです。折り目が付くとそこから劣化して破けやすいので、畳まず丸めて使いましょう。

冷凍

冷凍にさせる場合は、フィルム状の水筒ならではの使い方です。保冷性能が全くないので基本は常温の水の給水しかできませんが、夏は冷凍庫で凍らせると冷たい水を飲むことができるのでおすすめします。

冷凍させる時は水をフルに入れると膨張してハイドレーションが破れる可能性があるので半分から7または8割程度に入れましょう。完全に凍ったら出発直前に水を追加してフルにし入れましょう。

外せるタイプはチューブとホースの部分を外してから冷凍してください。ゴムの部分は冷凍すると硬化して弾力がなくなり、劣化する可能性があります。

ハイドレーションはノンストップで水分補給できるだけでなく、通常のキャップをつけてソフトボトルの水筒や料理用の水を運ぶポットの役割と多機能で活用できます。

ハイドレーションを使ってみよう

ハイドレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

登山やトレランなど、レース時の水分補給にとても役立つハイドレーションです。使いだしたらあまりの便利さにリピーターが増加しています。正しく使用、お手入れをすれば、ゴムの臭いや早期の破損も予防できます。ハイドレーションを使ってアクティブに楽しみましょう。

Related