Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月16日

硬式グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

硬式野球のグローブについて、おすすめのメーカーと製品をいくつかご紹介します。また、硬式用グローブの特徴とおすすめするお手入れ方法もまとめてあります。これから野球を始めてみようという方や買い替えをお考えの方のご参考になれば幸いです。

硬式グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

野球の硬式グローブの種類と選び方

皆さんは、硬式野球のグローブがポジションごとに種類が違うことはご存知でしょうか。ひと目見てキャッチャーミットと一塁手用ミットが他のポジションと形が違うことはわかりますが、知らない人ならそれ以外についてはよく見ないと違いはわからないでしょう。

ここでは、硬式野球用グローブの種類の他おすすめの人気商品やメーカーの紹介、それから使い方について説明していきます。

野球の硬式グローブの種類

硬式野球のグローブはポジションごとに種類が違います。つまり、ピッチャー、セカンド、ショート、サード、外野、キャッチャー、ファーストです。このうちキャッチャーとファーストはミットタイプを使用します。また、硬式用グローブはポジションによってサイズに規定がありますが、重量は自由です。

ピッチャー用グローブ

硬式野球のピッチャー用グローブは、速球重視の剛腕タイプがよく使う大き目のものと、変化球重視のコントロールタイプがよく使う小さめのものの二種類に分けることができます。どちらのグローブも指カバーがついているものがあります。

野手のグローブに比べ、網目が少ないのも特徴です。これは網目の隙間や、人差し指を外に出して投げるピッチャーの投球時の指の位置などから、球種を見破られないようにするためと言われています。

また最近では、剛腕タイプでも小さめのグローブを選ぶ人もいます。

キャッチャー用ミット

硬式野球のルールにより、キャッチャーはキャッチャーミットを使用します。キャッチャーミットは、ピッチャーの的になりやすいよう、丸くつくられています。捕球がしやすいように、また突き指防止のために、親指と小指の部分が分厚くつくられているのが特徴です。キャッチャーミットにも指カバーがありますが、これはより捕球をしやすくするための措置です。

近年では縦に変化する球に対応しやすいように、ファーストミットのように縦に長いキャッチャーミットを選ぶ人も出てきました。

ファースト用ミット

硬式用ファーストミットは他の内野のポジションとは違って、素早い送球が求められることはほとんどないため、捕ることに特化したつくりになっています。どんな送球にも対応できるよう、形はやや縦長に、ポケットは広く深くつくられています。

セカンド用グローブ

硬式用セカンド用のグローブは、野手の中で一番小さなつくりになっています。これは、たとえばダブルプレーを取りたい時に、捕球から送球までを素早く行うためです。そのためポケットは浅めにつくられています。ファーストとは違い、しっかり球を捕ることよりもグローブに当てるように捕って速やかに送球へつなげることを求められるからです。

サード用グローブ

サードはファーストと同様に、内野の中で最もバッターに近いポジションです。特にサードは右打者からの鋭い打球を処理する必要があるためポケットが深くなっており、また内野手が使う硬式用グローブの中で一番大きなつくりになっています。

ショート用グローブ

ショートは、サードのような強い打球の処理と、セカンドのような素早い送球を求められるポジションです。そのため、硬式用ショートのグローブはその両方に適したつくりになっています。

外野手用グローブ

硬式用外野手のグローブは、ライト、センター、レフトすべて共通のつくりになっています。外野手は、フェンス際やフライの処理が多く求められます。また守備範囲が広いため、遠くの球も捕球しやすいように縦に長くつくられています。

野球の硬式グローブの選び方

硬式野球のグローブは、とても高価なものです。気軽に買い替えられる品ではないので、購入する時はしっかり納得いくまで選ぶことをおすすめします。前の項目に書きましたポジションごとにグローブを選ぶことの他に、いくつかの選ぶポイントを挙げていきます。購入時のご参考にしてみてください。

ポジションに合ったものを選ぶ

先の項目で挙げましたように、硬式野球用グローブはポジションごとにそれぞれ特徴があります。自分がつくポジションとは違うポジションのグローブを使うと、思うようにプレーできなくなるのでおすすめできません。ですが、特に固定のポジションを持つことが少ない小学生や、中学・高校の一年生のうちは、オールラウンド用のものをおすすめします。

手の大きさを見る

大人でも子供でも、手の大きさは人それぞれです。硬式用グローブはだいたい身長ごとに大きさが分けられていますので、まずは身長に合ったサイズから選んでみることをおすすめします。メーカーごとにグローブのサイズの目安表がありますので、お店やホームページなどでそちらを確認してみてください。

手にはめてみる

目星がついたら、実際に手にはめてみましょう。これは必ず実行することをおすすめします。硬式用グローブは、あなたと一緒に野球をする相棒です。妥協せず、これだと思うものに会えるまで、手にはめて感触を確かめてください。

野球の硬式グローブおすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、数ある硬式野球のグローブメーカーの中でもおすすめの人気三社をご紹介します。初めて買う方や、別のメーカーへの買い替えをお考えの方は、目安にしてみてください。

ランキング3位「アシックス」

主にシューズのメーカーとして有名なアシックスですが、最近では野球用品のほうでも知名度をあげてきています。特に硬式野球のグローブでは、メジャーリーガーのダルビッシュ有投手や大谷翔平投手がアシックスのグローブを使っていることで注目を集めています。彼らプロ選手が使うモデルの硬式用グローブも限定販売されていることは、彼らに憧れて野球を始めようという方は、ためしてみることもおすすめできます。

アシックスはグローブのブランドとしての歴史は浅いですが、プロも愛用する信頼できるおすすめのメーカーです。

アシックス

野球用 グローブ 大谷 翔平 モデル 投手 (右投げ用) 指カバー付き
野球用 グローブ 大谷 翔平 モデル 投手 (右投げ用) 指カバー付き

2017年に大谷翔平投手が使用していたモデルです。表平は天然皮革(スペシャルオーバーキップレザー)、裏平は人工皮革(ネオシンセティックレザー)を使用しています。右投げ用でサイズは10です。

ランキング2位「ウィルソン」

このメーカーをご存知の方は多いのではないでしょうか。硬式野球だけでなく、テニスのラケットでもおすすめの有名なメーカーです。日本のプロ野球やアメリカのメジャーリーグでも、ウィルソンのグローブで活躍している選手が多くいます。安定した品質はおすすめできる良い点です。

さまざまな特長を持つグローブは買い手の選択肢を多くし、より自分のプレースタイルに合ったものを選ばせてくれます。また、オーダーでは選べるカラーが豊富なため、より愛着がわくグローブを手に入れることができるでしょう。グローブと共に野球を楽しみたい方におすすめです。

ウィルソン

Wilson(ウイルソン) 硬式 野球用 グローブ 投手用
Wilson(ウイルソン) 硬式 野球用 グローブ 投手用

¥ 59,400

Wilson Staffシリーズの硬式用グローブです。表革はシリアスキップレザー、裏革はソフトフィットレザーと共革を使用しています。右投げ用でサイズは9です。

ランキング1位「ミズノ」

どこのスポーツ用品店に行っても置いてあるのがミズノの製品です。ミズノの歴史は古く、野球のグローブを初めて販売したのは1913年のことです。それから現在に至るまで改良に改良を重ねて、信頼と実績を積み上げてきました。数多くあるメーカーの中でどれにしたらいいのか迷ったら、ミズノから試してみることもおすすめできます。

硬式野球のグローブは一般に高価なものですが、小学生用ならお手頃な価格のものがあるのも魅力の一つです。使いやすさの点からもおすすめできます。

ミズノ

ミズノ グローブ MVP シリーズ 左投げ用 硬式 野球 (軟式 使用可) 内野手 投手 グラブ USAモデル
ミズノ グローブ MVP シリーズ 左投げ用 硬式 野球 (軟式 使用可) 内野手 投手 グラブ USAモデル

写真は右投げ用の反転画像ですが、製品はMVPシリーズの左投げ用グローブです。バイオ・スルーバックレザーを使用しています。大きさは、11.5インチです。

特徴・用途別おすすめの野球の硬式グローブ

ここでは、もう少し細かい視点からのおすすめの硬式用グローブをご紹介します。激安、投手用、オールラウンド用、内野用、外野用の順です。ご購入時の参考にしてみてください。

激安おすすめ品

USA ローリングス 少年用 硬式 グローブ
USA ローリングス 少年用 硬式 グローブ

アメリカからの輸入品で、ローリングスの『USA ローリングス 少年用 硬式 グローブ 11-inch(約27.9cm) 左投げ [並行輸入品]』です。海外正規店からの取り寄せ商品です。左投げのお子さんにおすすめのグローブです。以下の点にご注意ください。

・公式試合においては、使用できるかどうか所属の組織にご確認ください。
・日本国内での製品保証はありません。
・すべて外国語表記になっています。日本語の商品情報や取扱説明書などは付属されていません。

ローリングスはアメリカのメーカーです。125年を超える歴史あるブランドで、多数のメジャーリーガーや日本プロ野球の選手がこのブランドでプレーしています。値段以上に活躍してくれるに違いないおすすめのグローブです。

投手用おすすめ品

硬式野球グラブ技極SPECIAL(スペシャル)
硬式野球グラブ技極SPECIAL(スペシャル)

学生に人気のあるメーカーのハイゴールドから『硬式野球グラブ技極SPECIAL(スペシャル) 投手用グローブ ナチュラルイエロー 右投げ WKG-4011 イエロー』です。できるだけ早く手に馴染むように仕上げられています。指カバーがついています。クイックサムを採用しているので、親指の指入れがスムーズです。

それほどメジャーなメーカーではありませんが、丁寧な仕上がりで質の良さはおすすめできます。

オールラウンド用おすすめ品

少年野球 硬式 オールラウンド グラブ(グローブ) ネオステイタス
少年野球 硬式 オールラウンド グラブ(グローブ) ネオステイタス

¥ 30,240

日本ではおなじみのメーカーであるZETTの『少年野球 硬式 オールラウンド グラブ(グローブ) ネオステイタス BPGB25620』です。少年の握力でも使いやすいように軽量になっています。また、操作性の高さも追及し、つかみ取りに適した形に仕上がっています。これから硬式野球を始めてみたいお子さんにおすすめできるグローブです。

ZETTは幅広い年齢層に支持されているメーカーです。子供から大人までZETT一筋というファンがいるくらいの定評あるおすすめのメーカーです。

内野用おすすめ品

内野手 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル 11.5インチ
内野手 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル 11.5インチ
口コミ

届いてちょっと柔らかくして即実践可能ですね。革はとても柔らかいので直ぐに使いやすくなります。硬式用とあるだけあって子供相手にキャッチボールは痛くないです。。

ミズノの『MIZUNO(ミズノ) グローブ MVP 内野手 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル 11.5インチ [並行輸入品]』です。11.5インチですと、中高生~標準体格の大人が使えるような大きさになります。耐久性に優れたグローブです。軟式でも使用できる点でおすすめです。

先の項目「野球の硬式グローブおすすめ人気ランキングTOP3」で第一位になったメーカーです。ミズノは他のさまざまな種目のスポーツ用品のメーカーとして有名ですが、硬式野球においてもその情熱を注いでいます。野球をプレーするのが好きな人におすすめのメーカーです。

外野用おすすめ品

硬式グローブ グラブ Wilson staff DUAL 外野用 外野手用 WTAHWQD8Dx
硬式グローブ グラブ Wilson staff DUAL 外野用 外野手用 WTAHWQD8Dx

¥ 59,400

守備率10割を目指して開発されたデュアルテクノロジー採用の『ウィルソン 硬式グローブ グラブ Wilson staff DUAL 外野用 外野手用 WTAHWQD8Dx』です。デュアルテクノロジーとは、捕球時にグローブの指先が打球に負けないように工夫された技術のことです。ボールをしっかり捕れるということは、その後の投球で暴投が減ることにつながります。

自分の役割をきっちり堅実に果たしてチームに貢献したい方におすすめのグローブです。

おすすめの野球の硬式グローブのメーカー三社

ここでは、プレイヤーから高い支持を得ているメーカーとそのブランド品をご紹介します。取り上げるのは、アンダーアーマー、スラッガー、ZETTの三社です。野球の道具選びで必ず目にする名前ではないでしょうか。どれも良い点が多数あるおすすめのメーカーです。

アンダーアーマー

硬式グラブ 右投げ内野手用 2018年春夏モデル 1313788
硬式グラブ 右投げ内野手用 2018年春夏モデル 1313788

¥ 46,440

成人男性用の内野手用の硬式グローブ『アンダーアーマー(UNDER ARMOUR) グローブ 硬式グラブ 右投げ内野手用 2018年春夏モデル 1313788』です。サイズは28cmです。やわらかい天然皮革を使用しています。内野手に求められる素早い動きに対応できるよう、工夫が凝らされているところからおすすめのグローブに選びました。

アンダーアーマーはアメリカのメーカーで、株式会社ドームが日本総代理店を務めています。メジャーリーガーだけでなく日本のプロ野球選手にも認められている、おすすめできるメーカーです。そのこだわりは、素材から加工すべにおよんでいます。プロ選手が求める質に近づけるため、真摯にその声に耳を傾けています。

久保田スラッガー

硬式グローブ グラブ 内野手用 セカンド・ショート・サード用 KSG-ARC
硬式グローブ グラブ 内野手用 セカンド・ショート・サード用 KSG-ARC

¥ 48,600

内野用グローブの『硬式グローブ グラブ 内野手用 セカンド・ショート・サード用 KSG-ARC』をご紹介します。ポケットは深めになっており、しっかり捕球したい方へおすすめのグローブです。手のひら周りは24~25cmの大人用、右投げです。

日本のメーカーで、プロ野球選手にもここのグローブを使っている選手はたくさんいます。まるで自分の手のように使える点が人気でおすすめする理由の一つです。最近よく聞くようになった「湯もみ型つけ」は、久保田スラッガーが始まりです。高校野球に対応したグローブの製造も行っていますので、学生の方にもおすすめです。

ZETT

野球 硬式 キャッチャーミット プロステイタス 右投用 BPROCM82
野球 硬式 キャッチャーミット プロステイタス 右投用 BPROCM82

¥ 56,160

キャッチャーミット『ZETT(ゼット) 野球 硬式 キャッチャーミット プロステイタス 右投用 BPROCM82』です。安定した捕球を実現させる工夫だけでなく、捕球時の手にかかる衝撃の緩和やミットへの負担を軽減する工夫もされています。硬式用キャッチャーミットをお探しの方へおすすめします。

戦前からの歴史ある日本のメーカーで、特にプロステイタスは定評がありおすすめできるシリーズです。グローブに使われる革は厳選された成牛革で、耐久性としなやかさを持つ最高のグローブへと仕上げられていきます。女子硬式野球のグローブやソフトボールのグローブの他、野球道具一式をそろえることができます。

野球の硬式グローブの使い方

硬式グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

硬式野球用グローブは決して安いものではありません。また、直接お店に行って購入された方なら、いくつものグローブを手にはめてみてやっと決めた一つのはずです。長く大切に使いたいものです。ここでは、自宅でできるお手入れ方法をご紹介します。

お手入れに必要な道具はスポーツ用品店にそろっていますので、グローブの購入時に一緒に買うことをおすすめします。

購入直後

硬式用グローブは買ったままですと革が硬く、とても使いにくい状態です。まずは、少しでも使いやすくなるように革をやわらかくしてから使うことをおすすめします。

1.グローブの根元の部分を揉みます。グローブは使っていくうちにやわらかくなっていくので、最初からぎゅうぎゅうと強く揉まないでください。少しずつ、手になじむように確かめながら揉みほぐしていってください。

2.それでも硬いなと思った時は、保革油を使います。気になる箇所に少量のオイルをやわらかい布でのばすように塗ります。塗ったところを、具合を確かめながら揉みほぐします。

使用後

使ったら、必ず汚れを落としてきれいにしてあげましょう。汚れたままですとグローブの傷みが早まりますので、使いっぱなしはおすすめできません。

1.グローブ全体はやわらかい布で充分ですが、紐の隙間など細かいところは長持ちさせるためにも、使わなくなった歯ブラシなどで丁寧に落とすことをおすすめします。この時、布や歯ブラシで強くこすってはいけません。やさしく扱ってください。

2.保革油は、そのつど塗る必要はありません。一週間に一度くらいを目安に、乾燥してきたなと感じたら使うようにしてください。オイルの量は少しで良いです。少量をやわらかい布やスポンジで、薄くのばして全体に塗ります。塗り過ぎると、しだいにグローブが重くなったり革がやわらかくなりすぎたりするので、塗り過ぎはおすすめできません。

保管

手に馴染み、使いやすくなった硬式用グローブの形は、できるかぎり保ちたいものです。そのためには、ふだんのグローブの置き方にも気を配ることをおすすめします。

1.いつも使っている形のまま、親指部と小指部を下にして置きます。

2.あるいは、いつも使っている形のまま、グローブの指先を下にして置きます。

3.移動時はポケットにボールを入れておくことをおすすめします。

決して寝かせて置いてはいけません。型が崩れてしまいます。

自分に合ったグローブで硬式野球を楽しもう

硬式野球のグローブについて紹介をしてきましたが、やはり最後には野球をする方ご自身が実際に店舗を訪ね、手にはめて感触を確かめてみることをおすすめします。その時に、これまでの内容が少しでも参考になれば幸いです。

そして、お気に入りの硬式用グローブを手に入れたら、必ずお手入れもしましょう。長く大切に使い込み、グローブと一緒に野球を楽しみましょう。

Related