Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月15日

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

グローブと言っても野球やソフトボールのグローブをはじめ、スキー用・サイクル用・フィッシング用などにおすすめのさまざま種類のグローブがあります。今回は野球用のグローブを中心に、おすすめのグローブやグローブの選び方、グローブの手入れの方法について説明します。

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

グローブの種類と選び方

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ひと言でグローブといってもスキー用のグローブ、サイクル用のグローブ、筋トレ用のグローブ、ソフトボールや野球用のグローブ、自転車用のグローブ、フィッシング用のグローブなどさまな種類があります。

それらのグローブの種類の中で野球用のグローブの選び方と筋トレ用のグローブの選び方・フィッシング用のグローブの選び方・自転車用・サイクル用のグローブの選び方などについて説明していきます。

またミズノ・エスエスケイ・ゼットのグローブメーカーの説明とそれらのメーカーのおすすめのグローブの紹介と野球用のグローブの使い方・活用方法、さらに野球用のグローブの手入れの方法についての情報も合わせ説明します。

スポーツグローブの種類1

ここでは、野球用グローブやソフトボール用グローブなどの球技用として使用するグローブの種類について説明します。野球用グローブには、ポジションごとにさまざまな種類のグローブがあります。

まずピッチャー用のグローブは投手がどんなボールの握りをしているのかわからないように大きめのグローブで、ボールが収まるポケットが深いのが特徴です。次に独特な形をしたキャッチャーミットと言われているグローブがあります。

投手から力強く、重みのあるボールをキャッチするためポケットが丈夫にできているのが特徴です。次にファーストミットと言われている一塁者用のグローブについて説明します。一塁者用のグローブは、内野手からのワンバンドの送球などを取りやすいように他のグローブよりも少し長いタイプのグローブが主流です。

セカンド用・サード用・ショート用のグローブ

セカンド用のグローブは、ボールがグローブが入った後にダブルプレーなど素早く送球する必要性があるのでポケットが浅く、小さいサイズになります。サード用のグローブは、強い打球を処理することが多くその打球に負けずにつかむためにも、ポケットがかなり深い構造になっています。

ショート用グローブは、サードと同じように強い打球を処理とダブルプレーなどの連携プレーやフィールディングが大事になるため、大きさやポケットもそれを両立させた構造になっています。

外野手用グローブ

外野手用グローブは、後方に上がった外野を抜けそうな大きな飛球をとるためやホームランになりそうなフェンス際のボールをとるために、内野手のグローブよりボールを捕球するポケットが長いといった特徴を持っています。

スポーツグローブの種類2

ここでは、スキー用のグローブ・サイクル用のグローブ・筋トレ用のグローブ・自転車用のグローブ・フィッシング用のグローブについて説明します。スキー・スノーボード用のグローブの種類は5本指型、親指と人差指が分離したロブスター型、ミトン型の大きく分けて3つです。

また、スキー・スノーボード用のグローブの構造は、グローブの表面すなわち外側になるシェル、直接手に触れる部分のグローブの内側の素材のインナー、防風と防水の役割を持っているフィルム からなっています。

次に自転車用・サイクル用グローブですが、指が出ているタイプのハーフフィンガー、一般的な手袋と同じように指が全て覆われているタイプのフルフィンガーに分かれます。次に筋トレ用のグローブについて説明します。

筋トレ用のグローブの種類

筋トレ用のグローブには、フィットネスやダイエットで行う筋トレ用としておすすめのナイロングローブ、ハードな筋トレ用としておすすめの革製グローブ、手首サポーター機能がついた中級者以上におすすめの手首サポーターつき革グローブがあります。

フィッシング用のグローブの種類

フィッシング用のグローブは指先が出ているタイプがほとんどで、5本指が出ているタイプと3本指が出ているタイプがあります。

グローブの選び方

ここでは、今まで説明してきたスキー用のグローブ・サイクル用のグローブ・筋トレ用のグローブ・ソフトボールや野球用のグローブ・自転車用のグローブ・フィッシング用の選び方について説明します。

スキー用のグローブの選び方のポイントは、防寒・防水性の高いグローブを選ぶことだ大事です。また、品質重視のブランドで選ぶのなら、デサント・ロイシュ・ミズノ・サロモン・ゴールドウィン・フェニックスといったところがおすすめです。

次に自転車用・サイクル用のグローブの選び方は、長くハンドルを握っていても疲れにくいタイプのグローブを選ぶことや、ハンドルの操作性がしやすいグローブを選ぶことをおすすめします。また、簡単に洗えることや滑らないこともグローブ選びのポイントです。

筋トレ用のグローブの選び方

筋トレ用のグローブの選び方は、自分が行う筋トレの内容をよく理解した上で選ぶことが大事です。例えば重いダンベルを使った筋トレの場合は、滑り防止のついた手首を固定するリストラップ付きグローブがおすすめです。

また、レザー製は汗などでムレやすく臭いもつきやすいので、汗を多くかく人は、レザー製でない通気性が良いグローブを選ぶようにしましょう。さらに、バーベルなどのトレーニングで手が滑りにくいグリップ力のあるグローブ選びも大事です。

ソフトボールや野球用のグローブの選び方

ソフトボールや野球用のグローブの選び方は、ソフトボールにしろ野球しろピッチャー用・キャッチャー用・セカンド用・サード用・ショート用などの内野手、ライト・レフト・センターなどの外野手といったどのポジションに使用するかによってグローブの選び方も違ってきます。

ピッチャー用のグローブの選ぶポイントは、グローブの中に入っているボールが見えないポケットが深めのグローブを選ぶことをおすすめします。また、素早いプレーが必要なサード用のグローブならとったボールを素早く手に取れるように、ポケットが浅くコンパクサイズのグローブがおすすめです。

さらにグローブの選ぶ時に大事なのが、実際にグローブをはめてみて自分にフィットするグローブを選ぶことも重要な要素になります。また、ソフトボールと野球では使用するボールの大きさが違うので、野球用よりもソフトボール用のグローブが大きくなります。

野球用には2種類?

また野球用には外周がゴム製の軟式野球ボールと、中心のコルクに糸を巻き付けた硬式野球ボールの2つがあります。どの野球ボールを使うかによって使用するグローブの選び方も変わってくるので、注意して選ぶようにしましょう。

フィッシング用のグローブの選び方

フィッシング用のグローブの選び方のポイントは、素肌に近いフィット感があって濡れても暖かさが続くこと、フィッシングの餌つけなどで大事な指先まで温かさが保たれることなどの優れた操作性と、保温性があるグローブを選ぶことです。

グローブおすすめ人気ランキングTOP3

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここでは、野球用としておすすめのグローブをランキング方式で紹介します。

ランキング3位:ZETT野球 軟式内野グラブ

ZETT(ゼット) 野球 軟式 内野 グラブ(グローブ)
ZETT(ゼット) 野球 軟式 内野 グラブ(グローブ)

¥ 8,532

おすすめグローブのランキング第3位は「ZETT(ゼット) 野球 軟式 内野 グラブ(グローブ) 」です。このおすすめのグローブは、速いゴロやライナーなどを確実に捕球できるデザインが内野手はもちろんのこと、ピッチャー用のグローブとしてもおすすめのグローブです。

またこちらのおすすめのグローブは、508gと少し重いタイプのグローブですが、手にはめた時の抜群のフィット感がおすすめできるグローブです。

ランキング2位:ZETT野球軟式オールラウンド

ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 オールラウンド グラブ
ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 オールラウンド グラブ

おすすめグローブのランキング第2位は「ZETT(ゼット) 少年野球 軟式 オールラウンド グラブ」です。このおすすめのグローブは、431gと大変軽くて取り扱いやすい少年野球の軟式用のグローブとしておすすめです。

またこのおすすめのグローブは、捕球がしやすいボックス型構造によってしっかりボールを捕球することができるのでおすすめです。さらに、ボールを捕球するポケット部分が丈夫に設計されているので、グローブに収まったボールが外に飛び出すことなくしっかり捕球することができるおすすめのグローブです。

ランキング1位:ICHIROモデル

ミズノ(MIZUNO) ジュニア プロフェッショナル ICHIROモデル
ミズノ(MIZUNO) ジュニア プロフェッショナル ICHIROモデル

おすすめグローブのランキング第1位は「ミズノ(MIZUNO) ジュニア プロフェッショナル ICHIROモデル」です。このおすすめグローブは、少年たちが憧れるシアトル・マリナーズに帰ってきたイチロー選手をモデルにした野球グローブです。

このおすすめグローブは、軽くて取り扱いやすく、イチロー選手のこだわりが細部に詰まっていて、一般的なグローブより少し安い一万円前後で買えるおすすめできるグローブです。

特徴・用途別おすすめのグローブ

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここでは、スキー用のグローブ・サイクル用のグローブ・筋トレ用のグローブ・ソフトボール用のグローブ・自転車用のグローブ・フィッシング用のグローブ・野球用のグローブなど特徴・用途別で見たおすすめのグローブを紹介します。

スキー用おすすめグローブ

Black Diamond ブラックダイヤモンド レジェンド M ナチュラル
Black Diamond ブラックダイヤモンド レジェンド M ナチュラル

¥ 18,360

スキー用おすすめグローブ「Black Diamond ブラックダイヤモンド レジェンド M ナチュラル」は、保温性に優れて、甲側にナックルガードを配置し、転倒時のプロテクション効果が高く、またスキーの操作性にこだわったスキー用としておすすめできるグローブです。

サイクル用のおすすめのグローブ

(パールイズミ)PEARL IZUMI 34 メッシュメガグローブ[メンズ]
(パールイズミ)PEARL IZUMI 34 メッシュメガグローブ[メンズ]

¥ 4,860

口コミ

握りやすい形状になっているが、それでキツさを感じることはないし、甲部分は伸縮性の高い素材なのでレバーを握るのに制限がかかるような感覚はない

サイクル用のおすすめのグローブ「(パールイズミ)PEARL IZUMI 34 メッシュメガグローブ」 は、アンダーウェア・レインウェア・ヘッド・フェイス・アーム・グローブなど多くのスポーツ関連グッズを提供しているパールイズミ社が販売しているハーフフィンガータイプのグローブです。

こちらのサイクル用のおすすめのグローブはハンドルが握りやすく、ロングライドなどにおすすめのグローブです。このグローブを購入した人は長距離レースなどでも使いやすく、疲れにくいといったコメントが寄せられているグローブはおすすめします。

筋トレ用のおすすめのグローブ

GW SPORTS ウェイトリフティング トレーニング ジム グローブ リストラッ
GW SPORTS ウェイトリフティング トレーニング ジム グローブ リストラッ
口コミ

トレーニングしてるとだんだん手の平のマメが厚くなってきたので保護のために購入しましたサイズ選択は商品画像のとおり測れば間違い無いと思います

筋トレ用のおすすめのグローブ「GW SPORTS ウェイトリフティング トレーニング ジム グローブ リストラップ付」は、リストフラップ付で手首保護機能を搭載しているので、筋トレに経験の浅い初心者向けにおすすめの筋トレ用グローブです。

また、この筋トレ用のおすすめのグローブは、特殊なゲルでできているグリップ部分により手が滑ることなく、優れたグリップ力を発揮します。

ソフトボール用のおすすめのグローブ

野球 ソフトボール グローブ 一般用 グラブ Lサイズ PGS-3153
野球 ソフトボール グローブ 一般用 グラブ Lサイズ PGS-3153

¥ 8,964

口コミ

まだまだ、こなれてない硬いグローブなのにしっかり捕れます。こなれて柔らかくなってきたらさらによくなりそうな感じです。

ソフトボール用のおすすめのグローブ「サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) 野球 ソフトボール グローブ 一般用 グラブ Lサイズ PGS-3153」は、オールラウンド用で、しっかりとボールを捕球するのに欠かせない親指に力が入りやすい構造をしたおすすめのグローブです。

自転車用のおすすめのグローブ

(パールイズミ)PEARL IZUMI 34 メッシュメガグローブ[メンズ]
(パールイズミ)PEARL IZUMI 34 メッシュメガグローブ[メンズ]

¥ 4,860

口コミ

握りやすい形状になっているが、それでキツさを感じることはないし、甲部分は伸縮性の高い素材なのでレバーを握るのに制限がかかるような感覚はない。

自転車用のおすすめのグローブ「(パールイズミ)PEARL IZUMI 34 メッシュメガグローブ」は、サイクルジャージ・サイクルウェアなど多くの自転車用のグッズを提供しているパールイズミ製のハーフフィンガータイプのグローブで、柔らかくフィットするおすすめのグローブです。

フィッシング用のおすすめのグローブ

メジャークラフト チタングローブ2 3本カット
メジャークラフト チタングローブ2 3本カット

¥ 3,456

口コミ

冬の小雨の日に3時間くらい使用してみましたが良かったです!表面は雨がしみ込んでいる感はあるが、中まで濡れて寒いというのはなかったです。

フィッシング用のおすすめのグローブ「メジャークラフト チタングローブ2・3本カット」は、グローブの裏面のチタンコーティングが施されているので、優れた保温性を発揮し、真冬でも寒さによる手の痛みなどもなく、フィッシングを楽しむことができるおすすめのグローブです。

野球用のおすすめのグローブ

ミズノUSA 硬式用キャッチャーミット 33.5インチ SUPREMEシリーズ
ミズノUSA 硬式用キャッチャーミット 33.5インチ SUPREMEシリーズ
口コミ

中学から硬式をはじめるピッチャーの息子の 投球を受けるために購入。軟式グローブでは、手が腫れ上がったのがこのミットを購入して全く捕球時の痛みが全くなくなり大満足です

野球用のおすすめのグローブ「ミズノUSA硬式用キャッチャーミット 33.5インチSUPREME 」は、しっかりと捕球できることに加えて、捕球からスローイングまでスムーズに行えるなどミズノの最先端技術を誇るおすすめのキャッチャーミットです。

おすすめのグローブのメーカー3つと代表製品

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめのグローブのメーカー3つと代表製品を紹介します。

ミズノとは

ミズノは、大阪府大阪市住之江区に本社を構えて、長年にわたって野球・ゴルフ・ランニングなどのスポーツ用品を提供している日本の総合スポーツ用品メーカーです。また、ミズノは日本のみならずヨーロッパ・中東 / アフリカ、アメリカ、カナダなどの北米などに活動拠点を持っています。

ミズノのおすすめグローブ

MIZUNO(ミズノ) グローブ MVP 内野手 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル
MIZUNO(ミズノ) グローブ MVP 内野手 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル
口コミ

届いてちょっと柔らかくして即実践可能ですね。革はとても柔らかいので直ぐに使いやすくなります。硬式用とあるだけあって子供相手にキャッチボールは痛くないです。

ミズノのおすすめグローブ「MIZUNO(ミズノ) グローブ MVP 内野手 用 硬式 野球 (軟式 使用可) グラブ USA限定モデル 」は、スピードドライブテクノロジーとフィンガーコアテクノロジーにより捕球してから送球するまでのスピードに重点をおいて開発されたミズノのおすすめのグローブです。

エスエスケイとは

エスエスケイは、大阪市中央区上本町西に本社を構えている野球用のグローブや、バットなどを提供しているスポーツ用品メーカーです。野球用のバットにSSKのロゴマークが使われているなどSSKブランドとしての歴史を持っています。

また、WBC日本代表で活躍した読売ジャイアンツ坂本勇人・広島東洋カープ 菊池涼介などの選手たちが愛用しているメーカーでもあります。

エスエスケイのおすすめグローブ

SSK エスエスケイ 硬式グローブ グラブ プロエッジ 投手用 PEK61217
SSK エスエスケイ 硬式グローブ グラブ プロエッジ 投手用 PEK61217

エスエスケイのおすすめグローブ「SSK エスエスケイ 硬式グローブ グラブ プロエッジ 投手用 PEK61217 」は、グローブの中に収まっているボールが見えにくく設計され、また軽くて使いやすいプロエッジを採用したエスエスケイのおすすめグローブです。

ゼットとは

ゼットは大阪府大阪市天王寺区に本社を構えて、野球用のグラブをはじめ、シューズ・バット・ボール・ヘルメット・ウエア・キャッチャーズギアなどの野球用品を提供しているメーカーです。野球とソフトボールの用品につけられているZETTのブランドを持っています。

ゼットのおすすめグローブ

(ゼット) ZETT JR ナンシキグラブ
(ゼット) ZETT JR ナンシキグラブ

ゼットのおすすめグローブ「(ゼット) ZETT JR ナンシキグラブ 」は、深いポケットができやすくしっかりと捕球できるタイプで、ボールが グローブの中に強く当たっても補強されているあて革によりボールが跳ね返りにくい構造です。

グローブの使い方・活用方法

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここでは、野球用のグローブの使い方・活用方法について説明します。野球でゴロを捕球するときにはボールに対してグローブを下から出すような使い方をするとエラーなどが低減できます。また、送球やライナーに対する捕球でのグローブの使い方は、目線とグローブが近い位置に構えることが大事です。

さらに、イレギュラーしたゴロを捕球するときには、腰をしっかり落としてゴロから目線を切らない低い体勢からグローブを出すことが、イレギュラーしたゴロをしっかり捕球することができるポイントです。

グローブの手入れの方法

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここでは、グローブの手入れの方法について説明します。グローブの手入れはグローブを長く使う上でとても大事です。使った後の汚れ落としとその後のオイルの塗り方について説明します。まず乾いた布や雑巾などでグローブの汚れを丁寧に落とします。

特にグローブの網などの細かい部分の汚れ落としは、布や雑巾などを指にかけてこするようにして落とします。ここで汚れ落としのポイントとしてはグローブに使用されている革は、縦に繊維が入っているので汚れを落とす時には、縦にこすることです。

グローブ全体の汚れが落ちたら、今度は汚れ落としローションなどを使用してグローブ全体に塗り込み汚れが浮き出ってきたら、布や雑巾などを指にかけてすり落とすようにして汚れを落とし、その後グローブにオイルを塗ります。オイルはグローブ全体に軽く塗って、特に水分なくなって乾いた革の部分や革ヒモ・ヘリ革・手の平部分には多めのオイルを塗ります。

お気に入りのグローブ

グローブおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

野球やソフトボール用としておすすめグローブ・スキー用のおすすめグローブ・サイクル用のおすすめグローブ・筋トレ用のおすすめグローブ・自転車用のおすすめグローブ・フィッシング用のおすすめグローブなど特徴・用途別で見たおすすめのグローブを紹介してきました。

グローブにはさまざまな種類があることが理解できました。また、野球用のグローブの選び方や手入れ方法も理解できたのではないでしょうか。

Related