Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月06日

経済本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

どんな経済本があるかわからない、どんな経済本を読めばいいかわからないあなたに!!高校生向けや大学生、社会人向けなどいろいろな経済本を紹介しています。恋愛や性に関するテーマの経済本も紹介しています。きっとあなたに合った経済本が見つかるでしょう!!

経済本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

経済学とはどのような学問

経済学と聞かされると、学校の社会科などの時間で多少触れてはいます。本格的に学問として取り組むには、大学の経済学部、あるいは証券アナリストなどの資格試験を受験する際に、特別な形で勉強するというイメージです。何かとても難しい学問という印象を持たれる方も多いはずです。

経済学とはお金の動きを見る学問

人の暮らしや活動は、ほぼすべてに「価値」と関連性があります。お金と関係なさそうなことでも、その背景では経済と連動していると考えられます。

経済学を簡単に言ってしまえば「お金の動きを見る学問」です。商品やサービスを作りあげる、それを消費する、そこにお金がどのように関連して巡っていくのかを細かく体系的に考えていく学問です。

経済本の種類と選び方

もし経済本を読んでみたいと考えても、どのようなものを選べばいいかわからないという方に、ここではどのようにして経済本を選べばよいのか、どのようなおすすめ本があるのかをご紹介します。

経済と聞くと少し難しい内容が含まれるのかと思いがちです。しかし経済本は選び方や種類によってもおすすめな読みやすい種類やタイプがたくさんありますので、自分に見合った経済本を選ぶことをおすすめします。

経済本の種類

経済本には幅広い種類のおすすめな本がたくさんあります。書店でよく見かけるビジネス書に近いものから、恋愛や貧困、日本全体の将来性を占うといった特定のテーマから経済を見渡す手法のもの、専門的な学術書に近いものなど、その種類やタイプは幅広く存在します。

経済本は自分に合ったテーマで探す

どのような本に、分野に興味があるのかは、その人次第ではあります。しかし自分の興味のある分野がわかっていながらも、関連するおすすめな経済本を探すとなると意外と難しいことでもあります。そこでなるべく日常に密接したテーマから考えて探っていくと最適な一冊が見えてきます。

以降、子供向けの経済本から、高校生向け、一般向け、そして恋愛や性といった、特定のテーマの人気の経済本をピックアップして紹介していきます。

経済本の選び方

経済本の選び方については、一口に経済と言っても色々なテーマであることから、ポイントが違ってきます。例えば専門書のように分厚い本のほうが知りたい知識が深まることもあり得ます。あるいは読みやすさを重視して優しい入門編から入るのも良いでしょう。自分らしい経済本の一冊は、どこかに必ず存在するとみてもよいでしょう。

選ぶポイントは自分が中心にあること

経済本を選ぶ上での重要ポイントとは、なるべくなら自分のライフスタイルや仕事、信条、志などに沿って興味を持てるテーマに関わっている本を選ぶと、より読みごたえを感じられるはずです。その後、自分なりに読むことができる分量の本を選ぶという流れをもっておくと良いでしょう。

テーマは自分であること

もし少し経済に興味があったとしても、内容があまりにも専門的すぎる経済本の場合では、読書をする度につらくなりかねません。最終的に放棄して読まないという事態に陥りかねないからです。まずは自分らしいテーマで経済本を選ぶのが大切です。

自分の普段の趣味や好みから判断してみましょう。例えば音楽が好きな人は、音楽業界や音楽文化と関連している経済本なども、探すと結構あります。

経済本おすすめ人気ランキングTOP3

経済本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

経済本の売れ筋なものトップ3を厳選してご紹介します。近年、高評価で話題性のあるおすすめな経済本という視点で選んでいます。経済とトレンドという意味では、一度手にとって読んでみると、ここ数年の経済の動きが理解できるといった内容の本です。

ランキング3位:「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
口コミ

科学的な生物史かと思っていましたが、どちらかというと文明・文化史ですね。人間とは何か?という問いに対して解説した書籍と思います。

イスラエルの歴史学者であるユヴァル・ノア・ハラリ氏が書いたおすすめな経済本です。人類250万年の歴史を紐解きつつ、新しい切り口で経済について展開しています。7万年前に起きた認知革命、1万2000年前の農業革命などの事例とともに、人類にとってのターニングポイントとなった時代を4つに分割しながら経済という大きなテーマを検証しています。

今日の人類がどのように生きてきた知りたくはありませんでしょうか。この本では気の遠くなるような人類の歴史についてを簡潔に著しています。

ランキング2位:「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
口コミ

日々ぼんやりと人生や将来に対する焦りを感じていたが、本書を読むことでその原因が分かった気がする。

2017年を境にして、人類の寿命はいよいよ100年を越える人々が益々増えていくと言われています。テクノロジーや医療の進歩で、人々の寿命が長くなることは目に見えています。大衆のライフスタイルや仕事の在り方についてもさらに改革される時期に差し掛かっていると、この本の中では謳っています。

人類は今後どのような生きざまを目指すべきかを言及しているおすすめな経済本です。

ランキング1位:「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
口コミ

様々な年齢層、様々な業界、職種の方々がそれぞれの立場で何が出来るのかを考え、実行していかないといけないと思わされました。

これからの日本についてが書かれています。この本では人口というほぼ予測可能なものを使って未来がどうなって行くかを予測しています。その予測は少し残酷で楽観的ではありません。2020年には女性の半数が50歳を超え、2024年には高齢者が3分の1を超えると予測されています。

また、多くの自治体が消滅したり出生数が少なくなることも無きにしも非ずと、この本では謳っています。

人口というものは、予測可能なものであるとこの本の中では書かれています。早かれ遅かれ何もしなければ予測どおりになってしまうと懸念しています。これからの現実をしっかり見つめ直していきたいと考えている方々へおすすめする真面目な一冊です。

特徴・用途別おすすめの経済本

ここでは、さまざまなタイプ別におすすめな経済本をご紹介します。自身のライフスタイルや考え方にマッチした経済本であれば、とても読みやすく理解も深まるのでおすすめです。世代や立場によっても、経済は常に動いて巡ることを理解できます。

経営を知りたい方におすすめする経済本

はじめて学ぶ経営経済学
はじめて学ぶ経営経済学
口コミ

図がたくさんあり、語り口も柔らかく、200人程度を収容出来る教室ををよく満員にしていた先生の授業がよみがえるようです。

大学の経済学部などで講義されるような「経営戦略論」「企業財務」「意思決定論」といった難しい理論の基礎を分かりやすく、かつオーソドックスな形式で綴っています。ミクロ経済学のポイントを、欧米ビジネススクール流に書き換えて説明しているおすすめな経済入門書です。

難解なビジネス専門用語、財務会計などの専門用語をなるべく排除した優しい配慮で構成されているので、経営に関する初心者でも楽しめる工夫がされています。全編に渡ってPowerPointのスライドと解説が組まれている構成のおすすめ経済本です。

基本から知りたい方におすすめな経済本

知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生
知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生
口コミ

知識ゼロ、とりあえずなんとなくでも概要知りたい場合にオススメだと思います。

「人生において大きな損をしないために、経済のしくみを正しく知ろう」というモットーで書かれているおすすめな経済本です。経済については難して全く知識が無いという方が、とにかく最初の一歩として読んでみると、世の中のお金の流れや仕組みが理解できるようになるという、誰にでもわかりやすい構成です。

経済やお金について今までスルーしていた方、あるいはもう一度おさらいしてみたい方へおすすめしたいオモシロ経済本です。

金融に興味がある方におすすめな経済本

金融入門〈第2版〉 (日経文庫)
金融入門〈第2版〉 (日経文庫)

ビジネスマンなら誰でも知っている日経平均株価を公表する「日本経済新聞社」が、金融入門に関してを編集し書籍化したおすすめな一冊です。金融に詳しい記者によって執筆されています。金融業界の全体像だけではなく、金融市場における根本的な内容についても解説されています。

また、フィンテックや地銀再編、日本銀行の金融政策といった最新の金融事情についても論じられているのが特徴的です。金融に興味のある初心者や、大学で金融を学んだ経験がある方、就活生、金融業界のビジネスマンへおすすめする一冊です。

経済学の基礎が知りたい方におすすめする経済本

試験攻略入門塾 速習!経済学 基礎力トレーニング(マクロ&ミクロ)
試験攻略入門塾 速習!経済学 基礎力トレーニング(マクロ&ミクロ)
口コミ

先生の講義で一緒に問題を解くことによって、基本書を読んでも理解が難しい問題 あるいは抽象的な経済理論をマスターすることができる。

経済学に関しての基礎を徹底的に学んでみたいという方には、この本がおすすめです。本来は公認会計士、公務員、証券アナリストなどの資格試験の対策用に考案されている内容の本ですが、薄いページ数ながらも中身はとても濃いという評判の良さが魅力です。

無料動画との連携もされています。誰しも経済についての基礎力が身につくよう、上手に工夫されているおすすめな本です。

政治に興味がある方におすすめな経済本

アベノミクスによろしく (インターナショナル新書)
アベノミクスによろしく (インターナショナル新書)
口コミ

アベノミクスの失敗は書籍やネット情報でよくわかっていたつもりでしたが、詳細な情報と、これから起きることの予測。筆者の調査力と慧眼には敬意を表します。

政治に関心や興味がある方におすすめする経済本です。アベノミクスに関する説明だけに留まらず、アベノミクス以降、何を日本にもたらしたのかを、筆者視点で情報を整理しながら事細かく述べられているおすすめな本です。政府や国際機関が公式に発表しているデータを駆使しながら導きだした内容で、詳細に分析されています。

実質GDPが民主党時代の3分の1しか伸びていないことや、2014年に国内実質消費が戦後最大の下落率を記録するなど、日本の経済の先行きについて、さらなる興味を抱いている方にこそおすすめする一冊です。

経済学を入門から学びたい方におすすめな経済本

高校生のための経済学入門
高校生のための経済学入門
口コミ

公立高校受験の知人に読ませました。結果は、合格。経済が「ある程度」易しく解説してあると思います。 内容は、濃くて有益です。受験生さんぜひお読みください。

タイトルこそ高校生向けのように書かれていますが、入門書としては最適でおすすめな一冊です。あたかも高校生が初めて経済学の基本的な考え方を理解できるような工夫がされています。案外と理論そのものというより、実際の経済問題の解決策として、経済学の考え方がどのように生かせるかという実践的な面を重視している、意外と重厚でおすすめな一冊です。

特にこれから経済学部などの受験を目指そうという受験生は、読んでおくと損はない内容です。

初心者におすすめする経済本

レモンをお金にかえる法
レモンをお金にかえる法
口コミ

子ども向けに購入しましたが、大人の私が読んでも面白かったです。

ストーリー形式と愉快なイラストが特徴的です。レモンと砂糖と水を原料としてレモネードを作って売るという、単純な流れながら経済の原理を簡単に表現しているおすすめな本です。経済学の本として書かれていますが、内容は子供向けに施されていて、経済原理を優しく学ぶことができます。

海外ではかなり知名度のある本です。大人も学べて子供も学べるという視点で、経済学を一石二鳥で知ることができます。すべての世代におすすめできる一冊です。

経済学部を目指す高校生におすすめな経済本

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学
高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学
口コミ

10%の高校生は理解しているが、90%の大人と呼ばれる人が理解しているとわ思われない一般常識の話です。

元々は現役の高校教師が自費出版したところからスタートし、それが進化して商業出版された内容です。名目上、高校生をターゲットにしたおすすめな一冊となりました。GDPや貿易、財政政策、金融政策などについての豊富な図表と記事が掲載され、詳細に説明されています。

本当のところは、一般の高校生には少しハードルが高いものですが、大学受験などを目指すようなレベルなら、この本を理解すればかなり有利な知識を得られるおすすめな一冊です。

婚活中の方におすすめする経済本

オンラインデートで学ぶ経済学
オンラインデートで学ぶ経済学
口コミ

正直に出会いを求めていると公表する潔さと学者らしい鋭い指摘が合わさり、インターネットでの恋愛において誰もが感覚的には理解している事を説得力のある内容で分析してる。

最近とても流行っているオンラインデート、例えばマッチングアプリなどを経済学的に分析しているおすすめな本です。実際の著者の体験を交えながら書かれている内容です。とても親しみやすい解説が展開されていき、経済学的な観点からオンラインデートでどんな戦略をすれば成功するのかといった興味深い話しをしています。

もし現在の段階で婚活をしているという方なら、この本はとても参考になるはずです。経済学を理解するという副産物を得ながらも、自分の理想の恋人を見つけたい方へおすすめします。

恋愛中の方におすすめする経済本

セックスと恋愛の経済学: 超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業
セックスと恋愛の経済学: 超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気授業
口コミ

題材も興味深いですが、ところどころに著者の経験や価値観をのぞかせているところが面白いです。

性と経済とを併行に取り扱っている珍しい本としておすすめします。経済理論を用いて、女性がどのような選択をしキャリアを築いていくのかが書かれています。ブリティッシュコロンビア大学の人気授業を書籍化しているおすすめ経済本です。

妊娠を経済コストとして分析するという一面や、容姿を金銭的価値に置き換えるとどういった傾向が掴めるのかという、あまり類のない分析をしているのが特徴的です。経済本としての硬さがないので、あらゆる大人が読み物として楽しむには最適な本です。恋愛と経済を一度に比較検討できるおすすめな一冊です。

これから日本で生きるにはおすすめな経済本

本当は世界がうらやむ最強の日本経済 ― データで読む、好都合な近未来!
本当は世界がうらやむ最強の日本経済 ― データで読む、好都合な近未来!
口コミ

日本人だからこそ日本経済には悲観的になりがちですが、違った見方を与えてくれる一冊でした。すぐ読めてデータも分かりやすかったです。

これからの日本経済を占う意味で重要な内容の本です。日本経済を悲観的にとらえている本が目立つ中で、著者のイェスバー・コール氏は「日本経済は展望が明るい」と評しています。しかも日本の若者がうらやましいとまで断言しています。

少子化により日本の労働市場が改善され未来は明るいという、ユニークな発想でデータを用いながら日本経済の開かれた将来を主張しています。これからを生きる若者はもちろんのこと、中高年の方々にも読んでいただきたいおすすめな経済本です。

おすすめの経済本の代表作品

経済本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここでは経済本の代表的な名著と呼ばれるおすすめな作品をご紹介します。何を読んだらいいのか迷った場合は、ここに掲載されている有名な経済本を手に取ってみることをおすすめします。

教養としての経済学

教養としての経済学
教養としての経済学
口コミ

一橋大学経済学部の、あるいは、一般に大学の経済学部のシラバスを高校生、受験生に分かりやすく解説した本と位置づければ大変有用な本だと思います。

内容的には入門書の部類に入るおすすめな一冊です。一橋大学経済学部教員による実際の大学講義経験から編集されている誰でも楽しく読める経済学エッセイ集です。 経済学という学問がなかなか取っつきにくく、経済学を学ぶことで何が得られ、どう経済学を活かせばよいのかという疑問に応えるべく、日ごろの講義経験をベースにしたおすすめな経済本です。

高校生や大学新入生向けの優しい解説が魅力で、経済学の全体を見渡せる最適な良書とされています。

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編
スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編
口コミ

多くの経済学入門書では、事例を元にふわっと解説したものが多くありますが、 本書では割としっかりと経済学の基本に重点を置いています。

アメリカ経済学会発行の雑誌編集に長年携わってきた著者は、全米の大学で経済学の講義も請け負っています。中でもスタンフォード大学とミネソタ大学にて「学生が選ぶ講義が上手な教師」の1位を獲得しています。そんな氏による経済学のイメージを払拭させ、複雑でややこしい内容を簡単に理解できるように工夫された経済本の基礎的内容です。

「ミクロ編」と「マクロ編」の2種類があるシリーズ本ですので、できれば両方読んでみることをおすすめします。

21世紀の資本

21世紀の資本
21世紀の資本
口コミ

21世紀経済学の金字塔と言える書。今迄感覚的に解っていた経済格差の拡大を実証的に証明した。

最近話題となったピケティによる、今世紀最大の経済本と称されているおすすめな一冊です。経済格差を扱った内容が綴られ、かなり厚みのある本なので読破するには根気が必要です。その時間を労してでも経済学者たちが絶賛するほど、内容も濃く評価の高い経済本です。

データを用いて経済格差が広がっていることを実証し、今までの格差縮小の要因が戦争によることや、今後も経済格差が広がることを懸念しています。資本収益率が産出と所得の成長率を上回っているという事実を実証している歴史的名著とされています。すべての現代人に読んでいただきたいピケティ渾身の一冊です。

経済本の楽しい読み方

経済本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

経済本を楽しく読むコツはどのような方法があるのでしょうか。経済本もさまざまな形態で出版されています。そこでまずは自分の興味の持てる分野に関連した本を選ぶことをおすすめします。

難しい重厚な専門書でなくても、近年では恋愛から貧困に至るまで広いテーマで取り扱っている経済本があります。自分の身の丈に合った本を選んで入手することをおすすめします。

読み方は自分流が一番

また本は最初から読むものという考えに囚われず、好きな章、その時々に関心のある章を読んでみるだけでも変化があります。もちろん最初から読んでもいいですし、一つの章だけ読んで別な本に移行するという方法もあります。

そしてできることなら経済本といった内容の深いものは、再読することをおすすめします。経済本は理解して意味があります。理解するには何度も読み返すことで成立します。

経済本は自分らしいテーマで選ぶこと

経済本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

現在、金融や証券関係の仕事についている方、あるいは大学にて経済学を学んでいる方は馴染みがあるのでしょうけど、普通は経済学に接する機会はさほどありません。しかし経済学は生活基盤に関わって、毎日の暮らしにも影響を与えていることは確かです。

経済本はたくさんの種類があり、扱うテーマや読みやすさにもよって違いがあります。購入するとなるとどのようなタイプが自分に合うか悩んでしまう方もおられるはずです。まずは自分の暮らしや趣味趣向にあったテーマの本を選び、無理なく考慮して、経済本選びされることをおすすめします。

Related