Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月15日

剣鉈おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

鉈には腰鉈と呼ばれているものと、剣鉈と呼ばれているものがあります。剣鉈は腰鉈と同じような使い方ができますが、剣鉈だけにしかできないおすすめの作業などもあります。剣鉈の魅力を知って、おすすめの剣鉈の中から、自分だけのお気に入りの一本をみつけてみましょう。

剣鉈おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

剣鉈の種類と選び方

剣鉈というアイテムをご存知の方は多くはないでしょう。剣鉈は一般的な鉈に分類されている刃物です。多くの人が目にしたことのある鉈と呼ばれるアイテムは「腰鉈」と呼ばれています。

「剣鉈」と「腰鉈」の大きな違いはというと、刃の先が剣のようにとがっているか、菜切り包丁のように直角になっているかというところです。腰鉈のおすすめの使い方は、木のツルを切ったり、薪割りや山道での草払い、ロープの切断などの軽作業が主になります。一方剣鉈は先がとがっているので、鉈としてはもちろんナイフのような使い方もできます。

今回はそのような剣鉈のおすすめアイテムを、人気のあるおすすめランキングといった形や、特徴とその用途などに合わせたおすすめアイテムをご紹介します。剣鉈に興味がある方はぜひ参考にして、ご自分でお気に入りの剣鉈をみつけてみましょう。

剣鉈の種類

剣鉈は腰鉈のような一般的な使い方に加え、ナイフ代わりに獲った魚をさばいたり、熊除け、狩猟解体をする事もおすすめです。そのような使い方をするため、刃から指を守るように柄の部分にツバが付いています。剣鉈は刃の長さによっても柄のサイズが変わってきます。用途に合わせてサイズを選ぶ必要があります。

剣鉈にはさまざまな種類があります。剣鉈の種類を知って、自分の使用目的に合った剣鉈をおすすめアイテムの中から探してみましょう。

片刃

片刃は「かたは」と読みます。片刃の特長とは、ブレードの片面だけに刃が付いているという点です。片面だけに刃が付いている剣鉈は初心者にはおすすめできません。片刃の剣鉈を使いたいという方は、自分の利き手がどちらかを考えて購入すると良いでしょう。右利き用と左利き用があります。

両刃

両刃は「りょうば」と読みます。両刃の特長とは、ブレードの両面に刃が付いているため、利き手を気にすることなく使うことができる点です。片刃との使い分けをするという事もおすすめですが、両刃の剣鉈は使い勝手もよく、焚火などをする際の小割りなどにも使えるため、初心者には両刃がおすすめです。

サイズ

剣鉈のサイズには4寸(120mm)、5寸(150mm)、6寸(180mm)、7寸(210mm)、8寸(270mm)、9寸(270mm)、1尺(300mm)などがあります。使い勝手がよく持ち運びにも便利な4寸や5寸のアイテムもおすすめですが、熊除けなどを考えるような場所での使用には1尺の剣鉈もおすすめです。

剣鉈の選び方

剣鉈のサイズはさまざまです。サイズによっては持ち歩いていると銃刀法違反などに引っかかってしまいますので、剣鉈を持ち歩くときはレザーなどのカバー付きのものを選ぶことをおすすめします。

キャンプや登山、釣りなどにおすすめの剣鉈ですが、どのように選んだらよいのか迷ってしまうという方も多いでしょう。剣鉈のおすすめの選び方をポイントでご紹介します。参考にしてお気に入りの剣鉈を選ぶようにしましょう。

剣鉈はホームセンターなどでも手軽に購入できますが、鍛冶師の方が打った剣鉈は切れ味も使い勝手もまるで違います。インターネットなどでも注文することができ、直接現地へ行かなくても簡単に手に入れることができるようになりました。

そのようなおすすめ剣鉈は、一般的な剣鉈に比べると値段が高めに設定されていますが、ぜひおすすめしたいアイテムです。

刃の長さで選ぶ

剣鉈のおすすめの使い方の一つとして、釣った魚などをさばくというものがありますが、長すぎる剣鉈は、魚をさばくのにおすすめはできません。しかし、他の用途として薪を切ったり草払いなどをする場合には長さがある剣鉈の方がおすすめです。

長すぎる剣鉈は収納に困ることもあるため、一般的には持ち運ぶ事を考えて200mm前後の剣鉈を選ぶのが良いでしょう。刃の長さを考えて剣鉈を選ぶことで、自分に合ったアイテムを選ぶことができるようになります。

剣鉈を選ぶ際にはサイズを把握してから選ぶことをおすすめします。

用途で選ぶ

剣鉈を使ってみたいと考えた時に、自分がどのような用途で使用するのか考えてみましょう。剣鉈は、腰鉈とは違った用途で使用する時に購入することがおすすめです。腰鉈でも目的に合っている場合は、わざわざ剣鉈を用意する必要はありませんが、剣鉈にしかできない使用方法もあります。

用途に合わせた剣鉈を選ぶことがおすすめです。剣鉈の用途としては狩猟解体や魚をさばく事などもありますので、重すぎる剣鉈が必ずしも良いとは限りません。一方で薪を割ったりするためには、ある程度重さがある剣鉈の方がおすすめです。

扱いやすいアイテムを選ぶ

剣鉈はサイズも豊富で重さや持ちやすさなども考えて選ぶことがおすすめです。剣鉈の柄の形などによっても、持ちやすく感じたり、持ちにくく感じたり、と人によって扱いやすさはさまざまです。材質もメーカーによって変わるものですので、材質などにも気を付けて選ぶと良いでしょう。

使う方によって、扱いやすさというものは変わってきます。例えば男女で扱いやすい重さは違います。重すぎて扱えないなどという事のないような剣鉈を選ぶことをおすすめします。

剣鉈おすすめ人気ランキングTOP3

アウトドアやキャンプなどよく使われている剣鉈にはどのようなものがあるのでしょうか。男性だけではなく、最近は女性のひとりキャンプなども流行っています。扱いやすく、人気の高いおすすめの剣鉈をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして、自分だけのお好きに入りのアイテムをみつけてみましょう。

おすすめランキング第3位「レッドオルカ」

レッドオルカ(秋友義彦)「彩雲」サイウン
レッドオルカ(秋友義彦)「彩雲」サイウン
口コミ

期待してた刃紋がきれいです。仕上げも丁寧です。よく切れます。

波刃紋が美しいレッドオルカの剣鉈です。本革でできたシースが付属しており、刃渡りは120mmとコンパクトになっているため、持ち運びにも便利です。

おすすめランキング第2位「味方屋」

味方屋作ナタ 黒剣ナタ 180mm 片刃、サヤ付、全長:37cm
味方屋作ナタ 黒剣ナタ 180mm 片刃、サヤ付、全長:37cm

片刃の鞘付きの剣鉈です。180mmと長めのブレードですので、狩猟解体などにおすすめとなっています。

おすすめランキング第1位「トヨクニ」

フロンティア剣鉈テェッカー 150 青鋼 両刃 真鍮ツバ frokenao-001-9
フロンティア剣鉈テェッカー 150 青鋼 両刃 真鍮ツバ frokenao-001-9

¥ 21,060

口コミ

刃角約24度ほぼフラットなスカンジエッジなのですがベベルが中央辺りから切り込んでいるのでだいぶファット感じます。

ブレード部分が150mmで刃形は両刃となっています。使いやすいサイズで、美しい形状をした剣鉈です。トヨクニのこだわりがつまっています。

特徴・用途別おすすめの剣鉈

キャンプや山歩きのお供に、おすすめのアイテムである剣鉈にはさまざまな特徴があります。特徴や用途に合わせたアイテムをご紹介しますので、ぜひ参考にして目的に合った剣鉈をみつけてみましょう。

剣鉈は使用後のメンテナンスなども大切な事になります。手入れをすることで剣鉈は長持ちしますし、錆びついたりしてしまい、次に使おうと思った時には使い物にならなかったなどという事にもなりかねません。メンテナンス道具もあわせてご紹介しますので、参考にして下さい。

薪割り用

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG
モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG
口コミ

固めの薪でもサクサク切れる。安いし使いやすいしコスパがとてもいい。おすすめです。

スウェーデンで作られた切れ味の良いナイフです。細い薪割り程度であれば簡単に割くことができます。

ステンレス

SR KNIVES フルタング・サバイバルナイフ
SR KNIVES フルタング・サバイバルナイフ
口コミ

自分が手にもって感じた印象が「スタイリッシュな鉈」ですねー

ステンレス製で重厚感のあるサバイバルナイフです。枝木なども切断しやすく握りやすいハンドルが特長となっています。

片刃

土佐鍛剣鉈 晶之作片刃 300 土佐オリジナル白鋼 130617-017
土佐鍛剣鉈 晶之作片刃 300 土佐オリジナル白鋼 130617-017

片刃の剣鉈は初心者には向きませんが切れ味もよく、汎用性抜群のアイテムです。アウトドアキャンプにおすすめです。片刃の剣鉈を購入する場合は利き手に注意しましょう。

両刃

土佐狩猟剣鉈 300 両刃 白鋼 磨 樫柄 ステンツバ 黒レザー木鞘 晶之作 s-006
土佐狩猟剣鉈 300 両刃 白鋼 磨 樫柄 ステンツバ 黒レザー木鞘 晶之作 s-006

¥ 17,325

口コミ

実際に使用していくなら、ある程度安く、また自分でも研げるであろう材質のものを選びました。

両刃の剣鉈は初心者でも使いやすく、利き手を気にすることなく使用することができます。切れ味もよく、耐久性にも優れているおすすめのアイテムです。

キャンプ用

アウトドア用 黒打 狩猟用鉈 白紙 鋼 約149mm 東周作 オイルステン仕上
アウトドア用 黒打 狩猟用鉈 白紙 鋼 約149mm 東周作 オイルステン仕上
口コミ

厚み5cmくらいまでの杉材の薪なら割ることが出きました。コツは要るかと思いますが。 テントロープも難なく切れます。

約149mm刃渡りで、手づくり品のため、若干の誤差がありますが、厚みもあるためアウトドアで使いやすくおすすめの剣鉈です。

大型

土佐山嵐大型狩猟剣鉈 細幅 yamao-001
土佐山嵐大型狩猟剣鉈 細幅 yamao-001

土佐狩猟剣鉈の定番商品でもあるアイテムで、耐久性や切れ味は抜群です。山仕事をしているプロにも愛用されているアイテムとなっています。

お手入れ用グッズ

剣鉈を使用する時にはメンテナンスをしないという事はおすすめできません。剣鉈を頻繁に使わないような方であっても、定期的なメンテナンスをすることがおすすめです。使い終わった後に水洗いをすることはもちろんですが、水気を拭き取ったり、熱湯による殺菌消毒もするとよいでしょう。

その他にもメンテナンス道具としておすすめのアイテムがありますので、いくつかご紹介します。ぜひ参考にして、剣鉈のメンテナンスを忘れないようにしましょう。

黒ばら本舗 刃物用椿油
黒ばら本舗 刃物用椿油

¥ 648

口コミ

これを塗布すると錆止めのほか動きもスムーズになります。そして機械油のような匂いもないので気に入りました。

刃物のお手入れに欠かせない錆止め用の油です。長い期間つかわないような場合はべた付いたりすることもありますので、そのような場合は塗りなおしをすると良いでしょう。

革砥

Bush Craft(ブッシュクラフト) オールサイドパドルストロップ(革砥) 03-05-bush-0001
Bush Craft(ブッシュクラフト) オールサイドパドルストロップ(革砥) 03-05-bush-0001

¥ 3,240

口コミ

此れまで目にした革砥に比べて、安価で、前面に革が張られていて、サイズもとても大きいので、良い事尽くめです。とても使い易くお勧めです。

牛革でできたナイフ専用の革砥です。コンパウンドなどを使って磨く面と、コンパウンドを使わない仕上げ磨きの面に分けて使うことができます。

コンパウンド

Bush Craft(ブッシュクラフト) ナイフシャープニングコンパウンド黒緑白セット ヘラ付き 03-05-bush-0004
Bush Craft(ブッシュクラフト) ナイフシャープニングコンパウンド黒緑白セット ヘラ付き 03-05-bush-0004

¥ 3,888

口コミ

刃物を研いだことがない方にもおすすめです。 これだけで、刃物の切れ味が復活できます。 めちゃくちゃおすすめです。

アルミナ系研磨剤を採用したナイフようのコンパウンドです。コンパウンド用の木べらが付いているため、使いやすく便利です。

長さ別おすすめの剣鉈

剣鉈の刃の長さはさまざまあります。剣鉈のサイズの違いや、それぞれのサイズにおすすめの使用方法などをご紹介します。剣鉈を選ぶ参考にしてみましょう。持ち運ぶ時のことを考えても、剣鉈は使いやすいサイズを選ぶのがおすすめです。

剣鉈の刃の長さにはどのようなものがあるのかを知って、自分の使用目的に合ったアイテムを見つけましょう。

6寸(180mm)

6寸の剣鉈は180mmほどの長さで、ホームセンターなどでも置いてあるサイズです。農作業などにおすすめです。山での作業としては短めで軽く感じる方も多いでしょう。6寸よりも小ぶりの4寸や5寸もあり、こちらは持ち運びにも便利なサイズで、釣りなどの際に魚をさばいたりする事もできます。6寸の剣鉈と合わせておすすめしたいサイズです。

7寸(210mm)

7寸の剣鉈は210mmとなっており、体格が小柄な方におすすめのサイズです。長すぎると扱いづらく感じますし、重く感じる場合もありますので、目安として7寸ほどの剣鉈を基準に自分に合った重さや長さを調節してみましょう。

8寸(240mm)

8寸は240mmで、長めに感じる方も多いでしょう。大柄な方なら8寸の剣鉈がちょうどよい重さと長さに感じるサイズです。あくまでも目安ですが、手に取ってみてちょうどよい重さのもので、長時間使用していても疲れないアイテムを選ぶことがおすすめです。

9寸(270mm)

9寸は270mmという長めのサイズで、イノシシやシカなどを狩猟解体する場合に使われるアイテムです。狩猟を目的としている場合、狩った獲物はすぐにガス抜きという作業をおこなわなければ、肉が臭くなってしまいます。そのような場合、長さのある剣鉈を使うことがおすすめです。

1尺(300mm)

1尺は300mmで、アウトドアキャンプなどではほとんど使用することがありません。深い藪の中に分け入って進むという事がない限り、使用頻度が少ないサイズです。重すぎる剣鉈は使い勝手も悪く、危険な場合もありますので、使用方法には注意が必要です。

おすすめの剣鉈のメーカー3つと代表製品

剣鉈はさまざまなメーカーが製造し販売しています。刃物のプロフェッショナルともいえる刀鍛冶の技術を応用した剣鉈などは高価ですが、切れ味もデザインも一級品です。自分だけのお気に入りの剣鉈をみつけるために、どのようなメーカーがあり、おすすめの代表製品にはどのようなものがあるのかをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

トヨクニ

土佐鍛ダマスカス山遊鉈 木鞘銅版オイルステン biptdy-002
土佐鍛ダマスカス山遊鉈 木鞘銅版オイルステン biptdy-002
口コミ

仕事柄、背丈程度の草むらを歩くことがあるので、分け入っていくのに使用しています。 自重を使って振り下ろせば気持ちよく簡単に刈り払うことが出来、満足しています。

トヨクニは土佐打ち和式刃物の会社としてさまざまな刃物を作っています。包丁をはじめとする日用品や狩猟用の刃物、手斧などもトヨクニでは製作しています。剣鉈もトヨクニの代表的な製品のひとつで、釣りやキャンプ、登山などのアウトドアを目的としたアイテムとなっています。一本一本手づくりで作られているため、刃の長さや厚みに若干の違いが出ます。

池内刃物

池内刃物 昭三作 剣ナタ
池内刃物 昭三作 剣ナタ

池内刃物は大工道具や園芸用、料理用などの刃物を扱う会社です。アウトドア用の鉈にも力を入れており、諸刃の狩猟用ナイフはアウトドアにぴったりのアイテムとなっています。サイズも120mmから1尺まであり、さまざまな用途に使うことができます。

COLUMBIA KNIFE

COLUMBIA KNIFE タイガーアイ調天然ウッドハンドル シースナイフ フルタング SA39
COLUMBIA KNIFE タイガーアイ調天然ウッドハンドル シースナイフ フルタング SA39
口コミ

握り具合も良し、切れ味も良し、重さも手頃で三拍子揃いぶみかな?

「コロンビアナイフ」はサバイバルナイフのメーカーです。質感と造形美に定評のあるコロンビアナイフから、切れ味の良さと握り心地の良いハンドルを持つ、気品ある一本です。アウトドアなどの実用性に優れていて、山歩きやキャンプなどで大活躍する事は間違いないでしょう。

剣鉈の使い方・活用方法

剣鉈の使い方は、腰鉈の使い方とは異なる部分があります。基本的な剣鉈の使い方やその他の活用方法などをご紹介します。これまで腰鉈をずっと使ってきたという方は、この機会にぜひ剣鉈の魅力を知って、剣鉈も使ってみてはいかがでしょうか。

木々の伐採

剣鉈の主な使用方法として、木々の伐採があります。ある程度厚みのある刃をもつ剣鉈であれば、腰鉈のように振り下ろして使うことができます。

他にも薪を燃えやすくするために細かく裂いたりする事にもおすすめです。これまでナイフなどでおこなっていたものを剣鉈に変えてみてはいかがでしょうか。

狩猟解体

イノシシやシカの解体や血抜き用に使うことができるのが剣鉈です。他にも止め刺し用に使われることがあります。大きすぎる剣鉈は血抜きや止め刺しに使うことが多く、皮を剥いだりする場合には少し小ぶりな剣鉈の方が使いやすいでしょう。

熊除け

山歩きや狩猟の際に、万が一熊に遭遇してしまった時の熊除けとして剣鉈を持っているという方もいます。しかし、長さや重さによってはあまり役に立たない場合もありますので、熊に出会わないように気を付けることが大切です。

包丁やナイフの代わり

狩猟解体と同じような事になりますが、イノシシやシカだけではなく、鳥類の狩猟や魚釣りのような場合にも剣鉈は活躍します。鳥類の解体や釣った魚をさばくなどに使え、重宝します。小ぶりの剣鉈は手にもよくなじみますし使いやすく持ち運びにも便利なためおすすめです。

プレゼント

山歩きやアウトドアキャンプが好きな方にプレゼントとして、剣鉈を贈ってみるというのもおすすめです。自分で使ってみて良いと感じたアイテムや、少々値段が高いものなどをプレゼント用に名前入りで贈ってみると喜ばれるでしょう。

剣鉈のメンテナンス

剣鉈を使用した後には、定期的なメンテナンスが必要です。使い終わった後の水洗いや熱湯消毒だけではなく、きちんと水分を拭き取ることや、適度に研ぐことなどという事をしてあげることで、剣鉈が長持ちします。ぜひ剣鉈を使用する際にはメンテナンスも欠かさずおこなうようにしましょう。

新聞紙に包む

使い終わった剣鉈はきちんと水洗いをした後、水分を拭き取るようにします。しばらく使わないような場合は新聞紙にくるんで保管するようにすると良いでしょう。新聞紙は湿気から剣鉈の刃を守ってくれます。新聞紙に包む前にお手入れ用の油を塗っておく事をおすすめしますが、何年も使わないような場合には1年に1度塗りなおす事も大切です。

砥石で研ぐ

長年使っていくと剣鉈の切れ味も悪くなってきてしまいます。そのような場合には砥石を使って研ぐ事をおすすめします。砥石だけではなく、耐水ペーパーなどで研ぐこともできるため、仕上げなどには耐水ペーパーを使ってみてはいかがでしょうか。

アウトドアで剣鉈を上手く使おう

剣鉈のおすすめアイテムなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。剣鉈の種類はサイズや刃の形状、厚み、持ち手部分など、メーカーによっても大きく異なります。いくつかの剣鉈を使ってみるうちに、ようやく自分に合うアイテムが見つかるという場合もあります。

まだ使った事がない方や、これから使ってみたいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にして剣鉈を選んでみてはいかがでしょうか。アウトドアキャンプなどを楽しむためのお供に、ぜひ剣鉈を使ってみてください。

Related