Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月17日

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

いつもなんとなくガソリンスタンドで入れてもらっているウォッシャー液。実は用途別で素晴らしい効果を発揮してくれます。今回はおすすめのウォッシャー液を用途別にランキングで紹介します。メーカーや用途を吟味して快適なフロントガラスを保ちましょう。

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ウォッシャー液の種類ってどんなのがあるの?

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

楽しいドライブ、そんな時にフロントガラスが汚れていると、なんだか景色もぼやけてしまいます。とくに視界がぼやけると運転にも集中できなくなる恐れもあります。快適なドライブと、安全な運転を心掛けるためにも、フロントガラスは常にキレイな状態にしておきたいです。

今回は、そんなフロントガラスをキレイにするウォッシャー液をご紹介します。おすすめのウォッシャー液は住む地域によっても変わってきます。普段、ガソリンスタンドで無料で入れてもらっているウォッシャー液は、水の可能性もあります。水だけでは落としきれない汚れも多くあります。

洗剤は、食器や洗濯によって使い分けているように、車にもそれぞれおすすめのウォッシャー液が発売されています。おすすめのウォッシャー液を見つけて自分にあったウォッシャー液を探してみましょう。

ウォッシャー液の種類と選び方

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

洗浄成分のみ

ウォッシャー液の種類は、その用途によって変わってきます。普段ガソリンスタンドで入れてもらっているウォッシャー液は水か、青色の洗浄成分のみが入っているウォッシャー液です。少しの汚れだけでそんなに視界は気にしないという方には洗浄成分のみのウォッシャー液はおすすめです。

一般用とオールシーズン用とあるので、季節ごとに交換しても良いですが、とくに氷点下を超えない地域ではオールシーズン用を使用すれば交換する必要もありません。最も多くのかたが使用しているウォッシャー液といえるでしょう。

冷地仕様

寒い地域の冬では、氷点下に達することが多くあります。寒い地域ではない南のほうでも、冬の朝には氷点下に達するときもあります。フロントガラスに氷の膜がはってあることに気付かず、ついウォッシャー液を使ってフロントガラスが凍ってしまったことはありませんか?氷を溶かすために一度車を降りて、水をかけながらワイパーを動かしていては大変です。そんなときには、この冷地仕様のウォッシャー液がおすすめです。

雪国や寒い冬の朝のために、-60℃まで対応できるウォッシャー液があります。解氷効果もあるので、いざ出かけようとした時や出先で、フロントガラスが凍っていることもなくなります。

濃縮タイプをそのまま原液で使うと効果もさらに期待できおすすめですが、商品に表示されている希釈の割合をみて、上手に調節していくと良いでしょう。あまりにも薄くしすぎると、水の割合が多くなり凍ってしまうこともあるので注意しましょう。

撥水効果

こちらは字のごとく、水をはじく効果のあるウォッシャー液です。水をはじくので、ワイパーの動きだけでは間に合わない大雨や吹雪のなかで走ることがあるときにおすすめです。

1回でフロントガラスをコーティングして水をはじいてくれますが、商品によって効果の持続性は変わってきます。商品によっては、1度の雨に1回は必ずかけないといけないものもあります。なかには1度のコーティングで1年持つものもあります。商品によって効果や持続性が変わってきますので、よく吟味して購入しましょう。

油膜取り効果

どこでいつついてしまったのか分からないフロントガラスの油、ありませんか?これは排気ガスやアスファルトの油分がついているのが原因です。油がフロントガラスについていると、ライトの乱反射の原因にもなり、視界の妨げになるので放っておくのは危険です。

しかし水拭きや、洗浄のみのウォッシャー液ではなかなかキレイには落ちません。そんなときに、この油膜取り効果のあるウォッシャー液がおすすめです。油分はワイパーにも付着してしまい、そのうち「キュッキュッ」と音がしてきます。

これはワイパーを交換しても改善されません。ワイパーを交換するよりもウォッシャー液を交換したほうが安くで済むこともあります。こうしたことにならないためにも、ウォッシャー液の見直しはおすすめです。

虫取り効果

高速道路から帰ってきた時に、小さい虫の死骸がたくさんついてある経験はありませんか?こういった虫の死骸には、タンパク質があるため、水や洗浄成分のみのウォッシャー液だと落としづらくキレイになるのが難しいです。田んぼや畑の近くに住んでいる方は虫の死骸がフロントガラスにつく確立もグンとあがるでしょう。

そんなかたにおすすめなのが、虫取り効果のあるウォッシャー液です。鳥のフンを除去するのにも効果があるので、よく鳥のフン被害に遭うかたにもおすすめできます。

ウォッシャー液 おすすめ人気ランキングTOP3

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここからは、人気のおすすめウォッシャー液をランキング形式でご紹介します。思ったよりもウォッシャー液の種類が多いと感じているかたにとっては、それに加えてさらに商品を選ぶとなると大変な作業になってしまいます。

選ぶ際には、実際に最も多く使われているウォッシャー液はなにか知っておくことが大切です。ここでおすすめのウォッシャー液を把握して、ウォッシャー液を購入する際の参考にしてください。

おすすめランキング3位:「SOFT99」ガラコウォッシャー

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ガラコウォッシャー パウチパック 2L
SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ガラコウォッシャー パウチパック 2L
口コミ

ウォッシャー液を吹きかけると雨を非常によく弾くため便利、買ってよかった。

こちらのウォッシャー液は、希釈するタイプのウォッシャー液なので、ストレートタイプと似た価格でも、コストパフォーマンスが大変良いと評価されています。商品に記載されている濃度より大幅に希釈してもその効果を発揮するといわれています。希釈して使うと何年ももつので、ひとつ撥水効果が欲しいかたにはおすすめです。水もきちんと弾くので、商品としては問題ないですが、希釈の割合が難しいのか、濃く作ってしまうと失敗の原因になります。

初めて使用する際は、商品に記載されている濃度に気をつけながら慎重に作りましょう。濃度は地域や季節によっても変わってきます。一度作れば慣れるのも早いので、撥水効果を求めているかたにはおすすめのウォッシャー液です。

おすすめランキング2位:「古河薬品工業(KYK) 解氷撥水ウォッシャー液」

古河薬品工業(KYK) ウインドウオッッシャー 解氷撥水ウォッシャー液 2L
古河薬品工業(KYK) ウインドウオッッシャー 解氷撥水ウォッシャー液 2L
口コミ

この製品を使うと 他の製品で満足出来なくなりました。 フロントガラスが 凍ったときはこれで一発解決です。

こちらは解氷と撥水のふたつの効果を発揮してくれるウォッシャー液です。雪国に住むかたやスキー場に行ったりや吹雪の中を運転したりする予定のあるかたにはおすすめの商品です。

雪が薄く氷状になっていても、このウォッシャー液を使えば、簡単にキレイなフロントガラスに戻ります。通常の洗浄液や水では、一瞬にして氷の膜ができてしまいがちな状況でも、このウォッシャー液なら問題なくキレイにしてくれるのでとてもおすすめです。

他にも撥水の効果もあるため、ダブルでの効果を求める方にもおすすめです。ここで注意して欲しいのは、ダブルの効果を求めて他の撥水タイプの商品と油膜落としタイプの商品を混ぜて使うこと。このように性能が違う製品を混ぜてしまうと、化学反応を起こしてタンクの中で固まってしまう恐れがあります。これはつまりの原因になるので、行わないように注意しましょう。

おすすめランキング1位:「古河薬品工業(KYK)クリアウォッシャー液」

古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液 2L
古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液 2L
口コミ

このウォッシャー液に変えたら、ワイパーの拭き残しがなくなりました!

最も人気の高いウォッシャー液は、洗浄効果のみの商品です。薄めなくてもそのままストレートですぐに使用できる点がおすすめされている理由です。洗浄効果のあるウォッシャー液は原液凍結湿度が-5℃までのものと、-30℃までのものとあります。こちらのウォッシャー液は-30℃まで仕様可能で、オールシーズン使えるのでおすすめです。

洗浄成分が配合されているウォッシャー液は青色がほとんどですが、こちらは透明です。青色だと、スプレーした際に飛び散った液が車体にかかってしまい、液の跡が残ってしまう可能性があります。このように透明だとその心配もありません。

ガソリンスタンドで無料の水よりもしっかりと落としてくれるうえに、洗浄効果のみのものは値段も手頃なのでおすすめです。どれを買おうか迷っているのなら、こちらのストレートで使えるウォッシャー液を一つ購入しておくといいでしょう。

用途別!おすすめのウォッシャー液

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめの商品を3位までご紹介しましたが、ランキングに入っていない用途のウォッシャー液もありました。「虫取り効果のあるウォッシャー液はどれ?」とお悩みの方に、次はそれぞれ用途別でおすすめの商品をいくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

洗浄成分のみ

古河薬品工業(KYK) ウインドウォッシャー液 2L
古河薬品工業(KYK) ウインドウォッシャー液 2L
口コミ

油膜もすっきりとれました。値段も安くて次回も購入しようと思います。

先ほどのおすすめで1位だったものは透明でしたが、こちらのウォッシャー液は青色です。ボディへの着色は気にならない程度なので、あまり気にしないというかたにはコストパフォーマンスとしてとてもおすすめの商品です。

油膜取り

PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア ブルビンウォッシャースーパー 2.5L
PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア ブルビンウォッシャースーパー 2.5L
口コミ

使用時、薄い油膜は取れるので好んで使用しています。

アスファルトなどの油分をキレイにする油膜取りのウォッシャー液です。こちらのウォッシャー液は油分が付着するのもガードしてくれるので、油分が気になるかたにはおすすめの商品です。

寒冷地

古河薬品工業(KYK) ウインドウオツシャー 解氷スーパーウォッシャー液 2L
古河薬品工業(KYK) ウインドウオツシャー 解氷スーパーウォッシャー液 2L
口コミ

朝の解氷にはもちろん効果ありですが、降雪時に走っているときもフロントガラスに付いた雪が溶けやすくなっていいです。

ウォッシャー液で凍結したフロントガラスをキレイにするウォッシャー液です。解氷専用のウォッシャー液なだけに-60℃まで対応しています。先ほど紹介したおすすめウォッシャー液2位のものとは違って撥水効果はありませんので注意してください。

1回のスプレーで全て解けてしまう優れた商品です。撥水効果はないとご説明しましたが、油分効果はあるので、撥水ではなく同時に油分もキレイにしたいというかたにはおすすめの商品です。

朝、フロントガラスが氷結していて水で流すことも多いですが、走り出してまたすぐに凍結してしまうことも防いでくれるので、凍結の心配もなく安心して運転できます。

撥水

PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン 撥水ウォッシャー2.5L
PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン 撥水ウォッシャー2.5L

¥ 940

口コミ

キイロビンでの油膜取り後に使用中 撥水効果抜群です。

雨を弾いてくれる撥水効果のあるウォッシャー液です。雨が降った時に、ワイパーの力だけでなく、走行風で雨を弾き飛ばす効果も期待できるのでおすすめです。ワイパーの動きだけでは間に合わない大雨のときに重宝できるウォッシャー液は撥水効果ならではです。

虫取り効果

古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー 虫取り スーパーウォッシャー液 2L
古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー 虫取り スーパーウォッシャー液 2L
口コミ

虫だらけになっても、高圧洗浄機で洗車すれば、ほぼ落ちてくれるので 手間がかかりません。

こちらは虫取りの効果のあるウォッシャー液です。都心に住んでいるとなかなか虫がつく機会はありませんが、田んぼや山の近くに住むかたにはおすすめの商品です。虫のタンパク質は一度着いてしまうとなかなか落ちてくれません。しかしこのウォッシャー液をスプレーしておくと、簡単に取れてくれます。夏場の高速道路は少し走っただけでも、小さな虫がびっしり付いていることがあります。5月頃から気をつけたい虫対策にこちらがおすすめです。

おすすめのウォッシャー液のメーカーは?

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

どの商品にも、必ずおすすめのメーカーが存在します。次はウォッシャー液を製造している有名なメーカーとそのメーカーで作られているおすすめの商品も一緒に紹介していきます。

SOFT99(ソフト99)

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ガラコウォッシャー パウチパック 2L
SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ガラコウォッシャー パウチパック 2L
口コミ

ウォッシャー液を吹きかけると雨を非常によく弾くため便利、買ってよかった。

おすすめランキング3位のウォッシャー液を作っているメーカーです。ガラコとして有名で、雨の日のドライブを楽しいものにするために、車のケア用品を中心に、ほかにもさまざまな商品を出しています。

中でも有名なのは、先ほども紹介した「ガラコウォッシャー パウチパック2L」です。この他にも、ウォッシャー液を事前に塗っておくタイプなどもあるので、自分にあった商品を選べます。

ウォッシャーしてワイピングするだけで強力撥水。瞬時にクリアーな視界を確保できます。

出典: http://www.soft99.co.jp/products/carcare/glass_coating/gl... |

古河薬品工業

古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液 2L
古河薬品工業(KYK) ウインドウオッシャー クリアウオッシャー液 2L
口コミ

色や水の乾いた跡が残らないのが良いですね。

こちらもランキング1位やその他の商品紹介の際に何度か登場している古河薬品工業です。自動車用薬品を製造しているメーカーです。

フロントガラスの周りに残る洗浄成分の跡残りが気にならない!

出典: http://www.kykk.jp/products/cat001/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%... |

PROSTAFF(プロスタッフ)

タイトルを入力してください
タイトルを入力してください

油膜取りとしておすすめのこちらの商品は、PROSTAFF(プロスタッフ)というメーカーです。PROSTAFFで最も売れ行きの良い商品といえるでしょう。油膜取りとしてお探しの場合は、こちらのメーカーの購入をおすすめします。

走行中の油膜取りに最適な強力油膜とりウォッシャー液です。強力な洗浄効果に加えて、油膜の再付着を防止するガード被膜が形成されるので、視界をクリアに確保します。

出典: http://prostaff-jp.com/index/index/page/detail/id/A-38.htm |

ウォッシャー液の使い方をみてみよう!

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

いざウォッシャー液を購入したとしても、どこに補充すれば良いのか分からない、という事態に陥らないためにも補充の仕方も一緒に紹介します。間違えて冷却水などにウォッシャー液を入れないよう注意しながら進めましょう。

ウォッシャータンクを見つけよう

準備するものは、バケツと水、2mほどのホースです。水は洗浄するだけなので特に何が良いという決まりはありません。

まずはボンネットを開けましょう。なにやらたくさんのタンクが並んでいますが、ウォッシャー液の探し方は簡単です。ウォッシャーのマークがふたの部分に付いています。車種によっては黒色や青色などさまざまなので、ウォッシャーのマークを手がかりに探してみましょう。

ウォッシャータンクにはフタがついていますので、思いきって上に持ち上げたら開きます。これで準備完了です。

ウォッシャータンクを空にしよう

つぎは、ウォッシャータンクの中を空にしていきます。同じ種類のウォッシャー液を補充する際は行わなくても大丈夫ですが、別のウォッシャー液のものを補充する際は、詰まりの原因になるので一度中身を水で洗浄します。

まずはウォッシャータンクのなかに洗浄用に水を入れます。そしてホースにも水をいっぱいにいれておきます。水が溢れないように、ホースの両方の先端部分を押さえながら片方を、ウォッシャータンクのなかに差し込みます。ホースは、ウォッシャータンクの底からホースの先がウォッシャータンクよりも下がっていれば長さはとくに関係ありません。ホースを下に向けると勝手に水が出てきます。一度から二度繰り返すと良いでしょう。

この行程はついつい忘れてしまいがちですが、車の中身を劣化させないためにも重要な行程です。お気に入りのウォッシャー液が決まるまでは、この行程をいれることをおすすめします。

ウォッシャー液を投入!

次はいよいよウォッシャー液を投入します。入れ方にとくに決まりはありませんが、こぼれて他のタンクにかからないように慎重に入れましょう。小さい穴に注ぐのが苦手というかたは、ペットボトルを切って、ジョウゴにすると良いでしょう。

注意点は、注ぎすぎないことです。あふれないように慎重に入れましょう。ゲージのない車が多いので、目視で残量を確認しながら入れるやり方が一般的です。

これでウォッシャー液の補充が終了です。最後に確認としてウォッシャー液をスプレーしてみましょう。上手くでたら成功です。初心者の方でも簡単に補充することができるので、1度行うと跡は簡単です。素敵なカーメンテナンスライフを楽しみましょう。

ウォッシャー液の注意点

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

混ぜて使わない

車のメンテナンスは簡単なものでも間違えてしまうと、とても高くついてしまいます。そうなるのを防ぐためにも、注意しておいて欲しい点をもう一度おさらいしましょう。

まずは、用途や別のメーカーのものを混ぜて使わないことです。ウォッシャー液が化学反応を起こして固まってしまうと、つまりの原因になってしまいます。すぐには詰まらなくても、回数を重ねていくうちに詰まってしまうことがあるので、十分気をつけてください。

ウォッシャー液を変えたいときは、使い切った後に水を入れて、上記の方法でしっかりと洗浄してから入れ替えることをおすすめします。

希釈しすぎない

商品によってはそのまま使えるタイプと希釈してから使用するタイプのものがあります。なかにはストレートタイプを希釈して使用しているかたもいます。ウォッシャー液のかわりに、水を入れているガソリンスタンドもあるので水で希釈するぶんには問題ないはありません。

しかし、しすぎてしまうと水の割合が多くなってしまいます。そうなると冬場は凍結してしまうことがあります。また商品によっては季節で希釈の割合が変わってくるものもあるので、希釈して使用する際は、記載されている使用方法をよく見て希釈していくことをおすすめします。

ウォッシャー液で楽しいカーメンテライフ!

ウォッシャー液おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめのウォッシャー液を紹介しましたが、いかがでしたか?用途によってこんなに変わってくるウォッシャー液。自分のカーメンテライフにあったウォッシャー液がいくつか見つかったのではないでしょうか?

住む地域や出かける場所によって変わってくるウォッシャー液は、車との長い付き合いには欠かせません。いざという時のために、用途別で保管しておくのも良いでしょう。

Related