Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月11日

ガンプラHGおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

皆さんはガンプラを知っていますか?「機動戦士ガンダム」を始めとしたロボット作品のプラモデルの総称で、その中で組みやすさを重視したグレードとして「HG」が存在します。今回はそのガンプラHGと、ガンプラHGのおすすめについてご紹介していきます。

ガンプラHGおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ガンプラHGの種類と選び方

HGとは「ハイグレード」の略称で、バンダイが発売するプラモデルシリーズのブランド名ともなっており、世界的に有名な「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する機動兵器「モビルスーツ」の1/100スケールモデルが主な商品となっています。

「塗装をしなくても完成する」をテーマにしており、最初から塗装を施し、あとは組み立てるだけを目的としたモデルです。さらにパーツが少なく値段も安いため、精密さに劣るという欠点がありますが、とても作りやすいガンプラが多いため、初心者も含めた幅広いモデラーに人気があり、おすすめ度が非常に高いです。

さらにガンダムの他にも、「聖騎士ダンバイン」や「機動警察パトレイバー」をはじめとした多くの作品からガンプラHGが登場しており、楽しめる世界が広がっているのもまたホビーとしておすすめできる理由ともなっています。

HGも含めたガンプラの種類

ガンプラにはHGの他にも、FG、RG、MG、PGの4つの種類でランクがあり、一番クオリティが低いのがFGで、逆に一番高い方がPGとなっています。RGはその中でも左から2番目のグレードで、FGよりもクオリティが少し高い程度で入門者〜初心者向けのものとなっています。

この記事でおすすめとして紹介していくガンプラはもちろん、他のおすすめのガンプラ紹介サイトでHGなどを探す時の参考にしてください。

FG(ファーストグレード)

手頃なプラモデルの低価格キットが不足した当時に定価300円で販売された「ベストメカコレクション」のガンプラをリニューアルして発売したモデルです。初代ガンダムに登場したモビルスーツはもちろん、「00」や「SEED」に登場する現代作品のガンプラも発売されています。

中級〜上級者向けとなる他3つのグレード、そして同じく入門〜初級者向けのHGと比べると可動域や再現度に欠け、さらにパーツの色分けも最低限にしかされていないので、仕上がりにこだわるならば組み立てに加えて自分で塗装する必要があるのが難点となっています。

しかし、価格は当時と同じく300円で、大きさも1/144スケールがほとんどであるため組み立て作業もそれほど難しくなく、仕上がりにこだわらなければ間違いなくガンプラの入門者向けで、このFGと、そして余裕があればHGからガンプラの世界に入門することを考えてみるのも良いでしょう。

RG(リアルグレード)

「手のひらサイズで本物のようなリアルモデル」をテーマにしているガンプラのモデルです。関節の自由度や細かいパーツの再現など、リアルを追求したモデルだけあって、MGやPGほどとはいきませんが、精巧度の高さならばFGとHG以上なのでガンプラとしておすすめできます。

このグレードのガンプラのモデルには細かいマーキングシールが付属されているのが主な特徴となっており、改造や塗装をせずに付属品だけで組み立てることもでき、さらに内部フレームも特殊な技術で作られた「アドバンスドMGジョイント」と呼ばれる機構が使われており、組立作業もそんなに難しくありません。

MG(マスターグレード)

ガンプラ15周年記念企画として発売開始したモデルで「高級品のガンプラ」をテーマとしています。HGやRGと比べると完成度が優れており、さらに敵機やアニメでは数秒しか出ていないモビルスーツまで多くの機種で販売されているのが特徴となっています。

パーツごとに色分けがされ、可動範囲・ギミックも細かい所までしっかりとできあがっていて、さまざまなポージングを取ることができるのが魅力ですが、パーツ数が多い上に、値段も最低でも3000〜5000円ほどが多いのが難点となっています。さらにこのシリーズからデカールが出てくるため、組み立て作業も時間も使うようになるので、入門者や初級者が手を出すにはハードルが高いでしょう。

PG(パーフェクトグレード)

ガンプラ20周年記念として販売開始されたモデルで、「究極のガンプラ」をテーマにしているだけあって、HGも含めた他4つのグレードよりも完成度が非常に優れたガンプラがほとんどで、完成させた後から眺めたり動かしたりするガンプラとしての楽しみもひとしおとなっているのがおすすめできる理由です。

このグレードのガンプラの大きな特徴は、外観だけでなく内部にまで忠実に再現されているところにあり、パーツの数は他のグレードと比べてとてつもない量が入っています。さらにどのモデルにも頭部のカメラアイのパーツが発光する構造が仕込まれて、リアリティの追求にも余念がありません。

こうした部分から組み立て作業に時間と労力を要することは避けられませんが、HGはもちろん、「高級品」をテーマとしたMGすら上回る完成度の高さであり、おすすめ度の高さともなっています。

HGも含めたガンプラの選び方

HGも含めたガンプラの5つの種類にしてグレードを踏まえ、選び方について触れてみますと、以下のふたつに分けられます。

その①:初心者ならばFGとHGを選ぶ

初心者、もしくはガンプラの世界に入門して間もないという人は、まずはFGとHGから始めてみるのがおすすめです。ガンプラのグレードの説明にもあったように、5つのグレードの中で簡単な部類に入るのがFGとHGだからです。

FGとHGのガンプラはどちらも組み立てのパーツが少なく、色分けもほとんどが済んでいるため、時間や手間をかけることもなくすぐに組み立てが完了するので、手頃にガンプラを楽しみ、そしてその作業を練習するのならば打って付けです。

その②:基礎とコツが掴めたらRGに挑戦

FGとHGである程度ガンプラの基礎が掴めましたら、中級者向けのRGに挑戦してみましょう。 FGとHGよりもパーツが少し多くて精巧度も高いものも同じく多くなっている分、HGよりも組み立て時間をかけてしまいますが、完成した時の達成感と眺めはかなりのものです。

HGのガンプラをマスターできたら、上級者向けとなるMGとPGに挑戦してみるといいでしょう。上級者向けのグレードのガンプラだけあって精巧度と完成具合はかなりのものなので、一度でも挑戦してみることをおすすめします。

ガンプラHGおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめランキング3位:サザビー

HGUC 1/144 MSN-04 サザビー
HGUC 1/144 MSN-04 サザビー

¥ 3,024

口コミ

とにかく圧巻の大きさです そしてかっこいい! 素組みとはいえ黄色と黒で最低限の塗装を要しましたが 満足の出来です

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」で登場した、主人公アムロ・レイの宿敵、「赤い彗星」ことシャア・アズナブルの愛機がガンプラHGとして登場したものです。本体の合わせ目が目立たないパーツ構成で組みあがりの完成度が向上し、さらに新型ポリキャップの導入による関節強度と肉厚に見せた装甲部分によってポージング性能とその見栄えがさらにアップしています。

そして、バーニア、アポジモーターなどの外装のつかない部分のメカディテールも精密に再現しているなど、主な活躍の場であるアムロとの最終決戦のシーンの再現性を訴求し、洗練されたフォルムが人気とおすすめ度を呼んでいる商品から、おすすめランキングの第3位に選びました。

おすすめランキング2位:νガンダム

HGUC 1/144 RX-93 νガンダム
HGUC 1/144 RX-93 νガンダム

¥ 2,700

口コミ

デカくてカッコいいです。 作り易いし、問題ないですね。素組みでしたし。 それでもカッコいいんだから凄い。 お勧めします。

第3位のサザビーと同じく「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」で人気とおすすめ度を呼んでいる、主人公アムロの愛機であるνガンダムのガンプラHGです。

サザビーと同じく関節強度アップの新型ポリキャップと、合わせ目ゼロのパーツ構成で組みあがりの完成度とポージング性能が全体的に向上されています。さらに、各部に新規構造を採用することで本体の全パーツを後ハメすることが可能となっており、組み上げた後でもパーツの取り外しによるカスタマイズができるのもおすすめするべき特徴となっています。

おすすめランキング1位:ユニコーンガンダム

HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード
HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード

¥ 1,944

口コミ

HGとは思えませんでした。 パーツも通常のHGより多いです。 素組だけでも十分楽しめます。

「機動戦士ガンダムUC」の主役機にして、主人公バナージ・リンクスの愛機であるユニコーンガンダムの最終決戦仕様「デストロイモード」が、この記事のおすすめランキング第1位として選ばれました。

昨今のガンダムシリーズの中でも洗練されたスタイルであると定評があり、ファンやモデラーからはガンプラHGとしてそのスタイルをしっかり再現できていると評判があります。さらに、通常形態からの変形ギミックを排除したことで組みやすさも確保しており、サザビーやνガンダムと同じく新型ポリキャップを使用していることでポージング性能もかなりのものとなっています。

そして、パーツ分割により各部のディテール再現がより強調され、組み上げると立体感のある仕上がりになり、ポージングはもちろん、敵役であるフル・フロンタルのシナンジュとセットで組み合わせて飾るなど、さまざまなおすすめの楽しみ方が考えられます。

特徴・用途別おすすめのガンプラHG

キット:ヘイズル

HGUC 1/144 RX-121-1 ガンダム TR-1 [ヘイズル改]
HGUC 1/144 RX-121-1 ガンダム TR-1 [ヘイズル改]

¥ 1,404

口コミ

激安なのに⁇ ボリューム満点のプロポーション‼︎ 素組みプラスαでも充分です‼︎

機動戦士ガンダムのスピンオフ作品のひとつ「ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」に登場したティターンズの試作型MS・ヘイズル改がガンプラHGとして登場しました。

別売の「HGUCガンダムMk-2」のライフルやシールド、バックパックを装着することができるという特徴があり、作中の中のヘイズル改をリアルに再現できるというおすすめポイントがあります。

素組み:すーぱーふみな

HGBF ガンダムビルドファイターズトライ すーぱーふみな 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HGBF ガンダムビルドファイターズトライ すーぱーふみな 1/144スケール 色分け済みプラモデル

¥ 1,944

口コミ

プラモなのにけしからんフトモモが購入意欲を掻き立てますね 顔面に化粧込みで二時間程で完成しました 鼻息荒くしつつ遊んでます

アニメ「ガンダムビルドファイターズトライ」の最終話に登場したことで一躍話題となった、ヒロインのホシノ・フミナによるガンプラの擬人化が、ガンプラHGとなって登場しました。

最初から色分けが済んでいて、パーツの組みやすさも従来のガンプラよりもはっきりしているため初心者におすすめでき、ボディの一部やスカートといったパーツにも軟質素材を使用することで高い可動性も追求しています。

さらにクリアパーツとホイルシールによる目やまつ毛などの細かな部分の再現も見事なもので、ガンプラ擬人化ヒロインという新たなバリエーションを手の中で楽しむことができ、ますますおすすめできる一品となっています。

初心者:ガンダム

HGUC 191 機動戦士ガンダム RX-78-2ガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HGUC 191 機動戦士ガンダム RX-78-2ガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

¥ 1,080

口コミ

素晴らしい出来です。手頃な価格で手に入るので、 ガンプラ入門者でも簡単に作れます。買って損はないです。

知る人ぞ知る「機動戦士ガンダム」の初代ガンダムがガンプラHGとして登場したもので、初代さながら他のガンプラのグレードにも普及され、根強い人気とおすすめ度で知られる一品です。

1.5倍以上の広い可動箇所を誇りながら、組みやすさを重視したパーツ構成がおすすめできる点にして特徴となっており、時間をかけずに組み立てられる上に完成してからのポージングもアニメさながらの迫力あるものを実現できます。

さらに武装パーツもビーム・ライフル、ビームサーベル、そして腰部にマウント可能なハイパー・バズーカといった、原作にも登場したものを忠実に再現できており、こちらも左右の持ち手や平手パーツでさまざまな表現が可能できます。

初心者にもおすすめできるレベルでクオリティを併せ持ったこの初代のガンダムのガンプラを、皆さんも買って原点回帰を味わってみてはどうでしょうか。

THE ORIGIN:シャア専用ザクII

HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

¥ 1,836

口コミ

オリジンのプラモデルはシリーズ集めているので大変満足しています。特にシャア専用は絶対購入したいです。

漫画はもちろんアニメにも進出した初代のリメイク作品「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」から、シャア・アズナブルの初代愛機として知られるザクIIがガンプラHGとして登場しました。

HGならではパーツの組みやすさはもちろん、細かなディテールによる再現度と圧倒的な可動域を誇るモデルとして人気とおすすめ度を集めており、さらにレバー操作で動かせる可動式カメラアイやバルカンを実装した胸パーツなどのギミックも充実しています。

中級者や上級者はもちろん、初心者にもおすすめできるレベルとクオリティですので、皆さんもぜひ初代の宿敵の愛機であるこのガンプラにふれて、原点回帰を味わってみてください。

SEED:ストライクフリーダムガンダム

ストライクフリーダムガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ストライクフリーダムガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

¥ 2,160

口コミ

僕が今まで購入したHGでは一番出来が良かったです。シールも少なめですし見た目もかっこいいので初心者にもお勧めです。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場した、キラ・ヤマトの愛機フリーダムガンダムの最終決戦仕様機体の初立体化作品として有名で、人気とおすすめ度を集めているガンプラHGです。

細かなディテールで彩られ、展開時や収納時の両方に切り替えられる機動兵装ウィング、劇中でも活躍したハイマット・フルバーストの再現可能など、可動性と見た目を見事に両立できています。しかもプロポーションも全体的にバランスが取れており、HGとしての組みやすさから非常におすすめできるものとなっています。

ビルドファイターズ:カミキバーニングガンダム

HGBF 1/144 カミキバーニングガンダム
HGBF 1/144 カミキバーニングガンダム

¥ 1,944

口コミ

最終回に登場した、セカイが作ったガンプラ。シアが指導しただけあって、とても綺麗なガンプラだと思います。

「ガンダムビルドファイターズトライ」の主人公カミキ・セカイが渾身で創り上げた最終機体「カミキバーニングガンダム」が、ガンプラHGとして進出しました。

豊富なクリアエフェクトパーツで、作中でも魅せつけてくれた奥義「鳳凰覇王拳」の溢れ出す炎、さらに最終話でスガ・アキラとの対決で使用した炎を纏う刀が再現できる上に、可動できる手首などパーツやギミック面でも充実しており、ポージングの幅が広がります。ガンダムビルドファイターズファンなら必見する価値のあるおすすめの一品です。

鉄血のオルフェンズ:ガンダムバルバトスルプス

ガンダムバルバトスルプス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ガンダムバルバトスルプス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

¥ 1,080

口コミ

こちらもまた、進化している、ガンダムでした。なかなか迫力感があるガンダムシリーズです。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公三日月・オーガスの愛機ガンダムバルバトスの強化型のガンプラHGです。

パーツの組みやすさと色分けが最初からほぼ完璧の状態となっており、特に色分けに関しては肩をはじめとしたパーツ各所に施された鉄華団マークが色分けされていたりと見事なものとなっています。

さらに内部のフレームが露出している構造の再現や、肩装甲パーツの引き出しによる腕周りの可動域の拡大など、こちらもパーツやギミック面でも充実しており、全ての面においてガンプラHGの中でも非常におすすめできると言えます。

美少女:はいぱーギャン子

はいぱーギャン子 1/144スケール 色分け済みプラモデル
はいぱーギャン子 1/144スケール 色分け済みプラモデル

¥ 2,592

口コミ

顔は似ているし、体型もしっかりと再現されています。 ギャン子のイメージにとても近い造形です。 2次元を3次元にうまく再現できているなあと、感服しきりの逸品でした。

はいぱーふみなと同じく、「ガンダムビルドファイターズ」の登場人物のひとりである「ギャン子」ことサザキ・カオル子によるMS擬人化のガンプラで、普通のガンプラに比べると出回っている数こそ少ないですが人気とおすすめ度を集めている美少女シリーズのガンプラです。

胸部・脚部関節にKPS素材を使用しており、さらにシールドやアーマーパーツも手足の可動を妨げないように設計されているため、さまざまなアクションポーズも再現できます。そしてクリアパーツ式とシール式の瞳と、服のシワ感や肌の質感もとことんリアリティを突き詰めての立体化を果たしており、ギャン子の特徴でもあるギャンのシールドを模した髪留めを使ったツインテールの再現など、遊び心が満載です。

HGも含めた普通のガンプラじゃ物足りないという人にはおすすめできるモデルですので、こちらも参考にしてみてください。

おすすめのガンプラHGのメーカー・ブランド3つと代表製品

バンダイ:エヴァンゲリオン弐号機

LMHG エヴァンゲリオン弐号機
LMHG エヴァンゲリオン弐号機

¥ 2,700

口コミ

多少昔のプラモですが、弐号機にどうしても愛着があったので購入。 パケもアスカですしね。説明書が凝ってて面白い。胸が躍る。 2号機じゃなくて、弐号機だから。そこに意味があるプラモ。

ガンダムと並ぶ国民的SFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主役機のひとつとして登場した、惣流・アスカ・ラングレーが搭乗するエヴァンゲリオン弐号機がガンプラHGとして登場しました。

他のロボットやメカよりも、人型に近いエヴァンゲリオンならではのフォルムを見事に再現しており、さらに可動域も他のガンプラにも負けていない、おすすめできる特徴を併せ持っています。

その他にも、零号機や初号機をはじめとするエヴァンゲリオンのガンプラHGやフィギュアはバンダイからも数多く販売され、おすすめできる商品もいくつかあります。この弐号機を見て興味がありましたら、皆さんも自分にあったおすすめのエヴァンゲリオンを見つけてください。

タカラトミー:オプティマスプライム

トランスフォーマー MB-01 オプティマスプライム
トランスフォーマー MB-01 オプティマスプライム

¥ 4,860

口コミ

ベストの中でリーダークラスのオプティマスに次いで傑作。更にマスクオンでこの絶妙なカラーリング。子供達にも高評でまず間違い無く買って おいて損はしないと思います。

10年と長い歴史を持つ大人気SF作品「トランスフォーマー」の映画に登場した、主役のオプティマスプライムがタカラトミーによって商品化されたものです。こちらもタカラトミーの商品の中でおすすめと注目を集めるものとなっています。

映画では鮮やかなレッドとブルー、シルバーでカラーリングされていましたが、こちらは映画のイメージに近づける形でダークブルーとダークレッド、ダークシルバーに成型色と彩色を変更しており、重厚感と存在感がより増しています。

さらにマスクオンの状態を採用したロボットフェイス、トラック型のビークルモードへの変形機構など、映画で活躍したトランスフォーマーとしてのメカニックと勇姿をそのまま自分のものにできるおすすめの一品です。

コトブキヤ:フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート 全高:約150mm NONスケール プラモデル
フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=インバート 全高:約150mm NONスケール プラモデル

¥ 7,344

コトブキヤが発売しているロボットプラモデルのスピンオフシリーズ「フレームアームズ・ガール」のひとつで、フレームアームズのフレズヴェルクのバリエーション機「アーテル」を美少女として擬人化させたモデルのひとつです。

広範囲な可動によるさまざまなポージングの実現と、キャノンやブレードにも使える尻尾状パーツの差し替えによる素体状態の再現など、はいぱーふみなやギャン子のような美少女ガンプラはもちろん、その他のガンプラにも勝るとも劣らないおすすめのクオリティを実現しています。

さらに一部パーツ塗装済みのマルチカラーキット仕様となっており、組み立ての際にわかりやすい構造となっているため、初心者にもおすすめできます。

ガンプラHGの使い方・楽しみ方

ガンプラHGのおすすめの使い方・楽しみ方といえば、なんといっても組み立てて飾ったり、さまざまなポーズをとらせ、眺めて楽しむことにあります。

やはり、プラモデルと同じように自分の手で一から組み立てて、アニメやゲーム、漫画の中での戦いなどの場面でかっこいい活躍ぶりを見せたモビルスーツなどのメカニカルだからこそ、自分の目の届く場所に置いて楽しみたいものでしょう。

最初にもありましたように、精巧さに欠ける反面組み立てのハードルは低いガンプラHGだからこそ、時間をかけずに組み立てられるというおすすめできる特徴があります。そして、他のガンプラと同じように眺めて楽しむことができるのもHGの特徴であると言えます。

ガンプラHGを組み立ててみよう

今回の記事ではガンプラHGと、ガンプラHGのおすすめは何かについて解説しました。他のグレードと同じようにガンプラHGは組み立てて楽しむもので、入門〜初級者向けのクオリティゆえに組みやすい反面精巧さに欠けますが、完成した時の眺めと達成感はかなりのものです。

皆さんもこの記事を参考にガンプラHGを探してみて、自分にとっておすすめとなるガンプラHGを組み立てて楽しんでみてください。

Related