Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月14日

ガンプラMGおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

皆さんはガンプラを知っていますか。「機動戦士ガンダム」を始めとしたロボット作品のプラモデルの総称で、その中でも最も精巧度が高く人気があるおすすめのグレードとして「MG」が存在します。今回はそのガンプラMGと、ガンプラMGのおすすめについてご紹介していきます。

ガンプラMGおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ガンプラMGの種類と選び方

MGとは「マスターグレード」の略称で、バンダイが発売するプラモデルシリーズのブランド名ともなっており、世界的に有名な「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する機動兵器「モビルスーツ」の1/100スケールモデルが主な商です。

テレビやゲームに登場する機動兵器やロボットが、自分の手のひらに収まる大きさとなり、触り、動かし、眺めて楽しんだりできる、それがプラモデルや人形と同じように楽しめるのがおすすめとなっています。

そして他にも、「聖騎士ダンバイン」や「機動警察パトレイバー」をはじめとした多くの作品からガンプラMGが登場しており、楽しめる世界が広がっているのもまたホビーとしておすすめできる理由ともなっています。

MGも含めたガンプラの種類

ガンプラにはMGの他にも、FG、HG、RG、PGの4つの種類でランクがあり、一番クオリティが低いのがFGで、逆に一番高い方がPGとなっています。MGはその中でも左から4番目のランクで、RGよりもクオリティが高くPGよりも低いものとなっています。

この記事でおすすめとして紹介していくガンプラはもちろん、他のおすすめのガンプラ紹介サイトでMGなどを探す時の参考にしてください。

FG(ファーストグレード)

低価格キットが不足気味となり、高値で問題を解決するべく、「ベストメカコレクション」という当時定価300円で売られたガンプラをリニューアルして発売したモデルです。初代ガンダム、シャア専用ザクII、量産型ザクIIといった初代ガンダムに登場したモビルスーツはもちろん「00」や「SEED」現代作品のガンプラも発売されています。

MG、RG、PGはもちろん、HGと比べると可動域や再現度は高くなく、パーツの色分けも最低限にしかされていないので、組み立て作業に加えて自分で塗装をしないと残念な仕上がりとなってしまうのが難点となっています。

しかし価格は当時と同じ300円と非常に手軽で、ほとんどが1/144スケールで組み立て作業もそれほど難しくないものとなっており、塗装を自分でやることを除けばガンプラの初心者向けで、ここからガンプラの世界に入門することを考えてみるのも良いでしょう。

HG(ハイグレード)

「塗装をしなくても完成する」をテーマにしており、最初から塗装を施し、あとは組み立てるだけを目的としたモデルになります。さらにパーツが少なく値段も安いため、5つのモデルの中でも精密さに劣るきらいがありますが、とても作りやすくガンプラ初心者も含めたすべてのモデラーに人気があって、MGも含めた他4つよりもおすすめ度が非常に高いです。

さらに販売されているガンプラのバリエーションも非常に多く、スケールは1/144が大半となっており、その中にはデンドロビウムガンダムやネオジオングといった大型のハイグレードキットのも存在するので、MGやRGのように精密度が高くなくてもスケールの大きさとガンプラならではの興奮を味わえるのもおすすめできる理由です。

RG(リアルグレード)

その名前からわかるように「手のひらサイズで本物のようなリアルモデル」をテーマにしているガンプラのモデルです。関節の自由度や細かいパーツの再現など、リアルを追求したモデルだけあって、MGやPGに匹敵するほどの精密度の高さがガンプラとしておすすめできる理由となっています。

ちなみにこのガンプラのモデルには細かいマーキングシールが付属されており、改造や塗装をせずに付属品だけで組み立てることもでき、さらに内部フレームも特殊な技術で作られた「アドバンスドMGジョイント」と呼ばれる機構が使われており、組立作業もそんなに難しくありません。

そして、ガンプラとして組み立てた完成度も高く、HGと比べ物にならず、MGやPGに負けず劣らずと言ってもいいのがおすすめできる理由であり、特徴となっています。

PG(パーフェクトグレード)

ガンプラ20周年記念として販売開始されたモデルで、「究極のガンプラ」をテーマにしているだけあって、MGも含めた他4つよりも完成度が非常に優れており、完成させた後からのガンプラとしての楽しみもひとしおとなっているのがおすすめできる理由です。

さらにガンプラの外観はおろか、内部にまで忠実に再現されており、パーツの数は他のグレードと比べてとてつもない量が入っています。そして基本的にどのモデルでも、頭部のカメラアイのパーツがLEDで発光できるような構造が仕込まれており、組み立て作業に時間と労力を要することは避けられませんが、これが先述のMGやRGを上回る完成度の高さであり、おすすめ度の高さともなっています。

MGも含めたおすすめのガンプラの選び方

以上のMGも含めたガンプラの5つの種類とランクを踏まえ、選び方についてはどんなのがおすすめなのかを説明しますと、そのおすすめの選び方は以下の二つに分けられます。

その①:初心者ならばFGとHGを選ぶ

初心者、もしくはガンプラの世界に入門して間もないという人は、まずはFGとHGから始めてみるのがおすすめでしょう。ガンプラの種類の説明にもあったように、5つのガンプラの中で簡単な部類に入るのがFGとHGだからです。

組み立てのパーツが少なく、色分けもほとんどが済んでいるFGとHGならば時間や手間をかけることもなくすぐに組み立てが完了するので、手頃にガンプラを楽しみ、そしてその作業を練習するのならば打って付けです。

その②:自信がついてきたらMGに挑戦

FGとHGである程度ガンプラの組み立てに自信がついてきたら、RGとMGに挑戦してみましょう。 FGとHGよりもパーツが多くて精巧度も高いものが大半を占めている分、組み立て作業にどうしても時間をかけてしまいますが、完成した時の達成感と眺めはかなりの物です。

この後に紹介するおすすめ商品も含め、RGやMGでも皆さんが興味をそそられるガンプラは多いですが、RGやMGでは物足りなくなったら、思い切ってガンプラの中でも最も高いランクに位置するPGに挑戦してみるのも良いでしょう。値段と労力こそはりますが、トップクラスのガンプラだけあって一度でも挑戦してみることをおすすめします。

ガンプラMGおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめランキング3位:ガンダムヴィダール

1/100 フルメカニクス 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムヴィダール
1/100 フルメカニクス 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムヴィダール

¥ 3,240

口コミ

可動も良くコストパフォーマンスも高いプラモデルだと思いました。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物のひとりで、武力組織・ギャラルホルンにパイロットとして所属する仮面の男・ヴィダールの愛機のガンプラです。武器やパーツの多さや見事な色分け、そして広い可動範囲などガンプラMGとしてレベルが申し分ありません。

しかし、あとはそれだけという目立った特徴があまりないためこの記事ではおすすめランキング第3位に認定しました。それでも、ランキング入りされるほどおすすめ度が高いので、興味がありましたら買って組み立てに挑戦してみるのもいいでしょう。

おすすめランキング2位:ダブルオーガンダムセブンスソード/G

MG 1/100 GN-0000/7S ダブルオーガンダム セブンソード/G (機動戦士ガンダム00)
MG 1/100 GN-0000/7S ダブルオーガンダム セブンソード/G (機動戦士ガンダム00)

¥ 5,940

口コミ

ダブルオーライザーに続いて、二体目のダブルオーでしたけど、とにかく楽しい! 武装が多い分、プレイバリューはありますし、ダブルオーライザーの時にはできなかった改造なんかをやってみたり、と楽しませてもらいました。

「機動戦士ガンダム00」の外伝に登場した、主人公の刹那・F・セイエイの愛機であるガンダムエクシアの後継機・ダブルオーガンダムが近接戦闘に特化したもののガンプラMGです。

大剣からカタールのようなブレードまで8つの武器が存在し、さらに関節もきっちりして可動範囲も申し分なく、色分けもほぼ完璧であるため人気もおすすめ度も高く、この記事ではおすすめランキング第2位に選ばせていただきました。

おすすめランキング1位:νガンダム Ver.Ka

MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka
MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka

¥ 7,560

口コミ

とてもよく出来ていてすごい気に入ってます。 制作時間は10時間くらいかかってしまいますが、それ相応の仕上がりになります

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場したアムロ・レイの愛機であり、ガンダムシリーズのメカニックデザインでお馴染みのカトキハジメがプロデュースしたことで有名です。

パーツの多さ、ディテールの精巧さ、モデルの再現度、そして可動域の広さとどれを取ってもガンプラMGとしてもトップクラスの部類に入り、第3位と第2位で紹介したガンプラMGよりも人気とおすすめ度が高いので、おすすめランキングの第1位に認定しました。

さらに付属のスタンドで原作の動きを忠実にポージングできるのもおすすめポイントとなっており、精巧さと再現度の高さによって原作さながらの重厚感のある仕上がりとなっています。

特徴・用途別おすすめのガンプラMG

初心者

1/100 フルメカニクス 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプス
1/100 フルメカニクス 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプス

¥ 3,240

口コミ

1/144のキットに比べ装甲の色分けも細かくて素組でも楽しめると思います。 内部フレームの造形も良いです。ただシリンダーが動くパーツがほとんど無いのがちょっと残念ですが、価格的にみれば妥当だと思います。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公三日月・オーガスの愛機ガンダムバルバトスの強化型のガンプラMGです。

パーツの組みやすさと色分けが最初からほぼ完璧の状態となっており、特に色分けに関しては肩をはじめとしたパーツ各所に施された鉄華団マークが色分けされていたりと見事なものとなっています。そのため、初心者には間違いなくおすすめできるガンプラMGと言えるでしょう。

素組み

HGBF ガンダムビルドファイターズトライ チナッガイ 1/144スケール
HGBF ガンダムビルドファイターズトライ チナッガイ 1/144スケール

¥ 2,376

口コミ

よく出来ていて作っていて楽しいです。 組み立てはかなり楽です。

「ガンダムビルドファイターズ」の登場人物のひとり、コウサカ・チナのMS擬人化「チナッガイ」がガンプラ化した物です。このチナッガイはアニメ版のエンディングにも登場しており、その可愛らしさから評判となっています。

このキャラクターでガンプラの特徴とも言えるクマヘッドは取り外すことができてチナ本来の頭部も再現できたり、前腕の差し替えで素手に変更できたり、さらに胸部や脚部の関節もKPS素材の使用によって幅広い可動領域を実現できるほど見事なものとなっています。

その他にも、軟質素材を使用した肩フリルやエプロン、クリアパーツ式とシール式の瞳、レンズありなしのメガネなどさまざまなパーツやギミックが附属しています。しかも、最初から色分けも済んでいてパーツの組みやすさもはっきりしているので初心者にもおすすめでき、何よりMGも含めた普通のガンプラに飽きてきた人にはおすすめです。

HG

HGUC 機動戦士ガンダムUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード/レッドカラーVer.)
HGUC 機動戦士ガンダムUC フルアーマー・ユニコーンガンダム (デストロイモード/レッドカラーVer.)

¥ 3,672

口コミ

見た目が良く気に入って購入。 ハイグレードなのにけっこうなボリューム(パーツ量)で作る楽しさを再び実感出来た思い入れのある一品です。 そしてここからガンプラ作りにハマるきっかけになるのでした・・・。

「機動戦士ガンダムUC」の主人公バナージ・リンクスの愛機、ユニコーンガンダムの最終決戦仕様機体のガンプラで、誰もが一度は作ると口コミやレビューで評価されるほど人気とおすすめ度が高い一品です。

数こそ多く時間がかかりますが全体的に組みやすいパーツ構成で、外見もMGのユニコーンガンダムよりもプロポーションが見事なもので、何より主人公機のガンダムであることからかっこいいと評判です。中級者ならば挑戦することをおすすめできるガンプラでしょう。

RG

RG ガンダムビルドファイターズ GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ 1/144スケール
RG ガンダムビルドファイターズ GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ 1/144スケール

¥ 2,700

口コミ

結構細かきところまで作り上げられてますね。クリアパーツも結構あるしなかなかカッコ良いです。

「ガンダムビルドファイターズ」の主人公イオリ・セイが作り上げた愛機ビルドストライクガンダムの強化版がガンプラとなった物です。

ビルドストライクとビルドブースターの分離・合体機構、劇中での装甲の表面ディテールと形状の導入、同じく劇中に登場した3つの武装の形態を再現できるほどパーツも選り取り見取りです。

そして何より、「初心者でも組みやすい」ことを重視しているため、パーツ構成も非常にわかりやすいのが人気とおすすめ度の高さにつながっています。MGからRGへとガンプラのステップアップをしたい人に練習台としておすすめできるでしょう。

PG

PG 機動戦士ガンダムUC RX-0[N]ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 1/60スケール 色分け済みプラモデル
PG 機動戦士ガンダムUC RX-0[N]ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 1/60スケール 色分け済みプラモデル

¥ 23,760

口コミ

ユニコーンも良いが、黒のバンシィもめっちゃカッコ良い。部屋が暗くてわかり辛いが、メタリックグリーンで最終決戦仕様に。バンシィの最終決戦仕様が出れば速攻で買うのにな。

「機動戦士ガンダムUC」に登場したリディ・マーセナスの愛機、ユニコーンガンダム2号機の最終決戦形態「バンシィ・ノルン」のガンプラで、ガンプラの中でも最高峰のグレードに位置するPGとして、MGやRGよりも精巧度と再現度が高いことから人気とおすすめ度が高い一品です。

ユニコーンモードからデストロイモードへの変身を完全再現できる上に、原作の最終決戦形態としての各種装備もそのまま付属されており、組み上げた時の壮観さもひとしおでしょう。ガンプラMGやHGでは物足りないという方には挑戦してみるのもおすすめです。

FG

FG 1/144 RX-78-2 ガンダム
FG 1/144 RX-78-2 ガンダム

¥ 324

口コミ

プラモ初心者です。 あまりお金をかけてやってつづかなくてもなと思い、アクリルガシュで色を塗りました。 色も少ないし楽しんでつくれました。

知る人ぞ知る「機動戦士ガンダム」の初代ガンダムが1/144のスケールキットのガンプラとなり、さらに発売当初と同じ価格の300円と手頃な形でリニューアルして発売されました。

PG、RG、MGはもちろん、HGよりも精巧度が低いFGのガンプラですが、関節部の追加や細部に至るディテールがグレードアップしており、何より塗装を除けばすぐに組み立ててガンプラとして楽しむことができ、初心者にも十分おすすめできます。

MGも含めた他の4つのグレードのガンプラを買い、挑戦できるほどの余裕がない人、もしくはガンプラの初心者はまずはここから始めて、その後でHGやMGとランクアップしていくやり方もおすすめです。

美少女

HGBF ガンダムビルドファイターズ ういにんぐふみな
HGBF ガンダムビルドファイターズ ういにんぐふみな

¥ 2,592

口コミ

この商品もシリーズ?みたいなものですね。 組み立てやすく、出来も良い。

チナッガイと同じく、「ガンダムビルドファイターズ」の登場人物のひとりであるホシノ・フミナによるMS擬人化のガンプラです。チナッガイと同じく関節にはKPS素材を使用している上に、アーマーパーツも手足の可動を妨げないように設計されているため、さまざまなアクションポーズも再現できます。

そして服のシワ感や肌の質感もとことんリアリティを突き詰めての立体化を果たしており、さらにアーマーパーツも支援メカ「スーパーデラックスウイニングガンダム」に組み替えることも可能です。まさに遊び心満載のこの美少女ガンプラは、MGも含めた普通のガンプラじゃ物足りないという人にはおすすめできます。

おすすめのガンプラMGのメーカー・ブランド3つと代表製品

バンダイ

HGUC 1/144 RX-78GP03 ガンダムGP03 デンドロビウム
HGUC 1/144 RX-78GP03 ガンダムGP03 デンドロビウム

¥ 30,240

口コミ

商品がとどきました。hgですよね、箱の大きさにはビックリ! 完成したらどこに飾りましょう~ 頭いたい!!!

「機動戦士ガンダム0083」に登場する主人公コウ・ウラキの愛機デンドロビウムガンダムの大型キットで、全長1mほどもする大型モデルのガンプラです。

腹部に同シリーズのガンダムGP03S(HGモデル)を搭載し、背面のコンテナブロックは開閉式となっており、中へ武器パーツの出し入れや取り外しもでき、下腕の接近戦用の大型クローアームの展開ギミックも再現できるなど、「0083」の最終決戦で活躍したガンダム3号機の雄姿を自分だけのものにできます。

MGよりも難易度とランクが低いHGのガンプラですが、このように大型モデルだけあってパーツも多いため、MGやRG並みに組み立て作業に時間と労力を要することになります。しかし、「0083」の最終決戦で活躍した主人公機だけあって組み立てた時の壮観さと達成感はひとしおなので、0083ファンはもちろん、ガンダムが大好きな人にはおすすめできるガンプラです。

タカラトミー

ゾイド MPZ-01 シールドライガー
ゾイド MPZ-01 シールドライガー

¥ 12,960

口コミ

昔欲しかった品で当時ぐらいの価格で手に入りました。とても気に入ってます。

動物をモチーフとした戦闘兵器をメインとしたアニメやゲーム「ZOIDS」シリーズの顔役であるライオン型の機動兵器で、1/72スケールの電動駆動式のプラモデルの組み立てキットです。

歩行では猫手や足の位置などネコ科の動き、そして鼓動や咆哮などの動作を再現し、さらにアイドリング、音、光のギミックを搭載し、まるでアニメやゲームと同じように本物の動物みたく生きているかのような迫力を実現していて、ZOIDSファンなら必見と言えるほどおすすめできます。

さらに頭上下部や顔側面のシールドや冷却装置などのパーツやギミックなども有しており、そして付属の台座に載せて歩行動作を楽しめるなど、ガンプラMGに引けを取らないおすすめ度を持つクオリティを持っています。

コトブキヤ

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=あーてる
フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=あーてる

¥ 7,344

口コミ

パーツ数が多く重量感のあるキットです。 全体のフォルムもカッコいいし、取り敢えず可愛い。

コトブキヤが発売しているロボットプラモデルのスピンオフシリーズ「フレームアームズ・ガール」のひとつで、フレームアームズのフレズヴェルクのバリエーション機「アーテル」を美少女として擬人化させた物です。

木下ともたけのデザインであるフレームアームズのアーテルを、駒都えーじが美少女という形で擬人化させたイラストをもとに立体化させており、メカニカルと美少女の融合という見事なコラボレーションが人気を呼んでいます。

さらに広範囲な可動によるさまざまなポージングの実現と、パーツの差し替えによる素体状態の再現など、ガンプラMGにも勝るとも劣らないクオリティを実現しています。そして、一部パーツ塗装済みのマルチカラーキット仕様となっており、組み立てただけでも設定イメージに近い仕上がりとなるため、初心者にもおすすめです。

ガンプラMGの使い方・楽しみ方

他のガンプラにも言えることですが、ガンプラMGのおすすめの使い方・楽しみ方といえば、なんといっても組み立てて飾ったり、そしてさまざまなポーズをとらせ、眺めることにあります。

やはり、プラモデルと同じように自分の手で一から組み立てて、アニメやゲーム、漫画の中での戦いなどの場面でかっこいい活躍ぶりを見せたモビルスーツなどのメカニカルのガンプラで、その中でもクオリティの優れた部類に入るMGだからこそ、自分の目の届く場所に置いて楽しみたいものでしょう。

そしてクオリティに優れる反面、パーツの多さなどで組み立てに時間がかかるガンプラMGだからこそ、組み上げた時の達成感と壮観さはひとしおです。だからこそ、ガンプラMGも組み立て、眺めて楽しむのがおすすめであると言えます。

ガンプラMGを組み立ててみよう

今回の記事ではガンプラMGと、ガンプラMGのおすすめは何かについて解説しました。ガンプラMGは組み立てて楽しむもので、優れたクオリティゆえに組み立てに手間と時間がかかりますが、完成した時の眺めと達成感はかなりの物です。

皆さんもこの記事を参考にガンプラMGを探してみて、自分にとっておすすめとなるガンプラMGを組み立てて楽しんでみてください。

Related