Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月28日

ヴェポライザーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

普通のタバコ、手巻きタバコ、電子タバコと続く第四のタバコと言われているのがヴェポライザーです。ヴェポライザーというとリキッドを気化させたもので、喫煙者にはおすすめできないと思っていませんか。しかしおすすめポイントは葉タバコを使うのにニコチンの心配はない事です。

ヴェポライザーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ヴェポライザーの種類と選び方を知りたい!

タバコは好きだけど健康上に不安がある、禁煙しないと家族に怒られる、そんな悩みを持っている人の間で話題になっているのがヴェポライザーというアイテムです。ヴェポライザーはタバコと違って、直接葉っぱを燃やすのではなくリキッドなどを高熱で温めることで気化した成分を吸引する器具です。

まるで見た目はタバコのようなのにタールや有毒な成分が出てこないことから、喫煙の補助具としての役割だけでなくファッション面からこのヴェポライザーの人気が出てきてます。2017年ごろからブームを巻き起こしており、多種多様なヴェポライザーがユーザーを楽しませてくれます。

でも初心者からすると多種多様なヴェポライザーは何を買えばいいのか迷っていませんか。そんなヴェポライザーの初心者さんのためにヴェポライザーの種類の解説や、選び方、リキッドなどの付属品をご紹介させていただきます。

ヴェポライザーの種類って何があるの?

ヴェポライザーには多様な種類があります。その違いは、気化させる物質が何であるかの違いです。「シャグ」「リキッド」「タバコ」の三種類が現在ヴェポライザーの種類としてメジャーです。甲乙つけがたいほどそれぞれ良いところはありますが、自分の味の好みや用途によっておすすめするヴェポライザーは違います。

より自分の好みや想定している用途に合わせたヴェポライザーが手に入れられるように、ヴェポライザーの種類を知っておきましょう。

葉っぱを詰め込むシャグタイプのヴェポライザーとは

だいたいヴェポライザーというと、このタイプのことを指します。シャグタイプのヴェポライザーは中にタバコの葉っぱを詰め込んだり、プレートの上に葉を乗せたあとに気化したものを吸う器具です。実はヴェポライザーとしての歴史は深く、もともと医療器具として開発されたものでした。

タバコの葉っぱを燃やさず加熱するので、タバコを吸っているのに肺や喉に負担をかけることがないのでおすすめです。

手巻きタバコ用の葉でヴェポライザーを吸っている人もいれば、ヴェポライザーの味を全力で楽しむためにヴェポライザー専用の葉を買っている人もいたりと、ヴェポライザーに対してなんとなく敷居の高さを感じていた人にもおすすめなヴェポライザーです。

液体を使うリキッドタイプのヴェポライザーとは

安価なものから高価なものまで、値段に振り幅がある初心者にもおすすめなヴェポライザーです。ヴェポライザー、というよりも「ベイプ」という名前でおすすめされています。ヴェポライザーの中でもメジャーなタイプなので、知っている人も多いのではないでしょうか。

吸っている時のタバコ感よりもタバコっぽい見た目に憧れる人ならこちらがおすすめでしょう。気化させているものはグリセリンを混ぜた液体なので、ニコチン中毒の心配も軽減され、家庭でもおすすめです。口寂しさをなくす、またはファッションアイテムとして、などの望みを叶えてくれるのがこのタイプのヴェポライザーです。

ちなみに日本産のリキッドにはニコチンは入っていないためニコチン中毒の心配がありませんが、海外産のリキッドはニコチンが入っており入手可能です。もしもニコチン入りのリキッドを吸った際にはタバコと同じくニコチン中毒の恐れがあるため注意してください。

見た目がタバコなタバコタイプのヴェポライザーとは

細長い、見た目がタバコに近いタイプのヴェポライザーです。吸う部分の近くにフレーバーを含ませているカートリッジを電気で温めることで、多様な味が楽しめます。フレーバーカートリッジと加熱する本体が一緒になっており、吸い終わると本体ごと捨てられるヴェポライザーと、フレーバーカプセルと加熱する本体が別々になっており、本体だけ充電ができるヴェポライザーの2種類があります。

製品によってはリキッドタイプのヴェポライザーよりもリキッド代がかからないため、ちょっと試してみたいなど、興味として始めるならこのヴェポライザーがおすすめです。

ヴェポライザーを選ぶ時ってどうすればいいの?

ヴェポライザーの選び方は人によって違います。ヴェポライザーにタバコらしさを求めるのであれば、シャグタイプのヴェポライザーがおすすめです。なぜならシャグタイプのヴェポライザーはタバコの葉っぱを熱しているため、手巻き用のタバコ葉を使うこともできます。ただしお値段が高いものが多く、気軽に試せる値段ではないのがネックです。

ファッション性や携帯性を求めるのであれば、リキッドタイプやタバコタイプのヴェポライザーがおすすめです。タバコっぽい見た目であるのはもちろんのこと、豊富なカラーと全くタバコっぽくないチョコレートやバニラのお菓子系フレーバー青リンゴなどのフルーツ系のフレーバーなど幅広い味を楽しめます。

またリキッドタイプにはタバコっぽいフレーバーもあるので、安全に禁煙を助けてくれるアイテムなので禁煙目的の人にもリキッドタイプがおすすめです。

バッテリーも選ぶポイントのひとつ

さらに見た目や目的だけではなく、ヴェポライザーを何度使うかにも選び方が違います。ヴェポライザーは電気で熱するもなので、使うにはバッテリーの充電が必要です。ほんのたまに吸うだけなら安価でバッテリー容量があまりないものを選んでも支障がありません。

しかし、ヘビースモーカーの人が容量の小さいヴェポライザーを買っても余計な出費になるだけなので、レビューなどを見てバッテリー容量を確認することををおすすめします。

つまり、ヴェポライザーを買うときには自分の喫煙頻度、そしてバッテリー容量と本体価格で選んでみてください。選び方がどうしても分からない、という場合には最近はヴェポライザー専門店があります。

そちらで店員さんと話し合いながら自分が納得したものを購入する、という購入方法がおすすめです。

おすすめ人気ランキングTOP3を発表します

初心者におすすめなのは、買った時からヴェポライザーが楽しめるスターターキットの購入です。そしてそのスターターキットの中でも特に人気上位に上がっているものを3位からご紹介します。人気の商品はレビュー数も高くて購入時の参考としてもおすすめなので、ぜひ見てみてください。

3位:「WEECKE Fenix mini」

 WEECKE Fenix mini
WEECKE Fenix mini
口コミ

一言で言うとニコチン感がすごい! フィルター無しなのでリアルタバコよりニコチン感があります、口臭出そうな位で吸い応えは予想をはるかに越えています。

メンテナンス用品と合わせてセットになった初心者におすすめなシャグタイプのヴェポライザーは、葉タバコを別途で買うだけでヴェポライザー生活を送ることができます。好みの温度を調節することができるため、温度による味わいの違うも感じられる商品です。また喫煙具としての評価も高く、重い味わいが感じられるという意見もありました。

そこそこ高価格なので買うのを躊躇ってしまいそうですが、ヴェポライザーはメンテナンス次第で味が変わってしまうので、しっかりメンテナンス用品がセットについてくるのは高評価です。

2位:「VAPE X6 スターターキット」

VAPE(ベイプ) X6
VAPE(ベイプ) X6
口コミ

タバコ型のよりも煙の量、香りがよくて満足です。 喫煙者ではないですが、結構リフレッシュに良いです。 リキッドは、カミカゼのスーパーハードメンソールです。

見た目でヴェポライザーを探しているならこのヴェポライザーではないでしょうか。色の種類が豊富でファッション性も高く、リキッドタイプだから多様な味が楽しめる商品です。メタリックな見た目の良さはもちろんのこと、吸いごたえに関係してくる、煙の量や香りの良さも高く禁煙補助具としての評価も高いのでおすすめです。

1位:「iStick Pico」

iStick Pico+MELO3mini kit
iStick Pico+MELO3mini kit
口コミ

このistick Picoは凄い爆煙かつ味も良い(о'∀`о) 1日2箱吸ってるのが 禁煙出来そうです‼

タバコの喫煙歴に関わらず始めやすいリキッドタイプのヴェポライザーの中でも評価が高くておすすめなのがこの商品です。

この商品を作っているEleafはヴェポライザーユーザーの間でも評価が高いと言われている会社で、温度調節機能、バッテリーの可視化などの吸う上で嬉しい機能を搭載しています。さらに分解がしやすから、メンテナンスが簡単いうメリットもあるので、初心者はもちろんのこと、すでにヴェポライザーを持っている脱ビギナーという人にもおすすめなヴェポライザーです。

特徴別におすすめなヴェポライザーはあるの?

ヴェポライザーを買う時に自身の使用頻度や本体の機能性から選ぶことも重要ですが、自分が愛用するものであれば「見た目」「価格」「買いやすさ」で選びたい人もいるでしょう。そこで、その3つのポイントをおさえたおすすめしたいヴェポライザーをご紹介いたします。

初期費用などでついつい足踏みしていた人も、ぜひこの機会にヴェポライザーをはじめてみることをおすすめします。

見た目のタバコっぽさで選びたい人におすすめ

まずは見た目のタバコっぽさで選びたい人はタバコタイプやリキッドタイプの中でも、細長いシルエットをしたスティックのヴェポライザーを買うのがおすすめです。タバコタイプは見た目がタバコですし、スティックのヴェポライザーは軽くて携帯性が高い製品が揃っているので、ファッションだけでなくタバコから移行したい人にもおすすめの商品が揃っています。

apeonly マル MALLE

vapeonly マル MALLE 電子タバコ ゴールド
vapeonly マル MALLE 電子タバコ ゴールド
口コミ

電子タバコで自分が一番ネックになっていた部分が大きさです。 従来、自分が購入していた電子タバコとは違い、普通のタバコサイズといった点がとても良かったです。 煙の量も申し分ないです。

見た目の華やかさを重視するのであれば、こちらのヴェポライザーがおすすめです。シンプルな見た目なのでおもちゃっぽさがなく女性でも男性でも手にしやすい、魅力的なヴェポライザーはケースに入れた時に充電してくれます。タバコは吸ったことないけどタバコの見た目がかっこいい、禁煙したいけどヴェポライザーって重そうって人におすすめです。

プルームテック

M1.25 バージョンアップ仕様(ソフトキャリーケース)プルームテック
M1.25 バージョンアップ仕様(ソフトキャリーケース)プルームテック
口コミ

他の商品はメンテナンスが面倒だったり、デザインがいまいちだったりすることがあります。 こちらはデザインもシンプルですし、メンテナンスも簡単です。

喫煙者の人はプルームテックの名前を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。フレーバーのあるカートリッジを吸うことで、タバコの風味が味わえるこの商品はメンテナンスが非常に楽ということで高評価を受けています。また匂いが少ないので、身近な人がタバコ臭を気にする人でも気兼ねなく吸うことができるのがおすすめのポイントです。

価格で選びたい人におすすめ

ヴェポライザーを始める時にネックになるのが本体の値段ではないでしょうか。ヴェポライザーは高いものだと1万円以上する商品もありますし、それに追加してリキッドやシャグなど吸うものがないと楽しめません。可能な限り気軽に低価格で楽しみたいという人にもおすすめな低価格のヴェポライザーもあります。

EGO

 YTA 電子タバコ 本体・Vape 電子タバコ1100mAH 大容量 2本バッテリー・4本アトマイザー 禁煙減煙サポート 禁煙セット 電子タバコ セットEGO
YTA 電子タバコ 本体・Vape 電子タバコ1100mAH 大容量 2本バッテリー・4本アトマイザー 禁煙減煙サポート 禁煙セット 電子タバコ セットEGO
口コミ

バッテリーの持ちも良いし二本セットかつ予備用タンクもついてなので、出先でも文字通り一日中吸っていられます。

二本あって2000円未満というこのヴェポライザーは初心者の入門やもう一本あったらいいな、と考えている人におすすめです。また本体が2台あることで片方が充電切れてももう片方が使用できるので、心強いと考える人も多いでしょう。

またリキッドの予備を入れるタンクがふたつ予備に付属しているのも、この商品のポイントです。すぐにタンクが空になってしまう人であれば、余分にリキッドを入れることができます。

買いやすさで選びたい人におすすめ

ヴェポライザーってあまり街中では見ないけどもしかして専門店や通販にしかないのか、と思った人におすすめしたいのが薬局などで手頃に買えるヴェポライザーです。実物を手軽に見られるので、自分の手にとって購入してみてはいかがでしょうか。

C-Tec DUO スターターキット

C-Tec DUO
C-Tec DUO

¥ 2,484

口コミ

30年以上禁煙出来ないのに、これで止めれるか不安だったけど、プルームのタバコカプセルも使いつつですが、紙巻きタバコ、止めてますよ!

薬局で買えるヴェポライザーでおすすめなのがこの商品です。初期費用が2500円ほどでカートリッジ1個400回と経済的なのが、このヴェポライザーの特徴ではないでしょうか。カートリッジのラインナップにタバコのフレーバーはないため禁煙を目的として購入するには物足りないと感じる人はいる可能性はありますが、とにかくヴェポライザーを始めてみたいという人におすすめしたい商品です。

本体に取り付け可能なクリップも本体とセットで付属しています。小さいと紛失してしまう方でも、ペンと同じようにポケットに保管することができるので、紛失の心配が少ないです。

吸いごたえで選びたいにおすすめ

どうしても火で葉っぱを燃やすタバコと違いヴェポライザーは吸いごたえが軽いと言っている人もおり、タバコと比較した吸いごたえばヴェポライザーの課題でしょう。タバコのようにしっかりした吸いごたえを楽しみたいという人におすすめのヴェポライザーがあります。

WEECKE Fenix
WEECKE Fenix
口コミ

シャグを加熱式で吸えるのは私にとって理想の組合せで、スモークがほぼ出ないのがちょい喫煙の満足感に欠けるものの 臭いもiqosより圧倒的に少なくとても良い買い物でした。

吸いごたえで答えるならシャグタイプの中でおすすめなヴェポライザーです。中でもこの商品はかなり吸いごたえがあると評価を受けている商品で、シャグのバニラ系などの甘い系のフレーバーが平気であればすぐに慣れると言われています。

ヴェポライザーで何を吸う?オススメフレーバーとは

ヴェポライザーの匂いって何がいいのだろうと、最初は考えてしまいます。ヴェポライザーは本体と一体タイプでない限り、フレーバーを選ぶことができるので自分好みの味で楽しむことができます。初心者におすすめなフレーバーを紹介しましょう。

グリーンアップルメンソール

グリーンアップルメンソール
グリーンアップルメンソール

¥ 1,080

口コミ

マスカットメンソールが結構人気ですが このグリーンアップルメンソールもなかなかです。 しっかりアップルの風味がします。 1リットルで出して欲しいくらいです。

ちょっと強めに喉に抜けるメンソールとグリーンアップルの酸味の相性が高評価なリキッドです。メンソールで口当たりを軽くしてあるので、甘いものが苦手という方でも楽しめるフレーバーでしょう。チョコレートやバニラなどしっかり甘いフレーバーは好き嫌いが分かれる、という意見もあるので人前で吸うために用意してみてはいかがでしょうか。

プルームテック グリーンアップルメンソール味

プルームテック 互換 カートリッジ 大容量 5本入
プルームテック 互換 カートリッジ 大容量 5本入

¥ 2,000

口コミ

電子タバコって大きめでゴツイイメージがあったのですが、こちらの電子タバコはスリムでオシャレなデザインになっており、一見すると電子タバコには見えないかも。

タバコタイプでもカートリッジと一体でなければ、販売されているフレーバーで楽しむことができます。タバコっぽくないフルティーさを求めるのであれば、こちらの青リンゴのカートリッジがおすすめです。

シャグタイプはタバコ用の葉っぱで使用可能

シャグを燃やして吸う、シャグタイプの場合は手巻きタバコ用の葉っぱを燃やすことで喫煙が可能です。シャグタイプのヴェポライザーを存分に味わうのはシャグは本格的なタバコ味よりも、バニラやカシスなどの甘い味の方が相性がいいと言われています。

シャグはどこで買えばいいのかわからない、という人はヴェポライザー専門店だけではなく手巻きタバコ専門のお店に行けば、シャグの取り扱いは多いので探してみてください。

おすすめのヴェポライザーの人気メーカー3つとは?

メーカーを重要視する人も多いでしょう。大手メーカーは通販ページでもレビューが多くて参考になりますし、しっかりトラブルに対処してくれる保証書付きのところも少なくありません。そんなヴェポライザーの有名ブランドを3つご紹介させていただきます。

Aspire

Aspire PockeX AIO ポケックス
Aspire PockeX AIO ポケックス
口コミ

使いやすく、始めやすいです。 元々セットされているコイル1つと、換えのコイルがもう一つついているので、リキッドさえあればすぐ使えます! 初心者にはありがたいです。

価格帯と品質に定評のあるメーカーです。タバコの細身で小さいシルエットにこだわる人からするとデザインがネックになってしまいますが、耐久性も高くておすすめです。その中でも初心者向けでメンテナンスしやすいのが、こちらの商品です。物によっては液漏れする可能性があるリキッドタイプのヴェポライザーですが、こちらの商品は液漏れがないので好評です。

Eleaf

iCare Starter Kit Eleaf
iCare Starter Kit Eleaf
口コミ

味がそこまで濃く感じなかったのでメンソール単体のリキッドを入れて節煙目的で使用していますがメンソールリキッドとの相性は良く感じました。

バッテリーの良さと優れた携帯性で支持を集めているのが、このメーカーです。初心者でも扱いやすく、それでいて低価格というのがこのメーカーの持ち味です。温度調節機能が付いているので、リキッドを焦がしてしまうこともありません。焦げ臭くなってしまうなど初心者がぶつかりやすいトラブルを回避できます。

CigGo

herbstick relax スターターキット
herbstick relax スターターキット
口コミ

本当に評判通りの商品でした。 iQOSやgloより、煙草に最も近く煙草代節約できいい商品を手に入れた事を喜んでます。

シャグタイプのメーカーであるならこちらのメーカーがおすすめです。プルームテックの互換機が販売されたことでも有名なメーカーで、価格帯は5000円以上の商品が多めとなっています。この商品は温度調節が可能で、スイッチオンの状態にしても1分以上経過すると自動で温度を下げてくれる嬉しい機能があるので、ついつい放置して葉っぱが焦げ臭くなるということもありません。

ヴェポライザーの使い方・活用方法・楽しみ方

ヴェポライザーのおすすめの楽しみ方は、タバコの代用品としてだけではありません。やけ食いが多い人はストレスが原因でやけ食いしてしまうことがあるため、食べ物の代わりにヴェポライザーを使用して食欲を紛らわせることもできます。

またリキッドタイプは、リキッドを入れる部分が本体と別れている商品もあるため、本体を買わずとも多種多様な味が楽しめることが魅力です。ケースが本体とセットになっている商品もあるので、本体一個に対してリキッドが数種類という楽しみ方もおすすめします。

ヴェポライザーを使ってみよう!

ヴェポライザーの魅力と使い方を紹介させていただきました。昨今はタバコも増税されており、禁煙したいけどタバコのない生活に戻れるか不安になっているユーザーからヴェポライザーの注目が集まっており、第3のタバコと呼ばれています。

本体の種類はもちろんのこと、リキッドやシャグはたくさんのフレーバーの種類も多く揃えています。甘いものが苦手な方はメントール、逆にメントールが苦手であればフルーツ系のフレーバーを選ぶなど幅広い選択肢があるので一度検討してみてはいかがでしょうか。

Related