Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

チューブラータイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ロードバイクにのる初心者たちが、最初からいきなりチューブラータイヤである必要はないにしても、ある程度自転車に拘りを持つようになれば、必然的にチューブラータイヤに向きあうことになるでしょう。そこで今回は、おすすめのチューブラータイヤを紹介します。

チューブラータイヤおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

おすすめチューブラータイヤの種類と選び方

ロードバイクなどに乗っている人たちが、何かわからない、とは言えないほどポイントとなるものがチューブラータイヤです。

おすすめチューブラータイヤは、タイヤの原型とも言われています。ロードバイクに拘りを持っている人たちなら、チューブラータイヤ程度の知識は持っている必要があるでしょう。

ロードバイクなどに拘りを持てば、当然、必然的にタイヤにも拘りを持つことになるはずです。そんなおすすめチューブラータイヤの選び方などチェックし、参考にしてみてください。

おすすめチューブラータイヤの種類

おすすめチューブラータイヤは、タイヤの骨格を形成するカーカスの中に、インナーチューブを縫い込んだ種類です。

袋状になったタイヤの皮の中に、チューブが入っている感じのものが、おすすめチューブラータイヤです。

クリンチャータイヤの場合は、WO(ワイヤードオン)と呼ばれる種類のタイヤであり、自転車に最も多く使用される種類といえます。おおむね、リムとタイヤのスペース空間に、インナーチューブが入っています。

タイヤとインナーチューブは別というのが、普通のタイヤのカタチです。もしも、パンクしてしまったときには、インナーチューブを取り出し修理をすることになります。

しかしおすすめのチューブラータイヤの場合はそうではなく、タイヤとチューブは一緒なので、パンク修理はほとんど不可能でしょう。

おすすめチューブラータイヤの選び方

なぜ、おすすめチューブラータイヤが好まれているのでしょうか。チューブラータイヤが多くの人たちに選ばれている理由を紹介します。

タイヤとチューブが完全に分離しているクリンチャーとは違い、縫い込まれたタイヤの中にチューブが入っているメカニズムなので、タイヤとチューブのズレが起こりにくく、摩擦による走行ロスが少ないと言われています。

ロードバイクなどに乗っていて、おすすめチューブラータイヤによって、より快適と感じられることでしょう。さらに、クリンチャータイヤは、タイヤをU字型のリムによって挟み込んでいますが、おすすめチューブラータイヤは、真円に近い形を保つことができます。

ですから、おすすめチューブラータイヤは、タイヤ固定力が強いメリットがあり、高速で走行しようとするとき、非常に安定性が高いと感じられるでしょう。

リムの強度

やはり、レースなどのシーンにおいて、ロードバイク乗りはしっかりとおすすめチューブラータイヤと向きあうべきです。

おすすめチューブラータイヤのほうが、リムの強度を出しやすいとも言われています。それは、リムも簡単な構造にでき、薄い素材で強度を出すことができるからです。重量も、おすすめチューブラータイヤは、軽くすることができ、ロードバイクの走行をスムーズにすることができます。

チューブが完全にタイヤの中に包まれているチューブラータイヤなので、実際には、リム打ちパンクはなかなか起こらないことも選択ポイントです。実際にパンクがない訳ではありませんが、チューブラータイヤは徐々に空気が抜けていくスローパンクとなる率が高いです。

ですから、おすすめチューブラータイヤでは、パンクしてしまったことを気付いても、そのまま修理できる場所程度は、移動することができるでしょう。

チューブラータイヤおすすめ人気ランキングTOP3

ロードバイク初心者やロードバイク乗りのなかには、チューブラータイヤを購入しようとするとき、なにがおすすめでなにを購入していいかわからないことがあるのでしょう。

そのようなときには、まずは、インターネットのランキングなどチェックするのがいいでしょう。わからないなら、ランキングトップのおすすめチューブラータイヤを購入しておきましょう。

ランキング3位ビットリア

Vittoria(ビットリア) タイヤ ストラーダ [strada] 21-28" チューブラー 295g ロード
Vittoria(ビットリア) タイヤ ストラーダ [strada] 21-28" チューブラー 295g ロード

¥ 3,888

口コミ

バルブが取り外せるのでリムの高さがあっても延長するのに簡単に出来ます。

ランキング3位は、Vittoria(ビットリア)です。このおすすめチューブラータイヤは、パンク性能や走行性能に特化しているタイヤとして多くの人たちが支持していす。道路環境が悪い状態で走り続けても、とにかくこのようなチューブラータイヤによって安心感がもたらされるこのでおすすめです。

長い距離を走り続けるからこそ、このようなおすすめチューブラータイヤにして良かったと実感できるはずです。このおすすめチューブラータイヤは、ディープホイールに対応している、取り外しができるバルブコアを使用しています。ですから、トレーニング用としても多くの人たちに利用されています。

ランキング2位:「TUFO 」

【JET_PRO27】TUFO JET PRO 27 19mm 700c チューブラータイヤ オールブラック
【JET_PRO27】TUFO JET PRO 27 19mm 700c チューブラータイヤ オールブラック

ランキング2位のおすすめチューブラータイヤは、TUFO です。高気圧の割りにクッション性もありとてもいい感じで走行できるでしょう。

TUFOでS33 PROというのもおすすめです。インターネットでは、こちらのおすすめチューブラータイヤのほうが、スピード感があるという意見があります。価格も同じ程度ですが、とぢらも価格以上にいいと感じられることでしょう。

ランキング1位:「コンチネンタル」

Continental(コンチネンタル) SPRINTER スプリンター チューブラータイヤ [並行輸入品]
Continental(コンチネンタル) SPRINTER スプリンター チューブラータイヤ [並行輸入品]
口コミ

既に7本ほど使用したが何れも良く出来ていた。 製品にバラツキが無いのは良いことだ。

1位のおすすめチューブラータイヤは、Continental(コンチネンタル)です。おすすめのチューブラータイヤ探している人は、このようなタイヤを求めていることが多いでしょう。コンチネンタルのチューブラータイヤだから、既に多くの支持者がいます。

おすすめチューブラータイヤには、セイフティシステムブレーカーが内蔵され、耐久性を期待できるナイロン繊維を編み込んだ耐パンクシート、ポリアミド繊維を使用し、より強度をアップさせています。

長く乗り続けていたいというのなら、間違いなくこのようなチューブラータイヤの選択がいいでしょう。

特徴・用途別おすすめのチューブラータイヤ

みなさんは、今どのようなシーンにおすすめのチューブラータイヤを求めているでしょう。そしてそのとき、一番おすすめのチューブラータイヤはなんなのでしょうか。まずは用途を明確にし、特徴をしっかりチェックしましょう。

ロードバイク用

Vittoria(ビットリア) strada [ストラーダ] 21-28" レッド/レッド チューブラタイヤ 295g 111.1N2.09.21.422BX
Vittoria(ビットリア) strada [ストラーダ] 21-28" レッド/レッド チューブラタイヤ 295g 111.1N2.09.21.422BX
口コミ

値段良し 発色良しでお買い得ですが、頻繁に値段が上下するので買い時を探る手間はあります。

ロードバイクに乗っている人たちは、Vittoria(ビットリア)程度のタイヤを求めていくべき必要があるでしょう。

こちらのおすすめチューブラータイヤは、チューブラーの中でも安くて丈夫、コストパフォーマンスに優れているととても評判です。 カラーが豊富というのも、このおすすめチューブラータイヤが選ばれている理由です。

安い

【JET_PRO27】TUFO JET PRO 27 19mm 700c チューブラータイヤ オールブラック
【JET_PRO27】TUFO JET PRO 27 19mm 700c チューブラータイヤ オールブラック

価格が安いのがいいというなら、TUFO 程度のチューブラータイヤがいいでしょう。

また、S33 PROというのもおすすめです。価格も同じ程度ですが、どちらも価格以上にいいと感じられることでしょう。

25c

challenge STRADA 28×25C チューブラータイヤ(622) ブラック×スキン
challenge STRADA 28×25C チューブラータイヤ(622) ブラック×スキン

¥ 9,580

口コミ

今まではコンチネンタルのコンペティションの22Cを使う事が多かったのですが、インナーチューブがラテックスの25Cを使用してみたくなり、購入しました。

25cを求めている人たちには、STRADA 28×25C がおすすめです。STRADA(ストラーダ) チューブラータイヤはラフな長距離レースでの快適さとスムーズな走行を実現するため、やや太めの幅になっています。

ブチル

パナレーサー チューブ R'AIR [W/O 700x23~28C] 仏式ロングバルブ(48mm) TW723-28LF-RA
パナレーサー チューブ R'AIR [W/O 700x23~28C] 仏式ロングバルブ(48mm) TW723-28LF-RA

¥ 1,852

口コミ

以前はラテックスチューブを使ってたがバルブ接着面より剥がれた(3ヶ月使用) 信用出来ないので以前より使ってたR'AIRをまた使う事に。

ブチルチューブがいいという人たちは、このようなものを選択しています。

トライアスロン

Continental(コンチネンタル) GrandPrix 4000 S II Bk-Bk skn fd 700x25C 0100945
Continental(コンチネンタル) GrandPrix 4000 S II Bk-Bk skn fd 700x25C 0100945

¥ 7,560

口コミ

コスパも良くたいへん満足です グリップも満足してます^ ^(^ ^)

トライアスロンに挑戦するようにな人たちは、よりチューブラータイヤをしっかり選択する必要があります。そのような人たちに選択されているおすすめチューブラータイヤは、Continental(コンチネンタル) です。

コンチネンタルGP4000チューブラーは、コスト面ではやや高いと感じてしまうことはあるでしょうが、やはり多くの人たちが間違いのないタイヤと考えています。

ヒルクライム

パナレーサー タイヤ RACE A EVO3 [ALL AROUND] 700×23C
パナレーサー タイヤ RACE A EVO3 [ALL AROUND] 700×23C

¥ 5,843

口コミ

組み付けてみるとわかりますが、しっかり真円も出ていて質の良さを感じます。

ヒルクライムのシーンでも、しっかりタイヤに注目する必要があります。そのようなシーンで、PANARACER のようなチューブラータイヤが選ばれています。

コスパ最強レースタイヤともいうことができます。クッションも長距離でも疲れないですし、グリップもコーナーも安心です。転がり抵抗も、耐パンクも高いメリットがあります。

おすすめのチューブラータイヤのメーカー

みなさんは、どのようなおすすめチューブラータイヤを選択しているでしょうか。しっかり、チューブラータイヤについてわかっているという人たちの中には、ブランド任せにしている人たちもいます。

しかし、信用できるブランドなら、それもありではないでしょうか。ブランド頼りにしている人たちが、求めているおすすめチューブラータイヤはこれです。

ビットリア

Vittoria(ビットリア) タイヤ ストラーダ [strada] 21-28" チューブラー 295g ロード
Vittoria(ビットリア) タイヤ ストラーダ [strada] 21-28" チューブラー 295g ロード

¥ 3,888

口コミ

最近は精度も上がって捻じれることもないし、何より転がりがとても良いです

Vittoria(ビットリア) のおすすめチューブラータイヤなら、かなり信用することができます。はじめてで何を購入していいかわからないという人たちには、このようなチューブラータイヤがおすすめです。

価格は安く、かつ丈夫で、コストパフォーマンスに優れているということも、チューブラータイヤの選択にとても大事なポイントです。Vittoria(ビットリア) は、これらを全てクリアしています。通勤通学などでバンバン乗る人も、このようなおすすめVittoria(ビットリア) のチューブラータイヤがいいでしょう。

Vittoria(ビットリア) の口コミ情報には、センターが完璧に合わないと言う意見もあります。そのあたりのこともチェックして購入するようにしてください。ただし、そこまで拘りを持っている人たちも実際には少ないので、多くの人におすすめと言えるでしょう。

ソーヨー

ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) チャレンジャー CKV-270 チューブラータイヤ
ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) チャレンジャー CKV-270 チューブラータイヤ

¥ 5,076

口コミ

激しくコーナーを攻めない限り特に問題はありません。(ドライ時) エアー調整は8バール以上のほうが路面からの衝撃吸収も良く転がりも良くなります、エアー抜けも少ない方です。

ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) は、多くの人たちに知られていない可能性はありますが、コアな人たちはしっかりこのようなブランドにも注目しています。

SOYO TYREはインプレでの評価が高く、全ての性能で誇ることのできる、かなりおすすめブランドです。

コンチネンタル

Continental(コンチネンタル) SPRINTER スプリンター チューブラータイヤ [並行輸入品]
Continental(コンチネンタル) SPRINTER スプリンター チューブラータイヤ [並行輸入品]
口コミ

乗り心地も良く、グリップもしっかりします。 組み付ける前に2日伸ばせば、問題なくハマりました

多くの人たちが、おすすめチューブラータイヤとして絶対に外せないというのがContinental(コンチネンタル)でしょう。

もちろん、Continental(コンチネンタル)はおすすめチューブラータイヤブランドです。Continental(コンチネンタル)は走りの軽さと同時に高いパンク耐性と耐摩耗性を持っているチューブラータイヤを製造している、プロフェッショナルです。

Continental(コンチネンタル)は、やや固い乗り心地感があると一部の人たちから声が上がっていますが、コスパはかなり優れていると考えることができるのでおすすめです。

評価

Continental(コンチネンタル)のタイヤは、ホイールにはめて空気を入れるだけでセンターがバッチリ合うことも、評価されています。

まさに、このようなブランドのチューブラータイヤを購入しておけば当たりはずれが少ないでしょう。Continental(コンチネンタル)では、耐パンク性能を強化した「ゲータースキン」というタイプも現在注目されています。

チューブラータイヤの使い方・活用方法

チューブラータイヤを選択してしまえば、 タイヤとチューブが一体となっているため、分解するのが難しい一面があります。チューブラータイヤがパンクしてしまったら、基本はタイヤごと交換することになってしまうでしょう。

そして、チューブラータイヤのほうが、修理にかかる費用も高くなってしまいます。チューブラータイヤの場合、タイヤごと交換ということになるので、10000円前後お金がかかってしまうことになりますが、クリンチャータイヤの場合、パンク修理費用が1000円前後で済ますことができるはずです。

パンク修理がしやすく、ランニングコストが低いのはクリンチャータイヤだと感じる人は多いでしょう。ではなぜチューブラータイヤ・Tubularにする必要があるのでしょうか。ここでは使い方・活用法について詳しく見てましょう。

乗り心地

チューブラータイヤには、乗り心地の良さがあります。ロードバイクなどに乗れば、必然的におすすめのチューブラータイヤを選択する人が多くなります。

コストをなるべくかけず、メンテナンスを重視するのならば、クリンチャータイヤを選ぶというのも選択肢です。ロードバイク乗りは、ケースバイケースでベストなタイヤを選択していかなければなりません。

はじめての人たちは、敢えてチューブラータイヤにまで注目する必要はないとも言えます。もっとロードバイクについて理解できれば、自ずとおすすめチューブラータイヤと向きあうことになるでしょう。

デメリット

おすすめチューブラータイヤTubularに乗るうえで、チューブラータイヤのデメリットもしっかり理解しておくべきです。パンクというキーワードが時々出てきますが、パンク修理が面倒くさいというのは、間違いなくこちらでしょう。

タイヤレバーで簡単にチューブを取り出せるクリンチャーと同じようなものだという考えには大きな間違いがあります。縫い合わされている糸をほどいてチューブを取り出して、パッチをあてた後に、またタイヤを縫い合わせるという難しい作業をしていかなければなりません。

実際にチューブラータイヤの修理が面倒くさいということで、チューブラータイヤは使い捨てというモチベーションの人たちもいるほどです。ランニングコストという言い方では、それでもいいと考える人も多いでしょう。

携行

予備のチューブとタイヤレバーの携行をすれば、クリンチャーであればツーリングのとき万全ですが、みなさんがチューブラータイヤを選択すれば、タイヤ自体を予備として持ち歩く必要が出てきてしまうでしょう。

大きなタイヤの携行は、やはり慣れている人でさえ大変と感じてしまいます。チューブラータイヤとリムの接着には、通常リムセメントとよばれる接着剤を用いる必要があります。リムセメントは、接着力を発揮するのに数時間もかかるため、交換作業自体も面倒くさいと感じてしまうでしょう。

しっかりとリムに密着したタイヤを外す作業自体、やはり面倒くさいのは事実です。

交換

みなさんも、ロードバイクに拘りを持つほど、チューブラータイヤ・Tubular の交換というシーンに遭遇してしまうものでしょう。

タイヤレバーは、リムに密着したタイヤをはずすために使います。リムセメントは、リムとタイヤの接着剤です。

そして、リムセメントに代わるものとして一般的になりつつあるもののなかに、両面テープ式のリムテープがあります。

古いタイヤをはずしたとき、リムはセメントの残りが付着している状態です。良好な密着性を発揮させるためにも古いセメントを除去するのに用いられるのが、このセメントクリーナーです。

セメントリムーバーを塗布した

セメントリムーバーを塗布した後、リムに残ったセメントをこそげ落とすためには、ワイヤーブラシ・ドライバーなどアイテムが使用されます。

チューブラータイヤの交換をしたあとは適正の空気圧の調整のために、そして装着前にはチューブラータイヤのゴムをのばしてリムに装着しやすくするためにも空気入れが使用されます。

交換

もちろん、ロードバイクに乗るためにはタイヤの空気圧管理に必要不可欠です。選択は、空気圧計のついたものなどがいいでしょう。

チューブラータイヤをまず外します。そして、リム側についたリムセメント、リムテープを除去します。新しいチューブラータイヤは非常に硬くて、そのままでは簡単にリムに乗せることができないので、装着する前にはしっかりタイヤを延ばす作業も必要です。その工程を経て、タイヤをリムに装着していきましょう。

拘りを持てばチューブラータイヤか

いかがでしょうか。最初からいきなりチューブラータイヤである必要はないにしても、ある程度自転車に拘りを持つようになれば、必然的にチューブラータイヤに向きあうことになるでしょう。

そのときのためにも、しっかりチューブラータイヤについてチェックしておくことが大切です。

Related