Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月20日

星新一作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「ショートショートの神様」と呼ばれるSF小説家の星新一さんは、実は明治の文豪とも深い関係があるお家柄です。多産作家としてもしられ短編だとはいえ、1000を超える作品を残しています。そんな星新一さんの作品をSF,エッセイ、映像化された作品も含めご紹介いたします。

星新一作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

星新一作品の種類と選び方

星新一作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

星新一さんのプロフィール

星新一作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

星新一さんはSF作家として知られている日本の小説家です。彼の本当の名前は、「親一」です。星新一という名前は、小説の時に利用したつまりペンネームとなります。

SF作家の中でも特にショートショートという分野を創り出して活躍した作家で、短時間で独立した作品が多数あるので楽しく読めておすすめの作家の一人です。

星新一は製薬業界を一台で築いた父から「親切第一」をモットーに、その教えにちなんで名前が「親一」になったといわれています。父の後をすぐに継がずに東大を出た後は大学院に進学していたのですが、父のなくなったため、製薬会社を継ぎます。

しかし経営が悪化し、他人の手に製薬会社を渡します。星製薬会社が設立するときに力をつくした星薬科大学で教鞭をふるいながら生活をしていたという人物です。

そんな彼がいつ小説家になったか。作品の種類、おすすめの本や、本の選びかたなどをみていきましょう。

星新一作品の種類

星新一さんは東大を卒業後、大学院で農芸化学を研究していました。「?リンデン月報」という同人誌で「狸のためいき」という短編小説を発表することをきっかけに大学院を中退します。そして父が経営していた星製薬を引継ぎました。

アメリカのSF小説家「レイブラッドベリ」の小説を読んだ後、星新一さんは、SFにのめりこみファンタジーを含めたSF小説を書くようになりました。そのほかに自伝的小説を書いており、SF小説家以外の顔も見せています。

海外の小説を訳したり、寓話を星新一風の味付けて作り直した作品などがあります。また、星新一といえば、短編小説ならぬ「ショートショート」というジャンルを創り出した第一人者です。ショートショートの神様と呼ばれたりもします。

そんな日本の小説家、SF小説家として名を遺した星新一さんの作品をどのようによみすすめるとよいのか。おすすめの作品の選び方を見ていきましょう。

星新一作品の選び方

短編小説の旗手として活躍した星新一さんの作品は、オリジナルの小説から、訳本までとさまざまあります。どれもこれも味がありおすすめです。

SF小説作家としての星新一さんの作品で、最も知られていておすすめなのが、ショートショートシリーズです。ショートショート=星新一さんですから、このシリーズで読書するのもおすすめの一つです。

SF好きにおすすめはもちろん星新一さんが書いたSF小説を迷わず手にしましょう。レイブラッドベリの出会いででSF作家を目指した星新一さんが訳したSF本はおすすめの一つです。

また、日本文学でもあり、SFといわれると妙に納得する「竹取物語」まで、星新一ワールドがさく裂するものまであります。オリジナルSFも訳書本も星新一ワールドがさく裂していておすすめです。

まだ、星新一を読んだことがない人は、星新一の代表作である近未来ロボットのボッコちゃんシリーズがおすすめです。

星新一作品おすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「ボッコちゃん」

ボッコちゃん
ボッコちゃん
口コミ

ショートショートで、一話10〜15分程度で読み終わるので活字が苦手な人でも楽しめると思います。

星新一お得意のショートショートストーリであるボッコちゃんは、初めて星新一を読まれる方におすすめの本の一つです。

およそ50ものショートショートを選んで一つの本として出版しています。出版されたのは、1958年とかなり古い時代の作品になりますでが、バーで働く女性アンドロイドのロボットである「ボッコ」ちゃんが、同男性と会話をするのかが、とても面白い作品です。

親しみある「ボッコ」ちゃんというアンドロイドに着けられたニックネームは、昭和の当時にはやった「ダッコ」からちなんだと、星新一さんがインタビューで答えています。

ランキング2位:「未来いそっぷ」

未来いそっぷ
未来いそっぷ
口コミ

原作に込められた教訓は跡形もなく消え去り、こんなり改変してもいいのかと読んでいるほうが不安になるほど。

キンドル版でも販売されている星新一さんの小説「未来いそっぷ」は、子供のころに一度は読んだり聞いたりしたことがあるおなじみの「イソップ」物語を、星新一のテイストに仕上た作品です。お子様がいるご家庭では、子供と一緒に読んでよいおすすめで、たのしい一冊です。

星新一が得意とする「ショートショート」に、有名な寓話が見事に変換されており、最高のパスティーシュものとなっています。イソップ寓話を知らない人や、忘れているという人でも、どなたでも楽しめるおすすめの一冊でしょう。

星新一がこの作品を出版したのは、1971年のことです。2018年の現在読んでも、全く遜色なく楽しめる作品と仕上がっているのは見事としか言いようがありません。

作品に取り上げられているイソップ寓話は全部で33作品です。一つ一つが短いので、就寝前などに気楽に読むことができて、おすすめです。

ランキング1位:「ショートショート」

ねらわれた星 (星新一ショートショートセレクション 1)
ねらわれた星 (星新一ショートショートセレクション 1)
口コミ

短い話が20話ほど入っていて文字が大きく 短時間で読めます。

星新一といえば、すぐに「ショートショート」という答えがでるほどです。もちろん星新一が作り出した分野なのですから、当然といえば当然ですが、それだけ優れた短編小説を彼は多く作り出しました。

短編のSF小説を得意とした作家として、確実に忘れられない存在が星新一さんといっても過言ではないでしょう。

そのような観点からしても、やはりおすすめランキング1位の作品は、ショートショートからとなります。まだ、読んだことがない人はこの本から読んでみるのがおすすめです。

おすすめは和田誠の装丁

ショートショートセレクション「狙われた星」は、挿絵が違う版が出版されています。そのなかでもおすすめなのは、人気のイラストレーター和田誠さんが宇宙人を描いた、装丁の本です。

描かれた宇宙人も味があり、よみすすめながら星新一が描いた宇宙人が、絵のとおりなのではないかと装丁を繰り返し見たくなります。

このショートショートセレクションには、星新一らしい奇想天外なエンディングを迎える、ショート作品が19作品詰まっています。短編なので、気軽に、いつでもどこでも読むことができるので、旅などに出家替えられたとき、汽車のなか、などでもおすすめです。

独立しているので、きになったタイトルから読み始めてみるのがおすすめです。

特徴・用途別おすすめの星新一作品

本だけでない星新一のすごさ

星新一はSF小説家として知られていますが、本だけでなく星新一の作品が映像化されたものが残っていて、そちらもおすすめです。

星新一原作で映像化されたものの中には、テレビをはじめ映画があります。映像化は、1960年代からはじまり2000年代になってからも何本か映像化されていて、どれも必見の価値あるおすすめものばかりです。

2018年現在では、DVD化された作品をオンラインショップなどから注文して手に取ってみることができます。それらの中で、おすすめの星新一作品を紹介します。

星新一 ショートショート DVD-BOX

星新一 ショートショート DVD-BOX
星新一 ショートショート DVD-BOX

¥ 14,700

口コミ

原作の面白さは言うまでもありませんが、その星さんのショートショートが、アニメに実写に色々な料理の仕方をされていてどれも面白いです。

こちらは五巻出ている星新一のDVDがまとまったDVDボックスです。アニメーション化された星新一のおすすめの作品から、実写やコンピュータグラフィックスを駆使したもの迄あります。一巻ずつ購入するよりも、ボックスセットがおすすめです。

ショートショート、SF作家として人気があった星新一の作品だけにアニメやCGになったものは、星新一ワールドが見事に描かれています。

実写は、実写なりの味があり、1000作を超える星新一の作品から選びぬかれたおすすめの原作をもとにして作ったというのがよくわかるDVD作品集になっています。

原作がよくできていると、映像化されたときにがっかりするということが多々おきますが、星新一ワールドの場合は、むしろ原作の良さが引き立知ます。

また、映像化によってもウィットにとんだ星の世界観は変わることがありません。オリジナル作品が好きな人にもおすすめのDVDボックスです。

年代別おすすめの星新一の作品

1960年代から80年代にかけて出版された星新一の作品より、おすすめの作品を年代別にご紹介していきます。

時代を超えて読み継がれる星新一の作品の面白さを、年代別に見ていくと、その時代が反映されていたり、今でも全く問題なくよめる星新一の作品のアイデアに驚きます。読み方のひとつとして、年代別に読み進めてみるのもおすすめです。

とにかく多産の作家、星新一だけに、年代別に見ていくのはおすすめの一つです。

60年代出版された作品からおすすめ ようこそ地球さん

ようこそ地球さん
ようこそ地球さん
口コミ

ショートショートを中心に42篇を収載した、ごく初期の短篇集。

星新一の60年代のすすめの作品からこちらをご紹介します。ショートショートが集まったこちらの作品の中には、2014年にマキタスポーツと、佐々木希によってテレビドラマ化された「霧の星で」が収納されています。

星新一ミステリーSPを見たことがある人は記憶に新しいことでしょう。奇想天外なラブストーリーですが、おすすめの一本です。

この作品には、ショートショートが42も収めてあります。とにかく不思議な星新一ワールドが展開されます。読み終えたあとにきっとマキタスポーツと佐々木希の恋愛を見たくなるはずです。

70年代に出版された中からのおすすめ マイ国家

マイ国家
マイ国家
口コミ

毎話毎話想像もつかない落ちがあり、この話が30年以上前のものだということに驚かされる。

1976年に出版された星新一の作品のひとつ「マイ国家」です。この小説の面白さは、国家が自分の家であるというところです。つまりマイホームのマイなために、国家の前につく「マイ」がカタカナの「マイ」となっています。

なんとも軽い感じの国家ですが、この国家で独立宣言まで果たしてしまうのですから、驚きです。収録されている作品は、全部で31作品となっています。

ブラックなユーモアあふれる作品で、何度も読み返しても笑えるおすすめの一作品です。

80年代のおすすめ きまぐれロボット

きまぐれロボット
きまぐれロボット
口コミ

短いのでそのまとめ方のうまさに脱帽です。 どんでん返しの面白さですね。

星新一の作品に出てくるおなじみの登場人物N氏が出てくるこちらのお話は、傑作ショートショートとしておすすめです。

本は215ページとととても薄いが、笑いの層は厚い一作品です。本の見出し通り、ロボットが出てくるお話でSF小説らしさも整っています。

得意の短編なので、短時間で読むことが可能なので、通勤電車、就寝前などと隙間時間に笹っと読むことができおすすめです。

ありそうでこわい、落ちも待っている、面白い作品なので、まだ読んだことがない人はぜひこの機会に手に取ってみてはいかがでしょう。星の世界がさく裂したおすすめの一作品です。

90年代のおすすめ きまぐれ遊歩道

きまぐれ遊歩道
きまぐれ遊歩道
口コミ

最初の「きまぐれ星のメモ」のころから (ショートショートもそうだが) 視点や文体が変わらないのである。 星先生の魅力というか強みはこのわかりやすさだろう。

SF小説家として知られる星新一さんのエッセイがこちらきまぐれ遊歩道になります。246ページと、程よい暑さのエッセイ集で、気楽に構えてよむことができるのでおすすめです。

ショートショートもそうだが、星新一独特の視点、語りがとにかく面白く簡単に読めるおすすめの本です。まだ、星新一のエッセーを読んだことがない人にもおすすめです。

おすすめの翻訳本 エヌ氏の遊園地

エヌ氏の遊園地
エヌ氏の遊園地
口コミ

この本の中には、そうか、なるほどと膝を打ったり あーやられてしまったと裏をかかれたり 考えてみればそうだと思わされる話が盛りだくさんである

星新一の作品を読んだことがある人にはおなじみの「N」氏こと博士が飛んだハプニングに見舞われるこちらの本は、282ページの手軽によむことができるサイズです。

作品は31篇収録されています。本に収まっている内容はどれもこれもおもしろいですが、最も面白いのは、タイトル「エヌ氏の遊園地」となっていながら、そのタイトルのついた内容がないところではないでしょうか。

中学生 宇宙のあいさつ

宇宙のあいさつ
宇宙のあいさつ
口コミ

この短編集は、35編入っていますが、 星新一には珍しくホラーが多いです。

398ページで35作品が収納されている本です。SF小説らしい宇宙に関する内容のショートショートストーリは、とにかく面白くおすすめです。

特に中学生におすすめなのが、教科書にも掲載されたことがある「繁栄の花」です。また、こちらの本にはホラー作品も入っています。

いつもながらのシニカルなユーモアもつまったおすすめの作品です。

おすすめの星新一の代表作品

ボッコちゃんようこそ地球さん
ボッコちゃんようこそ地球さん

星新一の代名詞ともいえるほど有名なのは、「ボッコ」ちゃんと、N氏です。ボッコちゃんは、ロボットから派生した名前で、あるバーのマスターが作り上げた、いまならさながらヒューマノイドとも呼ばれる類のロボットのことです。

とても美人なロボットなため、人との区別もつきにくいために、訪れた客が普通に新入りが来たと思い話しかけるほどです。

そんなボッコちゃんと客の会話は思わぬエンディングを迎えます。ブラックな笑いが好きな人にはおすすめです。

1963年にボッコちゃんが英語で出版されると、次々の他の国の言語でも出版され20ヶ国以上で星新一の作品を読むことができます。

親戚に明治の文豪?星新一の家系

星新一そのものが、SF小説家、ショートショートの作家として一時代を作り上げた作家さんですが、彼の身内もなかなかそうそうたるメンバーです。

例えば、彼の祖母は、明治の文豪として知られる森鴎外の妹です。彼のあふれんばかりの小説家としての才能やアイデアは、血筋と見れます。2018年彼の祖母との手紙も発見されました。

また、星本人の家族ですが、彼には二人の娘がいて、ユリカとマリナといいます。星マリナは、星新一のオフィシャルサイトを運営しており、いろんなところで父の思い出に関するエッセイを発表しています。マリナさんも星家の文学のタレントを受け継いだ一人と言えます。

ホシヅルの日

星新一がなくなるのは、1997年12月30日のことです。すでにガンを患っていて何度か入退院を繰り返したあとに、肺炎を併発してなくなりました。71歳のことでした。

なくなって20有余年を超える2018年現在においても、いまだに星の作品は多くの人に愛され、映像化されています。そんな星新一の作品を、これを機に手に取ってみましょう。

誕生日である「9月6日」は、SF小説家が集うホシヅルの日なども開催されていました。このホシヅルはサインとして使うほど気に入っていたデザインです。星が小説の中で、進化した未来の鶴として登場させていら、好きなシンボルで、星ウマなるものもあります。

星のオフィシャルサイトではまめに、星新一に関する作品のニュースが更新されています。サイトのなかには、ホシヅル図書館があり、星に関する書籍が種別に分けて掲載されています。

星新一の作品のおすすめの読み方・楽しみ方

星新一の作品は、短編で、それぞれが独立していますから、どれから読み始めても楽しく、気軽にささっとよめてしまうのが特徴です。

SF小説家ということもあり、あまりにも奇想天外で、「よくもそのような結末が思いついた、と感心するようなものから、笑えるのだけど、かなりブラックがきついものまでとそろっています。

小説のほかに、そのユニークな着眼点をたのしむことができるエッセイ本も、星新一の作品を楽しむ方法の一つとして、おすすめできます。星新一がどこからその創造の元を発見しているのかを、垣間見ることができます。そのような点からもエッセイもおすすめで、楽しめる作品です。

映像化を楽しんだ後もおすすめ

原作を先に読むべきか、それとも映画化かを先に見るべきかで時に討論されている作品を多く眼にしますが、星新一の作品はどちらもそれぞれによさがあり、どちらを先に読もうが見ようがあまり変わりはないでしょう。

ただ、ここではあえて、映画化をみたあとに、星新一の作品を読んでみることをおすすめします。このシーンがこんな風に描かれていたのかと気づかされてる点も多いことでしょう。

全作品読んでみてはいかが?

星新一作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現在は電子書籍でも購入可能な星新一の作品を、ぜひ読み始めてみませんか。作品一つ一つは短編で短めとはいっても、1000を超える作品を読むのはかなりの時間と根気が必要となります。

まだ、星新一の作品に触れていない人は、購入せずとも近隣の図書館へ時間があるとき立ち寄ってみるとよいでしょう。

文庫化も多くされているんで、コスト的にも悪くなく、本は簡単にそろえることができます。何せ多産なのですべてをそろえても読み切るまでにかなりの時間を要すれど、星新一の作品をコレクションするのは左程難しくはありません。

ぜひ、この機会に星新一の作品を手に取り読んでみてはいかがでしょう。

Related