Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月27日

巻きタバコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

巻きタバコの種類はさまざまありますが、初心者でも簡単にできるオススメする巻きタバコは、ローリング式と言われています。手巻き感が一番楽しめる巻き機で、作れるタバコの長さもレギュラーやロング(79mm)と豊富な種類から選ぶことができます。

巻きタバコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

巻きタバコの種類と選び方

日本では海外ほどタバコが高くないということも理由のひとつか、巻きタバコの人を見る機会が多くありません。また、あまり市場にもでまわっていないのが現状です。しかし市販の良く見るタバコよりも巻きタバコは値段が安くて経済的です。懐のさびしい時などにもおすすめです。

街にはタバコ屋さんというのもきえてしまったということもあり、巻きタバコの文化は日本ではかなり下火です。しかし、タバコの値段も高くなった昨今、巻きタバコにはメリットがいろいろとあります。

通常のたばこより安価にかうことができる巻きタバコは、巻く楽しみがあり、その時間もタバコを吸う時間とおなじく楽しむことができます。

今回はそんな巻きタバコについて初心者でもわかるように巻きタバコの種類やおすすめの巻きタバコの選び方をご紹介します。

巻きタバコの種類

巻きタバコは巻き方から大きく二種類に分けることができます。

手巻き

巻きタバコといえば、多くの人は巻紙にタバコの葉っぱを適量いれて、手で巻いているのではないでしょうか。巻紙の端の部分をよくみると糊がついている面があります。糊の突いた面と巻く向きをまちがえないように、巻紙にタバコを適量入れてくるくると巻くだけです。慣れてくるとあっという間に巻き上げることができます。

また、手巻きの場合は巻き方を自分なりに工夫してみるのも面白いです。キャンディーのように両端をくるくる止めてみるのもおすすめです。ぜひ、自分流のおしゃれな巻きタバコの巻き方を考えてスモーキングタイムを楽しんでみるのはいかがでしょう。

器具ローラーを使って巻く

おもちゃ感覚で楽しいのが、ローラーと呼ばれる巻きタバコ用の器具です。これの使い方は、手巻きタバコの時におなじように、巻紙、タバコが必要となります。巻紙の上にタバコをセットして、くるくると巻いていくだけです。

巻きタバコ用のローラーのなかには、ほぼオートマチックに巻きタバコを作るタイプの器具もあります。巻くのが面倒、上手に負けないというひとにはそのようなローラーで巻きタバコを楽しむのがおすすめです。

巻きタバコの選び方

次に巻きタバコの選び方ですが、これは好みで選んで全く問題ありません。パッケージの見た目がかっこいいからという単純な理由でもいいでしょう。

初心者なら巻紙のサイズや、紙がもえつきる速度から巻きタバコを選んでみるのがおすすめです。巻紙を買うときに、パッケージにレギュラー、スリムなど紙のサイズが表示してありますので、そこのチェックを忘れないようにしましょう。

巻紙のなかにいれるタバコですが、いろんなフレイバーをオンラインで購入することができます。好みの香り、味を選んでみるのがおすすめです。

人によってはフィルターを使って巻きタバコを作る人もいます。フィルターもフレイバーが付いたタイプと付いていないタイプに分かれます。またサイズも細身、標準などとわかれますので、そのあたりも注意して巻きタバコを選びましょう。

巻きタバコおすすめ人気ランキングTOP3

今回は巻きタバコに使う巻紙であるペーパーに注目します。人気のおすすめのペーパーをランキング形式でご紹介です。

おすすめ3位:「ピュアオーガニックヘンプ」

MASCOTTE(マスコット) ピュアオーガニックヘンプ 無漂白 スローバーニング 手巻きタバコ用ペーパー
MASCOTTE(マスコット) ピュアオーガニックヘンプ 無漂白 スローバーニング 手巻きタバコ用ペーパー

¥ 500

口コミ

無漂白のオーガニックヘンプを初めて使ってみたが、シャグのにおいを殺さないのが良いと思う。

巻きタバコ用の巻紙でマスコットからでている薄めのペーパーになります。環境に配慮したマスコットの巻きタバコ用の巻紙なので、エコな生活を目指している人におすすめです。

またペーパーそのものもオーガニックのヘンプからつくらています。フレイバーがついていないため、巻きタバコそのものを味をダイレクトに味わいたい方におすすめです。ゆっくりと燃焼するタイプのペーパーとなっています。

おすすめ2位:「エクストラスリム」

MASCOTTE(マスコット) エクストラスリム オリジナル フリーバーニング 手巻きタバコ用ペーパー
MASCOTTE(マスコット) エクストラスリム オリジナル フリーバーニング 手巻きタバコ用ペーパー

¥ 500

口コミ

コスパも良く安定してタバコが吸えます。 常にリピート購入です。

巻きタバコようの巻紙でマスコットからでているエクストラスリムタイプです。ヘンプやフラックスを素材として使っている巻紙です。自然派志向の人におすすめの巻紙といえます。健康の面でいろいろといわれているタバコですが、少しでも環境にやさしく、自分にもヘルシータバコを吸ってみるのはいかがでしょう。

同じタバコを楽しむなら、エコフレンドリーに、自然に優しい巻紙で、巻きタバコをたのしみたいというひとにおすすめの製品です。

おすすめ1位:「OCB・アルティメイトシングル」

OCB・アルティメイト シングル 【スローバーニング・50枚入り】 ×5パック #78923
OCB・アルティメイト シングル 【スローバーニング・50枚入り】 ×5パック #78923

¥ 648

口コミ

何より紙の味がしません。薬品臭さも皆無といっていいでしょう。 これを知ってしまったら、もう他の巻紙は使えません。

巻きタバコ向けのペーパーでおすすめといえば、こちら「OCB・アルティメイトシングル」です。なんといっても巻きタバコを吸っているときに紙の味がほとんどしないとことで人気があります。どうしてもどこかケミカルで紙臭さが残る巻きタバコのペーパーが多いだけに、紙臭くない巻紙はありがたい一品です。

臭いや味などに敏感な人は、ぜひこちらの巻紙をたのしめてみるのをおすすめします。もちろん、よい点だけではありません。コスパパフォーマンスの面を考えると、他の巻たばこの巻紙よりも少し高めの巻きタバコの紙となっているからです。しかし、巻きタバコの味の違いで一度使うとやめられなくなる人もおおいほど、人気でおすすめのペーパーです。

特徴・用途別おすすめの巻きタバコ

ここからは巻きタバコについて特徴、用途別に巻きタバコそのものや、それに関する商品を見ていきます。タバコ屋さんが近所になくても最近ではオンラインで簡単に巻きタバコを購入できる時代です。

今回はAmazonあるいは楽天で購入ができるおすすめの巻きタバコの関連商品となっています。

シャグの味を保管するのに加湿用 ハイドロストーン

GIZEH(ギゼ) 手巻きタバコ 加湿用 ハイドロストーン 7-20027-00
GIZEH(ギゼ) 手巻きタバコ 加湿用 ハイドロストーン 7-20027-00

¥ 500

口コミ

シャグ袋を保管する際などには70パーセントくらいで加湿してくれますし、性能は問題なく、満足です。

シャグとはいったい何をさしているのでしょうか。手巻きタバコでシャグといえば、葉っぱのことう言います。シャグにはいろいろ種類があります。一般的な巻きタバコのほかに、香りがいろいろと付いたフレイバーものです。そして葉っぱを発酵させた黒タバコと呼ばれるシャグがあります。

このように味が違うシャグをおいしい味の状態で保管するのにおすすめなのが「ハイドロストーン」です。シャグを保管する容器にいれておくと、あとはハイドロストーンの加湿で買ったばかりの味を長く楽しめるおすすめの商品です。

おすすめのメンソールフィルター柘製作所

柘製作所(tsuge) ジグザグ スリムメンソールフィルター [約150個入り]
柘製作所(tsuge) ジグザグ スリムメンソールフィルター [約150個入り]

¥ 432

口コミ

ZIGZAGのフリーバーニング、アメスピオリジナルブレンドに このフィルターを使ってますが、 市販のアメスピメンソールと同じ味を作れますね。

巻きタバコを作るときに巻紙にシャグをセットしてさらにフィルターを使う場合があります。シャグがプレーンでも吸い口につけるフィルターにいろいろな味がついたフレイバータイプのものを選ぶと通常のたばこをかっても、フィルターをかえるだけで違う味をたくさん楽しむことができおすすめです。

ダブルフィルターにして使っても大容量の150個入なので、おすすめです。細巻きで巻きタバコを楽しみたい人におすすめなスリムタイプのメンソールとなっています。

プラスチック製のおすすめローラー

MASCOTTE(マスコット) 手巻きタバコ用 レギュラーサイズ プラスチックローラー 7-61022-00
MASCOTTE(マスコット) 手巻きタバコ用 レギュラーサイズ プラスチックローラー 7-61022-00

¥ 640

口コミ

1年以上使用しているが巻布部分がヘタった様子もなく今も現役で使用可能

プラスチック製で、軽く耐久性も良いとおすすめなのがこちら、マスコットから販売されている手巻きタバコ向けのローラーです。レギュラーサイズの巻きタバコを手ではなく、器具で簡単に作ることができる優れものです。

金属でできたローラーとちがい、プラスチックということもあり軽さがあり持って歩いても苦になりません。サイズも8.5 x 5 x 2.8 cmだからポケットやカバンにいれてもおいても邪魔にならないのでおすすめです。

巻きタバコを作るときは70㎝までの長さなら対応できます。これひとつあると手巻きなんかよりもすばやくタバコををつくることができます。また、巻きタバコをを知らない人とかいわするきっかけにもなります。

甘いアパラギ・チョコレートフィルターにつけて

アパラギ・チョコレート
アパラギ・チョコレート
口コミ

山崎製パンの「薄皮クリームパン」のような香りに感じます(笑)

甘い巻きタバコを吸いたいと考えている人におすすめなのが、フィルターにつけるだけで甘い巻きタバコに変身させることができるこちらの商品アパラギ・チョコレートです。

チョコレートが好きな人がチョコレートフレイバーの巻きタバコを吸いたいという感覚で吸われると若干違和感を感じるでしょう。あくまでも甘めのフレイバーがほしいときにおすすめのフィルターにつけるものです。

一滴から二滴ほどフィルターにおとすだけで巻きタバコがあまりフレイバーするタバコへになります。シャグそのものがすでに強い香りが持つ場合にはおすすめできません。プレーンタイプのシャグと巻紙を利用しているときにお使いになるのをおすすめします。そのほうがより効果を感じることでしょう。

スローバーニングの巻紙

柘製作所(tsuge) ジグザグ クラシックオレンジ
柘製作所(tsuge) ジグザグ クラシックオレンジ

¥ 540

口コミ

1枚あたりの値段が安いので 節約したい方におススメです。

巻きタバコを安く燃焼をゆっくり目で楽しみたい人におすすめななのが柘製作所から販売しているジグザグクラシックオレンジになります。ワンパックに75枚のペーパーシートがはいっているのでコストパフォーマンス的にもおすすめできる製品となっています。

ペーパーの長さは標準的なものに近いです。ごく一般的なタバコの長さで燃焼が遅めを希望するならこちらの製品をいちどためしてみるのことをおすすめします。

おすすめの巻きタバコのメーカー・ブランド3つ

ここから巻きタバコに関連するペーパー、フィルター、ローラーなどを出しているおすすめのメーカーをご紹介します。

GIZEH(ギゼ)

ドイツ生まれたの巻きタバコのメーカーがこちらgizehになります。1920年ドイツのコロンで生まれた会社です。現在は、1858年に創業のthe mingot&de block groupというオランダの家族経営の会社に一部になっています。

ギゼそのものは世界てきにみても大企業にはいる会社のひとつで、喫煙文化を守るために試行錯誤しています。

オーガニックヘンプ スローバーニング巻紙

レギュラーシングル ピュア・エクストラファイン スローバーニング オーガニックピュアヘンプ
レギュラーシングル ピュア・エクストラファイン スローバーニング オーガニックピュアヘンプ

¥ 500

口コミ

無漂白で無駄な味無し、燃焼剤無しでスローバーニングはお気に入りです。

オーガニックのヘンプを使用した巻きタバコのペーパーとしておすすめなのが、ピュア・エクストラファインスローバーニングオーガニックピュアヘンプです。環境にもやさしい製品としておすすめです。

ペーパーの燃焼はゆっくりめです。タバコそのものは、健康面でいろいろと警鐘を鳴らされている部分があるし好品です。せめてそのようなものだけに吸うときは有機栽培のペーパーにしてみるなどヘルシー、エコフレンドリーなものをためしてみるのがいかがでしょう。

柘製作所

1936年に創業の柘精査k所は喫煙用具を中心に販売している会社です。柘の喫煙用具であるパイプの歴史はまさに日本のパイプの歴史ともいえます。職人としてパイプ作りに励んだ創業者の柘製作所のパイプは今も人気です。

そんな柘製作所からだしている人気でおすすめの巻きタバコ商品をご紹介します。

ジグザグ レッド フリーバーニング

フリーバーニング ジグザグレッド
フリーバーニング ジグザグレッド

¥ 540

口コミ

タバコを巻くところからするのも、趣きがあっていいですね。

柘製作所からでている人気の巻きタバコ用の巻紙がこちらジグザグフリーバーニングです。燃焼は標準タイプになります。柘ではスロータイプの燃焼巻紙も販売しているので、好みで買えても良いでしょう。

こちらの巻紙は長さ69×幅36mmという標準的な長さの巻きタバコを作ることができます。ペーパーそのものもよくある一般的なタバコの紙質と変わらないタイプのものがこちらなので通常の市販のタバコから巻きタバコに変えられる人は、まずはこちらでためしてみるのがおすすめです。

経済的にも安いのが巻きタバコの特徴です。愛煙家の人、本数を多く吸われる方におすすめの巻きタバコのペーパーとなるでしょう。

MASCOTTE(マスコット)

オランダの老舗喫煙用具を扱っている会社がこちら、マスコットです。マスコットの正式な会社名はthe mignot&de blockといいます。巻きタバコのための巻紙やフィルターチューブ、ロール器具などを開発し販売している会社です。そんなマスコットが創立されたのは、1858年のことです。

第二次世界大戦では、巻紙も不足がちになったりしましたが、現在も元気に頑張っている喫煙用具関連を扱っている会社です。そんな会社が作っているのは、巻紙、キングサイズの巻紙、フィルター各種、フィルターチューブ、アクセサリーとしてロール器具などです。

その中から今回は、マスコットの代表的なフィルターを紹介します。

スリムタイプ用のフィルター

スリムペーパーフィルター
スリムペーパーフィルター

¥ 1,350

口コミ

初心者の私には細く巻く方が良かったみたいです。

6ミリのスリムタイプの巻きタバコつくることができるマスコットのスリムペーパーフィルターです。一袋に120個フィルターが入っている大容量サイズとあんっていますが、値段的には良心的でおすすめです。

フィルターそのものは、無漂白でフレイバーがついていません。そのためナチュラルなシャグの味をダイレクトにたのしむこともできますし、フィルターにフレイバーを付けて違う味を楽しむこともできます。

巻きタバコの使い方・活用方法・楽しみ方

自動販売機やコンビニ、スーパーなどですでに作られているタバコが主流な日本では巻きタバコを使ってタバコを吸っている人を見ることは少ないのが現状です。しかし、海外では安いということもがあり巻きタバコは簡単に購入することができます。

巻きタバコの楽しみ方といえば、まず巻く楽しみです。好みのシャグを巻紙につめてまくというささやか時間ですが、休憩時間にたばこをすわれるのですからそれぐらい心も物理的にも余裕があるほうがタバコの味を楽しむことができるでしょう。

また、巻きタバコが珍しい日本だからこそ、他人との会話のきっかけとなることもあります。喫煙できないところもおおくなってきていますが、禁煙所などで他人とスモーキング時間をシェアするときは、会話のきっかけにしてみるとよいでしょう。

おすすめの巻きタバコの関連商品

それではここからはこれぞおすすめという巻きタバコ使う関連商品をご紹介します。

おすすめの巻きタバコの紙はオランダの老舗を

マグネット付ダブル オリジナル フリーバーニング 手巻きタバコ用ペーパー
マグネット付ダブル オリジナル フリーバーニング 手巻きタバコ用ペーパー

100枚入りの巻きタバコ用の巻紙ですが、ケースのマグネットがついているので、冷蔵庫や机などに張り付けてつかうことができ便利です。いざ、タバコを吸おうと思ったときに巻紙がどこに行ったのか見つからないということも、これでなくなるでしょう。

巻きタバコを愛用している人にプレゼントしてもおすすめです。オランダの老舗マスコットのイニシャルMの文字がおしゃれな製品です。

ケース 巻きタバコの葉っぱをしまうのに便利

手巻シャグポーチ
手巻シャグポーチ
口コミ

サイズはSサイズを購入しましたが、値段以上の質感で大満足です。シットリとした質感で手に馴染みやすいです。

牛革を使ったシャグポーチは、手触りも良く、手巻きタバコと関連グッズであるペーパー、フィルター、ライターなどを収納できるのが特徴です。いざ巻きタバコを吸おうというときに、「どこにライター行ったかな」などど慌てて探すことがありません。カバンに入れてもすっきり持ちはこびができるおすすめのポーチです。

サイズによっては、ポケットに入る大きさなので、いろいろと手に荷物を持つのが苦手な人にもおすすめです。

巻きタバコがすきな女性のかたでもおしゃれに持ち歩くことができるこちらのポーチは、シックな色なの使い勝手が良いでしょう。美容品などいろいろと道具が多くなりがちな人でもこの手巻きタバコ用ポーチがあるとカバンがいつもきれいにおさまりおすすめです。

デンマークのフィルター「コルツ」プレーン

コルツ スリム プレーン
コルツ スリム プレーン
口コミ

サイズがピッタリでした コスパ的にもGoo!

スカンジナビア半島にある喫煙会社のグループの一つがこちら、デンマークのメーカー「コルツ」です。

赤と青のパッケージが印象的なこちらの箱は、コルツが出している標準・スリムタイプのフィルターになります。フレイバーなしのプレーンとなっていますので、好みの巻きタバコの味をたっぷりと楽しめるおすすめの商品です。ナチュラルに巻きタバコを楽しみたい方にピッタリな商品です。

安いからといって吸いすぎは注意

巻きタバコおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

すでに巻き終わって市販されているタバコとちがい、巻きタバコは巻いたりする時間にゆとりがもてて、せかせかしないスモーキングタイムを楽しむことができます。また、葉っぱ、シャグについたフレイバーは市販のたばこよりもバリエーションにとんでいるので、いろいろと頼めしてみる楽しみもあります。

タバコを喫煙することには、メリットとデメリットがつきものですが、巻きタバコのメリットは、巻紙にいれるシャグの量を、自分の好みできめことができるところでしょう。

ただし、安くなった分バカみたいに吸っていたのでは健康にはよくありません。優雅な時間を過ごしストレスフリーになると同時に、本数を減らして健康的にタバコをたしなむのが良いでしょう。

Related