Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月25日

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

年賀状ソフトは年々進化し、初心者でも扱い易くなっています。年賀状ソフトを使えば、写真やイラストも楽々挿入できますし、見て選んで印刷するだけです。おすすめの年賀状ソフトの特徴などもご紹介しているので、楽しい年賀状作りに大いに利用しましょう。

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

年賀状ソフトの種類と選び方

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

毎年9月~年末になると、年賀状という言葉があちこちで聞かれるようになります。昨今は便利な年賀状ソフトが開発され、かってのように全て手書きという年賀状は少なくなっているというのが現状です。ここではそんな年賀状ソフトを色々な角度から検証していきます。

年賀状ソフトの種類

年賀状ソフトは、メーカーソフトもフリーソフトもたくさんありますので、購入の際は迷うところです。どんな年賀状にしたいかによって選ぶソフトの種類も違ってきますので、ここでは年賀状ソフトの種類を詳しくご紹介しましょう。

年賀状ソフトおすすめの種類:ファミリータイプ

年賀状は、受け取る側と出す側の関係や立場などで、文句やデザインも変わってきます。おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、子供も同居というファミリーにとって、送る相手によってデザインや言葉を変える必要があります。

ファミリー向けの年賀状ソフトとしておすすめは、写真も入れられて、会社関係向けや友人向けにも流用できる、デザイン豊富なファミリータイプです。オーソドックスなデザイン、ユニークなデザイン、おしゃれなデザインなど、デザインが豊富なのでおすすめです。

年賀状ソフトおすすめの種類:デジカメタイプ

最近進化しているのがデジカメタイプの年賀状ソフトです。ファミリータイプと比較しても、種類も多く、おしゃれなデザインも多いことが特徴です。子供の写真やペットなどの写真を色々使いたい人におすすめのタイプです。

年賀状ソフトおすすめの種類:おしゃれタイプ

このタイプは、女性に人気の年賀状ソフトと言えます。カットやイラストがおしゃれなものが多く、ちょっと変わった年賀状を作成したい人におすすめです。

クリエイターとして人気を得ている作製者が多いので、ありきたりでなく少し変わった趣向で年賀状を書きたい人にもおすすめの年賀状ソフトです。

年賀状ソフトおすすめの種類:和風デザインタイプ

このソフトは、本格的な書家風文字であったり、デザイン画も日本画的なものが多く収録されているタイプです。画面も重厚になりますし、正統派の年賀状を作成したい人、落ち着いた雰囲気を出したい人におすすめのソフトです。

年賀状ソフトおすすめの種類:パソコンタイプ

パソコンを使って年賀状を作成する人におすすめのタイプが、年賀状本などに付属品としてついている作成ソフトです。本を購入すると、メーカーの年賀状作成ソフトが安価で手に入るのでおすすめです。

年賀状ソフトおすすめの種類:フリーソフトタイプ

年賀状をお金をかけず簡単に作りたい人には、日本郵便株式会社が公式で出している年賀はがき作成ソフト「はがきデザインキット」をおすすめします。「はがきデザインキット」は、「ゆうびん.jp」が提供している無料サービスで、誰でも簡単に楽しく年賀はがきがつくれます。

イラストや写真が簡単に取り込めて自由にデザインすることができますし、インストール版を使えば、相手の住所を登録すれば宛名の入力も印刷もできる便利な機能もあります。後ほどご紹介します。

年賀状ソフトの選び方

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

年賀状ソフトを失敗しないよう選ぶには、自分がソフトをどの程度使いこなせるかを加味することが大事です。パソコンが苦手な人が、パソコン専用の機能豊富なソフトを買っても意味がありません。

また年賀状作成ソフトもタイプが色々ありますから、自分がどのような年賀はがきを作りたいかをある程度決めてから選ばないと、購入してから後悔することになります。以下に選び方のポイントをいくつか挙げてみますので、購入時の参考にしてください。

ポイント1:年賀はがきだけでなく、他の季節のはがき製作も可能なものを選ぶ。
ポイント2:手持ちのパソコンの機種に対応するかどうかを確認する。
ポイント3:なるべくバージョンアップできるソフトにする。
ポイント4:パソコンが苦手な場合は、インストール不要タイプにする、などです。

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

年賀状ソフトはある意味機能が完成に達した分野でもありますので、それぞれのソフトに大差はありませんが、それでも少しずつ相違点もありますので、ここではおすすめTOP3の特徴などを紹介します。

おすすめランキング第3位:筆ぐるめ

筆ぐるめ 25 (最新) | Win対応
筆ぐるめ 25 (最新) | Win対応

¥ 4,309

口コミ

ver18を使っていましたが,ver25が半額で販売されたので購入しました。使い慣れているので難なく使用できて使いやすいです。

年賀状おすすめのソフト第3位は「筆ぐるめ」です。「筆ぐるめ」の特徴は、富士通やNECなどのパソコンには、最初からインストールされていることが多いということです。ですからバージョンアップすれば、安価に最新版に切り替えられるという利点があります。

またこの「筆ぐるめ」は、もともと初心者向け機能に力を入れてきた製品として知られたソフトですので、シンプルで使いやすいというのも特徴です。簡単な操作で年賀状を作りたい人におすすめのソフトと言えます。

おすすめランキング第2位:筆まめ

筆まめVer.28 通常版(最新)|Win対応
筆まめVer.28 通常版(最新)|Win対応
口コミ

昔から、ずっと使ってます。バージョンアップはたまにしかしませんが。久しぶりに買い替えましたが、安心して使えます。

年賀状ソフトおすすめ人気ランキング第2位は「筆まめVer.28」です。このソフトは、はがき作成ソフトとして最もポピュラーなアイテムです。特徴は次のようになっています。

1. 宛名印刷が充実している。
2. 残暑や暑中見舞い・寒中見舞いも簡単に作れる。
3. 封筒やタック紙などの市販用紙4,450種に対応している。
4. 写真を使ったカレンダーの作成も可能。
5. 人名外字が1,390文字も入っている。
6. 文例が2,724点も収録されている、などです。

業界でも最大のニーズを誇っていると言われていて、おすすめのソフトの1つです。

おすすめランキング第1位:筆王

筆王Ver.22(最新)|Win対応
筆王Ver.22(最新)|Win対応
口コミ

出した出さなかったが管理できて出し忘れが防げそう。内容もわかり易くて違和感ありません。

年賀状おすすめ人気ランキング第1位は「筆王Ver.22(最新)Win対応」です。特徴は次のようになっています。

1. 名前の印刷も住所録管理も、オリジナルデザインの作成も簡単にできる。
2. 家族内で5台までのパソコンにインストールできる。
3. ラベル作成ソフト「ペタットラベル印刷」を内蔵している。
4. オリジナルフォント作成ソフト「まるで手書き」を内蔵している。
5. パソコンが壊れても・パソコン買い換え時も、それまでのデータがすぐ使える。
6. おしゃれでかわいいデザインを満載している。
7. 年賀状以外にも、寒中見舞い・喪中欠礼・暑中や残暑見舞い、引越し・結婚報告なども簡単に作成できる。
8. フォントは147書体収録、素材は30万点。
9. 年賀状作成専用の「かんたんメニュー」を内蔵しているなどなどです。

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフト

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

年賀状ソフトの種類は多彩ですが、それぞれ特徴があります。送る相手によって選ぶソフトも変えなくてはなりませんので、ここではソフトの特徴や用途によって、どんなソフトが適切かを解説していきます。

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフト:フリーソフト

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフトの中で、フリーソフトととしておすすめは、冒頭でご紹介した、「ゆうびん.jp」が提供している「はがきデザインキット」です。このソフトの特徴は次のようになっています。

1. 直観的な操作でデザインが簡単に自由に作れる。
2. 「住所録」機能で宛先管理も楽にできる。
3. つくったデザインは、 はがきの購入やプリンターがなくても、インターネットで 印刷注文することができる、という便利なソフトです。

フリーソフトですから、年賀状のように、一年に一度しか使用しない作業にはおすすめのソフトです。

特徴・用途別おすすめ年賀状ソフト:宛名書きが簡単

はやわざ年賀状 2018
はやわざ年賀状 2018
口コミ

古いパソコンを使っていますので、CD-ROMしかなんで、この本の画像を拡大して、確かめてから買いました。でも、発売日に届きました。色んなデザインがバランスよくて、良いです。

続いて、宛名書きが簡単なソフトとしておすすめは「はやわざ年賀状」に付録としてついてくる年賀状ソフト「ハッピー年賀」です。

インストール不要ですからどんなパソコンでも使用可能ですし、宛名(住所録)はパソコンに登録されますので、翌年以降も利用できます。パソコンが苦手な人や古い型のパソコンを使用している人にはおすすめです。

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフト:印刷できる

楽々はがき2014 年賀状
楽々はがき2014 年賀状
口コミ

ホームページビルダーで有名なジャストシステムのはがき作成ソフトです。実ははがき以外にも、封筒や宛名ラベルが作れたり、何気に万能なソフトです。来年もお世話になります。

印刷が簡単にできるというおすすめのソフトは、「楽々はがき」です。はがきソフトは機能的にはそれ程大差はありませんが、初心者にも使いやすいし印刷も簡単という点では、この「楽々はがき」をおすすめします。

「楽々はがき」の特徴は、リストチェックが最適なことと、簡単一覧印刷ができることです。自宅や勤務先などの住所録を、目的別にまとめて印刷することが可能なので、用途別に住所録を作りたい場合にもおすすめのソフトです。

印刷項目などの設定、こだわりの文字飾りやページタイトルを追加するのも簡単ですし、印刷一覧のプレビュー画面を見ながら、印刷イメージを編集することができる点もおすすめのソフトです。

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフト:住所録重視

はじめての住所録
はじめての住所録

¥ 3,218

口コミ

シンプルでらく、意外に重宝するし、他のソフトにも出力しやすいです。

住所録を重視したソフトとしておすすめは「初めての住所録」です。年賀状の表書きは手書きにして、相手の名前と住所だけソフトを使って印刷したいという人にはおすすめのソフトです。

このソフトの特徴は、宛名作成と印刷だけが可能なソフトであること、文字拡大機能が付いていること、操作が簡単なことです。年配者や、いろいろの機能が付いていても使いこなせない人にはおすすめのソフトです。

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフト:安いソフト

はがき作家2007(通常パッケージ版)
はがき作家2007(通常パッケージ版)

¥ 2,037

口コミ

全て使いこなせる訳ではありませんが、年賀状作成など便利に使っています。

安いソフトとしておすすめなのは、「はがき作家」です。無料版でも年賀はがきは充分作成できますし、製品版でも2,000円弱ですので大変安価です。

通常の製品版「はがき作家 11 (プロフェッショナル)」には、宛名印刷&住所管理ソフト「はがき作家 あてな」と、裏面作成&印刷ソフト「はがき作家 うら」が含まれています。

最新の「はがき作家」では、住所録一覧の表示項目設定を、画面表示用と印刷用に分けて設定できるように改良されています。また改良版では、住所録一覧を印刷する時に、項目の幅に合わせて文字を自動調整できるようになっています。

「はがき作家」 のフリーソフト版は、機能限定版の「はがき作家 あてな」「はがき作家 うら」で、住所録が簡単に作成できるので、年賀状のように一年に一度しか使わないはがき作成にはおすすめのソフトです。

特徴・用途別おすすめの年賀状ソフト:Mac用

宛名職人 Ver.24(最新)|Mac対応
宛名職人 Ver.24(最新)|Mac対応

¥ 8,618

口コミ

macで使える年賀状ソフトを探してこのソフトにたどり着きました。今までは筆まめを使っていたので不安も有りましたが、買って良かったです。名刺等も気軽に作れますし、重宝してます。

Mac用の年賀状ソフトとしておすすめは「宛名職人 Ver.24(最新)|Mac対応」です。「宛名職人」はMac専用のソフトとして開発され、「よりMacらしく、使いやすく」を理念として進化したソフトです。

Mac用の年賀状ソフトの種類はもともと少ないですから、このソフトに勝る「Mac用のソフト」はないと言ってよいでしょう。Macでの操作・技術を考慮して開発されたものなので、Macライクで使いやすいアプリケーションになっています。

すべてが簡単、直感的に使えるように作られているので、Macのさまざまな標準搭載アプリと連係し、日常生活のさまざまな場面での活躍が期待できる、Mac用としてはおすすめのソフトです。

年賀状ソフトのメーカー・ブランド3つと代表製品

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

年賀状ソフト(はがきソフト)は、機能などはほぼ完成に近いと言われていますが、それでも機種によっては微妙に操作や仕上がりが違っています。ここでは、おすすめの年賀状ソフトのメーカー・ブランド3つを選び、その代表製品をご紹介します。

株式会社リオの代表製品:筆楽名人2018

筆楽名人2018
筆楽名人2018

¥ 4,980

口コミ

廉価なソフトがあればいいと思っていたところ、アマゾンで目に留まり、駄目でもよいと思って購入しました。ごく普通に使いこなせて助かりました。

おすすめの年賀状ソフトのメーカー・ブランド3つのうち、おすすめのメーカー・ブランドの1つは「株式会社リオ」で、代表製品は「筆楽名人2018」です。「写楽名人2018」には、Windows版とMac版があります。

写楽名人の特徴は次のようになっています。
1. 他社の年賀ソフトからの乗り換えがラクラク。
2. 豊富なテンプレート・厳選された素材が多数なので、豊富な素材がおしゃれにかっこよく使える。
3. 操作が分りやすいので、簡単に楽々年賀状が作成できる。

ワンランク上の年賀状を作りたい人におすすめのソフトです。

株式会社ジャングルの代表製品:筆ぐるめ25

筆ぐるめ 25 大盛
筆ぐるめ 25 大盛

¥ 4,309

口コミ

筆ぐるめ21からの変更なので違和感なし2台のPCと外付けHDDへコピーDVDとCDのパッケージ版なので間違いないのと簡単です5台まで出来るのに価格が安い良いと思います。

おすすめの年賀状ソフトのメーカー・ブランド3つの内2つ目は、株式会社「ジャングル」です。代表製品は、「筆ぐるめ大盛」です。このソフトの仕様は次のようになっています。

1. はがき作成・住所録管理可能
2. 年賀状素材・通年使用可能
3. ライセンス数PC5台までOK
4. 郵便番号辞書(2017年9月末分更新搭載)
5. レイアウト数1,050点(クラウド素材を含むと5,000点)
 大盛特典+250点(クラウド素材の使い方付属)
6. イラスト・写真・背景(クラウド素材含むと20,000点)
 大盛特典+750点(クラウド素材の使い方付属)
7. 例文(1,970点)
8. フォント(151書体)
9. 操作ガイド付き

使いやすいソフトですから、パソコン初心者にはおすすめのソフトです。

ソースネクスト社の代表製品:筆まめVer.28

筆まめVer.28 通常版
筆まめVer.28 通常版
口コミ

今まで使用しいていた筆まめがWin10に対応していなかったことで、アップデート版が使えなかったのでこちらを購入。毎年購入するものではないので、いろいろ便利になっていました。

おすすめの年賀状ソフトのメーカー・ブランド3つのうち3つ目は「ソースネクスト社」です。ソースネクスト社の代表製品は「筆まめVer.28」です。「筆まめ」は以前は「株式会社筆まめ」製品でしたが、2017年にソースネクストグループ製品として再生しました。

ソースネクスト社には他に筆王や宛名名人などがありますが、はがきソフトとしては「筆まめ」が代表製品でしょう。「筆まめ」の特徴は次のようになっています。

1. 封筒やタック紙などの市販用紙4,450種に対応
2. 写真を使ったカレンダー作成
3. 来年の年賀状・寒中見舞いにも対応
4. 正しい漢字で宛名を表示・印刷できる人名外字1,390文字
5. 日常的に使える文例を2,724点収録。

また次のような特典があります。
1. 来年の年賀状デザイン収録
2. 住所録活用ブック付録
3. 操作ガイド付録
4. 写真整理ソフト付録などです。

年賀状ソフトの使い方・活用方法

年賀状ソフトおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

かっては全て手書きで書いていた年賀状も、今ではほとんど年賀状ソフトに頼って作成されています。手描きと違って、色々なイラストや写真を取り入れられますし、文字も幅広いフォントを使うことができます。ここでは使い方や活用方法をいくつかご紹介します。

年賀状ソフトの使い方:筆楽名人

 筆楽名人2018
筆楽名人2018

¥ 4,980

口コミ

”はがきデザインキット”を使用していたが、他に廉価なソフトがあればいいと思っていたところ、アマゾンで目に留まり購入しました。ごく普通に使いこなせて助かりました。

年賀状ソフトの「筆楽名人」の使い方を紹介します。

1. まずインストールします。
2. リオアカウント登録
(アカウント・パスワード・ライセンスキーを重力して「次へ」進みます)
3. アカウント登録作業が終了したら「筆楽名人」を起動
(筆楽名人のアイコンをダブルクリック)
4. ソフトを起動したら「バージョン」の確認
(デザイン面→表面と宛名綿→裏面を起動しそれぞれの作業をします)

使い方はソフトに付属している説明書にも詳しく出ていますので、説明書の順序に従って作業しましょう。

年賀状ソフトの使い方:筆まめダウンロード版

筆まめSelect2018 年賀編 ダウンロード版
筆まめSelect2018 年賀編 ダウンロード版

¥ 1,944

口コミ

かんたんで扱いやすいです。イラストも多いしいいですね。これからも使って行こうと思います。

年賀状ソフトの通常版の使い方は、「筆楽名人」で説明したのとほぼ同じですので、ここでは筆まめの「ダウンロード版」の使い方を説明します。

筆まめダウンロード版の使い方

1. 製品の購入サイトからダウンロードした「筆まめVer.28」ダウンロード版のプログラムをダブルクリックします。

2.「使用許諾契約」画面が表示されますので、 内容を確認し「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックマークを付け、[次へ]のボタンをクリックします。

3. 「ユーザー情報の入力」画面が表示されますので、「ユーザー名」か「会社名」を入力し、 「インストール」をクリックします。

4. 「セットアップ完了」画面が表示されますので、「完了」ボタンをクリックします。

5. 「ツールのインストール」画面が表示されますので、 インストールしたいツールをクリックしチェックを入れ、「次へ」のボタンをクリックします。

6. デスクトップの「筆まめ Ver.28起動」のアイコンをダブルクリックし、筆まめを起動します。

ここから後の操作は、通常版と同じように説明書に従って作業します。

年賀状ソフトの活用方法

年賀状を手にした時、手書きの文面は確かにこころ暖かいものを感じますが、最近の年賀状ソフトは進化していますので、活用方法を工夫すれば、手書きに劣らない「年賀状ソフト」利用ならではのユニークな年賀状が作れることも確かです。

年賀状ソフトの活用メリットはたくさんあります。

メリットその1:写真が入れられること。
メリットその2:イラストなどが苦手な人にも簡単に入れられること。
メリットその3:画面での修正が簡単なので書き損じが防げること。
メリットその4:枚数が多い場合、作業が短縮できること、などなどです。

お互いの近況を「写真」で確認できるのも、年賀状ソフトの活用の利点です。一年に一度「年賀状」でしか連絡し合わない友人・知人には、年賀状ソフトを大いに活用して、近況報告し合いましょう。

年賀状ソフト上手に使えば心が届く「謹賀新年」に

字を書くことが苦手でも、年賀状ソフトを上手に使えば心のこもった年賀状を作成できるのが、最近の年賀状ソフトの進化によるメリットです。年賀状を出す人が少なくなったとは言え、元日に届く年賀状に不快な思いをする人はいないでしょう。

進化した「年賀状ソフト」を使って、ユニークな新年の挨拶を、日頃ご無沙汰の友人知人に届けるのも楽しい作業です。一手間をかけて、一年に一度の近況報告を頑張ってみましょう。

Related