Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月16日

萩尾望都の作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

マンガだけでなく、ミュージカル、映画に、テレビドラマと幅広い分野では愛されている萩尾望都の作品を、種類や、どんな順序で読むのがおすすめなのかをご紹介しています。ご本人も映画に出演されたりと精力的に活動中の萩尾望都のおすすめの作品ばかりです。

萩尾望都の作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

萩尾望都の作品の種類と選び方

萩尾望都の作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

1949年生まれ福岡県出身で1969年より現在も現役で活躍している漫画家の一人に萩尾望都さんがいます。ペンネームのようにみえる「萩尾望都」という名前は、本名です。

そんな萩尾望都さんは、少女漫画家としてデビューし、70年代には今のBLの原点ともいえる作品を創り出しています。武宮恵子、大島弓子と花の24年組とよばれるほど、人気を博し、文化人からも漫画を評価されるほどとなります。

2011年に福島で起きた原発事故前には引退を考えていた萩尾望都さんは、現在も現役で漫画家として活動中です。そんな萩尾望都さんの現在までのおすすめの作品をご紹介していきます。

萩尾望都の作品の種類

萩尾望都さんは、1969年に作品「ルルとミミ」でデビューをします。萩尾望都さんのジャンルの幅は広く、少女漫画家という枠を超えて活躍中です。そんな萩尾望都の作品をおおまかに紹介します。

【ファンタジー】作品としてまず、一番に名前を思い出すのが、1972年に「別冊少女コミック」で掲載がはじまった「ポー一族シリーズ」ではないでしょうか。萩尾望都作品を知るうえでおすすめの作品です。

【SF】は、レイブラッドベリー原作『ウは宇宙船のウ』をはじめ、スターレッド、メッシュ、精霊シリーズなどを手掛けています。1971年から1974年にかけて少女コミックに掲載された精霊シリーズは、第三次世界大戦後を舞台にした「精霊」という異人種を主人公としたおすすめのシリーズです。

その他、ギムナジウムを舞台にしたBLのオリジンともいえる「トーマの心臓」などがあります。福島原発以後に書き始めた歴史ものがあります。

萩尾望都の作品の選び方

萩尾望都作品をどのように選ぶかは悩みどころですが、下記に選び方のポイントをご紹介します。

①時代別で読み解いていきましょう。萩尾望都さんのデビュー作から出版された年度順に、作品を読んでいく方法です。1969年のデビュー作からどのように絵が変わったのか、作品ジャンルの幅の広がりなどを感じることができるおすすめの読み方です。

②シリーズごとに読んでいくのもおすすめです。精霊狩りシリーズは、1971年に別冊少女コミック7月号から掲載が始まりました。おすすめのシリーズ物は、「ポーの一族」、「メッシュ」シリーズ、「一角獣」シリーズ、「感謝知らず男」シリーズ、「あぶない丘の家」シリーズ、「ここではないどこか」シリーズです。

③原作シリーズという観点から選ぶのもおすすめです。レイブラッドベリー原作の霧笛や、ジャンコクトーの「恐るべき子どもたち」など原作と比較しながら読むのもおすすめです。

萩尾望都の作品おすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「バルバラ異界」

バルバラ異界
バルバラ異界
口コミ

本書は、現実に存在する「現実逃避」の案内人たちを上手に描きだしていると思う。

どの作品も甲乙つけがたいのですが、おすすめのランキング3位作品は、こちら「バルバラ異界」です。

作品は2002年から2005年に月刊フラワーズに連載していた作品で2052年、近未来の日本が舞台となっています。全部で四巻の作品となっています。SF作家の小松左京の作品「ゴㇽディアスの結び目」からインスパイアされた作品とされています。

第27回(2006年)日本SF大賞を受賞している本格的なSF漫画です。

ランキング2位:「11人いる」

11人いる!
11人いる!
口コミ

SFとミステリーを見事に調和させた傑作です。

1975年に別冊少女コミックで掲載された萩尾望都のSF作品「11人いる!」は、後にテレビドラマ、アニメ映画、舞台化などがされた人気のおすすめ作品の一つです。

続編に「続・11人いる!東の地平・西の永遠」と、番外編「タダトフロルのスペース ストリート」があります。

宇宙をめざす世界各国からきた宇宙飛行士たちを主人公に展開されてる話で、閉じられた宇宙船という中での人物たちの心理がよく描かれた本格派SF作品としておすすめです。

掲載後の翌年1976年には、第21回小学館漫画賞少年少女部門を受賞している作品です。

ランキング1位:おすすめ傑作選「半神」

半神
半神
口コミ

どれ一つとっても筋金入りの傑作ばかり! それをこのサイズで読めるのがほんとに嬉しい!!

おすすめの萩尾望都さんの作品「半神 自薦短編作品集」は、掲載当時のカラーいらすとなどもついた豪華な作品となっています。コミックだとカラーイラストがなくて残念という人も楽しめるおすすめの作品です。

しかもこれは、自選短編集としては初出版されたました。半神は舞台劇などとしても扱われる萩尾望都の愛されている作品の一つです。

結合双生児であるユージーと、ユーシーの双子の姉妹を主人公とした物語です。見た目の美しい姉妹の愛憎劇を描いたおすすめ作品です。

特徴・用途別おすすめの萩尾望都の作品

漫画 小学館漫画賞受賞の作品 ポーの一族

ポーの一族
ポーの一族
口コミ

こんなに何度も繰り返して読んだマンガはないくらい、大好きで飽きない作品です!

宝塚歌劇団によってミュージカル化したり、いったん連載がおわったにもかかわらず、2016年には新作もでた萩尾望都の代表作「ポーの一族」は、1972年から1976年まで続いた人気シリーズ作品です。

吸血鬼/バンパネラ伝説をベースとしたポーの一族シリーズのファンは今も多く、まだ色褪せない力強いおすすめの作品です。ポーの一族に出てくる主人公に着けられた名前も、「エドガー」で、アメリカの古典ホラー作家エドガーアランポーを思い出します。

「永遠にこどもであるこどもをかきたい」という思いから吸血鬼にインスパイアされて描かれたこの作品は、大人になりたくない青年から大人の心をつかむおすすめの秀作です。

初書籍 SF小説ピアリス

ピアリス
ピアリス
口コミ

優れた描写力がさすがで、イラストも魅力的で、哀しい話ですが、魅了されました。

長いこと木下司とは誰なのかと、疑問されてきた幻の作品がこちら「ピアリス」です。2017年7月13日に萩尾望都が「木下司」が自分の別名義であることを認めて、やっと長年の謎が解けたのと当時に、幻の萩尾望都のSF小説が書籍として初めて販売されることになりました。

ピアリスという小説は、作:木下司、挿絵が萩尾望都という形をとっていますが、文章も絵もまるまる萩尾望都の作品ということになります。

おすすめのこの作品は、1994年に角川書店から販売されていた雑誌に掲載されたもので、4つの章に分かれています。エッセイに定評がある萩尾望都の小説とさらに挿絵が40点もはいっている貴重で、おすすめの本です。

刀剣乱舞 萩尾望都が寄稿

刀剣乱舞
刀剣乱舞

育成シミュレーションゲームとして人気の刀剣乱舞は、ゲームの世界だけでなく、ミュージカルやアニメなどとまでできています。人気の刀剣乱舞と萩尾望都がコラボをしています。

刀剣乱舞は、歴史上の人物が登場してきて、合戦を繰り広げるという設定のゲームです。実在した歴史上の人物がモチーフになっており、ゲームにでてきたその人物を使ったミュージカル、舞台へと発展しています。2016年にはテレビアニメもできました。

刀剣男子のスペシャルイラストを萩尾望都が寄稿したおすすめの作品が「刀剣乱舞アンソロジー戦陣」です。イラストはカラーで収録されているので、萩尾望都さんファンにとってもおすすめです。

blの原点ともいえる トーマの心臓

トーマの心臓
トーマの心臓
口コミ

トーマは何で死んだのか?

一人の少年トーマの死をキーワードに展開される萩尾望都の作品「トーマの心臓」は、不朽の名作といってよいのではないでしょうか。

BLのオリジンとでもいうべき独特の世界観を描いた萩尾望都のこの作品は、フランス映画「悲しみの天使を」をベースにしているといわれています。

舞台はドイツのギムナジウムで、事故死としてみなされた少年トーマと彼の死の真実をめぐる物語です。寄宿舎という閉鎖的な場所が舞台なうえに、男子のみという世界で繰り広げられる人間愛など、いろいろと考えてしまうところが盛りだくさんの作品です。

トーマの死によって苦しむ少年の心理描写がとても上手に描かれた珠玉の名作は、読後に、どうあなたは読んだのかと、作品を読んだことがある人と語り合いたくなるそんなおすすめ作品です。

トーマの心臓を読んで萩尾望都がきになったら、姉妹作品の11月のギムナジウムも手に取ってみることをおすすめします。

おすすめの萩尾望都の代表作品

おすすめの作品 銀の三角

銀の三角
銀の三角
口コミ

読後はとても長い映画をみたような既視感におそわれる名著です。

単なるSF漫画作品として人気があるだけでない、萩尾望都の名作がこちらの「銀の三角」です。

1983年に星雲賞コミック部門を受賞したこちらの作品は、月刊誌SFマガジンに掲載された作品です。SF初心者でも楽しめる作品として作られた作品ですが、難解な作品として知られています。

未来世界を舞台に、特殊な能力を持つマーリを主人公とし、マーリのクローンが絶滅したといわれる銀の三角人を探すお話です。

一度読んだぐらいだと、スケールが大きくわかりにくい作品ですが、それがまた萩尾望都らしく、何度も読み返してほしいおすすめの作品です。最初は、半年ほどの予定であった連載が一年半にもおよぶSF大作となりました。

おすすめのコミック 残酷な神が支配する

残酷な神が支配する
残酷な神が支配する
口コミ

圧倒的でした。読み応えあります。

どっぷりと萩尾望都ワールドにつかりたいひとにおすすめなのが、17巻で完結しているこちらのコミック「残酷な神が支配する」です。作品は1992年から月刊誌で掲載が始まりました。

舞台は日本ではなく、海外でアメリカとイギリスです。近親相姦や、DVなどの重いテーマをを含んでいるサスペンス仕立ての作品となっています。登場人物の名前は外国人ですし、舞台も海外ですが、家族の物語を描いている作品なので、国内外とわずどの社会でもおこりうる重い問題を含んだ作品としても読むことができます。

サイコパス的な心理描写がとてもうまく描かれているだけに、一巻を読み終えるたびに、次の物語の展開がとてもきになる作品となっています。

単なる少女漫画家でない萩尾望都のすごさを感じることができるおすすめの作品です。

SF好きにおすすめ スターレッド

スター・レッド
スター・レッド
口コミ

愛が生まれても異星人同士の成就って生物として可能なんだろうか? という疑問に、驚きの結末でそれぞれ別のかたちで命をつなぐ結末。 話の展開も一気に読ませます。

1978年に連載がはじまった萩尾望都のSF漫画がこちらのスターレッドです。かなり古い作品であるにもかかわらず、今読んでもそん色がないおすすめの萩尾望都作品です。

火星生まれのヒロインを主人公に宇宙を舞台に描かれている萩尾望都ワールドもといSF抒情詩になっている作品は、異星との交流や愛などなかなか難しいテーマを含んでいる作品です。

古い作品でありながら、萩尾望都が描いた未来、SFの姿は今でも通じる作風で、驚きく人も多いのではないでしょうか。SF好きなかたにおすすめの一作品です。

映画化された萩尾望都作品

1999年の夏休み

1999年の夏休み
1999年の夏休み
口コミ

僕を殺したのは、君だ!」

萩尾望都の大人気漫画の一つである「トーマの心臓」を、映画化したおすすめの作品が「1999年の夏休み」です。

映像化されたのは、1998年のことで、『DEATH NOTE 前編などを手掛けている金子修介監督の作品です。

映画の舞台は、日本のとある高原にある寄宿舎です。コミックのトーマの心臓でも寄宿舎が漫画の雰囲気を決めているキーワードなだけに、映画化でもそこは忠実です。家庭の事情で夏休み学校の寄宿舎に残った三人の少年たちを中心に物語は進みます。

古い映画といえ、マンガのトーマの心臓ともに人気がある作品です。萩尾望都ファンは必見の作品です。もちろん、漫画のトーマの心臓を知らない人でも、独特の雰囲気がある秀作なのでおすすめです。

エッセイ集もおすすめ

一瞬と永遠と - 幻戯書房

一瞬と永遠と - 幻戯書房
一瞬と永遠と - 幻戯書房
口コミ

まずは「文章のうまさ」、彼女のエッセイを読むたび「すごい!」と感じます。この方作家としてもやっていけると思うのです。

漫画家としては人気漫画家の位置を確立している萩尾望都は、少女漫画の神とまで言う人もいるほどです。しかしその力は漫画だけではないようで、実はエッセイのうまさにも定評があります。

おすすめのこちらのエッセイは221ページと薄手のエッセイ集なので、就寝前でも気軽にさくっと読むことができます。

自分の内面をみつめる内容のエッセイですが、萩尾望都さんが漫画家として真剣にマンガに向き合っているのを知ることができると同時に、萩尾望都の漫画を再度読み直したくなる衝動にかられる作品となっています。

萩尾望都の漫画家の理想などもきけるおすすめのエッセイ集です。

萩尾望都の作品の楽しみ方

単なる少女漫画というくくりで片づけることができない萩尾望都の作品は、とても文学的な作品が多いです。そのため、読後に誰かと話したくなる特徴があるといえます。これは、どのような意味だったと思うのか、他人の見解が聞きたくなります。

また、原作をベースにしている作品も多いので、オリジナルの作品と読み比べてみるのも、萩尾望都を楽しむときのおすすめの読み方です。

また、ドラマ、アニメ、ミュージカルなど漫画の枠を飛び越えて愛されている作品も数多くあるので、それらを探してみてみると、新しい萩尾望都の世界を楽しむことができ、おすすめです。

漫画を、文化的な領域までにした萩尾望都の作品は、多くの人が評論をかいていますので、漫画論などを読んだ後に、再読されるのもおすすめです。

まだまだ目が離せない人気漫画家萩尾望都

萩尾望都の作品のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

人気漫画作家として、作品ごとに絶大なるファンがいる萩尾望都さんは、2011年の東日本大震災後、意欲的な作品を発表し続けています。放射性物質を擬人化した作品は、さすが大御所萩尾望都だからなせたマンガといわざる得ません。福島原発事故にインスパイアされた作品「なのはな」「福島ドライブ」もおすすめの作品です。

引退予定はどこかにいってしまったようで、一度連載が終わった人気の漫画「ポーの一族」の新作を発表するなど大活躍中です。

こらからも多くの萩尾望都作品を愛するファンのために、命の続く限り作品を生み出してくれることを祈りましょう。

Related