Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月22日

民族音楽おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

世界にはさまざまな民族音楽があります。今回はその中から特に珍しいものや有名なものを選んでおすすめ民族音楽としてご紹介していきます。民族音楽の特徴は民族によって大きく違います。おすすめ民族音楽の中からぜひあなたのお気に入りを見つけてください。

民族音楽おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

民族音楽の種類と選び方

民族音楽にはどんな種類のものがあるのでしょうか?ここではその種類とおすすめの民族音楽の選び方について紹介していきます。

民族音楽の種類

では世界中の民族音楽の魅力的な世界を味わっていきましょう。ここでは特におすすめの種類をご紹介します。

サントゥール

サントゥールとはイランの打楽器です。サントゥールとはペルシャ語で「100個の弦」という意味です。

くるみの木で作られた箱に弦を張り、同じくくるみの木を薄く削って作られたメズラブという棒で叩いて演奏します。一般的なサントゥールは3オクターブほどの音域があり、サントゥールを使って演奏された民族音楽のこともサントゥールと呼びます。

ハープのような音色ですが、ハープよりもクリアで細かい音が続くのが特徴です。ヒーリング効果もあり実際に古代ペルシャやインドなどでは音楽療法としてサントゥールが使われていました。

長く残る余韻が特徴ですが、この余韻は音程を合わせるチューナーが存在しなかった時代に音程を耳で調整しやすいように工夫されたためだという説もあります。

中国音楽

中国音楽は紀元前後から古い歴史を持つ民族音楽です。漢の時代に西域に伝わってイランやインドの音楽と融合され作られた音色は後に宮廷国家の音楽文化となりました。

また庶民の間で広まった民族音楽は諸外国の影響をほとんど受けずに中国独特の民族音楽と発展していきました。

中国の民族音楽は先ほど紹介したイランのサントゥールのような弦を叩いて音を出す打楽器「楊琴(ヤンチン)」や日本の和琴の祖先とされている「古琴(グーチン)」、2本の弦を弓で震わせて音を出す「二胡(アーフー)」などで演奏されています。

中国独特の力強い音色が特徴的で中国の民族音楽は今でも庶民の間でCポップと同じくらい頻繁に聴かれています。特に二胡はポップスの演奏楽器として取り入れられるなど幅広い種類の音楽にも使われています。

二胡の音色を楽しみたい人はこちらの曲がおすすめです。

アフリカ音楽

民族音楽を語るときに欠かせないのがアフリカ音楽です。アフリカには大きく分けてもおよそ50の民族がおり、それぞれが民族独自の音楽に密着した生活を送っています。

アフリカの民族音楽は「ジェンベ」と呼ばれる太鼓や「カリンバ」と呼ばれる親指ピアノを使って演奏されています。その民族音楽の特徴は異なるリズムで作られる打楽器とピアノのアンサンブルです。押し寄せるようなリズムに人々がビブラートを効かせたボーカルを重ねます。

例えばセネガルで演奏されている民族音楽「タムタム」のジェンベのリズムは女性が粉をひくために使う臼から出る音のリズムが起源とされています。

またコンゴ共和国などに住む少数民族ピグミーは森にあるものを楽器とし声楽を中心として音楽が作られていきます。ピグミーの歌声は「森の小鳥たちのさえずり」と世界中で絶賛されています。民族音楽に癒されたい人におすすめです。

民族音楽の選び方

ここでは、それぞれの民族音楽はどんな人におすすめなのか民族音楽の選び方についてご紹介します。

楽器で選ぶなら「ハーディー・ガーディー」がおすすめ

西ヨーロッパで11世紀以前に作られた民族楽器です。見た目は一見バイオリンのようですが、世にも珍しい機械仕掛けの楽器です。ホイールと呼ばれる回転盤をゼンマイのようにぐるぐる回し弦を鳴らすことで音を出します。

現在でもヨーロッパの民族音楽祭ではこのハーディー・ガーディーの演奏を聴くことができます。楽器のユニークさで民族音楽を選びたい人にはこのハーディー・ガーディーがおすすめです。

ハーディー・ガーディーで演奏される音楽はフランス民族音楽や、ハンガリーの民族音楽などどです。バグパイプとともにハーディー・ガーディーが使われており、ポップミュージックでもこのハーディー・ガーディーを使って演奏をする歌手もいます。

常に片手でぐるぐるホイールを回し続けなければいけないので、見た目にも珍しい楽器です。オルガンにも似た音色ですが、オルガンよりも素朴な音で独特の雰囲気を醸し出しています。

リズムで選ぶなら「ブルガリア民族音楽」がおすすめ

ブルガリア音楽はヤギの皮で作られた「ガイダ」や尺八のような「カヴァル」を使って演奏されます。

ブルガリア民族音楽は「ドブルジャ」「ロドピ」「ピリン」「マケドニア」「トラキア」「ドナウ川」などの地方ごとの特性をもつ民族音楽に分類されます。ブルガリア民族音楽は街中に溢れており、民族音楽が流れ出せば誰かが踊り出すといった生活に密着した音楽がブルガリアには根付いています。

ブルガリア民族音楽は5拍子や11拍子など独特のリズムで奏でられます。また「バブナ・メロディア」と呼ばれる無拍子の楽曲も存在し、拍子というものに縛られない自由でおおらかな音楽がそこに生まれます。

ブルガリア民族音楽のもう一つの特徴は、まるで声が震えているかのような装飾音の細かさと数の多さです。聴いているとまるで楽器が歌っているように聞こえます。民族音楽の独特なリズムを楽しみたい人におすすめです。

コーラスで選ぶなら「ヨイク」がおすすめ

「ヨイク」とはノルウェー・スウェーデン。フィンランドなどの先住民であるサーミ人の音楽のことです。楽器は基本的に使われず即興で歌を作って歌うのが特徴です。

「ヨイク」はもともとシャーマニズムの一種として生まれました。自然界と人間がコミュニケーションを取るために作られたもので自然への感謝などを歌にする場合も多くあります。人生の節目で、嬉しい時に、孤独な時に、いろいろな場面でサーミ人は「ヨイク」を歌ってきました。

その透き通るような歌声は聴く人の心を癒して慰めてきました。動物の鳴き声を歌の中に取り入れるなど、いつも「ヨイク」は自然を尊敬し敬う心を歌っています。メロディーや民族音楽の歌声を楽しみたい人におすすめしたい音楽です。「ヨイク」の歌声をぜひ楽しんで見てください。

民族音楽おすすめ人気ランキングTOP3

ここでは人気の民族音楽おすすめランキングTOP3をご紹介します。

おすすめ民族音楽 第3位「ガムラン」

ガムランはインドネシアの民族音楽です。銅鑼と鉄琴を使ったアンサンブルで、ジャワ島流のものとバリ島流のものに分類されます。「ガムラン」はインドネシア語で「叩く」という意味です。ガムランの奏でる高音には学術的に証明されたリラックス効果が認められています。

瞑想をするような神秘的な気持ちになりたい人におすすめなのはバリ島のガムランです。銅鑼が激しく鳴り響き神に捧げるリズムと音が激しくせめぎ合います。激しく音を鳴らすのがバリ島ガムランの特徴です。

リラックス効果を期待したい人におすすめなのはジャワ島のガムランです。バリ島のものよりも銅鑼のしようが少なめでオリエントな雰囲気を醸し出しています。優雅で流れるようなメロディが特徴です。

観光客の多いインドネシアのガムランは日本だけでなく世界的にも大人気。異国情緒を味わいたい人におすすめです。

ジャワ・ガムラン
ジャワ・ガムラン

¥ 3,132

おすすめ民族音楽 第2位「コムズ」

「コムズ」はキルギスの民族音楽です。「コムズ」はキルギス語で「楽器」という意味で見た目と音色は三味線のようですが、コムズを逆さまにして演奏したり叩いたりとその演奏方法はとても自由。見ての聴いても楽しめるのがおすすめポイントです。

コムズの由来は、昔キルギスの猟師が死んだヤギのお腹の乾燥した腸からとても良い音色が聞こえてきたのをきっかけに楽器を作ったことだと言われています。現在ではコムズの弦はナイロンでできていますが、昔はヤギの腸で作られていました。

コムズのアミューズメント性に富んだ演奏方法は娯楽の少ない遊牧民であるキルギスの人々が考え出した遊びの一つです。

キルギスの「コムズ」は耳と目の両方で民族音楽を楽しみたい人におすすめです。

TURKESTAN
TURKESTAN
口コミ

This is some of the greatest music.

おすすめ民族音楽 第1位「ウクレレ」

誰もが知っている有名な民族楽器であるウクレレは主にハワイやタヒチなどの民族音楽で使用されています。

ハワイの民族音楽はハワイの原住民族がメキシコやポルトガルの音楽文化をハワイの音楽文化と融合させ独自に発展させたもので、ハワイだけでなくオセアニアの島々の音楽文化に大きな影響を与えました。

ハワイで大切にされているのは「アロハ」の精神です。アロハの精神とは互いに愛し合い尊敬して助け合う、そんな精神のことです。ウクレレで奏でられるハワイアンミュージックにはアロハの精神が通っていると言っても過言ではありません。

ハワイアンミュージックはハワイの博愛の精神を音楽で感じたい人におすすめです。ゆったりとしたそのリズムにはヒーリング効果も期待できます。

Rendezvous in Hawaii
Rendezvous in Hawaii
口コミ

Ohta-Sanのアルバムは50枚以上持っていますが、これは上位に入ります。

特徴・用途別おすすめの民族音楽

今度は特徴・用途別と言う角度に立っておすすめの民族音楽をご紹介します。

CDで聴くなら「バグパイプ」

CDでその音色を存分に楽しみたいのならバグパイプがおすすめです。バグパイプはリード式の民族音楽です。スコットランドやアイルランド、スペインやポーランド、トルコやスロバキアなどヨーロッパの広い範囲で使用されています。

バグパイプの呼び名は「ドゥダ」「ガイタ」「イリアン・パイプ」など世界の国と地域によって違いがあり、音色もそれぞれ違います。世界的に使われている楽器ですのでCDの種類も多く音だけで十分楽しめる豊かな音色を持っています。

世界中のバグパイプの音を聴き比べるのもおすすめですし、お気に入りのCDを何度も繰り返し聴くのもおすすめです。

BEST OF SCOTTISH PIPES and DRUMS
BEST OF SCOTTISH PIPES and DRUMS
口コミ

ぼくの望んでいる典型的な「勇敢なるスコットランド」が収録されていました。満足です。

ロックとの融合ならば「アイリッシュパンク」

ロック風にアレンジされたかっこいい民族音楽を聴きたいあなたにはアイリッシュ・パンクがおすすめです。別名ケルティックパンクとも呼ばれています。

アイリッシュ・パンクとはケルト系民族音楽とパンク・ロックを融合させた音楽のことです。楽器もアコーディオンやバンジョーなどの民族楽器を使って演奏されます。

特におすすめの人気アイリッシュパンクは「ドロップキック・マーフィーズ」です。ドロップキック・マーフィーズはアメリカのケルティックパンクバンドでメジャーリーグの挿入歌に曲が選ばれたこともある人気バンドです。

歌詞も英語ですので一味違うケルティックパンクロックを聴いてみたい人はおすすめです。

I'm shipping up to Boston
I'm shipping up to Boston

民族音楽バンドなら「cimbali band」

「cimbali band」はジプシー音楽バンドです。民族音楽をバンドで楽しみたい人には「cimbali band」の楽曲を聴いてみることをおすすめします。このバンドのおすすめポイントは何と言っても彼らはジプシー音楽をジャズにもロックにもフォークにもどんな音楽にも魅力的に変えてしまうところでしょう。

もともと定住の地を持たない旅する民族ジプシーは今でもヨーロッパ各国に散財しています。彼らの音楽はいつも軽快で自由です。ジプシーの自由な音楽を感じてみたい人はぜひ聴いてみてください。

こちらのOppadiridaはアップテンポでスタイリッシュにアレンジされており、ノリの良い曲が好きな人におすすめです。

アフリカの民族音楽なら「フェラ・クティ」

現代風にアレンジされた民族音楽を聴いてみたい人におすすめなのがフェラ・クティです。フェラ・クティはナイジェリアのミュージシャンでアフロビートの創設者と言われています。

アフロビートとはナイジェリアの民族音楽のことです。アフリカンパーカッションを使った音楽で有名で1960年代後半にフェラ・クティが作り出した音楽です。

フェラ・クティはすでに死去していますが、彼の音楽を引き継いだ長男のフェミ・クティは現在でもアフロビートを歌う歌手として活躍しています。2017年12月には「one people one love 」という新曲も発表しました。

complete works
complete works
口コミ

リマスターで音も良くなっているしこれからじっくり楽しみます。

日本の民族音楽なら「沖縄音楽」

日本にももちろん民族音楽はあります。それは南国沖縄の民族音楽です。沖縄音楽の特徴は「ラ」抜き音階です。通常音楽というのは「ドレミファソラシド」の7音階を使って表現されますが、沖縄の音楽には「ラ」が使用されていません。ピアノが近くにある人はラの音を弾かずに適当に白い鍵盤を押してみましょう。どこか「沖縄っぽい」感じになります。

沖縄音楽は別名琉球音楽とも言われていて三線やエイサー太鼓などが演奏に使われています。楽器のみの琉球音楽もおすすめですが、夏川りみやかりゆし58などの沖縄出身の歌手の曲を聴くのもおすすめします。

どちらも琉球音楽を堪能することができるでしょう。

OKINAWA URAMI BUSHI
OKINAWA URAMI BUSHI

¥ 2,621

口コミ

嘉手苅林昌や知名定男との共演もまた素晴らしく、愛嬌たっぷり。

おすすめの民族音楽のおすすめのアーティスト

おすすめの民族音楽アーティストはユッスー・ンドゥールです。ユッスー・ンドゥールはセネガル出身の歌手でアフリカの民族音楽と現代音楽を組み合わせた唯一無二の曲を発表し続ける人気歌手です。

ユッスー・ンドゥールは貧困やエイズに関する問題提起を歌を通して訴え続けたことでも知られ、2007年にはアメリカタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました。

Etoile De Dakar
Etoile De Dakar
口コミ

ユッスーの声も若くていい感じです。オーケストラ・バオバブ好きの人にもおすすめです。

民族音楽の楽しみ方

民族音楽は鑑賞して楽しんだり、BGMとして利用したりといろいろな楽しみ方があります。またリラックス効果が高いので睡眠時の睡眠音楽としてもおすすめです。

民族音楽はそれぞれの民族の言葉で歌われていますので外国の言葉を聞いてみたいときにもおすすめです。世界史を勉強するときにその地域の民族音楽とリンクさせて覚えていくと理解が深まるでしょう。時に政治や歴史と音楽は深い関係にあります。

民族音楽で世界旅行を

民族音楽おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今回はおすすめの民族音楽をご紹介していきました。

音楽は昔から深く人々の生活と密着してきました。今回おすすめのものとして紹介したもの以外にも、人の住むところには必ず音楽があります。

ぜひあなたも民族音楽で世界中を旅してみてください。

Related