Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

警棒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

この記事ではおすすめの警棒を紹介しています。警棒とだけ聞いたとしても金属の棒を想像する方が多いと言えます。ですが、その種類は多くさまざまなブランドも存在します。この記事ではおすすめの警棒や警棒のくわしい使い方についてご紹介いたします。

警棒おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

警棒の種類と選び方とは?

警棒といえば、警察官がよく持ち歩いているスティック状の棒を指します。警棒は、警察官の方のみが持ち歩ける特殊なアイテムだと考えている方が多いのではないでしょうか。実は、警棒は一般人でも買うことができ、護身用のアイテムとして活躍してくれます。

今回は、護身用アイテムや緊急時に活躍する便利なおすすめの警棒をご紹介いたします。まずは、警棒の種類と選び方についてご紹介いたします。

警棒の種類とはどんなもの?

よく警察官などが所持している「警棒」は別名、防衛棒とも呼ばれています。警察だけでなく、実際に自分で護身用として持ち歩くことができます。実は警棒にも種類があります。どんな種類があるのかみていきましょう。

警棒の素材ってどんなもの?

警棒の材質・素材については、昔は木製のものを用いることが主流でした。しかし、技術の発展により現代では、カーボン、金属、強化プラスチック、硬質ゴムなどの素材で作られているものが多く、アルミ合金を用いたものなどもあります。

警棒の形状ってどんなもの?

形状に関しては、トンファー型(トの字型の警棒)や伸縮可能な特殊警棒型などの種類があります。さらに、グリップエンド(手持ち部分の下の部分)には王冠型の形がつけられ、ガラス窓を割って侵入する際に用いられる「ガラスクラッシャー」が取り付けられたものも存在します。

おすすめの警棒の選び方とは?

警棒の種類には色々な素材、形状がありますが、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いでしょう。次は、おすすめの警棒の選び方をご紹介いたします。

おすすめの警棒の素材ってどんなもの?

おすすめの素材に関してですが、全体的に軽さの目立つ素材が多くなっています。その中でもおすすめのものは、カーボンやアルミ合金は市販の金属バットの素材に用いられるなど軽さと強度をしっかりと備えているものを選ぶといいでしょう。

しかし、やはり軽さ重視では硬質ゴムなどがおすすめです。なぜなら、強度重視では金属製のものが耐久性が高いからです。自分が使う際に軽さを重視するのか、強度を重視するのかによって選び方は変わります。

おすすめの警棒の形状ってどんなもの?

おすすめの形状に関しては、トンファー型のものも場合によっては有用でおすすめですが、やはり近年は特殊警棒型のものが多く、女性や運動経験者ではない方にもおすすめで使いやすくなっていいます。

また、おすすめの形状としては特殊警棒型のものが挙げられます。用途や自らの体格などによっておすすめのものは変わってくると言えます。

警棒おすすめランキングTOP3!

警棒の種類や選び方のポイントがおさえられたら、実際に選んでみましょう。続いては警棒のおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介いたします。実際にみてもどれがベストなのか気になる方は参考にしてみてください。

おすすめランキング3位! 「ホワイトウルフ」

ホワイトウルフ
ホワイトウルフ
口コミ

もっとチャチな物かと思っていたら意外と頑丈で普通に使えます。 また、来年のハロウィンでも使えそうです。

おすすめ警棒ランキング3位は「ホワイトウルフ」です。ホワイトウルフは安価なものが多く、フォルムや強度も本格的なものが多いところがおすすめです。

この警棒は一般的な特殊警棒であり、警棒として使うことができるのはもちろんですが、他にハロウィンで警察官のコスプレをする際のアイテムとしても活用することができます。強い警棒である上に、見た目も本格的なおすすめの警棒です。

2位:AKIMALED ハンディライト 伸縮型

AKIMA(アキマ) LED ハンディライト 伸縮型
AKIMA(アキマ) LED ハンディライト 伸縮型
口コミ

作りがとても硬くて頑丈なので重量はある程度ありますが、軽すぎても不安なので丁度いいとおもいます。またライトの明るさも十分なので、何か非常事態があった際にも役立ちそうです。

おすすめ警棒ランキング2位は、AKIMAというメーカーから発売されているLEDライトを搭載した警棒です。一見コンサートやライブ会場へ持っていくペンライトにそっくりな形ではありますが、暗い夜道での護身用の棒として活躍してくれます。

本体はアルミニウム合金でつくられているため、重量が354gとかなりの重さがあります。ですので、いざという時にたたけば相手がひるむほどの威力があります。さらに警棒の先端にスパイクも搭載されていますので、車に閉じ込められた時に窓から脱出するアイテムとしても便利です。

おすすめランキング1位! 「ASP」

ASP
ASP
口コミ

日本刀の引き切りではなく、アメリカンハンマーの押し切りです。 叩きつけるもので、日本古武道のたん短棒術には向かないと思います。剣道に近いです。

おすすめ警棒ランキング1位は「ASP」です「ASP」は、警棒業界でも言わずと知れた大手メーカーであり、信頼の置ける一品の多いメーカーです。取り扱われている商品は、上記のような警棒はもちろんのこと、ホルスターなどの警棒付属品も多数取り揃えられており、本格的な警棒グッズ一式を求めている方におすすめしたいメーカーです。

特徴・用途別おすすめの警棒とは?

警棒は、ただ不審者を叩いたりするだけで終わるアイテムではありません。警棒には、種類があるように用途別におすすめの警棒もたくさんあります。続いては、用途別に合わせたおすすめの警棒をいくつかご紹介いたします。

最強と言われている本格派の警棒や女性にぴったりの護身用の警棒、ライト付きの警棒などさまざまな特徴を持つおすすめの警棒をピックアップしてみました。ぜひ、用途に合わせて選びたいという方はチェックしてみてください。

おすすめの「最強」警棒!

MALIBUマリブ 最強CREE
MALIBUマリブ 最強CREE
口コミ

バイクに保安装備として購入。なかなかの明るさです。警棒としての機能は過剰。相手が死んじゃいます。ただし威嚇効果は抜群かとおまわりさんには「これライトです」では通用しないと思いますw

最強のおすすめ警棒は、この「マリブ」です。この見るからに屈強なフォルムは頼りになるおすすめ警棒であること間違いなしです。このマリブは、フラッシュライト付きになっており暗い夜道でもおすすめで役に立ちます。

その上伸縮式になっていてカバンの中などにしまうこともできますので、携帯という面から見てもかさばることなく持ち運びができるところもおすすめな点の一つです。この警棒は伸縮式であり、強い上に小さくしてコンパクトに置くこともできます。

普通の特殊警棒型のものでは頼りないという方はこのマリブを手元に置いて見てはいかがでしょうか。本格的な護身用に持ち歩きたいという方にはぴったりです。

おすすめの「護身用」警棒!

WOLFTEETH 4058
WOLFTEETH 4058
口コミ

付属品も充実しており、日本語の取説(電池の挿入の向きの記述のみ理解しにくい日本語でしたが、それ以外は立派な翻訳でした。しかも、英語と日本語のみの取説なんて嬉しいじゃないですか)。

護身用にとりあえず一本持っておきたいという方には、この「WOLFTEETH 4058」がおすすめです。こちらの警棒は、普段は懐中電灯として使うことができるほど明るいライトを搭載しており、さらにはストラップもついているので、手首にかけるなどして落下防止措置を取ることもでき、暗闇でも十分護身ができるという点がおすすめであるポイントの一つです。

また、ライト用に使用される電池は充電式であり、いちいち電池が切れたから補充するという煩わしさがありません。また、充電型の警棒は珍しく、多くの警棒が電池を交換しなければならないものですが、この警棒はそういった点でもおすすめできるところです。そして、肝心の警棒としても十分な強度を誇っており、女性や力の弱い方の用心棒になってくれることでしょう。

おすすめの「ライト」警棒!

MAG-LITE(マグライト) D.CELL 6 BP BK S6D016V
MAG-LITE(マグライト) D.CELL 6 BP BK S6D016V

¥ 8,316

口コミ

なぜか子供のころから、海外映画の警察官がよく持ってるこのライトに憧れていました。 大人になってやっと購入! 夜になると部屋の電気を消してから、点灯してウットリ眺めてます。

ライト用のおすすめ警棒は、この「MAG-LITE(マグライト) D.CELL 6 BP BK S6D016V」です。こちらの警棒は、見るからに懐中電灯のフォルムをしたもので、ほかの屈強なフォルムをしたものと比較すると可愛さのあるフォルムもおすすめポイントです。

また、見た目は懐中電灯であることから普段持ち歩くという点から考えても違和感なく使用できますので、まずは警棒を一本持ってみようと考えている方にはぴったりのアイテムといえるでしょう。

普通の懐中電灯では、何かを叩いたりするとすぐ壊れてしまいますが、こちらの製品は警棒ですので強度を誇っているので壊れることなく使用できるところもおすすめです。

燭光8200cp
重量600g(電池別)
サイズ49.5cm
使用電池単1電池6本
キャップに予備電球がついています

おすすめの「持ち歩き」警棒!

キャンプ ハイキング 車載 折り畳み式 携帯便利
キャンプ ハイキング 車載 折り畳み式 携帯便利
口コミ

本物が良かったです。この商品を手にとって振った瞬間に強くなれます。

持ち歩き用のおすすめ警棒は、この警棒です。こちらの警棒は、特殊警棒型のもので、伸縮式になっていて、小さくコンパクトに縮ませてカバンの中にしまうことができます。

持ち運ぶことを焦点に当てるということはやはり重さがネックになってきますが、この警棒は比較的軽量になっており、重さが295gととても軽量な設計となっています。持ち運ぶこと、もしもの時だけを考えて携帯するという点では、大きな役割を果たしてくれるので、1本持っていて損はないでしょう。

また、柄の部分にストラップがついているので、キーホルダーのようにカバンにつけることができるところもおすすめポイントの一つです。防犯用アイテムとしてはもちろんのこと、痴漢対策アイテムとしてもじゅうぶんに活躍してくれる心強いアイテムです。

おすすめの「伸縮」警棒!

KMS(ケーエムエス)
KMS(ケーエムエス)
口コミ

都会で人気が少ない夜道はひったくりなどもあるので防犯用に1本もってても良いかなくらいで買うべし。

伸縮式のおすすめ警棒は、この「KMS(ケーエムエス)」です。こちらの警棒は、伸縮式になっており使用する際には伸ばして、それ以外の時は縮めてしまっておくことができます。また、懐中電灯が内蔵されており、暗い夜道でも強い見方になってくれること間違いなしです。

また、ストラップもついており、素材がアルミニウム製なので軽いのが特徴です。ハイキングの時などにバックやズボンのベルトにつけたりして、いつでもどこでも持ち歩くことができます。携帯性に優れている面でもおすすめポイントの一つです。

おすすめの警棒のメーカー・ブランド3つとは?

普段から持ち歩くようなアイテムだと、ブランドの信頼性や品質から選びたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この項目では、おすすめの警棒メーカーとその代表ブランドを3つご紹介いたします。

おすすめブランドNO2 「ホルスター」

特殊警棒用HQMホルスター
特殊警棒用HQMホルスター
口コミ

特に問題は在りません、期待にたいして可もなく不可もなく、納期にも満足

ホルスターは、警棒や銃などを収めておくホルダーブランドのことです。警棒を収納しておくことができます。ベルトにセットしておけば、いざという時にサっと取り出して使えるのが魅力的です。

ホルスターにはさまざまなデザインもありますので、自分が使いやすい形状のホルスターを選ぶことをおすすめします。このホルスターは、警察の方やSPの方が多く使用しているので、まさに信用性の高いアイテムといえるでしょう。

おすすめブランドNO2 「モナドノック」

モナドノック クボタン D-ジャマー アルミ
モナドノック クボタン D-ジャマー アルミ

¥ 2,376

おすすめ警棒ブランドナンバー2は「モナドノック」です。こちらはホワイトウルフとは少し異なった警棒です。物自体の品質はとてもよく、良質な商品であると言えます。こちらは初心者向けというよりは少し慣れたマニア向けのもので、強度性やオートロック機能のついたものがあるなど、初心者用のものよりは用途や場面に合わせた選択が味のでる商品になっています。

おすすめブランドNO1 「ASP」

ASP バトンホルダー タロン50cm用 52446
ASP バトンホルダー タロン50cm用 52446

おすすめ警棒ブランドナンバー1は「ASP」です。こちらは言わずと知れた警棒メーカーであり、現在でも安定した人気を誇っているおすすめブランドです。ランキングで紹介した特殊警棒型を主流にしており、ほかにも上記のような警棒ホルスターなど全般の商品を扱っています。

このブランドは少々お値段がかかりますが、品質扱いやすさともにトップレベルであり、費用対効果はとても期待できる商品になっていると言えます。ブランドの信頼性が高い物を選びたい方にはおすすめのメーカーです。

警棒の使い方・活用方法とは?

警棒を手に入れたら、さっそく持ち歩いてみましょう。警棒は護身用アイテムとしては大変便利な物ですので、出かける時にはとても心強いです。しかし、不審者だからといって人を殴打してしまうと逆に通報される可能性もあります。

警棒はむやみに使うのではなく、正しい知識と使い方をしっかりと学ぶことが大切です。使い方を間違えなければ自分の身に危険が迫ってきたとしても、警棒で護身すれば危険を回避する可能性は高まります。ぜひ、正しい使い方を覚えて、活用してみましょう。

おすすめの警棒の使い方とは?

まずは、警棒の基本的な使い方を知ることも大切です。警棒にはどんな使い方が望ましいのでしょうか。正しい使い方をマスターしていざという時に使えるようにしておきましょう。警棒とは身も守るもの、ではありますが、身を守るということは何も戦うことを前提にしてはいけません。

警棒を使うように考えられる緊急時であっても、まずはとにかく逃げることを最優先にしてください。例えば逃げ場がなかったり、足を負傷しているなどの本当の緊急時でない限り使用は控えることをおすすめします。

警棒は至近距離のみでしか使えない

警棒は見てのとおり使用する際は至近距離に近づかなければならない分、使用時の危険度は高いものであるといえるからです。そして、態勢を崩した後にその場から一目散に離れましょう。

上記を踏まえた上で使用される際は、相手が武器などを持っている際はその武器または相手方の持ち手を狙って殴打してください。また、肘や膝など相手が殴打された後に態勢を崩しやすい部位を狙うことも有効です。相手をひるませたら、一気に逃げるか、警察に連絡をしましょう。

おすすめの警棒の活用方法とは?

続いては、警棒のおすすめの活用方法についてご紹介いたします。警棒はどんな役割を果たしてくれるのか効果をみていきましょう。上記の項目でもご紹介しましたように、警棒は護身用として大きな役割を果たします。

主な活用としては自分や誰かを守る際に活用してく形になることが多いでしょう。また、繰り返しになりますが活用すると言っても無理に活用する必要はありません。逃げられる場合は逃げることが先決ですし、なるべく相手と接近することは避けたほうがいいからです。あくまで、身の危険を感じたら自分の身を守ることを最優先に考えて活用することをおすすめします。

警棒は結構役に立つ?

警棒の印象は暴力的であったり扱いが難しそうと考える方も多いですが、やはり携帯しておけばいざという時に購入者様の身を守ることに大きく役に立ちます。上記で紹介してきた物で懐中電灯がついてものであれば、暗い夜道や停電が起きた際の建物内でも活用することができます。

また、ストラップがついているものであればカバンにつけて持ち歩くこともでき、多くない容量のないカバンでも警棒を持ち歩くことができます。

わからなければブランド信用

前述でホワイトウルフやASPなどのブランドを取り上げて紹介しました。警棒を購入しようと考えているが、どんなんものを購入したらいいのかわからないという方はとりあえずブランドのついているものから見てはいかかでしょうか。

ブランド物は、強度が良質であるものが多く、口コミなどのレビューが寄せられているものも多いです。とりあえず警棒を近くにおいておきたいという方はホワイトウルフやASPをご覧になった上でほかの製品も見ていただくことをおすすめします。

また、ブランドからというのは安易だと言えますが、警棒は購入者様の身体を守る大切な用心棒なので、やはり信頼できるところから購入するというのが安心できます。

身を守るとは??

身を守るとはどんなことでしょうか。この記事ではおすすめの警棒を紹介してきましたが、身を守るということは戦って身を守ることだけが全てではありません。逃げることも大切な身を守る方法の一つです。

警棒は確かに強い強度を誇り、扱いやすいものも多いです。しかし、安易に犯罪者と戦うことはそれだけで購入者様の身体を危険に晒してしまいます。本当に自分が逃げられない時、友達や恋人が逃げられない時、信頼できる警棒で身を守ることも大切です。

その万が一に備えるためにも、一本は手元に用意することも用心として大事なことです。この記事を参考に信頼できる警棒をみつけてみましょう。

警棒は護身用に一本持ち歩こう

いかがでしたでしょうか。警棒は、気軽な護身アイテムとして携帯性に優れていますので、もしもの時に1本持ち歩いておけば心強い物となってくれます。警棒は、ご覧いただきましたようにたくさんの種類や特徴を持っています。そのため、どれを選んだらいいのか悩む方も多いでしょう。

警棒は、基本的に身を守るために持ち歩くアイテムですので、基本的に相手をひるませられれば使えるに越したことはありません。相手をひるませる効果がある物ならどんな警棒でも使えるでしょう。特に痴漢やひったくりなどに遭いやすい、お年寄りの方や女性にはおすすめです。

この記事で紹介した警棒以外にもありますので、自分があったらいいと思う機能が備わっている1本を選んでみるといいでしょう。

Related