Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月07日

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

タイヤ交換用ジャッキは車載用のものは非常用と考えた方が無難で、自分の車に合ったジャッキをタイヤ交換や車両整備用に購入することをおすすめします。また、タイヤ交換用ジャッキを購入する際には、自分の車の特徴に合わせて購入することを特におすすめします。

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

タイヤ交換用ジャッキの種類と選び方

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ジャッキは車のタイヤ交換をはじめとしたメンテナンスに必要になります。簡単に言えば車を持ち上げる工具のことです。非常用のタイヤを積んでいる車には、タイヤ交換用の車載工具として必ず搭載されています。

しかし車載のジャッキは使いにくく、タイヤ交換作業他には時間がかかりおすすめではありません。車載ジャッキでいつもタイヤ交換するのは手間がかかりすぎます。あくまで非常用のタイヤ交換のためのジャッキと考えた方が無難です。

タイヤ交換用ジャッキの種類

車載のジャッキは手でまわして使いますが、油圧ジャッキであれば上下動させるだけですので効率が良くなりおすすめです。ジャッキの種類は形状から大きく分けて2種類あります。

パンタグラフ式ジャッキ

車載ジャッキがこのタイプで、ネジで回して上げ下げするもので、形状が電車のパンタグラフのようなジャッキです。ネジで上下させますが、ネジの耐久性が高くないので使い過ぎるとネジがだめになってしまう場合があります。

パンタグラフジャッキの中にはネジ式ではなくて油圧式の物もあり、こちらの方はレバーを上下させるだけで作業できますので、作業効率が高くおすすめです。またパンタグラフ式は折り畳み式ですので、コンパクトで収納性が良くなっています。置き場所には困らないのですが、構造上耐荷重が低めになっています。

フロアジャッキ

別名ガレージジャッキと呼ばれるジャッキで、タイヤが付いていて移動させて使います。ジャッキは油圧式になっていて操作性が非常によくなっています。パンタグラフ式と違って底面積が広いので、車をジャッキアップする際に安定しています。場所を取り車載には向きませんが、タイヤ交換を自分で行うのなら油圧フロアジャッキを使うのがおすすめです。

値段は安いもので数千円からありますので、自分でタイヤ交換をすればタイヤ交換を業者に依頼した場合の手間賃程度で購入できてしまいます。いつも自分でタイヤ交換を行う方でしたら、油圧式フロアジャッキを購入してしまうことをおすすめです。

タイヤ交換用ジャッキの選び方

油圧フロアジャッキは多種のものが販売されていて、安いものから高価なものまでそろっています。自分でタイヤ交換するために使う分には、高いフロアジャッキの必要はありません。ただ、自分の所有する車のタイプによってフロアジャッキを選ぶ際に注意すべき点があります。

最大荷重

フロアジャッキを選ぶうえでまず注意すべき点は、ジャッキによって持ち上げられる最大重量が異なることです。フロアジャッキはどんな車にも対応できるのですが、フロアジャッキによっては最大荷重が異なってきます。

当然、最大荷重が大きなフロアジャッキの方が価格は高くなりますが、どんな重さの車にもつかえることを考えると、最大荷重の大きなフロアジャッキを用意する方がおすすめです。ちなみに軽自動車は車重が1t程度ですが、3ナンバーのミニバンクラスは車重が2tを超えてしまいます。

またほとんどのフロアジャッキは、タイヤ交換の際にタイヤが空中に浮くまで持ちあげられますが、サスペンションの稼働幅の大きな4WD車にも対応できるように、購入の際にはどの高さまで上げられるかを確認することをおすすめします。

最低地上高

もう1つの注意点が最低地上高で、タイヤ交換をしようとして車を持ち上げようとしても、スポーツカー他で地表との隙間が少なくてフロアジャッキが入らなくてはどうにもなりません。フロアジャッキ他を購入する際に、ジャッキの先端部の高さに注意して購入することがおすすめです。

先端部分が低いローダウン向けのフロアジャッキが割高ですが、販売されていますので、最低地上高の低い車をお持ちの方にはおすすめです。ただし、車高が低い車をローダウン向けではないジャッキアップさせる方法があります。

実は簡単な方法があって、ジャッキが入るようにタイヤの下に板をかませるほかで地上高を稼いでしまいます。この方法であれば通常のジャッキを流用してタイヤ交換できますのでおすすめです。

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気TOP3

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

使いやすさとタイプからタイヤ交換用おすすめのジャッキランキングを紹介します。

ランキング3位「マサダ・シザースジャッキ」

マサダ シザースジャッキ MSJ-850
マサダ シザースジャッキ MSJ-850
口コミ

簡単にジャッキアップ出来ました。ケースもついて、コンパクトに収納できます。

マサダのシザースジャッキ MSJ-850は、作りがしっかりしているおすすめの油圧式パンタグラフタイプのジャッキです。そして本体サイズは長さ390mmとコンパクトで、6kgと軽量にできますので持ち運びもしやすくなっていますので、外出先のタイヤ交換にも使えます。なお最大荷重は850㎏で最大高さは381mmです。

ランキング2位「メルテック・フロアジャッキ」

メルテック フロアジャッキ Meltec F-70
メルテック フロアジャッキ Meltec F-70
口コミ

ノーマル足のスバルS4に普通のジャッキが入らなかったため、これを購入しました。ノーマル足のスバルS4に普通のジャッキが入らなかったため、これを購入しました。

メルテックのフロアジャッキ Meltec F-70はフロアジャッキのため操作性が良く、最大荷重は2tありますので、よほど大きな車でない限りほとんどの車で使用可能です。

付属品も付いてきますし、最低地上高が80mmと低いのでローダウンの車のタイヤ交換にもつかえておすすめです。なお、本体サイズが530×214×140mm(幅×奥行×高さ)、最大高さは330mmで重量は11kgになっています。

ランキング1位「アルカン・ジャッキ」

ARCAN(アルカン) 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ HJ3000JP
ARCAN(アルカン) 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ HJ3000JP
口コミ

造りがしっかりしていて、100系ハイエースワゴンが楽々持ち上がります❗私は使う前に(点検の意味も込めて)全部ばらして各部にグリスアップをしボルトを高強度の物に交換して使ってます

アルカンのARCAN(アルカン) 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ HJ3000Jは、やや高価ですがその分作業効率の良いおすすめの油圧フロアジャッキです。ダブルピストンになっていて、6回程度のストロークでタイヤ交換可能な高さに上げることができます。

通常のシングルピストン使用の油圧フロアジャッキだと、30回程度のストロークが必要なので使いやすくなっています。最大荷重は3tで最大高さは470mmと高く上げられます。

標準でジャッキ受け部分に滑り止め防止のラバーが付いていて傷を防いでくれます。安全性も高い上に、ロングタイプのハンドルもボルト1本で簡単に分解して小さく収納できるおすすめのフロアジャッキです。

特徴・用途別おすすめのタイヤ交換用ジャッキ

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

タイヤ交換に必ず必要になるジャッキですが特徴や用途別におすすめのジャッキを紹介します。

電動式のおすすめ

DINSEN電動ジャッキ タイヤ交換用ジャッキカージャッキ 油圧式 Ledライト付 12V DC電気
DINSEN電動ジャッキ タイヤ交換用ジャッキカージャッキ 油圧式 Ledライト付 12V DC電気

¥ 15,600

口コミ

コンパクトなので車載ジャッキと積替えようと思います。 SUV用でフォレスターSJのフロント側も難なく持ち上がります。

このジャッキは電気で動作するジャッキで、スイッチ一つで簡単にジャッキアップしてくれて、楽にタイヤ交換作業が行えるおすすめのジャッキです。また最長450mmまでジャッキアップができます。コンパクトで重さ4.2kgと軽量にもできていて車に常備できるほどです。

DINSENが販売しているこの電動ジャッキは、油圧式で12VDC電源にて作動します。スイッチが二つ付いていてアップダウンが簡単にできます。さらにLedライトが付いていて、夜間のタイヤ交換での作業性が良くなっていておすすめです。

油圧ジャッキのおすすめ

マサダ 油圧パンタグラフジャッキとスマートツール クロスレンチのセット MSJ-850+36SWWV-HAPPY
マサダ 油圧パンタグラフジャッキとスマートツール クロスレンチのセット MSJ-850+36SWWV-HAPPY

このジャッキはマサダから販売されている油圧式のパンタグラフジャッキです。タイヤナットを外すクロスレンチとセットになっていておすすめのジャッキです。

油圧式なのでパンタグラフジャッキの欠点であるジャッキアップに力がいることが無く、簡単に車をジャッキアップできます。クロスレンチは早回しレンチにも使えますので、とても便利でおすすめのセットです。

このジャッキのスペックは車両重量が1500kg以下の自動車に使えて、最大高さは260mmで本体重量が5.9kgと軽量です。収納ケースの寸法も410×135×H215mmとコンパクトで携行用に適しています。セットになっているクロスレンチは、ハンドル部が265mmでクロスバーは370mmとなっています。

フロアジャッキのおすすめ

マサダ サービスジャッキ SJ-30H
マサダ サービスジャッキ SJ-30H

このマサダから販売されているフロアジャッキは、大型車も上げることができるよう最大荷重が3tありますので、タイヤ交換作業で車をジャッキアップすることが楽に行えます。また最大高さが600mm以上あり作業性が高くなっているおすすめのジャッキです。

操作性が良い反面、重量が65kgあるためにサービスジャッキの名のとおり持ち運ぶのではなく、ガレージ他での作業用です。このサービスジャッキは、揚力が3トン、全長が約1.3mあるため、自動車の車体を楽に持ち上げられます。

安全性も極めて高くなっていて、オイル交換他の車体の下に入って行う作業時にも安心して使うことができます。ジャッキの最低高さは126mmなので、ローダウン車両にも使うことができます。そして最高高さも606mmと高くて整備の際の作業効率が良くなっています。

携行ジャッキのおすすめ

マサダ サービスジャッキ SJ-30H
マサダ サービスジャッキ SJ-30H
口コミ

フリードのタイヤ交換用に購入。多少ローダウンしていても余裕でサイドから挿入、持ち上げ可能。また、安物ジャッキとは比べ物にならない操作の軽さ安定性。

このマサダから販売されているアルミジャッキ 1.5TON SJ15ALは、本体がアルミ製で10.7kgと軽量な携行可能な油圧ジャッキです。最低高さが79mmと低くなっているために、ローダウンの車のタイヤ交換にもつかえるおすすめのジャッキになっています。最大荷重は1.5tあり、最大高さは300mmになっています。

持ち運びもできるうえローダウン車にも対応可能ですから、かなり大きな車をお持ちでない方でしたら、特にタイヤ交換におすすめの便利なジャッキです。

車種別おすすめのタイヤ交換用ジャッキ

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

お持ちの車種によっては、ジャッキを選ぶ際に注する点がありますのでおすすめのジャッキを紹介します。

トヨタハイエース

TORIN アルミジャッキ 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ T830011L
TORIN アルミジャッキ 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ T830011L
口コミ

ダブルポンプ式なのでジャッキアップスピードも申し分ないスピードです。 シーズンには5台のタイヤ交換しなきゃならない環境なので逆にもっと早く購入すればよかったと思いました。

ハイエースは重くてサスペンションストロークが長めのワンボックスワゴンですから、最大荷重と最大高さに注意してジャッキを購入する必要があります。

このアルミジャッキ 3t スチール/アルミニウム ハイブリッド ジャッキ T830011LはTORIONから販売されているフロアジャッキで、最大荷重が3トンあるうえに、高さ465mmまで上げられるため、重くてサスペンションストロークが長めのワンボックスワゴンのハイエースのタイヤ交換作業におすすめのフロアジャッキです。

日産エクストレイル

タイトルメルテック フロアージャッキ(3t) 軽自動車~4WD 油圧式を入力してください
タイトルメルテック フロアージャッキ(3t) 軽自動車~4WD 油圧式を入力してください
口コミ

車高があるRV車に使えるジャッキを探してたどり着きました。2tで高さがあるのは作れないのかなぁ。サイド用のジャッキアタッチメントと共にエクストレイルのタイヤ交換に使ってます。

エクストレイルはクロカンのSUVなのでサスペンションストロークが長いため、2tタイプのフロアジャッキでは上がり切らずにタイヤ交換作業ができない場合があります。その点この大自工業から販売されている3tフロアジャッキF-90は3tの耐荷重で、高さも530mmまで上げられますので、エクストレイルのタイヤ交換作業におすすめのジャッキです。

スバルフォレスター

ASTRO PRODUCTS 06-01076 ボトルジャッキ 2t 06-01076
ASTRO PRODUCTS 06-01076 ボトルジャッキ 2t 06-01076

¥ 2,052

口コミ

思ったより小型で持ち運びには便利そうです。 標準装備のパンタジャッキとは比べものにならないほど楽に上がるので車載用には充分かと思います。

スバルフォレスターは4WDのスポーツタイプの人気SUV車で、悪路走破性に優れています。その分サスペンションストロークがあるために、今回紹介するASTRO PRODUCTS ボトルジャッキをおすすめします。

ホンダN-BOX

油圧爪付ジャッキ DH-1EN 油圧機器
油圧爪付ジャッキ DH-1EN 油圧機器

N-BOXは、本田技研工業が生産して販売しているトールワゴン型の軽自動車です。タイプによってロープロファイルの車種もありますし、ローハイトのタイヤに付け替えて楽しむオーナーもいますので、軽自動車でもN-BOXに向いたDH-1EN DH型レバー回転式ブラックジャッキを紹介しました。

トヨタランドクルーザープラドEX5

UP STORE 低床 フロアジャッキ 3.5t デュアルポンプ式 ローダウン車対応 ガレージジャッキ
UP STORE 低床 フロアジャッキ 3.5t デュアルポンプ式 ローダウン車対応 ガレージジャッキ
口コミ

最高位50センチ以上のジャッキアップ出来るジャッキを探して、価格も手ごろ感あり購入しました。 3回程使いました。 何も問題なくジャッキアップ・スローダウンも出来ています。

トヨタランドクルーザープラドEX5はクロスカントリー用のSUVで、人気の高い車種です。車重もあり大型の車体ですし、サスペンションストロークが当然長いので、最大荷重が大きく最高高さも高くできるUP STORE 低床フロアジャッキ3.5t デュアルポンプ式ローダウン車対応ガレージジャッキをタイヤ交換用におすすめします。

スズキハスラー

【ブラック】ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 3t 3トン シンプルタイプ ジャッキ ローダンウンジャッキ 油圧ジャッキ 低床ジャッキ デュアルポンプ式 ローダウン車対応 ジャッキアップ
【ブラック】ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 3t 3トン シンプルタイプ ジャッキ ローダンウンジャッキ 油圧ジャッキ 低床ジャッキ デュアルポンプ式 ローダウン車対応 ジャッキアップ
口コミ

とにかく重たいです!しかし丈夫だと思います。パワーがあります。

スズキハスラーは遊び心満載のデザインで、それなりのオフロード走行性能ととても良い燃費を持っています。室内の広さもあり、アウトドアに適したプラスチック製のシートバックによって濡れたものや汚れたものを車内に持ち込むことができます。

このようにスズキハスラーは軽4輪の多用途な車ですので、車重もあってサスペンションストロークが軽自動車の割には長くなっています。タイヤ交換作業におすすめのジャッキとしてこのWEIMALL【ブラック】ガレージジャッキ低床 フロアジャッキを紹介します。

トヨタシエンタ

【グレー】ガレージジャッキ 低床 3トン フロアジャッキ 3t 油圧ジャッキ デュアルポンプ式 ローダウン車対応
【グレー】ガレージジャッキ 低床 3トン フロアジャッキ 3t 油圧ジャッキ デュアルポンプ式 ローダウン車対応
口コミ

ダブルポンプで動きが良い! かなりのシャコタン まで 対応できるから 使いかってが良い 15年使用した物と比べると 商品価値がかなり違うね、

トヨタが販売しているファミリー向けの7人乗車可能なコンパクトバンです。走行安定性を高めるためにややローダウンになっています。そのためローダウンのシエンタにおすすめのジャッキとして、グレー低床3tフロアジャッキを紹介します。

価格別おすすめのタイヤ交換用ジャッキ

価格別にジャッキを比較するとタイプにより価格差はありますが、安価な輸入品の中には耐久性が高くないものもありますので注意が必要です。その他にもタイヤ交換用ジャッキを選ぶ上での注意点を上げておきます。

まず、ジャッキの最低位と最高位を確認します。最低位が低ければローダウンの車高の低い車に対応できます。そして耐荷重を確認しますが、ジャッキが持ち上げることのできる自分の車の重さより大きな耐荷重のジャッキを選びます。

当たり前ですがジャッキの耐久性が大事です。安すぎるジャッキには特に注意が必要です。それなりの価格のジャッキを購入することをおすすめします。

おすすめのタイヤ交換用ジャッキのメーカー

タイヤ交換用ジャッキのおすすめのメーカーとそのブランド品を紹介します。

エマーソン・スピーディジャッキ

EMERSON(エマーソン) スピーディジャッキ 1.0t ケース付
EMERSON(エマーソン) スピーディジャッキ 1.0t ケース付
口コミ

チェーンを付ける時にこれを使うと楽にできます。 使用頻度が少ないので、使用前にハンドルや固定部に問題がないか良く確認してから使うようにしています。

パンタグラフ式のジャッキですが、レバーが大きくて操作しやすくなっています。低価格でありながら使いやすい上に取っ手付きのプラスチック製の収納ケースが付いていますので、運搬しやすく便利でおすすめです。車載のジャッキではタイヤ交換時に使いにくいので、安価なジャッキが欲しい方には特におすすめです。

アルカン・フロアジャッキ

ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 4t
ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 4t
口コミ

なんと軽々と上がるではありませんか。今まで2tジャキで汗かきながらやっていた作業がスイスイとスムーズに出来るようになりました。 このジャッキを買って本当に良かったです。

アルカン・ガレージジャッキ低床フロアジャッキ4tは、フロアジャッキのなかでも人気のあるジャッキの一つです。価格的にも比較的安価でありながら、つくりも良く便利な付属品も付いていておすすめです。

タイヤ交換の際に持ち上げられる高さは540mmもありますので、作業効率が良くなっています。最大荷重も4tなので大型車でも十分な性能です。さらに最低高さは90mmなのでローダウン車のタイヤ交換にも対応できるため、多用途ですしおすすめのジャッキです。

マサダ製作所ミニオイルジャッキ MMJ5C2

マサダ ミニオイルジャッキ 5TON MMJ5C2
マサダ ミニオイルジャッキ 5TON MMJ5C2

このマサダ社製のミニジャッキは全高が60mmと低い油圧ジャッキです。ミニジャッキでありながら、最大荷重は5tと安心してタイヤ交換に使用できるおすすめジャッキです。

タイヤ交換用ジャッキの使い方

タイヤ交換用ジャッキおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

タイヤ交換のためにジャッキを掛けるポイントは、パンタグラフ式ジャッキとフロアジャッキで変わってきます。それぞれの正しい箇所に装着しないと危険ですので、作業前に車両の説明書他で確認をすることをおすすめします。

パンタグラフ式ジャッキは一輪ずつタイヤ交換を行うために使用します。そのためタイヤに近い位置にジャッキアップポイントがあります。そのポイントはジャッキアップのために補強されていますので、必ずそこに装着します。

フロアジャッキは安定性を持っているため、車体の前後にあるジャッキアップポイントを使って前輪か後輪の2輪を一度にジャッキアップできます。ジャッキアップポイントの注意は、オイルパンに当たらないようにします。オイルパンは丈夫でないので、変形や穴が開いてしまうこともあります。

前輪駆動車(FF車)では、ほとんどの車種で車体後部のジャッキアップポイントはフレームの補強部分となっています。

タイヤ交換用ジャッキの選び方とおすすめ

タイヤ交換用ジャッキは安いものから販売されていますが、パンタグラフ式やフロア式があります。それぞれの特徴があり、パンタグラフ式はコンパクトで軽量の製品が多いため、運搬したい場合におすすめです。フロア式の方は可搬性は悪いですが、安定性と操作性はとても良いため、ガレージで使用したい場合にとてもおすすめです。

タイヤ交換するためにジャッキを購入する場合には、自分の車に合ったジャッキを選んで購入することをおすすめしますが、その際に特に気を付ける点は、ローダウン使用車であればジャッキの最低高さが低いものを選ばなくてはなりません。

またジャッキごとに最大荷重が違うので、自分の車の重量を確認して余裕を持ったジャッキを購入することをおすすめします。ジャッキを選ぶ際には人気のあるものを選ぶと、耐久性も高いのでおすすめです。

Related