Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月14日

ハリネズミのケージおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ハリネズミは近年になって人気が高まったペットであり、おすすめのケージも認知度が低くにっています。そんな人のためにどんなケージであればハリネズミにとっておすすめとなるのか紹介し、これから飼育したいと思っている人の手助けになって欲しいです。

ハリネズミのケージおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

おすすめのハリネズミのケージの種類と選び方

ハリネズミはケージの中で飼育でき、泣き声が小さくておとなしい性格をしているので、現在ではペットとして飼っている人が増えているおすすめの動物です。

見た目はネズミに似ているのでハムスターと同じ飼い方でいいと考える人もいますが、ハムスターとハリネズミは種族が違っているので飼育方法も異なっています。

そこで今回はハリネズミの飼育には不可欠なケージについて紹介しますので、自分がハリネズミを飼育するにはどんなケージがおすすめとなるのか参考にしてみて下さい。

ハリネズミのケージの種類

ハリネズミはネズミの呼称がついていますが実際にはネズミとは何の関係もなく、どちらかというとモグラの親戚に近い動物であり、その特性としてはモグラの生態に近くなっています。

外に出ようともしますが、どちらかというと生活の大部分をケージの中で過ごしているので、生活の基盤になるおすすめのケージを選ぶ作業は慎重に行う必要があります。

ハリネズミのケージとしては大きく分けると金網タイプと水槽タイプとなっていますが、そのどちらも材質や形状に違いがあるので、どんな種類のケージを選べばハリネズミが快適に過ごせるのかは飼い主の選択次第です。

これからのパートナーのためにも、どんなものがおすすめになっているのか、ケージを購入するときの参考にして下さい。

ハリネズミのケージの選び方

ハリネズミのケージおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ハリネズミのケージを選ぶ時の基準で大事なのはハリネズミという動物の特徴をよく理解して、その上でこれからあなたが暮らしている居住環境を考慮した上で決めていく必要があります。

ハリネズミはネズミに属していないので、その特徴としてはモグラを想像してもらった方が適切です。モグラと言われても馴染みが薄い動物ですが、土の中で生活をしていると考えれば分かりやすくなります。

ハリネズミは強い日差しを嫌い、薄暗い環境を好みます。また暑すぎるのも寒すぎるのも苦手なので、そこから飼い主と一緒に住む生活空間がどうなっているのか考えてみて、ケージはこれらの条件をクリアできるようなものを選ばなければいけなくなります。

これからハリネズミを既に飼っている人がどんなケージを使っているのかおすすめを紹介しますので、ご自身が購入する際に役立ててみて下さい。

ハリネズミのケージおすすめ人気ランキングTOP3

SANKO シャトルマルチ70
SANKO シャトルマルチ70
口コミ

大きさもあるので何かと余裕があって、結構自由にレイアウトできました。

ハリネズミというとその姿からハムスターと同じ飼育法でいいと考える人もいるでしょう。しかし実際はハリネズミとハムスターでは、その生育は大きく違っています。

ケージはペットにとっての居住空間であり、それが適していなければペットといってもストレスが溜まるだけです。この最適なケージを選んであげるのが、飼い主としての最初の仕事です。

ハリネズミにおすすめのケージというのは、これからケージを設置する部屋の環境によって変える必要があります。どんな部屋でハリネズミを飼育するのか、飼い主はよく思い出してからケージを購入するようにしないと失敗するだけです。

これからハリネズミのケージとして売れ筋ランキングの上位TOP3を発表しますので、どんなものが自分の場合には適しているのか、その判断基準としてみて下さい。

おすすめランキング3位「金網タイプ」

ファープラスト クロリックL レッド
ファープラスト クロリックL レッド
口コミ

前面の扉が全て開ける為、ハリネズミを取り出す際や中でお世話する際に非常に扱いやすくなりました。

ハリネズミは暑さを好みません。金網タイプなら熱が逃げていくので、夏場の暑い時期でも大丈夫です。

またハリネズミは肉食なのでフンはとても匂いますし、ケージを汚しやすい性質を持っています。金網タイプなら匂いが逃げるので、掃除をする時に匂いで困るというのは軽減されるのもおすすめの一つです。

金網タイプのケージはハムスターや鳥で使用するものをハリネズミ用としても使えるので、購入は簡単でおすすめですが、金網を噛むので塗料が塗られているとその塗料を飲み込む可能性があります。

亜鉛メッキされているものも同じで中毒を引き起こすので、おすすめとしては何も塗られていなくて、かじられても錆びないいステンレス製のケージがいいでしょう。

おすすめランキング2位「ガラス製水槽タイプ」

ハリネズミは温度変化に弱いのですが、特に寒さに弱い動物です。そのために冬場はヒーターを使いますが、水槽タイプだと熱が留まるので安心できておすすめです。

こちらのケージも観賞魚用のものが多く出ているので、そちらのケージをハリネズミ用として使うことをおすすめします。大きさや形がいろいろあるので、設置する部屋に合わせて選択することができます。

ハリネズミがケージをかじることもありませんし、掃除も水洗いで済むので簡単ですが、掃除の際に移動する場合に重量があって重いというのが欠点です。

冬場の温度管理はやりやすい反面、夏場の暑さ対策はエアコンなどを使わないといけないため、どうやって温度を下げるのか考えなければいけません。

おすすめランキング1位「アクリル製水槽タイプ」

ジェックス アクリルルーム510 Low
ジェックス アクリルルーム510 Low

温度管理、掃除のやりやすさ、軽量なのに丈夫といいこと尽くめのケージです。ヒーターを設置するときに穴が開いていなかったとしても、その加工も容易にできます。

ハリネズミ用の専用ケージでもアクリル製の水槽タイプが多いのですが、それも納得できます。

ハリネズミはケージの壁を引っ掻いたりするので、あまり強度のないタイプでは傷だらけになったり、アクリルのカスが出てそれをハリネズミが飲み込むと大変なので、表面を加工しているか強度のあるものがおすすめですので、そのようなタイプを選んで下さい。

特徴・用途別おすすめのハリネズミのケージ

アクリルケージ・ハリネズミ仕様 【豪華Aセット】
アクリルケージ・ハリネズミ仕様 【豪華Aセット】

ハリネズミはその個体独特の特徴というものを持っているので、その特徴に合わせたケージというのがおすすめとなっています。

そしてケージは部屋に据え置くため、見た目があまりに悪くては飼い主も気になるでしょうから、ハリネズミの居住空間であってもインテリア性も考えていかなければいけません。

ハリネズミ専用のケージというのはまだ種類が少ないため選択肢が限られてしまいますが、観賞魚用の水槽やハムスターやうさぎといった小動物用のケージがそのままハリネズミ用に転用できるので、そちらを選べばバリエーションも豊富になっています。

これから何年も自分の部屋に置くものですから、妥協して後悔するようにならないためにも、早めに考えておく方がいいと言えます。

おしゃれ

アクリルケージ・ハリネズミ仕様 【シンプルお屋根セット】
アクリルケージ・ハリネズミ仕様 【シンプルお屋根セット】

動物をケージで飼育する場合、購入したケージは部屋のインテリアの一部になるのですから、できればおしゃれにもこだわってみませんか。

ハリネズミは明るい場所を好みませんので、色付きのフィルムが張られている観賞魚用の水槽もハリネズミのケージとしておすすめです。その場合だと部屋のインテリアとしても申し分なく、特にファッションを気にする人には申し分ありません。

ハリネズミは触られることを好みませんので、飼育はあくまでも見守っていくことが中心になってきす。それならばケージをおしゃれにしてみて、視覚効果を上げていくというのもおすすめな使い方と言えるでしょう。

手作り

ハムスターケージ
ハムスターケージ

ハリネズミの専用ケージは割と高く、飼い主とすれば頭の痛いところです。。衣装ケースといった大きめなプラスチックケースで代用することもできますが、それでも安い買い物とは言えません。

それにハリネズミはケージをかじる性質なので、あまりに材質が弱いとケージが破られて脱走されてしまいます。そこでおすすめとして、自分でケージを作ってみるというのはどうでしょうか。

ホームセンターや百均ではケージの材料になる金網や木材、アクリル板というものが売られていて、簡単に入手できます。ケージというのは四方が囲まれていて床と天井があれば立派なケージになるので、手作りでも思ったほど難しくはないでしょう。

手作りの良さは自分の趣味に合わせて作れるので、自分の部屋に合わせてカスタマイズしてみて下さい。それこそ楽しさが倍増して、既製品を使うのとは違う面白さがあります。

レイアウト

AWHAO ペットケージ
AWHAO ペットケージ
口コミ

形を変えられるので、家のレイアウトに合わさられ、とても使いやすいです。

ハリネズミのケージを置く予定となっている部屋の家具などの配置やハリネズミの特徴から考え、飼い主はどこにケージを置けばハリネズミにいい環境を与えられるのか事前にレイアウトを考えておかなければいけません。

ハリネズミの特徴で気を付けなければいけないのは光と温度です。ハリネズミは強い光と温度の変化を嫌うので、この特徴を満たしてくける場所でなければハリネズミにストレスを与えるだけです。

光の対策としては照明や窓の近くは避けるべきですし、空気が抜けやすい場所も良くありません。ただしハリネズミを飼育するとケージから相当に強い臭いが発生しますので、温度変化の少ない風通しの良い場所は逆にいい場所になります。

温度対策としては暑さはまだ耐えられますが寒さにはとても弱く、あまりに寒すぎるとハリネズミは冬眠をしてしまいます。この冬眠状態になるととても危険なので、特に注意して下さい。

飼育用

ハリネズミ飼育 Aセット
ハリネズミ飼育 Aセット

ケージはハリネズミにとっての居住空間となるので、部屋のインテリアを重視してケージを選んでしまうとハリネズミからすると居心地の悪い環境になってしまいます。

ケージには餌入れと遮光性のある巣穴的な小屋が必要になりますし、運動をさせるための回転車もあった方がいいでしょう。

ハリネズミには泡付けといって食べたことのない餌は口に入れた後、それを唾と一緒に体に塗りたくるという変わった特性を持っています。それにきれい好きでもないのでケージはかなり汚れるため、頻繁にケージは掃除しなければいけなくなります。

掃除するのでハリネズミをケージから出そうとしても、触られるのが好きな動物ではないので、できればケージに入れたまま掃除ができるタイプが都合が良くおすすめとなります。それでいて簡単にきれいになりやすいケージを選ばないと後悔するだけです。

木製

ゼンスイ モクモクガーデン6030
ゼンスイ モクモクガーデン6030

¥ 24,840

ハリネズミのケージには一部が木製になっているタイプがあります。この木製タイプは見た目にも印象がいいので、インテリアとして部屋に置くにはおすすめです。

木製は市販されているケージを購入してもいいのですが、自分でDIYを行って作ることも可能です。自分の好みに合わせて、アレンジを加えた個性的なケージを作ってみるというのもいいでしょう。

木製のケージは水槽タイプとは違って、上部部分は金網かアクリル製で分離できる構造になっているものが多くなっています。ハリネズミのケージは一体型よりも分離できる方が飼育するのには便利なので、木製のケージを選ぶのもおすすめです。

価格

SANKO C14 ルーミィ・ベーシック
SANKO C14 ルーミィ・ベーシック
口コミ

掃除もものすごくしやすい。 ケージにつけれる水飲みボトルもあるので水替えが便利~

ハリネズミの専用ケージというのは割と高価なものが多いので、価格を抑えたいのであれば広く流通されている別のペットのために作られているケージを代用するというのもおすすめと言えます。

ハムスター用は安価なケージも多いですし、水槽タイプも観賞魚用の水槽はたくさん出回っているので、選択肢としては悪くありません。しかし安さばかりを追求して耐久性がないのでは意味がないので、価格と耐久性のバランスはうまく取る必要があります。

費用を最小限に抑えたいのなら、材料費だけで済む手作りがおすすめです。注意点としてはハリネズミはケージを引っ掻いたり噛んだりするので、そのような行動をしてもハリネズミには影響を与えないような材料を購入しなければいけません。

ケージ用のカバー

SANKO イージーホーム80用 ワイドカバー
SANKO イージーホーム80用 ワイドカバー
口コミ

これ用のケージには必需品かもしれません。特に寒い時期には保温のためあると便利ですね

ハリネズミのケージにカバーをかけるのは、遮光と保温という意味からしてもおすすめだと言えます。夏場のケージが暑くなるような時期には取ってしまえばいいので簡単ですし、ハリネズミは臆病な性格なので、人の目からハリネズミを守るという効果も期待できます。

ケージにカバーを使用する際の注意点は、やはりハリネズミの噛み癖からカバーも噛んでしまうというところでしょう。ケージに密着させてしまうと噛まれやすいので、ケージからカバーが離れるような工夫をしていた方がいいです。

他の注意としてはカバーをしたために通気性が無くなるのは問題なので、通気性を確保できる布やメッシュはおすすめであり、ビニールのように通気性がないと保温性があってもハリネズミはあまり喜んではくれません。

注意点

ハリネズミの手足というのはとても小さく、底が金網になっていると手足が金網から抜けて身動きが取れなくなったりします。

底は金網でないケージがおすすめですが、形状や色合いなどが気に入ったケージの底に金網が付いていたら、取り除けるのなら取り除いてあげて下さい。どうしても外れないのであれば板を敷くなどして、安全性を持たせる構造にしてあげるのが飼い主の役目です。

大きさ別おすすめのハリネズミのケージ

SANKO シャトルマルチ70
SANKO シャトルマルチ70
口コミ

大きさもあるので何かと余裕があって、結構自由にレイアウトできました。

ハリネズミは成長すれば体長が14~20センチ近くまで大きくなるので、いつまでも小さなケージをそのまま使うというのはおすすめできません。成長と共に活発に動き出すことを考えて、最初から大きめのケージを用意しておくというのもいいでしょう。

最終的にハリネズミにおすすめとなるケージの広さは、60×90センチというのが多くの飼い主が使っていて主流になっています。ハリネズミは上下運動といった飛び跳ねたりケージをよじ登ったりしないので高さはあまり必要なく、床面積の方が大事になってきます。

大きければ大きいほどハリネズミは動き回れるので喜びます。ケージを置くスペースに余裕があれば、大きめのケージを使ってあげるのがおすすめです。

おすすめのハリネズミのケージメーカーとブランド

ハリネズミのケージおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ハリネズミは日本で人気になったのは近年ですが、外国では以前より飼われているペットの一つです。そのために外国にも視野を広げれば専用ケージの入手は楽になってくるのでおすすめになってきます。

ハムスターやウサギ用のケージを代替として使うのも悪くありませんが、やはり機能性と安全性を考えると専用ケージを使うのがおすすめです。

ハリネズミの専用ケージも種類は他のペットに比べると少ないですが既に市販されています。そこで代表的なケージのメーカーとブランドを紹介しますので、どのメーカーのどんなブランドが自分に合っているのか、飼い主になる人は参考にしてみて下さい。

ファープラスト社 デュナマルティ

イタリア ferpiast社製 デュナマルティ
イタリア ferpiast社製 デュナマルティ
口コミ

トータル的に見たら広々として良いと思いますが金網ケージの方が帰省などで移動する際にそのまま運べるので楽だと思います。ただ、怪我をする心配が無いのは確実にこちらの商品です。

ファープラスト社はイタリアのメーカーで、ケージを常に清潔できれいに保ちたいという飼い主のニーズに合わせたおすすめのケージとなっています。水槽タイプですが上下に分離できるので、丸洗いするのも簡単になっています。

上部にあるフタが大きく開いてくれるので、ハリネズミを掃除などでケージから出し入れする際にとても便利です。側面には電気コードを通すための穴も最初から開いているので、ヒーターの設置も問題なくできます。

とてもシンプルな構造となっていますがハリネズミ専用なので工夫が凝らされていて、買って失敗するというのは少ないおすすめの製品です。

三晃商会 パンテオン

SANKO パンテオンホワイト
SANKO パンテオンホワイト
口コミ

警戒心が強い生き物なので上から手を入れるとビビリまくりますが前面のスライドガラスから目線でアプローチでき普通のケージで飼育していた当初ほど警戒されなくなりました。

パンテオンシシリーズは小型の爬虫類・両生類・昆虫用として販売されてるものですが、ハリネズミの飼育ケージにも転用ができ、その構造から人気が高くなっているおすすめの製品です。

自分で組み立てるタイプのケージですが、ガラス製の壁面とメタルでできた支柱を用いているので、丈夫をで安定性を持っています。

天井部分にはコードを通す穴が四つ開いているので、ヒーターなどの電気製品をケージ内で使う場合に利用できます。天井がメッシュになっていて、熱と匂いがこもりにくいというのもおすすめの理由です。

おすすめな最大の利点としては、ハリネズミを掃除などでケージに出すための出入り口を側面に配している点です。ハリネズミは上からの動きに苦手な動物で、不意に上から掴まれると暴れ出す可能性が高いのですが、横からなら驚かせずに掴むことができます。

SBSコーポレーション アクリルケージ

アクリルケージ ハリネズミ仕様 【シンプル基本セット】
アクリルケージ ハリネズミ仕様 【シンプル基本セット】

こちらはハリネズミ専用で販売されている製品で、付属品として巣箱・木製のスロープ・給水ボトルが付いているのもおすすめの理由です。ゆったりとした大きさを持っているので、ハリネズミの運動不足も解消されます。

アクリルでできているので大きさの割に軽く、それでいて外観はとてもおしゃれになっています。インテリアとして考えている飼い主も満足できる仕上がりとなっています。

水槽タイプなので保温性は抜群であり、空気穴が設置されているので夏場の高温にも対処されています。

初めてハリネズミを飼育する人でケージに何が必要なのか不安になっている人は、このケージを購入すれば最低限必要なものが揃っているのでおすすめです。

ハリネズミのおすすめなケージの使い方

ハリネズミのケージを購入するときに考慮するのは、飼い主がハリネズミに対して何を求めているかということです。ハリネズミと頻繁に触れ合いたい人と、ただ眺めていたという人では適したケージが異なってきます。

まずハリネズミの出し入れが多い人では上下に分離できるタイプか、上部が広く開けられるフタ付きのものがおすすめです。ハリネズミは上からの動きに弱いの、片手で掴むよりも両手で優しく出してあげた方がいいでしょう。

その動きを見ているだけでいという人には、水槽タイプでガラス製のものが表面が傷つきにくくなっていておすすめです。最近はペットの写真をネットに出している飼い主も多いので、写真を撮るときにもガラス製だと写真が映えます。

ハリネズミのケージの活用法

ハリネズミのケージはハムスターやウサギのケージを代用できますが、その逆としてハリネズミの専用ケージをハムスターやウサギ用に使うこともできます。構造が同じなので、特に細工をせずに使えるのがおすすめです。

ハリネズミのケージとしては衣裳ケースも使えますので、穴を開けていなければ清掃さえしっかり行えば、そのまま衣裳ケースに活用できます。

動物に慣れていない人ではペットを飼育していたケージを衣裳ケースにするのは嫌でしょうが、飼い主であればその点も軽減されます。別に衣裳ケースにしなくても、使わないものをしまっておく収納ケースとしても使えるので、衣裳ケースをケージとして使うのもおすすめです。

ハリネズミは繊細な動物だということを理解しよう

ハリネズミを始めて飼育する人の声として多いのが、あまりなついてくれないということです。

動物というのは全て同じではなく、犬のように触られるのが好きなタイプもいれば触られるのを嫌うタイプもいます。ペットはあなたの所有物ではなく、意思を持った生命体です。

ハリネズミの背中に毛が変化した針状のものがあるのは、敵が自分を掴んだときに身を守るためです。つまりハリネズミとは警戒心がとても強い種類の動物です。

ハリネズミは愛らしい外見とあまり鳴かないので、マンションでペットとして飼育するにはおすすめとなっています。あなたもハリネズミの性格をよく理解して、これからのハリネズミとの生活を楽しんで下さい。

Related