Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月14日

猫用システムトイレおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

猫用のトイレは何を使用していますか。トイレ掃除の手間を省きたい方は多いでしょう。その夢を叶えるのが猫用のシステムトイレです。毎日のお手入れを簡単にしたい方にはシステムトイレがおすすめです。数多くある中から、おすすめの猫用システムトイレをご紹介していきます。

猫用システムトイレおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

猫用システムトイレの種類と選び方

近年、猫のトイレと言えばシステムトイレのことを指すくらい、システムトイレは人気があります。二層になっていて、上には猫砂が敷いてあり尿と尿を含んだ猫砂が崩れて下に落ちる仕組みです。下にはペットシーツや専用のシートが敷いてあり、メーカーによって差はありますが1週間に1度そのシートを取り替えるような形です。全自動ではないため、固まる砂と同じく掃除は必要になります。

便はその都度取り除く必要がありますが、固まる砂のように毎日尿の固まりを取り除く必要が無いため、忙しい方などや数日家を空けたりする方に重宝されています。

猫用システムトイレの種類

猫用システムトイレはどれも二層式になっており、おおまかにカバー付とカバーなしのものに分かれます。置き場所や猫の大きさに合わせて、飼い主も猫も快適に過ごせるものを選ぶことが大切です。

カバーがあるものは高さもあるので置く場所を選びますが、ニオイを閉じ込めリビングに置いても気になりません。

カバーなしのものは大きさによってはケージの中に入れられるものもあるので、ケージの中でお留守番させる際などに重宝します。また、カバーなしと言ってもハーフカバーとなっていて、猫砂が飛び散りにくい工夫がされています。

猫用システムトイレの種類メリットデメリット
カバー付ニオイを閉じ込めるため消臭効果が高い。囲われているので猫が落ち着いて用を足せる。猫砂が飛び散りにくい。高さが出てしまうため、置く場所が限られる。掃除がしにくい。
カバーなし(ハーフカバー)比較的どこにでも置けるサイズで掃除がしやすい。猫がしっかり砂をかけないと部屋にニオイが広がる。砂が飛び散りやすい。

おすすめの猫用システムトイレの選び方

猫が気に入って使ってくれることが前提ですが、まずはどこに置くかを確認しましょう。システムトイレの形によっては、買っても置きたい場所に置くことができないことがあります。

消臭効果があるものがよければカバー付のシステムトイレをおすすめします。砂の飛び散りも防ぐため、リビングなどにおすすめのタイプです。大きめのサイズとなっていますが、体の大きな猫の場合は中に入ると少し窮屈に感じるのか使用しないケースもあるので注意が必要です。

掃除のしやすさをメインに考えたい場合やケージの中に置きたいという場合は、ハーフカバーかカバーなしのシステムトイレをおすすめします。猫がしっかりと砂をかけてくれれば、カバー付のシステムトイレ並みに消臭効果があります。

ご自分の環境に合ったシステムトイレを選ぶようにしましょう。

猫用システムトイレおすすめ人気ランキングTOP3

猫用システムトイレは大きく2つに分かれると前述しましたが、例外としてオマル型のシステムトイレもあります。それらを含めたおすすめのシステムトイレの中で、人気があるものを集めてみました。

ランキング3位:「キャットワレ」

キャットワレ
キャットワレ
口コミ

コンパクトで、サイズはいい感じ。最初は、子猫なので、穴にすっぽり入って使用してましたが、最近正しい使用方法になりました。砂もほぼ落ちません。

珍しいオマル型の猫用システムトイレで、こちらを使うことで砂の飛び散りがなくなるので猫が用を足す度に飛び散る砂に困っていた方におすすめです。パーツが多いため洗う時などは手間がかかりますが、日常のお手入れは簡単にできるような工夫がされています。

ペットシーツの交換は使用するペットシーツの厚さと尿量にもよりますが、厚手であれば5日から7日に1回のペットシーツ交換で良い場合もあります。便は1日に1回取り除くようにすると良いでしょう。

省スペースで良いところもおすすめポイントの1つです。慣れるまで時間が必要な猫もいますが、掘った穴の中に用を足す習性を利用しているので正しい使い方をしてくれる猫が多いのも特徴です。猫が気に入るかどうか試してみてはどうでしょうか。

ランキング2位:「楽ちん猫トイレ」

楽ちん猫トイレ
楽ちん猫トイレ
口コミ

1週間に一度の手入れで、匂いもあまりなく後処理も楽ちん。匂いが気になった場合は糞が隠れてない場合です、サッとウッドチップかけるなり下の段(バスケット部)に落とすと匂いが緩和します。

楽ちん猫トイレは1週間に1度のお手入れで良いタイプのシステムトイレです。下の尿や猫砂の粉末を受けるトレー部分が深くとられているため、入口が高めになっています。

トレーが深いのがおすすめポイントで、1週間そのままにしていても落ちた粉末が溢れにくくなっています。また、ペットシーツと同じ働きをするAg+トレーが他のシステムトイレと変わっていて、崩れたパインウッドを受け止めるトレーにAg+トレーをそのままセットして使用します。そして取り替える際は、トレーごと捨てて新しいものと取り替えます。

フードがあるタイプとフードがないタイプがありますが、どちらも消臭効果が高めで便も猫が砂をかけてしまえば問題ありません。トレーにたまるトイレ砂の粉が溢れがちで困っている方におすすめのシステムトイレです。

ランキング1位:「ニャンとも清潔トイレ」

ニャンとも清潔トイレ
ニャンとも清潔トイレ

¥ 2,743

口コミ

システムトイレにしたら全く猫の匂いがしなくなりました。もちろん毎日お掃除してですが結構大きくて場所をてるけれど猫的にはこれくらい広い方がいいと思います。

ニャンとも清潔トイレは、天然素材の針葉樹の力で脱臭と抗菌を行うシステムトイレです。猫1頭で使用する場合は、別売りの脱臭・抗菌マットか脱臭・抗菌シートを使用すれば週一回のお手入れで構いません。どちらも自治体によって差はありますが、基本的には燃えるゴミとして捨てることができるのもおすすめポイントです。

採尿する際も便利で、トレーにシートを敷かずにセットすることでトレーにある注ぎ口から尿を採取することができ、色やニオイや量もチェックすることできておすすめです。

特徴・用途別おすすめの猫用システムトイレ用品

システムトイレには専用のシートや猫砂を使用することで効果をあげるものもありますが、代用の品を使用することでコストを大幅に下げることもできます。おすすめの代用品やアイデアなどを載せていくので、自分の使いやすいものを選んで猫と快適な暮らしを送ることができるよう工夫してみましょう。

猫砂 安心国産ホワイトペレット
猫砂 安心国産ホワイトペレット
口コミ

すのこ型トイレなので、おしっこを吸ってバラバラになった粉がすのこ下に落ちるので掃除はウンチを取り除き、おしっこはスコップでかきまぜてすのこの下に落とすやり方になりました。楽です☆

国産のホワイトペレットで、尿の色の変化も確認しやすくておすすめです。天然の木の香りで消臭効果もあり嫌なニオイがなくなり、コストパフォーマンスも良いところがポイントです。

メーカーが出している純正の猫砂をセットで使用すると安心感がありますが、1袋の猫砂の量が少なかったり猫の数や尿の量が多い猫の場合、とてもコストがかかります。

それを解決するのが木質ペレットです。通常はペレットストーブに使用されている木質ペレットですが、システムトイレに使用する人が増えてきたため猫用として販売するところが増えてきました。量がとても多くコストパフォーマンスが良いところがおすすめです。

100%天然木のものが多く、尿を含むと崩れておがくずになり下のトレイに落ちていきます。汚れたものから落ちていくので衛生的にも良く、消臭効果も高いのが特徴です。

大型

アイリスオーヤマ 1週間取り替えいらずネコトイレ パープル TIO-530FT
アイリスオーヤマ 1週間取り替えいらずネコトイレ パープル TIO-530FT
口コミ

小さな粒は数粒出ることもありますが、臭わず散らからずトイレ周りが猫トイレの感なくシーンきれいになってます。

大型のシステムトイレで、脱臭シートと脱臭サンドで消臭効果が高いのが特徴です。フルカバータイプのものは特にその効果が高くなっています。すのこ部分も消臭効果のある銀イオン配合されており、徹底的に消臭対策がされているのもおすすめポイントの1つです。掃除が簡単にできて手間が省けるのもおすすめです。

システムトイレの大きさはどれも似通っているため、トレイの深さやカバーの高さなどを考慮して選ぶのが良いでしょう。大型の猫は小さいトイレを嫌います。猫にとって快適な大きさのトイレを設置してあげるようにしましょう。

ニオイ対策

スーパーキャット (Super Cat) シートいらずの!!天然ひのき消臭チップ 6L
スーパーキャット (Super Cat) シートいらずの!!天然ひのき消臭チップ 6L

¥ 734

口コミ

システムトイレを使用していますが、下に敷く板が高くどうにか低予算で使用できるものを探していました。まだ使い始めたので今後は分かりませんが、値段以上に良いものだと思います。

下のトレイにペットシーツを敷かずにそのまま使用しても良いというシステムトイレ用の猫砂です。崩れた猫砂は下のトレイに落ちますが、システムトイレの砂としては珍しくトイレに流すことも燃えるゴミに出すこともできるのでおすすめです。水分もニオイも吸収し、国産ヒノキの香りで覆うためニオイが気になりません。

ニオイ対策には猫砂での対策を行うのがおすすめです。天然の木を使用したものは消臭効果が高く、猫には無害なところが良いです。

シート

スーパーキャット (Super Cat) システムトイレ用 消臭シート 中厚型タイプ 30枚入
スーパーキャット (Super Cat) システムトイレ用 消臭シート 中厚型タイプ 30枚入

¥ 842

口コミ

三匹の多頭飼いです。このシートだと3日はもつ!におわないです。

猫1頭に対し3日から4日くらいで取り替えるタイプのシステムトイレ用のペットシーツです。枚数が多く入っているため純正のシーツより短い期間で使いますが、コストパフォーマンスは良いのが特徴です。

システムトイレ用のペットシーツも良いですが、手間でなければ犬用のペットシーツの薄型を使用して毎日交換するのも日々の猫の尿の状態がよくわかるためおすすめです。1週間放置したペットシーツでは血尿などが出た場合、気付くのが遅れてしまいます。1週間ごとに交換するという場合も、毎日尿のチェックはするようにしましょう。

手作り

トンボ アシスト 角ざる 深1型 ブルー
トンボ アシスト 角ざる 深1型 ブルー

¥ 1,577

口コミ

安く買えましたよ!素晴らしい!使いやすいですよ!オススメ!良い商品に出会いました。

食器を洗った後の水切りざるとして使用されることが多い角ざるですが、これを猫のお手製システムトイレに使用することができます。

ざるが入る深めのトレーの上にペットシーツを敷き、その上にざるを置いたら猫砂を入れます。これで簡易猫のシステムトイレのでき上がりです。DIYをするおすすめポイントは、大きめのざるを用意することで大型の猫がゆったりと使用できるトイレになることです。市販のシステムトイレでは小さいという場合は、システムトイレをDIYするのがおすすめです。

おしゃれ

キャットワレ コンパクトで便利な猫ちゃん用システムトイレ
キャットワレ コンパクトで便利な猫ちゃん用システムトイレ
口コミ

少々お値段は張りますが、確かに全く汚れない! 猫砂が飛び散らないです。シートを替えるときに上部を外したあと、はめ込みづらいのが難点といえば難点ですが、それを含めてもオススメ。

オマル型のシステムトイレで、砂が飛び散らないのが特徴です。穴の空いた部分で用を足す猫の習性を利用した画期的なトイレは人気があります。砂を掻いたりする必要が無いため、省スペースというところもデザイン性も高くおすすめです。

砂が飛び散りにくいため、リビングで使用するのにも良いでしょう。しかし、オマル部分に猫が座ると高さが出るため、ある程度の高さがある所に置く必要があります。それをクリアすればリビングに置くおすすめのシステムトイレです。

小型

デオトイレ 本体セット子猫から体重5kgの成猫用 モカブラウン
デオトイレ 本体セット子猫から体重5kgの成猫用 モカブラウン

¥ 1,890

口コミ

小さめでかわいかったので、ケージ用に購入しました。子猫用でもいいくらい小さすぎるかもしれないと思いましたが体重5kgの標準体型の猫も問題なく使っています。

仔猫から成猫5キロまで使用できるシステムトイレです。形も可愛らしく、よくあるシステムトイレよりも入口の高さが低いので仔猫でも楽に入ることができます。ケージの中にも入るタイプの大きさなので、ケージの中で留守番させる時などにおすすめです。

コンパクトながらトレイと上部のすのこ部分が直接接することがないため、掃除がしやすく衛生面から見てもおすすめできます。

おすすめの猫用システムトイレのメーカー3つ

おすすめのシステムトイレのメーカーをご紹介していきます。大きさはどれも似通っているものの、それぞれ使いやすい工夫がされていて人気があるのも頷けます。ぜひシステムトイレ選びの参考にしてください。

花王

ニャンとも清潔トイレ(オープンタイプ)
ニャンとも清潔トイレ(オープンタイプ)

¥ 2,036

口コミ

匂いが少ない、掃除しやすい、ゴミが少ないといった期待どおりの商品でした。 しかし軟便のときは排泄物が網目のところまで垂れてしまい掃除が大変だったので、別のまとまる猫砂に変えました。

オープンタイプのシステムトイレは掃除がしやすいためおすすめです。砂の飛び散りを防ぐためのハーフカバーがついていて、サイズの違う3種類のチップをお好みで使用する形です。脱臭・抗菌シートと針葉樹のチップがニオイを防ぎ、快適なトイレ環境を作り上げます。おすすめのポイントは純正のシートを使用した場合、猫が1箇所に集中して用を足しても全体に無駄なく広がり、飼い主が何度もシートを動かす必要がないところです。

花王のシステムトイレは、ドームタイプとハーフカバータイプに加え、仔猫用とコンパクトなスタートセットがあります。どれも人気があり、機能性が高いのでおすすめです。

ユニ・チャーム

デオトイレ(フード付き)
デオトイレ(フード付き)

¥ 3,618

口コミ

使い易いし、必要な物がセットで付いているので、初めてネコを飼う私にとって、とても親切で有り難い商品でした。購入して良かったと思っています。

フードが付いているデオトイレは、飛び散り防止に一役かっています。このトイレのおすすめポイントは、同じ場所で用を足す猫の場合でもトレーごと前後を入れ替えることができるので、シートを無駄なく使用できるところです。これで吸収漏れを防ぎ、快適な掃除を行うことができます。フード自体を開閉できるので、お手入れの際も簡単なのがおすすめです。

ユニ・チャームのシステムトイレは、ハーフカバータイプとカバー付タイプの2種類と、仔猫から小型猫まで使えるタイプです。純正の猫砂は粉立ちしにくいサンドで、尿を素早く通過させてペットシーツに閉じ込めます。消臭効果が高く、締め切った部屋でもニオイにくいのが特徴です。

アイリスオーヤマ

楽ちん猫トイレ(フード付)
楽ちん猫トイレ(フード付)
口コミ

付属の猫砂(チップ)は大きめでしたがう◯ちをキレイに取り囲みスコップで簡単に処理できました。匂いもチップのニオイにうまく消され、使用し始めて2ヶ月チョットですが現状問題ありません

フード付の楽ちんトイレは、フード部分が大きく上に開けることができるタイプのシステムトイレです。専用のパインウッドを使用することで、強力消臭が期待できます。

おすすめポイントはトレイにセットしたAg+トレーをそのまま捨て、新しいものと取り替えられることです。また、出入口に猫の足についた砂を取り除く編み目が設置してあるので、外まで猫砂を運びにくくなっているところもおすすめです。

アイリスオーヤマのシステムトイレは、どれも飼い主が楽できるような嬉しい機能がたくさんついています。溜まった尿やおがくずをトレーごと捨てるという発想も、掃除の手間がかからないように考えられています。

猫用システムトイレの使い方・活用方法

システムトイレは猫の簡単な健康管理にも一役かっています。採尿する場合、猫が用を足している時にお玉を差し入れて採る方法などがありますが、システムトイレであればトレイにペットシーツを引かないでおくだけで採取ができておすすめです。トレイに溜まった尿をスポイトなどで採取して検査をするようにしましょう。

猫は泌尿器系の病気にかかりやすいですが、尿の状態でその健康状態が分かります。何日もお手入れしないで良い場合でも、毎日尿のチェックはするようにすると安心です。

おすすめのコストパフォーマンスが良い方法

純正のパーツを使うのが良いのは当たり前ですが、少しでもコストを安くし猫も飼い主も快適に過ごしたいという時のおすすめの方法をご紹介します。

システムトイレを使用する時に、猫砂を安価で大量に購入できる木質ペレットに変えます。そしてペットシーツを、大量に入っている犬用のペットシーツに変更しましょう。ペットシーツは毎日交換するのであれば薄型、数日使用するならば厚型など自分にあった厚さを選ぶと良いです。おすすめは尿のチェックも兼ねて、毎日取り替えるようにするのが猫の健康面では安心です。

木質ペレットもペットシーツも安価で大量に手に入るため、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。おすすめですので試してみてはどうでしょうか。

おすすめの大型猫用システムトイレをDIYする方法

猫が窮屈そうにトイレの中でグルグルと何度も回っているのを見たことがありますか。それはトイレのサイズが猫に合っていない証拠です。猫は気に入った場所の砂を掻いて穴を開け、そこで用を足します。体が大きいと好きな場所を掻くことができないため粗相をしやすくなります。市販のシステムトイレでは小さい場合は、簡単にDIYで作ってしまうのがおすすめです。

食器洗いの時に使用する角かごと受け皿が代用品として使用することができます。受け皿にはペットシーツを、かごには猫砂を入れて使用します。これで簡易システムトイレができあがりますが、固まる砂を使用した一般的な猫トイレは衣装ケースを代用することができます。どちらもカバーを付けたい時には、周りを囲うように壁を作り飛び散らないようにするなどの工夫してみましょう。

仔猫におすすめのシステムトイレ

花王 ニャンとも清潔トイレ 子ねこ用セット
花王 ニャンとも清潔トイレ 子ねこ用セット

¥ 1,728

口コミ

排泄の素振りを見せたらトイレへ連行を繰り返すと、 2日目の夜には大小両方ともトイレでできるようになりました。 出入り口が低いので子猫でも問題なく出入りできます。

仔猫が入りやすいように入口が低くなっているタイプのシステムトイレです。仔猫用と言っても体重3.5キロの猫まで使用可能ということなので、小型の猫であれば十分そのまま使用することができます。

仔猫用のシステムトイレは他にも種類がありますが、どれも入口の段差が低くなっているのが特徴です。猫が排泄しやすい環境を整えてあげることで、トイレの粗相が減ります。仔猫の内から無理なく使用できるトイレを用意するのがおすすめです。

システムトイレと上手く付き合いましょう

仔猫の頃から使用していればすんなりシステムトイレに慣れますが、途中からの移行は猫がシステムトイレを気に入ってくれるかどうかがポイントになります。おすすめは少しずつ猫砂を変更したり、側に以前使っていたトイレを置いて徐々にシステムトイレに移行していくことです。そうすることで、猫にストレスをかけることなく移行できるでしょう。

使い始めるととても便利なシステムトイレですが、トイレを長く放置することで猫の健康状態に気付きにくくなってしまいます。定期的にチェックしながら猫も飼い主も快適な生活をエンジョイしていきましょう。

Related